FC2ブログ
2015年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2015.02.26 (Thu)

佐世保市の訪問介護ステーション*業務停止6か月

エステートツーワン有限会社  佐世保市 矢峰町 480番地1

長崎県は、佐世保市の不動産会社が市内で運営する「訪問介護ステーション優雅」が介護保険法で定められた専従の責任者を配置していなかったなどとして、6か月間、業務を停止する処分を行った。
これについて運営会社の責任者はNHKの取材に対し「施設の運営はスタッフに任せていたが、私が制度を正しく理解していなかったことなどもあり、こうした事態になり申し訳ない」と話している。


訪問介護ステーション優雅  佐世保市赤崎町1304番地8

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/26

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.26 (Thu)

南高愛隣会は改善できるか?

南高愛隣会 虐待で改善命令

雲仙市に本部がある社会福祉法人が運営している4つの障害者就労支援などの施設で、職員が利用者に馬乗りになって骨折させたり性的虐待を行うなどの虐待行為があったとして長崎県は26日、改善命令を行うとともに、今後3か月から1年の間、新たな利用者の受け入れを停止する行政処分を行なった。

県から改善命令を受けたのは、雲仙市に本部があり障害者の生活援助や就労支援を行う社会福祉法人「南高愛隣会」。

長崎県によると、この法人が運営する雲仙市の入所更生施設で平成17年ごろからおよそ2年の間、興奮状態になった男性の利用者に対して職員が馬乗りになって押さえつけるなどの行為が行われ、利用者にあばら骨を折るけがを負わせていたことがわかった。

また、雲仙市にある別の自立訓練施設では、平成24年に複数回にわたり宿直の男性職員が障害がある女性利用者に対して性的虐待を行うなど、この法人が運営するあわせて4つの施設で虐待が行われていたという。
これらの虐待は県に相談が寄せられたことを受けて実施した特別監査で判明したもので、県はこの法人に対して1か月以内に改善報告を提出するよう命令するとともに、4つの施設では今後3か月から1年の間、新たな利用者の受け入れを停止する行政処分を行う。

県から行政処分を受けた雲仙市の社会福祉法人「南高愛隣会」の田島光浩理事長は記者会見し「福祉事業者としてあってはならない行為で、職業倫理の不徹底など多くの不備があった。大変申し訳ありません」と述べ謝罪するとともに、弁護士などを含む虐待防止委員会を設け、対策に取り組むことを明らかにした。






ここの法人さんは
書く能力は優れてるだろうから
改善報告書 なんて 頭で考えなくても タイピングは速いよな

村木厚子さんも嘆いてるワ 2015年2月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1953.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/11/17

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(7) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.26 (Thu)

身体拘束*やむを得ない場合って

私ヤンマーの情報から
未だに高齢者施設 障害者施設では 身体的虐待が行われておる
高槻市 茨木市 箕面市 東大阪市 大阪淀川区 西宮市 尼崎市 伊丹市の障害者施設
尼崎市 川西市 伊丹市の高齢者施設


行動制限や身体拘束は人権問題である

身体拘束

身体的虐待とは
暴力や体罰によって身体に傷やあざ・痛みを与える行為
身体を縛りつけたり
施設側の都合で睡眠薬などによって身体の動きを拘束する





普段 何気なく見る光景


高齢者福祉分野において身体拘束の具体例

① 徘徊しないように、車椅子や椅子、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
② 転落しないように、ベッドに体幹や四肢をひも等で縛る。
③ 自分で降りられないように、ベッドを柵(サイドレール)で囲む。
④ 点滴・経管栄養等のチューブを抜かないように、四肢をひも等で縛る。
⑤ 点滴・経管栄養等のチューブを抜かないように、または皮膚をかきむしらないように、手指の機能を制限するミトン型の手袋等をつける。
⑥ 車椅子や椅子からずり落ちたり、立ち上がったりしないように、Y 字型抑制帯や腰ベルト、車椅子テーブルをつける。
⑦ 立ち上がる能力のある人の立ち上がりを妨げるような椅子を使用する。
⑧ 脱衣やおむつはずしを制限するために、介護衣(つなぎ服)を着せる。
⑨ 他人への迷惑行為を防ぐために、ベッドなどに体幹や四肢をひも等で縛る。
⑩ 行動を落ち着かせるために、向精神薬を過剰に服用させる。
⑪ 自分の意思であけることのできない居室等に隔離する。


緊急やむを得ない場合に該当する3要件 (すべて満たすことが必要)

切迫性 : 利用者本人または他の利用者の生命または身体が危険にさらされる可能性が著しく高い場合
非代替性 : 身体拘束以外に代替する介護方法がないこと
一時性 : 身体拘束は一時的なものであること

緊急やむを得ない場合の判断は担当の職員や個人またはチームで行うのではなく施設全体で判断することが必要である
身体拘束の内容・目的・時間・期間などを高齢者本人や家族に対して十分に説明し理解を求めることが必要である
介護保険サービス提供者には身体拘束に関する記録の作成が義務づけられている

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/02/01

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.26 (Thu)

訪問介護先から現金を盗んだ?*飯塚市の介護士逮捕

防犯 監視カメラは犯罪を抑止できる
また
犯人逮捕の証拠にもできる

飯塚署は25日、訪問介護先から現金を盗んだとして、飯塚市有安、介護士、松尾秀幸容疑者(40)を窃盗容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、23日午前、頸椎(けいつい)損傷で寝たきりの1人暮らしの男性(51)宅を訪問介護した際、居間のテレビ台にあった男性の財布から3000円を盗んだとしている。

松尾容疑者は約1年前から男性を介護していたという。時折、小銭がなくなることに気づいた男性が、知人に頼んで居間に防犯カメラを付けたところ、財布から現金を盗む松尾容疑者が撮影されていた。「生活苦のためやった」と容疑を認めているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/26

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.26 (Thu)

松山市の特別養護老人ホームから約1億円を横領*二宮義樹 ⇒ 懲役6年

高級車乗換え、発覚遅らせるため給与台帳燃やす…1億円横領の特養元経理担当者に懲役6年 松山

経理を担当していた松山市の特別養護老人ホームから約1億円を横領したなどとして、業務上横領と器物損壊の罪に問われた元職員二宮義樹被告(44)に、松山地裁は26日、懲役6年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。

沢田博之裁判官は判決理由で「高級車を頻繁に乗り換え、ローンの支払いのために犯行に及んでおり身勝手だ」と指摘した。

判決によると、二宮被告は平成20~25年に約170回、老人ホームの銀行口座から現金計約1億円を引き出して横領し、25年9月、発覚を遅らせるために給与台帳などを燃やした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/08/09

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.26 (Thu)

福祉を食い物にする輩*極刑にしてくれ

NPO法人日本障害者・高齢者生活支援機構

NPO詐欺事件:知事公印偽造の疑い 前理事長を再逮捕

函館市のNPO法人前理事長が金融機関から約2000万円をだまし取るなどした詐欺事件で、函館中央署は25日、知事公印を偽造したとして、函館市中道1、無職、能登正勝容疑者(37)=詐欺などの容疑で逮捕=を公印偽造容疑で再逮捕した。

逮捕容疑は先月23日、函館市内の印章店で「北海道知事印」と彫った角形印章(30ミリ×30ミリ)を作るよう店主に依頼し、知事公印を偽造したとしている。「間違いありません」と容疑を認めているという。偽造公印は、能登容疑者が当時理事長を務めていたNPO法人日本障害者・高齢者生活支援機構(函館市)の事務所の捜索で同署が押収した。

能登容疑者は昨年7月、高齢者宅などへの弁当宅配事業を道から業務委託されたとする虚偽の契約書を使い、金融機関から約2000万円をだまし取ったとして今月4日、逮捕された。この時の文書に押された知事公印は今回の容疑の印章とは別で、同署は偽造公印の使い道を捜査している。能登容疑者は16日、同法人理事長を解任された。



http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-1843.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/26

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.02.26 (Thu)

ありがとう*サンダーバード999さん

発電機、災害時に 「サンダーバード」が送付 磐田

磐田市役所に「サンダーバード999」を名乗る差出人から渡部修市長宛てに発電機2台などが届いた。荷に添えられた手紙には「災害時の停電下でも電気が必要な方に(発電機などを)貸し出してほしい」と記されていた。

発電機は1月15日と同20日に1台ずつ届き、発電機の使用時に必要になるガソリン携行缶や延長コード(10メートル)、エンジンオイルなども同梱(どうこん)されていた。
市は寄付者の意向に沿い、市福祉課が管理する災害時要援護者支援班の資機材に組み入れ、在宅で人工呼吸器を使用している市民を停電下でケアする際などに活用したいとしている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/02/26

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |