FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.08.30 (Fri)

吹田市内の病院 ⇒ ハラスメントは人権侵害だよ*1200万円の損害賠償は少なすぎる

嫌がらせでは済ませられない

2013年から女性として吹田市の病院で看護助手として勤務

性別変更を同意なく職場に明かされ提訴

性同一性障害で性別を変えた女性が、性別変更したことを勤務先の病院で同意なく上司が同僚らに明かし精神的苦痛を受けたなどとして、病院を運営する法人に約1200万円の損害賠償を求めて提訴した。

訴状などによると、大阪市の48歳の女性は20代の頃に性別適合手術を受け、2013年から女性として吹田市の病院で看護助手の勤務を始めたが、性別変更について公表を拒否したにもかかわらず、2週間後に看護部長から同僚らに明かされたという。

その後、女性は同僚らから「女性更衣室を使うことが気持ち悪い」などと中傷され続け、今年2月に飛び降り自殺を図り肋骨などを折る重傷を負ったという。

女性は病院を運営する法人に精神的な苦痛を受けたとして約1200万円の損害賠償を求め提訴しました。医療法人側は「訴状の内容を確認した上で誠実かつ適切に対応したい」とコメントとしている。




同僚から同じ更衣室での着替えを「気持ち悪い」と言われたり
上司から体を見せるよう求められた





性別変更を同意なく明かされ苦痛 大阪の女性が勤務先提訴

性同一性障害のため性別を変更したことを職場で同意なく公表され心身に苦痛を受けたとして、看護助手の女性(48)が30日、勤務先の病院を運営する医療法人(大阪府)に慰謝料など約1200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

訴状などによると原告は男性として生まれたが、性別適合手術を受け、戸籍の性別や氏名も変更して10年以上女性として生活していた。現在の職場で勤務を始めて間もない平成25年秋、上司から元男性と職場で明かすよう求められたが、原告は「必要ないのでは」と説明。しかし上司に「医療関係者だから大丈夫」などとして公表された

その後、同僚から同じ更衣室での着替えを「気持ち悪い」と言われたり、上司から体を見せるよう求められたりしたと主張。苦痛が重なり、原告は今年2月に飛び降り自殺を図って重傷を負ったという。

本人の了承なく、他人が性自認や性的指向を暴露する行為は「アウティング」と呼ばれ、社会問題化している

原告側代理人の仲岡しゅん弁護士は「差別的なハラスメントを防ぐ適切な対応を怠った」と話した。
医療法人側は「訴状の内容を確認した上で、誠実かつ適切に対応したい」とのコメントを出した。


医療法人菊秀会 皐月病院



大阪府吹田市寿町2丁目7−24

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |