FC2ブログ
2015年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.19 (Tue)

一般社団法人広島県シルバーサービス振興会のサービス外部評価 ⇒ グループホームよってきんさい古江

有限会社美泉
広島県広島市南区仁保南二丁目17番35号

グループホームよってきんさい古江
広島県広島市西区古江東町1番26号




けがした入居者を放置か 介護福祉士の32歳男を逮捕

広島市の介護施設で、2階から転落したとみられる女性に手当てを受けさせなかったとして、介護福祉士の男が逮捕された。女性はその後、死亡が確認された。

介護福祉士の竹川忠臣容疑者(32)は18日午前6時20分ごろ、広島市の介護施設の敷地で、けがをして倒れていた入居者の女性(82)を見つけたにもかかわらず、手当てを受けさせずに放置した疑いが持たれている。女性は、異変に気付いた別の職員の通報で病院に搬送されたが、死亡が確認された。女性は2階の窓から転落したとみられている。竹川容疑者は調べに対して、容疑を認めている。警察は、遺体を司法解剖して、放置されたことと死亡の間に因果関係があるか調べる方針。


広島市西区の介護施設で負傷した入所者女性(82)を約4時間放置したとして、広島県警は19日、介護施設職員竹川忠臣容疑者(32)=同市南区東雲本町1丁目=を保護責任者遺棄の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。

県警によると、竹川容疑者は18日午前6時20分ごろ、勤務先の同市西区古江東町のグループホームよってきんさい古江の敷地内で、けがをして倒れている入居女性を見つけたが、施設2階のベッドに寝かせただけで、119番通報などをせず放置した疑いがある。

午前10時半ごろ、同僚の職員が女性が頭などを負傷していることに気づき、119番通報した。女性は頭部から出血していた。県警は、女性が2階の部屋から落ちた可能性があるとみている。倒れている女性を発見した時、竹川容疑者は1人で勤務していたという。

県などによると、同施設は認知症高齢者のための施設で7人が入居。職員は10人いる。


介護施設内で倒れていた入所者の女性を放置したとして、広島県警広島西署は19日、広島市南区東雲本町、介護福祉士竹川忠臣容疑者(32)を保護責任者遺棄の容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。同署によると、女性は寝たきりだったが、2階の自室下の庭で頭部を負傷して倒れており、その後死亡した。同署は死亡の経緯についても調べる。

発表では、竹川容疑者は18日午前6時20分頃、勤務先の介護施設(広島市西区)の庭で入所者の女性(82)が頭から血を流して倒れているのを見つけながら、そのまま女性の部屋に運んだだけで手当てをせず、ベッドに放置した疑い。

同10時30分頃、別の職員が女性の様子がおかしいことに気づき、119番。女性は市内の病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。竹川容疑者は当時1人で勤務。女性は2階の自室から転落したとみられるという。


保護責任者遺棄容疑で
広島県警広島西署は19日、けがをした介護施設入所者をそのまま放置したとして、広島市南区東雲本町1、介護福祉士、竹川忠臣容疑者(32)を保護責任者遺棄容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は18日午前6時20分ごろ、同市西区古江東町の介護施設敷地内で、頭にけがをして倒れていた入所者の女性(82)を見つけたが、処置をせずにそのまま2階の女性の部屋のベッドに運び、放置したとしている。

県警によると、当時は夜勤時間帯で竹川容疑者1人が勤務中だった。同日午前10時半ごろ、出勤した同僚が女性の頭に血が付いているなどの異変に気付き、119番。搬送先の病院で死亡した。女性は2階の部屋の窓から誤って転落したと見られ、同署が死因や放置との関連を調べている。

施設には女性を含めて7人が入所し、職員10人が交代で介護を担当していた。

評価機関名  一般社団法人広島県シルバーサービス振興会
自己評価及び外部評価結果 平成26年10月10日  訪問調査日 平成26年9月25日
http://www.wam.go.jp/wamappl/hyoka/003hyoka/service/kaigo31.nsf/12657CF5573553A049257DB1000B8959/$File/%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%82%93%E3%81%95%E3%81%84%E5%8F%A4%E6%B1%9F.pdf?OpenElement


2015年5月21日

西区の介護施設でけがをした入所者の女性が放置され、病院搬送後に死亡した事件で、広島西署は20日、亡くなったのは西区古江東町、無職、堀江好江さん(82)だったと発表した。司法解剖の結果、死因は出血性ショックであることも判明した。

同署などによると、堀江さんは頭の外傷のほか、骨盤などを骨折しており、いずれも2階の窓から転落した際の傷とみられる。

また救命措置を取らなかったとして、保護責任者遺棄容疑で逮捕された介護福祉士の竹川忠臣容疑者(32)が、2階から転落したとみられる堀江さんのけがの状況などについて、発見直後、上司に正しく報告していなかった可能性が高いことも分かった。

同署は遺棄と死因との因果関係を調べ、保護責任者遺棄致死容疑も視野に捜査を進めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2015/05/23

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |