FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.10 (Thu)

虐待って言葉は過去のはなし ⇒ 近世は心理的虐待 ⇒ 人権侵害

あのな
今宵の障害者福祉では
心理的虐待 ⇒ 人権侵害なんです

そして
身体的虐待 性的虐待 ⇒ 傷害なんです


障害者施設の利用者に不適切発言 「心理的虐待」と自治体認定

宮城県の仙塩地区にある障害者福祉施設で、利用者に対する職員の不適切な発言があり、関係自治体が「軽度の心理的虐待」と認定していたことが9日分かった。自治体から報告を受けた県が施設を指導している。施設側は「再発防止に努める」としている。

施設関係者らによると被害に遭ったのは30代の男性利用者。重度の身体障害があり、仙塩地区に住んでいる。
.
男性利用者が6月中旬にショートステイ(短期入所)で施設を訪問し、夕食の介助を受けている際に男性職員に不適切な発言があった。施設の内部調査で発言を詳細に覚えている職員はいなかったが、周囲からは「いじめだ」「聞いていてかわいそうになる」との声が出たという。
.
施設の入所者が訴え、7月初めに施設が関係自治体に通報した。調査した自治体は8月上旬、「不適切な言動による言葉の暴力で不快な思いを与えた」として心理的虐待に認定し、改善計画書の提出を求めた。施設側は計画書に基づき、職員向けに虐待防止の研修などを続けている。
.
自治体から報告を受けた県は現在、施設を指導中。施設の代表者は「虐待はあってはならないこと。利用者の快適な生活の場を保つため再発を防ぎ、地域ニーズに応えたい」と話す。既に男性利用者の家族には謝罪した。
.
関係者によると、男性利用者は身動きが取れないのに、帰宅時に体に不自然な傷が見つかったこともあったという。遷延性意識障害の患者と家族でつくる「県ゆずり葉の会」の沼田孝市顧問は「福祉施設は閉鎖的な傾向があり、今回は氷山の一角だ。障害者が利用できる施設は限られており、改善してもっと良い施設になってほしい」と話す。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/10

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.10 (Thu)

オマエらの街には災害福祉支援ネットワークありますか

オマエら 教訓ってコトバ 知ってるか?



千葉県内の福祉施設各位
台風18号の被害でアタフタしとったからな
19号でまたか じゃあダメよ



災害時の福祉支援体制の整備について
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000209712.pdf
735d_vvb60.jpg

災害時の福祉支援体制の整備に向けたガイドライン
これまで 、 一部の都道府県においては、 こうした観点から 先進的な 取組が進められているところであるが、 全国において、このような 災害時における 緊急一時的な 福祉支援体制の 構築 を 一層推進するため 、 各都道府県が取り組むべき基本的な 内容について、 別添のとおり、 「 災害時の福祉支援体制の整備 に 向けたガイドライン 」を策定したので、各都道府県におかれては、本ガイドラインを参考 に、地域の実情に あった災害時の福祉支援体制の構築に努めるとともに、管内市区町村や 関係団体 等 に対し、周知を図られたい。

各都道府県は、一般避難所で災害時要配慮者に対する福祉 支援を行う災害 派遣 福祉チーム(以下「チーム」という。) を組成するとともに、一般避難所へこれを派遣 すること 等 により 、 必要な 支援体制を確保することを目的として、都道府県 、社会福祉協議会や 社会福祉施設等 関係 団体 などの 官民協働による「災害福祉支援ネットワーク」 (以下「ネットワーク」という。 を構築するものとする。
なお、ネットワークは、 都道府県を中心に、 政令指定都市、中核市を含め、管内 市 区 町村 の協 力 を 得て、可能な限り一元的な 都道府県内の ネットワークの構築を図るものとする 。
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |