FC2ブログ
2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2010.11.17 (Wed)

大阪府東住吉の障害者施設虐待問題 4件認定、市が改善指導 社会福祉法人今川学園 今林の里

大阪市東住吉区の知的障害者施設「今林の里」で入所者が職員から虐待を受けたとされる問題で、市は16日、指導監査で身体的虐待を含む計4件の虐待を認定、施設を運営する社会福祉法人「今川学園」に対し、社会福祉法に基づく改善指導を行った。虐待によるけがは確認されなかったという。府も同日、同法人に対し、障害者自立支援法に基づく改善勧告を行った。

虐待問題は今年5月、元職員が市に通報して発覚。市が指導監査した結果、施設では平成19年12月〜今年5月末、入浴時に他の利用者に殴りかかった男性利用者の首を押さえつけるなど身体的虐待が2件、就寝時に女性利用者に掛け布団を渡さないなどの心理的虐待が2件確認された。

このほか、書面で家族の同意を得ないまま居室を施錠するなど不適切な行動制限が15件、手で叩(たた)いてきた利用者をとっさに叩き返すなど不適切な支援が21件確認された。

http://social-welfare.rgr.jp/databox/webpdf002.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2010.11.17 (Wed)

郡山の養護学校生事故死:損賠訴訟 福祉法人に支払い命令 県への請求は棄却 / 福島県

県立あぶくま養護学校の男子生徒(当時18歳)が07年、実習中に死亡した事故を巡り、母親で郡山市のピアノ講師、小川直子さん(47)が「安全措置を怠った」などとして、県と実習先の福祉作業所を運営する社会福祉法人安積愛育」を相手取り、慰謝料など約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福島地裁郡山支部であった。

清水響裁判長は同園の注意義務違反を認めて同法人に325万円の支払いを命じた。一方、同校には過失は認められないとして、県への請求は棄却した。

判決によると、生徒は07年11月29日、実習中に作業所から無断外出し、約3キロ離れたJR東北線で列車にはねられ死亡。生徒は知的障害があった。弁論で原告側は、作業所の職員は2人しかおらず、捜索も遅れて事故につながったと主張。作業所の体制や実習先を選んだ県の過失の有無などが争点となった。

清水裁判長は「作業所の職員が生徒の監視・監督を怠った」と認定。県の過失は「生徒の特性を作業所に連絡しており、事故防止措置を果たしていないとは言えない」とした。原告代理人の尾形昭弁護士は「主張は全面的に認められていないが、学校と作業所に強い警告のメッセージを送ることができた」とコメントした。同法人は「判決を重く受け止めている。今後の方針は判決内容の詳細をみて判断したい」とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |