FC2ブログ
2020年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019.12.16 (Mon)

もう どうでもエエわ*かながわ共同会

今回の
社会福祉法人かながわ共同会が運営する
千木良園舎と芹が谷園舎の指定管理者を公募で選定するという問題

問題ではないけど

もう
どうでもエエわ


入所者とその家族 そして かながわ共同会の職員
versus
神奈川県知事の黒岩祐治


神奈川県の管理者変更方針に利用者が反発 「みんなと一緒にいたい」

神奈川県の黒岩祐治知事は14日、入所者ら45人が殺傷された相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の再生事業を巡り、仮移転先の芹が谷園舎(横浜市港南区)で利用者らとの説明会を開いた。園を運営する指定管理者を変更する県の方針に理解を求めようとしたが、利用者側に容認論はほとんどなく、知事は県議会に続くハードルに直面した。

説明会には利用者約60人、家族約80人、園職員30人の計約170人が参加。予定の30分を超えて1時間近くに及んだ。

黒岩知事は冒頭、2024年度まで社会福祉法人かながわ共同会が指定管理者を務める従来の方針を撤回し、新たに公募することを突然表明した経緯について「ご心配をおかけして申し訳ない」と陳謝した。

そのうえで、かながわ共同会の理事で別の障害者福祉施設「愛名やまゆり園」の園長だった男が10月に逮捕された。それ以降、共同会に関するマイナス情報が県に寄せられている。
来年1月に始まる殺傷事件の裁判でその情報が明らかになる前に対応する必要があることを挙げ、方針転換に理解を求めた。

黒岩知事はさらに、園からほかのグループホームに移った3人の利用者が生き生きとしていたことを紹介し、園の運営を「仕切り直したい」とも述べた。

これに対し、出席者からは異論が相次いだ。ある利用者は「職員や利用者、みんなと一緒にいたい」と要望。家族が入所している男性は「まず知事と家族が直接話す時間を作るべきだ。政策決定してから丁寧な説明をするのは違う」と批判した。別の男性は「利用者や家族は、実際に支援してくれる人がどんな人でなければいけないか身にしみて分かっている。(知事の決断は)残念だ」と述べた。

「職員の献身的な努力に感謝している。これからも共同会の支援を受けたい」という意見に大きな拍手が起こる場面もあった。

黒岩知事は「みなさんが不安に思うことは絶対にないようにする」と引き取ったが、隔たりは大きいままだ。会合後、知事は「今日で終わるとは思っていない。理解いただけるようこれからも説明を果たしたい」と記者団に語った。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/16

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.12 (Thu)

また放課後等デイサービスが*今度は虐待 ⇒ 雲隠れ

障害児通所施設で虐待か 元職員は音信不通で調査できず

なんのこっちゃ 放課後等デイサービス

障害のある子どもが通う横浜市泉区の放課後等デイサービス事業所「フレンズ弥生台」で、職員が10代前半の知的障害がある男性利用者をたたいたという情報が市に寄せられた。だが、職員と連絡がとれなくなり、市や事業所側による調査は終了。虐待があったのか、事実関係がはっきりしないままとなっている。

市関係者によると、「男性利用者のほおにミミズ腫れがあり、腕に青あざがある」という情報提供があり、6月5日に市がフレンズ弥生台を調査。複数の職員が市の聞き取りに対し、5月下旬に40代の男性職員がこの利用者をたたいていたと証言したという。男性職員は、実務経験などに基づいて厚生労働省が定める「児童発達支援管理責任者」を務め、フレンズ弥生台ではサービスの中心的役割を担っていた。

フレンズ弥生台の運営会社「Origin(オリジン)」(茨城県)の代理人弁護士によると、この男性職員が他の利用者もたたいていたと、フレンズ弥生台の別の職員が証言したという。だが、男性職員は市の調査直後の6月6日から出勤しなくなり、オリジン側が自宅を訪問したり、内容証明郵便を2回送ったりして調査しようとしたが接触できず、7月に懲戒解雇したという。代理人は取材に「適正な対応をとって再発防止に努めております」と語った。

市もオリジンを通じて男性職員への聴取を試みたが実現せず、調査を打ち切った。虐待の有無や外傷との因果関係は不明のままだが、市障害児福祉保健課は「本人に聞き取りができないので、これ以上調査できない」としている。

男性職員は利用者ごとに個別支援計画を作る業務を担当していたが、一部の利用者の分が作成されておらず、市は今年9月、児童福祉法に基づきフレンズ弥生台に改善を指示。今後、同計画を前提に、国などが過大支出した数百万円の給付金が返還される見通しだ。

信用調査会社などによると、オリジンは2008年設立。同社によると、首都圏などでフレンズ弥生台などの障害児通所施設12カ所、薬局8店舗を展開している。


夜逃げ 児童発達支援管理責任者 雲隠れ

厚生労働省
放課後等デイサービスの運用状況について 平成30年12月27日
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000481905.pdf

事業所数の推移等について

事業所数 12,332か所 (平成30年3月末現在)

新設届提出事業所 (平成30年4月1日~9月末)
1,346 か所

廃止・休止届提出事業所 (平成30年4月1日~9月末)
369か所

事業所数 13,346 (平成30年9月末現在)
月平均利用者は約20万人


平成30 年4 月~9 月末日の間に、廃止・休止届を提出した事業所数は369 か所であり、主な廃止・休止理由は「人員配置基準を満たせない」「その他(事業所統合等)」となっている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.06 (Fri)

男だな神奈川県知事の黒岩祐治 ⇒ 蓋を開けてみなければわからない

神奈川県知事の黒岩祐治
やまゆり園の指定管理者見直し表明

建て替え中の緑区の千木良園舎と仮移転先の南区の芹が谷園舎が対象

神奈川県の黒岩祐治知事は5日の県議会本会議で、2016年に殺傷事件があった相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」と横浜市に新設する「芹が谷やまゆり園」の指定管理者を見直すと表明した。両園は21年度に開所する計画。

現在の指定管理者の社会福祉法人、かながわ共同会が運営する愛名やまゆり園(神奈川県厚木市、県が特別監査中)の元園長が女子児童に性的暴行を加えた疑いで逮捕されたことを受け、黒岩知事は「許しがたい」と強調。

逮捕後に入所者から
車いすに長時間拘束された 園外への散歩がほぼないなどといった不満が噴出したこともあり見直しを決めた


かながわ共同会との指定管理者契約は24年度までだが、県は期間短縮を求めて協議する意向だ。新しい指定管理者は公募で決める。県は今後、計画に間に合うように協議や公募手続きなどを急ぐ。


神奈川県は当初、入所者家族らの同法人による運営継続の要望などを受け、施設再建後も指定管理期間の2024年度までは公募しない方向で調整していた

津久井やまゆり園の運営者見直しへ

2016年に入所者19人が殺害された神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)の運営を巡り、黒岩祐治知事は5日、同園の指定管理者を見直す方針を明らかにした。現在運営している社会福祉法人「かながわ共同会」の指定管理期間を短縮し、21年度の施設再建までに運営主体を新たに公募する。同法人の相次ぐ不適切事案を受け、従来の方針を転換した。

建て替え中の千木良園舎(同市緑区)と仮移転先の芹が谷園舎(横浜市港南区)が対象。同日の県議会本会議で、知事は「社会福祉法人として、人権を尊重し、すべての人の尊厳を守るべき立場にあり、道義的責任は看過できない」と述べた。

県は当初、入所者家族らの同法人による運営継続の要望などを受け、施設再建後も指定管理期間の24年度までは公募しない方向で調整していた。

しかし、今年10月に同法人の理事が女児に対する強制性交容疑で逮捕されたことを機に、同園での入所者への身体拘束や外出の機会が少ないなどといった支援の質を問う声が相次いでいた。これを受け、知事は「利用者中心の支援を実現するためには仕切り直しが必要」と判断した。

県は、同法人と指定管理期間の短縮について近く協議を始める考え。千木良園舎と芹が谷園舎はそれぞれ21年度中の利用開始を予定しており、遅くとも来年7月ごろには指定管理者を公募したいとしている。同法人も再公募は可能という。

一方、同法人が指定管理者として運営している県立障害者施設「厚木精華園」「愛名やまゆり園」は現時点では見直し対象にしていない。


かながわ共同会が指定管理者として運営している県立障害者施設「厚木精華園」「愛名やまゆり園」は現時点では見直し対象外




津久井やまゆり園 再生後の指定管理者を新たに公募へ

入所者ら46人が殺傷された相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」について、黒岩知事は園の指定管理者を公募で選定すると表明した。
これは県議会本会議で知事が明らかにした。

事件が起きたのは今から3年前の7月、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で元職員の植松聖被告が入所者らを次々と刺し、19人が殺害された。 施設は再来年度の再開を目指し現在建て替え工事が進められていて、2024年度までは社会福祉法人かながわ共同会が指定管理者となっている。 しかし今年10月、かながわ共同会が管理する愛名やまゆり園の元園長が小学生の女子児童に性的暴行を加えたとして逮捕された。

これを受け知事は、「利用者の尊厳を守るべき立場にある共同会の道義的責任は看過できない」とし、千木良と芹が谷の施設について指定管理者を公募で選定すると公表した。 県は現在かながわ共同会に対して特別監査を行っていて、施設の利用者や家族に対しては今後、知事自らが説明し理解を求めるとしている。



蓋を開けると
だーれも
誰も
神奈川県の障害者福祉関連の法人は
どこも
手を上げなかったりしてな

オマエら神奈川県の障害者福祉関連のみなさん
男気を見せてみろよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/06

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.15 (Fri)

横浜市の駒岡げんきっず保育園で大量退職 ⇒ 穴埋めのヤリかた

社会福祉法人みらい
理事長 豊川忠紀
神奈川県相模原市緑区橋本8丁目4-4
法人設立 平成25年1月


駒岡げんきっず保育園
園長 酒井 優
神奈川県横浜市鶴見区駒岡1-259
定員 60人

横浜市の保育園が給付金1700万円不正受給 返還求める

横浜市の認可保育園が、実際に勤務していない系列園の保育士5人が働いているように見せかけて、市の給付費を不正に受け取っていた。市への取材でわかった。他の事例も合わせると昨年度の不正受給額は1700万円ほどに上り、市は返還を求めるという。

問題があったのは、相模原市の社会福祉法人みらいが運営する「駒岡げんきっず保育園」(横浜市鶴見区)。

市によると、保育園は昨年4月に開園した。今年2月、市に情報提供があり、4月に調査をした。その結果、みらいが運営する別の保育園に勤める5人の保育士の名前を書類に記し、給付費を不正に受け取っていたことがわかったという。

また、駒岡げんきっず保育園では保育士の配置基準を満たさない日もあったとみられ、保護者から苦情も寄せられているという。市の調査に対し、みらい側は急な退職があり、埋められなかったと説明。市は10月に改善を指導し、11月末までに改善状況を報告するよう求めた。

市は昨年10月に園を監査したが、このときは不正を見つけられなかった。市の担当者は「不正に受け取った分はしっかりと返還を求めたい。保育についても、鶴見区と連携し、助言や指導をしている。監査で見抜けなかったことは今後の課題」と話した。

みらいは取材に対し、「現段階では答えられないが、時期が来れば説明したい」と話した。


系列園
げんきっず保育園 相模原市緑区橋本8-4-4
げんきっず第2保育園 相模原市緑区橋本5-30-23
鵠沼げんきっず保育園 藤沢市本鵠沼4-9-3
げんきっず城山保育園 相模原市緑区町屋1-5-14

高待遇だろ


視点は
退職した保育士は入社一年にも満たない
急に退職した
ピカピカの施設でオープニングスタッフとして勤務できるのに
退職理由は人間関係ではないな
って言うか管理職とか法人のやりかたに ・・・

>実際に勤務していない系列園の保育士5人が働いているように見せかけて
もしかして一度に5人退職したのか

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/15

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.27 (Sun)

神奈川県立衛生看護学院で戴帽式 ⇒ 今年から戴灯式

神奈川県立衛生看護学院で戴灯式が行われた





看護の道へ決意新たに戴灯式

横手市の県立衛生看護学院で、看護の道を志す学生がキャンドルに火を灯して決意と自覚を新たにする戴灯式が行われた。
学生たちは患者に信頼される看護師を目指し、仲間とともに勉学に励むことを誓い合った。
戴灯式に臨んだのは看護科の1年生37人。

看護の心をあらわす火をキャンドルに灯し、決意と自覚を新たにする場の戴灯式。
去年まではナースキャップも受け取る「戴帽式」だったが、医療現場でナースキャップの廃止が進んでいることから今年から「戴灯式」に変更された。形式は変わっても看護の道を志す大切な通過点に変わりはありません。キャンドルを手に学生たちはその職務を全うすることを誓うナイチンゲール誓詞を読み上げた。

また式では1年生を代表して三浦京さんが「この戴灯式を機に改めて看護師になるという自覚を強くもち、命を預かる仕事に携わることをしっかりと心にとめ向上心をもち勉学に励んでいきます」と決意を述べた。入学して半年あまり。12月からは看護師の卵として、初めて患者に接する病院での実習が始まる。看護の精神と支えてくれる周りの人たちへの感謝を胸に学生たちは勉学に励むことを誓い合った。





われはここに集いたる人々の前に
厳かに神に誓わん


ナイチンゲール誓詞を読み上げる
icon-03.png

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/27

Blog Top  | 医療関連 | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.16 (Wed)

やっぱ糾弾したほうがエエわ社会福祉法人かながわ共同会

女子児童に性的暴行か 社会福祉法人の元園長を逮捕

社会福祉法人の元園長の男が当時小学6年生の女子児童に性的暴行を加えたとして、県警に逮捕された。

強制性交の疑いで逮捕されたのは、社会福祉法人かながわ共同会愛名やまゆり園の元園長、高橋英行容疑者(59)。
県警によると、高橋容疑者は、去年11月から12月にかけて、厚木市内に住む当時小学6年生の女子児童に複数回にわたって性的暴行を加えた疑いが持たれている。

高橋容疑者は、女子児童の親と知り合いで、女子児童が自宅で1人でいたところを狙って犯行に及んだとみられる。 調べに対し、高橋容疑者は容疑を否認しているということで、県警が事件のいきさつを慎重に捜査している。


小6女児に性的暴行疑い 障害者支援施設:愛名やまゆり園の前園長逮捕

当時小学6年で12歳だった女子児童に性的暴行を加えたとして、神奈川県警厚木署は16日、強制性交の疑いで、同県厚木市の障害者支援施設「愛名やまゆり園」の前園長、高橋英行容疑者(59)=同県中井町田中=を逮捕した。「体を触ったことは間違いないが、性交したことは覚えていない」などと供述している。

逮捕容疑は平成30年11月下旬ごろから12月上旬ごろまでの間に、厚木市内の女子児童の自宅で、複数回にわたって女子児童に性的暴行を加えたとしている。

同署によると、高橋容疑者は女子児童の親と面識があり、親が留守の間を見計らって女子児童の自宅を訪れ、犯行に及んでいたとみられる。今年7月に女子児童の親族から同署に相談があり、事件が発覚した。

愛名やまゆり園を運営する社会福祉法人「かながわ共同会」によると、高橋容疑者は26年4月から、今年8月まで園長を務めていたという。同署が余罪の有無などを調べている。


愛名やまゆり園の前園長 高橋英行59歳 しかも法人の役員でもあった



あの相模原障害者施設殺傷事件で名の知れた
津久井やまゆり園を運営していた社会福祉法人かながわ共同会だ

役員名簿では常勤で施設の管理者が4名も
なんちゅう社会福祉法人や


理事全員の報酬等の総額が42,851,160円

小6女児に強制性交疑い、愛名やまゆり園前園長逮捕

神奈川県警は16日、当時小学6年の12歳の女子児童に複数回にわたって性的暴行を加えたとして、強制性交の疑いで、同県厚木市の障害者支援施設「愛名やまゆり園」の前園長、高橋英行容疑者(59)を逮捕した。逮捕容疑は、18年11月から12月にかけて、厚木市内で複数回にわたって女子児童に、わいせつな行為をした疑い。

愛名やまゆり園を運営する社会福祉法人によると、高橋容疑者は園長を務めていた8月13日に、法人に対し、退職届を提出したという。その際、同容疑者は「園長を続けられない事態が起きた」と説明し、聞き取りに対し、知人の娘である女子児童に不適切な行為を行ったという趣旨の説明をしたという。法人としては、業務外のことで高橋容疑者の説明以外、事実確認のしようがなく、ひとまず退職届は受理せず、園長のみ交代し、事態の推移を見守っていたという。

愛名やまゆり園は、1966年(昭41)に、知的障害を持つ児童の施設として設立され、その後、知的障害者施設に全面転換され、2006年(平18)に現在の運営法人に指定管理業務が委託された。現在は100人が入所し、130人が生活介護、20人が短期入所している。運営法人は、16年7月に入所者ら45人が殺傷される事件が発生した、相模原市の津久井やまゆり園も運営している。

高橋容疑者は、運営法人に1990年(平2)に入社し、愛名やまゆり園を含む3施設に勤務し、14年から同園の園長を務めていた。



2019年10月17日
愛名やまゆり園元園長の逮捕についてのお詫び

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/21

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(3) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.16 (Wed)

横須賀グリーンヒルケアハウスの元職員懲役19年の判決

老人ホーム殺人で懲役19年 元介護職員の男、横浜地裁

神奈川県横須賀市の老人ホームで1月、入居者の菅谷伊津子さん(89)を殺害したとして、殺人や窃盗などの罪に問われた元職員、田村真樹被告(32)の裁判員裁判で、横浜地裁は16日までに、懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。通帳を隠したとする器物損壊の罪は無罪とした。

青沼潔裁判長は判決理由で、介護職員としての信頼を裏切り、立場を悪用した犯行と指摘。「現金を引き出した上に、菅谷さんに露見すると、他の職員に発覚して仕事を失うのを恐れて殺害した」と述べ、「犯行動機は、保身のためには命を奪うこともいとわない自己中心的なものだ」と非難した。

被告は、菅谷さんの部屋から通帳を持ち出して事務所の机に隠したとされたが、部屋の鍵は5本保管されており、被告以外にも菅谷さんが不在にする時間を把握していたことなどから、第三者の入室が可能とし、無罪と判断した。

判決によると、1月24日朝、横須賀市の老人ホームの居室で菅谷さんの首を腕で絞めて殺害したほか、昨年12月~1月までの間、菅谷さんのキャッシュカードでATMから9回にわたって計125万円を引き出した。


神奈川県横須賀市の老人ホームで、当時89歳の入居者の女性のキャッシュカードを無断で使って発覚を恐れて殺害した罪などに問われた元介護職員の男に懲役19年の判決が言い渡された。

元介護職員・田村真樹被告(32)は2018年12月から2カ月にわたって老人ホームに入居していた菅谷伊津子さんのキャッシュカードを無断で使って現金125万円を引き出し、その後に菅谷さんの首を絞めて殺害した罪などに問われている。

横浜地裁は15日の判決で、田村被告が「介護職員の立場を悪用して現金を引き出すばかりか、そのことが発覚して仕事を失うことを恐れて菅谷さんを殺害した」と指摘した。また、「自己中心的な犯行で厳しい非難を免れない」として、懲役19年の判決を言い渡した。



老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡 2019年1月25日
横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕
殺人事件として捜査
24日午前8時40分ごろ、神奈川県横須賀市大矢部の老人ホーム「横須賀グリーンヒルケアハウス」で、入所者とみられる80代くらいの女性が意識を失った状態でいるのを施設職員が発見。女性は病院に搬送されたが、病院で死亡が確認された。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4333.html

老人福祉施設の元職員を再逮捕 入所の高齢女性殺害容疑 2019年3月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4423.html

殺人容疑について認める供述をした
「金を盗んだのが発覚して施設を辞めさせられるのが嫌だった」と

田村真樹31歳を起訴 2019年4月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4456.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/16

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.25 (Wed)

医療法人司命堂会 ⇒ 希望の森の不正受給

医療法人社団 司命堂会 介護老人保健施設希望の森
開設者 理事長 笹沼鉄郎



介護報酬7億円不正受給 横浜の老人保健施設

横浜市は25日、同市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する医療法人司命堂会が、介護報酬約7億5千万円を不正に受け取っていたと明らかにした。

市は医療法人に、時効が成立していない2017年6月~18年7月分の約1億5千万円について、加算金を含めて返還請求した。施設の新規利用者の受け入れを10月1日から1年間停止する行政処分も出した。

市によると、施設は13年4月~18年7月まで、医師の配置数が基準を満たしていなかったのにもかかわらず、実際には勤務していない医師の勤務表を提出し、介護報酬を不正受給していた。市は今後、刑事告発や告訴をするかどうか検討する。

施設側は「応援の医師がいたので問題ないと思っていた」と主張したが、詳しい勤務実態は確認できなかった。昨年5月、市に通報があり監査や聞き取りを進めていた。希望の森は「主張が認められなかったのは残念だが、市の方針には従う。現在の利用者に影響が出ないよう対応する」とするコメントを出した。


時効? フザケとんのか!
横浜市さんよ
過去 監査せえへんかったんか?

横浜市は25日、同市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する医療法人「司命堂会」が介護報酬約7億5千万円を不正に受け取っていたと明らかにした。市は法人に、時効が成立していない平成29年6月~30年7月分の約1億5千万円について、加算金を含めて返還請求。施設の新規利用者の受け入れを10月1日から1年間停止する行政処分とした。

市によると、希望の森は25年4月~29年7月まで、医師の配置数が基準を満たしていなかったのにもかかわらず、実際には勤務していない医師の勤務表を提出し、介護報酬を不正受給していた。刑事告発はしない方針。

施設側は「応援の医師がいたので問題ないと思っていた」と主張しているが、詳しい勤務実態は確認できなかった。昨年5月、市に通報があり、監査や聞き取りを進めていた。




介護施設7.5億円水増し請求か

横浜市にある介護施設が、医師の数を水増しして介護報酬を請求し不正に受け取っていたことがわかった。
受け取った額は7億5000万円あまりにのぼると見られ、横浜市は、施設を運営する医療法人に対し返還を求めるとともに、今後1年間、新規の利用者の受け入れを停止する処分を行った。

処分を受けたのは、横浜市旭区の介護老人保健施設「希望の森」を運営する、医療法人「司命堂会」。

横浜市によると、この施設は平成25年から5年あまり、法律で決められた医師の数を満たしているように装って介護報酬を請求し、不正に受給していた。
施設は、過去に勤務していた医師の名前を使って実態のないタイムカードや勤務表を偽造して医師の数を水増しして報告していたということで、不正に受け取った報酬の総額は7億5000万円あまりに上るとみられる。

横浜市は法律の時効にかからない過去2年分、1億5000万円あまりの返還を求めているほか、それ以前についても自主的な返納を求める。
施設には現在およそ150人の利用者がいるということで、市は、事業者の指定取り消しはせず、今後1年間、新たな利用者の受け入れを停止する処分を行う。

処分を受けた医療法人司命堂会は、「処分は重く受け止めており、市の方針にはしたがいたい。利用者に極力影響が出ないよう、職員一丸となって対応していく」とコメントしています。


職員一丸 って
バカ?
現場で働く職員は何ーも知らんのに
現場で働く職員が何かしたんか?
現場で働く職員が法律で決められた医師の数を満たしているように装って
介護報酬を請求し不正に受給したんか?
法人の上層部の問題やろ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/04

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.08 (Thu)

なんかよーわからんNPO法人やな

介護施設で留学生の賃金未払い

入管難民法で定められた労働時間の上限を超えて外国人留学生を働かせ、超過分の賃金を支払わなかったとして、川崎北労働基準監督署が3月、川崎市の介護施設に是正勧告していたことが7日、NPO法人POSSEへの取材で分かった。

介護施設はフィリピン人の20代女性に、留学生の上限である週28時間のアルバイトとは別に、ボランティア名目で週10時間前後勤務させたのに給料を支払わなかったとして、労働基準法違反で是正勧告を受けた。

女性はボランティアの時間もアルバイトと同様に、入居者の介護をしていた。施設側は是正勧告後、女性に未払い賃金など計約110万円を支払った。


入管難民法で定められた労働時間の上限を超えて外国人留学生を働かせ、超過分の賃金を支払わなかったとして、川崎北労働基準監督署が3月、川崎市の介護施設に是正勧告していたことが7日、留学生を支援するNPO法人「POSSE」への取材で分かった。

POSSEによると、介護施設はフィリピン人の20代女性に、留学生の上限である週28時間のアルバイトとは別に、ボランティア名目で週10時間前後勤務させたのに給料を支払わなかったなどとして、労働基準法違反で是正勧告を受けた。

女性はボランティアの時間もアルバイトと同様に、入居者の介護をしていた。施設側は是正勧告後、女性に未払い賃金など計約110万円を支払った。

女性らは、来日の際にフィリピンの仲介業者から介護施設の運営会社を紹介された。運営会社の顧問弁護士は「是正勧告を真摯に受け止め和解した。運営する全ての施設で業務改善に取り組んでいる」とコメントした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.30 (Tue)

幼稚園児にスパルタ教育ってか*でも愛の鞭はアカンよ

株式会社バディエデュケーション
社長 菊池 剛


横浜バディスポーツ幼児園 長津田園
園長 菊池 剛



横浜の認可外保育施設で園児たたき、保育士解雇 

横浜市緑区の認可外保育施設「横浜バディスポーツ幼児園長津田校」が3歳の園児の顔をたたいたとして、20代の男性保育士を諭旨解雇していたことが29日、横浜市への取材で分かった。園児にけがはなかったという。解雇は16日付。

市は保護者からの問い合わせを受け、園への立ち入り調査を実施。園長らへの聞き取りや防犯カメラの映像などから、保育士が園に通う男児の顔を複数回たたいたことを確認した。




園児に暴行か 20代保育士 ストレス イライラ

横浜市の認可外保育施設で、20代の男性保育士が3歳の男の子らに暴力を振るったとして解雇されていたことが分かった。

11日、横浜市緑区の認可外保育施設「横浜バディスポーツ幼児園長津田校」の園児の保護者から「子どもがたたかれたと言っている」と施設に相談があった。

施設の関係者によると、教室に設置している防犯カメラには23歳の男性保育士が3歳の男の子の顔をたたく様子が映っていたという。男性保育士は施設の聞き取り調査に対し、4月ごろから複数の子どもに暴力を振るったことを認め、「日頃のストレスが重なった。教えてもできない子どもがいた時にいらいらしてやってしまった」と話している。施設は男性保育士を諭旨解雇にして警察にも相談している。




保育士の暴力を隠蔽か

横浜市緑区にある認可外保育施設の男性保育士(23)=16日付で解雇=が複数の男児に暴力を振るっていた問題で、5月に保護者が、保育士が暴力を振るっている疑いがあると施設に訴えていたことがわかった。だが、施設の調査が不十分で、その後の被害を防げなかったという。

この施設は「横浜バディスポーツ幼児園 長津田校」。園によると、男性保育士は担任を務める3~4歳児クラスの男児に暴力を振るったといい、確認できた被害は6月下旬からの約3週間に9人・計11回に及んでいた。授業中に数字を正しく書けない3歳児のほおを平手で4回ほどたたいたほか、別の男児をいすから乱暴に立たせたり、昼食を約3時間食べさせ続けたりしていた。

25日にあった保護者説明会での施設側の説明などによると、5月末にこのクラスの保護者から「子どもが『ともだちが先生にたたかれている』と怖がっている」と施設に連絡があった。そこで副園長が聞き取りをしたが、保育士は暴力を否定。教室内の防犯カメラの映像はひと月分ほど残っているが、副園長は1日分しか見ずに、保護者に「暴力を振るっている事実はない」と答えたという。

その後、今月11日になって別の保護者が「子どもが授業中にたたかれたと言っている」と施設に連絡。この時はすぐに映像で暴力を確認できたが、副園長は問題になるのを恐れて「たたいていない」と一度は否定。だが、他の保護者からも追及されて映像を見せざるを得なくなり、9人への暴力が発覚した。

菊池剛園長(51)が一連の事態の報告を受けたのは、副園長が初めて保護者に暴力を認めた16日だったという。菊池園長は26日に取材に応じ、「5月の時点で暴力に気づけず申し訳ない。第三者委員会を立ち上げるなどして、8月末までに再発防止策を示したい」と話した。



長津田園の件について 2019年7月28日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/07/30

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.03 (Wed)

58歳の介護士が入所者に傷害*クティール六角橋

入所の90歳に傷害疑い 介護士の男逮捕

介護支援施設の入所者の男性(90)を殴り、けがをさせたとして、神奈川県警神奈川署は2日、傷害の疑いで横浜市緑区東本郷、職員の介護士、細池志郎容疑者(58)を逮捕した。「普段から男性の暴言を受けており、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2日午前7時20分ごろ、横浜市神奈川区六角橋の介護支援施設で、入所者の男性の顔を複数回殴り、顔面打撲や外傷性くも膜下出血などのけがをさせたとしている。同署によると、男性は救急搬送されて入院したが、意識はあり、命に別条はない。

細池容疑者は1~2日の夜間に別の介護士と2人で勤務。2日朝に出勤した職員が男性のけがに気付き、119番通報した。同署は、この施設で他に暴行や傷害などは把握していないとしている。


別の介護士と2人で勤務

デイサービス クティール 六角橋
神奈川県横浜市神奈川区六角橋5-1-15 







介護士が入居者殴り重傷

横浜市の介護施設で90歳の入居者の男性を殴って重傷を負わせたとして、58歳の職員が逮捕された。

横浜市の「デイサービスクティール六角橋」の介護士・細池志郎容疑者は2日午前7時すぎ、施設内で90歳の入居者の男性の顔を殴って重傷を負わせた疑いが持たれている。

男性は病院に搬送されて外傷性くも膜下出血などで入院したが、命に別状はないという。
警察によると、細池容疑者は施設の食堂で男性の食事の介助をしていた際に素手で顔面を複数回殴っていて、取り調べに対して「暴言を我慢していたが、怒りが頂点に達して殴ってしまった」と容疑を認めている。


株式会社 M&H
神奈川県横浜市港北区小机町1512-6
代表取締役 丸山修一
法人の設立 2009年4月




クティール六角橋
https://www.youtube.com/watch?v=2Eia4wZiemA

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/07/03

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.02 (Tue)

また高齢ドライバーの送迎事故*藤棚地域ケアプラザ

ケアプラザの送迎車が交通事故、横浜 70代女性、骨折

横浜市は1日、藤棚地域ケアプラザ(同市西区)の送迎車が70代の女性と接触し、骨折の重傷を負わせた、と発表した。

同区によると、6月30日午前9時半ごろ、同市西区境之谷の交差点で、ケアプラザの軽自動車が左折しようとした際、横断歩道を渡っていた女性をはねた。女性は搬送先の病院で、右肩の骨が折れており、手術が必要と診断された。運転手の60代男性職員は「不注意だった」と話している。

同ケアプラザは、市の指定管理者「横浜市福祉サービス協会」が運営している。



2019年7月1日
【記者発表】藤棚地域ケアプラザ(本市指定管理施設)における
デイサービス利用者送迎車両の交通事故について

      

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/07/02

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.29 (Sat)

突然キレたんか?*秦野市の介護士の秋山智彦36歳

それとも ・・・

同僚の頭を椅子で殴り、軽傷負わす介護士の36歳男を逮捕

同僚の女性介護士の頭を椅子で殴るなどし、軽傷を負わせたとして、神奈川県警秦野署は29日、傷害の容疑で同県秦野市の介護士、秋山智彦容疑者(36)を逮捕したと発表した。

容疑を認めている。

逮捕容疑は28日午後10時25分ごろ、同市鶴巻北の飲食店の店内で、同僚の女性介護士(53)の頭をパイプ椅子で殴るなどし、軽傷を負わせたとしている。

同署によると、秋山容疑者は市内の介護施設に勤務しており、当日は被害者と口論になって犯行に及んだとみられるという。同署が当時の状況を調べている。



にしても
神奈川県民は大阪人よりも異常者が多いのぉ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/06/29

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.27 (Thu)

行政処分*横浜市の放課後等デイサービス ちいさなあしあと+ちいさなあしあと移動支援

行政処分


株式会社共進
横浜市青葉区恩田町1053 番地
代表取締役 吉江清光

放課後等デイサービス ちいさなあしあと
横浜市青葉区奈良町2998 番地52

ちいさなあしあと移動支援
横浜市青葉区奈良町2998 番地52

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.22 (Mon)

ゲに恐ろしきは介護士の業

元職員の介護福祉士 田村真樹31歳を起訴

横須賀市の老人ホームで1月、入居者の菅谷伊津子さん=当時(89)=を殺害したとして、殺人容疑で再逮捕された元施設職員の介護福祉士、田村真樹容疑者(31)について、横浜地検は19日、殺人罪で起訴した。

起訴状によると、田村被告は1月24日、老人ホームで菅谷さんの首を背後から腕で締め付けるなどの暴行を加え、窒息させて殺害したとしている。

事件をめぐっては、同日朝、心肺停止状態の菅谷さんを施設職員が発見したことで発覚。県警は菅谷さんの口座から現金を引き出したとして2度にわたって窃盗容疑で田村被告を逮捕。田村被告は窃盗罪などで起訴され、先月29日には殺人容疑で再逮捕されていた。


極刑を望む

老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡   2019年1月25日
1月24日午前8時40分ごろ、神奈川県横須賀市大矢部の老人ホーム「横須賀グリーンヒルケアハウス」で、入所者とみられる80代くらいの女性が意識を失った状態でいるのを施設職員が発見。女性は病院に搬送されたが、病院で死亡が確認された。
同県警捜査1課によると、朝食の席に女性が現れなかったことを不審に思った職員が女性を発見したという。女性の体から刺し傷や出血などの目立った外傷は確認されておらず、室内が荒らされている様子もなかったといい、同課が死因や詳しい経緯を調べている。

横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕
警察は殺人事件とみて捜査を始めたが、この老人ホームの介護福祉士の男(31)が、菅谷さんの口座から現金15万円を引き出したとして、窃盗の疑いで24日夜、逮捕した。警察は菅谷さんが亡くなった事件との関連を調べている。

入所の89歳女性は窒息死 殺人事件として捜査
目立った外傷はなかったが、警察が詳しく調べたところ、死因は首を圧迫されたことによる窒息死と分かり、殺人事件として捜査を始めた。

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4333.html



殺人容疑について認める供述をした
「金を盗んだのが発覚して施設を辞めさせられるのが嫌だった」と

元職員を再逮捕 入所の高齢女性殺害容疑 2019年3月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4423.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/04/22

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.17 (Wed)

前代未聞*放課後等デイサービスの行政処分 ⇒ 市長がメディアへ発言

行政処分に関して市長が発言した
こんなことって初めてやな

しょーもない くだらない お言葉だけど

悪質 って
そらそうやわ
近頃の放課後等デイサービスの悪事は異常だよな




川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し 2019年4月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html


放課後等デイサービスミライズ*市長が「事件は極めて悪質」とコメント

川崎市で障がいのある子どもたちが通う施設の事業者が、職員の配置を偽るなどし、指定を取消されることになったことについて、川崎市の福田紀彦市長は「事件は極めて悪質」とコメントをした。

この問題は、川崎市宮前区の「放課後等デイサービスミライズ」が、在籍していない児童指導員を、いるように偽って申請したとして、川崎市が来月1日事業者の指定の取消し処分を行った。

申請では指導員について
大学の学位や実務経験を証明する書類も偽造していたという。
市は内容が悪質であるとしてこれまで2年間の給付費に加え、加算金も請求していて、合わせて4386万円の返還を指示している。

16日の会見で福田市長は、「想定をしないような悪質事案だった」と述べた。
川崎市によると施設には6歳から16歳までの17人が通っていて、ミライズ側が次の事業所を探すことになっているという。


>想定をしないような悪質事案だった

想定できます

今度はトンデモナイことが発覚した 放課後等デイサービスが資格証明書を偽造 2018年12月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4280.html


4,386万円 返せよ
リハフロンティア株式会社 代表取締役の吉岡理恵さん



平成31年4月16日 川崎市長記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=b_yKGBf-8xc
記者からの質問で (16分55秒~)
>どれだけの人数で監査をするのか悩ましい (笑
>これだけ事業所があるんだから職員を増やせばエエんじゃないか と意見がある (笑
はぁ?
頼りない市長や
川崎市の不正受給は これからも無くならない

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.05 (Fri)

また放課後等デイサービスが* リハフロンティア株式会社+放課後等デイサービスミライズ

リハフロンティア株式会社
代表取締役 吉岡理恵
放課後等デイサービス ミライズ
川崎市宮前区平二丁目2番19号
指定日 平成29年4月1日



なんてなんてなんやてぇ?
>児童指導員がいない
>架空の人物を仕立てて勤務しているように装う
>偽造した実務経験証明書や学位記

川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し

不正な手段で障害児通所支援事業の指定を受けたとして、川崎市は4日、宮前区の障害児通所支援事業所「放課後等デイサービス ミライズ」に対し、5月1日付で指定を取り消すと発表した。同事業所にはこれまで障害児通所給付金として計約3100万円が支払われており、市は加算金を含めて4300万円余りの返還も指示した。

市障害計画課によると、同事業所は同事業の指定を受け、2017年4月に開所。定員に応じて配置が求められている「児童指導員」が実際には不在にもかかわらず、架空の人物を仕立てて勤務しているように装った。市には偽造した実務経験証明書や学位記を示していたという。

施設には6~18歳の18人が通っており、市は今後、他の施設に移れるよう相談に応じるとしている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.31 (Sun)

窃盗容疑で ⇒ 逮捕 ⇒ 殺人で再逮捕

横須賀グリーンヒルケアハウス
バレて口封じか

老人ホームで意識不明 搬送先の病院で死亡  2019年1月25日
横須賀の老人ホームで死亡 ⇒ 窃盗 介護福祉士逮捕
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4333.html



老人福祉施設の元職員を再逮捕 入所の高齢女性殺害容疑

神奈川県横須賀市の老人福祉施設で1月、入所者の高齢女性が首を圧迫されて死亡した事件で、神奈川県警は29日、当時職員だった田村真樹被告(31)=窃盗などの罪で起訴=を女性を殺害した疑いで再逮捕した。

田村容疑者は女性の所持金計125万円を盗むなどしたとして起訴されたが、殺人容疑について認める供述をした上で「金を盗んだのが発覚して施設を辞めさせられるのが嫌だった」と話しているという。

再逮捕容疑は1月24日朝、横須賀市大矢部1の「横須賀グリーンヒルケアハウス」の居室で、菅谷伊津子さん(当時89歳)の首を圧迫して窒息させ、殺害したとしている。意識不明の状態で菅谷さんが倒れているのを別の職員が発見。菅谷さんは病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

この事件の前に菅谷さんから、通帳がなくなったとの相談があった。県警は1月24日夜、菅谷さんのキャッシュカードで金を引き出した窃盗の疑いで田村容疑者を逮捕し、死亡との関連を調べていた。田村容疑者は最近になり、殺害について関与を認める説明を始めたという。


そやけど
なんちゅうか
こんの輩を採用した担当者さん
あんさん
人を見る目がなかった っちゅうことや

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/03/31

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.24 (Sun)

目からウロコ ⇒ 障害者入所施設 ⇒ 地域での生活

これはスバラシイ


azzko2_8jkad1.jpg









全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/03/24

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.19 (Tue)

よーわからんけど横須賀市の失態 ⇒ 面目ない

横須賀市の
間違い 過ち ミス 手違い 不手際 失態 へま ぽか 落度


医療法人社団清光会
神奈川県逗子市久木4-25-8

2018年4月23日
指定居宅サービス事業者、指定居宅介護支援事業者、指定介護予防サービス事業者及び介護予防・日常生活支援総合事業指定事業者の指定を取り消すこととしました。
介護保険法に基づく指定居宅サービス事業者等の指定の取消処分について

http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4009.html


横須賀市 ⇒ 指定の取り消しは誤りでした

横須賀市への不正請求額 

約1,352万円+40%の加算金を加えた額約1900万円
お返しする


横須賀市は18日、デイサービスなど二事業所の介護保険法に基づく指定を取り消す処分をしたのは誤りだったとして、運営者の医療法人社団清光会(逗子市)に返還させた介護報酬など約1900万円を来月までに返すと発表した。

清光会は2014年12月、横須賀市からデイサービスと居宅介護支援事業所の指定を受け、同市湘南国際村で事業を開始。市は2018年3月、申請書類に虚偽の記載があったなどとして指定を取り消した。

清光会は2018年6月、行政不服審査法に基づき、市に審査を請求した。市は弁護士から「2016年2月に虚偽記載をほぼ把握しながら処分まで時間が空いたのは合理的な理由がない」という趣旨の指摘を受けたのを踏まえ、取り消しを決めた。

自治体の指定取り消しが民事訴訟などで違法と判断されるケースはあるが、自ら判断を覆すのは珍しい。市の担当者は「慎重に調査した結果、(処分まで)時間がかかった」と釈明。清光会の横山志郎理事長は「私たちの主張が通って、名誉が回復されて良かった」とのコメントを出した。


そやけど
人員基準違反
看護師又は准看護師を1名も配置していなかった
介護を提供する時間帯に配置すべき介護職員につき必要となる数を配置していなかった
機能訓練指導員を1名も配置していなかった
とか
運営基準違反とか
虚偽の指定申請とか
虚偽の指定申請とか ・・・

問題なかったん?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/02/19

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
PREV  | BLOGTOP |  NEXT