FC2ブログ
2015年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2015.02.16 (Mon)

佐世保市の高1同級生殺害事件*児童相談所所長と課長+戒告処分

戒告
懲戒処分の中では最も軽い そうな

長崎・佐世保の高1同級生殺害:児相所長ら懲戒処分 医師の相談放置で

長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件で、殺人などの非行内容で家裁送致された少女(16)に関する精神科医の相談電話を県佐世保こども・女性・障害者支援センター(児相)が放置した問題で、県は16日、同日付でセンターの宮崎慶太所長(57)と、男性課長(52)を戒告の懲戒処分とした。県人事課によると課長を20日付で、所長を4月1日付の異動で更迭する。電話を受けた男性職員(50)は文書訓告とした。

県人事課は処分理由について「相談機関としての役割を十分に果たさなかった」「課長のパワーハラスメント行為が、電話の対応に影響を及ぼした」などとしている。

県が児相の対応の検証結果をまとめた報告書では、精神科医は「(少女が)誰かを殺すのではないか」などと電話で相談したが、児相が関係機関との連携を図るなどの対応をしなかったことについて「緊急性、重大性に対する意識が欠けていた」と結論づけた。また、他機関からの相談を安易に受けないよう部下を叱責するなどしていた課長のパワーハラスメント行為についても「対応に影響したことは否定できない」としていた。


http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1837.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/16

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.16 (Mon)

羽島市の陽光クリニック不正医療事件

羽島の不正医療、医師書類送検へ 開設手助けの疑い 岐阜県

岐阜県羽島市にあった診療所「陽光クリニック」の不正医療事件で、無許可の診療所を開く手助けをしたとして、岐阜県警は16日にも、横浜市の男性医師を医療法違反幇助(ほうじょ)の疑いで書類送検する方針を固めた。診療所元代表の仲嶋淑人被告(49)=医師法違反(無資格医業)などの罪で公判中=と事務担当者の男も、医療法違反(無許可開設)の容疑で書類送検する。

捜査関係者によると、医師の資格がない仲嶋被告らは、岐阜県の許可を得ずに2013年5月にこの診療所を開設。その際、男性医師は管理医師として登録されており、開設を手助けした疑いがもたれている。
診療所では仲嶋被告らが看護師に指示し、末期がん患者らに、がんに効くなどとして未承認薬を注射していたとされる。

男性医師は昨年11月、朝日新聞の取材に「知人の医師に健康診断のクリニックを開設すると誘われ管理医師になることにした。週1回(の勤務)でいいという話だった。6月に診療所に行くと、すでに(看護師が)注射を打っていた」と話していた。
診療所開設から13年9月の閉鎖までの間に、がんや脳卒中などの約900人が受診。診療日の約半数は医師がいなかったとされる。


無資格注射認める 岐阜の診療所元代表ら 2015年1月26日

医師資格がないのに看護師らに注射を指示したなどとして、医師法と薬事法に違反した罪に問われた岐阜県羽島市の診療所「陽光クリニック」元代表、仲嶋淑人被告(49)=津市=と元事務長高橋雅樹被告(51)=岐阜市=は26日、岐阜地裁(四宮知彦裁判官)での初公判で、いずれも起訴内容を「間違いない」と認めた。

起訴状によると、両被告は平成25年7月、診療所の従業員と共謀し、医師資格がないのに肝機能障害薬などを患者に注射したほか、25年8月~26年2月、薬販売の許可がないのに「がんなどの病気に効く」と言って2人に医薬品を計14万円で販売したとしている。

同診療所をめぐっては、仲嶋被告らの指示を受けて実際に注射した女性准看護師(66)=岐阜県大垣市=が昨年11月に医師法違反容疑で書類送検され、岐阜簡裁が今月9日付で罰金30万円の略式命令を出した。


医師免許ないのに看護師らに注射指示 岐阜の元病院代表宅を家宅捜索 2014年10月21日

主治医の指示がないまま看護師らに患者に注射させたとして、岐阜県警は21日、医師法違反(無資格医業)の疑いで同県羽島市の内科クリニック元代表の男(48)と元事務長の男(51)の自宅をそれぞれ捜索した。容疑が固まり次第逮捕する。

捜査関係者によると、元代表と元事務長は医師免許を持っていないのに看護師と准看護師に指示し、医薬品を患者に注射するなどの診療行為をさせた疑いが持たれている。投与したのは医薬品の他、がん治療薬と称した厚生労働省が承認していないものもあったという。

医師法などによると、看護師は診療の補助として患者に注射することは認められているが、主治医の指示が必要とされている。


無資格で注射指示した疑い、診療所元事務長を逮捕 岐阜 2014年10月21日

がん治療に効果があるとして、医師免許がないのに未承認薬などを患者に注射するよう看護師らに指示していたとして、岐阜県警は21日午前、同県羽島市のホテル内にあった診療所「陽光クリニック」元事務長の男(51)=岐阜市=を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。同診療所の元代表の男(48)=津市=も逮捕する方針。

県警は診療所が入居していたホテルを運営する「高陽社」(羽島市)を21日、関係先として家宅捜索した。同社は健康食品や水などを対面販売し、全国に多数の会員がいるとされる。

捜査関係者によると、元代表と元事務長はいずれも医師ではないにもかかわらず、がんの治療に効果があるとして、診療所の看護師らに昨年、免疫力を高めるとされる医薬品を注射するなどの指示をしていた疑い。使用していた薬品には厚生労働省が承認していないものもあったという。注射をした看護師らからも任意で事情を聴いている。医師法では、看護師が、医師の指示なく注射をすることは禁じられている。

診療所は保険が適用されない自由診療で、昨年5月に開業し同9月に閉鎖した。この診療所で注射を受けた後、死亡した末期がん患者の遺族が県警に相談。県警が診療所のカルテを押収し、患者に話を聞くなどして捜査したところ、複数の患者が治療行為を受けていたことがわかったという。診療所はJR岐阜羽島駅近くの高陽社会員向けホテルの2階にあった。

インターネット上にも同診療所のがん治療の有効性などについて書き込みがあった。同診療所を紹介するホームページなどはすでに削除されている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/16

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.16 (Mon)

石巻市の危機管理の無さ

石巻市
市長 亀山紘
なんとも頼りないのぉ
そう言えば
大川小学校も石巻市か


通称 ライオン岩
通称 ライオン山





ライオン岩が崩落:高齢者ホームの外壁破壊 再発におびえ

14日午後9時40分ごろ、宮城県石巻市新成3の住宅地裏にある山の斜面(通称・ライオン岩)が突然崩れた。最大で直径約10メートルの岩や石が落下し、一部がふもとの高齢者施設「グループホーム希慈(きじ)」の外壁を壊した。けが人はいなかった。市は15日未明に付近の57世帯156人に避難勧告を出し、その後縮小したが、住民の間に「また崩れるのでは」と不安が広がっている。

石巻署と市危機対策課によると、崩壊したのは石巻市流留垂水(ながるたるみず)山の民有地。高さ約35メートルのところにあった岩石が15メートルほど下まで崩れ、幅30〜40メートル、高さ10メートルにわたり積み上がり、一部は地上まで落下した。グループホーム希慈の壁に当たったほか、別の住宅周辺にも直径10〜20センチの石が広範囲に散乱した。近くに住む配管工の半沢朋行さん(43)によると「飛行機が落ちたのか」と思うほど大きな音がしたという。

グループホームは9人の入所者がいたが、全員避難した。市は15日午前0時50分に避難勧告を出し、最大で3世帯9人が近くの渡波公民館に身を寄せた。避難勧告を受けた半沢さんは「東日本大震災で(沿岸の)渡波地区にあった自宅が被災し、1年前にここへ引っ越したが、海の次は山とは。まだ大きな岩が落ちてきそうなので、直ちに対策をしてほしい」と話した。

住民らによると、崩壊した斜面は約50年前まで採石場として使われ、ライオンが横たわった姿にみえるとして「ライオン岩」と呼ばれていた。

震災でも一部が崩れ、県は「急傾斜地崩壊(がけ崩れ)危険箇所」に挙げていたが、避難態勢整備などの対策が必要な「災害警戒区域」には指定されず、近くで新しい住宅の建設も進められている。私有地で自然斜面でもないため、土地の所有者や採石業者に対策を求めることになるという。

現場を訪れた亀山紘市長は住民に「住宅と斜面の間に巨大な土のうを積み上げるなど対策を講じる」と説明した

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/16

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |