FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.06.28 (Sun)

特養で入浴死亡事故



東京・東大和市の老人ホームで、認知症の高齢者が入浴中に溺れて死亡する事故があり、男性介護福祉士が、警視庁に書類送検された。

男性介護福祉士は2019年6月、東大和市内の特別養護老人ホームで、認知症の高齢者を入浴させていた際に目を離し、高齢者を溺れさせ、その後、死亡させた業務上過失致死の疑いが持たれている。

介護福祉士は、高齢者の顔の一部が水につかっていることに気づき、すぐに浴槽から引き上げたということだが、高齢者は、搬送先の病院で死亡した。

老人ホームは、「家族には大変つらい思いをさせてしまい申し訳ない。再発防止に取り組む」とコメントしている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/28

Blog Top  | 入浴事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.19 (Fri)

園児の声がうるさい ⇒ 騒音は我慢の範囲内 練馬区のニンビズム

園児の声がうるさい 住民訴訟 騒音認めるも訴え退ける

東京 練馬区にある保育園の近隣の住民が園児の声がうるさいとして騒音を止めるよう求めた訴えについて、東京地方裁判所は、騒音レベルが環境基準を超える傾向にあったと認めたものの、保育園側が園庭遊びを減らすなど音を抑える取り組みをしているとして、住民の訴えを退けた。

東京 練馬区に10年余り前にできた保育園の近隣の住民は、園児の声がうるさいとして、運営する会社に対し、騒音を止めることや賠償を求める訴えを起こした。

18日の判決で、東京地方裁判所の伊藤正晴裁判長は、住民が測定した騒音のデータや裁判所の鑑定を元に、「日中の騒音レベルは環境基準を上回る傾向にあった。保育園の開設から2年程度は環境基準を大きく上回る騒音レベルがあった」と指摘した。

一方で、「保育園は住民からの苦情も踏まえて園庭の使用を減らすなど、保育園から出る音が抑えられるように試行錯誤を重ねたと評価できる。こうした事情も考慮すると、騒音が我慢できる限度を超えているとは認められない」として、住民の訴えを退けた。




保育所の騒音、住民の請求棄却 東京地裁判決

東京都練馬区の保育所の近隣住民が騒音被害を受けたとして、運営する「日本保育サービス」(名古屋市)などに騒音の差し止めと慰謝料計828万円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、請求を棄却した。

判決理由で伊藤正晴裁判長は「(2007年4月の)開設から2年程度の保育所の対応には問題があった」とする一方、「その後は騒音レベルが抑制されるよう試行錯誤を重ねたと評価できる」と指摘。
「受忍すべき限度を超えているとは認められない」と判断した。住民側は、子供らが庭遊びをする音などで平穏な生活を送る権利を侵害されたと訴えていた。


住民説明会の開催が建設工事開始前日になるなど、騒音問題に対する運営会社の当初の対応には真剣さを疑わせる部分があった

東京都練馬区の保育園の隣に住む住民が、園児らの声が騒がしいとして、園の運営会社などに騒音の差し止めと慰謝料を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。伊藤正晴裁判長は「騒音レベルが抑制されている」などとして、住民の請求を棄却した。

伊藤裁判長は、開設後しばらくは、園側の騒音対応に「真剣さを疑わせるところもあった」とする一方、後に原告を含む近隣住民の苦情を踏まえて「騒音レベルが抑制されるよう試行錯誤を重ねたと評価し得る」と指摘。これら経緯も踏まえ「現状が継続するなら、園の騒音が受忍限度を超えるものではない」と判断した。

判決によると、園の開設は平成18年に計画。近隣住民は騒音が生じるとして園庭の場所を変えるよう求めたが、園側は変更せず防音壁を設置して19年に開設した。開設後も住民から騒音の苦情があったが改善せず、原告らが都公害審査会に調停を申請。調停は不調に終わったが、園側は園庭の使用頻度を制限するなどし、27年以降の園庭の使用は月に15日以下、1日に30分以下に減ったという。




保育所増設思わぬ逆風  近隣「子供の声うるさい」 防音壁設置や開設延期 2014年10月24日

待機児童の解消に向けて各地で保育所の増設が進むなか、「子供の声がうるさい」などと近隣住民から苦情が寄せられるケースが出ている。「平穏な生活を害された」と訴訟に発展した地域もあり、施設側は防音壁を設けたり、開設を延期したりと対応に苦慮。専門家は「子供の環境を第一に考え、互いに歩み寄る姿勢が必要」と話している。

「静かに外に出ましょうね」。東京都練馬区の保育所「アスク関町北保育園」で、保育士が口に人さし指を当てて扉を開けると、約20人の4~5歳児が次々と園庭に飛び出す。虫捕りやドングリ拾いを始めて15分後、近隣住民の苦情を受けた区役所から電話がかかってきた。「子供の声が大きいから注意して」

同園は、日本保育サービス(名古屋市)が2007年4月に住宅街の空き地だった場所に開設。「騒音」を懸念する住民の意見が区役所や同社に寄せられていたことから、園庭の周囲には高さ3メートルの防音壁を設置した。園庭で遊ぶ時間は1日最大45分に制限し、1クラス(約20人)が交代で使っている。
それでも苦情はやまず、12年には一部の住民が「騒音に悩まされ、平穏な日常生活を害された」として騒音の差し止めと損害賠償を求めて東京地裁に提訴。今も係争中だ。

都が今年3~9月に初めて行ったアンケート調査では、全62市区町村の7割が、保育所などで遊ぶ子供の声に関する苦情を住民から受けたことがあった。保育所の建設が中止や延期となった自治体も2つあった。
今年4月時点の待機児童数が都内で最多の1109人だった世田谷区。「保育所の増設計画を発表する度に『静かな環境で暮らしていたのに』といった苦情がくる」と区の担当者は明かす。
都内の別の区では住民の反対運動を受け、保育所の開設時期を1年延ばした。建設予定地の周辺では、「保育所反対」などの垂れ幕を掲げる住宅がいくつも見られる。
このうちの一つに住む50代女性は「保育所を増やす必要はあると思うが、自分の家の近くには建てないでほしい。子供の騒ぎ声で毎朝起こされるのは嫌だ」と話す。

保育所の建設予定地から徒歩で5分ほどの距離で暮らす女性(79)も「送迎の自転車や車による路上駐車で、道幅が狭くなって危ないのでは」と懸念の声を漏らす。
この区の担当者は「待機児童が増え、従来は保育所がなかったような地域にも新設せざるを得なくなっている。近隣で暮らす一人ひとりに理解を求めていくしかない」と苦しい胸の内を明かす。

関西大人間健康学部の山県文治教授(子ども家庭福祉論)は「少子高齢化で、身近で子供に触れる機会が減っているほか、地域のコミュニティーの希薄化も摩擦の一因」と指摘。「外で遊ぶ時間を制限するなどの対策は子供にとって本来望ましくない。住民も保育所側も互いの意見に耳を傾け、歩み寄る必要がある」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/19

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.25 (Sat)

弱い立場にある者ばかりを狙った卑劣で悪質な犯行

ムショから出た後が怖いわ


知的障害の少女ら11人にわいせつ行為 被告に懲役17年

知的障害がある少女ら11人にわいせつ行為を繰り返したとして、準強制わいせつ罪などに問われた東京都江戸川区、無職大木勇作被告(32)に対し、千葉地裁は24日、懲役17年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。向井香津子裁判長は「弱い立場にある者ばかりを狙った卑劣で悪質な犯行」と述べた。

判決によると、大木被告は2014年から18年にかけて、東京都内や千葉県内で当時6~18歳の少女ら11人に対し、下半身を触るわいせつ行為をするなどした。

公判で弁護側は、大木被告が少女らに障害があると知らず、「同意があった」などと主張したが、向井裁判長は「少女らは行為の意味を理解できなかった」と指摘。大木被告が事前にインターネットで「知的障害 特徴」と検索していたことなどを踏まえ、「知的障害者に狙いを定めて計画を練り上げていった」と非難した。

知的障害があり、抵抗することが困難な女児ら11人にわいせつな行為をしたとして、準強姦や強制わいせつなどの罪に問われた東京都江戸川区の無職、大木勇作被告(32)に、千葉地裁は24日、「弱い立場にあるものばかり狙い、卑劣かつ悪質だ」として、懲役17年の判決(求刑懲役25年)を言い渡した。

公判では大木被告の自閉症スペクトラム障害が犯行に影響した程度が争点だった。弁護側は「同意があったと誤信した」として一部の罪について無罪を主張したが、向井香津子裁判長は「大学を卒業し、客観的状況を理解する知的能力があり、同意がないことは認識していた」と退けた。

支援学級や知的障害者の特徴を調べ上げ、被害者に声を掛けた。計画性の高さが悪質さを際立たせていると非難する一方、「姦淫行為の既遂は1件にとどまる」などとして、検察側の求刑は重すぎるとした。

判決によると、2014年6月~18年6月、都内や千葉県の駐車場などで、下校中だった知的障害のある女児や13歳未満の女児の体を触るなどわいせつな行為をしたり、住宅に侵入して服を脱がせたりした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/25

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.04.10 (Fri)

有料老人ホーム:サニーライフ板橋の元職員は不起訴処分に

なんのこっちゃ

入居者に暴行の疑いで逮捕の老人ホーム職員 不起訴処分に

老人ホームで入居者の女性に暴行し、骨折させた疑いで逮捕された男性が、不起訴処分になった。
男性(当時27)は、有料老人ホームの職員だった2019年10月、勤務中に入居者の70代の女性に対し、複数回いすに押し倒すなどして、腰の骨を折る重傷を負わせた疑いで逮捕されていた。

東京地検は、男性を不起訴処分にしたが、理由を明らかにしていない。


高齢者に暴行 老人ホーム元職員を傷害容疑で逮捕 2020年1月8日
東京 板橋区の有料老人ホームで元職員が入所していた高齢者に暴行し、腰の骨を折る大けがをさせたとして逮捕された。逮捕されたのは東京 板橋区の有料老人ホーム、「サニーライフ板橋」の元職員、斉藤学容疑者(27)
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4846.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/04/10

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.23 (Mon)

ありがとう*またひとり偉人が

21日午前6時55分
悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した 93歳だった

宮城まり子
本名 本目真理子さん


一本の蝋燭から
何千もの蝋燭に火が



女優の宮城まり子さん死去 93歳

日本で初めての肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を運営してきた女優、宮城まり子(本名・本目真理子=ほんめ・まりこ)さんが21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳。27日に同学園の子供たちと教職員のみで学園葬を営む。自宅は世田谷区上野毛3の22の5。

東京都出身。1955年に「ガード下の靴みがき」で歌手デビューした。その後、ミュージカル女優などとしても活躍し、テレビドラマ「てんてん娘」や映画「オンボロ人生」で地位を築いた。

脳性まひの子の役を演じたことなどから障害児教育への関心を高め、68年に私財を投じて「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現御前崎市)に開いた。74年、障害のある子供たちとの日々を描いた記録映画「ねむの木の詩」を製作・監督して反響を呼んだ。

1997年、施設を同県掛川市に移すとともに「ねむの木村」を開設。美術館などを併設して独自の障害児教育に取り組むとともに、全国各地で絵画展やコンサートを開いて障害者への理解を訴えてきた。

1994年7月に死去した作家の吉行淳之介さんとは、伴侶として約40年間を過ごし、99年には園内に吉行淳之介文学館も開設した。
2012年に瑞宝小綬章を受章。上皇ご夫妻とも交流があり、18年11月にはご夫妻が私的旅行として、ねむの木学園を訪ねられるなどした。

学園を巡っては、2011年2月、関連団体の元職員らが宮城さんから運営資金約1500万円をだまし取ったとして警視庁に詐欺容疑で逮捕される事件も起きた。

ねむの木学園元職員1500万円詐取容疑 数億円被害
障害を持つ子供たちの養護施設などを営むねむの木学園(静岡県掛川市)の園長で女優の宮城まり子さんの銀行口座から、現金約1500万円を不正に引き出したとして、警視庁は17日、東京都港区、自称プロデューサー広沢憲行(57)と同学園元職員近藤由美子(56)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-990.html

ねむの木学園設立 宮城まり子さんが死去

肢体不自由児のための養護施設「ねむの木学園」を設立し、長年にわたり園長を務めた俳優の宮城まり子(本名本目真理子)さんが21日、死去した。93歳だった。

1927年、東京・蒲田生まれ。22歳で歌手デビューし、55年の「ガード下の靴みがき」が大ヒット。NHK紅白歌合戦に出場し、俳優としても舞台やテレビで活躍した。

ミュージカルの役作りで、脳性まひの子どもがいる施設を訪問したことをきっかけに、68年に私財を投じ肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現・御前崎市)に開いた。絵画や音楽、工芸などを教育に採り入れ、国内外で子どもたちの作品展を開催。障害のある子どもたちが生まれ持つ豊かな感性を世に伝えた。

また養護学校など福祉施設も設立したほか、園児たちとの記録映画「ねむの木の詩」などを次々と発表し、大きな社会的反響を呼んだ。
97年に静岡県掛川市に施設を移して「ねむの木村」を開設。障害児の職業実習のための喫茶店や雑貨屋などをつくり、障害者の福祉に尽くした。


障害のある子にも教育を 支援の先駆け 宮城まり子さん


天皇、皇后両陛下(当時)がねむの木学園を訪れ、出迎える宮城まり子さん=2018年11月、静岡県掛川市

上皇ご夫妻と40年以上にわたる交流もあった。76年12月には当時のお住まいの東宮御所に招かれ、子どもらの絵を披露。その後も美智子さまに美術展に足を運んでもらうなど、交流が続いた。

日本の肢体不自由児養護施設の先駆けとなった「ねむの木学園」を創設した宮城まり子さんが亡くなった。93歳だった。歌手や俳優として活躍した後、障害がある子どもたちの福祉のために生涯をかけた。


1927年に東京で生まれ、小学3年から大阪に。母親とは早くに死別した。
20代で歌手としてデビュー。社会福祉への関心を高めたのは、55年に「ガード下の靴みがき」が大ヒットした直後だった。

57年、「婦人公論」の取材で知的障害がある子どもを知った。59年、米国の俳優シャーリー・マクレーンさんの紹介で渡米、身体障害者に対する米国社会の積極的な理解に触れた。

その後ミュージカルで脳性まひの女の子の役を演じることになり、役作りのために障害児の施設を訪れた。その際、当時は多くの重度障害児が「就学猶予」として義務教育の機会を与えられず、学校に通えないことを知った。

2018年の朝日新聞のインタビューに、当時の思いをこう振り返っていた。その思いを実現させたのが、1968年に完成したねむの木学園だった。
「障害がある子もない子も教育を受け、愛されて当然。誰もつくってくれないから、自分でつくろうと決心しました」


わたしも昔 施設を訪問したことがあった



私財を投じて立ち上げた学園は、肢体不自由児のための養護施設の先駆けとなった。養護施設として開園し、学ぶ場を確保するため、施設内に公立学校の「分校」も設けた。
すべての子どもたちに可能性がある」が信念だった。学園では、絵画や音楽、工芸などを積極的に教育に採り入れた。国内外で作品展「ねむの木のこどもたちとまり子美術展」の開催を重ねるなど、子どもの個性を伸ばす活動に取り組み続けた。

子どもたちの障害福祉に大きな功績を残した宮城さんの訃報に、関係者にも悲しみが広がった。
日本障害者協議会代表の藤井克徳さん(70)は「肢体不自由児に関する制度が未整備だった時代に、教育、生活の場をつくったのは先駆的だった。大規模な絵の展覧会なども通して、障害者問題を社会化したという点で、重要な役割を担った。1、2年前だったと思うがテレビで拝見し、お元気だと思っていただけに残念」と悼んだ。

宮城さんが会長を務める日本肢体不自由児療護施設連絡協議会の事務局長で、精陽学園(神奈川県平塚市)園長の市川進治さん(57)は、「芸能界での活動・肩書をなげうって、全ての精力を障害児の支援に捧げた人生だった。日本の福祉の草分けの一人で存在感は大きかった」と惜しんだ。「施設には、虐待を受けるなど家庭に恵まれない子どもも多い。そうした子の『お母さん』として、お年を召してからも、一人でも熱を出せば心配し、通院に付き添っておられた。そうした姿勢は晩年までまったく変わらなかった。まり子先生の志を継いでいけるよう協議会活動を続けたい」と話した。



知的障害児・者の療育に力を注いだ
糸賀一雄
この子らを世の光に

すべてのこどもたちにも可能性がある
障害をもった子供たちに教育の場を
宮城まり子

ありがとう

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/23

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.17 (Tue)

未だに相変わらず幼稚で卑しい犯罪 ⇒ 介護事業所の63歳男



恥ずかしい輩だ



高齢女性のカードで勝手に現金 介護サービス会社職員の男逮捕

介護サービス会社の職員の男が、利用者で1人暮らしの90代の女性のキャッシュカードを勝手に使い、現金を引き出したとして警視庁に逮捕された。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、東京・墨田区の介護サービス会社の職員・渡辺一二容疑者(63)で、おととし、介護サービスの利用者で1人暮らしの90代の女性のキャッシュカードを勝手に使い、現金5万円を引き出した疑いが持たれている。

警視庁によると、渡辺容疑者は繰り返し女性の自宅を訪れてカードを持ち出したとみられ、不審な出金履歴に気づいた女性の家族が通報したという。

「(渡辺容疑者は)通帳だとかカードだとかがどこにあるのかということを、何かのついでに聞くということができる立場にありますので、相当罪は重いと思います」(なのはな福祉サービス 佐藤悟社長)

取り調べに対し渡辺容疑者は「借金のためやった」と容疑を認めているという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/17

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.27 (Thu)

高齢者施設の運転手が新型コロナウイルス感染

介護老人保健施設 サルビア
東京都日野市万願寺1-18-1



介護老人施設の運転手が陽性 新型コロナウイルスに感染

東京・日野市で22日に介護老人保健施設で利用者を送迎する運転手の男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かった。「高齢者は重症化しやすい」ともいわれているが、この施設の利用者はどうなっているのか。

日野市で22日、介護老人保健施設で利用者を送迎する運転手をしていた60代の男性職員の感染が確認された。

この介護老人施設のホームページには
「当施設に勤務する通所担当送迎ドライバー(週3回勤務、1週あたりの平均勤務時間12時間)が、新型コロナウイルスに感染したことが判明致しました」。

22日に感染が確認されてから5日目の今、どうなっているのか。東京都に確認したところ、濃厚接触が疑われる約80人に検査を実施。利用者30人と施設職員50人「全員が陰性」で、現在のところ、利用者の感染は「確認されていない」という。

また、感染した60代の運転手の男性は中国への渡航歴はなく、感染経路は不明で、現在は都内の病院に入院中だが、「重症」だという。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/27

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.13 (Mon)

派遣の介護士が ⇒ 病室で脱糞して ⇒ 寝たきりの入院患者に自分の便を塗りつける





寝たきり患者に汚物塗りつけ ヘルパーの32歳男逮捕

寝たきりの入院患者に嫌がらせをした32歳のヘルパーの男が逮捕された。

偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、中村大介容疑者(32)。

中村容疑者は、2019年12月17日と19日、ヘルパーとして勤務していた東京・台東区の病院で、入院中の70代から80代の寝たきりの患者3人に汚物を塗りつけ、病院の業務を妨害した疑いが持たれている。

病院からの相談で事件が発覚し、中村容疑者は「自分がやったことに間違いありません」などと供述していて、警視庁は、余罪を追及する方針。




派遣のヘルパーが ・・・

東京・台東区の病院で、寝たきりで入院中の患者に汚物を塗りつけ業務を妨害した疑いで、32歳のヘルパーの男が逮捕された。

偽計業務妨害の疑いで逮捕されたのは、台東区内の病院で介護ヘルパーとして勤務する中村大介容疑者。

警視庁によると中村容疑者は先月、勤務先の病院に入院中の寝たきりの70代と80代の男女3人の着衣に便のようなものを塗りつけ、警備を強化させるなど病院の業務を妨害した疑いがもたれている。

調べに対し、中村容疑者は容疑を認めた上で「仕事が大変でストレスがたまり、鬱憤を晴らすためにやった」「病室で脱糞し、自分の便を塗りつけた」などと話しているという。

中村容疑者は、3年前からこの病院に勤務し、主に患者の入浴を担当していたという。




日本国の介護福祉は
世も末だな

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/13

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.08 (Wed)

板橋区の有料老人ホームで傷害逮捕*本人は自主退職

株式会社川島コーポレーション
介護付有料老人ホーム サニーライフ板橋
東京都板橋区西台3-31-12


高齢者に暴行 老人ホーム元職員を傷害容疑で逮捕

東京 板橋区の有料老人ホームで元職員が入所していた高齢者に暴行し、腰の骨を折る大けがをさせたとして逮捕された。逮捕されたのは東京 板橋区の有料老人ホーム、「サニーライフ板橋」の元職員、斉藤学容疑者(27)。

警視庁によると去年10月、入所者の70代の女性がいすから立ち上がろうとした際、複数回にわたっていすに押し倒し腰の骨を折る大けがをさせたとして傷害の疑いが持たれている。

女性から「足をかけて押し倒された」という被害の訴えを受けて、施設側が防犯カメラを確認したところ、その際の様子が写っていたという。
調べに対して「力ずくで押し倒したことに間違いないが、足はかけていない」と容疑を一部否認している。

施設の運営会社によると、斉藤容疑者は当時、ヘルパーとして勤務していたが、その後、自主的に退職した。
運営会社は「引き続き警察の捜査に協力していきます」と話している。


介護施設元職員を逮捕

高齢者介護施設の入居者に暴行を加えてけがをさせたとして、警視庁志村署は8日、施設の元職員で東京都板橋区成増、無職、斉藤学容疑者(27)を傷害容疑で逮捕したと発表した。

逮捕容疑は2019年10月7日午後7時半ごろ、板橋区西台3の介護付き有料老人ホーム「サニーライフ板橋」で、入居者の70代女性に対し、複数回にわたって椅子に押し倒すなどの暴行を加えて腰の骨を折るなど全治3カ月のけがをさせたとしている。「注意を聞かずに椅子から立ち上がろうとしたので押し倒した」と容疑を認めている。

同署によると、直後から女性が腰の痛みを訴え、家族が病院に連れて行って骨折が発覚。家族が同月27日に110番した。施設の防犯カメラには、斉藤容疑者が談話コーナーで椅子から立ち上がろうとする女性を押し倒す様子が映っていた。

同施設の運営会社によると、斉藤容疑者は16年9月から19年10月31日まで同社で勤務し、施設では入居者の生活援助などを担当していた。同社の担当者は「捜査活動に全面的に協力する。再発防止を徹底する」とコメントした。




介護施設で入居者男性殺害の疑い 元介護士の男逮捕 2019年5月22日
東京・品川区北品川の有料老人ホーム「サニーライフ北品川」の1室で、入居者の黒澤喜八郎さん(当時82歳)が意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡。
腹部には強い衝撃を受けた際にできる皮下出血があり、警視庁が複数の医師などに鑑定を依頼したところ、自分で転んだだけでは加わらない強い力がかけられていた疑いがあるという。
警視庁は、当時、宿直勤務をしていた元職員の
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4476.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/13

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.28 (Sat)

元副施設長だとさ

施設の個人情報を流用 元幹部、政治活動に

小金井市は26日、同市の事業委託先である介護老人保健施設の元幹部が、委託事業で収集した利用者の氏名や住所など1117人分の個人情報を自らの政治活動に流用していたことが判明したと発表した。同市は警察にも相談したが、同日までに市民から被害の連絡などはないという。市は「個人情報の取り扱いを徹底し再発防止に努める」としている。


小金井市が事業委託先の一般財団法人天誠会が運営する介護老人保健施設 小金井あんず苑の男性元副施設長(62)が、同施設などの利用者の個人情報少なくとも約1100件を不正利用していた。

小金井市民の皆さまへ

ご報告とお詫び
令和元年12月27日
一般財団法人天誠会
理事長 天野英介


 平素より当法人の運営にご高配を賜り誠にありがとうございます。

 令和元年12月26日付けで報道機関各社へご報告した通り、当法人が運営する老健小金井あんず苑の元副施設長(以下、元職員)が、在職期間中に知り得た個人情報を無許可で持ち出し私的に利用するという事件が発生しました。当法人の管理体制に不十分な点があったことを痛感し、衷心よりお詫び申し上げます。

 当該デ-タについては元職員が、当法人を退職した後の平成29年に小金井市議会議員選挙へ立候補した際の選挙活動に利用したということが判明しております。一方で、当該デ-タをそれ以外の目的に利用した事実はありません。また、二次被害を防止するため当該デ-タについては消去済です。

 本件への対応と再発防止のため、小金井市や小金井警察署をはじめとする行政機関にご報告をしておりますが、最終的には昨日付けで国の個人情報保護委員会へ報告致しました。今後は、個人情報保護委員会のご指導を賜りながら原因究明や再発防止策の実施など適切な対応を進めて参ります。

 なお、持ちだされた名簿に記載された市民の皆さまには個別にお詫びのお手紙をお送りします。現在、発送準備をしておりますので、今しばらくお待ちください。

 本件につきましての問合せ等がありましたら、下記までご連絡ください。

小金井あんず苑事務長 相原
事業本部総務部長 喜多村


24位の当選者は831票
コヤツは 落選


https://twitter.com/17iQIcIduEqQK4y


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/11

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.20 (Fri)

訪問看護師 ⇒ 保釈中に盗んだ金は実は被害者の示談金に充てていた

2016年11月16日

入所者のキャッシュカードで現金引き出す=窃盗容疑で看護師逮捕
東京都葛飾区奥戸の看護師 大内美代子54歳

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3085.html



2019年7月31日

元看護師が 訪問先の女性のカードで現金引き出し
認知症女性のカードで現金引き出し逮捕
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4556.html

保釈中に金盗み、示談金に充てる 元看護師に懲役3年

保釈中に訪問看護で訪れた高齢者宅から勝手に持ち出したキャッシュカードを使い、現金を引き出したとして、窃盗罪に問われた東京都葛飾区の元看護師の女(57)に対し、東京地裁は19日、懲役3年(求刑・懲役4年)とする判決を言い渡した。

女は元々、別の窃盗事件で公判中に保釈され、保釈中に盗んだ金を被害者への示談金に充てていた。石田寿一裁判官は「示談金の原資ほしさの犯行で動機に酌む余地はない」と指摘。「保釈された身でありながら犯行に及んでおり、悪質だ」と述べた。

判決によると、女は2017年7月~18年4月、訪問看護先の高齢者宅で不正に入手したキャッシュカードを使い、コンビニのATM(現金自動預け払い機)などから15回、計640万円を引き出した。

別の窃盗事件で女は、老人ホーム入所者のキャッシュカードを使って、現金を引き出したとして窃盗罪に問われ、17年7月に東京地裁で懲役3年6月の実刑判決を受けた。その控訴審となった東京高裁は18年2月の判決で、保釈後に女が入所者に被害弁済し、示談が成立したことを評価。刑を懲役2年6月に軽減し、その後、確定していた。


この女 そもそも盗んだ金はハンパじゃねぇし
フザケた女や

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/20

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.19 (Thu)

住まいる八王子ケアステーション+住まいる八王子ケアショップ+住まいる八王子ケアサービス指定取消し

介護保険で不正 八王子市の3事業所、指定を取り消し 12月9日

八王子市は9日、介護サービス関連会社「住まいる介護」(新宿区)が運営する訪問介護事業所「住まいる八王子ケアステーション」(同市川口町)など3事業所を、介護保険法に基づく事業所の指定を取り消すと発表した。


株式会社住まいる介護
代表取締役 白倉正行



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/19

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.17 (Tue)

わいせつ行為で ⇒ 調布市の理学療法士を逮捕

わいせつ行為で理学療法士を逮捕

東京・調布市で、深夜に帰宅していた女性に自転車で近づき、いきなり抱きついてわいせつな行為をしたとして理学療法士の男が逮捕された。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは調布市の理学療法士、宮本健司容疑者(33)。
宮本容疑者は今年10月6日の深夜、調布市調布ヶ丘の路上で帰宅途中の20代の女性の後ろから抱きつき、胸を触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれている。

警視庁によると、宮本容疑者は自転車で現場周辺をうろつき、歩いていた女性にいきなり襲いかかったということで、取り調べに対し「仕事のストレスがありムラムラしてやった」と容疑を認めている。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/17

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.18 (Mon)

37歳で看護人生を ・・・ 終えたくないやろ

37歳か
オマエさん独身ですか?



酔った女性に性的暴行か、看護師の男を逮捕

酒に酔った女性を介抱するふりをして自宅に連れ込み、性的暴行を加えたとして、看護師の男が警視庁に逮捕された。

準強制性交の疑いで逮捕されたのは、東京・豊島区の看護師・潤里志容疑者(37)で、今年7月、酒に酔った20代の会社員の女性を自宅に連れ込み、性的暴行を加えた疑いが持たれている。

警視庁によると、潤容疑者は自宅から300メートルあまり離れた路上でしゃがみ込んでいる女性を見つけ、水を渡すなど介抱するふりをして近づいたという。

取り調べに対し、「合意があった」と容疑を否認しています。


どうすんの
これからの人生を

女性は当時、意識がなく、気がついて、すぐに逃げ出したという。

警視庁の調べに対し、潤容疑者は、「女性は酔っ払っていたが、行為については了承していた。かわいかったので、声をかけるために水を買って渡した」などと供述している。




うるう
珍しい名前や


不起訴

»酔った女性に性的暴行疑いの男性看護師を不起訴 東京地検

酒に酔った女性を介抱するふりをして自宅に連れ込み、性的暴行を加えたとして逮捕された男性について、東京地検は不起訴処分にした。

この事件は今年7月、東京・豊島区で酒に酔った女性を自宅に連れ込み、性的暴行を加えた疑いで30代の男性看護師が警視庁に逮捕された。

東京地検は今月19日付で、この男性を不起訴処分にした。東京地検は処分の理由を明らかにしていない。
男性は逮捕当時の取り調べに、「合意があった」と容疑を否認していた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/26

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.13 (Wed)

足立区の認可保育園でパワハラと虐待

こういう問題は
人手不足だから ストレスとか
で済ましたらアカンよ


なんかアレだな
保育園や幼稚園で
こんな事件が頻発されてきたけど
10年前では考えられなかった
アレかな
幼稚園教諭 保育士の数を確保するために
簡単に国家資格を与えてきたのが原因か


保育園で園児閉じ込め 東京・足立区が改善指導

東京都足立区の認可保育園で、ともに女性の園長と主任保育士が園児をトイレに閉じ込めるなどしていたことが12日、区や園の運営会社への取材で分かった。区は「虐待ととらえられかねない不適切な保育」として改善を指導した。

区や園の運営会社「明日香」(横浜市)によると、園長らは昨年から、園児をトイレに1人で閉じ込めたり、午睡時に早く目覚めた子をそのまま横になるよう強制したりしていた。体罰はなかったとしている。

今年10月上旬に園の保育士から通報を受けた区が調査し、今月1日に文書で改善を指導した。園長らは通報直後から出勤停止となり、10月末に退職した。

運営会社は今月9日に保護者説明会を開いて謝罪した。担当者は「職員の人間関係の問題もあった。改善に全力を尽くしたい」と話している。園は0~2歳児向けの施設として昨年4月に開園し、定員は15人。


ほんまに
なんでこうもレベルの低い幼稚園教諭 保育士が増えてきたんだろ
10年前の障害者施設で頻繁におきたレベルの低い虐待
これと一緒や

足立区内にある認可保育園で、園長や主任が、子どもをトイレに閉じ込めるなどの行為を繰り返していたことがわかった。区は、こうした行為が子どもの心身に有害な影響を与える行為で、「虐待ととらえられても仕方がない」として、改善を指導した。

園を運営する株式会社明日香(本社・横浜市)や区への取材によると、園では昨年から園長と主任が大人用のトイレに子どもを1人で10分以上閉じ込める
▽暗いトイレの中で子どもと話をする
▽寝付けない子や早く目覚めた子に昼寝を強要する
▽ご飯を無理に食べさせる、といった行為があったという。
10月4日、保育士から区に通報があり、区が職員らから聞き取り調査を開始。7日から保育士を派遣して指導や支援をし、11月1日に改善を指導した。

同社によると、園長と主任は10月7日から出勤停止となり、10月末に退職した。保育の専門家らによる第三者委員会を立ち上げ、改善に向けた取り組みを進めているという。

この園については、保育士がパワハラと虐待があったと訴え、介護・保育ユニオンが10月4日、同社に団体交渉を申し入れた。区は職場環境についても、「一部の従業員の人間関係が悪化するなど従業員同士のコミュニケーションが不足」「不適切な保育について従業員から本社に訴えがあったにもかかわらず、改善に向けた組織的な対応がなされておらず、本社の関わり、指導も十分ではなかった」と改善を求めている。

同社の担当者は、「人間関係が良好でないなどの問題があった。園は継続しているので、態勢を立て直し、保護者からの信頼回復に全力を尽くしたい」と話した。


世の中
いろんな業種 仕事があるけれど
人手不足だから ストレスが溜まってたから
弱い立場の人に
こんなことせえへんやろ

 

この園長と主任保育士は共に50代の女性らしい
この人たちも学生時代にはココロザシをもって勉学に励んでいたんだろ
子どもの保育 という志をもって

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/13

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.09 (Sat)

物言う花

今回の事件は
都立病院の医師が不祥事をおこした
過去 都の職員が窃盗とかワイセツとか盗撮などで捕まっても実名で公表したか?
懲戒免職処分 って ・・・
停職処分ぐらいだったろ

こりゃ被害女性と 何か ・・・

いやイヤ
物言う知事の小池百合子の影響があるだろな

物言う花 ⇒ 小池百合子?
若く華やいだ娘じゃないけれど 美人だと思うわ




墨東病院医師3人 懲戒免職

飲み会の場で女性に対して、無理やりわいせつな行為をしたなどとして、東京都は、都立墨東病院の医師3人を懲戒免職処分にした。

懲戒免職になったのは、墨田区にある都立墨東病院の神経科に勤めていた医師の長嶺翔平被告と、同僚の森慎太郎医師、伊藤弥医師の3人。

東京都によると今年7月、3人は知り合いの女性3人と自宅で飲み会をした際に、無理やり胸や下半身を触るなどの、わいせつな行為をしたとして、懲戒免職にしたという。

3人は都の調査に、「飲み過ぎて正確な判断ができなかった」「被害者を傷つけてしまい、謝罪のしようがありません」などと話しているという。

東京都は8日付で、3人を懲戒免職処分にし、実名を公表した。
長嶺被告は、8月に警視庁に準強制性交未遂の容疑で逮捕され、その後に起訴されて、現在は公判中。他の2人は、書類送検されたが、その後に不起訴処分になったという。


長嶺翔平31歳(非常勤) ⇒ 起訴 公判中
森 慎太郎38歳(常勤) ⇒ 書類送検⇒ 不起訴処分
伊藤 弥30歳(非常勤) ⇒ 書類送検⇒ 不起訴処分

東京都は8日、飲み会後の2次会で女性3人にそれぞれわいせつな行為をしたとして、都立墨東病院の神経科所属の医師3人を懲戒免職処分とした。うち1人は準強制性交未遂の罪で逮捕、起訴され東京地裁で公判中。

起訴されたのは非常勤の臨床医を務めていた長嶺翔平被告(31)。東京地裁での公判では認否を留保したという。常勤医の森慎太郎医師(38)と非常勤の伊藤弥医師(30)はいずれも書類送検後に不起訴となった。

都によると、3人は今年7月、うち1人の自宅で被害女性らとともに飲み会の2次会をしていた際、それぞれ女性1人ずつに対し、馬乗りになって自分の下着を下ろしたり、胸を触ったりするわいせつな行為をした。
女性らにけがはなく、薬物などの使用も確認されていないという。



東京都立墨東病院では

残業代支払い求め提訴 元都立墨東病院勤務の薬剤師 2019年9月3日

サービス残業を強要されたり、有給休暇の取得を妨害されたりしたとして、東京都立墨東病院(墨田区)に勤務していた20代の女性薬剤師が3日、都に残業代や慰謝料など計約708万円の支払いを求めて東京地裁に訴訟を提起した。

訴状や女性の代理人によると、女性は平成29年4月以降、始業時間前の出勤や勤務終了後の勉強会への出席を強制されたが残業代は支払われず、有給休暇を申請した際には上司から「自分勝手」と責められ、撤回させられた。

また、ほかの職員がいる前で「能力がない」などと叱責されるパワーハラスメントも受けたといい、鬱病を発症して今年3月末に退職した。
女性は平成29年4月以降の約990時間分の残業代205万円などを求めている。墨東病院は取材に「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。


都立墨東病院で医療用麻薬紛失 2013年8月31日

都内墨田区の都立墨東病院で、医療用麻薬の紛失があった。
23日の夕方、墨東病院薬剤科の職員が処方せんと施用票をチェックしたところ、同病院病棟で保管していた医療用麻酔の麻酔用鎮痛剤フェンタニル0.5mg/10mlの未使用2本、および使用済2本のアンプルが返却されておらず、所在が不明となっていることが判明したという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/09

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.25 (Fri)

また放課後等デイサービスで*今度は重傷負わせた

株式会社みずならの木
代表 田邉雅絵  田辺雅絵
役員 田辺勇太32歳  田邉勇太

生活塾 みずならの木 南小岩
東京都江戸川区南小岩7-37-18 クレドハイツ102号





小5男児骨折させる、デイサービス役員男逮捕

発達障害などがある児童らが通う放課後等デイサービス事業所で小学5年の男児(10)に暴行し、頭部骨折などの重傷を負わせたとして、警視庁小岩署は21日、傷害の疑いで、東京都江戸川区南小岩の運営会社「みずならの木」役員、田辺勇太容疑者(32)=同区北小岩=を逮捕した。

同署によると、田辺容疑者は職員として日常的に子供と接していた。調べに対し、「腕にかみついてきたのでとっさに投げてしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は5月1日午後1時半ごろ、施設内で男児に自分の上着をかぶせて目隠しした上、足払いをするなどの暴行を加え、後頭部の骨を折る全治約3カ月の重傷を負わせたとしている。

同署によると、田辺容疑者は事件直後、男児の母親に対し「暑くなったので上着を脱いでいたら、男児がつかまり後ろに転んだ」などと虚偽の説明をしていた。男児は帰宅後も頭の痛みを訴え続け、約1週間後に病院で受診した。施設は取材に対し、「弁護士からコメントを控えるように言われている」としている。


親子なのか 夫婦なのか  どっちでもええけど



文字にするのは簡単


小5男児に重傷負わせ逮捕

東京・江戸川区の児童デイサービスで、施設役員の男が、小学5年生の男の子(10)に頭部骨折の重傷を負わせた疑いで逮捕された。

児童デイサービス「みずならの木」取締役の田辺勇太容疑者(32)は2019年5月、江戸川区南小岩の施設の教室で、小学5年生の男の子に自分の上着を頭にかぶせて足を払うなどして倒し、後頭部を骨折するなどの重傷を負わせた疑いが持たれている。

田辺容疑者は、腕にかみついてきたので、とっさにやってしまったと話し、容疑を認めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.20 (Sun)

ニチイホーム鷺ノ宮の元職員:皆川久 ⇒ 懲役16年

有料老人ホーム ニチイホーム鷺ノ宮殺人事件 元職員の男に懲役16年の判決

東京都中野区の老人ホームで平成29年、入所者の男性を浴槽で溺死させたとして殺人罪に問われた元職員、皆川久被告(27)の裁判員裁判の判決公判が11日、東京地裁で開かれた。佐々木一夫裁判長は「介護の責任を放棄し、弱い立場の被害者の命をないがしろにした凶行」として懲役16年(求刑懲役17年)を言い渡した。

皆川被告側は「殺すつもりはなかった」と起訴内容を否認。被害者の失禁を洗うために浴室に連れて行き、目を離した間に溺れたと主張していた。被害者は首の骨の一部が折れていたが「溺れた被害者の首を引っ張り上げたため」としていた。

佐々木裁判長は、失禁は洗い流す必要のない程度だったほか、首を引っ張って救助するのは不自然と指摘。被告の訴えを退け「被害者を浴槽で溺れさせて殺害しようと考えていた」と認定した。

地裁は検察が証拠請求した取り調べの録音・録画媒体について「直感的で主観的な判断に陥る可能性が高い」として映像部分を採用せず、音声だけを調べた。

判決によると、皆川被告は29年8月22日、介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」で、湯を張った浴槽に自力で立ち上がれない藤沢皖(かん)さん=当時(83)=を入れて顔が漬かる状態にし、溺死させた。


取り調べ音声の信用性は認めず

東京都中野区の老人ホームで2017年、入所者の男性を浴槽で溺死させたとして殺人罪に問われた元職員、皆川久被告(27)の裁判員裁判で、東京地裁は11日、懲役16年(求刑・同17年)の判決を言い渡した。取り調べ段階で自白した際の音声について「内容が信用できない」とし、起訴内容の一部を認定しなかった。

弁護側は「殺意はなく、犯罪が成立するとしても業務上過失致死罪にとどまる」と主張したが、判決理由で佐々木一夫裁判長は「被告の行動は通常の介護とは到底認めることはできず、殺害しようと考えた以外には説明できない」と指摘した。

公判では取り調べの際の音声を証拠採用。「浴槽内に抱え上げて入れた」といった供述が法廷で流されたが、判決は「内容が二転三転しているなど、信用性に乏しい」と判断した。
判決後に記者会見した裁判員は「生の声が聞けて判断材料になった」と話した。

判決によると、17年8月22日、介護付き有料老人ホーム「ニチイホーム鷺ノ宮」の浴室で、湯を張った浴槽に自力で立ち上がれない藤沢皖さん(当時83歳)を入れて溺死させた。



布団を何回も汚されたので入所者を殺害 2017年11月14日
株式会社 ニチイケアパレス
介護付き有料老人ホーム ニチイホーム鷺ノ宮
元職員 皆川久25歳
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3758.html

溺死の入所者、肋骨も骨折 老人ホーム職員に殺人容疑  2017年11月15日
皆川久25歳は職員として勤務していた8月22日早朝
ホーム1階浴室で 入所者の藤沢皖さんを浴槽に投げ入れてお湯を張り沈めて殺害した
死因は溺死だったが 首付近の骨や肋骨も折れていた
皆川久25歳は調べに「布団を何回も汚され、いい加減にしろと思ってやった」
ベッドで一度首を絞めた
その後 浴室内も汚したので腹が立って浴槽に投げ入れた」と
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3760.html

殺人罪で元職員起訴=老人ホームで83歳死亡 東京地検 2017年12月4日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3789.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/20

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.06 (Sun)

視覚障害で白杖使用 ⇒ ホームから転落死 ⇒ 規格外の点字ブロックが事故の原因



66歳の女性がホームから転落



駅ホームから転落死 「規格外の点字ブロック」が原因か

東京・葛飾区の京成立石駅で、視覚障害のある66歳の女性がホームから転落し、電車に挟まれて死亡する事故がありました。東京都盲人福祉協会の理事は、規格外の点字ブロックが事故の原因になった可能性があることを指摘している。

10月1日午前10時半ごろ、荒川区に住む66歳の女性が京成立石駅の線路に転落し、直後に入ってきた電車とホームの間に挟まれて死亡した。警視庁によると女性は目が不自由で、事故当日も白いつえを使っていたという。

駅にはホームドアが設けられていない上、改札の奥にある階段を下りるとすぐ乗車スペースがあり、点字ブロックに気付けないと転落する危険性があった。しかし、この点字ブロックにも問題があると現場を視察していた東京都盲人福祉協会の市原寛一常任理事は指摘する。

東京都盲人福祉協会によると、現在の点字ブロックは一般的に突起が25個で間隔が離れているため、靴で踏んだ時に突起を感知しやすくなっている。一方、京成立石駅の古いタイプのブロックは突起が41個で敷き詰まっているので、踏んでも分からないことがあるという。

国は2001年から規格を定めて、公共機関では新型に切り替えるよう呼び掛けているが、その判断は施設管理者に委ねられているため、全て切り替わっていないのが現状。

市原理事は10月半ばまでに、京成電鉄に対して点字ブロックが規格外だった理由を文書で質問する。









突起の数が多い ⇒ 踏んでも分かり難い



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/06

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.02 (Wed)

大崎病院;東京ハートセンター ⇒ 倒産*乱脈経営かよ

心臓病専門病院 大崎病院・東京ハートセンター

有名医師を抱える心臓病の専門病院はなぜ倒産

心臓病専門の「大崎病院 東京ハートセンター」(以下、大崎病院)経営の医療法人社団冠心会は8月27日に民事再生手続き開始決定を受けた。冠心会は1994年3月に創業、同年9月に法人改組。2003年7月に遠藤真弘氏が理事長となり、05年12月に大崎病院を開院した。有名医師が所属するなど知名度は高く、開院から数年、約20億円だった年収入高は18年3月期で約41億100万円と約2倍に拡大した。

経営が不得手な医師は多いが、遠藤理事長は経営には全く関与せず、妻で常務理事の夫人が実権を握っていた。だが、同氏も経営のプロではなく、07年には病院不動産オーナーへ家賃が遅延し、10年頃には同オーナーから2度も法的整理を申し立てられた。この頃すでに夫人の乱脈経営や資金流出が指摘され、破綻への兆しは表れていた。

その後、病院不動産は別会社の手に渡り、同社にも昨年10月より家賃が遅延し訴訟へ発展。そして、今年4月に週刊誌で夫人の資金流用疑惑が報じられ、急速に信用が収縮、実権者不在となり大崎病院は壊滅的な状態へ陥った。

5月には新規患者や新規手術の受け入れが停止となり、最低限の経費も足りない状況が続いた。そうしたなか、以前から利用していた診療報酬債権のファクタリングで、資料によれば、23年7月分までの診療報酬債権を譲渡していたという。ファクタリングなしには存続が不可能な状態になっていたが、一方で手数料の利率が高く資金繰り悪化の一因にもなった。

最終的に、訴訟中のオーナーが不動産を売却した別会社が7月31日に冠心会に対して破産を申し立て、その後、冠心会が再建の意欲を申立債権者に伝えたことで、申立債権者が破産を取り下げ、同債権者が民事再生を申請しなおすという結果になった。開始決定後に理事長と理事が総入れ替えとなった冠心会。今後新たな医療法人主導の下、再建を図る。


過去の赤字や施設への投資負担などから債務超過が続いていた

病院賃借料や仕入先への支払遅延 一部は訴訟トラブルとなっていた

医療法人社団冠心会
住所:東京都品川区北品川5―4―12
理事長:遠藤真弘(民事再生申請時)
年収入高:約41億100万円(18年3月期)
負債:約42億6200万円

2019年4月には一部週刊誌で理事長夫人の法人資金の流用疑惑が報じられるなど信用性低下

4月24日には当時、遠藤真弘氏が理事長を兼務していた(医)一成会が負債17億2403万円を抱え、東京地裁へ民事再生法の適用を申請し影響が懸念されていた。

医師の退職が相次ぐ

8月27日に東京地裁から再生手続きの開始決定を受けた、東京都品川区の医療法人社団冠心会は、1994年創業。2005年に心臓・大血管疾患を専門とする「大崎病院東京ハートセンター」(88床)を開院した。冠動脈・大動脈移植術や大動脈瘤切除術などの手術実績があり、18年の心臓大血管手術数は241例。

帝国データバンクによると、同法人は13年3月期には年収入高約34億800万円を計上していたが、16年3月期に貸付金の処理などに伴う特別損失を計上したことで、約10億4200万円の最終赤字を計上した。

17年3月期末時点の資産総額は約2億6566万円の債務超過となっていた。そうした中で、18年10月以降、家賃の滞納が発生し、同年12月には病院施設の所有権者から建物明渡等請求訴訟を起こされていたほか、19年4月には理事長夫人による法人資金の流用疑惑が一部で報じられ、急速に信用が収縮。当時の理事長が、理事長を兼務していた医療法人一成会が東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
7月には冠心会が債権者から破産を申し立てられていたが取り下げられ、今回の措置となった。


66g_8nnbm10.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/02

Blog Top  | 医療関連 | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT