FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.06.06 (Sat)

伊東市民病院って

カルテの記載を故意に削除 医師を県外に異動

静岡県の伊東市民病院は、勤務していた医師が患者カルテの記載内容を勝手に削除したり不適切な内容を記載していたとして事実を公表し、医師を県外の施設に異動させた。

病院によると、この医師は2017年から今年3月まで、担当患者の電子カルテに記載された他の医師や看護師の診察記録や助言を故意に削除していた。

削除されたのは患者の禁忌やアレルギー情報の項目など59件で、注意に対し医師からは反省の言葉はなかったという。
このため、指定管理者である地域医療振興協会が改善の見込みがないとして、医師を県外の施設に異動させた。

伊東市民病院の荒堀憲二管理者は、チーム医療が崩壊する事案で、患者に謝罪するとともに再発防止に努めたいとしている。



不適切職員(医師)の公表について

公表の理由
患者さまを守るとともに、その他社会的影響等を勘案し、公表の必要性が認められるため

対象者情報

職員の所属 診療部
職種 医師
対処内容 異動
対処先 県外他施設
対処日 令和2年5月7日

理由(事案の概要)
地域医療振興協会本部の指示により県外の他施設に異動させた職員(医師)は、患者さまの診療録(電子カルテ)内に他の医師や看護師等職員が記載した内容を、故意に削除(現在判明している件数 59件)したり介入を阻止するような内容の記載を継続して行い、チーム医療・円滑な医療を阻害する行為等を継続して行いました。

また、診療録の削除においては、「患者の禁忌・アレルギー情報の項目」「検査歴グラフ等」の記載内容の削除等の行為を繰り返し、これらの行為に関し静岡県健康福祉部及び熱海保健所における立ち入り検査では、「再発防止策では不十分と判断され、診療録の改ざん・削除が直ちに行われないようにすること。」という強い指導が入りました。
また、伊東市長からは病院における「医療安全確保の徹底について早急に実効性のある対策を施すように強く要請する」旨の大変厳しい文書が発出されました。
この職員(医師)のカルテ削除や不適切行為につきましては、静岡県及び熱海保健所の2回にわたる強い指導をいただきました。また、院長・診療部長の幹部が再三、カルテ削除や不適切な記載をしないように注意・指導しました。それにもかかわらず、反省の言葉もありませんでした。
上記の各行為等や態度などについて、当病院では改善の見込みがなくチーム医療を行うことは極めて困難と判断しました。

関係法令及び根拠規則
(1)医師法及び医師法施行規則
   保健医療機関及び保健医療療養担当規則
   医療法及び医療法施行規則
   保健師助産師看護師法
(2)職員就業規程 第20条「服務の原則」
          第21条「服務の心得」 第1項・第2項・第9項及び第15項

再発防止策
幸い全ての患者様への明らかな実害がなかったことを確認できましたが、関係の患者様にお知らせしてお詫びし、院内での職業倫理を含め職員教育の徹底及び医療情報システム運用管理規程等の再点検を含め改善するべきところは改善し、再発防止に努め安全管理を徹底していきます。

患者様にご迷惑をおかけしないよう、今後とも伊豆東部の拠点病院として地域の皆様の生命と健康を守り、医療の発展に寄与・邁進する所存ですので何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
令和2年6月4日

伊東市民病院  管理者 荒堀 憲二



患者さまを守るとともに
ならば
こんな医師を県外の他施設に異動させれば それでエエんか?
県外の他施設で そこの施設利用者を守れるのか?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/06

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.18 (Wed)

大丈夫だろう ⇒ ×  常にかもしれない

風でテント飛ばされ園児3人ケガ 脚は固定されていなかった 2019年9月12日
9月12日午前、静岡市葵区の幼稚園で運動会の練習中にテントが風で飛ばされ、園児3人がケガをした。テントの脚は固定されていなかった。

9月12日午前11時頃、静岡市葵区の千代田幼稚園で運動会の練習中に園児の日よけ用のテントが風で飛ばされ、4歳の男の子2人と女の子1人が顔や背中を打撲するなどのケガをした。当時、静岡市では最大瞬間風速10mほどのやや強い風が観測されていた。

千代田幼稚園・松永広雄園長
「やや強い風は吹いていたがテントが飛ぶ程ではないと判断していた」
風が強くなってきたなと思ったら、気付いたらテントが舞い上がっていた」
「飛んだテントの脚は特に抑えることなく置いてあった。運動会の総練習なので、短時間なのでいいかなと思ってついついそのままに固定しないままにしてしまった」



警察はテントの脚を固定していなかったことが事故につながった可能性もあるとみて、業務上過失傷害の疑いも視野に当時の詳しい状況を調べている。

風で舞い上がるようにしてこのトタン屋根の上に倒れ、その際に、その下で水筒の水を飲んでいた子どもがケガをしたという





64歳の園長と38歳の女性教諭

2019年9月、静岡市の幼稚園でテントが風で飛ばされ園児3人がケガをした事故で、警察は安全管理を怠っていたとして、園長ら2人を書類送検した。

この事故は2019年9月、静岡市葵区の幼稚園で、テントが風に飛ばされ運動会の練習中だった園児3人が顔や背中などを軽いけがをした。事故当時、静岡市内では10メートルほどの風が吹いていたが、幼稚園は、テントの足を押さえるなど必要な安全管理を怠ったとして、警察は3月18日、男性園長と運動会の運営責任者だった女性職員を業務上過失傷害の疑いで、書類送検した。




幼稚園の園長ら2人書類送検

静岡中央署は18日、幼稚園の運動会の練習で設置したテントが強風で飛ばされ、園児3人が軽傷を負った事故で、テントを固定するなどの安全管理を怠ったとして業務上過失傷害の疑いで、静岡市葵区の幼稚園の男性園長(64)=同区=と、運動会の責任者だった女性幼稚園教諭(38)=同市駿河区=を書類送検した。

書類送検容疑は昨年9月12日午前11時ごろ、葵区東千代田の千代田幼稚園で、運動会の練習中、園庭に設置したテントの安全管理を怠った結果、強風で飛ばされたテントに当たった4歳の男児2人と女児1人の首や頭などに軽いけがを負わせたとしている。

静岡中央署によると、運動会を運営する責任者として天候の変化などを想定し、テントを土のうで固定するなど適切に設置すべきだったのに、これを怠ったと判断した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/18

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.13 (Fri)

クリニック院長が看護師をひき逃げ

ひき逃げした医師は78歳 意識不明の重体 ⇒ 39歳の男性看護師



78歳医師をひき逃げ容疑で逮捕 39歳看護師が重体

ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、命を救うはずの病院の医院長だった。そして、意識不明の重体で搬送された39歳の男性は、事故現場近くの病院で働く看護師。

午前7時すぎ、静岡市駿河区小鹿の交差点で、横断歩道を渡っていたとみられる39歳の男性が車にはねられた。頭を強く打ち、意識不明の重体。警察によると、男性は近くにある静岡済生会総合病院に勤務する看護師で仕事に向かうところだった。

事故から1時間半後、ひき逃げの疑いで逮捕されたのは駿河区にある病院の78歳の医院長。医院長は通勤途中で、「何かにぶつかったが、人だとは思わなかった」と話しているという。
捜査関係者によると、付近の防犯カメラに医院長の車が事故を起こし、そのまま逃げた様子が映っていた。


男性看護師は意識不明の重体



医師がひき逃げ 看護師が重体

3月12日朝、静岡市の市道交差点で、静岡市駿河区池田=看護師の篠宮亨39歳が車にひき逃げされる事件があり、警察は78歳の医師の男を逮捕した。

過失運転傷害の疑いなどで逮捕されたのは、静岡市駿河区の医師で望月欣也78歳。
警察によると、容疑者の医師は12日朝7時すぎ、静岡市駿河区小鹿の交差点で、横断歩道を渡っていたとみられる39歳の看護師の男性を車ではね、そのまま逃げた。

看護師の男性は頭を強く打ち、重体だという。現場は静岡済生会総合病院の目の前で車の通りが多い場所。容疑者の医師は容疑を認めていて、警察が当時の詳しい状況を調べている。



最近のひき逃げ事件では

死亡ひき逃げでも猶予付きの有罪判決 2020年3月12日

去年10月、札幌市で男子大学生がひき逃げされ死亡した事件で、札幌地方裁判所は車を運転していた51歳の被告に執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。

札幌市東区の新聞販売所従業員、岡田敏宏被告(51)は去年10月、豊平区内で車を運転中に当時20歳の男子大学生をはねて死亡させたのにそのまま走り去ったとして、ひき逃げなどの罪に問われていた。

12日の判決で札幌地方裁判所の駒田秀和裁判官は
「運転中に感じた衝撃や音からも重大な事故を起こした可能性を十分認識していたのに、恐ろしさから走り去ったという動機は身勝手だ。若く前途ある被害者の命を奪った結果は重い」と指摘した。
そのうえで「被告は反省し謝罪もしている」と述べて、懲役3年執行猶予5年を言い渡した。


未来のある これからの日本を支えていく若者を大学生を 車でハネて逃げた
20歳の男子大学生は亡くなった
札幌市東区の新聞販売所従業員、岡田敏宏51歳は
反省し謝罪もしているから執行猶予かよ
ちょっとオカシイよな

大学生死亡ひき逃げ 「反省と謝罪をしている」男に執行猶予ついた有罪判決 札幌地裁

札幌市豊平区で、去年10月大学生を車ではねて死亡させ、その場を走り去ったとしてひき逃げなどの罪に問われていた男に執行猶予つきの有罪判決が言い渡された。

札幌市東区の岡田敏宏被告51歳は、去年10月札幌市豊平区の羊ヶ丘通で北海学園大学3年の榎本拓斗さん当時20歳を車ではねて死亡させ、その場を走り去ったひき逃げなどの罪に問われていた。
12日の裁判で札幌地裁は「恐ろしさや家族に迷惑をかけたくない気持ちから現場を走り去った動機は身勝手」と指摘。一方で岡田被告が「反省と謝罪をしている」として懲役3年6か月の求刑に対し懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/13

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.21 (Fri)

この社会福祉法人ライトって*いったい何がしたいの?

なんか ナメられてんじゃね

静岡市が公表 社会福祉法人に改善勧告

静岡市の特別養護老人ホームの閉鎖問題で、市は、運営する社会福祉法人に改善勧告を出していたことを公表した。

改善勧告を受けていたのは静岡市内で特別養護老人ホームを運営する愛知県岡崎市の社会福祉法人ライト。

静岡市によると「ライト」は施設職員の人員が基準を満たしておらず運営の体制が整っていないとして、去年12月に市から改善勧告を受けていた。

市は「ライト」へ改善報告書の提出を求めたが、期限を過ぎても連絡が来ず、公表に踏み切ったという。「ライト」は施設を存続する意向ですが、人材が確保できず、3つの施設は事実上の休止状態が続いている。


愛知県岡崎市の社会福祉法人ライトが静岡市内で運営する特別養護老人ホーム3施設が2019年に事実上、閉鎖された問題で、同市は20日、同法人に介護保険法に基づく改善勧告を出したと公表した。勧告は同年12月17日付。

勧告は、職員の勤務表が作られていなかった運営基準違反や人員が不足した状態で事業を継続した人員基準違反などの是正を求める内容。静岡市はことし1月31日までに改善報告書を提出するよう同法人に求めたが、提出されなかった。同市は2月18日に状況が改善されていないことを確認して公表した。

問題は同法人が19年9月、同市に施設閉鎖の意向を説明したことに始まり、3施設の入所者計133人全員が別の施設への転居を余儀なくされた。

同市によると、同年11月と12月に監査を実施して改善勧告をした。3施設は現在も閉鎖状態だが、同法人は運営継続を希望しているという。


介護サービス事業所に対する勧告の公表について 2020年2月20日

静岡市は、特養3施設(えん、ゆめ、ひかり)を運営する社会福祉法人ライトに対し、介護保険法第76条の2第1項、第78条の9第1項、第91条の2第1項及び第115条の8第1項の規定に基づき、令和元年11月12日(火)及び12月2日(月)に監査を行い、「静岡市指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例」、「指定介護老人福祉施設の人員、設備及び運営に関する基準」等を遵守していない事例があると判断したため、令和元年12月17日付けで、改善のために必要な措置をとるよう勧告を行いました。
改善報告書の提出期限である令和2年1月31日(金)までに社会福祉法人ライトから報告書の提出がなかったため、改善が図られていないと判断し、同法第76条の2第2項、第78条の9第2項、第91条の2第2項及び第115条の8第2項の規定に基づき公表します。
g

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/21

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.03 (Mon)

ガンバレ!応援するぞ!*賃金格差で訴え出た

介護施設の賃金格差
⇒正社員と同じ仕事だから、ボーナス欲しい パート職員らが提訴

静岡県沼津市の介護施設「クローバーライフ沼津」で働く職員らが、施設を運営する株式会社クローバー(神奈川県平塚市、サン・ライフグループ)を相手取り、職員23人分の未払い残業代や賞与など計約3731万円の支払いを求める訴訟を静岡地裁沼津支部に起こした。

提訴は1月30日付。正社員とパートの各介護職員と代理人弁護士らが2月3日、東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見を開いて明らかにした。職員にはシングルマザーとして働くパート職員も多く、パート職員がいなければ介護業界は成り立たないと訴えた。


正社員への賞与、パートにはなし

原告の職員らはプレカリアートユニオン静岡支部・クローバーライフ分会に所属する組合員総勢23人。同社がパート職員にボーナスを1円も払わないという非正規差別や残業代未払いがあると主張。

パート差別の是正を求め、2017年~2019年までの3年間6回分の正社員と同等基準の賞与の支払いを求める。また、実際は取得できていなかった夜勤の休憩時間や残業代など未払い賃金を請求する。

施設の正社員には会社の業績にかかわらず、毎年夏と冬に給与1か月分の賞与が支給されているが、同じ仕事をこなすパートに賞与は一切支払われていないという。

2018年夏の団交で、同社社長に対してパートにも賞与の支払いを求めたところ、パート1人につき5000円の寸志が支払われた。同年冬の団交でも賞与を求めると、社長は「5000円を昨年渡したことを後悔している」と言って拒否し、それからは団交の求めにさえ応じなくなったそうだ。

訴訟代理人の佐々木亮弁護士は「この5000円も賞与ではなく、組合への解決支払い金という名目で支払われた。賞与を支払ったという実績さえ残したくなかったのではないか」と話す。


名ばかりの夜勤休憩 早出やサービス残業も横行

正社員の50代女性介護職員は「常に早番や遅番や夜勤をしている。夜勤は常にコール対応が30件もある。休憩枠があるけど、対応に追われて現実には休めていない」と語る。

施設の50代男性管理者も「夜間の休憩時間は2時間付与されているが、全く休憩時間としてカウントされず、労働からの解放時間が1分もない」と補足する。名ばかりの休憩時間だけでなく、早出やサービス残業も横行しているという。

賞与や残業代の問題だけでなく、「本社には認められている退職金が施設の正社員にもパートにもない」「有給休暇も消化できない」「本社の通勤手当は2万円と聞いているが、施設職員は上限1万円」など格差や差別の実態が職員の口から明かされた。


利用者みんなが水虫に 人員不足から「虐待」も起きた


人員不足が問題の根底にある。待遇が悪いため、求人を出しても応募がない。2017年ころまでは利用者への「虐待」も横行していたという。

「人員が足りないため、介護職員の中には正式な手続きを取らずに利用者さんを身体拘束したり、放置したりすることがあった。やむにやまれずです」(施設管理者)。

人員だけでなく、予算も足りないため「利用者の靴がカビだらけで、みんなが水虫になっていた」(パートの看護職員の50代女性)というひどい状況だった。団交で求めて問題の状況は改善されつつあるが、職員の待遇はほぼ変わらなず、やむなく裁判を起こすことになった。

小学生の娘を連れて会見に出席したパートの20代介護職員はシングルマザーだ。「介護の内容的には正社員と同じことをしています。子育てのためにダブルワークで働くシングルマザーも多く、一時金が欲しかった」と切実な思いを語る。

クローバー社の親会社である株式会社サン・ライフホールディングは2月3日、弁護士ドットコムニュース編集部の取材に「訴状が届いていないのでコメントできる段階ではございません」とコメントした。

弁護士ドットコムニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00010733-bengocom-soci



職員が多い社会福祉法人
特に障害者福祉事業を多数手がけている福祉法人は報酬 補助金等の公費が多い
理事長は一千万円以上の報酬 設立当初の職員は県庁職員並みの年収を得る
理事役員は 施設の管理者が占めて給与賞与規定を思うがままに
通所施設はパートの主婦が8割 全職員の3割が正社員
理事長はメディアや講演で偉そうに演説するけれど ・・・
ココとか ⇒ 大阪北部の発達障害で少し名を馳せた社会福祉法人

このニュース記事では 運営は株式会社であって 利益を追求するのもわからんでもない
福祉業界での賃金格差
この問題は まずは社会福祉法人の適正な運営から問題提起せなアカン
>大阪北部の発達障害で少し名を馳せた社会福祉法人とか
>全国の社会福祉事業団
>最近では かながわ共同会 等

あのな
たかが社会福祉法人ごときの 理事長が一千万円以上の報酬とか
管理職が公務員並みの年収を得ているとか
法人役員が半数以上を占めて牛耳ってな
バカ?
ほんで運営が厳しいとか介護職は低年収だ とか騒いで アホ?

今回のクローバーライフ沼津で働く職員らが訴えた提起したことは 素晴らしいことや
日本国民に知らしめてくれてありがとう

金のことになると騒ぐ福祉団体
本来はオマエさんとこが問題提起せなアカンやろが

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/03

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.24 (Fri)

磐田市社会福祉協議会の元職員の着服問題*やっと刑事告訴へ

磐田市社協 着服事件刑事告訴へ

磐田市社会福祉協議会の元職員が約2600万円を着服していた問題で、磐田市社会福祉協議会は1月中にもこの元職員を刑事告訴する方針を明らかにした。

この問題は、磐田市社会福祉協議会の40代の男性主任が市の老人クラブ連合会の口座などから約2600万円を着服したもので、男性主任は懲戒解雇されている。
これを受け24日磐田市社会福祉協議会は、再発防止に向けた第三者委員会を初めて開催し、職員の配置の見直しや複数のチェック体制の必要性について意見を交わした。
また、委員会の中で磐田市社会福祉協議会は元職員を今月末までに刑事告訴する方針を明らかにした。


再発防止へ第三者委 会長は留任 残り任期報酬返上

磐田市社会福祉協議会(小野泰弘会長)の元男性職員(40)が管理していた団体会計口座や個人口座から現金を着服した問題で、市社協は24日、再発防止対策を検討する第三者委員会を設置し、市内で初会合を開いた。社協側は被害額について昨年11月の発表時より50万円余り増の総額2611万円と報告。小野会長は不祥事発生をあらためて謝罪し、留任して再発防止に対処し、2月から来年6月まで残り任期の報酬を全額返上する意向を示した。

小野会長は「社会的弱者の権利擁護事業で不正が発生したことに、非常に責任を感じている。信頼回復に努める」と強調した。市社協は今月末までに磐田署に刑事告訴する方針。職員の指揮監督責任として、事務局長を2月から減給10分の16カ月の処分にするほか、元職員を管理監督する立場だった課長補佐やグループ長ら6人の減給や戒告処分も明らかにした。

元職員の着服は昨年10月中旬に発覚。市老人クラブ連合会の会計口座と、認知症高齢者など判断能力が十分でない人の金銭管理を行う日常生活自立支援事業と成年後見事業で管理した計8人の個人口座から不正に現金を引き出していた。

任期満了で退職金 〇千万円 ってか
ふつうは辞任するよな

磐田市社協職員が1200万着服 管理口座から不正出金 2019年10月23日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4674.html
その後 書類の精査と本人や関係者からの聞き取り調査 2019年11月8日
磐田市社会福祉協議会の職員が老人クラブの口座などから不正に現金を引き出し着服していた問題で、その総額が2500万円にのぼっていたことが明らかになった。
磐田市社会福祉協議会 事務局長の山下重仁
「本人が認めた着服額は2555万1592円でございます」
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4737.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/24

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.17 (Fri)

ねねの里デイサービスセンター行政処分





掛川の介護事業所 県が行政処分 運営基準違反や不正請求が発覚

静岡県は、掛川市内で介護施設を運営する事業者について、運営基準違反や不正請求があったとして行政処分をした。

県が処分したのは掛川市上内田で通所介護事業所を運営する事業者。

県によると、事業者は少なくとも、2017年の11月から2019年8月までの間、デイサービスの提供中に利用者のケアプランにない医療機関の受診をさせた運営基準違反があった。また、利用者の送迎費用など約282万円の不正請求もしていた。

県は、事業者を2月1日から3か月間、自治体に請求する介護サービス費の上限を5割減にする処分とし、法令順守の徹底を指導する。



介護保険法に基づく処分

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/17

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.13 (Fri)

五常 ⇒ 園長の座光寺明さん

ありがとう

9年間 図書カード贈った「タイガーマスク」、正体が判明

磐田市の渡部修市長(左)から感謝状と記念品を贈られた座光寺明さん(同2人目)ら=2019年12月10日午後2時ごろ、静岡県磐田市役所

漫画「タイガーマスク」の主人公を名乗り、静岡県の磐田市役所に手紙と図書カードを9年間送り続けた人物が10日、姿を現した。活動を報じた新聞やテレビで渡部修市長が「会いたい」とメッセージを送り、市役所で面会が実現した。

贈り物の差出人は「伊達直人」。その「正体」は、市内の私立幼稚園園長の座光寺明さん(61)だった。児童養護施設などにランドセルや文具などを贈る「タイガーマスク運動」が全国的に話題となった2011年1月に活動をはじめた。

その後、「タイガーマスク」のニュースが流れた時の園長の様子で職員が気付き、職場に募金箱が置かれるようになった。以降、差出人は「伊達直人と仲間たち」に変わった。

今年で10回目になるプレゼントで贈った図書カードは計102万円分。手紙には「今回でいったん、私のタイガーマスク運動は休止させていただこうと思います」とつづられていた。

渡部市長は「(面会が)実現できてうれしい」。座光寺さんはプレゼントをランドセルではなく図書カードにしたことについて「1冊で何人もの子どもが楽しんでくれるから」と説明。今後の運動については「何が出来るか、1年間じっくり考える」と話した。


ありがとう
こ れ か ら も ずっーと

「磐田の伊達直人」は幼稚園長 寄贈10回節目、名乗り出る
漫画「タイガーマスク」の主人公の名前を取って「伊達直人と仲間たち」として2011年から毎年、磐田市に手紙と図書カードを贈り続けてきた差出人らが初めて、名乗り出た。10日、市役所で渡部修市長と面会した。

市役所を訪れたのは龍の子幼稚園(同市)の座光寺明園長(61)と同園職員。11月5日に活動の一時休止をつづった手紙と併せて通算10回目(計102万円)の寄贈を受けた渡部市長が、「善意への感謝を直接伝えたい」と発言。その報道を目にした座光寺園長が面会の希望を伝えた。

座光寺園長は「善意の運動を風化させたくなかった。自分の思いが多くの人に伝わればと思い、名乗り出ることを決意した。今後、自分に何ができるかを考えたい」と語った。

渡部市長は「お目にかかることができて感激している。浄財は大切に使わせていただく」と謝辞を述べ、感謝状を手渡した。

この日は、10年に群馬県の福祉施設にランドセルを贈ったことで全国に広まった「タイガーマスク運動」の火付け役となった河村正剛さん(46)=同県=も「磐田の伊達直人」との対面を望んで駆けつけた。





なんか
この人って
仁 義 礼 智 信
を生まれながらに持ってるんだろな

こんな幼稚園に子供を預けたいよな

社会福祉法人ではなく学校法人が
これほど詳細に見やすく判りやすく公表している情報公開
法人の健全性や安全性がわかるな

学校法人龍の子学園
財産目録 平成31年3月31日現在
http://www.tatsunoko.ed.jp/wp-content/uploads/2016/02/zaisan-2.pdf

収支計算書・貸借対照表

監査報告書
公認会計士が報告書に所見と私表明しているなんて珍しい すばらしいな
http://www.tatsunoko.ed.jp/wp-content/uploads/2016/02/SCAN-0368.pdf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/13

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.12 (Thu)

保育士たちのこういう判断は間違ってると思うけど

0209mn_bbv6.jpg

保育園職員18人が一斉に退職届 パワハラなど理由に

浜松市の認可保育園で18人の職員がパワーハラスメントなどを理由に一斉に退職届を出し、運営に影響が出かねない事態になっていることが分かった。浜松市は園長などから聞き取りを進める一方、速やかに保護者向けの説明会を開くよう求めている。

この保育園は浜松市西区にある認可保育園「メロディー保育園」で、浜松市によりますと今月4日、弁護士を通じて、保育士や栄養士など18人が一斉に今月28日付けの退職届を提出したと連絡があったという。

退職の理由については
園長と専務にパワーハラスメントやセクシュアルハラスメントをなどを受けていた
日常的に人格を否定する言動があり極度のストレスを感じた
 など
市は運営に影響が出かねない事態を重く見て園長などから聞き取りを進める一方、速やかに保護者向けの説明会を開くよう求めた。

「メロディー保育園」は平成17年に設立され、0歳から5歳までのおよそ140人の子どもが通っている。
高部志保子園長は、「事態を重く受け止めています。子どもたちや保護者が困らないよう、これからも一緒に働いてもらえないか話し合いを続けていくつもりです」と話している。


なんか アレか
最近ちかごろ多い保育士の大量一斉退職
流行りなんですか



保育士が保護者あてに出した文書

「子供や保護者の前で罵倒される」 「つわりは病気ではないので休むのはおかしいと会議の場で批判する」など、園長とその夫の専務のパワハラやセクハラ発言があったと書かれている

会議の場でツワリは病気ではないので
休むのはおかしいと批判される


子供や保護者の前で罵倒される


なんか 筋が違うと思うけどな


自分たちは これコレこうだから辞めますって 保護者に文書を ・・・
あのな アンタらの仕事は 子供たちの心身を健全に発達するように
教育 養護することが使命でしょ って
142人の子供たちをどうするんですか

キツイ言い方ですけど (ごめん
自分に与えられた仕事を投げ出していませんか
放棄してませんか
今まで我慢してきたんですか
なぜ浜松市へ訴えなかったんですか
労働組合をつくるとか
ユニオンに相談するとか考えなかったのですか?


「子供の前で罵倒」パワハラ訴え保育士18人一斉退職

浜松市の保育園で保育士など18人が一斉に退職届を出していたことが分かった。保育士たちはパワハラ被害などを訴えている。
保育士と栄養士18人が11日一斉に退職届を出したのは、浜松市西区の認可保育園「メロディー保育園」。

園に対しては保護者からも
保護者
「家族を侮辱する言葉をかけられたこともあったので、あなた方のような両親がいるこの子がかわいそうだとか、私も保育士の先生方の気持ちがわかると言うかいろいろ・・・」

別の保護者
「(心配なのは)子供たちですよね、いつもいた先生全員いなくなるというのが」

園長は取材に対して「先生たちがそう受け止めたのなら、全て私がいたらない部分であるのかと思っているので、認めるのか認めないかというなら、全部認めるということになるでしょうし」

今後どう運営するのかは決まっておらず、市は保護者説明会を開くよう園に求めている。


保育士が18人が辞めると8人となる
園児142人対して17人以上が必要




とあるTwitterでは その問題の文書を公開している
https://twitter.com/Di7dQ9LrHqnLZCJ

園内での解決は不可能であると判断し、弁護士、労働基準監督署などの外部専門機関にも相談を重ねてきましたが、改善は難しく、 ~

え? ええ?
>労働基準監督署などの外部専門機関にも相談を重ねてきた
ホンマでっか
どこの労働基準監督署やねん
外部専門機関ってどこ?
晒してくれよ
これって
大問題ですよ
>弁護士に労働基準監督署や外部専門機関に相談をしたが ⇒ 改善は難しく
>改善は難しく
というのは改善できなかった ということで認識していいのか
となれば
今回のメロディー保育園の事件は
日本国の社会問題として提起されなければならない!

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/13

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.08 (Fri)

磐田市社会福祉協議会 ⇒ 本人が認めた着服額は2555万1592円でございます

10月23日
静岡県磐田市の市社会福祉協議会は23日、地域福祉課の柴田明浩主任(40)が、昨年4月から今年10月までに、同市社協が管理する老人クラブ連合会の会計口座から少なくとも現金1200万円を着服した疑いがあると発表した。


磐田市社協職員が1200万着服 管理口座から不正出金
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4674.html


その後 書類の精査と本人や関係者からの聞き取り調査



磐田市社会福祉協議会の職員が老人クラブの口座などから不正に現金を引き出し着服していた問題で、その総額が2500万円にのぼっていたことが明らかになった。

磐田市社会福祉協議会 事務局長の山下重仁
「本人が認めた着服額は2555万1592円でございます」

この問題は磐田市社会福祉協議会地域福祉グループのグループ長(40)が担当していた磐田市老人クラブ連合会の口座などから不正に現金を引き出し着服していた。

その後の書類の精査と本人や関係者からの聞き取り調査により、磐田市老人クラブ連合会の口座から約1000万円、日常生活自立支援事業などの利用者8人の口座から約1500万円、あわせて2500万円を着服していたことを認めたと発表した。被害者へは謝罪と説明を行うとともに、被害金については当面は社協の会計から補てんするという。社協ではグループ長に弁済を求めるとともに刑事告訴に向けて弁護士と調整している。




着服職員を懲戒解雇 磐田市社会福祉協議会が処分 11月13日
磐田市社会福祉協議会は12日、管理する団体口座などから不正に多額の金銭を出金、着服した地域福祉課の主任(40)を同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

調査では、主任は2017年度から19年度までの間、担当していた市老人クラブ連合会の会計口座と、日常生活自立支援と成年後見両事業の利用者口座から不正出金し、着服したと認めている。被害額は現時点で約2555万円。

市社協は「信頼を著しく失墜させる行為。厳正な処分を行った」とした。被害額などの調査は継続し、主任が日常生活自立支援事業を担当していた14年度以前についても調べる方針。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/13

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.31 (Thu)

そもそも派遣の介護士って どうなん?

スタッフ2人を派遣していた 派遣料78万円

介護士2人 一人あたり約40万円





人材派遣会社ホットスタッフは

9月+10月=105万円  計算が合わないわ

人材派遣会社が社会福祉法人ライトを提訴 派遣料の支払い求める

静岡市の特別養護老人ホームで、入所者全員が退去を迫られた問題で、施設を運営する愛知県の法人が、人材派遣会社に提訴されていたことが分かった。
2日付で提訴されたのは、静岡市内で3つの特別養護老人ホームを運営する、愛知県岡崎市の社会福祉法人ライト。

訴状などによると、この施設にスタッフ2人を派遣していた人材派遣会社「ホットスタッフ」は、この法人から8月分の派遣料約78万円が、期日までに支払われず、信頼関係が壊れたと判断し提訴した。まだ支払われていない9月分と10月分の派遣料、約105万円の支払いも求めている。

社会福祉法人ライトの理事は、「訴状は届いたが8月分の支払いはきちんとしてある。先月分はあす支払い今月分は来月末に支払う予定」とコメントしている。
この法人は先月、経営難を理由に全ての施設の閉鎖を検討していると市に伝えていて、今月中旬には、愛知県から業務改善勧告が出されていた。

人材派遣会社側の弁護士は、「派遣料を全額回収できた時点で訴えを取り下げる」としている。

第1回口頭弁論は来月15日の予定。



病院で
派遣の看護師は給料30~40万円ぐらいもらってるからな オイシイな

近頃事故が多い幼稚園バス
運転手は請負いで雇われている人が多い
請負で雇われている幼稚園バスの運転手は高校生のバイト並みの時給だからな

ちなみに
バス運行管理会社 俗にバス請負会社と言われる業界
街中でよく見かけるマイクロバス
幼稚園とかスイミングスクールや学習塾 デイサービス 病院等の送迎バスだな
幼稚園ではマイクロバス1台の運行委託料は一カ月40万円ぐらい そのうちの
運転手に支払う賃金は日給で6000~7000円
病院等の送迎バスでは
8時~18時 土日祝日休みの運行委託料は一カ月60万円ぐらい
運転手に支払う賃金は月給17万円~20万円

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/31

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.24 (Thu)

新しい職場で見返してやれ! ガンバレよ!

反面教師
人間は生きているなか この人のようにだけはなりたくないと思う
こんな人を見習いたくないと

岡崎市の社会福祉法人ライトは生き残れな ・・・ ?


10月23日

愛知県岡崎市の社会福祉法人ライトが静岡市内で運営する三つの特別養護老人ホームの閉鎖問題で、入所していた計133人全員の退去が23日午前、完了した。岡崎市によると大半が市内の別の特養に転居したという。


特別養護老人ホームえん 定員100人  静岡県静岡市清水区三保16-1
特別養護老人ホームゆめ 定員36人  静岡県静岡市葵区羽鳥本町20番地98号
地域密着型特別養護老人ホームひかり 定員24人  静岡県静岡市葵区羽鳥7丁目14番72号
計160人
閉鎖検討の特養3施設 事実上の休止へ

社会福祉法人ライトの理事が9月20日に静岡市役所静岡庁舎を訪れ、人員不足などによる経営難を理由に閉鎖の意向を伝えた。9月末時点で3施設に計133人が入所していたため、市は事態の緊急性を重視して事業者団体や3施設と連携し、10月上旬から入所者の転居支援を開始。

静岡市によると、えんのほとんどの職員が31日付の退職願を提出した。一方、同法人は7日に同市や愛知県などが行った聞き取りに対しては「閉鎖するつもりはない」と説明したという。市の担当者は「法人を監査指導する愛知県などと今後も連携して情報共有を図る」とした上で「法人に対しては早急かつ明確な施設の運営方針の提示を求める」と述べた。






    



大丈夫や オマエらは これだけ人生のドン底を経験したんだから
学びの方法を経験したのだから 前向きに生きていけるぞ
希望を持つことが大事や



我々の税金を使って ママごと しとったんか 社会福祉法人ライト

特養廃止「命に関わる」 職員が転居先確保へ市に嘆願 2019年9月29日
静岡3特養老人ホーム廃止検討 法人側、市に意向伝達済み 9月27日
静岡の3特養、閉鎖検討 運営法人「経営難」と説明 9月26日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4626.html

私立さつき保育園の閉園巡り津市が保護者説明会 2017年1月30日
津市新町一丁目のさつき保育園の閉園をめぐる問題
社会福祉法人ライトが経営難を理由に突然閉園すると
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3251.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/24

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.23 (Wed)

猫糞された金を返してもらい刑事告訴*アタリマエでっせ



磐田市社協職員が1200万着服 管理口座から不正出金

磐田市社会福祉協議会は23日、地域福祉課の男性職員が、同社協が管理する市老人クラブ連合会の会計口座から不正に出金し、着服していたと発表した。判明している着服金額は2018年度以降、少なくとも約1200万円に上る。別事業で管理する個人口座からも不正に引き出したとみられ、調査でさらに金額が膨らむ可能性がある。既に磐田署に相談し、被害届の提出も検討している。

同日午後、小野泰弘会長らが会見し、経緯を説明する。

同社協によると、着服に関与していたのは同課地域福祉グループの主任(40)。約17年間社協に勤務し、市老ク連事務局や地区の福祉活動に関する業務に従事するグループ長の立場だった。口座から出金する際、数字の書き換えなど不正に伝票を起こしていたとみられる。

主任は今月上旬から、病気を理由に欠勤していた。必要な支払いのため別の職員が16日朝に同口座を確認した際、残金が数万円しかなかったことが分かった。19日に本人に聞き取りしたところ着服の事実を認め、ギャンブルなど遊興費に充てたと話したという。前年に一部担当した高齢者ら日常生活に不安がある人の自立支援事業でも、管理していた個人通帳から不正に引き出し、クラブ会計に補塡(ほてん)していたとみられる。

同社協は「口座の管理やチェック体制が非常に甘かった」とし、調査を進めて全容解明と再発防止を図る。


社会福祉法人磐田市社会福祉協議会
理事長 八木啓仁
一人だけ常勤の業務執行理事 山下重仁

静岡県の磐田市社会福祉協議会は23日、男性職員(40)が同市老人クラブ連合会の口座から約1200万円を着服していたとみられると発表した。弁済は済んでおらず、市社協は刑事告訴を検討している。職員は内部調査に対し「ギャンブルに使った」などと話しているという。

市社協によると、職員は同連合会の会計を担当。2018年度から90回にわたり計約1200万円を着服したとみられる。穴埋めのために、日常生活自立支援事業の利用者の口座から不正に出金していたと話しているという。

体調不良で休暇を取った職員の代わりに会計を行った他の職員が、同連合会の口座残高が少なくなっていることに気付き発覚した。職員は借金があり、両親が弁済する見通し。




 磐田市社会福祉協議会の職員が老人クラブの口座などから不正に現金を引き出し着服していたことが明らかになりました。その額は1200万円を超えるとみられている。

磐田市老人クラブ連合会の口座から不正に現金を引き出し着服していたのは、磐田市社会福祉協議会地域福祉グループのグループ長(40)。
社協によると、グループ長は老人クラブの事務局担当で会計口座を管理する立場だった。10月に入り職員が体調不良を理由に長期休暇を申し出たため代わりの職員が口座を確認したところ、残高が4万6千円ほどしかなかったため問題が発覚した。

社協の調査では、老人クラブの会計で帳票類の不備が2018年度と2019年度で合わせて90件、金額にして1204万円に上る。またグループ長は老人クラブ会計の補てんのため、日常生活自立支援事業の利用者の口座からも不正に出金していたとのことで、社協は職員の着服した額は1200万円を超えるとみている。

グループ長は架空の出金伝票を作ったり領収書を改ざんするなどして不正に現金を引き出していたとみられ、着服を認め、金はギャンブルに使っていたと話しているという。社協では再発防止策としてチェック体制の強化を図るとともに警察への被害届の提出を検討しているという。


静岡県民や磐田市民や 日本国民に支えられて運営してるんや 



実は
磐田市社会福祉協議会 ⇒
本人が認めた着服額は2555万1592円でございます
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4737.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.02.19 (Tue)

介護報酬2540万円不正受給

不正受給 介護報酬2540万円

静岡県などは12日、三島市の介護事業会社「カームライフ」が2016年4月~昨年7月、介護記録を作成せずに請求するなどして介護報酬計約2540万円を不正受給していたと発表した。県は支払い元の三島市など7市町に対し、罰金の意味合いがある加算金を足した約3550万円を同社に請求するよう要請する。また、7日付で同社の訪問介護事業所を3月から6カ月停止とするなどの行政処分を出した。

静岡県によると、昨夏に関係者からの情報提供を受けて同社を監査し、訪問介護事業所など3施設で不正受給が見つかった。


株式会社カームライフ
代表取締役 杉本雄治

事業内容
住宅型有料老人ホームの運営及び在宅介護サービス事業所の運営

設 立
平成27年4月10日

静岡県三島市徳倉3丁目1-29



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/02/19

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.01.16 (Wed)

静岡県東部の障害者施設で元職員が男児にワイセツ行為をしていた





去年11月に下着を盗んだ疑いで逮捕される

2016年1月 当時 勤務していた福祉施設で10代の男子児童の下半身を写真に撮影していた

障害者施設で10代男児にわいせつ行為した疑い 元職員を逮捕

障害者施設を利用する10代の男の子に、わいせつな行為をしたとして、施設の元職員の男が逮捕された。
男は容疑を認めている。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、三島市文教町の無職 吉本孝一 容疑者で、3年前 当時職員として働いていた静岡県東部の障害者施設で、10代の男の子にわいせつな行為をした疑いが持たれている。

吉本容疑者は「間違いない」と容疑を認めている。

吉本容疑者は2018年11月に、下着を盗んだ疑いで逮捕されていて、関係者によると、自宅から見つかった下着の中には施設を利用していた子供のものもあったという。
警察は当時の状況を詳しく調べている。








福祉施設元職員が男児にわいせつ

三島市に住む福祉施設の元職員の男が、職員だった当時、施設に通っていた10代の男子児童の裸を写真に撮影したとして警察に逮捕された。

逮捕されたのは静岡県東部にある福祉施設の元職員で、三島市文教町に住む吉本孝一容疑者(39)。

警察によると、元職員は3年前の1月、当時、勤務していた福祉施設で、この施設に通っていた10代の男子児童の下半身を写真に撮影したとして、強制わいせつの疑いが持たれている。

元職員は去年11月に別の子どもの下着を盗んだとして逮捕され、その後の捜査で児童の写真を持っていた
調べに対し、男は容疑を認めているということで、警察は犯行当時の状況などを詳しく調べている。


静岡県東部の障害者施設
この施設に通っていた10代の男子児童


http://kiboukai.or.jp/data/pdf/nozomi_96.pdf

http://kiboukai.or.jp/data/pdf/nozomi_96.pdf
qoook_2097983.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/01/16

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.09.13 (Thu)

こういう輩にはネットで晒す*そのほうが本人は自己反省するやろ

gtt5_8ikm80d0.jpg

いかなる場合も
決して暴力は許されるものではない




https://www.youtube.com/watch?v=3IVSfp5E53s

加害者は定年後に再雇用された非正規社員の清掃作業員
被害者の男性は正社員



加害者は
半年前ぐらいにも被害者に同様な行為をしていた
そのときも加害者が被害者側に謝罪していたという

このご時世では
世間に訴えるときは証拠を示すべし

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/09/13

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.05.30 (Wed)

理学療法士が女児にワイセツ

整形外科で女児にわいせつ行為、理学療法士を逮捕

整形外科で業務中に女児にわいせつな行為をしたとして、静岡県警富士署は30日、強制わいせつの疑いで、静岡県富士市五貫島の「喜山整形ハーブクリニック」でリハビリを担当する理学療法士、佐藤元太容疑者(26)=富士市森下=を逮捕した。佐藤容疑者は容疑を認めている。

逮捕容疑は4月28日午前10時ごろ、病院内で業務中に小学生の女児の体を触る、わいせつな行為をしたとしている。

富士署によると、女児の話を聞いた保護者が5月初旬、被害届を署に提出し発覚。署は余罪があるとみて捜査を進めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/09

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.02.10 (Sat)

静岡県の株式会社シフト*6事業所で行政処分

株式会社シフト
代表取締役 高野勝好
静岡県駿東郡清水町伏見616-1


介護報酬不正受給で6事業所を行政処分

介護報酬を不正に受給したなどとして、県は9日、介護会社「シフト」(清水町)が運営する訪問介護事業所など6事業所について、介護保険法に基づく指定を取り消す行政処分を行ったと発表した。処分は7日付で、28日に指定を取り消す。

静岡県の説明によると、同社が運営する函南町、清水町、富士市にある6事業所では平成27年10月から29年1月にかけて、実際には行っていない介護サービスを提供したように装って介護報酬を不正に受給するなどしていた。不正受給した介護報酬は計約2160万円に上っており、県は保険者の各市町に加算金を含めて返還するよう求めている。


代表取締役 髙野勝好





3,020万円返せよ!

介護保険法に基づく事業者の行政処分

介護サービス事業所について監査を実施した結果、不正事実が明らかになったので、介護保険法に基づき事業者の処分を行います。

株式会社シフト
代表取締役 髙野勝好

所在地
静岡県駿東郡清水町伏見616番地1

対象事業所
訪問介護及び介護予防訪問介護
(ア) ヘルパーステーションシフティーン熱海 (田方郡函南町)
(イ) ヘルパーステーション シフティーン三島長泉 (駿東郡清水町)
(ウ) ヘルパーステーション シフティーン富士富士宮 (富士市)

居宅介護支援    
(ア) シフティーン熱海 居宅介護支援事業所 (田方郡函南町)
(イ) シフティーン三島長泉 居宅介護支援事業所 (駿東郡清水町)
(ウ) シフティーン富士富士宮 居宅介護支援事業所 (富士市)

2 処分内容(処分決定日:平成30年2月7日)
(1) 訪問介護事業所及び介護予防訪問介護事業所
指定の取消し : 平成30年2月28日

(2) 居宅介護支援事業所
指定の全部の効力の停止 : 平成30年3月1日から6月間


3 処分の主な理由
(1)  訪問介護事業所及び介護予防訪問介護事業所
 ア 計画に基づかないサービス提供、不正なサービス記録の作成等の運営基準違反
 イ 架空のサービス提供に係る不正請求及びタイムカード等の虚偽報告
(2)  居宅介護支援事業所 
 ア 不適正な給付管理を行った運営基準違反

4 今後の対応
(1) 事業所が不正に受領した介護報酬(約2,160万円)に、加算金(40%。約860万円)を付加して返還請求をするよう、保険者である三島市等に要請します。(2) 利用者のサービス利用に支障が生じないよう、事業者を指導するとともに、保険者に要請します。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/02/19

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.12.28 (Thu)

これを福祉を食い物にしていると言う ⇒ NPO法人社会保健団体心友会

NPO法人社会保健団体心友会

なんか胡散臭いNPOやな


静岡県が訪問介護事業者の指定取り消し処分

県は、磐田市で訪問介護事業所を運営する事業者が介護報酬を不正請求したなどとして、事業者の指定を取り消すと発表した。事業者の指定が取り消されるのは、浜松市中区東伊場の心友会。心友会は磐田市西貝塚で「訪問介護ステーション芙蓉」を運営しているが、県によると去年9月からことし8月までの間に訪問介護員の資格がない人に訪問介護サービスを担当させ、その介護報酬を請求するなど、これまでにあわせておよそ1400万円を不正請求したというもの。県は1月31日付で事業者の指定を取り消し、磐田市に返還請求を要請することにした。


磐田市にある訪問介護サービスの事業所が、介護福祉士の資格を持たない人にサービスを行わせて介護報酬を不正に請求していたことがわかり、県は事業所の指定を取り消すとともに、介護報酬の返還を求めることにする。

指定取り消しの行政処分を受けたのは、浜松市中区の社会保健団体「心友会」が磐田市で運営している「訪問介護ステーション芙蓉」。

この事業所はおととし9月からことし8月頃にかけて、施設の利用者13人に対し、
▼介護福祉士の資格を持っていない職員が訪問介護の計画を作成していたほか、
▼介護員の養成講座を受けていない職員が介護サービスを行って、介護報酬約1400万円余りを不正に請求していたという。

県は、介護保険法に違反しているとして、事業所の指定を1月31日付けで取り消すとともに、不正に受け取った介護報酬を返還させる行政処分を行うことを決めた。
施設を運営する「心友会」は県の調査に対し、運営に問題があったことを認めているということで、訪問介護員の確保ができなかったなどと説明しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/12/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.10.01 (Sun)

6歳の男児に強制わいせつ*大川浩平36歳起訴される


男児にわいせつ行為の保育教諭を起訴 静岡地検

静岡地検は9月29日、静岡市駿河区国吉田、市立中村町こども園の保育教諭、大川浩平容疑者(36)を強制わいせつの罪で静岡地裁に起訴した。起訴状では、大川容疑者は8月10日、こども園で、13歳未満と知りながら男児(6)の下半身を触るなどしたとしている



男児に強制わいせつ容疑、保育教諭の36歳男を逮捕 9月11日

静岡南署は11日、6歳の男児にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつの疑いで認定こども園の保育教諭大川浩平容疑者(36)を逮捕した。

逮捕容疑は8月10日午後2時ごろ、勤務先の認定こども園で男児の下半身に触るなどした疑い。容疑を否認している。

静岡市によると園は当時、昼寝の時間中で園児約20人と大川容疑者が教室にいた。帰宅後に男児から打ち明けられた保護者が園に問い合わせた。

大川容疑者は2015年から同園に勤務。今年4月から男児のクラス担任だった。

静岡市子ども未来局の深沢俊昭次長(57)は「本市職員が逮捕されたことは大変遺憾。事実を確認し厳正に対処していきたい」とコメントしている。


男児にわいせつな行為をしたとして、静岡県警静岡南署は11日、強制わいせつの疑いで、静岡市駿河区国吉田の公立こども園保育教諭、大川浩平容疑者(36)を逮捕した。同署は大川容疑者の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は8月10日午後2時ごろ、同市内にある勤務先の市立こども園で、寝ていた男児(6)の下半身を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

同署によると、当時園児たちは昼寝の時間で、教室には園児20人ほどと大川容疑者がいた。男児から話を聞いた母親が後日、同署に相談したという。

市子ども未来局の深沢俊昭次長は「職員が逮捕されたことは大変遺憾。事実を確認し、厳正に対処していきたい」とのコメントを出した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/10/01

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT