FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.06.18 (Thu)

愛知県がんセンターの男性看護師が



少年にみだらな行為 男性看護師を懲戒免職処分

当時16歳の少年に現金を渡しみだらな行為をしたとして、愛知県がんセンターの男性看護師が18日、懲戒免職となった。

懲戒免職処分となったのは、愛知県がんセンターの大久保竜馬看護師(30)。
県によると、大久保看護師は、名古屋市内の自宅で、少年(当時16)に現金を渡して2回、みだらな行為をしたとして警察に逮捕され、その後、不起訴処分になった。

県の聞き取りに対し「欲求が抑えられなかった」と行為を認めていて、県は「(18歳に満たない)児童に対する性犯罪は社会的影響が大きい」として懲戒処分した。


jajjv76jj.jpg

16歳の少年に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして逮捕された愛知県がんセンター病院の男性看護師について、県は懲戒免職処分とした。

懲戒免職処分となったのは、愛知県がんセンター病院に勤務する30歳の男性看護師。

男性看護師は今年3月に2度、千種区の自宅で当時16歳の少年に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして児童買春の疑いで警察に逮捕されていた。

愛知県の聞き取りに対し男性看護師は、少年とSNSを通じて知り合い、あわせて現金1万1000円を渡したことを認めたが、その後、名古屋地検は不起訴処分としていた。

県は「社会的影響を重く受け止めるとともに、動機に酌量の余地がない」として18日付で男性看護師を懲戒免職処分とした。



病院事業庁職員の懲戒処分について

1 所    属  愛知県がんセンター病院
2 職・氏名等  看護部技師 大久保 竜馬 30歳 男性
3 処分内容  懲戒免職
4 処分理由  児童買春
  (事案の概要)
  上記職員は、2020年3月4日(水曜日)及び同月18日(水曜日)、相手方が18歳に満たない児童であることを知りながら、自宅において、当時16歳の男子児童に対し、現金を供与する約束をしてみだらな行為をした。
5 処分年月日 2020年6月18日(木曜日)
6 関連措置  監督責任として、同日付でがんセンター病院長を「所属長厳重注意」とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/18

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.06 (Sat)

有料老人ホームで転落死




老人ホーム3階の部屋に入居高齢女性が転落死

愛知県春日井市で5日未明、老人ホームの3階のバルコニーから90代くらいの女性が転落し、死亡した。警察が経緯を調べている。

5日午前5時ごろ、春日井市下条町3丁目の有料老人ホーム「長寿苑春日井」で、「人が落ちそうになっている」と、近所の男性から警察に通報があった。
警察官が駆け付けると、90代くらいの女性が地面に倒れていて、病院に運ばれたが死亡した。

警察によると、女性が3階のバルコニーの柵につかまりぶら下がっているのを通報した男性が目撃していて、施設の職員が引きあげようとしたが転落したという。

転落したのは3階の部屋に1人で入居していた女性とみられ、警察が詳しい経緯を調べている。

近所の人がゴミ出しの際に、ベランダの柵を乗り越えて転落しそうになっている女性を見つけ、老人ホームに連絡し、男性職員が助けようとしたが、間に合わなかったという。

施設の運営会社によると、女性はバルコニーで何時間も過ごすことが多かったということで、警察が転落した経緯や管理態勢などを詳しく調べている。


住宅型有料老人ホーム 長寿苑春日井
愛知県春日井市下条町3-2-1
運営事業者 ケアバス・ジャパン株式会社

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/06

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.04 (Thu)

まだこんな輩がおるんだな

老人ホームで
利用者のカードを使って現金を不正に引き出した 元施設長の男逮捕

名古屋市南区の老人ホームの元施設長の男が、利用者の女性のキャッシュカードを不正に使い現金5万円を引き出して盗んだとして逮捕された。

逮捕されたのは名古屋市北区の介護士、山口吉信容疑者(52)。
山口容疑者は2018年4月から6月までの間に、93歳の女性のキャッシュカードを不正に使い、3回にわたって現金あわせて5万円を引き出し盗んだ。

警察によると犯行当時山口容疑者は、この女性が利用していた老人ホームの施設長を務めていて、利用者のキャッシュカードを管理していたという。

調べに対し山口容疑者は「自分がやったことに間違いないが一部は覚えていない」と話していて、警察は施設長の立場を利用して犯行に及んでとみて余罪についても調べています。

管理していた老人ホームの利用者のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したとして、名古屋・中村署は2日、窃盗の疑いで、名古屋市北区福徳町6、介護士山口吉信容疑者(52)を逮捕した。

逮捕容疑では、2018年4〜6月、同市南区の住宅型有料老人ホームを利用する女性(93)のキャッシュカードを使い、同区の現金自動預払機(ATM)で3回にわたり、計5万円を不正に引き出したとされる。調べに、「自分がやったことで間違いないが、一部覚えがない」と供述しているという。

署によると、山口容疑者は17年4月〜18年2月、女性の利用する老人ホームで施設長を務め、女性のキャッシュカードを管理していた。現在は別の有料老人施設に勤務している。
南区の老人ホームの別の職員が署に相談して分かった

施設長を務めていた老人ホームの利用者のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したとして、介護士山口吉信容疑者(52)=名古屋市北区福徳町六=が窃盗の疑いで逮捕された事件で、被害女性(93)の口座から、少なくとも二百万円を引き出したとみられることが、関係者への取材で分かった。

不正に入手した利用者のキャッシュカードを使い、現金5万円を引き出して盗んだとして、名古屋市の老人ホームの元施設長の男が逮捕された。女性の口座からは200万円以上が不正に引き出されていた。

警察によると、窃盗の疑いで逮捕された南区の老人ホームの元施設長・山口吉信容疑者(52)はおととし、不正に入手した利用者の女性(93)のキャッシュカードを使い、現金5万円を引き出して盗んだ疑いがもたれ、調べに対し、容疑をおおむね認めている。

事件当時、山口容疑者は老人ホームの施設長で、利用者である女性のキャッシュカードを保管できる立場にあった。

関係者によると、山口容疑者は3年前から半年以上、女性のキャッシュカードを所持していたが、突然、音信不通になり、施設側が口座を確認したところ、200万円を超える現金が引き出され、警察が関連を調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/04

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.21 (Thu)

優良民間社会福祉事業施設が8400万円不正受給 ⇒

天皇陛下からの御下賜金

優良な
民間の
社会福祉事業施設団体に
金一封が下賜されるもの
らしいわ


介護報酬約8400万円不正受給

名古屋市港区の社会福祉法人が介護職員の数を偽り、介護報酬あわせて8400万円あまりを不正に受け取ったとして、市は半年間の新規利用者受け入れ停止などの行政処分を下した。

行政処分を受けたのは、名古屋市港区の社会福祉法人大幸福祉会。

市によると「大幸福祉会」は、おととし3月からの1年間に運営する特別養護老人ホームなど2つの施設で、介護職員が基準よりも少ないにもかかわらず、基準に満たしていると偽って書類を作成し、介護報酬8400万円余りを不正に受け取っていたという。

去年2月、名古屋市に内部告発があったことから問題が発覚し、市は6月1日から半年間新たな利用者の受け入れ停止や、介護報酬を3割減額する行政処分を下した。
大幸福祉会は不正を認めていて、不正に受け取った介護報酬と加算金はすでに返還している。





なんのこっちゃ
平成27年12月に名古屋市役所健康福祉局長室において健康福祉局長から伝達されました。


夫婦でなんのこっちゃ 




管轄の名古屋市
名古屋市のサイトの報道発表では
法人名を記載せず

なんのこっちゃ名古屋市

介護保険施設等の指定の一部の効力の停止処分について 令和2年5月20日発表

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/06

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.12 (Tue)

愛知県がんセンター病院の看護師の男が少年にみだらな行為




愛知県がんセンター病院の看護師の男が少年にみだらな行為

知り合った16歳の少年に現金を渡し、みだらな行為をしたとして、愛知県がんセンター病院の看護師の男が逮捕された。
逮捕されたのは、愛知県がんセンター病院の看護師、大久保竜馬容疑者(30)。

警察によると、大久保容疑者は、今年3月、SNSで知り合った16歳の少年に対し、1回につき5000円から6000円を支払った上、自宅で2回にわたりみだらな行為をした児童買春の疑いがもたれている。

警察がSNS上で、「サポートしてほしい」などと書かれた不適切な投稿を発見し、書き込んだ少年に事情を聴いたところ、今回の事件が発覚した。

大久保容疑者は、「身に覚えがある」などと容疑を認めているという。愛知県は、逮捕を受けて会見を開き、「厳正に対処します」などとコメントしている。

警察がサイバーパトロールで不適切な書き込みを見つけ捜査したところ
大久保容疑者が浮上した




30歳の男性看護師は容疑を認めていたが 名古屋地検は5月29日付けで不起訴処分とした
地検は不起訴の理由を明らかにしていない

児童買春で逮捕の男性看護師を不起訴処分 6月1日

16歳の少年に現金を渡す約束をしてみだらな行為をしたとして逮捕された、「愛知県がんセンター病院」の看護師の男性について、名古屋地検は不起訴処分とした。

不起訴処分となったのは、「愛知県がんセンター病院」の30歳の男性看護師。

警察によると男性は、今年3月に2度、千種区の自宅で18歳未満と知りながら16歳の少年に合わせて現金1万1000円を渡し、みだらな行為をした疑いで逮捕されていた。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/01

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.01 (Fri)

ありがとう 長屋の星飛雄馬さん

ありがとう
長屋の星飛雄馬さん



マスクや消毒液が児童養護施設へ 過去にも同じ名前名乗る男性からランドセルなど

愛知県岡崎市の児童養護施設に「長屋の星飛雄馬」を名乗る人物からマスクなどが贈られた。
岡崎市の児童養護施設に届けられたのは「長屋の星飛雄馬」と名乗る男性から贈られたマスクや消毒液などで、1日市役所の職員から手渡された。

男性は4月29日、市役所の当直室を訪れ、市内の2つの児童養護施設に届けて欲しいと、マスク560枚に消毒液4本、さらに、うがい薬2本を施設への手紙と共に箱に入れて持ってきたという。

社会福祉法人米山寮」の加藤副理事長
「この時期に非常にありがたい贈り物だと思います。消毒液やマスクは底をつきそう、品薄。有効に活用させてもらいたいと思っています」

「長屋の星飛雄馬」を名乗る男性からは、2011年から施設へ贈るためのランドセルなどが届けられるなどしていて、今回で15回目。


漫画「巨人の星」の主人公、「星飛雄馬」を名乗る人物から、愛知県岡崎市の児童養護施設あてに、マスクや消毒液が届けられた。

岡崎市役所によると「長屋の星飛雄馬」と名乗る人物が、29日、当直室にダンボール箱2個を持ってきた。
中にはマスク560枚のほか、消毒液・うがい薬が入っていて市内の児童養護施設「平和学園」と「米山寮」宛てになっていた。

「30代後半から40代の男性と聞いています。子どもたちもきっと喜ぶと思って、温かい気持ちになりました」(岡崎市 こども部こども育成課 都築侑季さん)
同封された手紙には、医療従事者への感謝や、休業しているお店などへの応援の気持ちも書かれていた。
マスクや消毒液は5月1日に、施設側に渡される。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/01

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.18 (Sat)

こういう殺人事件って動機は何なのよ

病気かわいそうで殺害 介護職員、週2回担当

名古屋市西区の無職加藤芳子さん(78)が死亡し、殺人未遂の疑いで愛知県岩倉市の介護職員前田矩孝容疑者(36)が逮捕された事件で、前田容疑者が重い病気がかわいそうで、楽にしてあげるために殺したとの趣旨の供述をしていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、加藤さんは重い病気のため寝たきりの状態で、複数の職員が交代で介護。前田容疑者は週2回ほど、加藤さんを担当していた。西署が動機を慎重に調べている。西署は17日、殺人未遂容疑で前田容疑者を送検した。


女性宅に前日泊まった 逮捕の介護職員話す

名古屋市西区天塚町1の集合住宅で無職加藤芳子さん(78)が首を絞められ死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された訪問介護会社社員前田矩孝容疑者(36)=愛知県岩倉市=が「事件前日から加藤さん方に泊まっていた」と話していることが、関係者への取材で分かった。

西署は、事件前夜から翌朝にかけ何らかのトラブルがあった可能性もあるとみて前田容疑者の行動を調べる。同署は17日、前田容疑者を送検した。

関係者によると、前田容疑者は個人的な悩みを抱え、最近は自宅に帰らないこともあったという。一方、病気で体が不自由だった加藤さんの訪問介護を担当しており、勤務先が保管する加藤さん方の合鍵を持ち出すことができた。加藤さんが倒れて見つかった16日と前夜も部屋を開閉する担当だったという。

加藤さんは16日午前8時50分ごろ、首にネクタイが巻かれてベッドに倒れているのを、部屋を訪れた別の介護職員が見つけた。前田容疑者は同9時ごろ近くの交番に出頭し、同8時15分ごろに加藤さんの首を絞めるなどして殺害しようとしたとして逮捕された。署は容疑を殺人に切り替えて調べる。
司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息とみられる。




犯行前に妻へ「やっぱり帰れない・・・」
住宅に殺害された女性の遺体 逮捕の男は管理する合鍵で侵入か

16日、名古屋市西区の集合住宅で、住人の78歳の女性が殺害されているのが見つかった事件。殺人未遂の疑いで逮捕された訪問介護会社の男が、合鍵を使って室内に入り犯行に及んだとみられることがわかった。

愛知県岩倉市に住む、訪問介護会社の社員・前田矩孝容疑者(36)は16日、名古屋市西区天塚町1丁目の集合住宅で、無職・加藤芳子さん(78)の首をネクタイで絞めて殺害しようとした疑いで17日朝送検され、容疑を認めている。
加藤さんは搬送先の病院で死亡した。

訪問介護会社に勤務していた前田容疑者は加藤さんの担当で、管理していた合鍵を使って室内に侵入し犯行に及んだとみられることが、捜査関係者への取材で新たにわかった。

また16日夜、前田容疑者の妻が東海テレビの取材に応じ、前田容疑者は犯行のおよそ3時間前、「やっぱり帰れない」という内容のメールを妻に送っていたという。

前田容疑者はこの後、犯行に及んだとみられ、警察は動機などを詳しく調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/18

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.07 (Sat)

ついに高齢者施設で新型コロナウイルスのクラスター発生*デイサービス2か所

名古屋市のデイサービス2か所で集団感染 126事業所に2週間の休業要請

新型コロナウイルスの感染が広がる中、名古屋市は6日、デイサービス事業所で11人の集団感染が確認されたとして、同市緑区と隣接する南区の全126の事業所に対し、7日から2週間の休業を要請したと発表した。厚生労働省によると、新型コロナウイルスの対策で、自治体が地域内の事業所に休業を一斉に要請するのは全国で初めて。

集団感染が起きたのは、同市緑区の2か所のデイサービス事業所。

今月1日から5日にかけて、市内の共同住宅に住む80歳代女性の感染が確認され、この女性が利用していた緑区のデイサービス事業所で他の利用者を検査したところ、新たに5人の感染が判明。さらに、このうちの1人が通っていた別のデイサービス事業所でも5人の感染がわかった。
また、デイサービス事業所の集団感染とは別に、80歳代女性と同じ共同住宅に住む別の女性2人も感染しており、この共同住宅を訪れるなどした2人も陽性と判明した。

市はこうした事態を受け、両事業所でクラスター(小規模な感染集団)が発生していると判断。担当者は「法的根拠はないが、感染の拡大を防ぐ緊急措置」としている。7日からの休業が難しい場合も、早期に2週間休業するよう求めた。
6日には、集団感染が起きたデイサービス事業所の一つで、新たに3人の感染も確認された。


休業を要請する期間は、7日から20日まで
対象は126の施設で、利用者は5800人ほどに上る

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/08

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.02 (Mon)

また送迎事故*運転手は70歳

だから
何度も何回も言ってるだろ
65歳の定年にせえよと



介護施設の送迎バスが衝突 バイクの男性意識不明の重体 高齢者ら3人もケガ

愛知県西尾市で1日朝、介護施設の送迎車とオートバイが衝突する事故があり、1人が意識不明の重体、3人が軽傷。

1日午前9時前、愛知県西尾市丁田町の信号のない交差点で、右折しようとした市内の介護施設の送迎車と対向車線を走ってきたオートバイが衝突した。
この事故でオートバイを運転していた市内の自営業松川晃さん(61)が、病院に搬送されたが、意識不明の重体。

送迎車には、運転手のほか施設の利用者6人が乗っていて、このうち80代の女性3人が打撲などの軽傷の模様。

警察は送迎車を運転していた市内の介護職員・早河勝政容疑者(70)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を詳しく調べている。




送迎車と大型バイク衝突1人重体

1日午前、愛知県西尾市の県道で、介護施設の送迎車と大型バイクが衝突する事故があり、大型バイクを運転していた男性が意識不明の重体になっている。
警察は、送迎車を運転していた介護施設の70歳の男性職員を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の原因を調べている。

1日午前8時45分ごろ、西尾市丁田町柳堂の県道で、介護施設の利用者を送迎するワゴン車が右折しようとしたところ、対向車線から走ってきた大型バイクと衝突した。
この事故で、大型バイクを運転していた市内在住で自営業の61歳の男性が意識不明の重体になっていて、送迎車に乗っていた83歳から86歳の女性3人が病院に搬送されたがいずれも軽傷とみられる。

警察は送迎車を運転していた介護施設の職員、早河勝政容疑者(70)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕した。
調べに対し、早河容疑者は容疑を認めているという。

警察によると、現場は信号のない交差点で、早河容疑者は当時、搬送された3人を含む6人を、デイサービスのため施設まで送っている途中だった。
警察は、早河容疑者が右折する際、大型バイクを見落としていた可能性があるとみて、詳しい事故の原因を調べている。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/02

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.20 (Thu)

愛知県豊山町の山大食品豊山工場が作った弁当 ⇒ 園児153人が食中毒

8jjk8_mvcv5.jpg

幼稚園児ら162人食中毒 弁当工場を営業禁止処分

今月13日、愛知県豊山町の「山大食品豊山工場」が作った弁当を食べた尾張地方と名古屋市にある2つの幼稚園の園児153人を含む162人が、腹痛や下痢などの症状を訴えた。

愛知県によると、保健所が検査したところ、園児や弁当工場の従業員らから食中毒の原因となる「ウエルシュ菌」を検出。
県は工場を営業禁止処分にした。
162人は全員軽症で現在、回復している。


配達前日に煮浸しを調理
幼稚園で弁当食べた園児ら162人が下痢や腹痛  一部から『ウェルシュ菌』

2月13日、愛知県名古屋市と尾張地方の幼稚園で配達された弁当を食べた園児ら162人から食中毒の症状を訴え、一部から「ウェルシュ菌」が検出された。愛知県は、20日弁当を製造した会社の豊山町にある工場を営業禁止処分とした。

愛知県によると、名古屋市と尾張地方の2か所の幼稚園で2月13日、配達された弁当を食べた2歳から5歳の園児ら162人が下痢や腹痛などの症状を相次いで訴えた。

検査の結果、一部の園児らから「ウェルシュ菌」が検出された。保健所の調査で弁当に入っていた小松菜の煮浸しが配達される前日に調理されていたことがわかり、食中毒の原因とみられる。

このため県は食中毒と断定。弁当を製造した「山大食品」の豊山工場に対し、弁当の調理や保管の方法などを指導すると共に20日付けで営業禁止処分とした。
園児らは全員症状は軽く、すでに快復している。

株式会社 山大食品
株式会社 山大食品
豊山工場
愛知県西春日井郡豊山町大字青山字金剛117

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/20

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.04 (Tue)

トンデモナイ事件*前代未聞の海部福祉相談センターの職員たち

愛知県の海部福祉相談センターの職員が身元不明の高齢男性を保護せず公園に放置
しかも警察に見失ったとウソ

愛知県の海部福祉相談センターの職員が1月、警察の要請で保護した当時身元不明だった高齢男性を、公園に残したまま立ち去っていたことが分かった。男性は通報を受けた消防に保護され、その後身元が判明し、体調不良で入院している。

関係者によると、1月17日、津島市にある海部福祉相談センターの複数の職員が警察からの要請を受け、身元不明の高齢男性を保護した。
しかし、男性の受け入れ先が見つからなかったため、職員らは119番通報した上で、男性を名古屋市内の公園に残したまま立ち去ったという。

職員らは男性を放置した事実を隠すため、警察に対し「男性を見失った」などとウソの説明をしていた。
愛知県は取材に対し、「男性を放置した状況や経緯を確認している」とした上で、今後処分も検討する。


上司の指示で管轄外へ 警察への虚偽説明も

愛知県海部福祉相談センター(同県津島市)の職員2人が警察から保護の引き継ぎを受けた身元不明の70代男性を公園に置き去りにしていた問題で、県は4日、男性を管轄区域外の名古屋市中村区に連れて行くほか、警察に虚偽の説明をするよう上司が指示していたと明らかにした。

県によると、職員2人が1月17日夜、同県大治町で保護された男性を町内の無料・低額宿泊所に連れて行ったが、健康状態を理由に宿泊できなかった。宿泊所の関係者が119番、地元消防は救急搬送の必要がないと判断した。

上司は管轄が異なる名古屋市中村区に連れて行き、名乗らずに119番するよう職員2人に指示した。





いったん保護した高齢男性を深夜、雨の公園に放置

愛知県の職員が身元不明の70代男性をいったん保護した後、管轄地域外へ連れて行き、深夜に公園に放置したまま立ち去っていたことが3日、関係者への取材で分かった。男性は脳梗塞を発症した疑いがあり、現在病院で治療を受けているという。

県などによると、1月中旬の夕方、キャッシュカードを持たずに現金自動受払機(ATM)を操作していた男性を県警津島署が保護し、県海部福祉相談センター(同県津島市)が引き継いだ。当時、男性は筆談や会話ができない状態だったという。

20~50代の男女3人のセンター職員簡易宿泊所などの受け入れ先を探したが見つからず、地元消防などに病院への搬送を依頼したものの救急搬送の必要がないなどとして拒否されたという。

対応に困った職員はこの日深夜、管轄外の名古屋市中村区の公園へ男性を連れて行き、公衆電話から偽名で119番をして、男性を公園に放置した。男性は駆けつけた市消防局の救急隊に保護されたという。名古屋地方気象台によると、当時の気温は6・4度で雨が降っていた。

センターで保護したはずの男性が中村区にいたことを不審に思った県警がセンター側に指摘し、上司が担当者に真実を話すよう説得した結果、公園に放置して立ち去った事態が明らかになった。脳梗塞の発症時期は不明だが、家族の話では数日前には元気な状態だったという。

県によると、身元不明の高齢者を保護した際は、各市町村の施設か医療機関などに滞在させることになっている。県地域福祉課の緒方武俊課長は「調査中でコメントできないが、事実だとしたらあってはならない対応だ」と話した。


3人の職員が犯行を
愛知県知事さん
恥ずかしいゾ!
こりゃあ懲戒解雇のレベルですね

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/05

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.29 (Wed)

ええなあ久しぶりに聞いたすばらしい取り組み



介護施設で子ども食堂

高齢者らの介護施設で、子ども食堂を開く取り組みが広がりつつある。施設を利用するお年寄りや若年性認知症の患者らが、ボランティアで食堂の運営に参加し、子どもたちとふれ合って楽しんだり、役割を持つことで前向きな気持ちになったり。子どもたちには介護を身近に感じる機会にもなり、多世代交流の場としても注目されている。
 「かわいいねえ。よく来たねえ」

名古屋市中川区の高齢者向けデイサービスセンターで19日に開かれた子ども食堂。午前11時の開店と同時に続々と集まってきた親子連れに、デイサービスなどを利用するお年寄りたちが声をかけた。この日のメニューはきしめんとコロッケ。子どもは無料、大人は300で、約30組の親子が訪れた。

子ども食堂は、施設を運営する社会福祉法人フラワー園が2018年9月に開始。2016年に成立した改正社会福祉法で社会福祉法人の地域貢献が義務付けられたことを受け、毎月一回開いている。

食事は委託業者が用意し、職員や学生ボランティアが配膳。食堂ではだし取りや流しそうめんなど子ども向けの体験教室もあり、センターを利用するお年寄りが指導役になり、見守る。

センターに併設され、同法人が運営するケアハウスに入所する鬼頭道子さん(89)は、体験教室のボランティアとして毎回参加。この日はせっけん作りで、星や花の形にこねる子どもの様子を見守りながら「普段は高齢者同士でしか話さないので子どもの声を聞くだけで元気になる」と笑う。

地元の小学五年生板谷望咲(みさき)さん(11)は、小学校の体験学習で介護施設に見学に行ったことが縁で、半年ほど前から子ども食堂に家族と通うように。「介護施設はお年寄りだけの場所だと思っていたので最初は行きづらかった。でも、何度も来てお互い顔見知りになったので、毎月来るのが楽しみ」と話す。

同法人主任生活相談員の小嶋明さん(40)は「ここは、多世代がごちゃまぜになって過ごせる。子どもたちが介護職を身近に感じることで将来の担い手になってくれたら、という期待もある」と言う。

埼玉県三芳町社会福祉協議会が運営するデイサービス「けやきの家」では、若年性認知症の患者らが子ども食堂を運営。一六年から週に一回、ひとり親や生活保護など貧困家庭を対象に、無料で食事を提供している。50、60代の若年性認知症の6人が自分たちでメニューを考え、食料の買い出しに行き、食事を作る。毎回、親子約20人が食事を食べに来ている。

施設管理者の内城一人さん(46)によると、きっかけは、利用者からの「人の役に立ちたい」という声だった。「若年性認知症の人はデイサービスに来ても、高齢者向けの体操などを『つまらない』と感じて、来なくなることもある。『子どもたちの生活を支えている』と感じることで、前向きな気持ちになってもらえたら」と話す。

静岡福祉大福祉心理学科の楢木博之准教授(48)は「少子高齢化が進み、介護も子育ても地域で支える必要性が高まっている。お年寄りと子どもが自然に集まれる場所が出てきた意義は大きい」と評価。一方で、介護施設側にとっては高齢者と子どもたちの両方に目を配る必要があり、金銭的な負担も大きい。「法人の善意に頼り運営を任せきりにするのではなく、行政の支援も必要だ」と話す。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/29

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.20 (Mon)

虚偽の雇用契約書の写し ⇒ 認識が甘かった

虚偽の雇用契約書で2300万円を不正請求 障害者の支援事業所を処分

愛知県が、障害者の就労を支援する豊明市の事業所に行政処分を出した。

愛知県によると、処分を受けた豊明市の「アームズ」は、2016年4月から去年6月にかけて、常勤職員が足りないにもかかわらず、虚偽の雇用契約書の写しを県に提出して基準を満たしているように装い、訓練給付金2300万円あまりを不正に請求していた。

愛知県は、障害者総合支援法に基づき、20日付けで、新規の利用者受け入れを6か月停止させる処分を出し、加算金をあわせて、3200万円あまりの返還を求める方針を決めた。

アームズは、CBCテレビの取材に対して、「職員の配置基準の認識が甘かった。継続して事業を続けながら返還していきたい」とコメントしている。


2300万円余を不正請求 職員を適正に配置せず

愛知県豊明市にある障害者の就労支援施設が、職員を適正に配置せず、給付費2300万円余りを不正に請求していたなどとして、県から新規利用者の受け入れ6か月間停止の行政処分を受けた。

行政処分を受けたのは、豊明市の指定障害福祉サービス事業所「アームズ」。

愛知県の条例では就労移行支援サービスを行う事業者は、就労支援員などに常勤職員を配置するよう定めていますが、アームズは2016年4月から去年6月までの間配置していなかった。

また常勤職員を配置していない場合、市町村から受け取る訓練等給付費を減額して請求する必要がありますが、アームズは減額を行わずに2326万円余りを不正に請求していた。

このため、愛知県はアームズに対し、新規利用者の受け入れを6か月間停止する行政処分を下すとともに、不正に受け取った給付費に加算額を加えた3257万円余りを支払うよう求めている。

アームズは県の聞き取りに対し「認識不足だった」と説明した上で、返還する意向を示しているという。



指定障害福祉サービス事業所への行政処分について  2020年1月20日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/21

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.29 (Sun)

何なんだろうな近頃の酒癖が悪い看護師たち

酒飲んだ後に病院で勤務あると勘違い
30歳女性看護師が飲酒運転で職場向かう 停職処分に

愛知県蒲郡市の市民病院の30歳の女性看護師が飲酒運転をしたとして、停職1か月の懲戒処分を受けた。

懲戒処分を受けたのは蒲郡市民病院の30歳の女性看護師。

蒲郡市によると、女性看護師は今年1月、夜に市内の飲食店でハイボールなど4杯を飲んだ後、友人に自宅まで送ってもらったものの、その後深夜勤務があると勘違いし市民病院に向かって車を運転したという。
女性看護師は通勤途中でその日は出勤日でないことに気づき、途中の店舗で車を停めて朝になって帰宅した。

しかし、長時間、車を停めているのを不審に思った店舗の店員が、車のナンバーと共に警察に通報。警察官が自宅に駆け付けたところ基準値を超えるアルコールが検出されたため、女性看護師は検挙された。
女性看護師はその後不起訴処分となった。

蒲郡市は女性看護師を27日付けで停職1か月の懲戒処分とし市の人事課長は「市民の信頼を裏切る行為。職員に注意喚起を徹底したい」とコメントしている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/29

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.20 (Fri)

愛知県が社会福祉法人ライトに対する勧告

 社会福祉法人ライトのまとめ


社会福祉法人ライトに対する勧告の公表 2019年12月18日

愛知県は、県が所管する社会福祉法人ライト(以下「ライト」という。)において、理事長の実質的不在など不適正な法人運営が認められたため、ライトに対して2019年10月11日付けで社会福祉法第56条第4項の規定に基づき、改善のために必要な措置をとるよう勧告を行いました。

勧告事項改善報告書の提出期限である2019年11月11日にライトから報告期限延長の申出があったため、その申出に基づき、12月3日に改善報告の機会を設けましたが、以下のとおり本県の勧告に従った改善が図られていないと判断し、同条第5項の規定に基づき公表します。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/20

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.08 (Fri)

介護職員の女が入居者の部屋から現金を盗んだ? ⇒ 本人は否認

有料老人ホームで介護職員の52歳女が入居者の部屋から現金盗む

愛知県春日井市の老人ホームで11月3日、勤務中に入居者の女性の部屋から現金を盗んだとして、介護職員の女が逮捕された。
逮捕されたのは、春日井市の介護職員・久保田佳子容疑者(52)。

久保田容疑者は11月3日、勤務している春日井市の住宅型有料老人ホームで、入居者の女性(76)の部屋から現金1万円を盗んだ疑いが持たれている。

警察によると、被害に遭った女性の家族から警察に相談があり、施設に設置された防犯カメラの映像や職員への聞き込みなどから、久保田容疑者が浮上した。

調べに対し、久保田容疑者は「やっていません」と容疑を否認していて、警察は容疑の裏付けを進めています。


被害者の家族から警察へ
お金がなくなるのでおかしいなどと相談を受けていた


>なくなるので
過去にも今まで何度も
お金がなくなっていたんだろうな


よーわからんのだけれど
警察に相談する前に
施設に相談か訴えるもんじゃね
この有料老人ホームは入居者家族から信用信頼されてなかったんじゃね

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/08

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.01 (Tue)

豊橋医療センターの看護師が3000円で児童買春

15歳少女に現金渡しみだらな行為、看護師の男(24)を逮捕 

去年10月、当時15歳の少女に現金を渡し、みだらな行為をしたとして愛知県豊橋市の豊橋医療センター看護師・湯本洸大容疑者(24)が30日、児童買春の疑いで逮捕された。

警察によると、湯本容疑者は去年10月14日、少女が18歳未満なのを知りながら、同県豊川市内の店舗駐車場に止めていた車の中で現金2万円を渡す約束をして、みだらな行為をした疑いがもたれている。

湯本容疑者は少女とツイッターを通して知り合い、実際に現金3000円を渡していた。調べに対し容疑を認め、「性欲を満たすため」などと供述しているといい、警察が詳しい動機を調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/01

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.29 (Sun)

岡崎市の社会福祉法人ライトは生き残れるか

社会福祉法人ライトが静岡市内で運営している3つの特別養護老人ホームの廃止を検討している問題

社会福祉法人ライト
愛知県岡崎市渡町字大棚1番地




特養廃止「命に関わる」 職員が転居先確保へ市に嘆願

社会福祉法人ライト(愛知県岡崎市)が静岡市内で運営する三つの特別養護老人ホームの廃止を検討している問題で、3施設の現場職員が27日、市役所静岡庁舎を訪れ「利用者を10月1日以降引き受けられる状況にない」として、市に転居先の確保や他の法人への運営移行などを求める緊急嘆願書を提出した。

法人は今月20日、市内で運営する3施設の廃止を検討していると市に突然伝達。「資金繰りが悪化した」と理由を説明した。25日には利用者家族や職員、取引業者への説明会を開いたが、曖昧な言動が目立ったという。

嘆願書によると、法人の理事が通帳や印鑑などを持ち出し、給与が支払われない恐れが生じている上、派遣会社5社が9月末で計10人を引き上げ、取引業者5社は物品の納品停止を決めたという。介護職員が足りず、3施設に入所している計133人の「生命に関わる事態」と訴えた。

嘆願書を受け取った市介護保険課は「市内の各施設に受け入れ可能数を照会中」などと説明した。青野志能生健康福祉部長は「入所者の方々が安心できるよう、早急に対応するよう市長から指示を受けている」と述べた。

嘆願書は、介護職員の賃金アップのための「処遇改善加算」を巡り、職員に適切に支払われているかどうかの調査も要望した。同課は「法人側から事情を聴きつつ、不正や払い漏れの有無を確認していく」としている。


がんばれー 社会福祉法人ライトの職員有志



特別養護老人ホームえん  静岡県静岡市清水区三保16-1
特別養護老人ホームゆめ  静岡県静岡市葵区羽鳥本町20番地98号
地域密着型特別養護老人ホームひかり  静岡県静岡市葵区羽鳥7丁目14番72号

静岡の3特養、閉鎖検討 運営法人「経営難」と説明 9月26日

社会福祉法人ライト(愛知県岡崎市)が静岡市内で運営している三つの特別養護老人ホームの閉鎖を検討していることが25日、関係者への取材で分かった。

法人が同日、市内2カ所で説明会を開き、利用者の家族や職員らに伝えた。出席者によると、「経営難」を理由に挙げたものの、説明は曖昧だったという。家族から「急に転居先を探すことは難しい」と戸惑いの声が上がり、職員からは給料の未払いなどを危惧する訴えがあった。

関係者によると、閉鎖の可能性が示されたのは「えん」(清水区三保、定員100人)、「ゆめ」(葵区羽鳥本町、同36人)、「ひかり」(同区羽鳥、同24人)の3施設。説明会で法人側は、介護人材の確保が難しく、入所者の受け入れに制限が生じたと話したという。閉鎖の時期など具体的な見通しは示さなかった。

清水区での説明会に参加した60代男性は「長い目で見れば親を預けられない。(法人は)何とかすると言ったが、信用できない」と懸念。葵区で説明を聞いた70代女性は「明確な説明がなく、いつつぶれるか分からないのは不安」と語り、40代女性も「新しい施設を探す」と口にした。

同法人を巡っては2017年、三重県津市で運営していた保育園について経営難で閉園する方針を突然示し、他の社会福祉法人が引き継いだ経緯がある。
法人側は取材に「現時点でコメントできない」としている。


静岡3特養老人ホーム廃止検討 法人側、市に意向伝達済み 9月27日

社会福祉法人ライト(愛知県岡崎市)が静岡市内で運営している三つの特別養護老人ホームの廃止を検討している問題で、法人側が同市に「資金繰りの悪化」を理由に廃止の意向を伝えていたことが26日、市への取材で分かった。市は「利用者の方々の処遇に関しては、市としても何ができるか検討する」としている。

市高齢者福祉課によると、法人側は市に対して20日、施設の廃止を検討していることを伝達した。介護保険法では廃止する場合、1カ月以上前に市に予告する必要があるが、現時点で正式な届け出はないという。

閉鎖の可能性が示された施設は「えん」(清水区三保、定員100人)、「ゆめ」(葵区羽鳥本町、同36人)、「ひかり」(同区羽鳥、同24人)。

同課は「廃止するのであれば、介護保険法上、利用者に必要なサービスが継続的に提供されるようにする義務が事業者にはある」と指摘した上で「市としても事業者と連絡を取りながら、何ができるか検討する」とした。

法人側は25日夜、市内2カ所で利用者の家族や職員らを対象に説明会を開いた。出席者によると、経営が悪化し、取引先への未払いが発生していると現状を報告したが、廃止の時期など具体的な見通しは示さなかった。


津市新町一丁目のさつき保育園の閉園をめぐる問題
社会福祉法人ライトが経営難を理由に突然閉園すると
私立さつき保育園の閉園巡り津市が保護者説明会 2017年1月30日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3251.html



現況報告書 (平成30年4月1日現在)
理事長 野田好史

前会計年度に実施した理事会の状況
平成29年7月8日
平成23年度からの決算の修正について、 第2回、特別養護老人ホームゆめ、ひかりの管理者について、 第3回、平成22年度に紛失した140532082円について、野田和裕氏及び野田篤憲氏の合意書について、経営企画室の廃止、法人クレジットカード及びETCカードの廃止、美里さつき保育園の賞与、岡崎市、介護保険法に基づく「岡崎市指定居宅サービス等の人員、設備及び運営の基準に関する条例」等の遵守について(勧告)

平成29年11月19日
岡崎土地、財産処分についての承認、(株)スターツとの不動産売買一般媒介契約締結の件、株式会社マキタとの土地売買契約の締結について 第2回社会福祉法人ライトを分離する事についての議決 第3回、野田東誉子氏、野田篤憲氏、野田和裕氏に対し賠償請求を求める件

平成29年12月17日
第1回 (株)善食様への窃盗について、 (株)善食様への詐欺行為について 第2回、愛知県岡崎市渡町大棚1番地他、土地、建物の売却について 第3回、基本財産処分について(岡崎市渡町大棚1番地他) 第4回、平成27年度及び平成28年度修正後の決算について 第5回、平成28年度社会福祉施設指基本財産処分について(岡崎市渡町大棚1番地他) 第4回、平成27年度及び平成28年度修正後の決算について 第5回、平成28年度社会福祉施設指導監査の結果通知について(さつき、美里さつき)、岡崎市平成29年度社会福祉法人ライトの指導監査の実施結果について


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/09/29

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.15 (Sun)

株式会社ピースウインズ+サルビア指定取消し

株式会社ピースウインズ不正受給 ⇒ 返還予定額23,107,985 円 2019年3月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4421.html


225万円不正受給 福祉事業所 指定取り消し

虚偽の書類を提出して給付費を不正に受け取っていたとして、県は12日、安城市池浦町の福祉サービス会社「ピースウインズ」が運営する指定障害福祉サービス事業所「サルビア」(同市・就労継続支援A型)の指定を取り消した。


株式会社ピースウインズ
代表取締役 後藤幹正
愛知県安城市池浦町池西 65
事業所名  サルビア

指定取り消し

愛知県は12日、国で定めた基準を満たしたサービス管理責任者を配置していなかったのに、減算せずに介護報酬を請求していたなどとして、指定障害福祉サービス事業所の「サルビア」(安城市)の指定を取り消す処分を発表した。処分は10月31日付で、処分によりサルビアは廃所となる。

サービス管理責任者が基準を満たしていなかったことに加え、県への提出書類では、基準を満たしているように見せるため、内容を改ざんしていたという。

サルビアを巡っては、県が今年3月、サービス管理者の「専従常勤」の配置ができていないのに、減算せずに、「常勤」として介護報酬の請求を行うなどしたとして新規利用者の受け入れ停止の処分を行っていた。度重なる不正に、県は「非常に悪質」としている。現在、16人の利用者がいるといい、県は廃所により、ほかの障害福祉サービス事業所などへの受け入れ先を確保するとしている。

県によると、処分による返還予定額は、加算金などを含めて、約316万円にのぼるという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/09/15

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.11 (Wed)

介護福祉士の女が果物ナイフで入所者を

果物ナイフで

入所者切り付け疑い 22歳介護福祉士逮捕

愛知県警蒲郡署は10日、傷害の疑いで、介護福祉士を逮捕した。

逮捕容疑では、9日午後5時半ごろ、勤務する同県蒲郡市の介護施設で、入所者の男性(66)から介護方法を注意されたことに腹を立て、施設の台所にあった果物ナイフで男性の左足を切り付け、2週間のけがを負わせたとされる。

署によると、以前から男性に文句を言われていたとみられ、「私がやったことに間違いない」と容疑を認めている。


もうメチャクチャ

介護福祉士の女を傷害容疑で逮捕

介護施設内で入所者の男性をナイフで切りつけたとして愛知県警蒲郡署は10日、介護福祉士を傷害容疑で逮捕した。

容疑は9日午後5時半ごろ、勤務先の同県蒲郡市の介護施設で、入所者の男性(66)から介護方法を注意されたことに腹を立て、施設の台所に置いてあった果物ナイフで男性の左足を切りつけ、全治2週間のけがをさせたとしている。「間違いありません」と容疑を認めているという。

同署によると、三輪容疑者は「以前から男性に介護のやり方について文句を言われていた」と話しているという。



介護福祉士 不起訴処分 2019年10月1日

名古屋地検豊橋支部は、傷害の疑いで逮捕された介護福祉士の女性を不起訴処分にした。
2019年9月10日に逮捕され、傷害と銃刀法違反の疑いで送検された。
2人は示談が成立

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/18

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT