FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.03 (Thu)

勤続40年のレベルが低い保育士




社会福祉法人さかえの会
理事長 吉川栄一
吉川保育園
埼玉県加須市騎西352-2

40年勤務の主任保育士が園児に暴言繰り返す

埼玉県加須市の社会福祉法人が運営する認可保育所「吉川保育園」(定員60人)で、ベテランの女性主任保育士が昨年度から今年4月にかけ、園児に暴言を浴びせていたことが、市などへの取材で分かった。市は6月、児童福祉法に基づいて改善を指導した。保育士は既に退職している。

市地域福祉課によると、保育士は園児に対して「ばか」「まぬけ」「のろま」という暴言を使った。また、園児を払いのけたり、園児同士の頭をぶつけたりといった行為もしていた。園児にけがはなかった。

市の聞き取りに、保育士は「保育を計画通りに進めなければならないという責任感から厳しい口調になってしまった」と説明。「自分は威圧的と思われる言動をするときがあり、虐待と取られることがあったのは分かる」と話したという。

保育士は約40年間、同保育園で勤務。他の保育士を指導する立場の主任保育士だった。

同園ではまた、土曜の保育で提供することになっていた給食を少なくとも5年前から提供していなかったことも市の調査で判明。保護者には弁当を持参させていた。園は市に「調理員を確保できなかったため」と説明。現在は土曜も給食を提供している。

吉川保育園は本紙の取材に対し「利用者への対応は終わっている。申し訳ないが、改めて説明することはできない」と話した。 


40年間、同保育園で勤務 70代の女性保育士が

7yy_9kkhu61.jpg

70歳代の保育士が園児に暴言

埼玉県加須市の保育園で70代の女性保育士が園児に対し「ばか」「まぬけ」などと暴言をくり返していたことが分かった。

加須市によると「吉川保育園」で去年4月から今年3月までの間、70代の主任の女性保育士が園児十数名に対し「ばか」「まぬけ」「のろま」などと暴言を浴びせていたという。

さらに、園児を足で払いのけたり、じゃれ合っていた園児どうしの頭をぶつけたりしたという。園児にケガはなかった。

地元関係者からの通報があり、市が調べたところ、保育士は「責任感から厳しい口調になってしまった」「虐待のつもりはなかった」などと話し、6月に自主退職したという。

吉川保育園は「利用者の方への説明も済んでおり、改めてお話できることはありません」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/03

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.03 (Thu)

たくさんの閲覧ありがとう

2019年1月1日~2019年10月2日


Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.03 (Thu)

看護師必見*厚生労働省の看護職員需給推計・確保策について


医療従事者の需給に関する検討会 看護職員需給 分科会
看護職員需給推計・確保策について
  令和元年9月30日

2025 年における需要推計に 関しては、都道府県からの報告では180万人となった。これに、ワークライフバランスの充実を前提に看護職員の超過勤務時間や有給休暇の取得日数など勤務環境改善について、看護職員の労働環境の変化に対応して幅を持たせた3とおりのシナリオを設けて推計 したところ 、 188 万人~202 万人となった 。

看護職員の需給推計結果(都道府県別)
看護職員が不足する県
埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
滋賀県 大阪府 京都府 兵庫県 奈良県 和歌山県

看護職員の就業先推移
就業状況
○就業状況:就業中 62% 、非就業 34% 、看護職未経験 4
○就業中者の就業先:病院57% 、無床診療所 13% 、訪問看護サービス 4
〇就業中者の雇用形態:正規職員 66% 、短時間正規職員 3% 、正規職員以外 30

就業状況 転職の実態 転職による就業先の変化




概要 https://www.mhlw.go.jp/content/10805000/000553126.pdf
https://www.mhlw.go.jp/content/10805000/000553127.pdf




2025年に看護師が6万~27万人不足 厚労省の推計

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/03

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.03 (Thu)

71歳の准看護師が栄養チューブ誤挿入 ⇒ 入所者死亡 ⇒ 業務上過失致死罪

経鼻栄養チューブの誤挿入で死亡


挿管ミス罰金50万円求刑 元准看護師、入所者死亡で

山形市の介護施設で平成28年、入所者の女性=当時(87)=が栄養補給用チューブを肺に誤挿入されて窒息死する事件があり、業務上過失致死罪に問われた、施設の元准看護師、古林妙子被告(74)=同市=の公判が2日、山形地裁(児島光夫裁判長)で開かれ、検察側は罰金50万円を求刑した。

検察側は冒頭陳述で「チューブ挿入時、女性は大きくせき込んだ。食道ではなく気管に入ったと疑うのは基本だ。肺に穴を開けて死なせると予見できた」と主張。弁護側は誤挿入で死亡させたことを認める一方で「女性は苦しむ様子を見せず、危険性を予見できなかった」と無罪を主張した。

起訴状によると、28年2月26日、女性の鼻から胃にチューブを入れる際、女性がせき込んだ場合は気管への誤挿入を疑って作業をやり直す注意義務があったのに、漫然と挿入を続け左胸膜に穴を開けて、翌27日に窒息死させたとしている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/03

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |