FC2ブログ
2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2013.03.06 (Wed)

樟蔭東学園*藍野グループ*小山昭夫逮捕

樟蔭東学園の不適切融資 理事ら逮捕 理事暴走、止まらず 学園私物化にメス

樟蔭東(しょういんひがし)学園(東大阪市)を実質経営する理事、小山昭夫容疑者(81)らが6日、背任容疑で大阪地検特捜部に逮捕された。

小山容疑者はかつて、経営難の同学園に2億円を融資した見返りに理事選任権を得て理事会を事実上支配し、グラウンド売却を決議させた。こうして学園資産を現金化すると、融資は回収し、逆に学園から無担保で4億円近い融資を引き出した。行政が即時回収を指導しても理事会は従わず、山林での代物弁済を承認するなど、 暴走 を続けた。

この山林は小山容疑者がバブル期にゴルフ場開発を計画して頓挫した土地だ。個人の不良資産の処理に、公金が入った教育財産が利用されたともいえるが、行政は手をこまねいた。私立学校法が理事会の適切な判断力を前提としており、学園の私物化を防ぐために理事会を従わせる強制力がないからだ。例えば、国や大阪府に理事解任権はなく、法令違反した理事に解職勧告ができるだけだ。また、補助金引き揚げや学校法人の解散命令は生徒への影響があまりに大きい。「生徒を人質に取られている状態」(府関係者)で、伝家の宝刀を簡単に抜けないのが現状だ。

こうした中、学園の私物化に捜査当局のメスが入った意義は大きく、事件の全容解明と理事会の正常化が期待される。学校法人は税制優遇や公金補助も受けられる。私物化が横行する事態を繰り返してはならず、防止に向けた真剣な議論が求められる。

 ◆樟蔭東学園の融資を巡る主な経緯◆

07年 11月 小山容疑者が樟蔭東学園に2億円を融資。理事人事権などを得る

10年3∼4月 学園が小山容疑者に3億8000万円を融資。小山容疑者は別の学校法人の寮の建設費に充当

10年 12月 小山容疑者が大阪府枚方市の建設業者から1億円を借り入れ、学園に5000万円を返済

11年  4月 小山容疑者が学園から1億円の追加融資を受け、枚方市の建設業者に1億円を返済

11年 12月 学園が融資残高4億3000万円について、小山容疑者所有の山林(堺市)で代物弁済させることを決定

12年  3月 一連の融資で学園に損害を与えたとして、元学園幹部が小山容疑者らを背任容疑で刑事告発

12年 10月 大阪地検特捜部が学園などを家宅捜索

13年  1月 学園が「小山容疑者から全額が現金で返済された」との報告書を文部科学省に提出


社会福祉法人藍野福祉会 理事長 小山康夫
医療法人恒昭会 理事長 小山郁夫
学校法人藍野学院 理事長 小山英夫
顔写真 ⇒ http://archive.is/2vUvy

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2016/11/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2013.03.06 (Wed)

障害者にエアガンも…千枚通し投げた元施設職員

福岡県小郡市の障害者就労支援施設「ひまわり」で、知的障害者の男性の頭上に千枚通しを投げつけたとして、元管理職の坂本静治容疑者(48)が暴行容疑で逮捕された事件で、県警小郡署は、坂本容疑者をこの男性に対する別の暴行容疑で6日午後にも再逮捕する。

捜査関係者によると、坂本容疑者が2011年、施設内でこの男性に向けてエアガンを撃つ暴行を加えていた疑いが強まった。直径数ミリのプラスチック弾1発が男性の顔に当たっており、同署は暴行容疑に問えると判断した。

施設は同市のNPO法人「リブロ」(坂本勉理事長)が運営。福岡、佐賀両県は障害者虐待防止法に基づく立ち入り調査で、系列施設での坂本容疑者による障害者計7人に対する虐待行為を認定し、今年1月9日、同法人に改善勧告を出した。
Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2013.03.06 (Wed)

<指定取消>不適切なケアプランなどで居宅事業所等を指定取消処分に

静岡県は、2月26日、介護報酬の不正請求などで、株式会社シーブロケイドが運営する通所介護事業所・介護予防通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」と居宅介護支援事業所「在宅支援センターアウディー」の指定を取り消しにすると発表した。

県によると、「デイサービス初倉湯日の里」では、ケアプランに沿ったサービスを提供していない運営基準違反などが、「在宅支援センターアウディー」では、実態と異なる不適正なケアプランの作成などの違反があったという。処分は2月28日付け。
今後は、不正に受領した介護報酬約40万円の返還請求をするよう、保険者の藤枝市に要請する。同事業所は2012年11月以降は介護サービスを提供していないので、利用者のサービス利用に支障は生じないという。


【事業者の概要】
■運営者:株式会社シーブロケイド(代表取締役 錦見英一)

■運営者の所在地:藤枝市下青島53番地の2

■事業所名:1)通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」
       介護予防通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」
      2)居宅介護支援事業所「在宅支援センターアウディー」

■所在地:1)島田市湯日64番6
     2)島田市湯日64番7

【処分の理由】
■指定通所介護事業所・介護予防通所介護事業所「デイサービス初倉湯日の里」
・虚偽の指定更新申請書を提出し、不正に指定更新を受けた。
・入浴介助を行ったなどと装い、介護報酬を不正に請求した。(通所介護事業所のみ)
・ケアプランに沿ったサービスを提供していないなどの運営基準違反をした。(通所介護事業所のみ)
・従業者の勤務や不適切な運営実態について、監査において虚偽報告・答弁を行った。

■指定居宅介護支援事業所「在宅支援センター アウディー」
・実態と異なる不適正なケアプランを作成した。また、通所介護事業所の不正請求への関与など運営基準違反
 があった。
・不適切な運営実態について、監査において虚偽報告・答弁をした。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2013.03.06 (Wed)

社会福祉法人「大阪府総合福祉協会」職員が1000万円横領で処分

社会福祉法人「大阪府総合福祉協会」(大阪市港区)の50代の元男性課長が国の補助事業の委託契約費など計約1千万円を横領したとして、懲戒免職されていたことが5日、同協会への取材で分かった。処分は昨年12月31日付で、同協会は元課長を刑事告訴する方針。

同協会によると、男性は平成22~23年度の国の補助事業に絡み、架空の委託契約書を作成。同協会から虚偽名義の銀行口座に委託契約費など計約1千万円を振り込ませ着服したという。

昨年9月、同協会の職員が事業関係の書類を調査した際、委託事業が会計報告に記載されていなかったため発覚。男性は同協会に「借金の返済に使った」と事実を認めたという。

処分は先月5日に開かれた理事会で報告された。同協会は「理事会での報告を『公表』ととらえていた。事実を隠(いん)蔽(ぺい)するつもりはなかった」としている。
Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |