FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017.01.18 (Wed)

社会福祉法人開成会*大藤園まとめ

29日 18時にスレッドが立った 5月30日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2168.html

【下関市】知的障害者への虐待【障害者作業所】 [転載禁止]©2ch.net
1 :可愛い奥様@転載は禁止:2015/05/29(金) 18:56:00.46 ID:QfBOa3pg0
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/ms/1432893360/l50


炎上しそうだ*厚生労働大臣がコメントする 6月3日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2177.html


「改善に取り組む」 第三者検討委を設置 下関市・立ち入り調査 /山口 6月6日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2183.html


オウム返し 6月6日
○○さんに叩かれた?  という問いに叩かれたと同じように返してしまう
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2186.html


考察してみた*その三 6月6日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2195.html


障害者施設虐待、映像以外の複数職員が暴行か 6月9日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2198.html


障害者虐待の疑い、元施設職員の男逮捕 6月10日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2202.html


福祉施設で虐待 障害者団体が申し入れ 6月10日
施設で虐待 匿名情報後の対応検証へ 6月10日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2206.html


<暴行容疑>下関の知的障害者施設で暴行「作業しなかった」 6月10日
13年支援員してきて情けないのぉ*裏をかえせば13年ギャクタイしてきたのか? 6月10日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2207.html


問題は理事長にあり 6月11日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2208.html


障害者施設虐待事件 施設を取り仕切る施設長が取材に答える 6月12日
別の職員を書類送検へ 棒で頭たたく
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2212.html


大藤園の施設長さん*この業界から去って下さい 6月13日
虐待行われた福祉施設で保護者会 山口・下関
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2214.html


大藤園利用者保護者会 施設の存続強く要請 中尾市長「最大限配慮」 /山口 6月17日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2222.html


別の支援員も暴行容疑、書類送検へ 下関の障害者施設 6月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2242.html


障害者暴行容疑の元職員釈放 6月30日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2260.html


障害者施設職員2人停職 下関 7月4日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2270.html


下関の障害者暴行、市が社福法人に運営改善勧告 7月10日
知的障害者福祉施設虐待:再発防止へ体制整備を 下関市、「大藤園」に勧告
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2289.html


虐待事件の指定障がい者施設「大藤園」を行政処分 下関市 8月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2385.html


障害者施設の虐待で起訴猶予 10月10日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2475.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/05/24

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.10.10 (Sat)

腹の中で笑ってるワ*大藤園

こんなんじゃ いつまでたっても やりたい放題 虐待放題

大藤園
罰を与えなければいけないのに

山口地方検察庁 下関支部の検察官

施設も再発防止に取り組んでいる から
社会的制裁を受けて反省している から



障害者施設の虐待で起訴猶予 山口

山口地検下関支部は9日、山口県下関市の障害者施設「大藤園」で知的障害者を虐待したとして、暴行容疑で逮捕、送検後に処分保留で釈放していた元職員の男性(35)と、同容疑で書類送検された別の男性をいずれも起訴猶予処分とした。
地検は理由について
市が必要な行政処分をし、施設も再発防止に取り組んでいるとした。


山口・下関市の障害者施設で、利用者を虐待した容疑で逮捕された元職員らについて、山口地検は、9日付で、不起訴処分にした。
下関市の障害者施設「大藤園」では、利用者に対する虐待が発覚し、2015年6月、元職員の男性(35)が暴行容疑で逮捕されたほか、別の職員の男性も書類送検されていた。
山口地検は、
社会的制裁を受けて反省しているなどとして、9日付で、不起訴処分とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.08.29 (Sat)

社会福祉法人開成会*社会的制裁を受けるべきなのに ・・・

下関市の判断は ・・・・・

しょ~もないのぉ
下関市 


クダラン処分や
なんやねん
新規利用者の受け入れを1年間停止 って
軽い行政処分や

不正受給をするとか
税金を横領するような法人は指定取り消しを受けるがな
今回の大藤園の事件は社会的影響が大きいんですよ

下関市に在住する障害を持つみなさん
こんな街に住みたくないでしょ
他の街に引っ越ししなさい





虐待事件の指定障がい者施設「大藤園」を行政処分 下関市

山口県下関市は、8月26日、障がい者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下、障がい者総合支援法)に基づき、指定障がい者施設大藤園に行政処分をしたことを明らかにした。

虐待が確認された支援員は3人。まず、支援員Aについては、利用者に対し、平成26年2月、平手で頭をたたくことや胸ぐらをつかむ等の身体的虐待、不当に大きな声や不適切な言葉を使うなど、心理的虐待を行っていたことが確認された。

また、支援員Bについては、平成26年1月頃、シールの束で頭をたたく身体的虐待を行っていたことが判明。

さらに、支援員Cでは、平成26年2月頃、暴言を吐くなどの心理的虐待を行っていた上、過去において利用者の手をたたくなどの不適切なケアを行っていたことが確認された。

今回のような事件の場合、障がい者総合支援法に基づき、「指定取り消し処分」も可能だ。

しかし、同市は、利用者が今後も同施設の支援を望んでいること等を考慮。平成27年8月27日から平成28年8月26日まで(12カ月間)、指定障がい福祉サービス事業者に係る指定の一部の効力を停止(新規利用者の受け入れを停止)に停止処分をとどめた。


山口県下関市の指定障害者施設「大藤園」の通所者が職員から虐待された事件で、市は26日、施設利用者の新たな受け入れを1年停止する行政処分をした。市の調査で職員3人が通所者に暴言を吐いたり、頭をたたくなどの暴行をしたりしていたと確認した。

障害者総合支援法上、国や自治体からの財政支援がなくなる指定取り消しも可能だが、市の担当者は26日の記者会見で、停止処分にとどめた理由を「ほかの処分事例を参考にした。利用者が大藤園での支援を望んでいることも考慮した」と説明した。


職員による暴行事件が起きた下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」に対する行政処分が行われた26日、同市は記者会見し、新規利用者の受け入れを1年間停止させるとした処分に至る経緯や、理由を説明した。

市は7月、施設を運営する「開成会」に対し、障害者総合支援法に基づき運営を改善するよう勧告。今月3日には、施設側に行政処分の方針を示した上で、弁明のための期間を設けるなど、手続きを進めていた。

記者会見で市側は、職員3人が昨年1、2月頃に利用者に対して行った心理的、身体的虐待の事実を確認したことや、他の自治体の処分事例なども考慮して処分内容を判断したことを説明。高田昭文・福祉部長らは「(運営面の)改善がなされるかどうか、経過観察は続ける。事件を検証し、専門家の意見も踏まえ、実用的な対応マニュアルを独自に作成したい」と述べた。

処分について、障害者団体や福祉などの専門家でつくる同市自立支援協議会の金原洋治会長は「妥当と思う」と評価。そのうえで「(市の対応遅れなど)初動体制の改善や市内の全施設での虐待防止に向け、一緒に取り組みたい」と話した。



障害者目線で再発防止、下関暴行事件受け検証集会 8月9日

下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」で起きた暴行事件に絡み、障害者らの目線で再発防止策を考える検証集会が8日、下関市幸町の市勤労福祉会館で開かれた。県内外から約150人が参加し、事件が起きた背景や同様の暴行などを繰り返さない仕組み作りについて語り合った。

事件後に就任した同園の佐藤潔施設長は「(園内の)なれ合いや(支援員から上司への)『ホウレンソウ(報告・連絡・相談)』の欠如、支援員の(人権意識の)感覚のまひなどが複合的に絡まって事件につながったと思う」と説明した。


下関市長府豊城町の知的障害者福祉施設「大藤園」の職員が利用者を虐待していた問題で、同市は26日、障害者総合支援法に基づいて同施設に対し、利用者の新たな受け入れを1年停止する行政処分をした。施設側は「処分を重く受け止めている。信頼回復に最大限努力する」と述べた。

市は、同施設の支援員3人が昨年1、2月ごろに利用者に暴行を加えたり暴言を吐いたりしていたことを確認。当初は運営費用を国や市が負担する「指定福祉サービス事業所」の指定取り消しや停止も視野に入れていたが、施設存続を求める保護者会や利用者の要望、ほかの事例を踏まえて最も重い処分は見送った

市役所で26日、高田昭文市福祉部長が、同園を運営する社会福祉法人開成会の木谷義孝理事長に処分書を手渡した。木谷理事長は「虐待が起こらない体制づくりを果たすのが法人の責任」と報道陣に語った。

記者会見で高田部長は、昨年1月以前にも同じ支援員による虐待行為があったことを明らかにし「利用者は共にあり守るべき存在ということに立ち返って体質改善に努めてほしい」と求めた。一方、昨年4月に虐待に関する通報が市に寄せられたが、当時は虐待を見抜けなかったなど市の対応に遅れや不備があったとして、改善に向けた独自のマニュアルを作成する。

息子を同施設に通わせている女性(51)は「指定取り消しは困るので市の処分は妥当と思う。今回を区切りではなく新たな始まりと捉え、職員研修などに取り組んで」と注文した。

この問題をめぐっては、利用者が暴行などを受けている映像が公開され発覚。県警は6月、利用者を平手打ちしたなどとして男性元職員を暴行容疑で逮捕=処分保留で釈放=したほか、別の男性職員も同容疑で書類送検している。同法人は逮捕された元職員を懲戒解雇。ほかの職員2人を停職処分とし、当時の施設長を降格して同法人が運営する別施設の職員を新たな施設長に充てた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.07.10 (Fri)

もうエエから*解散届出せよ ⇒ 社会福祉法人開成会

オマエが言うな
下関市福祉部の 部長 高田昭文

第三者調査委員会が言うのなら分かるが


下関の障害者暴行、市が社福法人に運営改善勧告

下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」で起きた暴行事件に絡み、同市は9日、施設を運営する社会福祉法人「開成会」に対し、障害者総合支援法に基づき、運営の改善を勧告した。

市によると、利用者の頭を平手でたたいたり、暴言を吐いたりした身体的、心理的虐待に支援員3人が関与したと認定。勧告では、複数証言がある別の支援員の虐待について調査し報告する▽第三者を交えた「虐待防止委員会」設置などの体制整備に速やかに取り組む――ことなどを求め、文書での報告期限を29日までと定めている。

木谷義孝理事長は「真摯しんしに受け止める。全力を挙げて市の指導に沿うよう、改善に向けて取り組みたい」と述べた。

同市による指定障害福祉サービス事業者への勧告は初めて。記者会見した高田昭文・福祉部長は「体質改善を徹底して行わなければならないことから勧告を出した」と説明。また今回の勧告とは別に、同事業者としての一定期間の指定停止などの行政処分については、8月下旬をめどに判断したいとしている。



山口県下関市は9日、同市の障害者施設「大藤園」に通う知的障害者への虐待があったとして、運営する社会福祉法人「開成会」に改善を求める勧告書を出した。市は改善状況などを踏まえ、運営費用を国や市が負担する「指定障害福祉サービス事業者」の停止や取り消しの是非を8月中に判断する方針。

開成会は、通所者の頭をたたいたとして県警に暴行の疑いで逮捕された男性元支援員(35)=山口地検が処分保留で釈放=を解雇するなど支援員3人を処分し、園の施設長(53)も監督責任を問い降格処分としている。

勧告書は、処分の根拠や手続きについて説明を求めたほか、3人以外に虐待をしていないかどうかも報告を求めている。
市は6月、園に立ち入り調査した。職員や利用者への聞き取りもし、虐待を認定した。



知的障害者福祉施設虐待:再発防止へ体制整備を 下関市、「大藤園」に勧告 /山口

下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」で起きた虐待問題で、下関市は9日、大藤園を運営する社会福祉法人「開成会」に障害者総合支援法に基づく勧告の行政指導をした。市は、虐待が判明している職員3人の他にも1人の職員が虐待をした可能性があるとして、調査するよう求めた。

市によると、大藤園では支援員3人が2014年1〜2月に、利用者の頭を平手やシールの束でたたくなどした身体的虐待のほか、暴言を吐くなどの心理的虐待があったことが確認されている。

虐待問題は内部告発による映像で明らかになり、大藤園では暴行容疑で逮捕された1人を懲戒解雇とし、2人を停職処分とした。市の調査では、3人の他に、もう1人の支援員が過去に虐待をしていたとの証言が複数あったとしており、大藤園に対して虐待の有無を調べて報告するよう求めている。

また、今回の行政指導では、解雇した元職員を除く2人の停職と、当時の施設長を降格とした開成会の処分について、処分内容の根拠や妥当性についての説明を求めたほか、再発防止のための体制の整備に取り組むよう求めた。市への報告期限は29日としている。

勧告を受けた開成会の木谷義孝理事長は「勧告を真摯(しんし)に受け止め、大藤園の再生のために全力を尽くす」と語った。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.07.04 (Sat)

これが大藤園の改革(笑)*社会福祉法人開成会

障害者施設職員2人停職 下関

山口県下関市の障害者施設「大藤園」を運営する社会福祉法人開成会は2日、園の通所者を虐待したとして、男性支援員(55)を停職1カ月男性主任支援員(49)を停職2カ月とした。井上昌士施設長(53)についても監督責任を問い、支援員に降格した。

開成会によると、男性支援員は昨年1月、シールの束で通所者の男性をたたいた。県警はこの支援員を暴行容疑で書類送検している。主任支援員は支援員の上司である上、はさみを振りかざしながら通所者に「何しよるんか」などと暴言も吐いた。

施設側は、いずれも放送されたテレビ映像をもとに関係者への聞き取り調査をし、把握した。開成会は、別の通所者への暴行容疑で逮捕された男性元支援員(35)=山口地検が処分保留で釈放=を6月に懲戒解雇しており、処分された職員は計4人となった。


下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」で起きた暴行事件に絡み、施設を運営する同市の社会福祉法人「開成会」は2日、利用者に暴言を浴びせたとして主任支援員の男性職員(49)を停職2か月、利用者の頭をシールの束でたたいたなどとして支援員の男性職員(55)を同1か月とする処分を行った。

同法人は同日、井上昌士施設長を監督不十分として支援員に降格させ、新たな施設長に、同法人が運営する障害者支援施設「王司山田園」(下関市山田)の佐藤潔・総括支援員を充てた。

同法人の木谷義孝理事長(79)は大藤園で開いた記者会見で「いずれ理事長を退任することになるが、(それまでに)大藤園を立ち直らせるよう努力したい」と述べた。再発防止策として、作業室の窓ガラス16枚を、すりガラスから透明なガラスに替え、作業室と廊下に防犯カメラ計16台を設置したという。

今回、停職1か月となった男性職員は先月24日、暴行容疑で山口地検下関支部に書類送検されている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.30 (Tue)

下関市のみなさん*アナタ方の税金が無駄に使われてますよ

社会福祉法人開成会の大藤園
世間を騒がせた虐待傷害暴行事件

再発防止策は
>作業場にガラス製の扉を取り付けた
>17台の監視カメラを設置した
そうなんですか?
これが再発防止策なんですか?


その見解がコレですか?
山口地方検察庁さん


障害者暴行容疑の元職員釈放

山口地検は30日、山口県下関市の障害者施設「大藤園」に通う知的障害者を虐待したとして、暴行容疑で逮捕された同施設の男性元職員(35)を、処分保留で釈放した。

地検は「施設は再発防止策を取っており、(通所者ら)関係者もそれに期待している」と理由を説明した。地検は今後も捜査を続けるとしている。
元職員は10日、山口県警に逮捕された。調べに容疑を認めており、下関市が施設を立ち入り調査した4日に懲戒解雇となっていた。
同施設では元職員逮捕後の24日、通所者への暴行容疑で別の男性職員が書類送検されている。



山口県下関市の障害者福祉施設で、利用者の額を平手打ちしたとして暴行の疑いで逮捕・送検された元職員の男性について、山口地検下関支部は「処分保留」で釈放した。

捜査は継続し、施設の再発防止策を見極めた上で処分を決めたいとしている。  
処分保留で釈放されたのは、下関市の障害福祉サービス事業所「大藤園」の元職員の35歳の男性。
この元職員は去年2月、訓練作業中だった当時20歳の利用者に対し、暴言を浴びせながらその胸倉をつかんで揺さぶり、額を3回平手打ちしたとして暴行容疑で逮捕・送検されていた。

山口地検下関支部は30日付でこの元職員を「処分保留」で釈放したもので、捜査は継続し、施設の再発防止策を見極めた上で処分を決めたいとしている。  大藤園では、利用者への虐待が発覚したことを受け、密室状態だった作業場にガラス製の扉を取り付けた他、全ての作業場と廊下に17台の監視カメラを設置している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.24 (Wed)

大藤園*シールの束で利用者の頭を叩いた支援員も暴行容疑で書類送検へ

別の支援員も暴行容疑、書類送検へ 下関の障害者施設

知的障害者らが利用する山口県下関市の指定障害福祉サービス事業所「大藤園」の元支援員が利用者に対する暴行容疑で逮捕された事件で、山口県警は、別の支援員の男についても利用者への暴行容疑で近く書類送検する方針を固めた。

捜査関係者などによると、支援員の男は昨年1月ごろ、利用者の男性の頭を棒状になったシールの束で数回たたいた疑いがある。任意の調べに対し、暴行を認めて「指導の一環だった」と話しているという。

事件をめぐっては先月28日、支援員による暴行の様子を撮影した映像がテレビなどで流れ、山口県警も映像を入手。同園の関係者からの告発を受けて、利用者の額を平手打ちした暴行の疑いで元支援員の男(35)を逮捕するとともに、映像には他の支援員も利用者へ暴行する様子が映っていたことから、引き続き捜査していた。




虐待は常習だった
そうなんでしょ



山口県下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」の元職員が利用者への暴行容疑で逮捕された事件で、県警長府署は24日、別の職員の男(55)を暴行容疑で地検下関支部に書類送検した。

送検容疑は2014年1月27日午前10時20分ごろ、大藤園の訓練作業室内で、作業中だった40代の男性利用者の頭を、長さ約30センチのシールの束で1回たたき、翌28日午前11時半ごろにも3回たたいた上、頭を1回小突いたとしている。

事件を巡っては先月末、職員による暴行の様子を撮影した映像が内部告発によって流出。男性利用者は被害を受けた認識が明確でないが、男がたたいている様子が映像に映っていた。同署は指導する側による行為は悪質と判断した。男は「コミュニケーションを取ったり、励ましたりするつもりでたたいた」と容疑を認めているという。

流出した映像には、大藤園から懲戒解雇処分を受けた元職員の柳信介容疑者(35)の暴行シーンもあり、同署は柳容疑者を暴行容疑で既に逮捕している。映像や証言などから、柳容疑者と書類送検した男の他に、同施設の少なくとも3人の職員が利用者に暴言を吐くなどの虐待を繰り返していたことが明らかになっている。同署は日常的に虐待が行われていた可能性があるとみて、今後も捜査を進める。

書類送検を受け、大藤園を運営する社会福祉法人「開成会」の木谷義孝理事長は「非常に残念だ。就業規則に照らし、近いうちに処分を出す」と述べた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.17 (Wed)

悪逆無道*淘汰されるべき社会福祉法人

ここの保護者は 30年 40年も昔の考え方だ
ま 今もそうだけど
障害者福祉の現場では
自分の子供を一度施設に預ければ引っ越しすることはない
例え 我が子が虐待されても ・・・・・

だけどな
今回の事件は
あの千葉県社会福祉事業団が運営している養育園や更生園の死亡事件と比較しても
それ以上の施設内傷害事件なんです
典型的な密室での虐待
ハサミなど凶器を使って脅す
殺す というコトバで脅迫
施設長の態度



こんな暴虐を繰り返した施設を運営する社会福祉法人をノサバラしてエエんですか
私は
社会福祉法人開成会は解体解散すべきだと思います
そして
今までの施設を他の福祉法人が引き継ぎすればエエんです


大藤園利用者保護者会 施設の存続強く要請 中尾市長「最大限配慮」 /山口

知的障害者福祉施設「大藤園」(下関市長府豊城町)の利用者虐待事件で、利用者の保護者会は15日付で、施設の存続を望む要請書を市に提出した。16日、市が明らかにした。

要請書は、虐待が日常的に起きていたかどうかや他の職員の関与が無かったかなど総合的な調査・検証と再発防止に向けた具体的な取り組みの指導を要請している。同時に保護者として「利用者、保護者が慣れ親しんでいる施設が廃止されることは到底容認できるものではありません」と施設の存続を強く希望した。

要請書を受け、中尾友昭市長は16日に「要請の内容については、真摯(しんし)に受け止めており、利用者、保護者の意向に最大限配慮したいと考えております」とするコメントを発表した。

市は、施設への立ち入り調査のほか、全保護者に対し、アンケートによる実態調査も実施している。同時に、利用者の心理的ケアのためのヒアリングや、他の施設での利用者の受け入れの可能性についても個別にはかっており、市福祉部の高田昭文部長は「双方が整った時点で処分が決定できるものと考える」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.13 (Sat)

大藤園の施設長さん*この業界から去って下さい

お願いだから

井上昌士さん

辞めて どっか行ってよ
アナタが残る限り 改善できませんから


テーブルに足を投げ出して 井上昌士さん 
アクビして 障害者に肩を揉ます 井上昌士さん 
チンピラですか?



オマエが言うな 井上昌士
オマエが分析することじゃないだろ
オマエが新しい施設を作らなくてもエエんじゃ




虐待行われた福祉施設で保護者会 山口・下関

山口県下関市の知的障害者の福祉施設で虐待が行われていた問題で、元職員が逮捕されたあと初めての保護者会が開かれ、施設側は再発防止のため、暴行が行われた作業室や廊下にカメラや外から見えるガラス戸を設置すると説明した。

山口県下関市の知的障害者の福祉施設「大藤園」では、利用者に暴言を吐いたり額をたたいたりしたとして今月10日、元職員が暴行の疑いで警察に逮捕された。
施設では13日、元職員の逮捕のあと初めての保護者会が非公開で行われ、施設側が一連の問題のいきさつを説明したあと、逮捕された元職員とは別の職員2人が利用者に暴言を吐くなどしていたことについて、保護者の前で謝罪したという。

また施設側は、再発防止のため、暴行が行われた作業室や廊下にカメラを設置するとともに、外から見えるよう扉をガラス戸に交換すると説明したと。
保護者会に出席した保護者の1人は、「いろいろ突っ込んだやりとりがあった。いい方向に改善することを期待している」と話していた。
また、大藤園の井上昌士施設長は「事件が起きた背景をしっかりと分析して、2度と起きることがないよう新しい形を作っていかなければならない」と話している。


利用者への虐待問題に揺れる下関市の知的障害者福祉施設「大藤園」で13日、保護者会が開かれ、園側が改めて謝罪し、改善策を説明した。また、下関市の高田昭文・福祉部長らが出席し、保護者や利用者に対し、調査への協力を依頼した。

園によると、この日は月1回の定例の保護者会で、約45人が参加した。保護者だけの話し合いの後、理事長や施設長、事務長が出席し、改めて保護者に虐待事件の経緯を説明して謝罪した。園側は、密室状態だった作業場の壁や窓をサッシに替え、透明化を図る▽七つある作業場などにカメラを設置する−−などの改善策を報告した。また、利用者への暴行容疑で逮捕された柳信介容疑者以外に虐待場面の映像に映っていた男性支援員2人にも謝罪をさせた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.12 (Fri)

大藤園*残るは・・・虐待職員ビクビク

はやく 自白 せえよ

障害者施設虐待事件 施設を取り仕切る施設長が取材に答えるフジテレビ系(FNN)

障害者施設の職員による虐待事件で、ほかの職員による暴行の疑いも浮上している。当事者、そして施設の責任者に直接、話を聞いた。

暴言に加え、時には、はさみを使い、利用者を脅す職員A。
そして、作業する男性の頭を何度もたたく職員B。
番組に寄せられた告発映像には、柳容疑者以外の職員も、無抵抗な男性らに、暴言や暴力を振るう様子が記録されていた。
職員Aは「(どうして、ああいう言葉が出てしまった?)それも今、含めて、捜査中です」、「(ご自身として、思われることはいろいろあるのでは?)すみません。ちょっと今、答えられませんので」と話した。
職員Bは「(映像に残っている件はどう説明する?)すみません。捜査とかも入ってらっしゃるみたいなんで。そういうことに関しては、ノーコメントで...」と話した。

彼らの行動を含む一連の虐待について、施設を取り仕切る施設長が、あらためて12日、取材に答えた。
障害者施設「大藤園」施設長は「こういうことになってしまって、申し訳ないということで...。言葉を失いました。こんなことがあったこと、知らなかった」と話した。
「虐待の事実は、把握していなかった」と話した施設長。
映像では、その施設長自身が、机の上に足を投げ出し、利用者に肩をもませていた。
施設長は「(肩をもませていたが)強要した覚えはございませんので。肩をもんで、そこから話が始まるストーリーがあるが、一瞬見られた方は、わたしも非常に反省しています。外から来たときに、あの光景を見て、決して人は、いい気持ちではないので、非常に反省している」と話した。.


別の職員を書類送検へ 棒で頭たたく

4職員が「死ね」「殺すぞ」など 暴言が日常か
山口県下関市の知的障害者福祉施設「大藤園(おおふじえん)」元職員、柳信介容疑者(35)が利用者への暴行容疑で逮捕された事件で、県警は、別の男性職員1人が利用者の頭を棒でたたいた疑いが強まったとして、暴行容疑で近く書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。また、この職員を含む少なくとも4人が利用者に「死ね」などの暴言を吐いた疑いがあることが市と園への取材で判明。利用者への虐待が日常化していた可能性もある。
園を運営する社会福祉法人「開成会」は4職員の処分を検討している。市も指定の取り消しを含めて調査している。

捜査関係者によると、県警は数十日分の園内の様子を撮影した映像を入手。この解析から、職員1人が利用者の頭をプラスチック製の棒でたたいたことが分かった。聴取に対し職員は暴行を認めている。

さらに、この職員とは別の職員1人が利用者に対し、はさみを持ち「殺すぞ」と言っている様子も映っていた。県警に対し、この職員は「暴行はしていない」と話しているという。
一方、下関市と大藤園によると、映像に残っていたこの2人とは別の職員2人も虐待していたとの証言を、市が園側への聞き取り調査で得た。

園には、利用者の訓練作業に付き添う支援員として職員12人がおり、通常、支援員1人で複数の利用者に付き添う。4人は全て支援員という。
大藤園を巡っては昨年4月、市に匿名の通報が寄せられ、同6月には情報提供者が市役所を訪れ「暴力シーンの録画もある」と伝えていた。しかし、市は利用者や保護者への聞き取りなど詳細な調査をしなかった。

県警は11日、柳容疑者を暴行容疑で山口地検下関支部に送検した。県警によると、容疑を認めている。



詳細何も知らされず 「大藤園」利用者の親、怒りあらわ

下関市長府豊城町の障害者福祉施設「大藤園」で、利用者に対する暴力や暴言などの虐待があったとされる問題は、元支援員の男が逮捕される事態に発展した。長男が告発映像に映っていたという母親(51)が取材に応じ、「息子が(暴行の様子を)見ていたと思うと自分だったら耐えられない」と怒りをあらわにした。

母親によると、長男はたたかれていた利用者の名前を聞くとパニックを起こすようになったという。長府署に暴行の疑いで逮捕された無職男(35)の印象について「人当たりがよく、今回のことは驚いた」とする一方、「逮捕は妥当だと思う。虐待について全く分からなかったため、告発してくれてありがたい」と述べた。

母親は、同園から詳細を何も知らされない状況に憤りを感じており、「知らない間に終わってしまうのではないか不安。情報を速やかに知らせてほしい」と口にする。一方で、「施設が停止となれば行き場所がない。子どもを預けている身としては、園に強く言えない部分もある」と複雑な胸中を明かした。

2年ほど前には、長男が「ぶち殺す」「きょう飯抜き」という言葉を覚えるなどの異変もみられたという。母親は「息子がどれだけ傷ついているか分からないし、自分もどうしていいか分からない。園側が『風通しのいい施設にする』と言っており、それを守ってうみを出し切ってほしい」と話した。

逮捕者が出たことを受け、中尾友昭市長は「厳粛に受け止めている。事実関係を整理後は速やかに法に基づいて厳正に対処する」とコメント。同園を運営する社会福祉法人開成会の木谷義孝理事長(79)は「今回の事件の重要性や社会全般に与えた影響を痛感させられ、重ねて反省の意を強くした。日常的に暴力が繰り返されていたかは今後の実態解明で重要なポイントだが、現時点ではなかったと信じている」と述べた。

同日は、NPO法人下関市身体障害者連合会や同市手をつなぐ育成会など市内の6団体が市役所を訪れ、中尾市長に大藤園での虐待の全容解明と支援体制の改善、障害者虐待防止体制の検証と抜本的な改革などを求める要望書を提出した。中尾市長は「今回のことを一つずつ検証し、利用者や保護者の気持ちになった行政的な手続きを進めたい」と応じた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.11 (Thu)

問題は理事長にあり

山口・下関市の障害者福祉施設で作業中の利用者の額を平手打ちする暴行を加えたとして、施設の元職員の男が逮捕された。告発ビデオで明らかになった施設の虐待行為で逮捕者が出たのは初めて。

暴行の疑いで逮捕されたのは下関市の障害福祉サービス事業所、「大藤園」の元職員・柳信介容疑者(35)。警察の調べによると、柳容疑者は去年2月、訓練作業中だった男性利用者(当時20)の胸ぐらをつかんで体を揺さぶり、額を3回平手打ちするなどした疑い。警察は、虐待を告発する映像がテレビで放映されて以降、事実確認を進め、今月5日には大藤園の関係者からの告発を受理していた。

施設側の説明では、柳容疑者は勤続13年で、利用者とコミュニケーションを取るのが上手だったという。調べに対し、柳容疑者は容疑を認めているということで、警察は柳容疑者が施設の利用者に日常的に暴行を加えていたとみて捜査している。







全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.10 (Wed)

13年支援員してきて情けないのぉ*裏をかえせば13年ギャクタイしてきたのか?

13年前から勤務

柳信介 って常勤 正社員なのか ・・/


<暴行容疑>下関の知的障害者施設で暴行「作業しなかった」

山口県下関市の知的障害者福祉施設「大藤園(おおふじえん)」で利用者を暴行したとして、山口県警は10日、同県防府市西浦、元職員、柳信介容疑者(35)を暴行容疑で逮捕した。県警によると、柳容疑者は容疑を認め「作業をしようとしなかったのでやった」と供述している。複数の利用者に暴行を繰り返していた疑いがあり、県警は同日、園を家宅捜索した。

逮捕容疑は昨年2月12日午前10時ごろ、園の訓練作業室で、男性利用者(当時20歳)に暴言を浴びせながら胸ぐらをつかんで体を揺さぶり、額を3回平手打ちするなどしたとしている。

園は通所型の福祉サービス事業所。知的障害者らが園内で軽作業などを行う。柳容疑者は13年前から勤務し作業の指導を担当していた。先月、利用者を平手打ちする様子がテレビで放映され、園側が事情を聴いたところ、「バカと言われ、かっとなってやった」と認めたという。園側は4日、柳容疑者を懲戒解雇した。他の職員2人も暴言を吐くなど心理的虐待を行った疑いがあり、園側は第三者委員会を設置して調べている。

園を運営する社会福祉法人「開成会」の木谷義孝理事長は10日、報道陣に「利用者に精神的なダメージを与え申し訳ない。再生を図りたい」と話した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.10 (Wed)

今更*オオヤケになって騒ぎだす下関市の団体

福祉施設で虐待 障害者団体が申し入れ

下関市の知的障害者の福祉施設で職員が利用者に虐待を繰り返していた問題で、警察は問題の発覚後、懲戒解雇された元職員を暴行の疑いで逮捕した。この問題を受けて、山口県下関市の6つの障害者団体が10日、下関市の中尾市長と面会し第三者委員会による徹底的な調査や、人権に配慮した障害者支援を求めた。

下関市の知的障害者の福祉施設「大藤園」の元職員の逮捕を受けて、下関市の6つの障害者団体の代表など10人は、10日午後、下関市役所を訪れ、中尾友昭市長に要望書を提出した。

要望書では、「1年前から市や虐待防止センターに通報があったにもかかわらず、虐待と認定しないまま、長期間、事態が改善されなかった」と指摘している。
そのうえで、専門家を含めた第三者委員会を作り徹底的な調査と検証を行うことをはじめ、より人権に配慮した障害者支援が行われるよう施設を指導することや、障害者の不安解消のため、丁寧な説明や情報提供を行うよう求めている。

要望書を提出した下関市身体障害者連合会の金原洋治会長は、「虐待を許してしまう空気があったのではないか。なぜ虐待が起こったのか、しっかり検証する必要がある」と話した。
中尾市長は、「利用している人やその両親の気持ちに沿った対応が取れるよう一つ一つ反省して要望を検証していきたい」と述べた。

専門家「行政側の認識改める必要」
厚生労働省によりますと、福祉施設などの職員による障害者への虐待は、去年3月末までの1年間に全国で263件確認され、合わせて455人が被害を受けたという。

おととし11月には、千葉県袖ヶ浦市の福祉施設で知的障害がある当時19歳の男性が職員から暴行を受け、その後、死亡する事件が起きている。
虐待の内容で、最も多いのが「身体的虐待」で全体の56.3%と半数以上を占め、次いで暴言を浴びせるなどの「心理的虐待」が45.6%、「性的虐待」が11.4%などとなっている。

障害者虐待の問題について詳しい国学院大学の佐藤彰一教授は、今回、下関市の福祉施設で起きた虐待について、「市が調査や指導を行っていたにもかかわらず、虐待を確認できなかったとしている点が問題で、行政側の認識を抜本的に改める必要がある」と指摘している。

そのうえで、「施設では、周囲の目が届かないまま虐待が習慣化し、次第にエスカレートしていく傾向があるので、福祉の専門家や地域の住民など第三者が施設に入り、障害者本人に寄り添った支援が行われているか確認する仕組みを強化しなければならない」と話している。



施設で虐待 匿名情報後の対応検証へ

山口県下関市の知的障害者の福祉施設で利用者への虐待があった問題で、下関市は、1年余り前に虐待についての匿名の情報を受けて以降の対応が適切だったかなどについて、外部の専門家も交えて検証する方針。

下関市にある知的障害者の自立を支援する福祉施設「大藤園」は、職員が利用者に虐待を繰り返していたとして、今月4日、市の立ち入り調査を受けた。

この問題を巡り、下関市は、8日に会見を開き、1年余り前の去年4月に施設で虐待が行われているという匿名の情報を受けて以降、任意の調査や指導を継続的に行っていて、その過程では暴力を伴う虐待は確認できなかったと説明した。
そして、施設側に指導を行い、改善が見られると判断し、ことし3月には調査や指導を終えたとしている。

しかし、その後、施設内で職員が利用者に暴力を振るうなどの映像が確認されたとして、市は今月、改めて立ち入り調査を行っていた。
これについて下関市は、「判定能力が甘いと言われれば反省しなければいけない。外部の専門家が入って評価していくのは必要だと考えている」と述べ、一連の対応が適切だったかなどについて、検証する方針を示した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.10 (Wed)

速報::大藤園の障害者虐待事件*元施設職員35歳逮捕

日本放送協会
6月10日 NHKニュース7で トップニュースで放送される
下関市の障害者福祉



障害者虐待の疑い、元施設職員の男逮捕

山口県下関市の障害者施設「大藤園」に通っていた知的障害者を虐待したとして山口県警長府署は10日、山口県防府市西浦、元施設職員の無職、柳信介容疑者(35)を暴行の疑いで逮捕した。県警は施設も家宅捜索、柳容疑者が繰り返し虐待をしていた可能性もあるとみて調べている。

同署によると、柳容疑者は「被害者が作業をしようとしなかったのでやった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年2月12日午前10時ごろ、施設の訓練作業室で、通っていた下関市の男性(当時20)に暴言を浴びせながら、胸ぐらをつかんで体を揺さぶり、頭部を3回平手打ちした疑い。

施設によると、別の職員も通所者に「殺す」「ばか」などと暴言を吐いた疑いがあり、施設は弁護士を含む第三者委員会を設置、全容解明を進める。

大藤園をめぐっては、柳容疑者が男性を平手打ちするなど、施設内で通所者が虐待されている映像が5月にテレビで放送され、県警が捜査を開始。施設関係者が6月5日、暴行容疑で柳容疑者を刑事告発していた。施設は、4日付で柳容疑者を懲戒解雇した。


知的障害者らが利用する山口県下関市の指定障害福祉サービス事業所「大藤園」で利用者を暴行したとして、山口県警は10日、同園元支援員の無職柳信介容疑者(35)=同県防府市西浦=を暴行の疑いで逮捕し、発表した。県警によると、「作業をしようとしなかったのでやった」と容疑を認めているという。

県警の発表によると、柳容疑者は昨年2月12日午前10時ごろ、同園で作業中だった知的障害がある利用者の男性(21)に暴言を浴びせながら胸ぐらをつかんで体を揺さぶり、額を3回平手打ちした疑いがある。

先月28日、暴行の様子を撮影した映像がテレビなどで流れ、県警が事実確認を開始。今月5日、同園の関係者から告発を受けた。被害者保護と再発防止の観点から捜査を急いだという。複数の施設関係者が暴行する様子が映像に映っていることから、県警は、ほかにも犯行に関わった職員がいる可能性があるとみて捜査する方針。

虐待情報を受け、今月4日には、下関市が障害者総合支援法に基づき施設を立ち入り調査した。施設を運営する社会福祉法人開成会は4日付で柳容疑者を懲戒解雇していた。

■市、昨年は虐待確認できず
指定障害福祉サービス事業所「大藤園」をめぐっては、昨年4月、下関市に対し、匿名の封書で職員の虐待に関する情報提供があった。同市は同5月に計3回、施設に任意で立ち入り調査をして書類を調べたり、職員ら19人に面接したりした。

同6月には情報提供者が市役所を訪れ、担当職員3人が約12分間の映像を確認した。映像には職員が「はよせーや」と発言したり、管理者が職員とふざけて騒いだりしている様子があったが、利用者をたたくなどの行為は記録されていなかった。提供者が「暴力シーンの録画もある」と説明したことから、提供を求めたが、拒否されたという。

市は「虐待の可能性が高い」として同10月、施設に再度立ち入り調査。責任者3人から事情を聴くなどしたが、虐待は現認できなかったと結論づけ、今年3月に調査を終えた。施設側も虐待を否定した。
だが先月、市は暴行の様子を記録した映像を報道機関を通じて確認。今月4日、施設に再び立ち入り調査に入った。現在、行政処分を検討している。

映像を確認した施設側も虐待の事実関係を一転して認めた。施設を運営する社会福祉法人開成会の木谷義孝理事長は「率直に言って申し訳ない。残念なことだと思っている」と話した。









下関市福祉部長「虐待の対応遅れ反省」

下関市の障害者福祉施設「大藤園」(井上昌士施設長)で、職員が利用者の頭をたたくなどの虐待を行ったとされる問題で、同市の高田昭文・福祉部長は9日、市議会文教厚生委員会で「(内部通報があった)1年前に、身体的虐待を認定できなかったことを反省している」と答弁した。

この問題を巡っては、市が昨年10月、同施設に対し障害者総合支援法に基づく立ち入り調査を行ったが、「虐待の事実は現認できなかった」との結論を出した。しかし、今年になって虐待の場面を録画した映像が寄せられたため、市は今月、再度、調査に入った。

この日の委員会で、市側は昨年6月、情報提供者から、職員が利用者に対して強い口調で発言する様子などを録画した映像を見せられ、「暴力シーンの録画もある」と伝えられていたことを報告。市はその後、提供を求めたものの、情報提供者に応じてもらえなかったという。

市議からは「もっと踏み込んで調査しようと思わなかったのか」「継続的に(情報提供者に)連絡すれば、この時点で暴力を確認できたかも知れない。対応がぬるい」との指摘や質問が出された。これに対し、高田部長は「(対応の)スピード感に失していた」と反省の言葉を述べた。



まとめ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.09 (Tue)

社会福祉法人開成会*社会悪 ⇒ 解散へ向けて

障害者施設虐待、映像以外の複数職員が暴行か

山口県下関市の知的障害者施設で職員が障害者に対し虐待行為を繰り返していた問題で、撮影されていない複数の職員が暴行していた可能性が出てきた。

2abb11110-0888.jpg

虐待が行われていた知的障害者作業施設「大藤園」に下関市が先週、立ち入り調査したところ、撮影された映像以外にも複数の職員が暴力行為をしていたとの証言を得ました。これを受け、市は、事業所の指定停止も含め、行政処分を検討しているということです。




虐待そのもの。一番ひどい虐待じゃないか (下関市 中尾友昭市長)



一方、下関市は去年4月に情報を得ていたものの、虐待を受けた人から聞き取り調査をしていなかったことが判明。今後、対応が適切だったか検証することにしています。



山口県下関市の障害者福祉施設で虐待行為が行われていた問題で、立ち入り調査をした下関市が会見を開き、内部告発ビデオに映っていた職員以外にも「複数の職員が暴力を振るっていた」とする証言を得ていることを明らかにした。

この問題は、下関市の障害者福祉施設「大藤園」で、利用者に対する虐待行為が行われていたもので、施設の関係者が報道機関に映像を送って告発したことで明らかになった。  
報道を受け、下関市は今月4日、立ち入り調査をし、全職員約20人から話を聞いていた。

この調査結果について、下関市は8日に開いた会見で、虐待する様子が告発ビデオに映っていた職員3人以外にも「複数の職員が暴力を振るっていた」という証言を得ていることを明らかにした。  下関市は去年4月に匿名の情報を受けて以降、継続的に調査や指導を行ってきたが、その過程では暴力的虐待は確認できなかったと説明した。その上で、市の対応に改善の余地があることは認め、今後、外部の専門家を交え、今回の対応が適切であったか検討していく必要があるという考えを示した。


市の対応 第三者が検証へ 弁護士や社会福祉士

下関市長府豊城町の障害者福祉施設「大藤園」(井上昌士施設長)で、職員が利用者の頭をたたくなどの虐待を行ったとされる問題を受け、同市は8日、記者会見を開き、市の対応に問題がなかったかを外部の専門家で検証する方針を明らかにした。

市福祉部によると昨年4月、市障害者虐待防止センターに匿名の通報が寄せられた。市は翌月、同施設に任意の立ち入り調査を行い、相談記録の確認や職員への面接を実施。暴言などの心理的虐待があったことを把握した。

同6月には、情報提供者が市役所を訪れ、同施設の職員の発言や同施設の作業室の様子を撮影した動画を市職員に見せた。これを受けて市は同10月、障害者総合支援法に基づく立ち入り調査を行ったが、「虐待の事実は現認できなかった」との結論を出した。

同部は「対応の早さなど、真摯に反省しなければならない。外部の専門家が入って評価することは必要」と説明。弁護士や社会福祉士の参加を想定している。
中尾友昭市長は同日の定例記者会見で、「(対応が)少し遅かったのではないか。ただ、問題を先送りしたという認識はない」と述べた。


知的障害者福祉施設 大藤園で虐待があったとして、下関市が調査している問題で、市は8日、記者会見を開き、施設職員への聞き取り調査の結果、複数の職員が利用者に暴行したとの情報を得たことを明らかにした。また、市は昨年4月以降、施設についての情報を得て、少なくとも7月の時点で「身体的虐待が行われている可能性が高い」と判断していた。

高田昭文福祉部長らが会見した。市側は「適正な対応をした」と説明する一方、市の対応について「検証していきたい」とした。

会見によると、昨年4月、匿名の封書で通報があり、5月に任意の立ち入り調査を実施した。6月に情報提供者が市役所を訪れ、利用者への暴言が記録された映像を市職員に見せた。

市は7月、映像や証言などを基に暴言などの心理的虐待があると認定。10月〜今年3月、市職員が計5回の実施指導をした。ただ、この時点では利用者や保護者への聞き取りなどは実施せず、暴力は確認できなかったという。

しかし、今年5月に報道機関から、施設職員が利用者の頭をたたく様子などが映った動画を見せられ、今月、障害者総合支援法に基づき、立ち入り調査を実施した。

一方、中尾友昭市長は、この日の定例会見で「法に基づき厳正に対処した。指導をしっかり実行していく」と語った。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.07 (Sun)

考察してみた*その三

施設内で虐待が起きた場合

ウヤムヤにする
隠蔽する
単なるオ遊びと誤解する

そんな障害者施設が多い

大藤園では職員の内部告発で晒されたので利用者を保護することができた

今時
告発されたりしてオオヤケになったからこそ改善できた そんな社会福祉法人は税金の無駄です

さて問題は
◆虐待を知りながら見て見ぬふり をしていた職員は・・・要ると思う (これが一番タチが悪い
◆木谷義孝理事長は虐待を行った職員は懲戒解雇すると もうこの時点で事を済まそうとしている
◆虐待を受けた利用者に対してお詫びのコトバがない
◆虐待を受けた利用者に対して この後の対応の説明がない
◆虐待を受けた利用者の保護の問題 知的障害を持つ人でも虐待を受ければ心に精神に傷ついていると思う



最近のニュース

内部告発した職員の名前を事業所に漏らした長崎市福祉総務課
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2123.html

虐待通報を単なる苦情として片づける 社会福祉法人ウエル清光会清豊苑の管理者
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2119.html



2014年4月以降
下関市 高田昭文福祉部長は
少なくとも2014年7月の時点で施設についての情報を得て身体的虐待が行われている可能性が高いと判断していた

2014年4月
市 の虐待防止センターに匿名の封書で通報があった
2014年5月
任意の立ち入り調査を実施
暴言などの心理的虐待については認定したものの 暴行については確認できなかった
2014年6月
情報提供者が市役所を訪れ 利用者への暴言が記録された映像を市職員に見せた
2014年7月
映像や証言などを基に暴言などの心理的虐待があると認定
2014年10月~2015年3月
市職員が計5回の実施指導をした
この時点では利用者や保護者への聞き取りなどは実施せず 暴力は確認できなかった
2015年5月
報道機関から施設職員が利用者の頭をたたく様子などが映った動画を見せられる
2015年6月
障害者総合支援法に基づき立ち入り調査を実施
Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.06 (Sat)

考察してみた*その一

外部の目 地域の目 が届かない
そんな障害者施設が多い


よくある障害者施設
保護者会がない
子供を施設に預けっぱなし 任せっぱなし 丸投げ 施設をあてにして依存する




知的障害がある人 自閉症者によくみられるオウム返し
言われた言葉をそのまま言う
○○さんに叩かれた?  という問いに叩かれたと同じように返してしまう








怖かった?  >怖かった


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/02/27

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.06 (Sat)

社会福祉法人開成会*指定障害福祉サービス事業所 大藤園::続報

山口県下関市の知的障害者の福祉施設で職員が利用者を虐待していた疑いがあるとして、下関市は4日、施設の立ち入り調査を行ったが、そのきっかけとなった映像が入ったDVDの一部を、市の担当者がおよそ1年前に見ていたことが、関係者への取材で分かった。このとき市は、明らかな虐待はないとして、立ち入り調査などの対応をとっていなかった

立ち入り調査を受けたのは、山口県下関市長府豊城町の知的障害者の自立を支援する福祉施設「大藤園」。この施設の職員が利用者の顔を何度もたたいたり、暴言を吐いたりする映像があることが分かったため、下関市は4日、障害者総合支援法に基づいて立ち入り調査を行った。

取材に対し、「大藤園」の木谷義孝理事長は、4日、虐待の事実を認めたうえで、「虐待を行った職員は懲戒解雇する予定で、深くおわびします」と話した。

この問題を巡り、下関市は去年4月、匿名の情報を受けて、聞き取り調査などを行いましたが、虐待の事実は確認できず、職員研修を促すなどの指導をしたと説明している。
しかし、今回の立ち入り調査のきっかけになった映像が入ったDVDの一部を、市の担当者が去年7月までに見ていたことが、関係者への取材で分かった。
このとき市は立ち入り調査などの対応をとっておらず、担当者は取材に対し、「自分が見た場面では身体的な暴力などの明らかな虐待はないと判断した」と説明している。虐待の疑いへの対応が結果として先送りされたことについて、下関市は「対応に問題はなかった」としている。



「改善に取り組む」 第三者検討委を設置 下関市・立ち入り調査 /山口

職員による利用者の虐待が発覚した下関市長府豊城町の指定障害福祉サービス事業所「大藤園」に4日、市の立ち入り調査が入った。木谷義孝理事長は「あってはならないこと。言葉だけではなく、これから具体的に改善に取り組んでいきたい」と謝罪し、外部委員による第三者検討委員会を設置するなど対応に乗り出した。一方、市は今後、調査を進め、虐待の実態把握を進める方針だ。

今回の問題は、5月下旬、施設内での虐待現場を撮影した映像が報道され発覚した。園では5月30日に、保護者会を開き、虐待の事実を認め保護者らに謝罪するとともに、改善に取り組む方針を説明したという。今月3日には弁護士や教育関係者ら外部委員4人による第三者検討委員会を設置。虐待の背景などの原因究明と今後の改善策について提言を受ける。一方で虐待に関わった職員3人と管理責任のある施設長を今後、処分するという。

今回の事態を重く見た市は4日午前から園に立ち入り、職員への聞き取り調査などを実施した。同園の虐待を巡っては、昨年4月にも市の虐待防止センターに通報があり、市が任意調査に入るとともに、施設でも内部調査を実施したが、虐待を確認できなかった。





詳しい動画 
【衝撃】下関でおきた障碍者虐待映像 2015年5月30日に公開
https://www.youtube.com/watch?v=Tk--WgBtIBA#t=722


>この動画には *****さんのコンテンツが含まれているため、著作権上の問題で権利所有者によりブロックされています。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.06.03 (Wed)

炎上しそうだ*厚生労働大臣がコメントする

社会福祉法人開成会*指定障害福祉サービス事業所 大藤園

過去 いろんな虐待事件があったけれど
厚生労働大臣がジキジキに発言するなんて初めてみたワ
袖ケ浦福祉センター養育園での利用者の死亡事件でも厚生労働大臣がコメントなんてしなかったのに

障害者虐待問題、厚労相「あってはならないケース」
2日の朝、塩崎恭久厚生労働大臣の会見
あってはならないような虐待ケースだと拝見した。下関市が真相究明をして、何が起きたのかを調べているはずなので、この調査を注視してまいりたい
厚生労働省としても調査の経過をしっかり見ていくという姿勢を示しました。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.05.30 (Sat)

糾弾されるのを待つよ

当ブログのコメントから情報いただきました ありがとう



障害者に対して
未だに施設内でこんな虐待を繰り返しているのか





29日 検索キーワード
下関 障害者 虐待
下関 障害者施設虐待報道 みんなのニュース
下関市 知的障害者施設 虐待 報道 内部告発
下関市障害者就労支援  職員暴力

28日 検索キーワード
下関 知的障害者 虐待 ニュース
下関市 障害者施設 虐待 ニュース
下関障害者施設職員の虐待
下関市の知的障害者の支援施設での虐待
下関市知的障害者施設虐待事件
山口県作業所 虐待 内部告発
下関 知的障害者施設 虐待
下関 知的障碍者施設で暴力?
下関市知的障害者通所施設虐待ニユース


二日前から今回の虐待事件に関する記事を捜していたのでしょうね
私の情報不足でした








社会福祉法人開成会*指定障害福祉サービス事業所 大藤園

29日 18時にスレッドが立った

【下関市】知的障害者への虐待【障害者作業所】 [転載禁止]©2ch.net
1 :可愛い奥様@転載は禁止:2015/05/29(金) 18:56:00.46 ID:QfBOa3pg0
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/ms/1432893360/l50



28日公開

YouTube 28日のニュース動画
https://www.youtube.com/watch?v=Di2ZH2BINSM&feature=youtu.be



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/01/20

Blog Top  | 大藤園まとめ | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |