FC2ブログ
2014年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2014.09.17 (Wed)

神戸市長田区の訪問介護事業所:あいぷらすケアセンターたかとり:不正な請求

介護サービス費不正請求:市が事業所を行政処分 /兵庫

介護サービス費を不正に請求したとして、神戸市は16日、介護保険法に基づき、訪問介護事業所あいぷらすケアセンターたかとり(同市長田区海運町2)を利用者の新規受入停止6カ月の処分とし、不正に受け取ったサービス費など計約2280万円の返還を求めた。

市介護指導課によると、匿名の通報をきっかけに、2012年2月〜13年8月分の請求について検査を実施。その結果、12年5〜8月に同じ介護員が同じ時間に2人の利用者にサービスを提供していたケースが501件、タイムカードなどに記録された勤務時間外に提供していたケースが958件あった。

事業所側は「書き間違い」と説明したが、同課は故意に不正をしたと判断。不正な請求として、加算金を含む計約513万円の返還を請求した。また、記録がなく、サービス提供の確認ができなかった不適正な請求分1767万円も請求した。事業者側は返還に応じる意向を示しているという。




事業所の概要
事業所名    あいぷらすケアセンターたかとり
サービス種別  訪問介護
所在地      神戸市長田区海運町2丁目1番2号
運営法人    株式会社あいぷらす  (代表取締役:馬場 正行)
           (所在地:神戸市長田区海運町2丁目1番2号)
指定年月日   平成24年1月1日
利用者数    平成26年9月1日時点での利用者数29名

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/09/17

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2014.09.17 (Wed)

怠慢行政とはこのことを言う

高齢者の生活支援ハウス 定員以上の入居認める 佐伯市が条例違反

佐伯市が所有する高齢者の生活支援ハウスが、2007年から7年間にわたり、条例に違反して定員以上の入居者を受け入れていた。市は現在開会中の9月定例会に、定員を増やすための条例の一部改正案を提案。16日の教育民生委員会で経緯を説明し、条例違反を認めた。

生活支援ハウスは同市蒲江にあり、市は定員(11人)を2人超えて入居を許可していた。指定管理者は蒲江の社会福祉法人。本年度末が指定期限に当たるため市が内部調査した結果、条例違反が発覚した。

市は07年2月、2人の高齢者の入居申請を受理。当時満室だったが、相談室を2人分の居住スペースに充てることができると判断、入居を許可した。この際、定員増のための条例改正をしていなかったという。

市によると、国の定めた1人分の居住面積の基準は満たしている。運営する社会福祉法人には年間定額の委託料を払っており、入居者が増えたことによる増額はない。

飛高弥一郎福祉保健部長は取材に対し「市が条例に反する行為をしていたことを深く反省している」と謝罪した。
同委員会はこの議案の審議を延長。19日午後から委員会を再開する。





指摘されてもホームページを修正してないし

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/09/17

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |