FC2ブログ
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.20 (Sat)

送迎事故*2人死亡・1人意識不明の重体

相変わらず送迎事故が多いぞ

あのな
何度も言ってるやろ
施設の送迎車は オマエん家の自家用車じゃないんです
他人を乗せてな 施設利用者はお客様や
簡単な気持ちで ドライブ感覚でハンドルを握るな っちゅうて言ってるやろ

19日午後4時15分ごろ、栃木県小山市西黒田の市道交差点で、栃木市大平町西野田、団体職員、舘野未奈弥さん(31)が運転するデイサービス施設送迎用の軽乗用車と、小山市東黒田、無職、神保美幸さん(40)の乗用車が出合い頭に衝突。送迎車の後部座席に乗っていた施設利用者の同市西黒田、無職、吉見マサさん(94)と、茨城県結城市結城、無職、大井坦子さん(89)が胸の骨を折るなどして死亡した。

助手席の小山市雨ケ谷、無職、中島仁吉さん(96)が腎臓破裂などで意識不明の重体。運転していた2人にけがはなかった。

栃木県警小山署によると、現場は信号機や一時停止の標識がない交差点で、送迎車は衝突のはずみで道路脇の畑に転落し、ひっくり返った。舘野さんは、利用者3人を自宅まで送り届ける途中だった。


自覚がない!
一時停止の表示がなくても徐行しろ!
信号のない交差点や三差路に入るときは
車やバイクや自転車が 右から左から突っ込んでくるぞ と危険予知しろ!
どちらが優先とか そんな言い訳するな!
他人を乗せて お客様である施設利用者を乗せてハンドルを握るからには
自覚をもって運転しろ!



医療法人社団 星野会

デイサービスセンター虹の郷
栃木県小山市西黒田300番地1



デイサービス送迎中に事故、2人死亡1人重体

19日午後4時15分ごろ、栃木県小山市西黒田の市道交差点で、市内のデイサービス施設から自宅に帰るお年寄り3人を乗せた軽乗用車と左から来た乗用車が出合い頭に衝突、お年寄り2人が死亡1人が意識不明の重体になった。現場には信号機がなく、県警小山署が事故原因を調べている。

署によると、軽乗用車を運転していたのは小山市の「デイサービスセンター虹の郷」の女性職員(31)=栃木市=で、小山市の無職女性(40)の車と衝突した。

死亡したのは軽乗用車の後部座席にいて現場近くに住む吉見マサさん(94)と茨城県結城市結城の大井坦子(ひろこ)さん(89)。重体は助手席にいた小山市雨ケ谷の中島仁吉さん(96)で、腰の骨が折れるなどしている。運転していた2人にけがはなかったという。署員が駆けつけた時、軽乗用車は道路わきの畑でひっくり返った状態だったという。




19日夕方、栃木県小山市の交差点でデイサービスから高齢者を送迎中の軽乗用車と乗用車が出合い頭に衝突し、送迎中の車に乗っていた高齢の女性2人が死亡し、男性1人も意識不明の重体。

19日午後4時すぎ、小山市西黒田の市道の交差点で、軽乗用車と乗用車が出合い頭に衝突した。

警察によると、この事故で軽乗用車に乗っていた茨城県結城市結城の大井坦子さん(89)と小山市西黒田の吉見マサさん(94)が胸の骨を折るなどして死亡したほか、小山市雨ヶ谷の中島仁吉さん(96)も、意識不明の重体だという。

この軽乗用車はデイサービスの送迎中で、3人は帰宅途中だった。現場は、信号機や一時停止の標識のない交差点で、警察が事故の状況や原因を詳しく調べている。


カーブミラーがあるので徐行していれば安全確認できた



19日、栃木県小山市の交差点で、デイサービスの送迎車とワンボックスカーが衝突し、送迎車に乗っていた高齢の女性2人が死亡し、男性1人が意識不明の重体。

午後4時すぎ、小山市西黒田の交差点で、デイサービス虹の郷の送迎車とワンボックスカーが出合い頭に衝突し、送迎車が横転した。この事故で、送迎車の後部座席に乗っていた吉見マサさん(94)と大井坦子さん(89)が胸などを強く打って死亡し、助手席に乗っていた中島仁吉さん(96)が意識不明の重体。

運転手2人にけがはなかった。

警察によると、送迎車は利用者を施設から自宅に送り届けている途中だったという。現場は信号機や一時停止線がない交差点で、警察が事故の原因を調べています。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/20

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.19 (Fri)

メチャクチャな解釈をする社会福祉法人まつど育成会

社会福祉法人まつど育成会
理事長 海津節子 ⇒ 八田正昭 (8月6日~
千葉県松戸市六実1-64 
設立 平成14年8月



計8220万円を返還請求

知的障害者支援施設 千葉県などから給付金を不正受給

千葉県松戸市にある知的障害者を支援する施設を運営する社会福祉法人が、実際には行っていない生活介護のサービスを行ったという申請をして、県などから給付金5870万円余りを不正に受け取っていたことがわかった。

不正に給付金を受け取っていたのは、松戸市にある知的障害者を支援する施設を運営する社会福祉法人まつど育成会。

松戸市によると、まつど育成会は、おととし4月までの3年間に、施設の利用者7人に実際には行っていない入浴や食事などの介護サービスを行ったという申請をし、国や県、それに松戸市から生活介護給付費合わせて5870万円余りを不正に受け取っていたということで、千葉県は先月、まつど育成会に対して改善勧告を出した。

これを受けて、支給業務を行う松戸市は今月、不正に受け取った給付金に加算金も加えた、およそ8220万円の返還を請求した。

まつど育成会の早坂裕実子常務理事は「制度の解釈を誤っていた。給付費を不正に受け取る結果となってしまい、大変申し訳なく思っている」と話していて、来月中に全額を返還する。


なんか よーわからんのやけど



実際には行っていない生活介護のサービスを行ったという申請した



制度の解釈を誤っていた ???



メチャクチャやな
こんなんで15年間 社会福祉法人として運営してきたんか?

社会福祉法人が生活介護給付金を不正受給 8220万円を返還請求 千葉・松戸市

千葉県松戸市は19日、障害者の支援施設や生活介護事業所を運営する社会福祉法人まつど育成会(松戸市)が、障害者らに生活介護サービスを提供した際の給付金約5870万円を不正受給していたと発表した。市は加算金を含む8220万円を返還請求しており、同会は「全額を返したい」としている。

松戸市などによると、同会は平成24年3月から27年4月にかけ、施設を利用していた計7人を廃棄物処理工場の仕分け作業に従事させた際、市には生活介護サービスを提供したと報告、給付金を受け取っていた。

27年3月、利用者の母親が障害者手帳の更新手続きをしたときに市職員が不正に気付き、市が調査していた。


社会福祉法人まつど育成会 理事長 八田正昭   平成29年5月26日 

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/08/19

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(7) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.19 (Fri)

つぶやき

記事の削除依頼がありました
本人かと思われる人物からと これに関連してFC2事務局からも

名前は削除しましたが
事故事件は事実なのでニュース記事は掲載します

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.19 (Fri)

やまゆり園の建て替え問題

もうエエかげん500人規模のコロニーでもつくれよ




「やまゆり園」建て替え 家族らが大規模施設を要望

46人が殺傷された「津久井やまゆり園」の入所者の家族らが、施設の建て替えを協議する県の有識者会議に出席し、従来と同じ大規模施設での建て替えを訴えました。

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」では、県が施設を建て替える方針を決めていますが、どのような施設にするかはまだ決まっていません。17日に開かれた建て替え案を検討する県の有識者会議には、入所者の家族らが出席し、これまで通りの大規模施設での建て替えの重要性を訴えました。

家族会・大月和真会長:「(Q.どういう施設が必要?)今の施設は必要だと思っています」

入所者の家族:「あそこが子どもたちの家だということをちゃんと分かってもらいたい。だって、何十年もあそこに住んでいるわけですよ」
一方で一部の障害者団体からは、大規模施設は障害者を地域から隔離することになるため、グループホームなど小規模な施設にすべきなどとする意見も出ています。県は夏ごろをめどに建て替え案を固めたいとしています。


11_z-xccdea2.jpg

現場での施設再建を強く要望=相模原殺傷事件で 入所者家族ら

相模原市で19人が殺害された事件の現場となった障害者施設「津久井やまゆり園」の建て替えなどを検討する神奈川県障害者施策審議会の専門部会が17日、同県庁で開かれ、入所者の家族が意見を述べた。

家族会の大月和真会長(67)らは、事件前のやまゆり園での入所者の生活を紹介した上で「津久井以外に現実的に建て替えの地はない。津久井だからこそ『事件に屈しない』という強いメッセージを発信できる」と話し、現場での同規模施設の再建を強く要望した。

同園を運営する社会福祉法人の職員らも出席し、「入所者や家族の思いに寄り添うのが大きな使命。その上で、戻りたい方が戻れる施設を造ってほしい」と同調した。

部会長の堀江まゆみ白梅学園大教授は「丁寧に議論を進めていきたい」と話し、会合の回数を増やし検討する考えを示した。

 
11_z-xccdea5.jpg

「やまゆり園」入所者 今後の暮らし考える集会が27日、相模原市産業会館で開かれる

殺傷事件が起きた相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」入所者の今後の暮らしについて考える集会が27日、同市中央区の市産業会館で開かれる。早稲田大学教授の岡部耕典さん、同園家族会前会長の尾野剛志さんが講演する。県内の障害者団体などでつくる実行委員会の主催。

岡部さんの息子は自閉症で、18歳の時に介助ヘルパーを利用しながらアパートで1人暮らしする道を選んだ。一方の尾野さんは、知的障害がある息子が殺傷事件に巻き込まれて重傷を負い、被害者家族の立場から発言を続けている。

実行委は「障害者が地域で自立生活していく潮流になっており、理想といえる。一方で、施設入所者やその親からは『何十年も慣れ親しんだ施設で再び平穏な日々を続けたい』との意見も出ている」と指摘。集会では岡部さんと尾野さんがそれぞれの立場や視点から障害者の暮らしについて提言、その後、会場の参加者も交えて当事者の人生や生活のあり方を議論する。

午後1時半から。資料代500円。車いす席や手話通訳、要約筆記などが必要な場合は、事前に問い合わせが必要。
問い合わせは、実行委の西定春さん。

オマエら参加せえよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/22

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.17 (Wed)

介護老人保健施設 沖永良部寿恵苑の損害賠償訴訟

医療法人慈心会
介護老人保健施設 沖永良部寿恵苑
鹿児島県大島郡和泊町和泊95-1

肺炎見落とし賠償命令 鹿児島の介護施設

介護老人保健施設「沖永良部寿恵苑」(鹿児島県和泊町)で2012年に入所男性=当時(61)=が死亡したのは、肺炎を発症したのに適切な病院に転院させなかったためとして、兵庫県尼崎市に住む妻が2750万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、鹿児島地裁は17日、施設側に1870万円の支払いを命じた。

判決によると、男性は12年9月14日、発熱など肺炎を疑わせる症状を発症し、併設の病院で抗生物質の投与を受けたが、4日後に肺炎で死亡した。





全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/17

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.17 (Wed)

鹿児島県大崎町で送迎車と乗用車が正面衝突

介護施設の送迎車が事故 高齢者2人死亡 鹿児島

17日午前、鹿児島県大崎町で介護施設の送迎車と乗用車が正面衝突し、デイサービスを利用するため送迎車に乗っていた86歳と81歳の女性が死亡した。

17日午前9時すぎ、大崎町野方の県道で、町内にある介護施設の送迎車と乗用車が正面衝突した。この事故で、送迎車の後部座席に乗っていた中倉アヤさん(86)と上檔節子さん(81)が病院に運ばれたが、首や胸の辺りを強く打っていて死亡した。また、送迎車を運転していた介護福祉士の61歳の女性が手や足の骨を折る大けがをし、乗用車に乗っていた女性2人もけがをした。

介護施設によると、送迎車はデイサービスを利用する中倉さんと上まてさんをそれぞれの自宅に迎えに行き、2人を乗せて施設に向かう途中だったという。現場は見通しのよい直線道路で、警察が事故の原因を詳しく調べている。

介護施設を運営する医療法人の理事長は「何の落ち度もない2人の利用者のかたが亡くなり、ご本人とご家族に対し大変申し訳ないと思っています」と話している。




17日午前9時過ぎ、大崎町野方の県道で軽乗用車がセンターラインをはみ出し、対向してきた普通乗用車と正面衝突した。この事故で、軽乗用車に乗っていた大崎町永吉の中倉アヤさん(86)と上まて節子さん(81)が死亡した。

軽乗用車を運転していた介護福祉士の関谷久美子さん(61)も手や足を骨折する重傷。普通乗用車に乗っていた女性2人も、全身を打撲するケガをした。関谷さんは、中倉さんと上まてさんを、デイケアのため大崎町内の介護施設に送る途中だった。

警察が事故の原因を調べている。この事故を受け、介護施設の事務長は「職員が起こした事故で大変申し訳ない。事故防止のための対策を今後、徹底していきたい」とコメントしている。




全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/17

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.17 (Wed)

交差点内の右折時*送迎死亡事故



介護施設の送迎車と乗用車が衝突 お年寄りが死亡 5月14日

長野市内でおととい介護施設の送迎車と乗用車が交差点で衝突する事故があり、けがをして病院で手当てを受けていたお年寄りが昨夜、亡くなった。

事故はおとといの朝、長野市安茂里小市の県道交差点で、右折しようとした介護老人保健施設の送迎車と、前から来た乗用車が衝突した。この事故で、送迎車に乗っていた施設の利用者で近くの無職、野沢吉永さん89歳がけがをして市内の病院に運ばれ手当てを受けていたが、昨夜8時過ぎ硬膜下血腫のため死亡した。

この事故では送迎車に乗っていた施設の利用者女性81歳と、乗用車を運転していた千曲市杭瀬下のパート従業員阿部美沙紀さん39歳も軽いけがをした。送迎車を運転していた38歳の男性に怪我はなかった。
現場は信号機のある交差点で警察で事故の原因を調べている。



信号機のある交差点での右折車は
十分に危険を予知しなければならない
右折車の過失割合は高いぞ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/18

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.16 (Tue)

株式会社マエカワケアサービス行政処分

横須賀市は、介護報酬の不正請求などを理由に、市内のリハビリデイ事業所を4月28日から6カ月間の指定の全部の効力の停止処分とした。
不正請求は、看護職員の人員基準欠如減算を行わない、個別機能訓練加算を不正に請求するなど多岐にわたり、確認された不正請求額は、約134万円にのぼる。
同事業所は、指定居宅サービス・指定介護予防サービスのほか、介護予防・日常生活支援総合事業指定事業者の指定も停止となる。



■事業者名
株式会社マエカワケアサービス
■事業所名
リハビリデイセンター悠林
神奈川県横須賀市林2-1-31

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/16

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.16 (Tue)

広島市の有限会社ワイプランニングと有限会社愛ハート行政処分

広島市は、介護報酬の不正請求などを理由に、市内の訪問看護ステーションと居宅介護支援事業所の指定を取り消すことを発表した。
広島市は、加算金も含め、訪問看護ステーションに介護保険分1,227万4,522円、生活保護分14万1,334円 居宅介護支援事業所に90万2,158円の返還を求める。


有限会社ワイプランニング
代表者 取締役 重松靖久

訪問看護ステーションマロン
広島市東区戸坂新町一丁目5番31号

処分の概要
指定取消
処分理由 不正な手段により指定を受けたこと

処分の原因となる事実
指定を受けていた場所とは別の場所で、当該事業所の管理者や看護師が常時勤務し、サービスの提供の記録の保管や介護報酬の請求業務を始めとする指定訪問看護業務を行っていたにも関わらず、平成28年5月11日付けの指定更新申請書(指定更新日:平成28年7月1日)に、実際には使用していない備品等の写真や賃貸借契約書の写し等を添付するなど、事実とは異なる虚偽の指定更新申請書を本市に提出し、不正の手段により指定の更新を受けた。

徴収金
介護保険:1,227万4,522円
生活保護:14万1,334円

不正請求額
介護保険:876万7,516円
生活保護:10万953円

加算金
介護保険:350万7,006円
生活保護:4万381円



有限会社愛ハート
代表者 代表取締役 川村美和子

愛ハート居宅介護支援事業所
広島市東区戸坂大上四丁目1番13号

処分の概要
指定取消
処分理由
(1)運営基準違反 (2)不正請求 (3)虚偽の報告

処分の原因となる事実
(1)平成28年3月の実地指導において、モニタリング(居宅サービス計画の実施状況の把握)の実施について文書指導を受け、改善報告書を提出したにも関わらず、平成28年11月の通報により、平成28年3月以降、1名の利用者について、モニタリングを行っておらず、また、7名の利用者について、モニタリングの結果を記録していなかったことが判明した。
(2)運営基準違反に該当する場合、運営基準減算を行う必要があるにも関わらず、不正に当該減算を免れた。
(3)平成28年12月26日の実地検査時点で作成していなかったモニタリングの結果の記録を偽造し、平成29年1月4日に本市へ報告した。

徴収金
90万2,158円

不正請求額
64万4,399円

加算金
25万7,759円

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/16

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.16 (Tue)

またか社会福祉法人一条協会*もうダメぽ

い つ ま で も 改 善 で き な い
社会福祉法人一条協会



逃げとんのか!

理事長 高知県議会議員 土森正典 71歳
高知県 県議選 当選回数 9回


障害児施設でまた虐待 小6女児の髪引っ張る

高知県四万十市の障害児施設「わかふじ寮」で3月、当時小6で、精神的な障害のある女児に対し職員が髪を引っ張る虐待をしていたことが16日、施設を運営する社会福祉法人「一条協会」などへの取材で分かった。

施設では昨年4~10月、利用者をたたくなどの虐待が6件あった。
同法人によると3月1日午前6時半ごろ、女児が着替えなどでぐずったため60代の女性職員が髪を引っ張った。女児にけがはない。

防犯カメラの映像を確認していた別の職員が施設に報告し発覚した。職員は「大変なことをして申し訳ない」と話しているという。
県は職員への聞き取りや立ち入り調査を行い、4月18日に身体的虐待と認定。翌19日付で改善勧告を出した。



入所者虐待疑いで立入調査 高知の障害児施設 2016年12月14日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3142.html

過去にも こんな虐待事案が
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3142.html

障害者施設で虐待、職員がトイレで男性の腕たたく 高知 2016年6月17日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2842.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/16

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.16 (Tue)

もともと性悪な人間だったのだ

そやけど
近頃はこの程度で警察沙汰になるんか (すみません この程度で ・・・
数年ほど前までは 知的障害のある女性にワイセツな行為をして
警察が介入することなんて考えられなかった
おおかたの施設では有耶無耶にしてきたよな





広島市南区宇品御幸の向井拓哉22歳
4月に入職

26日と27日に犯行

5月2日に懲戒解雇

もともと性悪な人間だったのだ
広島市南区宇品御幸の向井拓哉22歳



入所女性にわいせつ行為か 知的障害者施設職員だった男逮捕

広島県内にある知的障害者施設で、入所者の10代の女性にいかがわしい行為をしたとして、元職員の男が警察に逮捕された。
逮捕されたのは、県内の障害者施設の元職員・向井拓哉容疑者。

警察によると向井容疑者は、4月26日と27日、当時勤務していた障害者施設で入所者の知的障害がある10代の女性に対し、いかがわしい行為をした疑いがもたれている。

施設の関係者から向井容疑者の犯行を目撃したという相談があり、発覚した。
向井容疑者は、取り調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

警察が、動機や余罪について詳しく調べている。
施設の理事長によると、施設は5月2日付けで向井容疑者を懲戒解雇したという。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/16

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.16 (Tue)

障害者グループホーム全焼*長浜市

NPO法人 こほく自立応援センター
こほく自立ホーム
管理者 本田智見
滋賀県長浜市内保町83

障害者のグループホーム全焼、入所者にけが人なし

16日午前1時10分ごろ、滋賀県長浜市内保町の障害者のグループホーム「こほく自立ホーム」から出火、木造2階建て延べ約280平方メートルが全焼した。けが人はなかった。

滋賀県警長浜署などによると、出火当時、入所者4人と職員1人がいたが、全員避難したという。

近所に住む女性は「火柱のように燃え上がって火の粉も降り、怖かった。すぐそばにガソリンスタンドがあるので、引火しないか心配だった」と話した。

出火元は1階とみられ、同署が出火原因などを調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/22

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.14 (Sun)

おめでとう*名古屋第二赤十字病院の伊藤明子さん


名古屋の女性看護師が受章 ナイチンゲール記章

日本赤十字社は12日、2年に1度、世界各国で顕著な功績があった看護師らに贈られるフローレンス・ナイチンゲール記章を、名古屋第二赤十字病院看護部長の伊藤明子さん(58)=名古屋市=が受章したと発表した。

伊藤さんは、紛争地域を含む数々の現場で、さまざまな国や地域から派遣される医師、看護師の医療チームを束ねた。

豊富な経験を生かし、東日本大震災や熊本地震でも、被災した医療施設を支援するコーディネーターとして活動した。こうした実績を、赤十字国際委員会が評価した。

今回は世界22カ国の39人が受章し、受章者総数は1488人になった。日本の受章者は伊藤さんを含む108人となり、最多。授与式は年内に行われ、日本赤十字社名誉総裁の皇后さまが出席される。


第46 回フローレンス・ナイチンゲール記章
名古屋第二赤十字病院の伊藤明子看護部長が受章
http://www.nagoya2.jrc.or.jp/content/uploads/2017/05/press-release0512.pdf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/14

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.14 (Sun)

良心に恥じるぞ*京都府立医科大学附属病院の34歳男医師

フェア
fair
公明正大
良心に恥じないオコナイをする



フェアな心と行動で医療に貢献します

平成29年4月1日より病院長を拝命しました。京都府立医科大学は明治5 年に京都市東山区粟田口の青蓮院内に設立された京都療病院として誕生し、今年で145 年目を迎えます。本院では、35 の診療科、1400 人を超えるスタッフが「世界トップレベルの医療を地域へ」という理念の下で、創立以来変わることなく、皆様の健康を支えています。本院は、「都道府県がん診療連携拠点病院」や、「小児がん拠点病院」、「緩和ケア病棟」、そしてまもなく完成予定の「永守記念最先端がん治療研究センター」などの先端的な医療をはじめとして、すべての診療部門で質の高い安心安全の医療を提供しています。

一方、今年2 月に本院が家宅捜索を受けたことから、患者様はもとより、皆様にご心配をおかけしたことは大変遺憾なことです。
職員一同粛々と日々の診療に取り組んでいますが、今後はなお一層フェアな心と行動で皆様の信頼を回復するよう努めてまいります。

京都府立医科大学附属病院
病院長 北脇城



フェア じゃねぇだろ

飲食店で女性の顔たたき首絞めた疑い、医師逮捕

京都府警上京署は14日、京都府立医科大付属病院(京都市上京区)に勤務する大阪市鶴見区、医師の男(34)を傷害容疑で現行犯逮捕した。

発表では、男は14日午前0時50分頃、京都市上京区内の飲食店で、同店アルバイト女性(62)の右頬付近をたたき、背後から両手で首を絞めて首などに軽傷を負わせた疑い。男は友人と計4人で来店し、店内で服を脱ごうとした友人を注意したアルバイト女性に腹を立てたという。飲酒しており、「たたいたことは覚えていないが、首を絞めてけがをさせたことは間違いない」と供述しているという。




京都府立医科大学附属病院の医師が飲食店で従業員の女性の首を絞めてけがをさせた疑いで逮捕された。
逮捕されたのは京都府立医科大学附属病院の医師・中河秀生容疑者(34)。

14日午前0時50分ごろ、京都市内の飲食店で従業員の女性(62)の頬を叩き両手で首を絞める暴行を加え、軽いけがをさせた疑いが持たれている。

中河容疑者は友人3人とこの店を訪れていて、友人の一人が酒に酔って服を脱ごうとしたところ、この女性に注意されたことに腹を立てて犯行に及んだとみられる。
中河容疑者も酒に酔った状態だったということで、警察の調べに対して大筋で容疑を認めている。


酒が原因で ・・・ 


京都府立医科大学附属病院の医師が、飲食店で酒に酔って従業員に首を絞めるなどの暴行をしたとして、逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、京都府立医科大学附属病院の泌尿器科に勤務する、中河秀生容疑者(34)。

中河容疑者は午前1時ごろ、京都市上京区にある飲食店で、従業員の女性(62)の顔を平手で殴ったうえ首を絞め、軽傷を負わせた疑いがもたれている。警察によると、中河容疑者は休日に友人4人とこの飲食店で酒を飲んでいて、酔った友人男性の1人が服を脱ぎ始めたことを従業員の女性から注意され、腹をたてて殴りかかったという。警察の調べに対し、「間違いない」と容疑を認めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/14

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.14 (Sun)

社会に貢献する*地道に活動している団体が困っているぞ

我々の税金で運営されている社会福祉法人
その運営資金を
市議会議員とか県議会議員や府議会議員とか都議会議員や国会議員とか
ワケのわからん団体に運営資金を寄付しよる
そのような人達や団体に金を寄付したいのなら己のポケットから出せよ
法人の運営資金の使い道もわからん連中に運営を任せられんワ
解散せえ!

社会福祉法人の使命である公共性があり 社会に貢献しなければならない

こう言うことやろ
フードバンク活動

オマエらの施設もココでお世話になってるやろ
ワケのわからんとこにお金を寄付するのなら
地道に活動している団体に寄付せえよな


オマエらの施設もココでお世話になってるやろ
この慈善団体が困っているゾ
今こそ オマエらが恩返しするときやぞ

「善意の食事」運営危機 資金難、倉庫確保難航 芦屋

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/14

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.14 (Sun)

90代の施設入居者のキャッシュカードを盗んで100万円を引き出す

情報ありがとう

老人施設運営者逮捕 窃盗の疑い 5月1日

ことし2月、函館市の老人介護施設で入居していた男性のキャッシュカードを使って銀行口座から現金100万円を無断で引き出し盗んだとして施設の共同運営者の男が逮捕された。

逮捕されたのは、函館市の老人介護施設の共同運営者、松村博文容疑者(39歳)。
警察の調べによりますと、松村容疑者はことし2月、施設に入居している90代の男性のキャッシュカードを使って銀行口座から現金100万円を無断で引き出し、盗んだ疑いがもたれている。

男性の家族が1度に100万円が引き出されているのを不審に思って警察に相談し、警察が調べたところ、松村容疑者と見られる男が男性の口座から現金を引き出す様子が銀行のATMの防犯カメラにうつっていたという。
調べに対し、松村容疑者は、容疑を認めている。

警察によると、男性のキャッシュカードはふだんは施設の自分の部屋で保管していた。
警察は松村容疑者がキャッシュカードをどのように持ち出し、どうして暗証番号を知ったのかなど詳しい経緯などを調べている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/14

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.14 (Sun)

つぶやき

アホの吉本のお笑い芸人
ガリガリガリクソン 本名・坂本祐介

飲み屋で濃いめのハイボールを5、6杯飲んだ

酒気帯び だとさ

このアホの吉本のお笑い芸人のガリガリガリクソン 本名・坂本祐介
たぶん
公共の電波から消えるだろな
1年間ぐらい

って言うか
消えてもらいたいワ

酒を飲んで車を運転する常識のない輩は社会から消えてくれ

Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.14 (Sun)

社会福祉法人ハッピーステーション*理事長:中井 均

社会福祉法人ハッピーステーション
・障害児通所支援事業
・障害福祉サービス事業
・移動支援事業
和歌山県和歌山市米屋町3番地ぶらくり丁ブリスビル1F
理事長 中井 均




政治献金に150万円流用 和歌山の社会福祉法人 

和歌山市の社会福祉法人ハッピーステーションが昨年、会計責任者を法人理事長が務める政治団体への献金として、法人会計から150万円を流用していたことが13日、市への取材で分かった。補助金や税制上の優遇措置がある社会福祉法人は、法人外への資金拠出を厚生労働省が通知で禁じており、通知に違反した形だ。

市によると、ハッピーステーションは昨年1月、介護福祉業者でつくる政治団体「和歌山県介護福祉連盟」に、法人名義で150万円を献金。市は厚労省の通知に違反するとして、法人会計への戻し入れを求め、法人は同9月に応じた。

政治資金規正法は労働組合や職員団体、その他の団体が政党や政治資金団体以外に献金することを禁じている。総務省は、社会福祉法人の献金はこの規定にも抵触する可能性があるとしている。

また、この法人は2013年度にも県外の社会福祉法人やNPOに計38万円の寄付をしていたことが、市の監査で発覚。市指導監査課の担当者は「監査で2回続けて指摘を受けており、誠に遺憾だ」と指摘した。

法人理事長は共同通信の取材に対し、法人を通じて「多忙のため取材には対応できない」と回答した。


ドコでもヤってるんちゃう

バカ正直に 和歌山県介護福祉連盟へ寄付しました って ・・・ そうやろ

寄付金の名目を 適当にするとか ・・・ 
ドコでもヤってるやろ



医療法人甃友会
理事長 中井 甃
和歌山市秋月535-2

15-mkk799nnn.jpg


社会福祉法人ハッピーステーション 現況報告書 ⇒ http://goo.gl/GBKjCA




全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/14

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.13 (Sat)

もうアレだな*反社会的行動 ⇒ 罰を受ければ ⇒ 資格を剥奪

しっかしやな
なんやねん
ほんまに
近頃の医療福祉介護の現場で働く
脳はあるけれど
能がない従事者たち

自分が反社会的人間なのか

己で判断できんわな



以前に当ブログで書いた
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2839.html

自分が反社会的人間かどうか把握できる
あなたの社会性がわかる16の質問


先月 広島県内の知的障害者施設で20代の男性職員が利用者の10代の女子にわいせつな行為をして懲戒解雇された
社会福祉法人の理事長は職員の採用面接の方法を見直すと ・・・
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3455.html
こんなんエエんちゃうか 採用試験に出してみろよ
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.12 (Fri)

もっと問題提起してくれ*福祉法人の闇






障がい者支援NPO法人「5億円は私的流用でない」

人件費として計上した5億円を私的に流用したとして追徴課税された兵庫県西宮市のNPO法人が会見を開き、「私的流用はしていない」と主張した。

関係者によると、障がい者らの就労を支援するNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」は、去年までの6年間に障がい者らの人件費として約5億円を計上していたが、実際には理事長の父親が私的流用したとみられることから大阪国税局が課税対象にあたる「給与」と認定し、追徴課税した。

これに対してNPO側が11日会見を開き「指摘された金は人件費として誤って処理されてしまった。多くは借り入れした金で一部の地方議員らに騙されて手渡した。課税対象にはならない」と税務署に再調査を依頼したと主張しました。




政治家に渡した

兵庫県西宮市のNPO法人が大阪国税局の税務調査を受け、経費計上した約5億円を理事長の父親が私的流用した可能性が高いと指摘された問題で、法人側は11日に記者会見し、「父親は私的流用しておらず、金は事業の保全と拡大のため、政治家らに渡した」と主張した。

この法人は、障害者らの就労支援事業を展開する西宮障害者雇用支援センター協会(寺下篤史理事長)。

大阪国税局は約5億円を課税対象となる父親の「給与」と認定し、所得税の源泉徴収漏れを指摘したうえで、協会に重加算税を含め約2億8千万円を追徴課税したという。一方、協会は指摘を不服として3月に再調査を請求した。

一連の問題では、4月20日発売の週刊新潮が西宮市議や元兵庫県議ら3人に多額の現金が渡っていたと報道。寺下理事長は会見で「父親を通じ、(3人に)手渡した」と説明し、主に借金して捻出したと述べた。また、代理人の弁護士は、市議らについて強要と恐喝、詐欺の容疑で大阪地検特捜部に告訴状を郵送したことを明らかにした。

会見後、3人のうち経営コンサルタントの男性は「事実無根。過去にコンサルタント料約300万円を受け取ったが正当な報酬で、告訴には納得できない」と話した。


>父は事業の保全や拡大のため政治家に渡した
それこそ大問題やろ
我々の税金を
己の事業の保全や拡大のために政治家に渡した?
問題だろ
そもそも
なんでそんな何億もの金が浮くんやろ
あぶく銭か?

なんかアレだな
言いかえれば それだけのお金を 己たちの 寺下一族の所得にできるんやろな
夢工房の黒石一族みたいにな

税務署が再調査

大阪国税局から約5億円の源泉所得税の納付漏れを指摘された西宮市のNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」の寺下篤史理事長らが11日、同市内で記者会見し、「西宮税務署に再調査してもらっている」と正当性を主張した。誤った費目で計上したため課税されたが、本来は所得税の対象にならない、と釈明している。

国税局は経費計上された約5億円を寺下理事長の父親が私的流用したとし、事実上の給与に当たると認定、重加算税を含めた追徴税額は約2億8000万円に上るとみられる。寺下理事長は「私的流用はなく、障害者に支払われる報酬を流用してもいない。父は事業の保全や拡大のため政治家に渡した、と話している」と反論した。

会見に同席した協会側の弁護士は「西宮税務署から、『雑給』として処理していた部分についての所得税が源泉徴収されていない、と指摘された。ニセ税理士が雑給として処理したためで、本来は所得税がかからない」と説明した。

また、事業保全を巡って接触のあった複数の政治家らを恐喝罪などで訴える告発状を、大阪地検に郵送したことも明らかにした。


5億円を私的流用か、兵庫のNPOに追徴課税 国税指摘 3月31日
西宮のNPO5億円流用 20年以上巨額随意契約
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3395.html

ところが なんと とんでもないことに進展

5億円脱税のNPO理事長が激白、障害者支援金にたかった政治家 5月2日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3443.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/12

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(2) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
PREV  | BLOGTOP |  NEXT