FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.12.12 (Thu)

また放課後等デイサービスが*今度は虐待 ⇒ 雲隠れ

障害児通所施設で虐待か 元職員は音信不通で調査できず

なんのこっちゃ 放課後等デイサービス

障害のある子どもが通う横浜市泉区の放課後等デイサービス事業所「フレンズ弥生台」で、職員が10代前半の知的障害がある男性利用者をたたいたという情報が市に寄せられた。だが、職員と連絡がとれなくなり、市や事業所側による調査は終了。虐待があったのか、事実関係がはっきりしないままとなっている。

市関係者によると、「男性利用者のほおにミミズ腫れがあり、腕に青あざがある」という情報提供があり、6月5日に市がフレンズ弥生台を調査。複数の職員が市の聞き取りに対し、5月下旬に40代の男性職員がこの利用者をたたいていたと証言したという。男性職員は、実務経験などに基づいて厚生労働省が定める「児童発達支援管理責任者」を務め、フレンズ弥生台ではサービスの中心的役割を担っていた。

フレンズ弥生台の運営会社「Origin(オリジン)」(茨城県)の代理人弁護士によると、この男性職員が他の利用者もたたいていたと、フレンズ弥生台の別の職員が証言したという。だが、男性職員は市の調査直後の6月6日から出勤しなくなり、オリジン側が自宅を訪問したり、内容証明郵便を2回送ったりして調査しようとしたが接触できず、7月に懲戒解雇したという。代理人は取材に「適正な対応をとって再発防止に努めております」と語った。

市もオリジンを通じて男性職員への聴取を試みたが実現せず、調査を打ち切った。虐待の有無や外傷との因果関係は不明のままだが、市障害児福祉保健課は「本人に聞き取りができないので、これ以上調査できない」としている。

男性職員は利用者ごとに個別支援計画を作る業務を担当していたが、一部の利用者の分が作成されておらず、市は今年9月、児童福祉法に基づきフレンズ弥生台に改善を指示。今後、同計画を前提に、国などが過大支出した数百万円の給付金が返還される見通しだ。

信用調査会社などによると、オリジンは2008年設立。同社によると、首都圏などでフレンズ弥生台などの障害児通所施設12カ所、薬局8店舗を展開している。


夜逃げ 児童発達支援管理責任者 雲隠れ

厚生労働省
放課後等デイサービスの運用状況について 平成30年12月27日
https://www.mhlw.go.jp/content/12601000/000481905.pdf

事業所数の推移等について

事業所数 12,332か所 (平成30年3月末現在)

新設届提出事業所 (平成30年4月1日~9月末)
1,346 か所

廃止・休止届提出事業所 (平成30年4月1日~9月末)
369か所

事業所数 13,346 (平成30年9月末現在)
月平均利用者は約20万人


平成30 年4 月~9 月末日の間に、廃止・休止届を提出した事業所数は369 か所であり、主な廃止・休止理由は「人員配置基準を満たせない」「その他(事業所統合等)」となっている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.12 (Tue)

また放課後等デイサービスが*吹田市のNPO法人障害児童見守りの場わかば

職員がサービス提供時間中に
利用児の胸倉をつかみながら厳しい口調で叱るといった行為等が繰り返しあった


指定障害児通所支援事業者の一部効力(新規利用者受入)の停止処分について

大阪府は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第21条5の24第1項の規定により、以下の指定障害児通所支援事業者に対する処分を行いましたので、お知らせします。

1 対象事業者
(1) 法人名 NPO法人 障害児童見守りの場わかば
(2) 代表者 理事長 氷高 てる子
(3) 所在地 大阪府吹田市津雲台四丁目3番3-2号

2 対象事業所名及び所在地
(1) 事業所名  児童デイサービスわかば2
(2) 所在地  大阪府吹田市津雲台四丁目1番9号
(3) サービス種別  児童発達支援・放課後等デイサービス

3 処分年月日
令和元年11月8日(金曜日)

4 処分の内容
指定の一部効力(新規利用者受入)の停止
令和元年11月9日(土曜日)から3か月間

5 処分の理由
(1)人格尊重義務違反(法第21条の5の24第1項第2号)
指定障害児通所支援事業者等は、障害児の人格を尊重するとともに、この法律又はこの法律に基づく命令を遵守し、障害児及びその保護者のため忠実にその職務を遂行しなければならないが、従業者がサービス提供時間中に、利用児の胸倉をつかみながら厳しい口調で叱るといった行為等が繰り返しあったため。

大阪府 福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課  指定・指導グループ




NPO法人障害児童見守りの場わかば
理事長 氷高てる子
大阪府吹田市津雲台四丁目3番3-2号
設立 2009年1月8日



児童デイサービスわかば2
大阪府吹田市津雲台四丁目1番9号



3か月間 利用者の受入停止
しょーもない処分やな
もっと厳しくせなアカンよ
改善報告書を出させて 反省を文字にして表しなさい
また同じことしよるわ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.11 (Mon)

<放課後等デイサービスの不祥事> 2017年~

放課後等デイサービス
障害がある6~18歳の就学児を対象にする
利用者は1割負担
9割は国や自治体の公費でまかなう

2018年6月現在 全国に1万2535事業所 利用者は延べ約19万7千人
2017年には11301事業所 営利法人(会社)6282
2016年--9 385事業所
2015年--6971事業所
2014年--5267事業所

2017年10月現在
営利法人(会社)6282

平成30年4月1日から児童指導員 又は保育士 又は障害福祉サービス2年以上の経験者
そしてこのうち
半数以上は児童指導員か保育士この基準が適用される

2019年

大阪府泉南郡熊取町の株式会社ライフズ
放課後等デイサービスみらい指定取消し
 2019年11月1日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4718.html
小5男児骨折させる、デイサービス役員男逮捕 みずならの木 南小岩 2019年10月25日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4688.html
一般社団法人愛福祉会
不正請求で指定取り消し処分 加古川の放課後デイサービス 2019年9月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4624.html
一般社団法人ガジュマル
放課後等デイサービスが540万円不正請求 2019年9月11日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4601.html
ミラクルキッズ1年間営業停止
給付金不正受給 1年間営業停止 2019年8月30日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4592.html
勤務先のデイサービスで16歳少女にわいせつ行為 団体職員の56歳男逮捕 2019年8月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4581.html
名古屋の事業者、障害児施設で不正受給 岐阜県が指定取り消し 2019年8月10日
給付費1500万円を不正受給
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4572.html
放課後等デイサービス:あんしんキッズデイ松伏 指定取消し 2019年8月1日
不正請求5,011,523円

https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html
大阪府守口市の障害者福祉施設 桜の園
障害者施設で12歳男児死亡 昼食のどに詰まらせ 2019年7月31日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4560.html
小学生や中学生の足を自分の股間に押し当てるなどしたとして
自分の性的欲求を満たすために*大阪の四方慈遠21歳 2019年7月10日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4536.html
行政処分*横浜市の放課後等デイサービス
ちいさなあしあと+ちいさなあしあと移動支援
 2019年6月27日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4722.html
指定取り消し 給付費861万円不正受給 エスペランサ大泉 2019年6月25日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4515.html
千葉市の障害児施設処分 給付金600万円不正受給 YESアルファスマイル千葉校 2019年6月16日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4507.html
児童指導員がいない
架空の人物を仕立てて勤務しているように装う
偽造した実務経験証明書や学位記
リハフロンティア株式会社+放課後等デイサービスミライズ  2019年4月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html

前代未聞*放課後等デイサービスの行政処分 ⇒ 市長がメディアへ発言 2019年4月17日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4448.html
株式会社セカンドハウス彩祐結
山形の障害児通所支援事業者 給付費150万円不正受給 2019年3月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4411.html
12歳の児童の頭や顔を殴った疑い 42歳の女を逮捕 2019年3月14日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4398.html

この程度なんです 株式会社プレイズコンフォート くるみの森
内部通報で発覚 通報者から提供された動画 音声データが証拠 2018年10月5日
40代の女性マネジャーが利用者に平手打ちをする虐待行為をしていた
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4200.html
事業のオープン当初から不正
給付費不正受給で赤磐市の放課後等デイサービス 指定4カ月停止 2019年2月22日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4365.html
悪質な不正受給:株式会社ダイアリークリエイト  2019年2月20日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4364.html
運営が苦しかった なんのこっちゃ
青森市の放課後等デイサービス指定取消し 2019年2月18日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4358.html
2170万円不正受給 株式会社 A prime 指定取消し 2019年2月14日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4352.html
己が設置した防犯カメラに 経営者と施設職員を逮捕 2019年2月4日
女子児童に殴打 宙づり
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4344.html


2018年 2017年

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

また放課後等デイサービスが ・・・ 指定取り消し

指定障害児通所支援事業者の指定取り消し処分について

大阪府は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第21条の5の24第1項の規定により、以下の指定障害児通所支援事業者の指定を取り消しましたので、お知らせします。

1 指定取消し対象事業者
法人名 株式会社ライフズ
代表者 代表取締役 辻川 浩
法人所在地  大阪府泉南郡熊取町五門西二丁目2番8号

2 事業所名及び所在地
事業所名称  みらい
所在地  大阪府泉南郡熊取町五門西三丁目19番1号2階
サービス種別  児童発達支援・放課後等デイサービス

3 指定取消し年月日
令和元年10月31日(木曜日)

4 指定取消しの理由
不正の手段による指定(法第21条の5の24第1項第8号)
法人は、保育士または児童指導員として営業時間を通じて勤務すべき者を、事業開始前より配置できないとわかりつつ、人員基準を満たす旨の虚偽の障害児通所支援指定申請書を大阪府に提出して、不正な手段により法第21条の5の3第1項の指定を受けた。



ハローワークの過去求人

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.10.25 (Fri)

また放課後等デイサービスで*今度は重傷負わせた

株式会社みずならの木
代表 田邉雅絵  田辺雅絵
役員 田辺勇太32歳  田邉勇太

生活塾 みずならの木 南小岩
東京都江戸川区南小岩7-37-18 クレドハイツ102号





小5男児骨折させる、デイサービス役員男逮捕

発達障害などがある児童らが通う放課後等デイサービス事業所で小学5年の男児(10)に暴行し、頭部骨折などの重傷を負わせたとして、警視庁小岩署は21日、傷害の疑いで、東京都江戸川区南小岩の運営会社「みずならの木」役員、田辺勇太容疑者(32)=同区北小岩=を逮捕した。

同署によると、田辺容疑者は職員として日常的に子供と接していた。調べに対し、「腕にかみついてきたのでとっさに投げてしまった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は5月1日午後1時半ごろ、施設内で男児に自分の上着をかぶせて目隠しした上、足払いをするなどの暴行を加え、後頭部の骨を折る全治約3カ月の重傷を負わせたとしている。

同署によると、田辺容疑者は事件直後、男児の母親に対し「暑くなったので上着を脱いでいたら、男児がつかまり後ろに転んだ」などと虚偽の説明をしていた。男児は帰宅後も頭の痛みを訴え続け、約1週間後に病院で受診した。施設は取材に対し、「弁護士からコメントを控えるように言われている」としている。


親子なのか 夫婦なのか  どっちでもええけど



文字にするのは簡単


小5男児に重傷負わせ逮捕

東京・江戸川区の児童デイサービスで、施設役員の男が、小学5年生の男の子(10)に頭部骨折の重傷を負わせた疑いで逮捕された。

児童デイサービス「みずならの木」取締役の田辺勇太容疑者(32)は2019年5月、江戸川区南小岩の施設の教室で、小学5年生の男の子に自分の上着を頭にかぶせて足を払うなどして倒し、後頭部を骨折するなどの重傷を負わせた疑いが持たれている。

田辺容疑者は、腕にかみついてきたので、とっさにやってしまったと話し、容疑を認めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.26 (Thu)

また放課後デイサービスが加古川市の一般社団法人愛福祉会

悪質



不正請求で指定取り消し処分 加古川の放課後デイサービス

職員の数を水増しするなど報酬を不正に受け取っていたとして兵庫県は、障害のある子どもの放課後デイサービスなどを運営する加古川市の事業者を指定取り消し処分とすると発表した。

指定取り消しの処分を受けたのは加古川市で障害者の放課後デイサービスや就労支援など2つの事業所を運営する「愛福祉会にじいろ」。

県によると、「愛福祉会にじいろ」は2015年5月から2019年5月までの間に職員の数を水増しした書類を提出したほか、利用者の支援計画を作成していないにも関わらず本来必要な減算をせずに報酬およそ2300万円を受け取っていたという。

2018年12月に匿名の情報提供があり発覚した。
2019年3月に監査を受けた後にも「愛福祉会にじいろ」の代表は不正を隠すためうその書類の作成を従業員に指示したり、虚偽報告を行ったりしたということです。

処分の効力は11月30日で、聞き取りに対し代表は不正を認めているということです。
加古川市などは不正に受け取った報酬およそ2300万円の返還を請求し、利用者の今後の受け入れ先を調整する。


一般社団法人愛福祉会
代表理事 藤井ひとみ
加古川市加古川町北在家285-1




障害児通所支援事業所の指定取消処分について
児童福祉法第21条の5の24第1項の規定に基づき、下記のとおり、令和元年9月19日付けで指定の取消を行いました。


1 事業所等の概要
法人名
一般社団法人愛福祉会にじいろ

事業所名
ふれんず(加古川市)

事業種別
放課後等デイサービス

指定年月日 平成 27 年7月1日

2 処分内容
指定取消処分

3 処分年月日
令和元年 11 月 30 日

4 処分理由
(1)個別支援計画の作成業務など児童発達支援管理責任者として果たすべき一連の責務を行わなかったにもかかわらず、未作成による減算を行わずに基本報酬を不正に請求した。

(2)実際の職員配置では、関連する加算の算定要件を満たしていないにも関わらず、当該加算を不正に請求した。

(3)上記①、②の事実を隠蔽するための書類偽装を従業員へ作成を指示し検査妨害を行うとともに、その虚偽の書類を監査において、提出・提示し、虚偽報告、虚偽答弁を行った。

※ 返還額(概算)約11,935千円(加算金除く)


11月12日現在 ホームページは閲覧できる状態ではあるけれど
処分が11月30日だからか
そやけど
利用してた子供たちがいてたんやろ
虚しいのぉ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.09.11 (Wed)

また放課後等デイサービスが

一般社団法人ガジュマル
代表理事 田中亜希奈
京都市伏見区醍醐和泉町5番地73


放課後等デイサービスが540万円不正請求

京都市は10日、伏見区醍醐で障害児が通う放課後等デイサービス事業所を運営する一般社団法人「ガジュマル」(同区醍醐)が人員基準に違反し、個別支援計画の未作成の状態で給付費など計約540万円を不正請求していたとして、11日から6カ月間の新規利用者受け入れ停止の行政処分を行ったと発表した。

市によると、同法人の施設「放課後デイサービス ガジュマル」で、配置義務がある現場統括役「児童発達支援管理責任者」が不在となった2018年8~11月、代わりの人員を置かず、8月分について必要な減算をせずに給付費を請求。17年8月~18年10月には、延べ217人分の個別支援計画に関して、内容や作成手順に不備があった場合の減算をせず、給付費を請求したという。

ほかにも欠席時対応の加算などを合わせると、不正請求による受取総額は約540万円に上り、市は同法人に40%の加算金と合計で約760万円を返還請求した。不正行為には改善勧告を出し、1カ月以内で報告を求めた。

市の監査に対し、同法人は「忙しくて対応を怠ったり、制度への理解が不十分だったりした」と述べているという。


もうヤメーよな
おかしな言い訳を
アホ?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.30 (Fri)

また放課後等デイサービスが* ミラクルキッズ1年間営業停止

給付金不正受給 1年間営業停止

東京都は29日、給付金約166万円を不正受給したなどとして、児童福祉法に基づき、指定障害児通所支援事業所「ミラクルキッズ」(中央区)の運営会社「ビジネスエッセンス」(同)に対し、11月1日から1年間、ミラクルキッズの営業を停止させる処分をした。


ビジネスエッセンス株式会社
代表取締役 萩原きおん
東京都中央区築地三丁目2番10-902

ミラクルキッズ
東京都中央区日本橋浜町二丁目42番9号 浜町中央ビル2階

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.22 (Thu)

放課後等デイサービスで16歳の女子高校生に胸を触る

NPO法人いろえんぴつ
北海道札幌市北区屯田2条1丁目4−11
代表 渡邊琴美
設立 2010年7月



勤務先のデイサービスで16歳少女にわいせつ行為 団体職員の56歳男逮捕

16歳の少女にいかがわしい行為をしたとして札幌市北区で障害者の支援施設に勤務する56歳の男が21日、逮捕された。

道の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、札幌市北区の団体職員・藤田授三容疑者(56)。
藤田容疑者は7月、勤務先のデイサービスに通う16歳の女子高校生に対し、胸を触るなどのいかがわしい行為をした疑いがもたれている。

警察の調べに対し、藤田容疑者は胸を触ったことは認める一方、「いかがわしい行為はしていない」と、一部容疑を否認している。
藤田容疑者が勤務する施設では、障害がある子どもの自立支援などを行っていた。
警察は余罪を含めて詳しく調べている。


団体職員 ⇒ 聞こえは良いけど ただの支援員

放課後等デイサービス プレイスクールいろえんぴつ

221_9a90ak.jpg

利用者の女子高校生は
以前から同様の行為をされていたと話しているという

「胸は触ったが、わいせつ目的ではない」

札幌の児童福祉施設に勤める56歳の男が、利用者の女子高校生にいかがわしい行為をした疑いで逮捕された。

道の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された藤田授三容疑者56歳は、先月13日ころ、勤めているNPO法人が運営する札幌の児童福祉施設で、利用者の16歳の女子高校生の胸を触るなどのいかがわしい行為をした疑いがもたれている。
警察の調べに対し藤田容疑者は「胸は触ったが、わいせつ目的ではなく納得できない」と容疑を一部否認しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.10 (Sat)

また放課後等デイサービスが*合同会社日野+このき羽島校

合同会社日野
代表者 平野祐基
愛知県名古屋市千種区星が丘元町15番17号

このき羽島校
羽島市堀津町須賀南1丁目 88-3
児童発達支援、放課後等デイサービス




給付費1500万円を不正受給

従業員の数を偽って障害児通所給付費を不正に多く受け取っていたとして、岐阜県は8日、羽島市堀津町須賀南の障害児通所支援施設「このき羽島校」の同施設事業者の指定を取り消した。施設を運営する合同会社「日野」(名古屋市千種区)に対し、不正受給額に加算金を加えた2127万円の返還を求めている。

県によると、施設は未就学の障害児の発達支援や障害児の放課後デイサービスなどを提供。開所した2016年10月から19年1月までの2年3カ月間(17年8月を除く)、実際には働いていない児童指導員(旧指導員)が勤務しているように偽り、障害児通所給付費を県などに不正に請求し受け取っていた。

施設の定員は10人で、基準では児童指導員2人が必要。実際には1人しかいない日があったが、別の従業員が日報を改ざんしたり、代わりにタイムカードを押したりし、人が足りない場合に必要な給付費減算の手続きをしなかった。さらに児童指導員が基準以上の3人いるように装い、より多くの給付費を不正に受け取っていた。

昨年9月の県の検査時には、運営会社の職員も書類を改ざんし、うその報告をした。検査後、不正請求の情報提供があったため、県が立ち入って発覚した。

会社は他に愛知県内で11施設を運営しており、このき羽島校は今年6月から休止。不正に得た給付費は1500万円余。施設側は「返還したい」としている。


名古屋の事業者、障害児施設で不正受給 岐阜県が指定取り消し

勤務する児童指導員数を実際より多く見せかけて給付金1500万円超を不正受給したとして、岐阜県は8日、合同会社日野(名古屋市千種区)が同県羽島市で運営する障害児通所施設「このき羽島校」の事業指定を同日付で取り消した。

岐阜県によると、施設は児童発達支援と放課後等デイサービス事業をしている。開所した2016年10月からことし1月までのうち2年3カ月にわたり、3人配置すべき児童指導員が1人か2人しか勤務していなかった。それにもかかわらず給付金を減算した請求をせず、約1522万円を不正取得した。勤務実態のない指導員が働いていたかのように出勤簿なども改ざんしていた。

同社は事実を認めているという。今後、給付金を支払っていた岐阜市、愛知県一宮市など5市町が、加算金を合わせた約2127万円の返還を求める。

同社は、愛知県内でも11カ所の障害児通所施設を運営している。



障害児通所支援事業者の処分について

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.01 (Thu)

放課後等デイサービス:あんしんキッズデイ松伏指定取消し*不正請求5,011,523円

障害児通所支援事業者の指定取消処分について

法人名
あんしんグループ株式会社
所在地:埼玉県上尾市本町5-1-9
代表取締役 波田野 匡弘

対象事業所等
(1)事業所名 あんしんキッズデイ松伏
(2)事業所所在地 埼玉県北葛飾郡松伏町ゆめみ野4-1-7
(3)事業所番号 1151175096
(4)サービスの種類 児童発達支援・放課後等デイサービス(定員10人)
(5)指定年月日 平成29年3月1日
(6)処分の根拠法令 児童福祉法第21条の5の24第1項第5号及び第10号

(7)処分の内容 指定取消

(8)指定取消の理由 不正請求及び不正行為
平成30年6月4日、児童発達支援管理責任者の資格要件を満たしていない職員について、実務経験がないにもかかわらず虚偽の実務経験証明書を作成し、県に提出した。
平成30年6月1日から平成30年11月30日までの間、当該職員が児童発達支援管理責任者として勤務していたかのように装い、出勤簿、業務日報、労働条件通知書及び個別支援計画書を改ざんし、不正に報酬を請求し受給した。

(9)不正請求額 5,011,523円(概算額)

(10)取消処分年月日 令和元年8月1日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.31 (Wed)

こんな社会福祉法人は社会悪 ⇒ 社会福祉法人路交館

社会福祉法人路交館
理事長 稲葉 隆 ⇒ 山田有信
大阪市東淀川区東淡路2-7-5


桜の園
生活介護 就労継続支援B型 放課後等デイサービス
大阪府守口市八雲北町3丁目39−14




二ヶ月前のことでっせ
午後0時50分ごろ
施設の職員から「昼食中に窒息状態になった。顔が真っ青」と通報

応急処置しなかったのか? 応急手当の方法を知らんかった?
バカ?
意識不明の状態で病院に運ばれた



損害賠償を求める訴訟をしなさい
そうでもしなければ こういう社会福祉法人は改善改革できないんだから


障害者施設で12歳男児死亡 昼食のどに詰まらせ 大阪府警捜査

大阪府守口市の障害者福祉施設「桜の園」で6月、デイサービスを利用していた男児(12)が昼食で提供された食べ物をのどに詰まらせて、その後、死亡していたことが31日、関係者への取材で分かった。大阪府警が業務上過失致死容疑も視野に詳しい経緯を捜査している。

関係者によると、6月15日午後0時50分ごろ、桜の園の職員から「昼食中に食事を詰めて窒息状態になった。顔が真っ青」と通報があった。男児は意識不明の状態で病院に救急搬送され、搬送から20日後の今月5日に死亡したという。

桜の園を運営する社会福祉法人路交館(大阪市東淀川区)によると、男児は当時、障害のある児童を放課後などに預かる「放課後等デイサービス」を利用。出された昼食は施設で調理していたという。

路交館は「大変な事態となり、家族に対して言葉もありません。二度とこのようなことを起こさないよう、原因究明と対策を講じていく」としている。


昼食は唐揚げとミートボール

大阪府守口市の障害者福祉施設「桜の園」で6月、中学1年の男子生徒(12)が食事をのどに詰まらせ、7月5日に死亡していたことが施設などへの取材で判明した。男子生徒はあごの筋肉が弱く食事を細かく刻む必要があったが、施設側は市の聞き取りに「いつもより細かく切らずに提供した」と説明。府警守口署は業務上過失致死の疑いも視野に捜査を始めた。

施設や市によると、男子生徒は約3年前から、「放課後等デイサービス」で施設を利用していた。6月15日の昼食は唐揚げとミートボール。職員の介助で食事をしていたが、のどに詰まらせて病院に搬送されていた。

施設を運営する社会福祉法人「路交館」(大阪市東淀川区)は「同じことが二度と起きないよう検証し、警察の捜査にも全面的に協力する」としている。


食べ物を細かく刻まなければ飲み込むことができなかった

6月、大阪・守口市にある障害者福祉施設で、12歳の男の子が食べ物をのどに詰まらせ死亡していたことが分かった。
食べ物を細かく刻まなければ飲み込むことができなかったのに、通常の食事が出されたということで、父親は「息子は苦しかったと思う。許せない気持ちでいっぱいだ」と話す。

6月15日、守口市にある障害者福祉施設「桜の園」で中学1年生の伊藤健斗さん(12)が昼食をのどに詰まらせ、意識不明の状態で病院に運ばれた。
健斗さんは搬送から20日後の7月5日に死亡した。
両親によりますと、健斗さんはあごの筋肉の力が弱く、食べ物を細かく刻む必要がありますが、施設ではから揚げやミートボールなどを細かくせずに出したということで、のどにはこうした食事が詰まっていたという。
健斗さんは、特別支援学校に通っていて、3年ほど前からこの施設で障害のある子どもを放課後などに預かる、「放課後等デイサービス」を利用していた
両親は施設側に食事上の注意点を伝えていましたが、当時はふだんとは別の職員が担当していたということです。
父親の文隆さんは、「食事への注意が引き継がれていなかったのではないか。息子は苦しかったと思う。許せない気持ちでいっぱいだ」と話している。
施設を運営する社会福祉法人「路交館」は、「警察が捜査中のため詳しい状況は話せないが、大変な事態となり申し訳なく思っている。二度と起こさないために最大限努力していきたい」と話しています。


桜の園の職員には繰り返し食事の際に注意するよう伝えていた

父親 本当に許せない
死亡した伊藤健斗さん(12)の父親の文隆さんがNHKの取材に応じた。
文隆さんによると、健斗さんは1人息子で幼いころに頭部の手術を受けた影響であごの筋肉の力が弱まり、話すことや自分の力で食べ物をかむことができなくなったという。

食事には必ず両親のどちらかが付き添って見守っていて「食パンだったらハサミで細かく切ったり、牛乳を飲ませてあげたりして、のどにつまることは防いでいました」と話した。
これまで自宅でも食事中に食べ物をのどに詰まらせたことがあったため、「桜の園」の職員には繰り返し食事の際に注意するよう伝えていましたが、事故の当日はふだんとは別の職員が担当となっていて、通常の食事を細かくせずに与えたという。

このため両親が職員から状況を聞き取ると食べ物を刻む必要があることを伝えられていなかったと説明したということで、文隆さんは「今回、連絡の不行き届きがいちばんの原因だったと思うし、いちばん無念だったのは健斗個人がいちばん苦しかったと思う。人の命を預かる施設なのに危機感が希薄だったんじゃないか。人の子を預かるんだから注意しないといけない。本当に許せない気持ちでいっぱいです」と悔しさをにじませた。

健斗さんは海やプールが好きで、夏には九州の実家に帰り、海水浴にいく計画も立てていたということで、文隆さんは「健ちゃんがいない生活は考えられない。毎日が火の消えたような状態でずっと寂しい思いでいます」と話していた。
そして、「今回のことを警告だと思ってこういうことに二度とならないようにやってもらいたい。安心して通わせられるようになってほしい」と施設への要望を述べていた。


ちょっと アンタんとこな 手広く事業をし過ぎや
見てみいや
人材不足で正社員からパートアルバイトまで どれだけ募集しているんや
ネットで検索しても数十の職種を数十人募集かけてるやんか
もうヤメっ ヤメてしまえ!

管理人の私 この路交館って法人な よー知ってまんねん
そこそこ有名なんだけど
役員や管理職などは ちょっと理屈が多い 頭が固い 古い考え方しよる人が多いわ
そやから
下で働いてる職員なんかはウンザリしてるんとちゃうか

改善できるんですか?


桜の園における事故のご報告とお詫びについて

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/04

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(3) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.07.10 (Wed)

自分の性的欲求を満たすために*大阪の四方慈遠21歳

またか 放課後等デイサービス

小学生や中学生の足を自分の股間に押し当てるなどしたとして、大阪府警捜査1課は10日、強制わいせつ容疑などで、大阪府豊中市庄本町の無職、四方慈遠被告(21)=強制わいせつ罪などで起訴=を逮捕、送検したと発表した。

同課によると、四方容疑者は犯行時、障害者支援事業所の職員で、同所を利用する子供2人にも送迎中に靴を脱がせて足を触るなどしたという。「性的欲求を満たすためだった」などと供述している。

逮捕、送検容疑は昨年12月上旬から今年4月中旬までの間、大阪府内の集合住宅などで小学生や中学生の男女に「靴を脱いで」などと声をかけ、足を自分の股間に押し当てたり、手でなでたりしたとしている。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.27 (Thu)

行政処分*横浜市の放課後等デイサービス ちいさなあしあと+ちいさなあしあと移動支援

行政処分


株式会社共進
横浜市青葉区恩田町1053 番地
代表取締役 吉江清光

放課後等デイサービス ちいさなあしあと
横浜市青葉区奈良町2998 番地52

ちいさなあしあと移動支援
横浜市青葉区奈良町2998 番地52

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.25 (Tue)

またか放課後等デイサービスが不正受給*エスペランサ大泉

NPO法人交流ネット
設立 平成15年10月
愛知県一宮市松島町 11-2 2F

エスペランサ大泉
群馬県邑楽郡大泉町西小泉4丁目11−22ブラジリアンプラザ1F

指定取り消し 給付費861万円不正受給

県は24日、指定障害児通所支援事業所「エスペランサ大泉」(大泉町)を運営するNPO法人(特定非営利活動法人)交流ネット(愛知県一宮市)に対し、児童福祉法に基づき指定の取り消し処分を行ったと発表した。

県によると、エスペランサ大泉は知的障害などのある子供を対象に、指定児童発達支援事業などのサービスを提供していた。

しかし、同法で配置するよう定められている「児童発達支援管理責任者」を置いていなかった上、出勤簿を偽造して県に提出。平成29年4月~昨年11月に障害児通所給付費を請求し、861万1350円を不正に受給したという。



なんか よーわからん 法人やな

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.06.16 (Sun)

また放課後等デイサービスが* YESアルファスマイル千葉校

株式会社YESアルファスマイル
YESアルファスマイル千葉校
千葉県千葉市若葉区若松町2135-10 千葉北ビル5階
指定 2017年5月1日

児童発達支援 放課後等デイサービス


千葉市の障害児施設処分 給付金600万円不正受給

千葉市は13日、障害児通所給付金を不正に受給したとして、児童福祉法に基づき、障害児福祉施設「YESアルファスマイル千葉校」(同市若葉区若松町、派谷恵美代表)の指定取り消し処分を行ったと発表した。処分に伴い、加算金を含め約845万円を返還請求した。

市障害福祉サービス課によると、同施設は2017年12月~昨年7月まで、同法で設置が義務付けられている児童発達支援管理責任者がいないにもかかわらず、市の監査に配置していると虚偽の回答をし、同給付金約603万円を不正に受給するなどしていた。

派谷代表は取材に対し「責任者が抜けたのは把握していたが、後任が決まってから報告すれば良いと思っていた。費用の返還を粛々と行いたい」と釈明。施設は閉鎖する考えで、市と相談し利用者の受け入れ先を探すという。

同施設は障害のある子どもを放課後に預かるなどしており、4~15歳までの18人が利用。市は匿名の通報を受け、2月と3月に監査を実施していた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.17 (Wed)

前代未聞*放課後等デイサービスの行政処分 ⇒ 市長がメディアへ発言

行政処分に関して市長が発言した
こんなことって初めてやな

しょーもない くだらない お言葉だけど

悪質 って
そらそうやわ
近頃の放課後等デイサービスの悪事は異常だよな




川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し 2019年4月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4436.html


放課後等デイサービスミライズ*市長が「事件は極めて悪質」とコメント

川崎市で障がいのある子どもたちが通う施設の事業者が、職員の配置を偽るなどし、指定を取消されることになったことについて、川崎市の福田紀彦市長は「事件は極めて悪質」とコメントをした。

この問題は、川崎市宮前区の「放課後等デイサービスミライズ」が、在籍していない児童指導員を、いるように偽って申請したとして、川崎市が来月1日事業者の指定の取消し処分を行った。

申請では指導員について
大学の学位や実務経験を証明する書類も偽造していたという。
市は内容が悪質であるとしてこれまで2年間の給付費に加え、加算金も請求していて、合わせて4386万円の返還を指示している。

16日の会見で福田市長は、「想定をしないような悪質事案だった」と述べた。
川崎市によると施設には6歳から16歳までの17人が通っていて、ミライズ側が次の事業所を探すことになっているという。


>想定をしないような悪質事案だった

想定できます

今度はトンデモナイことが発覚した 放課後等デイサービスが資格証明書を偽造 2018年12月26日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4280.html


4,386万円 返せよ
リハフロンティア株式会社 代表取締役の吉岡理恵さん



平成31年4月16日 川崎市長記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=b_yKGBf-8xc
記者からの質問で (16分55秒~)
>どれだけの人数で監査をするのか悩ましい (笑
>これだけ事業所があるんだから職員を増やせばエエんじゃないか と意見がある (笑
はぁ?
頼りない市長や
川崎市の不正受給は これからも無くならない

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.04.05 (Fri)

また放課後等デイサービスが* リハフロンティア株式会社+放課後等デイサービスミライズ

リハフロンティア株式会社
代表取締役 吉岡理恵
放課後等デイサービス ミライズ
川崎市宮前区平二丁目2番19号
指定日 平成29年4月1日



なんてなんてなんやてぇ?
>児童指導員がいない
>架空の人物を仕立てて勤務しているように装う
>偽造した実務経験証明書や学位記

川崎市の放課後等デイサービス指定取り消し

不正な手段で障害児通所支援事業の指定を受けたとして、川崎市は4日、宮前区の障害児通所支援事業所「放課後等デイサービス ミライズ」に対し、5月1日付で指定を取り消すと発表した。同事業所にはこれまで障害児通所給付金として計約3100万円が支払われており、市は加算金を含めて4300万円余りの返還も指示した。

市障害計画課によると、同事業所は同事業の指定を受け、2017年4月に開所。定員に応じて配置が求められている「児童指導員」が実際には不在にもかかわらず、架空の人物を仕立てて勤務しているように装った。市には偽造した実務経験証明書や学位記を示していたという。

施設には6~18歳の18人が通っており、市は今後、他の施設に移れるよう相談に応じるとしている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.24 (Sun)

山形市の放課後等デイサービスが



山形の障害児通所支援事業者 給付費150万円不正受給

山形県は22日、山形市内の障害児通所支援事業者「セカンドハウス彩祐結」(鈴木里苗社長)が運営する二つの事業所が2014年から3年間にわたり、障害児通所給付費を150万円余り不正受給していたと発表した。県は、新規利用者の受け入れを4月から半年間停止する行政処分を同日付で行った。

県障がい福祉課によると、児童発達支援、放課後等デイサービスの「セカンドハウス彩祐結嶋南の家」(同市嶋南3丁目)が15年10月~17年8月に68万3800円、放課後等デイサービスの「セカンドハウス彩祐結江南の家」(同市江南4丁目)は14年8月~16年12月に85万3500円を、それぞれ不正請求して受け取った。

児童福祉法では、1日20人が利用する障害児通所支援事業所は最低4人の職員を配置しなければならず、それを上回る配置は加算対象となる。今回はいずれの事業所も、加算対象として職員1人分の人件費を虚偽申請したという。さらに江南の家は、児童指導員の有資格者を配置した場合に加算される人件費についても1日分不正請求した。

不正に受け取った額は計153万7300円で、同法に基づく課徴金を含めた返還請求額は215万2220円に上る。同社は、利用者が居住する自治体に返還しなければならない。

県は17年3月から複数回にわたり情報提供を受け、監査を18年2月、19年2月の2回行い、不正が発覚した。県は二つの事業所について、4月1日から9月末までの期間、新規利用者の受け入れを禁じた。

同社は山形新聞の取材に「社長が不在で対応できない」と回答。同課は「定期的に行っている事業所への実地指導を、より徹底させたい」としている。


株式会社セカンドハウス彩祐結
設立 平成24年1月11日
代表取締役 鈴木里苗
   取締役 鈴木敏明
azzko2_8jkad109.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.03.14 (Thu)

エエかげんに放漫経営の放課後等デイサービスに喝を入れなければ

虐待じゃないよ 暴行の疑いで逮捕




12歳の児童の頭や顔を殴った疑い 42歳の女を逮捕

障害のある子どもが通う京都市山科区の放課後等デイサービス事業所「くるみの森 3号店」で虐待があったとされる問題で、京都府警捜査1課と山科署は14日、暴行の疑いで、運営会社社員の女(42)=大阪府枚方市=を逮捕した。.

逮捕容疑は昨年3月24日と4月6日、山科区の同事業所などで、利用者の男子児童(12)の頭や顔を殴った疑い。

市によると、2017年5月以降、「虐待の疑いがある」との通報が複数寄せられていた。市の特別監査に対し、女は虐待行為を否定したが、関係者から提供された動画には児童の頭を平手でたたく様子が映っていたという。

市は昨年9月、施設を運営する「プレイズコンフォート」(福井市)に対し、山科区と左京区にある「くるみの森」の計4事業所の指定取り消しを通知した。


しつけ ⇒ 虐待× ⇒ 暴行です


隅田智美42歳

内部通報で発覚
通報者から提供された動画 音声データが証拠
40代の女性マネジャーが利用者に平手打ちをする虐待行為をしていた
 2018年10月5日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4200.html



京都市にある障害のある子どもの支援施設で、児童の顔をたたくなどの暴行を加えたとして運営会社の元職員が逮捕された。
元職員は、しつけの範ちゅうだったなどとして、容疑を一部否認しているという。

逮捕されたのは、障害がある子どもを支援する事業所「くるみの森」の運営会社で、当時、マネージャーをしていた隅田智美容疑者(42)。
警察によると、隅田元職員は去年3月から4月にかけて、京都市山科区にある2つの施設で、利用者の当時11歳の男の子の顔をたたいたり、体を壁におしつけたりしたとして暴行の疑いがもたれている。

去年、京都市が関係者から映像や音声の提供を受けて調査を始め、警察が捜査を進めていた。
警察によると、調べに対し元職員は叩いたことは認めたものの、しつけの範ちゅうだったなどとして、容疑を一部否認している。

京都市は去年、施設を運営する福井県の会社に対して、施設の事業所としての指定を取り消している。


たいしたもんだ 京都市の報告書

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT