FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.07.02 (Thu)

ツクイ尼崎塚口で送迎死亡事故

なんのこっちゃ

>そろそろ家に着く と女性に声を掛け
ルームミラーで ・・・
ではなく
振り向いて ・・・

なんで

>車線をはみ出して 反対車線の街路樹に衝突するの?

なんで
こんな事故が起きるの?


デイサービス送迎車が街路樹に衝突、同乗の女性死亡

1日午後5時20分ごろ、兵庫県尼崎市崇徳院3の市道で、デイサービス施設「ツクイ尼崎塚口」(尼崎市上坂部1)の送迎用軽乗用車が道路脇の街路樹に衝突。施設の利用者で、車いすで同乗していた女性(98)=同市=が搬送先の病院で容体が急変し、約2時間半後に死亡した。

県警尼崎南署は、運転していた施設職員の男性(30)に事情を聴いており、男性は「(車内で女性に)振り返り『もうすぐおうちに着きますよ』と声を掛け、前を見たら街路樹があった」と話しているという。

同署によると、女性は帰宅中で、事故直後は会話をしていたという。死因は事故の衝撃による外因性の心筋梗塞か肺静脈の損傷とみられ、同署は、女性の車いすの固定方法なども調べる。現場の道路は片側1車線のゆるやかなカーブ。


ツクイ尼崎塚口
兵庫県尼崎市上坂部1-3-41

7月1日夕方、尼崎市でデイサービスの利用者を送迎する車が街路樹に衝突する事故があり、後部座席に乗っていた98歳の女性が死亡した。

7月1日午後5時20分ごろ尼崎市崇徳院の路上で西向きに走っていたデイサービスの送迎車が車線をはみ出し反対車線の街路樹に衝突した。 この事故で、後部座席で車いすに乗っていた女性(98)が病院に搬送されたがその後死亡が確認された。

警察は車を運転していた介護職員の男(30)を過失運転致死の疑いで逮捕した。
警察の調べに対し男は容疑を認めていて、「そろそろ家に着く」と女性に声を掛け、気付いたらぶつかっていたなどと話しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/02

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.23 (Tue)

看護師らによる衝撃的な事件って・・・ ⇒ 昔から茶飯事だった

どうしてこんな輩が看護師になれたのだろうか


入院患者虐待元看護師2人に求刑

神戸市の病院で入院患者を虐待したとして勤務していた看護師ら6人の男が逮捕・起訴された事件で、このうちの2人の裁判が神戸地方裁判所で開かれ、いずれも起訴された内容を認めた。

神戸市西区の神出病院で勤務していた看護師らあわせて6人が、おととしから去年にかけて入院患者に無理やりわいせつな行為をさせたり、落下防止柵が付いたベッドを逆さにしてかぶせて閉じ込めたりしたなどとして、準強制わいせつや監禁などの罪に問われている。

このうち、監禁の罪に問われている武田剛士被告(33)と、準強制わいせつの罪に問われている船引健志被告(33)の初公判が神戸地方裁判所で開かれ、2人は起訴された内容を認めた。

検察は武田被告に対して
「看護師らによる衝撃的な事件が社会に与えた影響は大きく、逆さにしたベッドに閉じ込めるなど悪質で、ベッドは崩れる危険性があり命をも脅かす行為だ」として懲役1年6か月を求刑した。

また、船引被告に対して
「患者に無理やり性的な行為させるなど人格を踏みにじる卑劣な行為だ」として懲役3年を求刑した。
一方、それぞれの弁護側は2人が反省しているなどとして、執行猶予のついた判決を求めた。
判決は来月言い渡される。



神出病院の元看護助手ら4人、新たな虐待容疑で再逮捕 2020年3月24日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4985.html
看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水 3月4日
別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚
患者同士の性的行為を強要か 病院での虐待動画、数十本
幹部ら気づけず 病院院長が謝罪
患者に床なめさせ、動画撮影 スマホに動画30本
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4961.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/23

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.19 (Fri)

こりゃあ施設運営会社の負けだろ

パーマリィ・イン明石



「孤独死」の遺族が老人ホームを提訴

兵庫県明石市の老人ホームで入居者の91歳の男性が「孤独死」した問題で、男性の遺族が施設の運営会社に1100万円の損害賠償を求める裁判を起こしていたことが分かった。

遺族の訴えなどによると、男性は去年5月、明石市内の介護付き有料老人ホームの部屋で死亡したが、遺体の発見が死後2週間ほど経過しており、安否確認や健康管理を怠っていたと主張している。

男性は亡くなる前に発熱の症状を訴えていたため、家族が施設に対し見守りを依頼していたという。訴えに対し施設側は「日常生活をサポートする義務はなかった」と反論していて、争う姿勢を示している。


老人ホームで91歳孤独死 遺族が運営会社を提訴

スタッフが24時間常駐する兵庫県明石市の介護付き有料老人ホームで2019年5月、入居する男性=当時(91)=が居室で「孤独死」し、施設側が死後約2週間気付かなかった問題で、日常の安否確認や健康管理を怠っていたなどとして、男性の遺族が施設の運営会社に慰謝料など1100万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴していたことが17日、分かった。

提訴は3月13日付。訴状などによると、明石市にある同ホームで19年5月22日、2階の居室で男性が倒れているのを職員が発見した。医師の検案では同10日ごろに亡くなったと推定され、遺体は傷みが進んでいたという。

死亡する前の同2日には、男性が家族に電話で「4月下旬から発熱がある」と話したため、家族は職員に体調の確認などを求めていた。その2日後に家族が男性と面会した際は、具合が悪そうに見え、スタッフに見守りを要望した。しかし施設側は2日以降、居室を訪ねていなかったと訴えている。

遺族は、施設は契約上、健康状態に懸念のある場合は居室を訪ねるなど、安否確認する義務があったと主張している。
一方、男性は介護の必要がない「自立」で介護保険サービスを使っていなかった。医師の往診や食事提供、清掃サービスなども利用していなかったという。

訴訟の答弁書によると、運営会社は、家族から体調確認を求められなかったなどとし、「日常生活のサポートを負う義務は定められていない。(男性との)契約は賃貸人と賃借人の関係に類するもの」と反論している

この問題では明石市が調査し、施設側が男性のプライバシーに対する配慮を理由に、健康状態や安否の確認を十分に行っていなかったことなどが原因とする結果を公表。再発防止を求める行政指導をした。

厚生労働省は問題を受け、有料老人ホームは、入居者が希望しなくても毎日1回以上の安否確認をするよう全国の自治体に通知を出した。




パーマリィ・イン明石の孤独死*明石市の調査報告書 2019年7月17日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4544.html
有料老人ホームで男性孤独死 10日超気付かず 2019年5月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4487.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/19

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.24 (Sun)

診療中にワイセツか?尼崎市の心療内科クリニックで

診療中にわいせつ行為、容疑で開業医を逮捕

経営する心療内科クリニックで、女性患者にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警尼崎北署は23日、強制わいせつの疑いで、同県西宮市南昭和町の開業医、北正行容疑者(36)を逮捕した。

逮捕容疑は3月19日午後1~2時の間、同県尼崎市内の心療内科クリニックで、診療中の女性患者=当時(23)=の体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

女性患者が4月に署に相談して発覚した。同署によると、北容疑者は調べに対し「行為は間違いないが交際関係にあった」と供述しているが、女性は交際関係を否定しているという。



2018年12月1日開院
http://archive.is/sZMMV

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.29 (Wed)

兵庫県立尼崎総合医療センターで

男児に薬を過剰処方 一時、軽度の意識障害

兵庫県は28日、県立尼崎総合医療センター(尼崎市)の男性医師が今年2月、未就学男児(同市在住)に、誤って適正量の10倍の抗けいれん薬を処方したと発表した。男児は一時軽度の意識障害を起こし救急搬送されたが、その後回復したという。

県によると、男児は2月12日に嘔吐や全身のけいれんで同センターを受診。20代の男性小児科医が胃腸炎の一種と診断した。本来は抗けいれん薬を1日1回、70ミリグラム処方するが、誤って電子カルテに「700ミリグラム」と入力。院外の薬局からファクスで容量を疑う照会もあったが、同医師は服用回数の件だと誤認し、そのまま処方したという。

翌13日昼に男児が自宅で服用。すぐに軽度の意識障害を起こし救急搬送された。点滴などの処置のため入院し、回復したため同16日に退院した。

同センターには、電子カルテに処方の上限量を超えて入力すると警告するシステムがあったが、成人の基準値(1200ミリグラム)しか設定していなかった。今後は子どもの年齢ごとの基準値を設定するという。八木聡・県病院事業副管理者は「大変申し訳ない。一層医療安全対策を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。


2017年1月28日
子宮手術で腹腔内に器具取り残し、別の病院で見つかる 兵庫県が慰謝料支払いへ
子宮内の器具設置に不具合 兵庫県がミス発表
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3245.html

近頃問題の多い兵庫県立尼崎総合医療センター

2016年12月22日
投薬ミスで入院7日間延長 尼崎総合医療センター

2016年11月26日
看護師が離床センサー作動させず、患者重傷 尼崎

2016年9月16日
患者の顔や患部、電子カルテのデータ入ったカメラ紛失 尼崎総合医療センターの医師

2016年4月6日
救急搬送された患者の財布から35万円窃盗 兵庫県立病院の40歳看護師逮捕
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2752.html

2015年12月25日
幼児の足一部壊死 尼崎総合医療センターで事故

2015年7月30日
80代患者体内にチューブ残し、摘出遅れる 旧兵庫県立尼崎病院
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3113.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/29

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.28 (Tue)

特別養護老人ホーム:メープルホームの60歳代男性介護士

老人ホームの60代男性介護士が感染



4月18日に37度台の熱があった



4月19日までマスクをつけずに勤務



4月22日まで36度台の熱だと報告して働いていた



神戸市は、すでに新型コロナウイルスへの感染が確認されていた60代の男性が、市内の高齢者施設に勤務する介護士であると発表した。

感染が確認されたのは、垂水区の特別養護老人ホーム「メープルホーム」に勤務する60代の男性の介護士。

神戸市によると、介護士は今月18日に37度台の熱があり、同居する50代の女性の感染が分かったことから検査を受けた。
介護士は19日まではマスクをつけずに勤務をし、22日まで熱も36度台だと報告して働いていた。

神戸市では、施設の職員6人と入所する高齢者7人を濃厚接触者として健康観察を行う。

施設では、来月10日までデイサービスと、新たなショートステイの受け入れをやめ、職員に対して出勤時の検温やマスクの着用を改めて徹底させた。


フザケた施設や
特別養護老人ホーム メープルホーム
兵庫県神戸市垂水区名谷町1905-1

社会福祉法人波賀の里福祉会
兵庫県宍粟市波賀町安賀450-2
理事長 清水康廣


発熱隠し勤務続ける

神戸市は27日、これまでに発表した新型コロナウイルス感染者の60代男性が、同市垂水区の特別養護老人ホーム「メープルホーム」に勤務する介護士だったと明らかにした。

男性は37度台の熱がありながら、職場には36度台と報告し、少なくとも3日間勤務していた。男性は軽症。市は同僚職員6人と入所者7人を濃厚接触者とみて健康観察を続ける。職員6人は25日から自宅待機している。

市によると、男性は18日に37度台の熱が出たが、19、21、22日に勤務。21日までマスクを着用していなかったという。23日に同居する50代女性の感染が分かり、24日にPCR検査を受け、陽性が判明した。

同施設は、25日からデイサービスを休止。ショートステイも新規受け入れをやめている。いずれも休止期間は5月10日までで、特養は継続する。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.23 (Thu)

ありがとう*行方不明の93歳女性を保護

行方不明の93歳女性を保護 男性教諭と女性看護師に「善行賞」

兵庫県警朝来署は、散歩中に行方不明になった朝来市の女性(95)を保護したとして、和田山高校(同市和田山町枚田岡)の主幹教諭西本慶輔さん(45)=同県多可町=と、大塚病院(同県丹波市)の看護師浅田夏美さん(31)=朝来市=に、県の善行賞「のじぎく賞」を伝達した。

同署によると、3月30日午後5時10分ごろ、女性の長男が「午前11時に見たのを最後にいなくなった」と通報。長男は近くの同校にも事前に相談していた。西本さんは、女性が散歩で通りそうな細い道を選んで帰宅中、同50分ごろに播但連絡道路和田山インターチェンジ前の歩道で座り込む女性を見つけた。

ほぼ同時に浅田さんもマイカーから女性を見かけ、心配して駆け寄った。浅田さんの車内で休憩してもらいながら、西本さんが同校経由で同署に通報。駆けつけた署員が保護した。場所は女性宅から約2・3キロ。女性にけがはなかった。

贈呈式は新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止し、同署員が職場などに賞状を届けた。2人は「けがもなく、見つけることができて良かった」と話した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/23

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.20 (Mon)

神戸市が特別監査*社会福祉法人白百合学園

元理事長の男性が
2006年度からの12年間で約1370万円を法人会計とは別に現金で管理していたことが神戸市の特別監査で判明した

らしいですよ

2018年2月に
多額の現金がひそかに保管されている と内部通報があった そうです

go-down-A7.png

補助金1370万円、会計計上せず金庫で管理 神戸の社会福祉法人

社会福祉法人「白百合学園」(神戸市北区)の元理事長の男性(2018年3月退任)が、市の07~16年度の補助金など計約1370万円を法人会計に計上せず、現金で管理していたことが市への取材で分かった。

市監査指導部によると、17年9月の一般監査で、理事会の議事録や入札に関する書類の偽造が発覚。18年2月には「会計帳簿に記載されていない現金がある」と内部通報があり、市は同4月に特別監査を行った。

監査により、職員の待遇改善などに充てる市の補助金や職員給与など現金計約1370万円を、元理事長が法人建物内の金庫で管理していた疑いが浮上。監査時には約420万円が金庫にあり、残り約950万円は出金したとみられる。領収書などがなく、市は「詳細な使途は不明」とする。

同法人は19年6月、元理事長を業務上横領容疑で県警に刑事告訴した。同法人によると、約950万円は元理事長から既に返還されたという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/23

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.26 (Thu)

ついに医療従事者の家族まで



集団感染が確認された病院に勤める看護師の父親が死亡

兵庫県姫路市で新型コロナウイルスに感染した80代の男性が、死亡したことがわかった。
男性は集団感染が確認されている仁恵病院に勤める看護師の父親で、今月9日に陽性が確認されていた。


兵庫県姫路市で新型コロナウイルスに感染した80代の男性が、死亡したことが分かった。
男性は、集団感染が起きた病院の看護師の父親だった。

姫路市によると、市内に住む80代の男性は、3月9日に新型コロナウイルスへの感染が確認され入院していたが、26日、死亡した。
男性は感染が判明した当時、普段から咳がでることはあったものの無症状だったという。
男性と同居していた娘は、患者や職員など14人の感染者が出ている仁恵病院の看護師で、娘も感染が確認されていた。

兵庫県内で新型コロナウイルスに感染し死亡した人はこれで7人となった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/26

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.25 (Wed)

従業員計25人に給料未払い in 尼崎市

「給料もらえない」従業員の相談で発覚 介護施設経営夫婦を書類送検

兵庫県尼崎労働基準監督署は25日、最低賃金法違反などの疑いで、尼崎市で介護施設を運営していた株式会社アクティーEBケアサービスと、同社代表取締役の女(54)、事実上の経営者とみられる男(55)を書類送検した。男女は夫婦という。

送検容疑は、介護士や看護師ら従業員計25人に対し、2018年2、3、8月分給料の一部計約900万円を支払わず、兵庫県の最低賃金(当時は時給844円)を下回った疑い。

同署によると、同社は高齢者と障害のある児童向けの通所施設計2カ所を運営。18年7月に従業員1人から「給料がもらえない」と相談があり、発覚した。

同社は18年8月に事業を停止。2人は「金がなかった」と話しているという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/25

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.24 (Tue)

どうしてこんな輩が看護師になれたのだろうか

看護師をアシストする看護助手
経験や資格も問われない

看護師の国家試験合格率は89%-96%

こんな人達って
多重人格 って言うんだろうか

学んだ学校のレベルが低かったけど 看護師の国家試験は簡単だから合格したのか?
それとも
人間形成で元々こんな人格だったのか
あのな
やってエエこと やってはいけないこと
幼稚園児でも判るわ 善悪が


看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水 3月4日
別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚
患者同士の性的行為を強要か 病院での虐待動画、数十本
幹部ら気づけず 病院院長が謝罪
患者に床なめさせ、動画撮影 スマホに動画30本
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4961.html


他にも患者らに無理やり性的な行為をさせたなどとして、元看護助手の和田元規容疑者(27)と男性看護師3人を準強制わいせつや暴行容疑で再逮捕。

神出病院の元看護助手ら4人、新たな虐待容疑で再逮捕

神戸市西区の神出病院の看護師らが入院患者を虐待したとされる事件で、兵庫県警捜査1課と神戸西署は24日、準強制わいせつや暴行の疑いで、元看護助手の男(27)=同市西区=ら4人を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

4人の再逮捕容疑は2018年10月~19年9月、同病院の男性入院患者の頭にガムテープを巻いて暴行したり、患者同士でわいせつな行為をさせたりした疑い。

県警は今月4日、入院患者への監禁や準強制わいせつの疑いで、元看護助手と同病院の看護師ら5人を逮捕。元看護助手は調べに「患者のリアクションが面白かった」などと話しているという。

逮捕された看護師らは病院の調べに元看護助手が虐待を主導したという趣旨の説明をしているといい、県警は元看護助手の人間関係や動機を調べている。

元看護助手は昨年12月、神戸市西区で20代女性の胸などを触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕された。元看護助手のスマートフォンには、当時勤務していた神出病院で患者に対する虐待の様子を撮影した動画が約30点収められていた。


和田容疑者の元上司だった元看護師のAさんは
私が入社して10数年前からそういう体質はあった
(容疑者とは)別の人がいじめ的なことを患者にしていると聞いたことはあったと

神戸市西区の精神科病院「神出病院」で元看護助手らが入院患者を虐待したとされる事件で、兵庫県警は24日、他にも患者らに無理やり性的な行為をさせたなどとして、元看護助手の和田元規容疑者(27)と男性看護師3人を準強制わいせつや暴行容疑で再逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

県警は今月4日、入院中の男性患者同士でキスをさせたり、トイレで水をかけたりしたなどとして、和田容疑者と26~41歳の看護師5人を準強制わいせつ容疑や暴力行為等処罰法違反などの疑いで逮捕していた。

捜査関係者によると、和田容疑者を含む計4人は他にも2018年10月~19年9月、男性患者同士で無理やり性的な行為をさせたり、患者の頭にテープを何重にも巻き付けたりした疑いがある。

これらの被害者は当時50~70代の患者3人で、いずれも重度の精神疾患があった。和田容疑者のスマートフォンには患者を虐待する様子を映したとみられる動画約30本が保存されており、病室の床や別の患者の体に塗ったジャムのようなものをなめさせる様子も撮影されていたという。6人は無料通信アプリ「LINE」で、こうした動画を共有していたという。

弱い立場に置かれかねない精神科患者
神戸市西区の精神科病院「神出病院」で、看護助手や看護師が複数の入院患者に虐待を繰り返していたとされる事件。身体拘束も認められる精神科病院では、患者は弱い立場に置かれかねない。法律の不備を指摘する声もある。

「ちゃんと食べんか、こら」。兵庫県内にある神出病院とは別の精神科病院。昨年入院した男性(61)は、他の患者が食事補助の病院スタッフから怒られたり、高齢の患者が「ちゃん付け」で呼ばれたりしているのを見た。男性は「頼る人のいない患者や長期入院の患者は、閉鎖的な入院病棟で、スタッフらの言うことが絶対となる」と話す。

県内の別の精神科病院で最近まで勤務していた20代の男性看護師は、嫌がる高齢の女性患者を看護師が押さえつけて髪の毛を切ったり、スタッフが言うことを聞かない患者をたたいたりする場面を目撃したこともあったという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.24 (Tue)

こんな街に住みたくないな*日本国民として許されない

最前線で
新型コロナウイルス感染症の患者を救おうとしている
医療従事者に
誹謗中傷だと?
アホか?

名誉毀損です
こういうのを 侮辱って言うんです



兵庫県三木市、小野市の総合病院・北播磨総合医療センターが3月23日、「新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について」という声明を発表した。声明の中では、職員への「バイ菌扱い」、「引越し時に引越し業者からキャンセル」、「タクシー乗車拒否」といった誹謗中傷・風評被害があったという。


職員にタクシー乗車拒否など差別 抗議声明

医師や看護師が新型コロナウイルスに感染していることが確認された兵庫県小野市にある病院が、タクシーへの乗車を拒否されるなど職員が不当な差別を受けているとしてホームページ上で抗議する声明を出した。

兵庫県小野市にある総合病院「北播磨総合医療センター」では医師と看護師合わせて4人の感染が確認された今月10日以降、病院の職員がタクシーへの乗車を拒否されたり、引っ越し業者から急に契約をキャンセルされたりするようになったという。
さらに、職員の家族が近所の人から遠ざけられるような扱いをされたり、勤務先から一方的に出勤停止を言い渡されたりするなど、不当な差別を受けている。

北播磨総合医療センターは「多くの職員は感染者に接触しておらず、地域医療のために身を削って努力しているので理解してほしい」と話しています。


病院は抗議する声明文をホームページに掲載し、名誉を傷つけられたとして行政の窓口に相談することを検討している。


新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について
このたびは、当院において新型コロナウイルスの感染者が4人発生し、患者さんをはじめ、地域の皆さん、近隣の医療機関の方々には、大変なご心配とご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

現在、病院をあげて感染対策に取り組み、診察、治療を受けていただく患者さんに安心して医療の提供ができるよう取り組んでいるところですが、新型コロナウイルスの感染者が当院で発生したことを発表して以降、当院に来られている患者さん及びそのご家族、また当院の職員及びその家族に対する誹謗中傷や風評被害が多数見られ、当院としても心を痛めているところでございます。

感染が確認された4人の職員と接触した方々はごく少数(特定済:現在健康観察中)であり、当院の患者さん及び職員の多くは接触していません。

当院職員に対する誹謗中傷・風評被害の事例では、“バイ菌扱い”、“引越時に引越業者からキャンセル”、“タクシー乗車拒否”などがあります。

酷い場合は、“接触していないのに家族が勤務先から有無を言わさず出勤停止を言われる”、“親族が介護施設の利用を見合わせるよう言われる”の事例もあり、実害も発生しています。

これら誹謗中傷・風評被害に対しては、行政窓口に相談するとともに、内容によっては、名誉毀損、精神的苦痛、経済的損失に対する問題となる場合もあると考えております。

当院は新型コロナウイルスによる医療体制の混乱に対し、入院・外来診療、救急受入の早期再開に向け取り組んでいるところであり、関わる医療従事者は地域医療を守るため、身体と精神を削りながら懸命に努力しているところです。

地域の方々には、大変なご心配とご迷惑をおかけしているところですが、引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.09 (Mon)

ありがとう*姫路市の3人さん

ありがとう

踏切内で高齢者転倒し意識無くす 警報機鳴る中、男性3人が救護

踏切で転倒し、頭部を打って意識を無くした高齢男性を救護したとして、兵庫県姫路市は8日、岡部善已さん(61)=姫路市=、稲山拓哉さん(38)=同市=、西前洸貴さん(21)=同市=の3人に、善行をたたえる「しらさぎ賞」を贈った。

3人は2月23日午後3時15分ごろ、同市網干区垣内東町の山陽電鉄網干線、新網干踏切で、自転車ごと転倒した男性(81)を見つけた。直後に警報機が鳴り始め、通り掛かった岡部さんが自転車を、稲山さんが男性を踏切の外へ運び出し、西前さんは119番した。男性はその後、意識を取り戻した。

8日、網干消防署で贈呈式があり、鵜川謙二署長から3人に賞状が手渡された。岡部さんは「男性がすぐ起きないので『やばい』と思った。2人が駆け付けてくれて心強かった」と振り返り、西前さんは「(2人が)助けている姿を見て、自分も行った方がいいと思った」、稲山さんは「男性が無事でよかった」と話した。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/09

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.04 (Wed)

腐っていた?腐っているのは病院なのか従事者たちか




看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水

兵庫・神戸市の神出病院で、入院患者を監禁したりするなどした疑いで、看護師の男ら6人が逮捕された。
監禁と準強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、神戸市の神出病院の元看護助手・和田元規容疑者(27)ら6人。

和田容疑者らは、入院していた男性患者3人に対して、男子トイレの中で椅子に座らせて放水をしたり、男性患者を病室の床に寝かせて、その上からベッドをかぶせて監禁した疑いが持たれている。

被害患者は、全員が重度の精神疾患を患い抵抗ができない状態で、6人は容疑を認めている。


神出病院




別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚

神戸市の病院に勤務する看護師ら6人が、入院患者に対しホースで水をかけたり、わいせつな行為をしたりなどしていたとして逮捕された。

暴行や準強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、神戸市西区にある「神出病院」の元看護助手・和田元規容疑者(27)と看護師の男ら、合わせて6人。

6人は2018年10月~2019年9月にかけて、入院していた男性患者(79)をトイレ内で裸にしてイスに座らせた上でホースで水をかけた他、別の男性患者2人の顔を無理やり近付けるなどした疑いがもたれている。

警察によると、被害にあった患者3人は統合失調症などで入院していて、いずれも抵抗できる状態ではなかったという。

2019年12月に神戸市内の路上で起きた女性への強制わいせつ事件で和田容疑者を逮捕。
和田容疑者のスマートフォンを調べたところ、暴行などをしている際の動画が見つかり、事件が発覚した。


6人は警察の調べに対し、容疑を認め、「患者のリアクションがおもしろかった」などと供述しているということです。警察は他にも余罪があるとみて調べています。


神出病院 佐伯正一事務部長
誠に申し訳ございませんでした。今後、二度とこのようなことが起きないように病院として全力を尽くす所存です。


腐った人間  腐った職場   クズ  腐ったリンゴがまだ残っているかも



逮捕されたのは
元看護助手、和田元規27歳
看護師、橋本涼平26歳
看護師、船引健志33歳
看護師、高橋斉史34歳
看護師、曽我部聡41歳
看護師、武田剛士33歳

和田、橋本、船引の3容疑者は2018年10月31日午前0時すぎ、病室内で入院中の当時59歳と62歳の男性2人にお互いにキスさせるわいせつ行為をさせた疑いがもたれている。2人は精神疾患で抵抗できない状態だったという。

また、和田、高橋、曽我部の3容疑者は昨年9月20日午後9時半ごろ、院内のトイレで、入院中の当時79歳の男性を椅子に座らせ、ホースやバケツで水を浴びせるなどの暴行を加えた疑いもある。

さらに和田、高橋、武田の3容疑者は同月25日午後8時過ぎにも、入院中の同63歳の男性を病室の床に寝かせ、落下防止柵が設置されたベッドを逆さまにして覆いかぶせ、約20分間監禁した疑いがもたれている。


逮捕容疑は2018年以降、当時62歳と59歳の男性患者同士の顔を近づけたほか、トイレで別の患者をいすに座らせて放水する暴行を加えたり、落下防止柵がついたベッドを逆さにして患者を閉じ込めたりした疑い。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/06

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.19 (Wed)

そもそも業務委託することか

また
児童相談所
ひどすぎる

NPO法人に委託してた って言い訳はきかない

見た目が大人っぽかったので緊急性を感じなかった


神戸市の児童相談所、小6女児を未明に追い返す

神戸市の「こども家庭センター」(児童相談所)で、今月10日午前3時ごろに、インターホンごしに「家を追い出された」と助けを求めにきた小学6年の女児に対し、夜間の窓口業務を委託されているNPO法人の職員が「警察に行くように」と告げ、追い返していたことが18日、市関係者らへの取材で明らかになった。

この対応が、「来訪者があれば、速やかに市職員に報告する」というマニュアルに違反してることから、同市は「子供が助けを求めたのに対応が不適切だった。NPO法人に指導している」としている。

女児はその後、近くの交番で保護され、兵庫県警からの連絡でセンターが一時保護した。男性職員は市の調査に対し「緊急性を感じなかった」と釈明しているという。

ツイッターには「午前3時に子供が来て、緊急性が無いと思う方がどうかしてるだろ」「なんの為にあるの?児童相談所って…」「児童相談所じゃなくても保護やろ」などの書き込みが並ぶ。


夜 深夜に仕事したくないから か?神戸市さん
ま 他の自治体も外部に委託してるところ多いだろうけれど
神戸市さん
アンタんとこ 不祥事が多いわ
今回の事故事件で またこの業務委託するようじゃ信用信頼 失いまっせ

NPO法人「社会還元センターグループわ」の男性職員はインターホンの画面だけを見て「警察に相談するように」と告げて追い返した。女児は約15分後に近くの交番を訪れ、警察から「児童虐待がある」と連絡を受けたセンターが午前5時半ごろに改めて保護した。


2月10日午前3時ごろ

家を追い出された」と助けを求めにきた小学6年の女児

NPO法人社会還元センターグループわ の男性職員

警察に相談しなさい

児童相談所が女児を門前払い 窓口職員 ⇒ 警察に相談してくれ

市によると、女児は10日午前3時ごろ、神戸市中央区の同センターを1人で訪れ、インターホンを押した。夜間や休日の窓口業務を委託されているNPO法人職員が、インターホン越しに「警察に相談して」と告げ、中に入れなかった。女児は近くの交番を訪れ、連絡を受けた同センターが30分後に改めて保護した。

マニュアルでは来所者がいた場合、NPO法人から速やかに市の係長に報告すると規定しており、市はマニュアル違反に当たると判断している。この職員は「女児の見た目や言動から緊急性がないと思った」と説明しているという。


こりゃあ神戸市の職員には落ち度がないかもしれんが
委託したのは神戸市だからな

神戸市中央区東川崎町1の市こども家庭センター(児童相談所)で当直業務を請け負うNPO法人の男性職員が、真夜中に助けを求めて訪れた小学6年の女児に対して「警察に相談しなさい」と伝えて追い返していた。

センターが夜間・休日の対応を委託しているNPO法人「社会還元センターグループわ」(同市北区)の男性職員。

女児は10日午前3時すぎ、一人で同センターを訪れた。インターホンを押して「家庭でもめ事があり、親から家を追い出された」と説明したが、男性職員は画面越しに「警察に相談しなさい」と対応。女児は約30分後、生田署の交番を訪れて保護された。

センターのマニュアルでは、夜間や休日に来庁者や通報があった場合、当番の職員はセンターの係長に報告して対応することになっていたが、男性は生田署から連絡があるまで係長への報告を怠っていた。女児はその後一時保護され、センターは今回のケースを虐待と判断した。

センターの聞き取りに対し、男性職員は「インターホン越しで比較的年齢が高いように見えた。発言からも緊急性が感じられなかった」などと説明したという。センターは「不適切な対応だった」と謝罪。男性を指導した上、同法人に対しても、マニュアルに沿った対応の徹底を要請したという。


来年 神戸市長選挙があるんだけど もうエエかげんトップ代えなけりゃならん
頼りない市長や

NPO法人によると、男性職員は「担当職員に連絡することになっていたが、失敗してしまった」と説明している。
大槻隆文理事長は「申し訳ない。再発防止を徹底する」と話した。


学校を卒業して
これまで税金で飯を食ってきた人はアカン
チカラが乏しい

神戸市が夜間・休日の対応を委託しているNPO法人社会還元センターグループわ(同市北区)は、シルバーカレッジの卒業生らで結成。男性職員は5年ほど前からセンターでの業務に従事する。


じゃあアレか
この男性職員はお爺ちゃんだったの
オマエさんにも孫おるやろ



3月6日
神戸市の児童相談所 過去にも夜間に訪問の高校生を追い返していた
市が対応を見直し

神戸市が過去の対応を確認したところ、おととし4月にも、「家を出るよう言われた」と夜間に相談にきた高校生を「翌日に相談してほしい」と追い返していたことが分かった。

対応した職員は「18歳以上に見えた」と話していて、高校生はその夜、公園で過ごした。
神戸市によると、生徒は午後11時ごろ、センターを訪れてインターホンを押し「親に家を出て行くよう言われて相談に来た」と訴え、担当ケースワーカーの名前も伝えた。しかし、当直だった別のNPO職員が「あしたの朝、電話して」と告げ、中に入れなかった。生徒は公園で一夜を明かし、翌朝に「家に帰る仲立ちをしてほしい」と改めてセンターを訪れたため、保護者に連絡したという。


市は福祉の専門家などから意見を聞き、夜間や休日の対応を見直す方針

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/07

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.08 (Sat)

忘れたくても忘れられないわな ⇒ 死ぬまで刑務所で過ごせよ

とんでもない輩や
薬入りスープで訪問看護師の女性眠らせて胸触る
神戸市東灘区の森岡佑次79歳

2019年12月19日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4807.html

初公判



訪問看護の女性に睡眠薬入りのスープ飲ませわいせつ行為 79歳男が起訴内容認める

訪問看護の女性に睡眠薬入りのスープを飲ませてわいせつな行為をしたとされる79歳の男の裁判で、男が起訴内容を認めた。

起訴状などによると、神戸市東灘区の無職・森岡佑次被告(79)は去年12月、訪問看護のため自宅に来た看護師の女性(38)に砕いた睡眠薬を入れたコーンスープを飲ませた後、服の中に手を入れて胸を揉むなどのわいせつな行為をした罪に問われている。

7日の初公判で森岡被告は起訴内容を認め「申し訳ない。私のことを忘れて頑張ってほしい」などと述べた。
これに対し被害女性は「意識がもうろうとして交通事故まで起こしてしまい忘れたくても忘れられない」と訴えた。

検察側は「犯行は悪質。訪問看護の制度自体に大きな影響を及ぼした」として、懲役4年を求刑。
一方で、弁護側は執行猶予付きの判決を求めている



>頑張ってほしい  フザケた爺やのぉ



<アタリマエじゃ     死ぬまで刑務所から出るな!>


森岡佑次79歳 懲役2年6ヵ月の実刑判決 2020年2月18日

訪問看護の女性に睡眠薬の入ったスープを飲ませ、わいせつな行為をした79歳の男に懲役2年6ヵ月の実刑判決が言い渡された。

判決によると、森岡佑次被告(79)は去年12月、訪問看護に来た看護師の女性(38)に睡眠薬を入れたコーンスープを飲ませ、意識がもうろうとなった女性の服に手を入れて胸をもむなど、わいせつな行為をした。

女性は目を覚ましたあと、次の訪問先に自動車で向かう途中、意識がもうろうとしてトラックに追突する事故を起こしていた。

神戸地裁は18日「目的のために手段を選ばない身勝手で悪質な行為。さらに看護の現場に不安を与えた社会的責任は大きい」として、懲役2年6ヵ月の実刑判決を言い渡した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/19

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.28 (Tue)

やっと訴訟を起こした*伊丹市の社会福祉法人

創業者一族に不正な利益供与
社会福祉法人元役員11人に1億8400万円の損害賠償求め提訴 

兵庫県の阪神間で特別養護老人ホームなどを運営する伊丹市の社会福祉法人「明照会」は27日、創業者一族らに対して不正な利益供与があったとして、前理事長ら元役員11人に総額約1億8400万円の損害賠償を求め、神戸地裁に提訴した。

同法人は前理事長の父が設立。訴状などによると、同会は2011年以降、前理事長の父や親族らの企業が所有する土地や建物5カ所に、不動産鑑定評価額を最大3・3倍上回る賃料を支払い、約9400万円の不正な利益を与えたと指摘。また、親族企業と架空の施設管理や宿直の業務委託契約を結ぶなどして、約5500万円を不正に支出したとした。

同会を巡っては、17年12月に県の特別監査で不適切な経理が判明した。前理事長らは退任し、役員体制を一新。同会が設けた第三者委員会が昨年3月、総額約1億8800万円の利益供与があったとする調査結果を発表していた。

前理事長の父の代理人弁護士は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。



兵庫県伊丹市の福祉法人、損失8900万円 創業一族に高額賃借料 2018年9月24日
伊丹市の社会福祉法人で不正経理 県が改善勧告
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4187.html
社会福祉法人サンシャインは尼崎市から行政処分を受けていた
サンプラザ居宅介護支援事業所
兵庫県尼崎市大庄西町4-3-9
指定取消し
平成30年4月30日

不正請求+虚偽報告 ⇒ 指定取消し 2018年3月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3964.html
社会福祉法人明照会の不正経理問題 不正流用は1億8千万円 第三者委員会が認定 2019年4月1日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4424.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.22 (Wed)

典型的な医師としての人格と倫理観の欠如者

人間のクズだ

2018年12月14日
兵庫県尼崎市の阪神高速で11月、時速約200キロでポルシェを運転し、トラックに追突して運転手を死亡させたとして、兵庫県警は近く、自動車運転死傷行為処罰法違反容疑で逮捕していた医師の久保田秀哉容疑者(50)(芦屋市三条南町)を、より罰則が重い同法の危険運転致死容疑で追送検。
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4265.html

悪質な交通犯罪なんですよ

時速216キロでポルシェ暴走 追突死亡事故の医師に懲役10年求刑

兵庫県尼崎市内の阪神高速神戸線で2018年11月、高級車ポルシェを時速216キロで無免許運転し、死亡事故を起こしたとして、危険運転致死などの罪に問われた同県芦屋市の医師の男(51)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が22日、神戸地裁(小倉哲浩裁判長)であった。検察側は「常軌を逸した高速度で危険極まりなく悪質」として懲役10年を求刑した。判決は27日。

起訴状によると、18年11月25日、無免許で運転した上、制限速度60キロの通行帯を216キロで暴走し、トラックに追突して同県明石市の運送会社社員=当時(70)=を死亡させたとされる。ほかに2回の無免許運転でも起訴された。

検察側は「(高級車の)BMWに追い抜かれ、あおり運転をして起こした事故」とし、弁護側は「速度鑑定は正確でなく、危険運転致死罪は成立しない」と執行猶予付き判決を求めた



>懲役10年の求刑
軽すぎるわ



危険運転罪認め懲役8年判決 1月27日

おととし、兵庫県尼崎市の阪神高速で、高級外車ポルシェが追突しトラック運転手が死亡した事故で、神戸地方裁判所は危険運転致死罪の成立を認め、運転していた医師に懲役8年の実刑判決を言い渡した。

医師の久保田秀哉被告はおととし11月、尼崎市の阪神高速神戸線でポルシェを暴走させてトラックに追突・横転させ、運転手の手槌一郎さん(当時70歳)を死亡させた罪に問われていた。

検察側は久保田被告が当時別の車にあおり運転をして時速216キロで暴走していたと主張
弁護側はカーナビ操作の脇見運転で危険運転にはあたらないと主張していた。

27日の判決で神戸地裁は危険運転致死罪にあたると判断し、久保田被告に懲役8年の実刑判決を言い渡した。


ポルシェ暴走医師の大ウソ人生

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/04

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.15 (Wed)

負けるな!泉房穂市長*こんなことで謝罪するこたぁない

再び暴言
口論が激化し不適切な発言をしたと謝罪 明石市長

去年、職員への暴言で辞職し、再び当選した兵庫県明石市の泉市長が新年会で市議会議員に対して暴言を浴びせていたことが分かった。

「明石市民の皆さまに申し訳ないと改めてお詫び申し上げます。」(明石市 泉房穂市長)
1月15日午前、謝罪した明石市の泉房穂市長(56)。

泉市長は13日昼頃、市内の新年会に出席した際、明石市の市議会議員の男性(38)に対し「議員辞めてまえ」と暴言を浴びせたという。当時、泉市長は酒を飲んでいて、2001年の明石歩道橋事故以降、中止されている「明石市民まつり」の再開を巡り議員と口論になっていたという。

今回、再び暴言を浴びせたことについて、こう釈明した。
「ずいぶん強く責められた状況の中で口論が激化し、不適切な発言をした。」(明石市 泉房穂市長)
その上で、感情的になってしまったと謝罪した。
「例の(昨年の暴言)の後、アンガーマネージメントという形で受講したり本を読んだりしてきた。自分としては意識を持ってやってきた認識ではありました。不適切な発言をしてしまった、そういう意味では不十分であったと反省しています。」(明石市 泉房穂市長)

一方、暴言を浴びせられた明石市の石井宏法市議会議員は市長から謝罪を受け、わだかまりはないとしている。
「今、アンガーマネージメントを受けられているので。トレーニングの一環で、まさにトレーニング中なんだなと感じました。」(明石市 石井宏法市議会議員)

泉市長は
今後、言動を慎み自覚をもって対応していきたい」としている。


私は信じているゾ

明石市長また暴言 市議に「議員辞めてまえ」 新年会で口論

兵庫県明石市の泉房穂市長(56)が市内で開かれた新年会の席上で、市政運営を巡り口論になった明石市会議員に「もう議員辞めてまえ」と暴言を浴びせていたことが14日、関係者への取材で分かった。泉市長は「はっきりとは覚えていないが感情的になってしまい、不適切だった」と発言を認めた。市議にはその場で謝罪し、発言を撤回したという。

関係者や泉市長によると13日昼、小学校区の新年会があり、地域住民ら約85人が出席。泉市長は市内で開かれた成人式であいさつをした後に出席し、約15人がいたテーブル席に着席。宴席のためビールや日本酒が用意されており、2001年の明石歩道橋事故後、中止されている「明石市民まつり」の再開などを巡って自民系会派に所属する石井宏法市議(38)=1期目と口論になった。

泉市長は「関係者との調整が必要で市長の一存では決められない」と説明したが、石井市議が「3月議会に(再開の)提言書を提出する」と発言したことに腹を立て、「もう議員辞めてまえ」と2回繰り返したという。泉市長は飲酒していた。

泉市長は「火を付けて捕まってこい」などの暴言を市幹部に浴びせていたことが昨年1月に発覚し辞職。「市長としての資質に欠けていた」と謝罪し、3月の出直し市長選で当選した。

暴言発覚後には、怒りの感情をコントロールする「アンガーマネジメント」を受講。泉市長によると、今もテキストを繰り返し読み、3月には東京の担当医に会いに行く予定だった。神戸新聞の取材に「本当に辞めろと思って言ったわけではないが、反省がないと言われても仕方がない」と述べた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/15

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.27 (Fri)

盗んだゴルフ用品を障害者施設で障害者に発送作業

5人の窃盗グループ
盗んだゴルフ用品転売、障害者に発送作業担わせる 被害3億円

男5人による窃盗グループが盗んだゴルフ用品を転売していた事件で、兵庫県警捜査3課などは26日までに、車上狙いなど1728件、計約3億1千万円の被害を裏付け、捜査を終えた。盗品は主犯格の男(43)=盗品等有償譲り受け罪などで一審有罪判決、控訴=が運営していた障害者就労支援事業所に運び込まれ、障害者に発送作業などを担わせていた。

同課によると、グループは2016年12月~18年10月、兵庫や大阪など4府県で車上狙いなどを約1400件繰り返したという。

主に実行役の男3人がマンションの駐車場に車で乗り入れ、ゴルフバッグを積んだ車を物色。バッグがある車はワイパーを立てて目印にし、一斉にハンマーで窓を割って運び出していた。その後は別の男を介して同事業所に運び込まれ、男がインターネットオークションなどで転売。その際、同事業所の障害者が、ゴルフクラブを磨いたり、発送したりしていたという。
約6400万円の儲け。


逮捕者が一人増えたな

株式会社アミューズリンク
代表取締役 蓮本憲太郎

神戸市を拠点とする窃盗グループが盗品を事業所に持ち込んで障害者に磨かせ転売していたとされる事件で、兵庫県警は26日、約2年間で約1700件(約1万点、約3億円相当)の盗みなどを繰り返していたとして、事業所の元運営者ら5人を窃盗や盗品等有償譲り受けなどの容疑で送検し、捜査を終えたと発表した。

送検されたのは、神戸市中央区の元運営者の男(43)ら31~48歳の5人。県警によると、男は、他のメンバーが2016年12月~18年10月に県内や大阪府内などで盗んだゴルフクラブなどを受け取るなどした疑い。

男は昨年6月、障害者就労継続支援事業所「グラスト」(同市長田区)を設立。リサイクル品の洗浄作業を行うとして募集した複数の障害者に対し、盗品の一部のゴルフクラブなどを磨かせたり、梱包こんぽうさせたりしていた。ゴルフクラブは、オークションサイトなどに出品されていたという。

事件では、就労支援を装った事業所で、事情を知らない障害者が窃盗グループの「手足」として働かされていた。しかし、神戸市は不正に気づけず、指導体制の拡充が求められている。

市は昨年6月、グラストを障害者総合支援法に基づく職業訓練を行う事業所と認定し、障害者1人あたり訓練給付費として1日6000円程度を支給していた。

事業所を認定する際の審査は書類だけで、市は一度も立ち入り指導はしていなかった。不正は県警の捜査の過程で発覚し、市は今年1月、施設側からの廃止届に基づき認定を取り消した。

市障害者支援課は「審査時に書類の不備がなく認定した。認定後も不正はわからなかった」と釈明するが、これまでに市は具体的な再発防止策を打ち出せていない。


障害者作業所使い盗品を転売か 2018年10月26日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4223.html

逮捕されたのは
▽大阪・東住吉区の無職、松浦直美容疑者(46)
▽赤穂市の無職小島壽文容疑者(46)
▽神戸市長田区の古物商、白石皓之容疑者(30)
▽神戸市中央区の会社経営、蓮本憲太郎容疑者(42)

なんや アレだな ほんまに悪い関西人が考えることや

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/29

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT