FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.09 (Wed)

ホンマにレベルが低いわ北九州市

介護給付費を水増しして不正受給 北九州市の社会福祉法人の元理事長を逮捕

福岡県警は10月9日、実際には法令に基づく人員が配置されていないにもかかわらず配置されているよう虚偽申請を行い、北九州市から不正に給付金をだまし取った疑いで、北九州市八幡東区在住、障がい福祉サービス事業を営む社会福祉法人時優会の元理事長・植村時子容疑者(63)を逮捕した。

調べによると、植村容疑者は同法人の理事長として、運営する「生活介護支援センターひととき」の業務を統括していた際、女性職員と共謀して、同施設のサービス管理責任者が実際には法令に基づく人員が配置されていないにもかかわらず配置されているよう偽装。北九州市に偽装した内容の介護給付費を請求して不正に給付を受けた詐欺の疑いがもたれている。

同法人は2018年8月8日、約1億6,000万円の給付金を不正受給したとして、市によって同年10月1日付で運営する9施設の事業者指定を取り消されていた。市は40%の加算額を含めた約2億2,000万円の返還を求めるともに、刑事告訴を視野に入れるとしていた。

市の担当職員によると、不正受給の疑いが認められた約1億6,000万円のうち、内容虚偽の請求に基づく介護給付費1,801万8,582円を含む8,086万6,145円については事実関係が認められたことから、被害届の提出に至ったという。残りの不正受給分については、「今後の捜査の対応に委ねている」としている。


介護給付費1800万円詐取容疑 社福法人理事長を逮捕

介護給付費約1800万円を北九州市からだまし取ったとして、福岡県警は9日、同市八幡東区大蔵1丁目、社会福祉法人「時優会」理事長植村時子容疑者(63)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「お金をだまし取るつもりはありませんでした」と話しているという。

小倉南署によると、植村容疑者は統括していた同市小倉南区の障害者施設に実際はサービス管理責任者を置いていないのに配置しているように偽り、2016年12月~17年10月、本来は減額される介護給付費1801万円8582円を市から受け取った疑いがある。

北九州市によると、サービス管理責任者は施設のプラン作りをする職で、配置が義務づけられている。配置できない場合は介護給付費が約3割カットされる。

時優会をめぐっては、同市が昨年8月、介護給付費などの不正受給があったとして、運営する福祉施設9カ所の事業所指定を取り消す処分を決めた。昨年12月には追加監査分を含む2億2981万円の返還を求める命令も出した。市によると時優会は事業を別の社会福祉法人に譲ったという。

時優会が所有していた小倉南区内の土地と建物を、この法人に売る方向で協議が進んでいるといい、市は売却代金で全額返還されるとみている。



メチャクチャなトンデモない社会福祉法人時優会だった
北九州市の社会福祉法人、約1億6千万円を不正受給 2018年8月10日

植村時子理事長は「不正の意図はなく管理不足だった。利用者には申し訳ない」と
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4126.html


救済法人 社会福祉法人天満会(吉田全満会長)
(飯塚市椋本457番地2  平成29年1月6日設立認可)

社会福祉法人天満会が時優会を吸収合併

社会福祉法人天満会と社会福祉法人時優会に対する不当労働行為救済申立事件

なに? 何? 何なん?

ところが、事業を引き継ぐ天満会は、2018年8月、労働者についても全員雇用を引き継ぐことを通知したが、その後、個別面談をするなどして16名に対して解雇を通告、賃金を多い人で5万円もカットすることなど・・・
https://www.facebook.com/608510439253117/posts/1595057553931729/
https://www.facebook.com/1593674330867802/posts/2443079435927283/


指定障害福祉サービス事業者等に対する行政処分について 平成30年8月17日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/10

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.09 (Wed)

パートの管理者が入所者の口座から着服

他人の銀行口座から勝手に現金を引き出す
他人の銀行口座を勝手に解約できる
こんな簡単なん?
怖いワ

入所者の口座から着服か 男逮捕

札幌市内の介護施設に入所していた高齢者の銀行口座を勝手に解約し60万円余りを着服したとして、施設の元管理者の男が業務上横領などの疑いで警察に逮捕された。被害者の口座からはほかにも1000万円ほどが引き出されているということで、警察は、男が着服を繰り返していたとみて調べている。

逮捕されたのは、札幌市南区真駒内柏丘5丁目のパート従業員、掛橋悠佑容疑者35歳
警察の調べによると、掛橋容疑者は5年前に札幌市内の介護施設で管理者をしていた当時、入所していた87歳の女性の通帳や印鑑などを勝手に使って定期預金を解約し、口座にあったおよそ180万円のうち67万円を自分の口座に移して着服したとして、業務上横領などの疑いが持たれている。

被害者の口座からはほかにも1000万円ほどが引き出されているということで、警察は、掛橋容疑者が着服を繰り返していたとみて資金の使いみちなどを調べている。


実は
10万円 ⇒ 1000万円

担当女性の現金盗んだ疑い 札幌南署、介護職員逮捕 2017年2月14日
札幌南署は13日、窃盗の疑いで、札幌市南区真駒内柏丘5、介護職員掛橋悠佑容疑者(33)を逮捕した。
逮捕容疑は昨年11月6日、同市南区の女性(69)のキャッシュカードを使い、同区の郵便局の現金自動預払機(ATM)から現金10万円を引き出し、盗んだ疑い。

同署によると、掛橋容疑者は女性の通う市内の訪問介護事業所に勤務し、女性の送迎を担当。生活費の管理を手助けする名目でカードを預かり、暗証番号を聞き出していたという。

管理者だけどパート従業員ってか

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/09

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |