FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.07.03 (Wed)

中道山保育園のズサンな金銭管理

社会福祉法人幸栄振興会
理事長 佐藤 孔
園長 五十嵐雅樹
設立認可 昭和54年9月

前園長で理事 佐藤征子


親からの徴収金4100万円、保育園がずさん会計

社会福祉法人幸栄振興会が運営する中道山保育園(新潟市東区、定員90人)が、保護者からの徴収金4113万円を前園長の自宅に置いたままにするなど、ずさんな会計を続けていたことが分かった。新潟市は私的流用はなかったとみているが、一部を保護者に返すなどの改善を勧告した。

市が26日に発表した。保護者から問い合わせを受け、特別監査をしていたという。

市福祉監査課によると、同園は2009~17年度に、保護者から絵本代や教材代などの名目で計6173万円の現金を集めたが、徴収金から実際に支払ったのは2494万円で、園長だった80代女性の自宅に現金4113万円が封筒に入ったまま残っていた。差額を上回る現金が前園長宅にあったことから、徴収金で支払うべき経費を園の運営費から充てたり、前園長が立て替えたりするずさんな会計だったと市はみている。

この間、園は会計報告をせず、保護者会の運営に充てるべき現金も前園長宅にあった。市の許可なく児童7人を入園させたことも分かっており、市は改善勧告をした。市によると、園は近く説明会を開くという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/07/03

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.28 (Fri)

また送迎事故:魚沼市*運転手は70歳代ってか

何で どうして こんな事故が起きるの?



運転手は70歳代 70歳代って何歳やねん

未来ある子供 日本国の将来を担う子供を乗せて それが運転手が
70歳代って
魚沼市よ ナメとんのか


魚沼市でスクールバスが電柱に衝突

27日午後4時すぎ、魚沼市小平尾の国道で、広神西小のスクールバスがセンターラインを越え、道路右側の電柱に衝突した。乗っていた3~5年の女児5人と、70代の男性運転手の計6人が額を打つなどの軽傷。

小出署と市教育委員会によると、現場は緩い右カーブ。女児5人の内訳は3年生2人、4年生1人、5年生2人。バスは同校の3台のうちの1台で運行を市内のバス会社に委託し、学校から小平尾、水沢方面を巡回していた。

川池雅樹校長は「子どもたちのけがや、保護者への対応に当たっている」と話した。市教委は「事故原因を究明した上で、安全策の徹底を図りたい」とした。




スクールバスが電柱衝突・小学生ら6人搬送

27日午後4時15分ごろ、魚沼市小平尾の国道352号で、同市立広神西小のスクールバスが、道路沿いの電柱に正面から衝突した。小出署などによると、運転手の70代男性が額を打撲する軽傷、4年生の児童1人が前の座席に頭をぶつけ、前頭部打撲の軽傷を負った。いずれも命に別条はない。現場は緩やかな右カーブが続く下り坂の道路で、警察が原因を調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/06/28

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.19 (Wed)

新潟市立太田保育園で保育士が

保育園から金盗む 保育士逮捕

ことし3月、新潟市内の保育園の金庫から現金7万円余りを盗んだとして、この保育園に勤務する保育士の男が盗みの疑いで逮捕された。
逮捕されたのは、保育士の今井真俊容疑者(27)。

警察によると、今井容疑者は、ことし3月、勤務していた新潟市北区にある保育園の金庫で保管していた現金およそ7万2000円を盗んだとして、盗みの疑いが持たれている。
このお金は、保護者から預かった給食費などで、保育園の別の職員が金庫の中の現金が無くなっていることに気付き、警察に通報したという。

調べに対し、今井容疑者は「生活費に充てた」と容疑を認めている。


新潟市立太田保育園の事務室にある金庫を
合鍵を使って開け、7万2000円を盗んだ



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/06/19

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.23 (Tue)

ストレス施設なのか?*日頃から問題があった ⇒ 表面化する

老人福祉施設で入居者を暴行し逮捕

阿賀野市の老人福祉施設で介護士の男が入居している女性を暴行し、けがを負わせた疑いで逮捕された。
逮捕されたのは 阿賀野市の介護士の板垣京平容疑者。

警察によると、きのう施設の職員から入居している90代の女性の胸元と首に内出血があると相談があった。
その女性を1人で担当していた板垣容疑者が乱暴したことを認めたため、傷害の疑いで逮捕した。
この福祉施設の施設長によると、板垣容疑者が4月ごろから入居している人に大声をあげることがあったという。




94歳女性に暴行

新潟県阿賀野市の老人ホームに入所している94歳の女性に暴行を加えケガをさせたとして、介護士の男が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、阿賀野市にある特別養護老人ホームの介護士・板垣京平容疑者。

警察によると、板垣容疑者は4月18日夜、入所している94歳の女性に暴行を加え、首や胸などが皮下出血するケガを負わせた疑い。
警察の調べに対し、板垣容疑者は容疑を認め、「女性が言うことを聞いてくれないので、不満がたまっていた」などと話しているという。施設によると当時、夜間勤務の時間帯で、板垣容疑者は1人で入所者18人を担当していた。

また、被害にあった女性は「ベットから落とされて被害を受けた」などと話しているという。
警察が当時の状況などを詳しく調べている。




板垣京平23歳



http://bit.ly/2IPkREo



特別養護老人ホームかがやき苑



社会福祉法人かがやき福祉会
理事長 小野里 浩
新潟県阿賀野市寺社甲3848-212


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/04/23

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.22 (Fri)

こういうのを隠蔽と言う

佐渡市が運営する待鶴荘で介護報酬を不正請求

佐渡市は20日、市が運営する介護保険事業所「市特定施設待鶴(たいかく)荘」で、介護報酬の不正請求があったと発表した。不正は2006年11月から続けられ、昨年12月に県が実施した実地監査で発覚した。時効で消滅していない5年間の不正請求分として1186万円程度の返還と、加算金約184万円を国や県などに求められる可能性がある。

待鶴荘は訪問介護の仲介や入居者の食事の介護などを行う市の直営施設。市によると、入浴などの訪問介護サービスを無資格者が提供したにもかかわらず、有資格者の名前を使って記録を書き換えるなどして、介護報酬と利用者負担金を不正請求していた。収入を増やす目的で始めたという。

施設の介護職員が書き換えをやめるよう施設側にたびたび求めたが、不正は慣例として続けられた

市の調査によると、直近5年間の不正請求は1万2600件。加算金を含め計約1370万円を返還する見込み。また、県からの処分として、4月以降の3カ月間、新規入居者の受け入れが停止となる見通しとなっている。

三浦基裕市長は20日、臨時記者会見を開き「市民の信頼を裏切る行為を起こし、深く反省するとともに、再発防止に取り組みたい」と陳謝した。関係者への聞き取り調査を今後も続け原因を究明する。


不正は2006年11月から続けられ
握りつぶして慣例化



施設長 加賀千年

新潟県佐渡市が運営する養護老人ホーム待鶴荘(同市栗野江、加賀千年施設長)で、資格のない職員に訪問介護サービスを行わせたのに、資格を持つ別の職員名を使って記録を偽造する手口で、12年間にわたり、介護報酬と利用者負担金を不正に受け取っていたことがわかった。佐渡市が20日、県の監査で判明したと発表した。市によると、時効の成立していない過去5年間の不正受給約1万2600件について約1370万円を介護保険特別会計に返す見通しだ。

市によると、待鶴荘では入浴やおむつ取り換えといった訪問介護事業を2006年から始めたが、当初見込んだ介護報酬より実際の収入が少なかった。このため、訪問介護に必要な介護福祉士などの資格のない職員1人を訪問介護にあたらせ、介護報酬の受給手続きの文書には資格を持っている別の職員名を記していた。当時から職員同士で話し合って文書を偽造したとみられる。

この間、待鶴荘の施設管理会議などで職員から再三にわたって不正行為を是正するように提案があったにもかかわらず、握りつぶして慣例化したという。



去年12月に新潟県の監査で発覚

佐渡市が運営する養護老人ホームで、資格のない職員が介護していたにもかかわらず、書類を改ざんするなどして介護報酬を不正に請求していたことがわかった。

市によると、不正請求はこの5年間で1万2600件、金額にして1100万円あまりに上るという。
介護報酬を不正請求していたのは、佐渡市が運営し介護計画の作成などを行う「特定施設 待鶴荘」。

新潟県によると、この施設は、併設されている養護老人ホームで、資格のない職員が行った介護を、同じく市が運営する訪問介護事業所の職員が行ったかのように書類を改ざんするなどして、介護報酬を不正に請求していた。

市によると、こうした不正請求は平成18年度から行われ、この5年間だけで1万2600件、金額にして1186万円に上るという。

三浦市長は20日、市議会の全員協議会で報告し、「大変申し訳ありませんでした。市民の信頼を裏切る行為を起こし、深く反省します。関係した職員に対して厳重な処分を行います」と謝罪した。

佐渡市によると、こうした改ざんは、過去に内部で是正すべきだと提案されたにもかかわらず繰り返されてきたということで、不正に受給した分は返還する。
新潟県が去年12月に行った監査で確認され、県は来月4日、佐渡市に対して聴聞を行い、正式な処分を決定することにする。





待鶴荘における介護報酬の不正請求についてのお詫び

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/04/13

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.09.20 (Thu)

人件費をケチった報い



資格を持たない職員に
入所者のたんの吸引や栄養剤の注入などの医療行為をさせた




医師で老人ホーム施設長、無資格医療を職員に指示容疑

新潟県警は17日、新潟市中央区の住宅型有料老人ホーム「 鳥屋野の里」施設長で医師里方一郎容疑者(63)(新潟市西区青山新町)を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。

発表によると、里方容疑者は2016年9~10月、医師や看護師の免許がなく、必要な研修も受けていない20歳代女性介護職員に、女性入所者のたん吸引やチューブでの栄養剤注入などの医療行為をさせたほか、17年10月には、30歳代女性介護職員に男性入所者の点滴の針を抜かせた疑い。調べに対し、里方容疑者は「指示してやらせた記憶はあります」と供述しているという。

捜査関係者によると、同施設では、16年12月に市の調査で違反が確認された後も、違法行為が続いていたとみられる。

施設は14年開業。13日現在12人が入所している。



「鳥屋野の里」は、里方容疑者の妻が理事長を務める医療法人社団「愛敬会」が14年に開設。ホームページなどによると、60歳以上であれば入居可能で、介護サービスが必要な場合、施設に併設する介護事業所などのサービスを受けられると説明している。定員41人で、入所率は3割ほど。







63歳の医師を逮捕

医師などの資格を持たない介護職員に、たんの吸引などの医療行為をさせたとして、医師の男が逮捕された。
医師法違反の疑いで逮捕されたのは、訪問介護事業所などを営む会社の役員で、医師の里方一郎容疑者(63)。

里方容疑者は、自身が施設長を務める新潟市の住宅型有料老人ホーム「鳥屋野の里」に、医師などの免許を持たない介護職員を派遣し、たんの吸引や点滴の針を抜くなどの医療行為をさせた疑いが持たれている。

新潟市は2016年12月、「鳥屋野の里」に指導を行ったが、その後、改善がみられないため、2017年12月に警察へ報告していた。
警察の調べに対し、里方容疑者は「指示してやらせた記憶はある」と供述している。


介護職員は、規定の研修を受けて都道府県に登録すれば、たんの吸引とチューブで栄養剤を注入する「経管栄養」を担当できるが、発表によると、里方容疑者は2人に研修を受けさせておらず、必要な事業所の登録もしていなかった。

同施設は2016年12月に新潟市の立ち入り調査で違反が確認されていたが改善されず、県警は違法行為が繰り返されていたとみて調べるとともに、介護職員2人も同法違反容疑で新潟地検に書類送検する方針。

夫婦で介護報酬を不正に受け取った

介護保険法及び生活保護法に基づく行政処分について

このことについて、下記のとおり、介護保険法に基づく指定居宅サービス事業者の指定取消し及び生活保護法に基づく指定介護機関の指定取消しを行いました。

1 事業所の概要
事業所名: すこやか介護センター
運営法人: 医療法人社団愛敬会
事業所所在地: 新潟市北区彩野4丁目638番地5
事業種別: 訪問介護(平成23年7月1日指定)

事業所名: 鳥屋野の里介護センター
運営法人: 株式会社愛敬園
事業所所在地: 新潟市中央区長潟1204番地1
事業種別: 訪問介護(平成26年10月1日指定)

2 指定取消しの年月日
平成30年10月1日

3 指定取消しの理由
介護給付費の不正請求(介護保険法第77条第1項第6号)
平成27年4月6日に事業所移転の変更届を提出したが、実際は移転前の有料老人ホーム内で業務を行い、実態のない事業所から有料老人ホーム入居者へ訪問介護を提供したとして、介護報酬を請求し受領した。
また、利用者の人数調整のため、サービス提供記録を書換え、虚偽のサービス提供記録の作成を行い、介護報酬を請求し受領した。
(対象期間:平成27年4月から平成29年11月まで)
介護の報酬の不正請求
(生活保護法第54条の2第4項で準用する第51条第2項第4号)
上記同様

4利用者については既に他法人へ引き継ぎ済み。


里方容疑者 ⇒ 緊急避難的にやらせた

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/09/23

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.06.09 (Sat)

柏崎市立保育園 ⇒ 園長 ⇒ 保育士 ⇒ 園児たちを政治活動に利用する

新潟県知事選
aaql_2700213.jpg

柏崎市立保育園

保育園児に特定候補者応援の図画を作製させる

新潟県柏崎市の桜井雅浩市長は7日、緊急記者会見を開き、同市立保育園の保育士3人が、園児たちに、知事選の特定候補者を応援する図画の作製を手伝わせたと発表した。桜井市長は「子どもを政治活動に利用する恥ずべき行為を起こした」と陳謝。信用失墜行為を禁じた地方公務員法に違反するとして、調査のうえで関係者を処分する方針を示した。

市によると保育士は20代の女性などで、告示前の5月17日、少なくとも園児8人に、特定の候補者を応援する図画を子供たちの似顔絵や手形付きで作るのを手伝わせた。図画は20日、候補者の事務所に届けられ、事務所に掲示。図画には候補者名と応援メッセージも書かれていた。

今月6日、市民からの問い合わせで発覚。保育士は園長の許可を得て園児たちに手伝わせており、組織的な行為だった可能性があるという。

どの候補者に向けた図画だったかは、選挙期間中であることを理由に公表を控えた。


認識が甘かった では済ませられない







市民からの問い合わせで発覚


柏崎市の市議会議員もレベルが低い?

保育園児による掲示物作成問題で柏崎市長が市議に抗議 「会見内容を誤った形で投稿」 

10日に投開票される新潟県知事選をめぐり、同県柏崎市立保育園の20代の女性保育士が5月17日に、知事選の特定の立候補者を応援する掲示物の作成を8人の園児に手伝わせていた問題で、桜井雅浩市長は8日、一部の市議が桜井市長の会見内容を誤った形でフェイスブック上などで発信したとして、全市議に対して掲載内容を削除するよう申し入れたと発表した。

桜井市長は、掲示物の問題について7日に緊急会見を開き謝罪。市によると、会見で桜井市長は特定の候補者名を明かさなかったが、出席した複数の市議の一部が特定の候補者の名前を挙げてフェイスブック上などに掲載したという。桜井市長は「私が申し上げていない候補者名などを、あたかも私が申し上げたと誤解が生じるような記載がなされている。行政の政治的中立性と市民からの信頼を損ないかねない極めて遺憾な事態である」とコメントした。

同市によると、20代の女性保育士は告示前の5月17日の保育時間中、縦1メートル、横180センチの掲示物にチューリップの花に見立てた手形を園児に押させたほか、顔の形をした紙をそれぞれの園児に配り、子供の顔を描かせて掲示物に貼り付けたという。掲示物の作成には3人の保育士が関与しており、園長も作成を容認していた。


私が知らないところで図画が寄せられた
自治労の保育部から

落選しました

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/06/21

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.05.10 (Thu)

新潟市の放課後等デイサービス*きととの森 ⇒ 指定取消し

株式会社心和会
代表取締役 桑野仁司
新潟市中央区八千代1丁目3番20号302


取り消しは
新潟市の放課後等デイサービス指定取り消し

新潟市は1日、中央区川岸町2の障害児向け放課後デイサービス施設「きととの森」が公金約167万円を不正受給したなどとして、同施設に対する事業者指定を6月1日付で取り消すと発表した。同施設は同日までに閉鎖される見通し。

市によると、同施設を運営する中央区八千代の株式会社「心和会」が昨年、同施設職員の賃上げ状況などを実情よりも高く市に報告。賃上げに積極的な事業者に支払われる公金「福祉・介護職員処遇改善加算額」を不正に受給したとしている。職員からの通報で発覚した。


加算算定によって義務化される職員の賃上げを完全に実施しなかった上、行政の監査でも虚偽の答弁をしたなどとして新潟市は、心和会が運営する放課後等デイサービス「きととの森」の指定を、児童福祉法に基づき取り消すと発表した。取り消しは6月1日付。

新潟市によると、「きととの森」では昨年4月から12月までの間、福祉・介護職員処遇改善加算を算定したにも関わらず、必要な額の賃金改善は行わず、不正に障害児通所給付費を受給し続けた。その一方、市に対しては加算以上の賃金の改善を実施したと報告した上、市の監査でも虚偽の答弁を行ったことから、指定取り消しに至った。

不正受給額は166万9950円。今後、新潟市では加算金も含め233万7930円の返還を心和会に求める。


取り消しは平成30年2月1日

平成30年1月5日
児童福祉法及び障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく行政処分について

このことについて、本日、下記のとおり、児童福祉法及び、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき、指定障害児相談支援事業者及び指定特定相談支援事業者の指定を取消す行政処分を行いました。

1 事業所の概要
事業所名・所在地
相談支援事業所 くお~れ・ここ
(新潟市中央区川岸町2-7-3リバーステージ新潟1階)

法人・代表者
株式会社心和会 代表取締役 桑野 仁司

法人所在地
新潟市中央区下大川前通1ノ町1937-1

事業種別
障害児相談支援・特定相談支援

2 処分内容
指定障害児相談支援事業者及び指定特定相談支援事業者の指定の取消し

3 取消理由
(1)指定障害児相談支援事業所
障害児相談支援給付費の不正請求(児童福祉法第24条の36第1項第5号)及び不正又は著しく不当な行為(児童福祉法第24条の36第1項第10号)

管理者は障害児支援利用計画の作成を担当すべき相談支援専門員が既に退職し、一人も配置されていないにも関わらず、同法人が運営する放課後等デイサービス「きととの森」の職員に対し同計画を作成するよう指示し、利用児童保護者に対しその計画を交付させるなど、不正に障害児相談支援給付費を請求し受領した。このことは代表取締役も認識していた。
360,199円(障害児相談支援給付費の返還金合計)
(不正請求額 257,285円、加算金 102,914円)

(2)指定特定相談支援事業所
法令違反(障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第51条の29
第2項第9号)

障害児相談支援給付費の不正請求が認められた障害児相談支援事業所と、同一の体制で一体的に運営されていることから併せて指定を取消す。

4 取消年月日
平成30年2月1日


ハロワの求人

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/05/10

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.12.18 (Mon)

新潟市の放課後等デイサービス*指定取消し

新潟市は15日、障害児が通う放課後等デイサービスの市内3施設を運営する「K‘s Decas(ケーズディーカス)」を指定取消す

児童福祉法に基づく行政処分について

下記のとおり、児童福祉法(以下「法」という。)に基づく指定障害児通所支援事業者の指定を取消す行政処分を行いました。

1 事業所の概要

放課後等デイサービス ココン女池(新潟市中央区大島209)
放課後等デイサービス ココン魁(新潟市中央区魁町3373-25)
放課後等デイサービス ココン鐙(新潟市中央区鐙1-4-17)

法人・代表者
合同会社 K’s Decas(ケーズディーカス)  代表社員 北村 大輔

法人所在地
新潟市中央区上大川前通十一番町1899番地

事業種別
放課後等デイサービス

2 処分内容
指定障害児通所支援事業者の指定の取消し

3 取消理由
(1)障害児通所給付費の不正請求(法第21条の5の23第1項第5号)
・事業所でサービス提供をしていないにも関わらず、サービス提供を行ったとして、不正に障害児通所給付費を請求し受領した。
・職員配置に関する加算について、要件を満たさないにも関わらず不正に請求し受領した。
○2,772,756円(障害児通所給付費の返還金合計)

(不正請求額 1,980,540円、加算金 792,216円)
(2)監査における虚偽答弁(法第21条の5の23第1項第7号)
・監査において、当該法人の代表者が指導員として勤務していないにも関わらず、勤務していたと事業所の管理者が虚偽の答弁を行った。

(3)不正又は著しく不当な行為(法第21条の5の23第1項第10号)
・3事業所全体で不正請求を正当化する目的で、サービス提供記録等の改ざんを行った。

4 取消年月日
平成30年 2月 1日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/12/18

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.06.20 (Tue)

病院で患者の女性を盗撮*最近巷で噂のアノ病院

新潟大学医歯学総合病院で患者の女性を盗撮

新潟中央署は19日、新潟大学医歯学総合病院で患者の女性を盗撮したとして、新潟市西区坂井東3、元同病院看護師、小菅智紀容疑者(24)を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

逮捕容疑は昨年5月初旬の早朝、病室で寝ていた患者の10代女性の下着姿をスマホで撮影したとしている。同署によると、小菅容疑者は容疑を認めているという。

小菅容疑者は今年4月と5月にも、高熱で意識がもうろうとした別の20代女性患者の体を触ったなどとして同容疑で逮捕、起訴されている。


飲酒事故の総合病院元看護師 懲戒解雇 2017年6月15日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3522.html

2016年9月12日
新潟中央署は8日、新潟市中央区白山浦2、新潟大学医歯学総合病院:看護師、押木理江容疑者(42)を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2946.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/06/20

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.06.15 (Thu)

飲酒して小学生をはねてケガを負わせた看護師*懲罰

飲酒事故の総合病院元看護師 懲戒解雇

新潟大は14日、飲酒して車を運転して小学生をはね、けがを負わせたとして逮捕、起訴された同大医歯学総合病院(新潟市中央区)に勤務していた40代の女性の元看護師を9日付で懲戒解雇相当の処分にしたと発表した。

新大によると、元看護師は昨年9月8日夜、飲酒運転をして同区関屋の県道交差点で自転車の小学生をはね、頭を打つ軽傷を負わせたとして、道交法違反容疑の現行犯で逮捕された。過失運転致傷罪などで起訴され、今年5月に新潟地裁で懲役10月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。

元看護師は昨年9月末に既に退職している。新大は司法判断を待って処分を決めたとしており、高橋姿学長は「大学職員としての自覚や責任感に欠けた行為で、誠に遺憾。全学を挙げて飲酒運転の根絶に向け取り組む」としている。


酒を飲んで車を運転するな って言うてるやろ

2016年9月12日
新潟中央署は8日、新潟市中央区白山浦2、新潟大学医歯学総合病院:看護師、押木理江容疑者(42)を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2946.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/06/15

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.03 (Wed)

新発田市五十公野の高松洋平38歳*終わった

オマエさん
新発田市の高松洋平
酒を飲んで車を運転する
飲酒で事故を起こす っちゅうことはドえらい問題なんですよ
しかも
14人にケガを負わすなんて
オマエさん
38年生きてきて楽しかったか
人生これまでやな

せやけど
酒酔い運転でなくて 酒気帯び運転 ちゅうことやから
少しだけ刑が軽いか

 


車6台からむ事故で14人ケガ 飲酒運転か 5月2日

2日午前、新潟県新発田市の市道で、介護福祉施設の送迎車やゴミ収集車など、計6台の車両が関係する事故があった。14人がケガをして病院に搬送されている。

事故があったのは新発田市五十公野の市道。警察や消防によると2日午前9時25分頃、新発田市内に住む30歳代の男性が運転する軽自動車が、対向車線を走っていた普通乗用車と衝突したあと、さらに別の軽自動車に衝突。介護福祉施設の送迎車やゴミ収集車などが玉突き衝突を起こし、計6台がからむ事故となった。

この事故で14人が打撲などのケガをして病院に搬送されたが、全員、命に別条はないという。

事故があった現場は片側1車線の対面通行の道路。警察は最初に対向車と衝突した軽自動車の運転手が飲酒運転をしていた可能性が高いとみて、事故の詳しい原因を調べている。




6台絡む事故 酒気帯び運転容疑で介護士を逮捕 5月3日

新発田市で2日午前に発生した車6台関与の交通事故で、軽自動車を運転していた介護士の男が2日夜、酒気帯び運転の疑いで逮捕された。

2日午前9時半前、新発田市五十公野の市道で車6台が絡んだ交通事故が発生した。
警察は新発田市五十公野に住む介護士で軽自動車を運転していた高松洋平容疑者(38)の呼気からアルコールが検出されたことなどから、2日午後9時過ぎ、酒気帯び運転の疑いで逮捕した。

高松容疑者が運転する軽自動車は対向車線にはみ出して普通乗用車に衝突した後、反動で前方の車に追突して玉突き事故を引き起こした。
警察によると高松容疑者は「酒を飲んで運転し、事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めている。
この事故では14人がケガをして病院に搬送された。




2日午前9時半ごろ、新潟県新発田市五十公野の市道で、軽乗用車が対向車と衝突するなど車6台が絡む事故があり、介護施設の送迎車に乗っていた高齢者を含む計14人が軽傷を負った。

新発田署は道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、軽乗用車を運転していた介護士高松洋平容疑者(38)を逮捕した。

新発田署によると、軽乗用車が最初に衝突した後、さらに前方の介護施設の送迎車やごみ収集車など別の4台に玉突きで追突した。送迎車には、介護施設の職員と利用者の計10人が乗っていた。
現場は見通しのよい片側1車線の直線。同署が詳しい事故の経緯を調べている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(5) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.01.22 (Sun)

社会福祉法人佐渡前浜福祉会*元職員が1億7000万円横領

社会福祉法人佐渡前浜福祉会
理事長 武部治雄
新潟県佐渡市徳和6207番地2



会計主任で経理を担当 元職員
岩尾卓已37歳

社会福祉法人の元経理担当者 運営費着服疑いで逮捕

新潟県佐渡市の社会福祉法人の元経理担当者が、在職中に施設の運営費300万円余りを着服していたとして、業務上横領などの疑いで警察に逮捕された。法人側は「被害は1億7000万円に上る」としていて、警察が被害の全容を調べている。

逮捕されたのは、新潟県佐渡市で特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人佐渡前浜福祉会の元職員、岩尾卓已容疑者(37)

警察の調べによると、岩尾容疑者は在職中の平成23年に法人の運営費300万円余りを引き出し着服していたとして、業務上横領などの疑いが持たれている。
岩尾容疑者は在職中は経理を担当していて、同僚名義の口座を勝手に作り、この口座に運営費を送金し、引き出していた。

調べに対し、容疑を認めたうえで「競馬や遊びに使った」などと供述しているという。
この事件では、去年6月、社会福祉法人が会見を開き、「着服はおよそ5年間にわたり、被害は1億7000万円に上る」と公表していた。

警察は、法人側の告訴を受けて捜査を進めていて、被害の全容を調べている。


佐渡市徳和の特別養護老人ホームスマイル赤泊を運営する社会福祉法人「佐渡前浜福祉会」名義の口座から約310万円を着服したとして、佐渡西署と県警捜査2課、組織犯罪対策1課の合同捜査班は22日、業務上横領と組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)の疑いで、佐渡市南片辺、同法人の元経理職員岩尾卓巳容疑者(37)を逮捕した。

逮捕容疑は2011年4月、施設の大規模修繕費として積み立てていた法人の預金を、同僚名義で勝手に開設した口座を介して、自身の口座に送金していた疑い。法人では年に1回監査があったが、残高証明書を改ざんするなどして、発覚を免れていた。

佐渡西署によると、岩尾容疑者は「競馬に使った」などと容疑を認めている。同様の手口で1億円超が不正に引き出されており、同署は岩尾容疑者が着服したとみて調べている。

事件を巡っては、15年12月に法人が業務上横領などの疑いで、佐渡西署に告訴状を提出。昨年6月に法人が会見を開き「横領額は約1億7700万円に上る」と公表していた。

スマイル赤泊の永井恭子施設長は「入居者の方にご迷惑をおかけして申し訳ない。事件発覚以降、預金口座は複数人でチェックして再発防止に努めている」と語った。


平成27年8月、関東信越国税局の税務調査で発覚し、同11月に懲戒解雇された。





特養ホーム 元職員が約8000万円横領か 新潟 佐渡 2016年6月12日
社会福祉法人元職員が横領=5年で1億6900万円-新潟・佐渡 6月14日
佐渡市の特養ホームで横領 運営法人が謝罪 6月14日
元職員の横領額は180,000,000円 社会福祉法人関係者の謝罪会見 6月15日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2835.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/23

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.01.01 (Sun)

ありがとう*株式会社玉垣製麺所さん

玉垣製麺所、福祉施設に年越しそば

十日町市の玉垣製麺所が、市内や津南町などの老人福祉施設を運営する10団体に年越しそば計約2千食を贈った。31日は十日町市の養護老人ホーム妻有荘の入所者やデイサービスの利用者ら約100人が、ゆでたてのそばを味わった。

同社は地域のお年寄りの長寿を願い、2014年から自社製のそばを振る舞っている。そばはつなぎにふのりを使い、コシの強さが特徴だ。

妻有荘では昼食に、かき揚げの天ぷらをのせた温かいそばが出され、テーブルに笑顔が広がった。入所者の曽根サダさん(84)は「毎年楽しみにしていてありがたい。いい年越しができます」と満足そうだった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/01

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.12.15 (Thu)

ズンズン運動*姫川尚美59歳+元副理事長 ⇒ 5200万円の賠償命令

大阪市で2014年ズンズン運動で生後4カ月の男児が死亡した事件

NPO法人子育て支援ひろばキッズスタディオンは
2003年に上越市に設立され 東京都豊島区と大阪市淀川区に事務所があった


周りに知り合いがいないし 親も離れており どうやって子育てすればいいのか悩んでいました


約5200万円の賠償命令が下される

大阪市で2014年、「ズンズン運動」と称した独自の乳幼児向け施術で生後4カ月の男児が死亡した事件をめぐり、神戸市に住む両親が、施術をしたNPO法人の姫川尚美・元理事長(59)と元副理事長の男性に損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁(山口浩司裁判長)は14日、請求通り約5200万円の支払いを命じた。

判決によると、元理事長は14年6月2日、大阪市淀川区のサロンで、男児を太ももの上にうつぶせで乗せた後、首をもむなどして窒息状態にし、6日後に低酸素脳症による多臓器不全で死亡させた。
山口裁判長は、施術の危険性を予見できたと指摘。元副理事長も13年の同様の死亡事故後、危険性を確認しないまま施術をブログで広報するなど、ほう助した責任があると判断した。





施術後に乳児が死亡…「免疫力高める」首ひねり 2014年9月6日

大阪市淀川区で6月、「赤ちゃんの免疫力を高める」などとうたうNPO法人代表の女性(56)(新潟県上越市)から、首を強くひねるなどの施術を受けた神戸市の男児(生後4か月)が途中で意識不明になり、その後死亡した。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1292.html


首曲げる施術で乳児死亡、NPOの理事長逮捕 2015年3月4日
ブログで中止宣言後も施術 乳児死亡の元理事長  2015年3月6日

大阪市淀川区で昨年6月、「免疫力を高める」としてマッサージのような施術を受けた生後4か月の男児(神戸市)が死亡した事件で、大阪府警は4日、施術を行った新潟県上越市のNPO法人子育て支援ひろばキッズスタディオン 理事長・姫川尚美容疑者(57)を業務上過失致死容疑で逮捕した。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1975.html


元理事長 姫川尚美は2015年に業務上過失致死罪で有罪判決を受ける
2016年8月 大阪地裁で禁錮1年 執行猶予3年の判決


周囲に信者のような人がいて そこから抜けることは許されない雰囲気でした



両親が5200万円の損害賠償 2015年9月28日

神戸市の生後4か月の男の子が「ズンズン運動」と称する施術を受けて死亡した事件で、男の子の両親が施術をしたNPO法人の元理事長らに対し、慰謝料などを求めて裁判を起こした。
姫川被告は先月、大阪地裁で有罪判決を受け、判決が確定しているが、死亡した男の子の両親は、事件の1年前に同様の施術を受けた新潟県の男の子(1歳10か月)が死亡しているとし、「姫川被告らは危険性を認識していたのに施術を控える義務を怠った」と主張。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2439.html


「ずんずん運動」新潟の男児死亡で元NPO理事長に有罪判決 2015年11月19日

「ずんずん運動」と称する独自のマッサージで新潟県内の1歳10カ月の男児を死亡させたとして、業務上過失致死の罪に問われた新潟県上越市の元NPO法人理事長姫川尚美被告(58)に新潟地裁(竹下雄裁判長)は19日、禁錮1年、執行猶予4年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。

竹下裁判長は「医学的知識を持たないにもかかわらず、自らの勘を頼りに施術した。危険性の高い行為で被害者の苦痛は大きく過失の程度は重い」と指摘。一方で執行猶予を付けた理由として「自ら罪を認め、弁済もしている」ことを挙げた。

判決によると、新潟市江南区の親族宅で平成25年2月17日、男児の顔面に胸部を押し当てながら両足を踏ん張らせる姿勢を続けさせ、窒息死させた。
姫川被告は大阪市淀川区で昨年6月、神戸市の生後4カ月だった男児に「ずんずん運動」を施して窒息死させたとして、今年8月に大阪地裁で禁錮1年、執行猶予3年の判決を受け、確定した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/12/15

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.11.23 (Wed)

NPO法人さくらネットワーク*グループホームグリーンガーデン桜:指定取消し

介護サービス事業者に対する行政処分について

長岡市は、平成28年11月18日(金)、特定非営利活動法人さくらネットワークに対し、介護保険法(以下「法」という。)に基づき、行政処分(指定の取消し)を行いましたのでお知らせします。

特定非営利活動法人さくらネットワーク
理事長:山岸寿江
長岡市亀貝町1719番地1

グループホームグリーンガーデン桜
取消し日:平成28年12月19日


政処分の理由
介護給付費の不正請求(法第78条の10第8号該当)
平成27年1月21日から平成28年5月2日までの間、計画作成担当者を配置していなかったにもかかわらず、平成27年3月サービス分から平成28年5月サービス分までの15か月間、人員基準欠如に伴う介護給付費の減算(3割)をすることなく不正に請求し受領した。

返還請求額
8,319,437円
※法第22条第3項の規定による加算金(2,376,971円)を含む。

利用者への対応
利用者へのサービス提供を継続する手段を講じることは事業者の責務であり、現在の利用者について、他事業所への引継ぎなどによりサービスの提供が確保されるよう事業者を指導しており、必要なサービスは確保される見込みです。

その他
対象事業所の介護予防認知症対応型共同生活介護の指定は、本処分後も有効です。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/11/23

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.11.06 (Sun)

ブログ内検索は語句と語句の間にスペースを入れて下さい

ここ最近
検索キーワードで
橋の上から3歳のわが子を落とした母親   母親 3歳 橋から
橋の上から3歳のわが子を落とした母親
アナタ
このニュース記事ではないでしょうか


事件は2014年 日本海側の人口約8万人の地方都市で起きた

この子をこのまま置いておくわけにはいかない
バイバイ
笑顔の幼子 母は橋から落とした

3歳娘を橋から川へ落とし殺害の疑い 24歳母親逮捕 新潟・燕市 2014年11月21日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1499.html


3歳長女殺害、母親に懲役9年判決 新潟 2015年5月19日

燕市で昨年11月、3歳の長女を川に投げ落として殺害したとして、殺人罪に問われた無職、佐藤あゆみ被告(24)の裁判員裁判の判決公判が18日、新潟地裁(竹下雄裁判長)で開かれ、懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した。

判決理由で竹下裁判長は、長女を川に投げ込んだ佐藤被告の犯行を「非情かつ冷酷」と非難。佐藤被告が周囲の支援を受けていたとはとうてい言えないとする弁護側の主張は、市や保育園も支援態勢を取っていたとして退けた。一方、交際相手との関係維持が中心的な動機として殺害したとまでは言えないとした。

判決によると、佐藤被告は昨年11月19日夜、燕市の西川に架かる橋の欄干から長女、心優(みゆ)ちゃんを投げ落とし溺れさせ、殺害した。



バイバイ 笑顔の幼子 母は橋から落とした

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/11/08

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.10.31 (Mon)

送迎死亡事故*てまり総合ケアセンター

また 送迎死亡事故




社会福祉法人平成福祉会
理事長 今井和彦

てまり総合ケアセンター
理事 施設長 阿部克之
新潟県長岡市平1-3-60

急発進 急停車 急ハンドルは御法度


56-7_nuyg.jpg

犬であろうと ネコであっても 人間でも 鹿や猿が飛び出してきても急ハンドルはダメよ


車椅子のまま乗車 車椅子に乗って乗車 
車椅子に座って乗車 車椅子の状態で乗車  (どっちでもエエやろ

介護施設車事故 98歳女性死亡

29日、長岡市で、お年寄り2人を乗せた介護施設の軽乗用車がガードレールに衝突し、98歳の女性が死亡し、86歳の女性も大けがをした。

29日午後5時半ごろ、長岡市栃堀の県道で、市内の介護施設「てまり総合ケアセンター」の介護士が運転する送迎用の軽乗用車が、道路脇のガードレールに衝突した。
車には介護士のほか、デイサービスを利用していたお年寄り2人が乗っていて、このうち近くに住む星野ノブヨさん(98)が胸を強く打っておよそ1時間後に死亡。
また、助手席に乗っていた86歳の女性も肋骨を折る大ケガをした。

警察によると、車は2人を自宅へ送る途中で、亡くなった星野さんは車いすに座った状態で車の後ろ側に乗っていたという。
現場は片側1車線のゆるやかな右カーブで、運転していた介護士は「道路にたぬきのような小動物が飛び出してきた」と話しているということで、警察で事故の原因を調べている。
てまり総合ケアセンターは、「あってはならない事故で大変申し訳なく思っている。事故の検証をして、2度と事故を起こさないようにしたい」とコメントしている。


オマエさんが事故の検証をせんでもエエんじゃ
この事案は自動車メーカーや警察が考えることや

当ブログで何度も訴えている
ナゼこのぐらいの衝突で死亡事故が起きるのか?
普通ワレワレが乗車してシートベルトをして このぐらいの衝突で死ぬか?

56-9_nuyg.jpg

車椅子に座って乗車した
車椅子は床にベルトやワイヤーで固定する
本人は車体の備え付けのシートベルトで締める

で 今回の事故
星野ノブヨさんは何故胸を強く打って亡くなったのか

勝手に検証してみた (不謹慎だけど
1 星野ノブヨさんは車体の備え付けのシートベルトを締めていなかった
運転手は急ハンドルでガードレールに衝突した その衝撃で車内前方に飛び出した
2 星野ノブヨさんは車体の備え付けのシートベルトを締めていた
また車椅子は床にベルトやワイヤーで固定もしていた
しかし 運転手が急ハンドルを切ったので車体は遠心力で傾き 同時に車椅子に固定していたベルトやワイヤーが切れて外れた
送迎車はガードレールに衝突その衝撃で星野ノブヨさんは前方に飛び出した
3 星野ノブヨさんは車体の備え付けのシートベルトを締めていた
しかし 車椅子は床にしっかりと固定するはずなのにベルトやワイヤーは緩く もしくはマニュアル通りでなかった
4 ガードレールに衝突その衝撃で星野ノブヨさんは自身を守るはずのシートベルトで胸を圧迫して亡くなった



事故現場
https://goo.gl/HZ3Ihj

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/10/31

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(4) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.09.12 (Mon)

酒気帯び運転*国立大学病院の看護師

ビジョン
将来のある時点でどのような発展を遂げていたか
成長していたいかなどの構想や未来像

患者に優しい (と謳う
新潟大学医歯学総合病院


新潟中央署は8日、新潟市中央区白山浦2、新潟大学医歯学総合病院:看護師、押木理江容疑者(42)を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後8時25分ごろ、同区関屋の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。同署によると、押木容疑者は同所の交差点を右折する際、横断していた同区の小学3年生の男児(9)の自転車と衝突。呼気検査で、基準値を超す呼気1リットル当たり0・5ミリグラムのアルコールが検出された。男児は頭部に打撲の軽傷を負った。

押木容疑者は8日は休みだったといい、同病院は「大変遺憾で心からおわびしたい」とコメントを出した。


ホンマに日本語って 可笑しいよな
こういう場面で遺憾って言葉を使う ってな
オマエさん政治家かよ

患者に優しい高度医療の実現とともに
地域医療のリーダーとなる人材の育成
新たな医療技術の開発で一層の充実を目指す
新潟大学医歯学総合病院

平成28年~33年度の中期ビジョンは
地域医療のリーダーとなる人材の育成
新潟大学医歯学総合病院
  

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/09/12

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2016.08.04 (Thu)

送迎死亡事故*見通しの良い片側1車線の直線道路

赤の他人 とは言えない
施設利用者

縁もゆかりもない とは言えないだろ
己が勤務している施設
利用してくださっているのだから
お客様

4人も乗せて送迎してたんか
家族を乗せてドライブじゃないだろ
安全 安心
って言葉を知らんか?

前をよく見ていなかった
よそ見運転かよ

オマエさん
自動車免許返納しなさい

7月30日午後5時20分ごろ、柏崎市新道の国道353号で、同市曽地、介護士、中村敬子さん(55)運転の5人乗り乗用車が道路左側の橋の欄干に衝突。後部座席に乗っていた同市木沢、無職、力石美栄子さん(88)が首などを強く打って3日午前に呼吸困難で死亡し、同じく後部座席に乗っていた80代男性も胸骨骨折の重傷を負った。中村さんとほか2人の同乗者にけがはなかった。

柏崎署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路。中村さんは市内の介護施設から利用者4人を自宅に送る途中だった。同署は中村さんが前をよく見ていなかったとして、自動車運転処罰法(過失致死傷)違反の疑いもあるとみて調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/08/04

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT