FC2ブログ
2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.09.03 (Wed)

裁判員裁判で無罪:知的障害の長女殺害の母親

一概に 知的障害というけれど
自閉症を併せ持ってるかもしれないし
障害の度合いもあるしな

大阪でも吹田市は障害者施設がたくさんある
この母親の供述で 「どこの施設も娘を預かってくれないし、助けてもくれなかった。」
であれば
吹田市の障害者福祉は問題視されるだろうな


難病で知的障害のある長女(当時29歳)を殺害したとして、殺人罪に問われた母親(58)(大阪府吹田市)の裁判員裁判判決で、大阪地裁は3日、無罪(求刑・懲役4年)を言い渡した。

田口直樹裁判長は「介護の負担から重いうつ病となり、犯行当時は心神喪失状態で刑事責任能力はなかった」と述べた。

母親は昨年10月、自宅の浴槽に長女を沈めて殺害した後、池で入水自殺を図ったところを発見され、逮捕、起訴された。公判段階の精神鑑定で「うつ病で意識の範囲が狭まる状態だった可能性がある」と診断され、裁判では責任能力の有無、程度が争点となっていた。




障害の娘風呂に沈め死なす=介護疲れか、殺人容疑で母逮捕-吹田市 どこも娘を預かってくれないし、助けてもくれなかった
当時の記事
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

追記
長女は重度の知的障害と全身性エリテマトーデス

大阪府吹田市の自宅で昨年10月、重度の知的障害で難病も患った長女=当時(29)=を殺害したとして、殺人罪に問われた母親(58)の裁判員裁判の判決公判が3日、大阪地裁で開かれた。田口直樹裁判長は「被告は犯行時、重度の鬱病(うつびょう)で心神喪失状態だった」として無罪(求刑懲役4年)を言い渡した。

最高検によると、殺人罪に問われた裁判員裁判ではこれまで6人に無罪が言い渡されている。心神喪失での無罪は初めてとみられる。

判決によると、母親は昨年10月8日、長女と無理心中することを決意。自宅浴槽に長女を沈めて窒息死させた後、自身も近くの池で自殺を図った。

長女は生まれつき重度の知的障害があったほか、事件の半年前には膠原(こうげん)病の一種の難病「全身性エリテマトーデス」を発症。母親が自宅で介護していた。

田口裁判長は判決理由で「被害者に愛情を注いできた母親が無理心中を決意したことを合理的に説明することは難しく、犯行の原因は重い鬱病以外には考えられない」と指摘。「被告は心神耗弱状態だった」とした検察側の主張を退けた。

大阪地検の北川健太郎次席検事は「判決内容を精査して、適切に対応する」とのコメントを出した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/09/03

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.09.03 (Wed)

静岡県の監査で悪質性が高い>>株式会社すてっぷ

ナゼ こんなにも障害者福祉の不正が多いのだろうか
簡単に儲けようと思ってるのか

不正に障害福祉サービス事業所の指定を受けたとして、県福祉指導課は2日、袋井市上山梨3の「すてっぷ」(下山祐喜子社長)が運営する多機能型事業所の指定を障害者総合支援法に基づき、30日付で取り消すと発表した。訓練等給付費全額と加算金の計約920万円を返還請求する。

同課によると、2013年5月に指定を受けた同事業所は、2カ月後の県監査でサービス管理責任者の未配置が判明。その後、指定申請書に勤務予定のない者が記載されていた他、利用者ごとの個別支援計画の未作成など運営上の書類不備も明らかになり、悪質性が高いと判断した。

同事業所の利用者は4人で、資源リサイクルやペットサロンの補助に当たっていた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/09/03

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.09.03 (Wed)

オマエら暇だろ

普段 考えて仕事することがないのだから
少しはお国の為に 社会福祉に貢献してみてはどうですか

農林水産省が介護食品の愛称を募集している

新しい介護食品の愛称公募について
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/seizo/140811.html
9月16日まで
Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.09.03 (Wed)

介護福祉士の取得方法>>国家試験は必要だな


厚生労働省 第4回 福祉人材確保対策検討会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000052556.html

介護人材の確保について (幼稚なオマエらでも解かりやすいゾ)
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/sankou1.pdf
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.09.03 (Wed)

袖ケ浦の施設虐待 継続調査へ

千葉県社会福祉事業団問題等第三者検証委員会
千葉県袖ヶ浦福祉センター対応に関する主な経過について
http://www.pref.chiba.lg.jp/shoufuku/jouhoukoukai/shingikai/dai3shakensho/documents/26-12daisansyasiryou.pdf

一連の立入検査において確認された状況 (平成16年度から平成25年度まで10年間)
社会福祉事業団元職員(3月11日逮捕)を傷害致死罪で起訴
暴行確認者数 11人 (被虐待者数17人)  <被虐待者とは虐待を受けた者>
性的虐待確認者数 2人 (被虐待者数 2人)
心理的虐待確認者数 3人 (被虐待者数 4人)

合計 15人
被虐待者数23人
(延べ16人)

虐待(暴行)が確認された職員11人の暴行は、傷害致死容疑となった腹部を蹴ることのほか、頭を叩く、引っ掻くなど、その態様・程度は異なるが、うち5人は懲戒解雇(解雇)、5人は停職等の処分を受け退職した。1人は減給の処分を受け在職し施設長及びリーダーが重点的に管理監督している。

性的虐待が確認された職員2人のうち、1人は文書訓告の処分を受け退職し、1人は文書訓告の処分を受け在職し管理者が重点的に管理監督している。

心理的虐待が確認された職員3人のうち、2人(うち1人は上記暴行の1人に同じ)は厳重注意を受け退職し、1人は文書訓告の処分を受け在職し施設長及びリーダーが重点的に管理監督している。



被虐待者23人の方については、傷害致死容疑となった虐待(暴行)を受けた方や、支援時に暴言を吐かれ心理的虐待を受けた方など、その受けた虐待の態様・程度は異なるが、23人のうち、1人は当該暴行の後に亡くなり、1人は自宅に戻り、2人は短期入所終了に伴い退所し、1人は病気により亡くなっている。(なお、被虐待者23人の方の保護者に対しては、虐待の事実を事業団からご報告した。)

事件後、現場の改善に向けて取り組んでおり、その他現在利用している18人の方については、施設長やリーダー等が、支援を行う支援員に対して、重点的な指導監督を行い、適切な支援に努めることとしている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/03/28

Blog Top  | 千葉県社会福祉事業団 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |