FC2ブログ
2020年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2020.05.04 (Mon)

ありがとう*東京都の瑞穂ちゃん

ありがとう 瑞穂ちゃん




東京都内在住の小学3年生が手作りマスク192枚 保育園などに配布

東京都内在住の小学3年生、松崎瑞穂さん(8)から手作りマスク192枚が千葉県館山市に寄贈され、市は、船形こども園など市内のこども園・保育園などに配布した。同市内に松崎さんの母親の実家があるという。

市によると、松崎さんはマスク不足の報道を見て布マスクの寄贈を思いつき、曽祖母が入所する市内の介護施設に約180枚寄贈した。その後、親族経由で市に寄贈の打診があり、192枚が届いた。マスクには「館山のみなさんへ」という手紙が同封されており、「ざいりょうがなかなか手に入らなくて不ぞろいですが、一生けんめい作っています」などと書かれていた。

船形こども園では、早速園児たちがマスクを着け「みずほちゃん マスクをありがとう」と書かれたメッセージを掲げていた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/04

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.01 (Fri)

診断書を偽造して病気休暇*北九州市立医療センターの看護師

病気休暇
労働者が業務外の健康上の理由で仕事を休む場合、賃金や仕事を失うことなく申請できる休暇。


診断書を偽造 看護師を懲戒解雇

診断書を偽造して病気休暇を取得し、給料約40万円を不正に受け取ったとしたとして、北九州市立医療センターの女性看護師が、懲戒解雇された。

懲戒解雇となったのは、北九州市立医療センターで働く38歳の女性看護師。
看護師は、去年から今年にかけて、「急性胆嚢炎の手術を受けた」などとうその診断書を作成し、あわせて28日の病気休暇を取得。
その期間の給料約40万円を不正に受け取っていた。

不正受給した給料は、既に弁済されている。

看護師は、去年10月から医療センターで勤務していて、「求められる看護のレベルが高く、休みがちになった」と説明しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/01

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.01 (Fri)

こういう事故も安全確認を怠ったと

こんなトコで電動車椅子 ってか?



送迎バス 車いすに衝突1人死亡

1日午前、和歌山市で、マイクロバスが電動車いすに追突し、電動車いすに乗っていた89歳の男性が死亡した。

1日午前7時半ごろ、和歌山市手平の市道で、電動車いすに乗っていた、近くに住む石井清さん(89)が、後から走ってきたマイクロバスに追突された。
石井さんは頭を強く打って病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認された。

マイクロバスには、和歌山市にある福祉施設の利用者4人が乗っていましたが、いずれもけがはなかった。
警察は、マイクロバスを運転していた、施設の職員、吉村雅弘容疑者(54)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕した。

警察の調べに対し、容疑を認めているということで、警察は吉村容疑者が安全確認を怠ったものとみて、容疑を過失運転致死に切り替えて捜査している。


アカンやろ 危険だろ 危ないでしょ 



「電動車いす」の男性、マイクロバスに追突され死亡

和歌山市で電動車いすがマイクロバスに追突され、乗っていた89歳の男性が死亡した。

1日午前7時40分ごろ、和歌山市手平で、車道を進んでいた電動車いすにマイクロバスが追突した。
この事故で電動車いすに乗っていた石井清さん(89)が、頭などを強く打ち、病院で死亡が確認された。

警察はマイクロバスを運転していた団体職員の男(54)を過失運転致傷の現行犯で逮捕した。
警察によるとマイクロバスは、社会福祉法人の送迎バスで、当時ほかに4人が乗っていたが、けがはないという。


89歳の男性


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/01

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.01 (Fri)

ありがとう 長屋の星飛雄馬さん

ありがとう
長屋の星飛雄馬さん



マスクや消毒液が児童養護施設へ 過去にも同じ名前名乗る男性からランドセルなど

愛知県岡崎市の児童養護施設に「長屋の星飛雄馬」を名乗る人物からマスクなどが贈られた。
岡崎市の児童養護施設に届けられたのは「長屋の星飛雄馬」と名乗る男性から贈られたマスクや消毒液などで、1日市役所の職員から手渡された。

男性は4月29日、市役所の当直室を訪れ、市内の2つの児童養護施設に届けて欲しいと、マスク560枚に消毒液4本、さらに、うがい薬2本を施設への手紙と共に箱に入れて持ってきたという。

社会福祉法人米山寮」の加藤副理事長
「この時期に非常にありがたい贈り物だと思います。消毒液やマスクは底をつきそう、品薄。有効に活用させてもらいたいと思っています」

「長屋の星飛雄馬」を名乗る男性からは、2011年から施設へ贈るためのランドセルなどが届けられるなどしていて、今回で15回目。


漫画「巨人の星」の主人公、「星飛雄馬」を名乗る人物から、愛知県岡崎市の児童養護施設あてに、マスクや消毒液が届けられた。

岡崎市役所によると「長屋の星飛雄馬」と名乗る人物が、29日、当直室にダンボール箱2個を持ってきた。
中にはマスク560枚のほか、消毒液・うがい薬が入っていて市内の児童養護施設「平和学園」と「米山寮」宛てになっていた。

「30代後半から40代の男性と聞いています。子どもたちもきっと喜ぶと思って、温かい気持ちになりました」(岡崎市 こども部こども育成課 都築侑季さん)
同封された手紙には、医療従事者への感謝や、休業しているお店などへの応援の気持ちも書かれていた。
マスクや消毒液は5月1日に、施設側に渡される。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/01

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.29 (Wed)

兵庫県立尼崎総合医療センターで

男児に薬を過剰処方 一時、軽度の意識障害

兵庫県は28日、県立尼崎総合医療センター(尼崎市)の男性医師が今年2月、未就学男児(同市在住)に、誤って適正量の10倍の抗けいれん薬を処方したと発表した。男児は一時軽度の意識障害を起こし救急搬送されたが、その後回復したという。

県によると、男児は2月12日に嘔吐や全身のけいれんで同センターを受診。20代の男性小児科医が胃腸炎の一種と診断した。本来は抗けいれん薬を1日1回、70ミリグラム処方するが、誤って電子カルテに「700ミリグラム」と入力。院外の薬局からファクスで容量を疑う照会もあったが、同医師は服用回数の件だと誤認し、そのまま処方したという。

翌13日昼に男児が自宅で服用。すぐに軽度の意識障害を起こし救急搬送された。点滴などの処置のため入院し、回復したため同16日に退院した。

同センターには、電子カルテに処方の上限量を超えて入力すると警告するシステムがあったが、成人の基準値(1200ミリグラム)しか設定していなかった。今後は子どもの年齢ごとの基準値を設定するという。八木聡・県病院事業副管理者は「大変申し訳ない。一層医療安全対策を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。


2017年1月28日
子宮手術で腹腔内に器具取り残し、別の病院で見つかる 兵庫県が慰謝料支払いへ
子宮内の器具設置に不具合 兵庫県がミス発表
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3245.html

近頃問題の多い兵庫県立尼崎総合医療センター

2016年12月22日
投薬ミスで入院7日間延長 尼崎総合医療センター

2016年11月26日
看護師が離床センサー作動させず、患者重傷 尼崎

2016年9月16日
患者の顔や患部、電子カルテのデータ入ったカメラ紛失 尼崎総合医療センターの医師

2016年4月6日
救急搬送された患者の財布から35万円窃盗 兵庫県立病院の40歳看護師逮捕
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2752.html

2015年12月25日
幼児の足一部壊死 尼崎総合医療センターで事故

2015年7月30日
80代患者体内にチューブ残し、摘出遅れる 旧兵庫県立尼崎病院
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3113.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/29

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.28 (Tue)

特別養護老人ホーム:メープルホームの60歳代男性介護士

老人ホームの60代男性介護士が感染



4月18日に37度台の熱があった



4月19日までマスクをつけずに勤務



4月22日まで36度台の熱だと報告して働いていた



神戸市は、すでに新型コロナウイルスへの感染が確認されていた60代の男性が、市内の高齢者施設に勤務する介護士であると発表した。

感染が確認されたのは、垂水区の特別養護老人ホーム「メープルホーム」に勤務する60代の男性の介護士。

神戸市によると、介護士は今月18日に37度台の熱があり、同居する50代の女性の感染が分かったことから検査を受けた。
介護士は19日まではマスクをつけずに勤務をし、22日まで熱も36度台だと報告して働いていた。

神戸市では、施設の職員6人と入所する高齢者7人を濃厚接触者として健康観察を行う。

施設では、来月10日までデイサービスと、新たなショートステイの受け入れをやめ、職員に対して出勤時の検温やマスクの着用を改めて徹底させた。


フザケた施設や
特別養護老人ホーム メープルホーム
兵庫県神戸市垂水区名谷町1905-1

社会福祉法人波賀の里福祉会
兵庫県宍粟市波賀町安賀450-2
理事長 清水康廣


発熱隠し勤務続ける

神戸市は27日、これまでに発表した新型コロナウイルス感染者の60代男性が、同市垂水区の特別養護老人ホーム「メープルホーム」に勤務する介護士だったと明らかにした。

男性は37度台の熱がありながら、職場には36度台と報告し、少なくとも3日間勤務していた。男性は軽症。市は同僚職員6人と入所者7人を濃厚接触者とみて健康観察を続ける。職員6人は25日から自宅待機している。

市によると、男性は18日に37度台の熱が出たが、19、21、22日に勤務。21日までマスクを着用していなかったという。23日に同居する50代女性の感染が分かり、24日にPCR検査を受け、陽性が判明した。

同施設は、25日からデイサービスを休止。ショートステイも新規受け入れをやめている。いずれも休止期間は5月10日までで、特養は継続する。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.26 (Sun)

香芝市の介護施設で19歳の介護職員が

介護職員逮捕 入所者に暴行疑い

奈良県香芝市の介護施設で、19歳の介護職員の男が男性入所者の顔にベッドの鉄製の柵を何度も押しつけたとして、暴行の疑いで逮捕された。
男は警察の調べに対し「以前から男性に文句を言われ、嫌いだった」などと供述し、容疑を認めているという。

逮捕されたのは大阪・東大阪市に住む介護職員の19歳の男で、22日午前10時20分すぎからおよそ10分間、勤め先の施設に入所する76歳の男性の顔に、ベッドから引き抜いた鉄製の柵を両手で持って何度も押しつけたとして、暴行の疑いがもたれている。

警察によると、施設の別の職員が男性の顔に不自然な赤みがあるのに気づいて男性に聞いたところ、「19歳の職員の男に暴行された」と話したため、施設側が男性の部屋にスマートフォンを置いてビデオで撮影をした結果、男による暴行の一部始終が記録されたという。

警察の調べに対し、職員の男は容疑を認めた上で、「入所者の男性には以前から介護中に『痛い』などと文句を言われていて、嫌いだったのでストレスをぶつけた」などと供述している。
警察は男が以前から暴行を繰り返していたとみて詳しい状況を調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/26

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.25 (Sat)

弱い立場にある者ばかりを狙った卑劣で悪質な犯行

ムショから出た後が怖いわ


知的障害の少女ら11人にわいせつ行為 被告に懲役17年

知的障害がある少女ら11人にわいせつ行為を繰り返したとして、準強制わいせつ罪などに問われた東京都江戸川区、無職大木勇作被告(32)に対し、千葉地裁は24日、懲役17年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。向井香津子裁判長は「弱い立場にある者ばかりを狙った卑劣で悪質な犯行」と述べた。

判決によると、大木被告は2014年から18年にかけて、東京都内や千葉県内で当時6~18歳の少女ら11人に対し、下半身を触るわいせつ行為をするなどした。

公判で弁護側は、大木被告が少女らに障害があると知らず、「同意があった」などと主張したが、向井裁判長は「少女らは行為の意味を理解できなかった」と指摘。大木被告が事前にインターネットで「知的障害 特徴」と検索していたことなどを踏まえ、「知的障害者に狙いを定めて計画を練り上げていった」と非難した。

知的障害があり、抵抗することが困難な女児ら11人にわいせつな行為をしたとして、準強姦や強制わいせつなどの罪に問われた東京都江戸川区の無職、大木勇作被告(32)に、千葉地裁は24日、「弱い立場にあるものばかり狙い、卑劣かつ悪質だ」として、懲役17年の判決(求刑懲役25年)を言い渡した。

公判では大木被告の自閉症スペクトラム障害が犯行に影響した程度が争点だった。弁護側は「同意があったと誤信した」として一部の罪について無罪を主張したが、向井香津子裁判長は「大学を卒業し、客観的状況を理解する知的能力があり、同意がないことは認識していた」と退けた。

支援学級や知的障害者の特徴を調べ上げ、被害者に声を掛けた。計画性の高さが悪質さを際立たせていると非難する一方、「姦淫行為の既遂は1件にとどまる」などとして、検察側の求刑は重すぎるとした。

判決によると、2014年6月~18年6月、都内や千葉県の駐車場などで、下校中だった知的障害のある女児や13歳未満の女児の体を触るなどわいせつな行為をしたり、住宅に侵入して服を脱がせたりした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/25

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.23 (Thu)

NPO法人ハートインりずみっく+就労継続支援B型作業所らるご指定取消し

障害福祉サービス事業者が給付金不正受給 宮崎県は指定を取り消し

都城市で障害者の就労支援サービス事業所を運営しているNPO法人が、給付金を不正に受け取っていたことが分かった。県は、このNPO法人に対し、障害福祉サービス事業者の指定を取り消すと通知した。

給付金を不正に受け取っていたのは、宮崎市のNPO法人「ハートインりずみっく」。

宮崎県によるとこのNPO法人は、運営する都城市高城町の「就労継続支援B型作業所らるご」で、2017年5月から約2年半の間、サービス提供の記録を改ざん。都城市から給付金約500万円を不正に受けとっていた。

県は15日、障害福祉サービス事業者の指定を取り消すことを通知していて、3か月後の7月15日に指定が取り消されることになる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/23

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.23 (Thu)

広島市の株式会社広の島+リハビリデイサービス古江のひまわり指定取り消し



介護給付金を不正に申請 広島市西区の事業所 指定取り消し処分

広島市西区の介護施設が義務付けられているリハビリ訓練を行っていないにも関わらず、介護給付費を不正に請求したなどとして、広島市は、この事業所の指定を取り消した。

処分を受けたのは広島市西区にある介護施設『古江のひまわり』。

広島市によると、この介護施設はおととし10月から去年10月までの間、義務付けられているリハビリ訓練をしていなかった。
また、3ヵ月に1度の訓練内容の見直しも怠っていて、介護給付費の要件を満たしていないにも関わらず、およそ210万円を不正に請求していた。
広島市は22日付けで、この事業所の指定を取り消すとともに、不正受給した金額に懲罰金を加えたおよそ300万円の返還を求めている。




綾部正浩
1994年 社会福祉法人三篠会入社/2003年 広の島起業
大学を卒業して三篠会に入社しました。その後、独立し、自分で福祉の会社を立ち上げ、・・・・・
http://archive.is/GA7BN



介護サービス事業者の処分について

株式会社広の島
代表者
代表取締役 綾部正浩
所在地
安佐南区古市三丁目5番3号

リハビリデイサービス古江のひまわり

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/23

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
PREV  | BLOGTOP |  NEXT