FC2ブログ
2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.09 (Sat)

不運な事故*胃のレントゲン検査

胃のレントゲン検査中、台から落下し女性死亡

8日午前11時25分頃、群馬県沼田市恩田町で、検診用のレントゲン撮影車で胃のレントゲン検査を受けていたブラジル国籍のアルバイト、マスコ・ロザリナ・ケイコさん(58)が診察台から落下し、頭を診察台と車の壁に挟まれて死亡した。

沼田署で原因を調べている。
同署の発表によると、診察台は可動式で、マスコさんは診察台にうつぶせになり、頭が下になるように診察台を傾けた際に滑り落ちたという。マスコさんはこの日、勤務先の木工品製造会社の健康診断を受けていた。

健康診断を請け負っていた全日本労働福祉協会(東京都)の川口毅常務理事は、「こうした事故は初めて聞いた。検証したい」とコメントした。


8日午前11時25分ごろ、群馬県沼田市恩田町の建材会社オリエントで、胃のレントゲン撮影車で健康診断を受けていた女性が、診察台と車の内壁の間に頭部を挟まれた。女性は同社アルバイトでブラジル国籍のマスコ・ロザリナ・ケイコさん(58)=同所=で、約3時間後に病院で死亡が確認された。

県警沼田署によると、健康診断は一般財団法人全日本労働福祉協会が実施していた。マスコさんは胃のレントゲン検査で車内の診察台に乗り、頭部を下にして傾いた状態になった際、診察台から落ちて台と内壁の間に頭を挟まれたという。

同署は詳しい死因や、事故の原因を調べている。 

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/13

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.05.09 (Sat)

医療法人三愛会中山整形外科*介護給付費の不正

返還請求額はおよそ2,100万円 「医療法人三愛会中山整形外科」を処分 大阪市

大阪市は、4月30日、介護保険法(平成9年法律第123号)(以下、法)の規定に基づき、「医療法人三愛会中山整形外科」への行政処分を行った。

なお、今回処分が決まった事業所のサービスは、通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーションに加え、訪問介護、介護予防訪問介護、居宅介護支援である。

数々の不正が明らかに
大阪市では、法に基づき、監査を実施。例えば、10人という定員を超過して利用者を受け入れているにもかかわらず、定員超過による介護給付費の減額を行わず、介護報酬を請求し、不正に受領していたことが判明。

また、サービス提供責任者が通所リハビリテーションでの業務に従事しており、常勤のサービス提供責任者が適切に配置されていないなど、介護給付費の請求に関する不正、人員違反、虚偽報告、居宅サービスの不正関与に至るまで、数々の不正や違反が露呈した。

およそ2,100万円を請求
大阪市は、通所リハビリテーション、介護予防通所リハビリテーションに加え、訪問介護、介護予防訪問介護の指定取り消しを決め、居宅介護支援では、平成27年5月1日より平成27年7月31日まで、全ての指定の効力を3カ月間停止する行政処分を下した。

また、平成25年2月から平成26年9月までの期間において、不正請求のうえ受領した介護給付費の返還を求めるほか、介護保険法第22条第3項の規定により、返還金額に100分の40を乗じて得た加算額を請求する方針である。

なお、金額は加算額を含めて、合計20,936,554円。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/09

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.05.09 (Sat)

交通死亡事故*大阪

車にひかれ6歳女児死亡=運転の51歳看護師逮捕—大阪府警

8日午後5時45分ごろ、大阪府箕面市白島の市道で、近くに住む小学1年の明石留依ちゃん(6)が車にひかれ、搬送先の病院で死亡が確認された。府警箕面署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、運転していた同市粟生間谷東、看護師萱谷かすみ容疑者(51)を現行犯逮捕した。同署は容疑を同致死に切り替え、詳しい原因を調べる。

同署によると、現場は道幅7.3メートルで、信号も横断歩道もない丁字路。留依ちゃんが道路を渡っていたところ、左から直進してきた萱谷容疑者の車にひかれた。
萱谷容疑者は同僚と買い物をした帰りで、「車の間から出てきた女の子とぶつかった」と容疑を認めているという。 

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/09

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.05.09 (Sat)

亡くなった看護師の訴え**泣き寝入りはしない!



北海道新聞でセクハラ 2人を刑事告訴

北海道新聞函館支社に嘱託看護師として勤務し、その後、火事で死亡した女性が職場の男性社員からセクハラを受けていたとして、女性の両親が男性社員2人を刑事告訴した。

告訴されたのは北海道新聞社の男性社員2人。告訴状によると男性社員の1人は去年12月8日の夜、函館市内の路上で北海道新聞函館支社に嘱託看護師として勤務していた当時40歳の女性の手を握り飲食店などで体を押しつける暴行を加えたほか、もう1人の社員とともに性的関係を迫るなどしたとされている。

女性はその後、今年2月に自宅の火事で死亡したが、告訴状では女性はセクハラで自殺した可能性が極めて高いとしている。
北海道新聞社は「社員が告訴されたことは遺憾です。セクハラの有無なども含め詳しい調査を行ってまいります」とコメントしている。



北海道新聞社員からセクハラ」嘱託看護師の遺族が告訴

北海道新聞函館支社(北海道函館市)で嘱託看護師として勤務し、2月に火事で亡くなった女性(当時40)が同社の男性社員2人からセクシュアルハラスメント行為を受けたとして、遺族が7日、この2人を暴行容疑などで函館中央署に刑事告訴した。

告訴状によると、2人は昨年12月、函館市内の飲食店で、女性にひわいな言葉を言いながら、体を触ったり体を押しつけたりするなどの暴行をしたとしている。女性は同社に被害を申告、2月10日ごろから仕事を休むようになったという。

女性は2月21日に函館市の自宅が火事になり、助け出されたが搬送先の病院で死亡が確認された。

遺族らによると、同社は昨年12月に女性から聞き取った内容をまとめた報告書を作成。2人は1月、「(女性に対し)大変不快な思いをさせる言動や行為を行い、精神的、肉体的苦痛を与えてしまった」などとして、女性への謝罪文を書いたという。

遺族は取材に対し、「事実関係の調査を求めたが対応が遅かったため、刑事告訴した」と述べた。
北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾。誠実に調査しているところだが、今後もセクハラの有無なども含めて詳しく調査する」とのコメントを出した。



北海道新聞社社員を告訴 嘱託看護師に「愛人になれ」…と「体触り暴行」

北海道新聞社函館支社の嘱託看護師だった女性が昨年12月の忘年会で体を触られ暴行を受けたとして、女性の両親が7日、暴行と北海道迷惑行為防止条例違反などの容疑で、同社の男性社員2人を北海道警函館中央署に告訴した。

告訴状によると、昨年12月8日夜から9日未明にかけて、函館市内のカラオケ店や居酒屋で女性=当時(40)=の体を触ったり、「愛人になれ」と言いながら体を押し付けたりしたとしている。

父親によると、女性は会社に相談したが2月中旬から心身の疲労で休むようになり、2月21日に自宅の火災で死亡した。

北海道新聞社経営企画局は「社員が告訴されたことは遺憾です。会社として誠実に調査をしているところで、今後も弁護士を交えセクハラの有無などを含めて詳しい調査を行っていきます」としている。



月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ  2015年5月2日
http://hoppojournal.sapolog.com/e434227.html#more

週刊新潮 2015年3月19日号
北海道新聞「嘱託看護婦」が焼死直前に遺したダイイング・メッセージ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/09

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2015.05.09 (Sat)

介護福祉士の知

高知市の介護福祉士が考案の簡易トイレ 遠出、災害時に重宝  高齢者の排せつ不安軽減

パッド型の紙おむつとごみ袋で作ることができる簡易トイレを考案し、普及に励んでいる女性がいる。介護福祉士の藤原真知子さん(65)=高知市大津甲。遠出をした時や災害時に、高齢者らの心理的負担を減らそうと考えた。「排せつとは生きること」を信念に、「どこででも無料講習会を開く。悩みを気軽に話せる場にしてほしい」と呼び掛けている。

藤原さんが考案したのは、底と角をセロハンテープで補強したごみ袋に、パッド型の紙おむつを固定して和式便器のような形にして使う簡易トイレ。使用後は汚物に触らずに捨てることができる。また、使わない時は手のひらほどの大きさで、携帯時もかさばらない。

介護をしている家庭ならどこにでもある材料でできる▽「折る」と「テープで貼る」という作業の繰り返しで、お年寄りや子どもでも短時間で作ることができる―のが長所だ。

藤原さんは、40歳ごろから高齢者介護の仕事を始めた。これまでに、福祉用具販売やホームヘルパー事業所運営、ホームヘルパー研修の講師などを経験し、よさこい鳴子踊りのチームを立ち上げ福祉施設訪問もした。

在宅と施設、両方の介護現場に関わって感じたのは「気持ち良く排せつできることの大切さ」。元気なおじいちゃんが「トイレが近い。もらしたらいかんき」と遠出を避けたり、足腰が弱ったおばあちゃんが「トイレに行くのを手伝ってもらうのが申し訳ない」と水分摂取を控えたりしていたという。

防災講習会で聞いた東日本大震災など災害時のトイレ問題の深刻さも、藤原さんを動かした。避難所に行っても、災害用トイレが屋外にあったり、水道が止まって汚物が流れなくなったりして、普段は当たり前の「だれでも、いつでも排せつできる生活」が、被災地ではすぐに崩れてしまっていた。

藤原さんはこうした状況を聞き、古里の吾川郡仁淀川町を思い出したという。高知県の中山間地域は台風が近づくと避難勧告が出る地域が多い。震災だけでなく、日常の備えとして排せつの問題を考えなければとの思いが募った。

「トイレのために楽しみを我慢したり、体調を崩したりする人がいた。排せつはだれだって人に見せたくない。心理的負担を少しでも軽くしたかった」と藤原さんは言う。既に市販品はたくさん出回っていたが、「自分たちで作れば安いし、作りながら自然に排せつの悩みを話せる場にもなるのでは」と考え、市販品も参考にして簡易トイレを考案した。

今年3月末に一線を退いてから、本格的に普及活動をスタート。これまでに高知市内などで数回、講習会を開いた。参加したお年寄りらには、「人の車で出掛ける時は余計心配でね。これ持っちょったらえいね」と好評だった。さらに、「もう一回、そこやって見せて」などと参加者同士で会話も弾み、みんなの表情も明るくなったという。

「作り方を教え合うことで、人の役に立っていると思えるのでは」と藤原さん。退職後にできた自由な時間は、「手を動かしながら、楽しくトイレを語る講習会」に費やすつもりだ。



携帯電話番号 090-8697-****
http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=337507&nwIW=1&nwVt=knd
Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |