FC2ブログ
1999年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

1999.05.21 (Fri)

社会福祉法人武蔵野会、経営の改善を指導

社会福祉法人武蔵野会と同会運営の二つの知的障害者更生施設が、備品購入や受水槽の取替工事を装って三件で計一六〇〇万円あまりを、本部会計などから不正に支出していたとして、施設職員などから事情を聞いていることを明らかにした。

一月に行った定期指導検査により発覚。受水槽の取替工事が終わっていないのに、都に完了報告をし、その代金を先払いした。

また、職員の福利厚生施設に利用する代表の別宅に備品を設置するために、本部会計から六百万円支出されていたが、二月の現地調査では、新規の備品はほとんどなかった。

法人は中古の備品の写真を撮って都に報告していた。
同法人は東京や群馬に二十を超える知的障害者更生施設や特別養護老人ホームなどを運営する「めぐみグループ」が運営している。

施設側は「虚偽報告」を認め、施設長らの停職処分を決定したが、都は「処分が軽すぎる」などとして、経営の改善を指導している。


フザけた社会福祉法人やな

行政をナメとる

入所者暴行や失踪を報告せず 2018年12月9日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4258.html


実は他にも ⇒ 暴行やけが15件報告せず 武蔵野会 2019年1月10日

知的障害者の入所施設などを運営する社会福祉法人武蔵野会(東京都)が、入所者間の暴行を都に報告していなかった問題で、骨折事故といった過去の報告漏れが15件に上ることが9日、分かった。都によると、既に明らかになっていたケース以外にも、入所者同士の性的暴行やけがなどがあった。

同会は都の指導を受けてこれらについて新たに報告したほか、事故防止の取り組みや運営態勢の整備に関する改善報告を7日に提出した。同会の高橋信夫理事長は「都の指導を真摯に受け止め、改善に取り組みたい」としている。

同会が運営する伊豆大島の知的障害者入所施設「大島恵の園」で報告漏れがあった。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/01/10

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |