FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2020.01.27 (Mon)

宮崎市のイジメ問題 ⇒ 県民性だと思うわ

この問題
幼稚園 保育所の時期から イジメはアカンよ って
子供たちに教えるか そんな環境をつくれよ宮崎県民さんたち

障害児がいじめられて転校 学校は当初認めず、後に謝罪

宮崎市立小学校の特別支援学級に通い、軽い知的障害のある5年生男児(11)が通常学級の複数児童からいじめられて不登校となり、今月転校したことが分かった。2年生の頃からいじめられていたという。学校は当初いじめと認めなかったが、父親の訴えを受けた市教委の指導後、事実関係を認めて謝罪した。

市教委や学校によると、男児は理科や社会などの教科を通常学級で学ぶ「交流学級」に参加。
2年生の交流学級で複数児童から「キモい」と言われた。
3年生では顔をつねられたり上履きを隠されたりし、4年生では上履きを水でぬらされた。
5年生では理科の授業中に実験材料のマメを食べるよう迫られたという。

2年生時から父親が担任らに対応を求めた。だが、学校は加害児童からのみ聞き取り「児童間のトラブル」として、いじめと認識せず、加害児童への注意にとどめた。昨年4月、父親の訴えを受けた市教委が、いじめが疑われる事案として丁寧に対応するよう学校を指導。学校は5月、男児が2年生時からいじめを受けていたと認め、父親に謝罪した。だが、男児はその後不登校になり、今月、近隣の小学校に転校した。

昨年4月に就任した校長は「早い段階で真摯に向き合っていじめを解消していれば、ここまでの事態にはならなかった。転校になって申し訳なく、残念だ」と述べた。市教委の押川幸広・学校教育課長は「2年生当時から、いじめを前提とした指導がされていれば長引くことはなかった。いじめ防止基本方針を2014年度に策定した市教委と学校現場の間に、いじめの認識で温度差があった」と述べた。


なんのこっちゃ宮崎市     なんのこっちゃ宮崎市の教育委員会
  教育レベルが低い宮崎市   教師のレベル低い宮崎市


いじめ認知が過去最多 宮崎日日新聞 2017年11月8日

宮崎県内もいじめ認知件数が最多の1万947件となり、前年度の1・8倍。内訳は小学校9388件(前年度比4819件増)、中学校1351件(同22件増)、高校166件(同8件増)、特別支援学校42件(同4件減)で、小学校の急増が全体を押し上げた。

言うまでもなく、数字の把握が目的ではない。重要なのは事例を認知した上で、周囲がどんな対応、対策を取るかだろう。一つ一つの事例に複雑な人間関係や経緯があり、他者には想像もできないような心身の苦痛が当事者に起きている。教員らによる適切な介入とサポートが必要だ。

いじめの兆候があれば学校は隠蔽せず、組織として対応してほしい。教員が1人で抱え込まない、ということだ。「いじめゼロ宣言」などの美辞麗句に惑わされず、事実を見る力を養いたい。

いじめの芽に気付いたら誰かに相談する、そのためには気軽に相談できる関係を普段から築いておくことが求められる。一人一人のわずかな違和感や異変を放置せず、子どもに関する小さな情報を持ち寄って情報の束にし、共有化する。子ども集団の中で何が起きているか、教員が随所で適切に把握できればいじめの早期発見、早期対応につながるからだ。

宮崎市では昨年8月、自殺した市立中学校の男子生徒について、調査していた第三者委員会は同級生によるいじめが要因と認定した。調査結果によると、男子生徒は小学生の時から同級生の少年1人から暴力を受けたり金品を要求されたりしていた。2人の様子に違和感を感じた教員は複数いたものの、深刻ないじめと捉えていなかったという。

同市では昨年度、7月と11月にも、それぞれ別の市立中学校に通っていた2人が自殺した。原因は特定されていないが、同市議会では「わずか5カ月間で3人の尊い命が失われ、重大」として何度も取り上げられた。筆舌に尽くしがたい遺族の悲しみを思う。二度とこうした悲劇を起こしてはならない。そのために私たちが考え、実践することは山ほどある。


https://editorial.x-winz.net/ed-79040

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/27

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.26 (Sun)

そうなんだ:簡単に不正受給できるのか ⇒ バレるまで

障害福祉施設で無資格不正受給

世羅町で障害福祉施設を運営する社会福祉法人みつば会は24日、障害者118人分のサービス利用計画を無資格の事務長が作成し、町などの給付費を不正に受け取っていたと発表した。



障害者支援の給付費を不正受給か 資格偽り計画作成 2019年12月28日

広島県世羅町の社会福祉法人みつば会が運営する特定相談支援事業所で、障害者のサービス等利用計画を無資格の管理者女性が作成し、町などの給付費を不正受給した疑いがあることが27日、分かった。

町や県は件数や額などの解明へ調査同法人によると、元職員は17年に退職したが、事業所側は町などに勤務実態があるかのように偽っていた。同法人の聞き取りに、管理者女性は「5月に資格を持つ別の職員が退職して業務が回らなくなったため、元職員の名前を使った」との趣旨の話をしているという。

11月末に内部から桑原嘉明理事長(76)に報告があり、県や町の監査などで発覚。町は5月以前にも同様の不正が行われた可能性があるとみて慎重に調べている。

町は今月26日、非公開の町議会全員協議会で経過を説明した。同法人は第三者委員会の設置を決定。今後、町などと給付費返還などの対応を協議する。

同法人は04年に認可を受け、08年にみつば会相談支援事業所を開設した。桑原理事長は「原因究明をし、再発防止に向けて改革に取り組む」としている。を進めている。

同法人の本部建物内にある「みつば会相談支援事業所」。同法人によると、同事業所の管理者女性が相談支援専門員の資格がないのに、少なくとも5月から11月にかけて障害者118人分の利用計画を、資格を持っていた元職員の名前を使い作成した。

給付費は国と県、町が負担し、町を通じて事業所に支給する。同法人によると、2018年度は248人分の計画に対し約420万円の給付費が支給され、1人分の平均は約1万6800円。118人分全てに給付された場合、単純計算で約200万円を不正受給した疑いがある。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/26

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.23 (Thu)

昔からの県民性だったのか

入所施設は今も昔も変わらず

コレ読んでみてくれ
神奈川県の障害者福祉が
昔から如何にどれほどレベルが低かったかわかるよ


ぜひ神奈川県知事にも読んでもらいたいわ
神奈川県では50年前から 重度の障害者は人間としての尊厳を軽んじられていたか


参議院議員木村英子オフィシャルサイト

参議院議員木村英子オフィシャルサイト

経歴
1965年 横浜市で生まれる 歩行器ごと玄関から落ちて障害をもつ
1972年 神奈川県立ゆうかり園に入所 施設に付属した養護学校に通う
1984年 神奈川県立平塚養護学校高等部卒業 地域で自立生活を始める
1994年 「自立ステーションつばさ」設立(東京都多摩市)


全文
Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.23 (Thu)

こういうのを有耶無耶にしとくと*コヤツはまた同じことをする

NPO法人 箕面市障害者の生活と労働推進協議会
理事長 武藤芳和


NPO法人の元職員が障害者の生活保護費数百万円を着服 大阪・箕面市

ヘルパーの派遣などを手がける大阪府箕面市のNPO法人の元職員が、利用者の生活保護費など数百万円を着服していたことがわかった。

NPO法人「箕面市障害者の生活と労働推進協議会」の元男性職員は、ヘルパー派遣サービスを受けていた男性から、生活保護費の一部の「他人介護料」や年金などを着服したとして先月、懲戒解雇された。

市によると、元職員は男性の口座の管理を任されていて、5年ほど前から生活保護費などを自身の口座に移して流用。被害は数百万円に上るとみられる。市の聞き取りに「自分の小遣いと利用者の生活費の線引きができず、自分の生活費に使ってしまった」と話したという。




障害者の保護費着服

ヘルパー派遣事業などを展開する大阪府箕面市のNPO法人「市障害者の生活と労働推進協議会」に勤務していた男性職員が、障害福祉サービスを利用する男性から生活保護費の一部などを着服していたことが、法人や市への取材で分かった。被害額は数百万円に上るとみられ、男性職員は懲戒解雇された。
市などによると、職員は被害男性の居宅介護サービスの管理責任者で、ヘルパー派遣業務などを担当していた。


>被害額は数百万円
返してもらったのか?
刑事告訴は?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/23

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.20 (Mon)

虚偽の雇用契約書の写し ⇒ 認識が甘かった

虚偽の雇用契約書で2300万円を不正請求 障害者の支援事業所を処分

愛知県が、障害者の就労を支援する豊明市の事業所に行政処分を出した。

愛知県によると、処分を受けた豊明市の「アームズ」は、2016年4月から去年6月にかけて、常勤職員が足りないにもかかわらず、虚偽の雇用契約書の写しを県に提出して基準を満たしているように装い、訓練給付金2300万円あまりを不正に請求していた。

愛知県は、障害者総合支援法に基づき、20日付けで、新規の利用者受け入れを6か月停止させる処分を出し、加算金をあわせて、3200万円あまりの返還を求める方針を決めた。

アームズは、CBCテレビの取材に対して、「職員の配置基準の認識が甘かった。継続して事業を続けながら返還していきたい」とコメントしている。


2300万円余を不正請求 職員を適正に配置せず

愛知県豊明市にある障害者の就労支援施設が、職員を適正に配置せず、給付費2300万円余りを不正に請求していたなどとして、県から新規利用者の受け入れ6か月間停止の行政処分を受けた。

行政処分を受けたのは、豊明市の指定障害福祉サービス事業所「アームズ」。

愛知県の条例では就労移行支援サービスを行う事業者は、就労支援員などに常勤職員を配置するよう定めていますが、アームズは2016年4月から去年6月までの間配置していなかった。

また常勤職員を配置していない場合、市町村から受け取る訓練等給付費を減額して請求する必要がありますが、アームズは減額を行わずに2326万円余りを不正に請求していた。

このため、愛知県はアームズに対し、新規利用者の受け入れを6か月間停止する行政処分を下すとともに、不正に受け取った給付費に加算額を加えた3257万円余りを支払うよう求めている。

アームズは県の聞き取りに対し「認識不足だった」と説明した上で、返還する意向を示しているという。



指定障害福祉サービス事業所への行政処分について  2020年1月20日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/21

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.18 (Sat)

訪問介護していた障害者を暴行死させた事件 ⇒ 懲役5年は軽すぎる

障害者が施設を出て自立した生活を送りたい
訪問介護を受けながらでも1人暮らしをしたい

訪問介護という信用や信頼を失わせた 札幌市の元介護職員 太田幸司25歳
介護士の信用や信頼を失わせた 札幌市の元介護職員 太田幸司25歳




札幌の障害者 傷害致死事件 寝たきりの被害者への暴行は悪質
元介護職員の男に懲役5年

訪問介護していた男性を暴行し死亡させたとして傷害致死の罪に問われている元介護職員の25歳の男の裁判員裁判で、2020年1月17日、札幌地裁は男に懲役5年(求刑6年)の実刑判決を言い渡した。

裁判長 「主文 被告人を懲役5年に処する」
被告は裁判長の方をじっとみつめ、判決を聞いていた。

札幌・豊平区の元介護職員、太田幸司被告(25)は2019年7月、訪問介護していた札幌・東区の山下茂樹さん(当時35)の顔などを複数回なぐり死亡させた傷害致死の罪に問われていた。

これまでの裁判で、太田被告が2時間にわたり断続的に山下さんに暴行を加えていたことや、過労状態の中で勤務していたなどの主張がされてきた。

1月17日の判決公判で札幌地裁の駒田秀和裁判長は
「寝たきりで意思疎通も難しい被害者に対して、複数回にわたり暴行に及んだのは悪質というほかない」
「休み変更が断られるなど被告の業務内容や勤務状況を考えると同情できる面もあるが、正当化されるものではない」として、太田被告に懲役年の実刑判決を言い渡した。


裁判員裁判だとさ  罰が軽すぎるわ
人一人殺めてムショに5年かよ

24歳介護職員の男 仮眠取れず犯行?  2019年7月24日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4548.html
障害者暴行死で札幌の訪問介護事業所営業停止 2019年10月29日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4703.html

相模原市の障害者入所施設 津久井やまゆり園殺傷事件
事件は2016年7月
植松聖は事件当時26歳

生い立ちから 父親母親からの教育しつけ 小学校 中学校 高校生時代の学校生活
友人 周りの人間関係 趣味
検証しなければいけない
植松聖の発言 植松聖の文章 植松聖が描いた絵や漫画
ナゼこんな思想が生まれるのか検証しなければいけない

札幌市の障害者を暴行死させた事件
太田幸司25歳
コヤツもだ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/18

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.15 (Wed)

障害者施設に放火した元職員の女:懲役3年執行猶予5年



障害者福祉施設に放火 元職員に有罪判決

2019年6月 日向市東郷町の障害者福祉施設に放火した元職員の女に対し、宮崎地裁 延岡支部は執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

判決を受けたのは、日向市の元団体職員甲斐 亜矢子被告。
甲斐被告は 去年6月、日向市東郷町の障害者福祉施設に侵入して放火し、建物の一部およそ46平方メートルを焼いた非現住建造物等放火などの罪に問われていた。

判決で宮島 文邦 裁判長は、「障害者が替わりの施設の利用を余儀なくされるなど重大な影響が出ており、また事前に油を準備するなど計画的で身勝手な犯行」などと指摘した。

一方で「謝罪と反省の言葉を述べ、弁償の一部として50万円を支払っている」などとして、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。




障害者福祉施設に放火容疑 施設職員を逮捕 宮崎県日向市 2019年8月30日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4590.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/15

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.27 (Fri)

盗んだゴルフ用品を障害者施設で障害者に発送作業

5人の窃盗グループ
盗んだゴルフ用品転売、障害者に発送作業担わせる 被害3億円

男5人による窃盗グループが盗んだゴルフ用品を転売していた事件で、兵庫県警捜査3課などは26日までに、車上狙いなど1728件、計約3億1千万円の被害を裏付け、捜査を終えた。盗品は主犯格の男(43)=盗品等有償譲り受け罪などで一審有罪判決、控訴=が運営していた障害者就労支援事業所に運び込まれ、障害者に発送作業などを担わせていた。

同課によると、グループは2016年12月~18年10月、兵庫や大阪など4府県で車上狙いなどを約1400件繰り返したという。

主に実行役の男3人がマンションの駐車場に車で乗り入れ、ゴルフバッグを積んだ車を物色。バッグがある車はワイパーを立てて目印にし、一斉にハンマーで窓を割って運び出していた。その後は別の男を介して同事業所に運び込まれ、男がインターネットオークションなどで転売。その際、同事業所の障害者が、ゴルフクラブを磨いたり、発送したりしていたという。
約6400万円の儲け。


逮捕者が一人増えたな

株式会社アミューズリンク
代表取締役 蓮本憲太郎

神戸市を拠点とする窃盗グループが盗品を事業所に持ち込んで障害者に磨かせ転売していたとされる事件で、兵庫県警は26日、約2年間で約1700件(約1万点、約3億円相当)の盗みなどを繰り返していたとして、事業所の元運営者ら5人を窃盗や盗品等有償譲り受けなどの容疑で送検し、捜査を終えたと発表した。

送検されたのは、神戸市中央区の元運営者の男(43)ら31~48歳の5人。県警によると、男は、他のメンバーが2016年12月~18年10月に県内や大阪府内などで盗んだゴルフクラブなどを受け取るなどした疑い。

男は昨年6月、障害者就労継続支援事業所「グラスト」(同市長田区)を設立。リサイクル品の洗浄作業を行うとして募集した複数の障害者に対し、盗品の一部のゴルフクラブなどを磨かせたり、梱包こんぽうさせたりしていた。ゴルフクラブは、オークションサイトなどに出品されていたという。

事件では、就労支援を装った事業所で、事情を知らない障害者が窃盗グループの「手足」として働かされていた。しかし、神戸市は不正に気づけず、指導体制の拡充が求められている。

市は昨年6月、グラストを障害者総合支援法に基づく職業訓練を行う事業所と認定し、障害者1人あたり訓練給付費として1日6000円程度を支給していた。

事業所を認定する際の審査は書類だけで、市は一度も立ち入り指導はしていなかった。不正は県警の捜査の過程で発覚し、市は今年1月、施設側からの廃止届に基づき認定を取り消した。

市障害者支援課は「審査時に書類の不備がなく認定した。認定後も不正はわからなかった」と釈明するが、これまでに市は具体的な再発防止策を打ち出せていない。


障害者作業所使い盗品を転売か 2018年10月26日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4223.html

逮捕されたのは
▽大阪・東住吉区の無職、松浦直美容疑者(46)
▽赤穂市の無職小島壽文容疑者(46)
▽神戸市長田区の古物商、白石皓之容疑者(30)
▽神戸市中央区の会社経営、蓮本憲太郎容疑者(42)

なんや アレだな ほんまに悪い関西人が考えることや

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/29

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.27 (Fri)

これだけ世間を騒がした神奈川県が*これでもかと身内には甘い

こそ泥 盗む 窃盗 泥棒
神奈川県立さがみ緑風園

セコイ輩だな オマエさん そこそこの年収貰ってるやろが

神奈川県は県立障害者支援施設「さがみ緑風園」の男性主事(33)について、2月から5月の4回、夜間巡回中に利用者のペットボトル入り緑茶飲料計6本907円相当を盗んだとして停職6カ月とした。同主事は「ばれないと思った」などと話しているという。

職員の懲戒処分について
さがみ緑風園職員による窃盗
(1) 事案の概要
さがみ緑風園主事(33歳・男性)は、平成31年2月から令和元年5月の間で4回にわたり、公務中に利用者の所有するペットボトル入りの緑茶合計6本を窃取した。
(2) 処分内容
停職 6月(根拠法規 地方公務員法第29条)
(3) 処分年月日
令和元年12月26日
(4) 監督責任
園長 文書訓戒 前副園長 口頭訓戒 生活支援部長 厳重注意


神奈川県精神保健福祉センター

精神保健福祉センターの50代女性主査を減給10分の1(1カ月)とした。同主査は中央児童相談所に在任中、臨時的任用職員の社会保険加入手続きを失念。昨年3月、「社会保険不適用」とする厚生労働省の文書を偽造し、事態の収束を図ったという。

中央児童相談所における不適切な事務処理
(1) 事案の概要
精神保健福祉センター主査(50歳・女性)は、中央児童相談所に在任中、臨時的任用職員に係る社会保険加入手続きを失念する一方で、職員の給与から保険料を控除し続け、平成30年3月、「社会保険不適用」とする旨の文書2枚を偽造して事務の収束を図ろうとした。
(2) 処分内容
減給1/10 1月(根拠法規 地方公務員法第29条)
(3) 処分年月日
令和元年12月26日
(4) 監督責任
前所長 文書訓戒 前副所長、前管理課長 口頭訓戒


停職6ヶ月に
減給1/10 1ヶ月
ふざけた処分だな

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/27

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.25 (Wed)

就職転職は*よ~く見極めろよ

なんか胡散臭い会社や


給付費120万円不正受給 指定取り消し

障害者の訓練などに対する給付費約120万円を不正受給したなどとして、石川県は19日、就労支援事業所「self―A・151Aかほく」(かほく市内日角5、大島真人社長)について、来年1月31日付で障害者福祉サービス事業者の指定を取り消すと発表した。


障害者総合支援法に基づく行政処分について 令和元年12月19日

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下「障害者総合支援法」という。)に基づく監査を実施した結果、運営基準違反、訓練等給付費の不正請求及び不正又は著しく不当な行為があったことから、下記の行政処分を行うこととし、本日付で当該処分に係る通知を行った。


1 処分対象事業所
名 称:self-A・151Aかほく
所 在 地:石川県かほく市内日角5丁目32番地
指定内容:就労継続支援A型
指定年月日:平成28年6月1日

運営事業者
名 称:株式会社151A
代表取締役:大島 真人
所 在 地:石川県かほく市内日角5丁目32番地

2 処分内容
事業者の指定の取消し
指定取消年月日:令和2年1月31日

3 処分の事由

(1)障害者総合支援法第50条第1項第4号違反(運営基準違反)
指定就労継続支援A型事業者が社会福祉法人以外の者である場合は、当該指定就労継続支援A型事業者は専ら社会福祉法第2条第1項に規定する社会福祉事業を行う者でなければならないにも関わらず、株式会社151Aの第2期決算(平成29年2月~平成30年1月)において、社会福祉事業とは認められない事業の売上が総売上高の約88.6%を占めており、著しく指定基準に違反し、石川県の条例で定める指定障害福祉サービスの事業の設備及び運営に関する基準に従って適正な指定障害福祉サービスの事業の運営をすることができなくなったときに該当している。

(2)障害者総合支援法第50条第1項第5号違反(訓練等給付費の不正請求)
株式会社151Aでは、同法人及びself-A・151Aかほくが入居する石川県かほく市内日角5丁目32番地の建物2階にある株式会社D&I(大島真人代表が経営)に対し、施設外就労加算の算定要件を満たさないにもかかわらず、平成28年6月から平成29年8月までの間、利用者のべ1,209名を派遣し、施設外就労加算1,209,000 円(うち利用者自己負担分1,800 円)を不正に請求し受領した。

(3)障害者総合支援法第50条第1項第10号違反(不正又は著しく不当な行為)
指定就労継続支援A型事業者が社会福祉法人以外の者である場合は、当該指定就労継続支援A型事業者は専ら社会福祉法第2条第1項に規定する社会福祉事業を行う者でなければならないにも関わらず、株式会社151Aの第2期決算(平成29年2月~平成30年1月)において、社会福祉事業とは認められない事業の売上が総売上高の約88.6%を占めていた。

4 その他
県内の過去の行政処分の例
処分事業所:指定就労継続支援B型事業所
処分内容:指定の取消し
処分事由:不正の手段による指定
処分日:平成24 年10 月3 日


他にも

セルフ・エー株式会社
代表取締役  大島公一
住所 東京都港区南青山5-8-10
金沢オフィス
住所 石川県金沢市神田2-3-21

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/25

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.10 (Tue)

あのな*就業場所を見極めろよ



特定非営利活動法人あすなろ
代表者 重枝嘉明
長崎市住吉町5番14号eビル1F




障害者含む20人に給料を払わず
パンの製造販売を行うNPO法人を書類送検

従業員20人の賃金を定められた日に支払わなかった長崎市のNPO法人が、書類送検された。

最低賃金法違反の疑いで書類送検されたのは、長崎市住吉町のパンの製造・販売を行うNPO法人「あすなろ」と、82歳の男性理事。

長崎労働基準監督署によると、「あすなろ」は知的障害や精神障害がある16人を含む従業員20人に対し、去年12月から今年2月までの3ヵ月間の賃金合わせて約602万円を、定められた日に支払わなかった疑いがもたれている。

去年7月に退職した従業員から相談があり、労働基準監督署は再三の指導を行ってきましたが不払いは改善されなかったため、9日、書類送検した。


u77h_nm807o.jpg

長崎労働基準監督署は、パンの製造や販売を行う長崎市のNPO法人とその理事が、障害者16人を含む従業員20人に対し、3か月分の賃金、600万円余りを定められた日までに支払わなかったとして、最低賃金法違反の疑いで書類送検した。

書類送検されたのは、長崎市住吉町にあるパンの製造・販売を行うNPO法人あすなろと、その82歳の理事。

長崎労働基準監督署によると、「あすなろ」とこの理事は、従業員20人に対し、去年12月からことし2月までの3か月分の賃金、あわせておよそ602万円を定められた日までに支払わなかったとして、最低賃金法違反の疑いが持たれている。

去年7月に従業員からの通報を受けて調べたところ、去年4月から賃金の支払いが滞っていることを確認し指導を繰り返してきたが、9日までに改善が図られなかったという。

当時、「あすなろ」で働いていた従業員30人のうち16人は知的障害者や精神障害者で、賃金が支払われなかった従業員20人には障害者16人が全員含まれている。

「あすなろ」の理事は、取材に対し「障害者だからといって意図的に支払わないというつもりはなかったが、結果的に支払われておらず、申し訳ない。手続きミスのせいで、去年4月から4か月間給付金が大幅にカットされ、その影響で支払い遅れが続いている。売り上げを伸ばす努力をして、少しずつでも支払いたい」と話している。

u77h_nm809o.jpg

なんや よーわからんNPOやな
見るからに胡散臭いし ・・・



https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/detail/042000334

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/10

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.06 (Fri)

タンデム自転車って乗り物が普及すれば

反対です
公道を走行するタンデム自転車

個人的な意見ですよ

なんで?
どうして?
理由は??

細かく言うと いろんな人が反発するのでヤメとく


栃木県で2人乗りの「タンデム自転車」公道走行解禁 視覚障害者から期待の声
って 産経新聞のニュース記事

サドルとペダルが2組ずつある2人乗りの自転車「タンデム自転車」の公道走行が今月、栃木県で解禁された。健常者が前に乗ることで、視覚障害者でも楽しめる自転車として公道走行を望む声が出ていた。取り扱う店舗が限られ普及が進んでいないなど課題もあるタンデム自転車だが、視覚障害者の行動範囲が広がると期待が集まっている。

タンデム自転車は、車体の前後にサドルとペダルが2組ずつあり、前に乗る人のみがハンドルを操作できる。このため、後ろであれば視覚障害者でも乗ることができるとして注目を集め、パラリンピックの自転車競技にも用いられている。ただ、通常の自転車よりスピードが出やすくハンドル操作も難しいとされ、県内では一部の公園などを除いて走行が禁止されていた。

一方、全国的には近年、公道走行解禁の動きが活発化。県内でも視覚障害者団体などから公道走行を望む声があったほか、先行して解禁した近隣県で交通事故が発生していないことから、県警が解禁にかじを切った。県公安委員会が県道交法施行細則を一部改正して今月から公道走行が実現。現在、本県を含め27府県で公道走行が可能という。

県警は解禁日の今月1日に、宇都宮市内でタンデム自転車の体験講習会を開催。参加者からは「楽しかった」「風を直に感じることができてよかった」などの声が上がったという。

今後の課題は取り扱う店舗が限られているタンデム自転車の普及だ。ただ、解禁を受けて販売や貸し出しの検討を始める動きもあり、今後の動向が注目される。

交通ルールの周知も必要になる。タンデム自転車は道交法上「軽車両」に該当するため、普通の自転車なら可能な歩道走行ができない。ほかにも進入禁止の箇所がある。また、発進や停止、右左折時には2人で意思疎通を図らなければならない。県警交通企画課は「公道に出る前に安全な場所で練習し、2人で声を掛け合って楽しんでほしい」と話している。


ただ
それならば
自転車専用道路で走行してみれば
Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.06 (Fri)

また神戸市が ・・・

また
またかよ

一年半前のこと でっせ

こんなんだから
隠蔽体質は改善改革できないんだろ
オマエら閉鎖的な福祉法人がおまえら独自で改善できるんですか
にしても
指導監督せなアカン神戸市がこんなんだからな


とんでもない福祉法人
そして
もうどうでもええ神戸市
アホ?

神戸市北区の障害者施設 園長が入所者はねて重傷

2018年4月、神戸市北区の障害者施設の園長が車で入所者をはねて重傷を負わせていたことが分かった。
2018年4月、兵庫県神戸市北区にある「神戸光の村授産学園」の近くで、56歳の園長の男性が車で42歳の入所者の男性をはねた。

園によると、早朝マラソンが行われていた午前6時ごろ、ほかのランナーを避けようとハンドルを切った園長が男性を後ろからはねたのを設置している防犯カメラで確認したという。
男性は右足を骨折する重傷。

園長は当初、「男性が飛び出してきた」と説明していたが、その後、運転を誤ったことを認めている。

また、警察への届け出は事故の翌日になっていて、「過去に救急車の到着まで時間がかかったことがあり、自分の車で病院に行き、一晩付き添ったため」と述べている。

園は神戸市に事故と園長の減給処分を報告しているということだが、市は守秘義務があり、園の対応が適切だったかどうかなど答えられないと。


守秘義務って
秘密って
何の秘密なんですか?
なんで秘密を守ることなんですか?
神戸市さん

知的障害者を車ではねて通報せず 神戸の施設園長、市に虚偽報告も

神戸市北区の知的障害者入所施設の園長で、運営する社会福祉法人の男性理事長(56)が昨年4月、施設付近で乗用車を運転中に園生の男性をはねて重傷を負わせた後、警察や救急車を呼ばずに自ら病院へ搬送していたことが5日分かった。理事長は当初、男性の保護者や法人を指導監査する同市に「園生が飛び出してきた」と説明していたが、事実と違っていた。

施設関係者によると、事故は昨年4月5日午前6時すぎに発生。早朝マラソンをしていた園生の男性(42)に、理事長の車が後ろからぶつかり、男性は右足を複雑骨折する重傷を負った。理事長は男性を自分の車に乗せて同市西区の病院に搬送、翌日に警察に届けた。

その後、付近の防犯カメラ映像から、理事長がマラソン中の別の園生を避けようとハンドルを切り、男性をはねたことが判明。理事長は略式起訴され、罰金刑の略式命令を出された。

男性の家族は「かなり出血していたのに救急車を呼ばず、施設職員を通じて病院を探すなどしたため、事故から病院到着まで1時間半近くもかかった」と指摘。「事故原因も、状況を説明できない息子のせいにしようとした。市にも事実と違う報告をした」と憤る。

一方、理事長は「病院到着まで1時間半もかかっていない」とした上で、「以前、救急車が施設に到着するのに時間がかかったことがあったので自分で運んだが、救急車を呼ばなかったのは申し訳ない」とした。

当初「園生が飛び出した」と市などに報告していたことには「勘違いしたが、防犯カメラを見たら違った。園生が走るコースに車で入ったことを反省している」と釈明。市からは指導を受けたという。市は「指導内容は答えられない」としている。


特定非営利活動法人 兵庫セルプセンター
理事長 山﨑玲輔
神戸光の村授産学園
神戸市北区淡河町木津383

あのな
こういう事件事故は
告発せえよ
職員が
そして保護者が

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/06

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.03 (Tue)

12月3日から12月9日は障害者週間

12月3日から12月9日は障害者週間

12月9日は
1975年に国連で障害者の権利宣言が採択された日
この日に合わせ障害者基本法では
12月3日から9日までを「障害者週間」と定めている
障害者の自立と社会参加を実現していくためには市民国民の理解と協力が大変重要だ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/03

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.28 (Thu)

北九州市の あの社会福祉法人が

児童養護施設運営の双葉会に改善勧告 理事会正常化など

北九州市は27日、児童養護施設などを運営する社会福祉法人双葉会(小倉南区)が適格性を欠く施設長を放任するなど内部統制が機能していないなどとして、同法人に理事会の正常化や適正人材の配置などを求めるなど改善勧告を出した。

市は6~11月、同法人の児童養護施設で指導員が入所児童を殴るなど不適切運営の疑いがあるとして特別指導監査を実施。その結果、別の児童養護施設で施設長が定められた勤務時間に就業せず、勤務先とは別の施設の給食を「検食」と称して自宅に持ち帰っていた。


北九州市が社会福祉法人と児童養護施設に是正勧告

入所児童への性的虐待容疑で元指導員が逮捕された北九州市小倉南区の児童養護施設について、市は運営する社会福祉法人に対し、理事会の刷新などの是正勧告を出しました。

是正勧告が出された北九州市小倉南区の児童養護施設では、これまでに入所児童4人に対し性的虐待をしたとして、元指導員の男が3回逮捕されるなどしていた。

これらの逮捕を受け北九州市では、児童養護施設や施設を運営する社会福祉法人に特別指導監査を行い、問題点の洗い出しを行ってきた。

その結果、再発防止策が不十分であるなど管理体制に問題があるとして、透明性を重視し親族関係を重視した理事会の刷新などを求める是正勧告を出した。

市によると、年末までに提出を求める「是正改善報告書」の内容次第では、法人に業務停止命令などの措置もとるとしている。


性的虐待 児童施設に改善勧告

北九州市にある児童養護施設の元職員が、入所する児童にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された事件を受けて、市は特別監査を行った。
その結果、施設の管理運営体制に大きな問題があったとして、施設と施設を運営する社会福祉法人に対して改善のために必要な措置を取るよう勧告した。

北九州市が改善勧告を行ったのは、市内にある児童養護施設と施設を運営する社会福祉法人。

この施設では、児童指導員だった元職員が入所する児童にわいせつな行為をしたとして、ことし6月に逮捕されたあと起訴されていて、市は特別監査をしていた。

市によると、監査などの結果、元職員は平成28年ごろから10代の男子児童4人に性的虐待を行っており、深夜や休日などのシフト外の時間に頻繁に施設内に残っていたのに施設長が把握しておらず、注意や指導が行われていなかったという。
また、事件が発覚するまで虐待を防ぐための研修が行われておらず、外部からの通告で事件が発覚するなど、施設内で児童を注意深くケアできていなかった。

このため、市は施設の管理運営体制に大きな問題があったとして、施設と施設を運営する社会福祉法人に対して、改善のために必要な措置を取るよう勧告した。

北九州市は、来月26日までに改善に向けた報告書を提出するよう求めていて、「応じなかったり内容が不十分だった場合は、業務停止命令などの措置を取る可能性もある」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/28

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.16 (Sat)

よっぽど嫌だったんだろな

高速道路走行中に車から飛び降り転落死 福祉施設への移動中

福祉施設 ⇒ 自立支援施設

自立支援施設に移動中、飛び降りか 浜松の新東名上り死亡事故

14日夜に浜松市浜北区根堅の新東名高速道上りを走行中の乗用車から男性が転落し、死亡した事故で、男性は後部座席の窓から自分で車外に飛び降りたとみられることが15日、捜査関係者への取材で分かった。県警高速隊などは死亡したのが神戸市の30代男性とみて、身元の確認を急いでいる。

関係者によると、男性は神戸市の自宅から、神奈川県内の自立支援施設に向かう途中だった。同施設の職員2人が前の座席に同乗し、後部座席には男性が1人でいたという。後部座席のドアには鍵がかかっていたとみられる。

事故は14日午後8時50分ごろに発生。男性は複数の後続車と衝突し、現場で死亡が確認された。現場は片側3車線の直線道路で、男性は中央の車線上に倒れていた。

14日午後9時から通行止めになっていた浜松いなさジャンクション―浜松浜北インターチェンジ間の交通規制は15日午前11時10分に解除された。


静岡県浜松市の新東名高速で走行中の車から男性が路上に落ち、後続車にひかれて死亡した。
14日午後9時前、浜松市の新東名高速上り線で走行中の乗用車から「後部座席の同乗者が飛び降りた」と通報があった。

警察が駆け付けると、30代の男性が道路上に倒れていて、その場で死亡が確認された。
警察によると、男性は車から外に落ちた後、複数の後続車にひかれたという。この車には死亡した男性の他に2人が乗っていて、警察は2人に詳しい経緯を聞くとともに事故と事件の両面で捜査しています。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/25

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.02 (Sat)

おいおい関テレが ・・・ またマネする輩が増えるやろ

なにが特集やねん

【業界関係者】
「本人が毎日出て来てなくても、(日報を)パラパラと書いて請求をかければ、お金は入ってきますから。福祉の業界って、書類さえきちっと出来てれば、疑いがかかりにくいところはある」



【特集】 障害者ビジネスが大阪で
施設の運営は「市議会議員」、給付金の不正受給が発覚


全文

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/02

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

メディアが報道する前に自治体が公表するアタリマエです

新聞やテレビはニュースを発信するけれど
その当日か前日までに自治体がホームページで公表する アタリマエでっせ
自治体 ⇒ 己の地域で起きた不祥事を村民・市民・府県民・国民に知らせる
当然のことですよ
我々国民には知る権利があるんです
マスメディアが報道する内容より詳しく詳細に自治体がホームページで公表する
常識でっせ 
己の職員が不祥事をしでかした 福祉法人が事業者が不祥事をかましたとき
その内容を詳しく詳細に自治体がホームページで公表する
あたりまえですよ
仕事をせえへん 怠慢なのか 村民や市民や府県民に知らせんでもエエんちゃう
己の地域で起きた不祥事を己の自治体のホームページで公表しない
バカ?
そんな自治体が運営しているサイトが多いわな

⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨
そうしたなかで

例えば宮城県仙台市は10月31日にホームページで公表している



河北新報社が11月1日に配信したニュースだ

障害者就労支援の3法人、補助金1696万円を不正受給 仙台市が2社指定取り消し

仙台市は31日、市内で障害者の就労移行支援施設などを運営する3法人が、総額1696万円の補助金を不正に受給したとして、2法人の障害福祉サービス事業者の指定を取り消し、1法人を3カ月間の新規受け入れ停止とする行政処分を決めた。
.
指定取り消しはスプリント(名取市)とツグミ(仙台市)で不正受給はスプリントが約940万円、ツグミが約680万円。
2法人とも刑事告訴を検討する。新規受け入れ停止はフロンティアリンク(東京)で、約76万円を不正受給した。
.
市によると、スプリントは2018年4月、勤務実態のない職員を申請書に記載し、就労移行支援サービスなどの指定を受け、19年10月まで就労支援員らの不足を届け出ず、訓練等給付費を不正に受け取った。
.
太白区でグループホームを運営するツグミは、
18年3月に職員数が配置基準を下回り、19年10月からはゼロとなり、サービスを提供できなくなったにもかかわらず、補助金を受給した。
.
フロンティアは
就労支援員の職員の東京勤務が続き、仙台での勤務実態がなく職員数が基準未満の状態だったが、18年9月~19年3月の補助金を不正に得た。
.
いずれも関係者からの情報提供や定期調査で不正が発覚。スプリントとツグミの施設利用者13人は既に別の施設に移ったという。



仙台市は前日にホームページで公表している 見やすく しかも詳細に

障害福祉サービス事業者に対する行政処分ついて
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)第50条第1項の規定に基づき、事業者の行政処分(指定の取消しまたは指定の一部効力停止)を行い、本日、当該処分を通知しました。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/01

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

そやけど私は大阪府知事の吉村洋文を支持応援しています

今年5月に情報提供があり発覚した一般社団法人スクエアの不正受給事件
2018年8月~2019年4月まで 利用者7人がジョブステーション四條畷でサービスを受けたよう装い不正請求を繰り返していた
代表理事の元橋理浩今年7月1日付で退いている ⇒ 加藤 和彦
元橋理浩は寝屋川市の市議会議員でもあった ⇒ 今年7月1日付で代表を退いている
また
大阪維新の会の所属だったが9月に離脱

大阪維新の会代表代行で 大阪府知事の吉村洋文
とんでもない話
刑事事件も視野に入れて厳しくやっていく


寝屋川市議が不正受給 元大阪維新の会

大阪府は31日、同府四條畷市で障害福祉サービス事業を手掛ける「一般社団法人スクエア」が昨年夏から今年春にかけ、給付費計約150万円を不正に受け取っていたとして、就労移行支援の事業者指定を取り消したと発表した。当時の代表は同府寝屋川市議の元橋理浩氏で、今年7月1日付で退いている。

元橋氏は松井一郎大阪市長が代表、吉村洋文府知事が代表代行を務める大阪維新の会に所属していたが、「一身上の都合」を理由に9月21日付で離脱。寝屋川市議会の大阪維新会派も同24日付で離れた。松井、吉村両氏は大阪維新を離れた当時、不正受給を把握していなかったとした。吉村氏は「とんでもない話で、刑事手続きも視野に対処する」と強調。大阪維新としても調査する必要があるとの認識を示した。

府によると、スクエアは昨年7月に数回、運営する事業所でサービスを提供した同府大東市の利用者に関し、同8月~今年4月にも提供したと虚偽の申請をした。府は通報に基づいて5月に立ち入り調査を実施。元橋市議は不正受給を認めているという。




元橋理浩が大阪維新の会所属だったとか
エエやろ まわりが騒ぐほどのことですかね
以前から 当ブログ管理人の私は
大阪維新の会を支持しています
応援しております

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/01

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.31 (Thu)

寝屋川市の市議会議員さんが

オマエさん
市議会議員の報酬じゃ足りないのか?
おまえさん
寝屋川市の議員報酬だけでは生計を立てられないのか?

設立1年にも満たないのに ・・・

10091-km1018.jpg
で 障害者を食い物にしたってぇことか
10091-km1028.jpg

一般社団法人スクエア
就労移行支援・就労継続支援A型 ジョブステーション四條畷
大阪府四條畷市岡山2丁目1-4
事業開始 2018年6月1日
10091-km1038.jpg

障害者就労支援施設で不正受給
寝屋川市の市議会議員が設立運営 ⇒ 元橋理浩市議議員

大阪府寝屋川市の市議会議員が設立した障害者就労支援施設が大阪府などから給付金を不正に受給していた疑いがあることが分かった。
給付金を不正受給した疑いがあるのは障害者に就労支援サービスを行う「ジョブステーション四條畷」で、寝屋川市の元橋理浩市議が設立・運営していた。

関係者によると、施設は元橋市議の知人女性に「9ヵ月間サービスを提供した」と申請し、大阪府などから給付金約150万円を受け取っていた。
しかし、ほとんどの期間で知人女性が利用している実態が確認できなかったという。


知人女性に 9ヵ月間サービスを提供したと申請
10091-km1068.jpg
10091-km1078.jpg

Q:給付金を不正請求していたのでは?
10091-km1058.jpg
【寝屋川市・元橋理浩市議】
「正直、真っ白じゃないのではないかと思ってます」



年齢:50歳
当選回数 :2
所属会派 無所属
クリックするなよ ご丁寧に携帯電話番号まで オマエらいたずらすんなよ

10091-km1088.jpg

寝屋川市議会議員選挙 2019年04月21日投票
元橋 まさひろ49歳 現職
当選 3,823 票

そやけど なんやいうても 市民3800人から支持があるんか
ふーーん


指定障害福祉サービス事業者の指定取消し処分について 2019年10月31日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/01

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT