FC2ブログ
2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007.06.11 (Mon)

コムスンから介護を受けていた男児死亡 千葉市

千葉市で05年、訪問介護大手「コムスン」から在宅介護を受けていた当時3歳の男児が死亡していたことがわかった。

これは、05年11月、先天性の持病を持つ千葉市の秀嶋健太ちゃんが、コムスンの男性ヘルパーによる在宅介護中に死亡したもの。健太ちゃんの直接の死因は、先天性の病気によるものだが、遺族によると、健太ちゃんが大泣きをしたのに、男性ヘルパーは救急車を呼ばなかったという。

コムスンとの契約では体調に異変があった場合、救急車などを呼ぶことになっており、遺族は「速やかな治療を受けさせなかったことが、死因につながったのでは」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/12/26

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.06.07 (Thu)

子供が喜びそうな幼稚園バスだから*睦幼稚園

学校法人光照学園 睦幼稚園
西宮市高須町1-1-5

6月6日午前8時50分頃兵庫県西宮市小松西町2丁目の西宮市道で、私立睦幼稚園西宮市高須町1丁目の幼稚園の送迎バスに近くの会社員Yさん31 歳の三男の悠ちゃん1歳がひかれ病院に運ばれたが、頭の骨が折れるなどしておりまもなく亡くなった。

悠ちゃんは同園に通う兄2人を母親・31歳と一緒に見送りに来ていた。
甲子園署はバスを運転していた男性・70歳から業務上過失致死容疑で事情を聴いている。 調べでは、バスは園児を乗せて集合場所から出発する際に、悠ちゃんを右側の車輪でひいたという。



幼稚園の送迎バスによる重大事故はなぜおこるのか



小さい子供が喜びそうなバス

幼稚園の動物型バスにはねられ、母親と一緒に兄を見送りにきていた1歳男児死亡

6日午前9時前、西宮市小松西町の公園の前の市道で、幼稚園の送迎バスが園児を乗せて発進したところ、近くに住む1歳の山崎悠ちゃんがバスの右側の後輪にはねられた。悠ちゃんは、頭などを強く打って病院に運ばれましたが、まもなく死亡した。

警察の調べによると、悠ちゃんは、送迎バスに乗る幼稚園児の兄を母親といっしょに見送りに来ていましたが、母親が目を離したすきにバスの乗降口とは反対側に回り、動き出したバスにはねられたという。

バスは10人乗りのワゴンタイプで、事故当時、3人の園児が乗っていたが、いずれもけがはないということです。送迎バスの70歳の運転手は「発進した直後に右側の後輪で何かをひいた気がして、止まったら、子どもがひかれていた」と話しているということで、警察は事故の状況についてさらに詳しく調べている。




大型トラックや大型バスの運転の仕事を
定年退職したオジさん達

給料安いから年金受給者しか面接来ない

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/06/22

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.06.04 (Mon)

ダンプとワゴン車が衝突=福祉施設入所者ら8人死傷-千葉

4日午後3時ごろ、千葉県君津市尾車の県道で、近くの知的障害者施設「たびだちの村・君津」の入所者ら20~50代の男女7人が乗ったワゴン車と、同県鴨川市の運転手青木博行さん(34)の大型ダンプ(12トン)が正面衝突し、ワゴン車に乗っていた入所者2人が即死、青木さんらほか6人も重軽傷を負った。

死亡した2人は、いずれも34歳の入所者の男性。ワゴン車を運転していた同施設職員の斉藤春美さん(25)と入所者の女性(36)が腰の骨を折るなどの重傷。

君津署の調べによると、現場は片側1車線の緩やかなカーブで、ワゴン車がセンターラインを越え、対向車線にはみ出したとみられる。 

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/04

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2007.06.04 (Mon)

<正面衝突>ワゴン車とダンプ 2人死亡6人重軽傷 君津市 たびだちの村

4日午後3時ごろ、千葉県君津市尾車の県道で、近くの知的障害者支援施設「たびだちの村」職員、斉藤春美さん(25)=同県木更津市=運転のワゴン車と同県鴨川市、運転手、青木博行さん(34)の大型ダンプカー(12トン)が正面衝突した。

ワゴン車には入所者6人と斉藤さんが乗っており、入所者で無職、松尾智也さん(34)と同、三橋克之介さん(34)の2人が全身を強く打って死亡した。斉藤さんら2人が重傷、残る3人と青木さんが軽傷を負った。

県警君津署の調べでは、現場は片側1車線(幅3メートル)の道路で、ワゴン車が緩い左カーブを曲がりきれずに対向車線に、はみ出し衝突したらしい。現場はJR内房線君津駅から南東に約6キロ離れた田園地帯の一角。

施設によると、ワゴン車の7人は施設内の畑で栽培したシイタケをスーパーに納入後、事故現場から南へ約1キロ先の施設に帰る途中だった。

近くの田んぼで草刈りをしていて、事故直後に現場に駆け付けた男性(70)は「1秒ぐらい、プーッと車のクラクションが鳴って、少し間があった後、激しい衝突音があった。

見に行くとワゴン車の前部がぐちゃぐちゃに押しつぶされていた」と語った。救出活動を手伝った男性会社員(43)は「2人は、ほぼ即死状態のようだった」と話していた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/04

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |