FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.11.14 (Wed)

介護報酬の不正請求で3事業所を指定取消・停止処分に――千葉市

千葉市は、11月7日、介護保険法に基づき、株式会社もえぎウィズ・ワンが運営する3つの介護事業所の指定を取り消し・停止したと発表した。

処分を受けたのは、「ヘルパーステーションみんなのて」「デイサービスみんなのて あおば」「訪問介護ステーションもえぎ」の3つの事業所で、「ヘルパーステーションみんなのて」「デイサービスみんなのて あおば」は、生活保護法に基づく指定介護機関の指定も取り消された。

千葉市では、同市分の不正受領額242万4000円(3事業所合計)については同日に返還請求を行った。また、監査を実施した時点(2012年9月12日)での利用者39名について、他事業所への引き継ぎなどサービスの提供が確保されるよう事業者を指導、必要なサービスは確保される見込みだという。

【事業者の概要】
■運営者:株式会社もえぎウィズ・ワン(代表取締役 末木節子)

■運営者の所在地:中央区亥鼻1丁目2番5号

■事業者の名称・所在地・サービスの種類・開設年月日
ヘルパーステーションみんなのて
花見川区幕張町6-315-2
訪問介護
2012年6月1日

デイサービスみんなのて あおば
中央区星久喜町994-2
通所介護
2012年1月1日

訪問介護ステーションもえぎ
中央区亥鼻1-2-5
訪問介護
2011年3月1日

【処分を行う理由】
■ヘルパーステーションみんなのて:指定取り消し
実際にはサービスを提供していない者の氏名で2012年6月から8月までの3か月間にわたり、合計214枚のサービス実施記録を作成し、介護報酬を請求した。
不正受領金額は、介護保険法64万7000円(うち千葉市分22万6000円)、生活保護法9万5000円(全額千葉市分)


■デイサービスみんなのて あおば:指定取り消し
2012年6月12日から同年7月15日までの間、事業を休止していたにもかかわらず、8名の利用者にのべ184日間、介護サービスを提供したとして介護報酬を請求した。
不正受領金額は、介護保険法167万1000円(うち千葉市分155万6000円)、生活保護法72万2000円(うち千葉市分54万7000円)

■訪問介護ステーションもえぎ:指定の全部の効力の停止1か月
実際にはサービスを提供していない者の氏名で、2011年10月に、5日間で合計して13枚のサービス実施記録を作成し、介護報酬を請求した。
不正受領金額は、介護保険法3万3000円(うち千葉市分0円)
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |