FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2020.08.05 (Wed)

兵庫県立ひょうごこころの医療センターで



県立病院で患者殴打の看護師を懲戒処分 患者から暴行受け反撃

精神疾患のある患者から暴行を受けた際に患者の顔を殴りけがをさせたとして、兵庫県は、県立病院に勤める男性看護師を停職3カ月の懲戒処分とした。

停職3カ月の処分となったのは、神戸市北区の「県立ひょうごこころの医療センター」に勤める40代の男性看護師。

兵庫県などによると、男性看護師はことし5月30日、担当する精神疾患のある40代の男性患者から顔を殴られた際、男性の顔を殴り返し、右目の眼窩底を骨折させ全治2カ月のけがを負わせたという。

男性看護師はまぶたの上を殴られ、全治2週間のけがを負った。 男性看護師は処分を受け、8月5日付で依願退職した。
病院では、職員の綱紀粛正とともに、再発防止に努めるとしている。





患者の顔殴り骨折させる、監視カメラで発覚

兵庫県は5日、患者の顔を殴って重傷を負わせたとして、県立ひょうごこころの医療センター(神戸市北区)の40代の男性看護師を停職3カ月の懲戒処分にしたと発表した。看護師は同日付で依願退職した。

県によると、看護師は5月30日午後4時ごろ、担当していた40代の男性入院患者に1人部屋で突然殴りかかられた際、顔を1発殴り返して右目の下側に全治2カ月の骨折を負わせた。

看護師は病院側に報告しなかったが、別の看護師が患者の異変に気づき、監視カメラの映像などから問題が発覚。病院側は直後に神戸北署に通報し、患者側は6月24日に被害届を出したという。

看護師のそれまでの勤務態度に問題はなかったといい、県の聞き取りに対し「パニックになって殴った。看護職としてあるまじきことで、とても後悔している」と話しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/08/05

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.08.05 (Wed)

鹿児島市の病院で

ALS患者死亡で遺族が告訴状 鹿児島西署に提出

鹿児島市の田上記念病院で昨年6月、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の山内ミヨ子さん=当時(67)=が死亡したのは、誤ったたんの吸引で人工呼吸器が外れたことなどが原因として、遺族が業務上過失致死の疑いで、院長でもある主治医と看護部長、看護師の3人に対する告訴状を鹿児島西署に提出したことが4日、分かった。
遺族側弁護士が明らかにした。

告訴状や遺族側弁護士によると、看護師は昨年5月23日、呼吸器を外さなくてもたん吸引ができるにもかかわらず、繰り返し外して吸引。接続確認を怠ったために、少なくとも56分間外れたままとなり、窒息状態に陥らせたとしている。


遺族が看護師らを告訴 「誤った操作繰り返していた」

鹿児島市の病院で2019年6月、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の女性=当時(67)=の人工呼吸器が外れて死亡する事故があり、患者女性の遺族は4日までに、誤った操作を繰り返したことなどが原因として、業務上過失致死の疑いで、担当の女性看護師と女性看護部長、男性理事長兼院長の3人を、鹿児島西署に刑事告訴した。

7月22日付。同署は告訴状を受理したか明らかにしていない。

告訴状によると、患者女性は18年6月、体を動かすための神経系が変性する難病のALSと診断された。人工呼吸器の装着手術後、同病院に転院。19年5月23日朝、人工呼吸器の回路が外れて1時間近く酸素が流入しない状態が続いたことで、呼吸停止や心停止に至り、6月13日に低酸素脳症による多臓器不全で死亡した。

告訴状では、人工呼吸器回路を外す必要がないにもかかわらず、看護師が日頃から誤って回路を外して痰を吸引するミスを繰り返していたと指摘。回路と気管カニューレ(チューブ)を再びつなぐ際、外れないかどうかを確認すべき注意義務があったとした。

さらにナースコールのケーブルが抜けていたか、簡単に抜けたため患者女性は助けを求めることができず、人工呼吸器のアラーム音も微小の「ソフト」設定で、誰にも気付かれなかったなどとして、看護部長と理事長兼院長に救命対応体制の整備を怠った過失があるとした。

患者の長男(44)=東京都=は4日のオンライン会見で「今でも生きていたはずで本当に悔しい。病院の対応にも不信感がある。何があったのか、とにかく真相が知りたい」と述べた。

理事長兼院長は「昨年の事故で亡くなられたことは間違いなく、民事責任を含め誠実に対応させていただく」とし、「告訴の内容を詳細に把握していないのでコメントは差し控える」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/08/05

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.30 (Thu)

国に損害賠償を求める訴訟を

日本国憲法第40条の刑事補償請求権
刑事補償法
日本国憲法第40条は、身体の拘束を受けた人が裁判で無罪になったときには国に対して補償を求めることができる



無罪の元看護助手 補償金請求へ

17年前、滋賀県東近江市の病院で患者が死亡したことをめぐる再審=やり直しの裁判で無罪が確定した元看護助手の女性が、逮捕や服役で13年間にわたって不当に拘束されたとして、国におよそ6000万円の補償金を求めることになった。

東近江市の湖東記念病院の看護助手だった西山美香さん(40)は、平成15年に72歳の男性患者を殺害したとして懲役12年の刑で服役したが、再審=やり直しの裁判で捜査段階の自白は警察官が不当に誘導した疑いが強いなどとして無罪判決を受け、検察側が控訴しなかったため、ことし4月に無罪が確定した。

これを受けて西山さんは、逮捕されてから服役を終えるまでのおよそ13年間にわたって不当に拘束されたとして、刑事補償法に基づいて国におよそ6000万円の補償金を求めることを決め、31日までに大津地方裁判所に請求を行うことになった。

西山さんは、「長年、両親と一緒に裁判をたたかい、大変な思いをしてきた。補償金を請求して両親に恩返ししたい」とコメントし、今後、国に損害賠償を求める訴訟を起こすかどうかについても検討するという。


再審無罪の西山さん補償金請求へ 13年拘束で5990万円

滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年にあった患者死亡を巡り県警に逮捕され、殺人罪で懲役12年の実刑判決を受け服役した後、再審無罪が確定した元看護助手西山美香さん(40)が、刑事補償法に基づき逮捕から約13年にわたる身体拘束に対する補償金約5990万円を近く大津地裁に請求することが30日、弁護側への取材で分かった。

弁護側によると、西山さんは04年7月に逮捕された後、懲役12年の実刑判決が確定し、17年8月まで和歌山刑務所に服役。身体を拘束された日数は約4800日に上る。刑事補償法では国が1日当たり最大1万2500円を交付すると規定している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/30

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.29 (Wed)

相身互い

准看護師が業務上過失致死の罪に問われた裁判





准看護師に逆転無罪 ドーナツ食べ入所者死亡

長野県の老人ホームで入所者がドーナツを食べたあとに死亡し、准看護師が業務上過失致死の罪に問われた裁判で、東京高裁は一審の有罪判決を取り消して、逆転無罪を言い渡した。

準看護師の女性「本日、真実が証明されました。6年半という長い時間、本当に支えていただき、ありがとうございました」

准看護師の女性(60)は2013年、安曇野市の特別養護老人ホームで、85歳の女性入所者に誤ってドーナツを食べさせて死亡させた業務上過失致死の罪に問われ、1審の長野地裁松本支部で罰金20万円の有罪判決を受け、控訴していた。

判決で東京高裁は、「ドーナツによる窒息の危険性や死亡の結果を予見できた可能性は相当に低く、事故を防止する注意義務があったとはいえない」と指摘して、一審判決を取り消し、無罪を言い渡した。




>死亡を予見する可能性は低く、注意義務に反するとは言えない

一審の有罪判決を破棄し 准看護師に無罪を言い渡した





2013年、安曇野市の特別養護老人ホームで、当時85歳の女性がドーナツを食べた後、心肺停止となり、その後死亡した。

一審の地裁松本支部は、ドーナツを配って業務上過失致死の罪に問われた准看護師の女性が「死亡した入所者のおやつがゼリーに変更されていたのに確認を怠った」などとして「罰金20万円」の判決を言い渡した。

控訴した弁護側は「おやつを食べさせると窒息するという認識は職員間に無かった」などとして無罪を主張。

検察側は控訴棄却を求めていた。

弁護団によると、事故当時は介護士1人が利用者17人に対応する状態で、居合わせた被告が手伝っていた。

人手不足に悩む介護の現場からは、「個人の過失とされれば現場が委縮しかねない」として、一審の時から無罪判決を求める73万人もの署名が出されていた。

28日の判決で東京高裁は、「被害者は、入所後もドーナツを食べていて、窒息の危険性の程度は低かった」「ドーナツからゼリーへの変更は、介護職員の間の申し送りで、准看護師の被告は簡単に知りえず、事故の予見可能性は低く、被告に事故を未然に防ぐ注意義務があったとはいえない」などとして、一審の有罪判決を破棄し、被告に無罪を言い渡した。

無罪判決を受けた・山口けさえさん

「弁護団、全国の皆さんの支援のおかげで本日、真実が証明されました。6年半という長い間、本当に支えていただきありがとうございました」

一方、長野地方検察庁は「無罪判決が出たことは報道により承知していますが、コメントはありません」としています。



なかなかエエ発言やな


「逆転無罪ということで、裁判所の判断を高く評価している。介護は生きていくことを支援するだけではなく、生活の質を高めることも介護。
一審の判決により、消極的な介護、安全第一主義で介護する流れになっていた、今回、逆転無罪ということで、少しずつ萎縮した介護現場が、生活の質を考える積極的な介護に流れていくことに期待している」




全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/29

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.18 (Sat)

吉岡一族の陰謀? ⇒ クーデターか?


騒動の発端は
医療死亡事故から? 


東京女子医科大学病院で看護師大量退職希望 2020年7月12日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-5091.html


組合は見解で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で医療機関の経営状況が悪化したことが、 ボーナスの削減につながっていること、国は医療機関に対して財政的補償をすべきであることは「言うまでもありません」と前置き。

一方で、今回退職希望者が出ている理由は、新型コロナウイルス流行前から続く大学側の経営姿勢への反発があると指摘。その上で夏のボーナスゼロと伝えられたことで「労働組合だけでなく、多くの教職員も堪忍袋の緒が切れ」たとし、こう強調している。

看護師をはじめとする教職員は、単に「夏期一時金ゼロ」が理由で退職を希望しているのではなく、大学理事会の「教職員を大事にしない姿勢」に失望し、働き続けていく展望を見いだせなくなったことが原因であるのは言うまでもありません。












崩壊寸前

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/18

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.15 (Wed)

執行猶予ってか?

2020年3月4日
看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水
別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚
患者同士の性的行為を強要か 病院での虐待動画、数十本
神戸・神出病院の患者虐待 幹部ら気づけず 病院院長が謝罪
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4961.html
2020年3月24日
神出病院の元看護助手ら4人、新たな虐待容疑で再逮捕
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4985.html
2020年6月23日
入院患者虐待元看護師2人に求刑
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-5078.html
2020年7月8日
精神科病院で「入院患者を監禁」した元看護師 懲役1年6カ月の判決
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-5089.html


元看護師に執行猶予付き有罪判決



患者同士でキスなど虐待 元看護師に執行猶予付き有罪判決

神戸市の病院で患者を虐待した元看護師の男に、執行猶予付きの有罪判決が言い渡された。

判決によると、神戸市の神出病院の元看護師・船引健志被告(33)は2018年、精神疾患がある男性患者2人に無理やりキスをさせるなどした。
これまでの裁判で船引被告は起訴内容を認め「お笑い芸人のように面白いと思ってしまった」などと話していて、検察は懲役3年を求刑していた。

15日、神戸地裁は「人間としての尊厳を踏みにじる非道な犯行」とする一方で、「主導的な犯行ではなく、反省の態度を示している」として、懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。神出病院をめぐっては、複数の患者を虐待したとして、他に元看護師ら5人が起訴されていて、うち1人がすでに有罪判決を受けている。


残りは あと4人

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/15

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.12 (Sun)

東京女子医科大学病院で





東京女子医大で看護師400人が退職希望「ボーナスゼロ、給料減額では最前線で働けない」悲痛告白
http://archive.is/01MVH
今年完成の新校舎に理事室移転で6億2000万円
http://archive.is/2lpxE


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/12

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.12 (Sun)

危機管理能力が問われる近畿大学奈良病院

院内感染の看護師3人、休日に夜通しパーティー・カラオケ
病院長「教育を見直す」

看護師や患者が新型コロナウイルスに感染した近畿大奈良病院(奈良県生駒市)は10日、県庁で記者会見し、城谷学病院長が院内感染について、「患者や地域の皆様に多大なご迷惑をかけ、申し訳ない」と謝罪した。

病院によると、看護師3人は休日に夜通しのパーティーに参加したり、カラオケ店などに行ったりしていた。城谷病院長は「(医療従事者らの)教育を含めてやってきたつもりだが、徹底できていたのかを見直す必要がある」と述べた。

病院は新規の患者や救急外来の受け入れを中止するなどし、病院の医療従事者と入院患者ら計約2000人を対象にPCR検査を実施する事態になっている。

この病院では、これまでに看護師3人と入院患者2人の感染が確認されているが、このうち看護師2人は同じ病棟で勤務していて、2人の患者はその病棟の同じ部屋に入院していた。






全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/12

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.28 (Sun)

ありがとう*市立ひらかた病院の看護師さん

用水路で、駅で、人生2度も人命救った女性看護師の判断力

「とっさに 命が危ないと感じました」。
大阪府寝屋川市の用水路でおぼれ、心肺停止に陥った女性の命を心臓マッサージで救ったとして今月、同市内の看護師、具志堅(ぐしけん)美奈さん(31)に大阪府警寝屋川署から感謝状が贈られた。実は、8年前にも大阪市内の駅で倒れていた男性の人命救助で表彰を受けている具志堅さん。2度の偉業にも「医療従事者として当たり前のことをしただけ」と謙虚に話し、「かけがえのない命が助かったことが一番の喜びです」と笑顔を見せた。

今年4月、自宅で娘と遊んでいたところ、「がんばれ、がんばれ」という大声が聞こえ、窓の外を見ると、用水路の中で警察官が必死に女性の両脇を抱えている姿が目に入った。娘を抱いて外に出ると、現場周辺にいた知人に娘をあずけた後、急ぎフェンスを乗り越えて用水路に向かったという。

女性は心肺停止の状態。警察官と2人でも女性を持ち上げることが困難だったことから、片手で胸を強打する心臓マッサージを施したところ、女性が口をぱくぱくさせる下顎(かがく)呼吸を始めたという。
「反応が出た」。駆け付けたもう1人の警察官を加え、2人に女性を抱えてもらった上、体をぶつけるように思い切り心臓マッサージを続け、救急隊が到着するまで続行した。救急搬送された女性は一命をとりとめたという。

今回の女性への人命救助で府警寝屋川署の永井善一署長から「適切な判断と処置で人命を助けていただき、非常にありがたい」との言葉を受けた具志堅さん。「何より第一発見者の110番通報があったからこそ、尊い命が救えた」と、ともに感謝状を贈られた、第一発見者の女子高生の勇気ある行動をたたえた。

具志堅さんは、平成24年12月、京阪電鉄・淀屋橋駅(大阪市中央区)構内で、心肺停止状態の男性を、駅員らと連携して心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)による適切な処置で救ったこともあり、人生2度目の感謝状となった。

沖縄県出身で、小学1年のときに脳死状態だった叔父に対する医療従事者たちの献身的な姿に感動して看護師を志し、太成学院大(堺市美原区)看護学科を卒業後、平成23年から市立ひらかた病院(大阪府枚方市)に勤務している。小児科や内科を経て、現在は救急外来に所属する。

同病院は第二種感染症指定医療機関で、今年に入って、救急外来には、新型コロナウイルス感染症の疑いがある人も数多く訪れるというが、「へたに怯(おび)えず 恐怖を感じず ガイドラインに則(のっと)って冷静に判断を」との思いで業務にあたる。

今回、懸命の心臓マッサージで女性の一命をとりとめたことに安心したという具志堅さん。「看護への自信につながった」とも話し、日々、その気持ちを生かしながら仕事に邁進している。



市立病院看護師2度目の救命【令和2年6月2日】

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/28

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.27 (Sat)

懲戒解雇されて被害者に弁済したから ・・・?

同僚や患者の財布から現金を盗んだ元看護師の女に懲役1年6カ月を求刑

ことし1月、秋田市の病院で同僚や患者の財布から現金を盗んだとされる元看護師の女の初公判が開かれ、検察は懲役1年6カ月を求刑した。

起訴されているのは秋田市の元看護師、阿部美裕紀被告。

起訴状によると阿部被告はことし1月、勤務していた秋田市の病院で患者と同僚の2人の財布から、現金合わせて1万5000円を盗んだとされている。初公判で阿部被告は起訴内容を全面的に認めた。

検察は「被告には多額の借金があり、金を得ようと犯行に及んだ」と動機を指摘し、懲役1年6カ月を求刑した。

弁護人は「被告は病院を懲戒解雇され、被害者に弁済した」として、寛大な判決を求めた。
判決公判は7月10日。


看護師を懲戒解雇、患者の現金窃盗疑い 市立秋田総合病院 5月31日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-5049.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/27

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.19 (Fri)

富士吉田市の堀内茂市長は過ちを詫びるのか?

情報ありがとう



病院訴訟で医師処分取り消し確定

富士吉田市の市立病院に勤務していた歯科医師が診療拒否などを理由に懲戒免職の処分を受けたのは不当だと訴えた裁判で、最高裁判所は17日、市側の上告を退ける決定をし、処分を取り消した判決が確定した。

この裁判は、富士吉田市の市立病院に勤務していた歯科医師の大月佳代子さんが、平成28年11月、患者の診療拒否や職員へのパワハラなどを理由に懲戒免職の処分を受けたのは不当だとして、処分の取り消しを求めていた。

1審の甲府地方裁判所と2審の東京高等裁判所は、いずれも去年、不当な診療拒否やパワハラがあったとは認められないなどとして、市の処分を取り消し、市側が上告していた。

この裁判について、最高裁判所第二小法廷の草野耕一裁判長は、17日、富士吉田市側の上告を退ける決定をし、懲戒免職の処分を取り消した判決が確定した。

懲戒免職処分の取り消しが確定したことについて、大月さんは、「まずは、診療を受けられなくなり、権利を奪われた患者さんたちに謝っていただきたい。富士吉田市と堀内市長は、今回の件を反省し、真摯に地域医療に向き合っていただきたい」とコメントしている。

また、富士吉田市の堀内茂市長は、「私どもの主張が受け入れられず誠に遺憾だ。最高裁判所の判決であるので、真摯に受け止める。今後については、市の顧問弁護士とも協議して対応していきたい」とコメントしています。


詫びる
わびる
心苦しく思って、悪かったとあやまる
自らの言動を反省し謝ること、迷惑をかけた人に許しを求めること



富士吉田市が上告 2019年11月10日
富士吉田市立病院に勤務していた歯科医師の大月佳代子さん(61)が、診療拒否やパワハラを理由に懲戒免職処分にされたのは不当だとして市を相手取った訴訟で、市は8日、控訴を棄却した東京高裁判決を不服とし、上告する方針を明らかにした。
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4745.html
2審も敗訴 歯科医師の免職訴訟控訴審 2019年10月30日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4706.html
歯科医師の懲戒免職、取り消し命じる  2019年1月23日
富士吉田市立病院訴訟で地裁、「懲戒免職」を取り消し

診療拒否、パワハラで山梨・富士吉田市立病院の歯科医師を懲戒免職 2016年11月17日
市長が謝罪会見
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4322.html
山梨県富士吉田市
看護師にパワハラで女性歯科医免職 診療拒否も 2016年11月16日
診療拒否、パワハラで山梨・富士吉田市立病院医師を懲戒免職
市長が謝罪会見「治外法権的になり情報上がらず」 医師は否定「事実無根」
市立病院歯科口腔外科が紹介患者の診察を拒否 富士吉田市長が謝罪 2016年9月12日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3086.html



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/19

Blog Top  | 医療関連 | コメント(5) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.18 (Thu)

愛知県がんセンターの男性看護師が



少年にみだらな行為 男性看護師を懲戒免職処分

当時16歳の少年に現金を渡しみだらな行為をしたとして、愛知県がんセンターの男性看護師が18日、懲戒免職となった。

懲戒免職処分となったのは、愛知県がんセンターの大久保竜馬看護師(30)。
県によると、大久保看護師は、名古屋市内の自宅で、少年(当時16)に現金を渡して2回、みだらな行為をしたとして警察に逮捕され、その後、不起訴処分になった。

県の聞き取りに対し「欲求が抑えられなかった」と行為を認めていて、県は「(18歳に満たない)児童に対する性犯罪は社会的影響が大きい」として懲戒処分した。


jajjv76jj.jpg

16歳の少年に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして逮捕された愛知県がんセンター病院の男性看護師について、県は懲戒免職処分とした。

懲戒免職処分となったのは、愛知県がんセンター病院に勤務する30歳の男性看護師。

男性看護師は今年3月に2度、千種区の自宅で当時16歳の少年に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして児童買春の疑いで警察に逮捕されていた。

愛知県の聞き取りに対し男性看護師は、少年とSNSを通じて知り合い、あわせて現金1万1000円を渡したことを認めたが、その後、名古屋地検は不起訴処分としていた。

県は「社会的影響を重く受け止めるとともに、動機に酌量の余地がない」として18日付で男性看護師を懲戒免職処分とした。



病院事業庁職員の懲戒処分について

1 所    属  愛知県がんセンター病院
2 職・氏名等  看護部技師 大久保 竜馬 30歳 男性
3 処分内容  懲戒免職
4 処分理由  児童買春
  (事案の概要)
  上記職員は、2020年3月4日(水曜日)及び同月18日(水曜日)、相手方が18歳に満たない児童であることを知りながら、自宅において、当時16歳の男子児童に対し、現金を供与する約束をしてみだらな行為をした。
5 処分年月日 2020年6月18日(木曜日)
6 関連措置  監督責任として、同日付でがんセンター病院長を「所属長厳重注意」とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/18

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.06.06 (Sat)

伊東市民病院って

カルテの記載を故意に削除 医師を県外に異動

静岡県の伊東市民病院は、勤務していた医師が患者カルテの記載内容を勝手に削除したり不適切な内容を記載していたとして事実を公表し、医師を県外の施設に異動させた。

病院によると、この医師は2017年から今年3月まで、担当患者の電子カルテに記載された他の医師や看護師の診察記録や助言を故意に削除していた。

削除されたのは患者の禁忌やアレルギー情報の項目など59件で、注意に対し医師からは反省の言葉はなかったという。
このため、指定管理者である地域医療振興協会が改善の見込みがないとして、医師を県外の施設に異動させた。

伊東市民病院の荒堀憲二管理者は、チーム医療が崩壊する事案で、患者に謝罪するとともに再発防止に努めたいとしている。



不適切職員(医師)の公表について

公表の理由
患者さまを守るとともに、その他社会的影響等を勘案し、公表の必要性が認められるため

対象者情報

職員の所属 診療部
職種 医師
対処内容 異動
対処先 県外他施設
対処日 令和2年5月7日

理由(事案の概要)
地域医療振興協会本部の指示により県外の他施設に異動させた職員(医師)は、患者さまの診療録(電子カルテ)内に他の医師や看護師等職員が記載した内容を、故意に削除(現在判明している件数 59件)したり介入を阻止するような内容の記載を継続して行い、チーム医療・円滑な医療を阻害する行為等を継続して行いました。

また、診療録の削除においては、「患者の禁忌・アレルギー情報の項目」「検査歴グラフ等」の記載内容の削除等の行為を繰り返し、これらの行為に関し静岡県健康福祉部及び熱海保健所における立ち入り検査では、「再発防止策では不十分と判断され、診療録の改ざん・削除が直ちに行われないようにすること。」という強い指導が入りました。
また、伊東市長からは病院における「医療安全確保の徹底について早急に実効性のある対策を施すように強く要請する」旨の大変厳しい文書が発出されました。
この職員(医師)のカルテ削除や不適切行為につきましては、静岡県及び熱海保健所の2回にわたる強い指導をいただきました。また、院長・診療部長の幹部が再三、カルテ削除や不適切な記載をしないように注意・指導しました。それにもかかわらず、反省の言葉もありませんでした。
上記の各行為等や態度などについて、当病院では改善の見込みがなくチーム医療を行うことは極めて困難と判断しました。

関係法令及び根拠規則
(1)医師法及び医師法施行規則
   保健医療機関及び保健医療療養担当規則
   医療法及び医療法施行規則
   保健師助産師看護師法
(2)職員就業規程 第20条「服務の原則」
          第21条「服務の心得」 第1項・第2項・第9項及び第15項

再発防止策
幸い全ての患者様への明らかな実害がなかったことを確認できましたが、関係の患者様にお知らせしてお詫びし、院内での職業倫理を含め職員教育の徹底及び医療情報システム運用管理規程等の再点検を含め改善するべきところは改善し、再発防止に努め安全管理を徹底していきます。

患者様にご迷惑をおかけしないよう、今後とも伊豆東部の拠点病院として地域の皆様の生命と健康を守り、医療の発展に寄与・邁進する所存ですので何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
令和2年6月4日

伊東市民病院  管理者 荒堀 憲二



患者さまを守るとともに
ならば
こんな医師を県外の他施設に異動させれば それでエエんか?
県外の他施設で そこの施設利用者を守れるのか?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/06

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.31 (Sun)

不祥事が多い国立病院機構

国立病院機構の看護師が酒気帯びで懲戒 ⇒ 依願退職

独立行政法人国立病院機構(本部・東京)は29日、柳井市の同機構柳井医療センターの男性看護師(28)が4月に自家用車で酒気帯び運転をして物損事故を起こしたとして、停職1カ月の懲戒処分としたと発表した。男性は29日付で依願退職した。



ひき逃げで副看護師長を懲戒解雇 2019年3月14日
善通寺市にある国立病院機構の医療センターの副看護師長が先月、飲酒運転をして人身事故を起こしながらそのまま走り去っていたとして、14日付けで懲戒解雇の処分になった。

懲戒解雇の処分を受けたのは、善通寺市にある国立病院機構「四国こどもとおとなの医療センター」の30歳の女性副看護師長。

国立病院機構によると、この副看護師長は先月21日、丸亀市の飲食店で酒を飲んだあと車を運転し、対向車線にはみ出して普通乗用車と接触する事故を起こしたという。
この事故で、乗用車を運転していた30代の男性は首をねんざするなどのけがをしたが、副看護師長は警察への通報や救護措置をせずにそのまま帰宅し、翌日になって近くの警察署に事故を申し出たという。

また、33歳の別の副看護師長も飲酒運転と知りながら一時的に車に同乗していたということで、14日付けで停職1か月の処分を受けた。

国立病院機構は、業務外での事故であることなどを理由に副看護師長の氏名を公表していません。

国立病院機構中国四国グループは「機構の職員がこのような行為を行ったことは誠に遺憾で、再発防止に努めて参ります」とコメントしています。

ブログ内検索
img_x_01.gif 国立病院機構
https://bit.ly/2zOllsf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/31

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.31 (Sun)

市立秋田総合病院でまた

看護師を懲戒解雇、患者の現金窃盗疑い 市立秋田総合病院

秋田市の市立秋田総合病院は29日、患者や同僚から現金を盗んだ疑いで逮捕、起訴された同病院の女性看護師(40)を26日付で懲戒解雇したと発表した。

同病院は、女性看護師が1月9日、外来の待合室に置かれた患者のかばんを持ち去り、財布から現金7千円を盗んだほか、同14日には同僚看護師の現金8千円入りの財布(時価1万円相当)を盗んだとした。聞き取りに対して事実関係を認めたという。



病院は実名で晒した

職員の懲戒処分について 5月29日

1 被処分者および処分量定
 看護部 技師 阿部 美裕紀(40歳・女性)  懲戒解雇
2 処分年月日
 令和2年5月26日
3 事案の概要
 被処分者は、令和2年1月9日に当院の外来待合室に置かれた患者のかばんから現金 7,000 円を窃取し、1月14日にも同僚看護師の地下更衣室内ロッカーから現金 8,000 円入りの財布(10,000円相当)を窃取した容疑で4月9日に逮捕され、その容疑を認め4月28日に起訴された。
 その後、警察からの報告および被処分者からの聴取により5月1日に窃取の事実が確認できたため、当院の規則等に則り審査および理事会の議決を経て上記処分を行ったものである。
4 関連処分(管理監督責任によるもの)
 看護部 看護部長  訓告
 看護部 看護師長  訓告




不祥事が多い市立秋田総合病院
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4694.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/31

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.24 (Sun)

診療中にワイセツか?尼崎市の心療内科クリニックで

診療中にわいせつ行為、容疑で開業医を逮捕

経営する心療内科クリニックで、女性患者にわいせつな行為をしたとして、兵庫県警尼崎北署は23日、強制わいせつの疑いで、同県西宮市南昭和町の開業医、北正行容疑者(36)を逮捕した。

逮捕容疑は3月19日午後1~2時の間、同県尼崎市内の心療内科クリニックで、診療中の女性患者=当時(23)=の体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

女性患者が4月に署に相談して発覚した。同署によると、北容疑者は調べに対し「行為は間違いないが交際関係にあった」と供述しているが、女性は交際関係を否定しているという。



2018年12月1日開院
http://archive.is/sZMMV

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.19 (Tue)

またか*近江八幡市立総合医療センターの男性看護師が

男性看護師が病院トイレに盗撮カメラ 通報後「自分が設置」、懲戒方針

滋賀県の近江八幡市立総合医療センターが12日、院内のトイレに仕掛けられた盗撮用のカメラを見つけ、近江八幡署に通報していたことが18日、京都新聞社の取材で分かった。30代の男性看護師がカメラを取り付けたことを認め、センターは聞き取りが終わり次第、懲戒処分する方針。

センターによると、12日、職員がトイレを利用する際、カメラに気付いた。男性看護師が「自分が設置した」と申し出たという。
センター総務課は「再発防止に努めていく」としている。





近江八幡市は市立総合医療センターの男性看護師が病院内のトイレを盗撮していたとして懲戒免職の処分にしたと発表した。
5月22日付けで懲戒免職の処分を受けたのは市立総合医療センターに勤務する31歳の男性看護師です。センターによりますと5月12日、病院内のスタッフ用のトイレにカメラが付けられているのを職員が見つけ、警察に通報した。

その日のうちに31歳の男性看護師がカメラを取り付けたことを申し出たということです。男性看護師は今年3月以降、盗撮を目的に複数回同じ行為を繰り返していたという。
また、この男性看護師は東近江市内のガソリンスタンドで精算機に残されていた現金9000円を持ち去ったことも供述したという。

センターでは上司にあたる看護部長と看護長に対しても管理監督責任があったとして文書訓告と戒告の処分とした。

ストレスのはけ口でやり申し訳ないなどと話している



看護師がひき逃げ ⇒ 停職2カ月
居眠り、ひき逃げで看護師停職 近江八幡市立総合医療センター 2018年5月25日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4038.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/23

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.16 (Sat)

勤務する病院の女子更衣室で盗撮

女子更衣室に侵入の疑い 看護師の男を逮捕

2020年2月、同僚の女性を盗撮する目的で、勤務する群馬県伊勢崎市内の病院の女子更衣室に侵入したとして、40歳の看護師の男が逮捕された。

建造物侵入の疑いで逮捕されたのは、前橋市山王町の看護師、長岡祐介容疑者40歳。

警察によると、長岡容疑者は、2020年2月18日、女性を盗撮する目的で、自身が勤務する伊勢崎市内の病院の女子更衣室に侵入した疑いがもたれている。

女性看護師が更衣室に置かれたトートバッグの中に入っていた小型カメラを発見し映像を確認したところ、長岡容疑者が映っていたということで、報告を受けた上司が警察に通報した。

警察の調べに対し長岡容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。警察では、撮影された映像を解析するなど詳しく調べを進めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/16

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.12 (Tue)

愛知県がんセンター病院の看護師の男が少年にみだらな行為




愛知県がんセンター病院の看護師の男が少年にみだらな行為

知り合った16歳の少年に現金を渡し、みだらな行為をしたとして、愛知県がんセンター病院の看護師の男が逮捕された。
逮捕されたのは、愛知県がんセンター病院の看護師、大久保竜馬容疑者(30)。

警察によると、大久保容疑者は、今年3月、SNSで知り合った16歳の少年に対し、1回につき5000円から6000円を支払った上、自宅で2回にわたりみだらな行為をした児童買春の疑いがもたれている。

警察がSNS上で、「サポートしてほしい」などと書かれた不適切な投稿を発見し、書き込んだ少年に事情を聴いたところ、今回の事件が発覚した。

大久保容疑者は、「身に覚えがある」などと容疑を認めているという。愛知県は、逮捕を受けて会見を開き、「厳正に対処します」などとコメントしている。

警察がサイバーパトロールで不適切な書き込みを見つけ捜査したところ
大久保容疑者が浮上した




30歳の男性看護師は容疑を認めていたが 名古屋地検は5月29日付けで不起訴処分とした
地検は不起訴の理由を明らかにしていない

児童買春で逮捕の男性看護師を不起訴処分 6月1日

16歳の少年に現金を渡す約束をしてみだらな行為をしたとして逮捕された、「愛知県がんセンター病院」の看護師の男性について、名古屋地検は不起訴処分とした。

不起訴処分となったのは、「愛知県がんセンター病院」の30歳の男性看護師。

警察によると男性は、今年3月に2度、千種区の自宅で18歳未満と知りながら16歳の少年に合わせて現金1万1000円を渡し、みだらな行為をした疑いで逮捕されていた。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/06/01

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.05.12 (Tue)

高岡市の看護師の38歳男が病院に侵入し110万円窃盗

看護師が現金110万円窃盗で逮捕

今年3月、高岡市内の病院に侵入し、現金約110万円を盗んだ疑いで看護師の38歳の男が逮捕された。
建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは高岡市内の病院に勤務する看護師で高岡市赤祖父の池田大介容疑者(38)。

池田容疑者は今年3月5日から13日の間に高岡市内の病院内で個人が持つ現金約110万円を盗んだ疑いがもたれている。

高岡警察署によると被害にあったのは病院の患者または職員で、被害者から相談があり、防犯カメラなどの映像を調べたところ、池田容疑者が浮上した。

調べに対し、池田容疑者は容疑を認めていて「現金を盗んだことは間違いない」と供述している。警察は動機などを調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/05/12

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT