FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.09.12 (Thu)

オマエらこんな社会福祉法人で働くなよ

腐った人間や
こんな輩は福祉に関わるなよ

社会福祉法人千草会
理事長 太田辰彦
施設の管理者 業務執行理事 太田千恵

元職員だった介護士5人が、千草会と女性施設長らに対して損害賠償などを求めた訴訟

職員に便器ブラシなめさせる 特養施設長のパワハラ認定

福岡県糸島市の高齢者施設で働いていた介護職員5人が、施設長からのパワーハラスメントや退職金未払いがあったとして、慰謝料や退職金の支払いを施設側に求めた訴訟の判決が10日、福岡地裁であった。鈴木博裁判長はパワハラを認め、計約2800万円の支払いを命じた。

判決によると、社会福祉法人「千草会」が運営する特別養護老人ホームの女性施設長が2008~16年ごろ、職員4人に対しばか 言語障害 格差結婚 学歴がないのに雇ってあげてんのに感謝しなさい」などと発言。05年ごろには業務の報告を怠った1人にトイレの便器を掃除するブラシをなめさせた。

鈴木裁判長はこうした行為を「職場の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的、身体的苦痛を与えるもの」として、不法行為にあたると判断した。

退職金についても、「職員が引き継ぎをせず辞め、施設に迷惑をかけたので就業規則に基づいて不払いとした」とする施設側の主張を退け、支払いを命じた。

施設の代理人弁護士は「判決文をまだ詳しく読んでいないので、コメントできない。今後については相談していく」と話した。






女性施設長がミス報告怠った職員に便器ブラシなめさせる

福岡県糸島市の特別養護老人ホームなどの職員5人が、女性施設長から便器の掃除用ブラシをなめさせられるパワハラを受けたなどとして、運営する社会福祉法人千草会(糸島市)などに慰謝料や未払い賃金など約4600万円の支払いを求めた訴訟の判決が10日、福岡地裁であった。

鈴木博裁判長は「指導の範囲を超え、度が過ぎた行為」として違法性を認め、職員5人への慰謝料90万円や未払い賃金など計約2800万円の支払いを命じた。

判決によると、職員5人は2000~16年、介護職員として勤務。女性施設長は05年頃、仕事のミスを報告しなかった職員1人に対し、ブラシをなめさせた。また、金の横領や窃盗をしたと決めつけたり、「ばか」などと暴言を吐いたりした。


福岡県糸島市の社会福祉法人「千草会」でパワーハラスメントや退職金などの未払いがあったとして、会が経営する施設の元職員だった介護士5人が、会と女性施設長らに対して損害賠償などを求めた訴訟の判決が10日、福岡地裁であった。鈴木博裁判長はパワハラと賃金、退職金の未払いを認定して計約2800万円の支払いを命じた。

判決によると、施設長は千草会の特別養護老人ホームで勤務。5人が2015~16年に退職するまでのパワハラ行為として、職員に対し「バカ」「言語障害」などの言葉を投げかけた▽最終学歴が中学校卒業の職員に「学歴がないのに雇ってあげてんのに感謝しなさい」と発言▽業務上の報告を怠った職員に便器掃除用のブラシをなめさせた――と認定した。

鈴木裁判長は「職務における叱責、指導の範ちゅうに収まるものではない。名誉感情を害し、人格をおとしめる発言や行動だ」と非難した。

また、会側は5人に退職金を支払わなかった理由として「他の職員や施設に迷惑がかかる状態で退職した」と主張。だが、判決は、施設長が顔も見たくないと退職を強要したなどと認め、5人全員の退職金支払いを命じた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.12 (Thu)

裸に興味があった ⇒ 勤務する保育園で盗撮 ⇒ 保育園の事務員



「裸に興味」園児の裸を撮影 保育園職員の男を逮捕

児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、北海道帯広市の八巻昭容疑者44歳。
八巻容疑者は9日、自らが勤務する保育園で、水遊びのあと体を洗っていた園児の裸を、持っていたビデオカメラで撮影した疑い。

八巻容疑者は10日、道路を歩いていた女子高校生を撮影していたということで、不審者通報をうけた警察官が、現場にいた八巻容疑者を調べたところ犯行が発覚した。調べに対し、八巻容疑者は「裸に興味があった」と容疑を認めていて、警察は余罪を含め捜査している。


社会福祉法人帯広若光福祉会
森の子保育園



勤務先の保育園で女児の裸を撮影 44歳事務職員の男逮捕

北海道帯広市の保育園に勤務する44歳の事務職員の男が、園児の裸をビデオカメラで撮影していたとして逮捕された。
児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたのは、帯広市内にある保育園の事務職員、八巻昭容疑者(44)。

八巻容疑者は9日、勤務先の保育園で体を洗っていた女の子の裸をビデオカメラで撮影した疑いがもたれている。
八巻容疑者は調べに対し「園児の裸に興味があった」などと容疑を認めていて、警察は余罪などがないか詳しく調べています。

勤務先の園長:「極めてまじめです。驚きました
保育園では、近く保護者会を開き事件の経緯などについて詳しく説明する方針。


性的嗜好が強い ただの小児性愛者

マジメな人が
園児の裸に興味があった
って
おかしいやろ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.11 (Wed)

また放課後等デイサービスが

一般社団法人ガジュマル
代表理事 田中亜希奈
京都市伏見区醍醐和泉町5番地73


放課後等デイサービスが540万円不正請求

京都市は10日、伏見区醍醐で障害児が通う放課後等デイサービス事業所を運営する一般社団法人「ガジュマル」(同区醍醐)が人員基準に違反し、個別支援計画の未作成の状態で給付費など計約540万円を不正請求していたとして、11日から6カ月間の新規利用者受け入れ停止の行政処分を行ったと発表した。

市によると、同法人の施設「放課後デイサービス ガジュマル」で、配置義務がある現場統括役「児童発達支援管理責任者」が不在となった2018年8~11月、代わりの人員を置かず、8月分について必要な減算をせずに給付費を請求。17年8月~18年10月には、延べ217人分の個別支援計画に関して、内容や作成手順に不備があった場合の減算をせず、給付費を請求したという。

ほかにも欠席時対応の加算などを合わせると、不正請求による受取総額は約540万円に上り、市は同法人に40%の加算金と合計で約760万円を返還請求した。不正行為には改善勧告を出し、1カ月以内で報告を求めた。

市の監査に対し、同法人は「忙しくて対応を怠ったり、制度への理解が不十分だったりした」と述べているという。


もうヤメーよな
おかしな言い訳を
アホ?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.11 (Wed)

介護福祉士の女が果物ナイフで入所者を

果物ナイフで

入所者切り付け疑い 22歳介護福祉士逮捕

愛知県警蒲郡署は10日、傷害の疑いで、同県幸田町菱池内池、介護福祉士三輪有紀奈容疑者(22)を逮捕した。

逮捕容疑では、9日午後5時半ごろ、勤務する同県蒲郡市の介護施設で、入所者の男性(66)から介護方法を注意されたことに腹を立て、施設の台所にあった果物ナイフで男性の左足を切り付け、2週間のけがを負わせたとされる。

署によると、以前から男性に文句を言われていたとみられ、「私がやったことに間違いない」と容疑を認めている。


もうメチャクチャ

介護福祉士の女を傷害容疑で逮捕

介護施設内で入所者の男性をナイフで切りつけたとして愛知県警蒲郡署は10日、同県幸田町、介護福祉士、三輪有紀奈容疑者(22)を傷害容疑で逮捕した。

容疑は9日午後5時半ごろ、勤務先の同県蒲郡市の介護施設で、入所者の男性(66)から介護方法を注意されたことに腹を立て、施設の台所に置いてあった果物ナイフで男性の左足を切りつけ、全治2週間のけがをさせたとしている。「間違いありません」と容疑を認めているという。

同署によると、三輪容疑者は「以前から男性に介護のやり方について文句を言われていた」と話しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.10 (Tue)

イライラして殴るってな ⇒ 他の仕事しててもイライラして殴るのか



何度も呼び出されイライラして殴ってしまった



介護施設で入所者に暴行 元介護福祉士の男逮捕

射水市の介護老人保健施設で入所していた80代の女性の頭を殴り、けがをさせたとして当時、介護福祉士として勤務していた男が逮捕された。

傷害の疑いで逮捕されたのは、富山市神通本町の無職笠井駿平容疑者(26)。

警察によりますと、笠井容疑者は先月20日、介護福祉士として勤務していた、射水市の介護老人保健施設で入所していた80代の女性の頭部を複数回にわたり殴りけがをさせた疑いがもたれている。

警察の調べに対し笠井容疑者は「イライラして複数回殴った」と容疑を認めている。

先月24日にこの介護施設の別の職員が女性のけがに気づき、事情を聞いたところ「笠井容疑者に殴られた」と話したことから警察に通報し事件が発覚した。
警察は、詳しい動機や余罪について調べている。笠井容疑者は先月31日、この介護施設を解雇された。


医療法人社団 楽山会
介護老人保健施設 みしま野苑一穂

別の職員が女性の額などが腫れているのに気付いて話を聞いたところ、笠井容疑者に殴られたと訴えた。職員が同容疑者から事情を聞いたところ、殴ったことを認めたため施設が24日に同署に届け出た。


施設関係者によると、女性のベッド近くには落下事故などを防ぐため、重さを検知すると職員に知らせるセンサーを内蔵したマットが敷かれていた。事件当日はベッドから出た女性の足がマットに触れるたびにセンサーが反応し、同容疑者に何度も呼び出しがかかった可能性があるという。


施設のほかの職員からの情報提供 ⇒ 内部告発

傷害事件のあった介護老人保健施設を運営する射水市の事業者によると、笠井容疑者は2016年から勤務していた。仕事ぶりは真面目で勤務の傍ら資格取得を目指して勉強し、介護福祉士に合格した。おとなしい性格で、これまでに入所者や他の職員とのトラブルはなかったという。

この施設では夜勤は午後4時半から翌日午前9時までで、入所者約90人のケアを職員4人が手分けして行っている。この事業者の男性幹部は「夜勤の職員を増やせればいいのだが、現実には難しい。利用者を守る立場である職員が心に余裕を持って入所者に接することができるよう、サポートやメンタルケアの充実などで再発防止を図る」と述べた。

射水市は7月24日に施設で調査を行い、改善計画の提出を施設に求めた。市介護保険課は「あってはならないこと。介護施設を対象に高齢者虐待防止の研修を充実させていく」とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.07 (Sat)

洞察力がない事務長さん


https://biz-journal.jp/2019/09/post_117386.html

またしても介護施設で惨事が発生した。さる5月22日、有料老人ホーム「サニーライフ北品川」(東京都品川区)の元職員が入居者を殺害した容疑で逮捕された。こうも介護施設で惨事が頻発すると、入居前に本人と家族は虐待リスクを念頭に置かざるを得なくなるのではないか。

厚生労働省の調査によると、介護施設で職員による入居者への虐待件数が増え続けている。調査を開始したのは2006年度で、虐待件数が減少した年は一度もない。17年度には前年度比12.8%増の510件、被害者は854人に及んだ。虐待の中身は「身体的虐待」(暴力を振るう)がもっとも多く59.8%、次いで「心理的虐待」(暴言・罵声)が30.6%、「介護等放棄」が16.9%。さらに17年度の相談・通報件数は1898件で、前年度比10.2%増だった。

何が要因となって虐待が発生しているのか。同じ調査によると「教育・知識・介護技術等に関する問題」が 303 件(60.1%)でもっとも多く、次いで「職員のストレスや感情コントロールの問題」が 133 件(26.4%)、「倫理観や理念の欠如」が 58件(11.5%)だった(複数回答)。
「介護職員の適性を欠いた人が増え、職員のレベルが劣化してきている」

そう指摘するのは、中堅社会福祉法人の事務長である。次のように実態を説明する。
「全国で要介護者が増えているので、介護人材の質も向上していかなければならないのだが、残念ながら現実は逆である。新卒で入職してくる職員は志を持っているが、中途採用では、職場を転々としてきた人が多い。いろいろな業界を脈絡もなく転々として介護業界に流れ着いたり、あるいは介護施設を短いスパンで渡り歩いてきたり。そんな応募者が増えている。履歴書を見れば、どこに転職してもマトモに務まらなかったことは想像がついて、うちに転職しても同じだろうなと思える人もいる。本来なら書類選考で不合格にしたいのだが、人手が足りないので採用せざるをないのが実情だ。そして、うちでも務まらなくて辞めていく。この繰り返しである」
https://biz-journal.jp/2019/09/post_117386.html



新卒で入職してくる職員は志を持っている
高等学校や大学 専門学校で福祉を学んで資格を得る

中途採用では、職場を転々としてきた人が多い
今の時代 転職回数が多い人は普通ですよ
どこの業界でもどの職種でも 短い職歴で一年や2年で退職する人は普通ですよ

いろいろな業界を脈絡もなく転々として介護業界に流れ着いく
営業職でした 販売や接客してました 車の期間工でした
エエじゃないですか こんな人こそ人材ですよ
閉鎖的な福祉施設でこそ 外の世界を知ってる人が必要なんです
平成12年(2000年)4月1日から施行された日本の社会保険制度
介護保険が施行され これ以前の高齢者施設や障害者施設なんて虐待や人権侵害は日常茶飯事だったんですよ 今みたいに虐待防止マニュアルとか衛生管理なんてなかったよ 介護施設内は尿や便や体臭などの匂いが蔓延しててな 家族以外は施設を視ることはなかったよな 障害者施設なんてヒドイもんだったわ コロニーとか大規模入所施設は家族も入居者に会いに来なかった
閉鎖的な福祉施設だったけれど介護保険が施行されてからは国民も福祉とか介護を身近になったよな
資格を得るため学校で福祉を学んでその世界しか知らない人よりかは いろんな業界を渡り歩いて介護業界に流れ着く人の方が改善改革できる

あるいは介護施設を短いスパンで渡り歩いてきたり
そもそも今宵の福祉法人なんて正規職員の採用数が少ないでしょ 非正規職員(非常勤・パートアルバイト)の採用ばかりで
法人の職員比率では非正規職員が多いんだから 退職金ない賞与ない非正規職員を雇うなよ 介護福祉士を時間給で雇用しててなオカシイだろ
大学や専門学校で福祉を学んで資格を得た人が介護施設を短い期間で離職する
短期間で退職するんだから職場環境が悪いんだろ 人間関係が良くなかったんだろな
いろんな業界で働いてきた人が福祉の道を志した がスグに辞める
他の世界を知っている人は仕事に見合った賃金を求めるもんや 退職金ない賞与ない非正規職員で勤務したけれど賃金低いけれど この先10年も続けられないわな

履歴書を見れば、どこに転職してもマトモに務まらなかったことは想像がつく
それは偏見や
能力ある人は自分に見合った賃金と職場環境を求めるんですよ
その福祉施設で働いてみなければ判らんやろ 面接で職場見学しても判らんやろ
:マトモに務まらなかったことは想像がつく
エラそうに言うな中堅社会福祉法人の事務長さん
ただ単にオマエさんが見てきた人がマトモに務まらなかっただけやろ オマエさんの社会福祉法人は魅力が無かっただけや

うちに転職しても同じだろうなと思える
そらそうやろ長く働く魅力が無いんやから
他よりかは年収が低いけれど福利厚生は良いですよとか魅力あるところを見せればエエやろ

本来なら書類選考で不合格にしたいのだが、人手が足りないので採用せざるをないのが実情だ
そもそも今時の採用条件で書類選考で不合格にする会社なんて上場企業でもないわ
よっぽどその人事担当者は能力がないんだと思うわ
あのな福祉施設は人対人の仕事ですよ 人物をみて判断しなさい中堅社会福祉法人の事務長さん
アンタは単に人をみる洞察力がないだけよ
  
そして、うちでも務まらなくて辞めていく。この繰り返しである
中堅社会福祉法人の事務長さん たぶんアンタが採用面接してるんだと思うけど
もう辞めなさい この仕事向いてないと思うわ


このビジネスジャーナルの記事は面白いわ
団塊の世代とは1947年(昭和22年)~1949年(昭和24年)生まれ 70歳~72歳だ
1947年(昭和22年)生まれは267万8792人、1948年(昭和23年)生まれは268万1624人、1949年(昭和24年)生まれは269万6638人、3年間の合計出生数は約806万人。

日本の人口ピラミッド
我が国の人口ピラミッド 昭和50年(1975年)~平成62年(2050年)
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1402.html

介護施設、入居者から職員への精神的暴力等が問題化 団塊世代の大量入居に戦々恐々
記事本文の続き

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.05 (Thu)

バカですか?社会福祉法人東合川福祉会

社会福祉法人東合川福祉会
福岡県久留米市東合川9丁目8番1号

社会福祉法人前理事長が2000万円

久留米市の社会福祉法人「東合川福祉会」の前理事長だった60代男性が、ケアハウスの入居者から集めた共益費約2000万円を個人の借金返済に流用していたことが分かった。男性は6月に理事長を辞任。約300万円は既に返済し、約1700万円は9月中に返済する予定。

同会によると、借金は法人が使う事業用地の取得費で、2010年に共益費を充てていることが発覚した。


前の理事長 木下一弥



認知症入所者の貯金480万円、無断で別口座に 福祉法人前理事長

福岡県久留米市の社会福祉法人「東合川福祉会」の理事長だった60代男性が今年1月、運営する特別養護老人ホームに入所する90代の認知症女性の貯金口座から同法人名義口座に、独断で480万円を移していたことが3日、分かった。光熱費の流用や、外国債購入で法人に多額の損失を与えたことも判明。男性は6月、理事長を辞任した。

男性に法人を通じて取材を申し入れたが、応じなかった。法人側の担当者は西日本新聞の取材に事実関係を認めた上で、480万円は男性が返金済みと説明。6月に理事会で問題が指摘された際、男性は「当時女性は体調がすぐれず、葬儀費用などの名目だった」と釈明したという。

法人側担当者や関係者によると、施設は内部規定に基づき女性の貯金通帳を預かっていた。職員の一人が不審に思い、書類作成や事務長決裁などを求めたが男性は従わず、職員に口止めした。口座は資金移動の前日に男性自ら開設していた。男性は理事会で、隠す意図はなかったと説明。「焦ってパニックになり、不適切な行動になった」と話したという。

男性は2010年、当時施設長だった法人運営のケアハウスで、入居者から光熱費として10年以上にわたって徴収した計約2千万円を流用し、個人の借金返済に充てていた。流用分の返済を続けているが、昨年度末時点で約1700万円の債務が残っている。

さらに男性が法人の資金で購入した外国債について、計約2千万円の評価損も発生。15年の監査で市から指摘を受けていた。厚生労働省の指導監査ガイドラインでは、福祉法人は元本が確実に回収できる安全な資産運用が求められている。

法人側担当者によると、男性の債務は所有する土地の寄付などで返済してもらう方針で、外国債など有価証券についても今後整理する。前理事長は今後法人運営に一切関わらないという。担当者は「新たな理事と監事が就任し、問題は収束に向かっている」として、刑事告訴、告発する考えはないという。




社会福祉法人の前の理事長が、認知症の女性の貯金口座から、480万円を無断で法人の口座に移していたことがわかった。
福岡県久留米市の社会福祉法人東合川福祉会によると、前理事長の男性は2019年1月、法人が運営する特別養護老人ホームに入所する90代の女性の貯金口座から、480万円を無断で法人の口座に移した。

女性は認知症で、当時体調を崩し危篤状態となっていましたが、その後回復し、男性は2019年5月に全額を女性の口座に戻したという。

男性は「女性の葬儀費用などのためだった。あわてて独断でやってしまった」などと説明している。
男性は2019年6月に理事長を辞任し、法人側は刑事告訴や告発の考えはないとしている。

バカ?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.04 (Wed)

市役所への匿名の電話で発覚した*草笛館の傷害事件

社会福祉法人響会
札幌市北区篠路町上篠路323番地3
理事長 小林洋文

匿名の通報で発覚
障がい者施設で男性にけがさせる 29歳職員の男逮捕

札幌市北区の障がい者支援施設で、入所している男性に暴行しけがをさせたとして、29歳の介護職員の男が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、札幌市北区篠路町の障害者支援施設「草笛館」に勤務する介護職員・松本晃輝容疑者(29)。

松本容疑者は8月28日、入所している知的障害のある30代の男性の両足を掴んで引きずるなどの暴行を加え、ひじやひざなどにけがをさせた疑いがもたれている。

後日、札幌市役所に松本容疑者が暴行しているという匿名の通報があり、事件が発覚した。松本容疑者は「失禁したことに腹を立ててやった」と話していて、警察は日常的な暴行を含め調べている。


市役所への匿名の電話で発覚した



施設職員逮捕「失禁に腹立った」

障害者支援施設で入所者にけがを負わせたとして、北海道警は3日、札幌市東区北19条東6丁目の介護職員松本晃輝容疑者(29)を傷害容疑で逮捕し、発表した。松本容疑者は「失禁したことに腹が立った」と容疑を認めているという。

札幌北署によると、松本容疑者は8月28日午後7時40分ごろ、札幌市北区の障害者支援施設「草笛館」の廊下で、重度の知的障害がある30代の男性入所者を突き倒し、両足をつかんで引きずるなどした疑いがある。男性は首やひざ、ひじなどに打撲など2週間のけがを負った。

ホームページによると、草笛館は2002年に設立され、障害者の短期入所などのサービスを提供している。定員は100人ほど、30人ほどの職員が働いている。札幌市に匿名の通報があり、事件が発覚した。

草笛館は取材に対し「関係者にご心配をおかけし、申し訳ありません。警察の捜査には最大限、協力したい」とコメントした。

5日、傷害の疑いで逮捕された札幌市東区の松本晃輝容疑者29歳は
身柄を検察庁に送られた


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.02 (Mon)

障害者の就労支援をママごととは言わないけれど

あのな
そもそも障害のある人達の就労支援ってぇもんは
ただ単に賃金を増やすとか 人並みの給与を得るとか
考え方が可笑しいわ

あのな
障害者の就労支援とは
賃金が低かろうと 障害のある人達は気にしていないわ
重要なのは
その地域住民と如何に関わるってことが大事なのよ
 
工賃アップを目指すことが ⇒ 障害者の就労支援じゃないのよ
障害のある人達は社会に出たいのよ
障害のある人達は低賃金でもエエのよ
自分が創った商品が売れたときの喜びや 人達との交わりを欲しているんです

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.02 (Mon)

日本国民の誇りだ!ありがとう松戸市の看護師:菊地大介さん

ありがとう



日本国民の誇りだ



19歳少年の命救った 男性看護師を表彰

ことし5月、八千代市の国道で起きた交通事故の際、左脚切断の大けがを負った少年の命を迅速な対応で救った松戸市の男性看護師が30日、市から表彰された。

松戸市長表彰を受けたのは、松戸市立総合医療センターに勤務する看護師の菊地大介さん。

菊地さんはことし5月、八千代市の国道16号線で起きた車とバイクによる交通事故に遭遇した。菊池さんは道路上で左脚を切断し大量出血して倒れている19歳の少年を見つけると、止血処置や意識レベルの確認を素早く行い、救急車による搬送では命が持たないと判断。ドクターヘリの出動を要請するなど迅速的確な救助活動を行った結果、少年は左脚を失ったものの一命を取り留めた。

菊地さんの功績に対し松戸市の本郷谷健次市長は、「冷静で適切な処置は職員として見本であり市民の誇りだ」と称えた。

市立総合医療センター看護師 菊地大介さん
「その時は無我夢中といいますか一刻も(早く)駆け寄らないと命の危険が迫っているということで出来る限りのことを一生懸命やりました」
「普段は集中治療室の方で勤務していまして、その場で処置をすること自体は少ないんですけど、処置の方は勉強していましたので今回少しでも活用できてよかったと思います」

日本男児や



松戸市立総合医療センターに勤務する看護師


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
PREV  | BLOGTOP |  NEXT