FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2019.10.18 (Fri)

新たな犯罪手口が発覚した*宮崎市の社会福祉法人

理事長職を2億5000万円売買

宮崎市佐土原町の認可保育園を巡る不正問題で、園長と前園長が兼務する社会福祉法人の理事長職を2億5千万円で売買し、市から倫理上問題があるとして指導を受けていたことが17日、分かった。

前園長は退職時に園から「勇退祝い」と称した現金75万円を受け取っていたことも判明。社会福祉法では法人が関係者に特別の利益を供与することを禁じており、関係者は「園を私物化していたと言わざるを得ない」と批判している。



園長と前園長が委託費から生保料 宮崎市の保育園

宮崎市佐土原町の認可保育園の園長と前園長が、自身が加入する積み立て型生命保険の保険料を園の委託費から支払っていたことが15日、分かった。

支払額は月約20万~30万円に上り、前園長は退職時に解約金約520万円を受け取っていた。
前園長は園を運営する社会福祉法人の理事長を兼務しており、理事会の議決を経ずに不正に私的流用していた可能性がある。委託費を支給する市は使途基準に違反するとして、返還するよう指導している。


園長に高額報酬 宮崎市の保育園、市が指導

宮崎市佐土原町の認可保育園の園長の生命保険料を巡る不正流用問題で、新たに園長が高額報酬を受け取っていたとして市から指導を受けていたことが16日、分かった。園長は指導を受けた後も、2018年8月までの5年間に国の基準を大きく上回る約6315万円の報酬を受け取っていたとみられる。報酬は市が支給する委託費から支払われていた。現場の保育士が低処遇に苦しむ中、関係者は「公費の認識がないのではないか」と厳しい目を向けている。










社会福祉法人の売買は昔から聞くけれど
理事長か ・・・
2億5000万円で売り買いできるんか
美味しいのぉ

前の園長は返還しない 保育所と裁判で争っている

保育所運営費から園長の生命保険

宮崎市の保育所の園長と前の園長が、運営費用から自分名義の生命保険の保険料として合わせて1600万円余りを支払っていたことが市の調査で分かった。
園長は全額を返還した一方で前の園長は返還しておらず、保育所側と裁判で争っている。

宮崎市によると、市内にある保育所の園長の女性は平成25年10月から2年半にわたり、運営に充てる費用から自分名義の生命保険の保険料を毎月支払い、総額はおよそ890万円に上ったという。
この運営費用の多くは、市から支給された委託費だとみられている。

また、前の園長の男性は、平成25年9月までの3年間、同じように生命保険の保険料の支払いにおよそ760万円を使ったという。

この問題は、おととし、市の立ち入り調査で明らかになったもので、今の園長は全額を保育所側に返還した。一方、前の園長は返還しておらず、保育所側が損害賠償を求める訴えを起こし裁判が続いている。
これについて前の園長の弁護士は「裁判で争っている最中なのでコメントできない」としている。

また、今の園長の弁護士は「前の園長から引き継いで行っていたが、市の指導を受け返還した」と話している。
宮崎市は「運営の費用の使い道として、個人名義の生命保険の保険料は認められないと考えている。裁判の行方を注視したい」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/21

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.18 (Fri)

知的障害のある25歳無職の男が子供に催涙スプレー噴霧

障害者手帳を持っているからと
知的能力が低いからと
責任能力がないからと

刑事責任の能力判断次第 ってこと

8歳と4歳の姉妹に催涙スプレー噴霧 暴行容疑で知的障害者を逮捕

岐阜県大垣市で、8歳と4歳の幼い姉妹に催涙スプレーをかけたとして、25歳の知的障害者が暴行の疑いで逮捕された。
警察によると、9月16日昼前、岐阜県大垣市にある大型ショッピングセンター内で、小学2年生の女児(8)と妹の保育園児(4)の2人が、近づいてきた男に催涙スプレーをかけられた。
姉妹はせき込んで目の痛みを母親に訴えて、通報を受けた従業員が110番通報した。2人ともけがはなかった。

防犯カメラの解析などから、岐阜県北方町に住む自称・無職の男(25)が浮上し、警察は16日、男に任意同行を求めて追及したところ「間違いありません」と認めたため、暴行の疑いで逮捕した。

男は障害者手帳(知的障害)を持っているということですが、警察は責任能力があると判断し、幼い姉妹に催涙スプレーをかけた詳しいいきさつや、催涙スプレーの入手経路などについて調べを進めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/18

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.18 (Fri)

福祉施設の職員の女が居酒屋で酒を飲んで人身事故

福祉施設職員の女
事務員なのか
介護士なのか
給食員なのか
運転手なのか

福祉施設で勤務しているオンナ ってことやな

飲酒運転で逆送し事故 容疑で福祉施設職員の女逮捕

飲酒運転で道路を逆走して人身事故を起こしたとして、大阪府警河内長野署は17日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、大阪府河内長野市の福祉施設職員の女(41)を逮捕した。

容疑を認め、「知人と居酒屋で食事をして酒を飲んだ」などと供述しているという。

逮捕容疑は9月19日午後10時35分ごろ、酒に酔って正常な運転ができない状態で軽乗用車を運転し、河内長野市寿町の国道170号を逆走。同府富田林市内の男性(36)運転の乗用車に正面衝突し、胸の骨を折るなどの重傷を負わせたとしている。

同署によると、女は交差点を右折した際に対向車線に進入し、そのまま約240メートル逆走した。女自身も重傷を負ったため、回復を待って逮捕したという。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/18

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.18 (Fri)

この病院 ⇒ 罪は重いぞ ⇒ 人格権の侵害!

上司がバラす ⇒ 職場内の同僚に ⇒ 人権意識がない看護師たち 




こんな病院って なんなの?

性別変更を同意なく職場に明かされ大阪の女性が勤務先提訴 2019年8月30日
性同一性障害で性別を変えた女性が、性別変更したことを勤務先の病院で同意なく上司が同僚らに明かし精神的苦痛を受けたなどとして、病院を運営する法人に約1200万円の損害賠償を求めて提訴した。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4589.html



性別変更を上司が暴露し同僚から嫌がらせ 裁判始まる

性同一性障害で性別を変えた女性が、元は男性だったことを職場の上司に同意なく明かされ、精神的苦痛を受けたとして元勤務先の病院側を訴えた裁判が10月15日に始まった。

原告の女性は「差別のない世の中にしたい」と訴えた。

もう見世物あつかいですね。
『昔どんなんやったん?』とか。

看護助手をしていたAさん。男性として生まれたが、20代で性別適合手術を受け、戸籍上の性別も女性に変更した。6年前から大阪府吹田市の病院で働き始めたが、2週間後に上司から男性だったことを明かすよう要求された。Aさんは拒みましたが上司は公表。職場で嫌がらせが始まったという。

同僚女性から
『胸とか豊胸手術しているの?』とか『触らせて』とか『下半身見せて』とか。更衣室で着替えてたら『男と一緒に着替えるの嫌やわ』とか。」

去年7月、Aさんは男性と結婚しましたが
「『そんな物好きおんねんな』『気持ち悪いのがおるねんな』って。自分が好きな人をバカにされて、すごくショックを受けて。」

精神的に追い詰められたAさんは今年2月、病院で飛び降り自殺を図り、肋骨を折るなどの重傷を負いました。今年8月、Aさんは「精神的な苦痛を受けた」として病院を運営する医療法人に慰謝料など約1200万円を求めて提訴した。

10月15日に裁判が始まり、病院側は争う姿勢を示しましたが具体的な主張はしなかった。
Aさんは裁判を通して、「差別のない世の中にしたい」と言う。 「ちゃんと働ける職場を作りたいし、いじめのない、差別のない、性同一性障害で生まれた人が暮らしやすい世の中になったらいいなと思います。」


厚生労働省さん 日本国として こんな病院を ホッタラカシにしてエエんか?

88a9_smmna3.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/18

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |