FC2ブログ
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.08 (Mon)

飲んだら運転するな!*また飯田市立病院

飲んだら乗るな!

飲んだら運転するな!


飯田市立病院の女性看護師を検挙 酒気帯び運転

飯田市立病院(飯田市八幡町)は4日、看護部の女性看護師(50)が道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で県警飯田署に検挙されたと発表した。

看護師は5月3日午後9時半ごろから飯田市内の飲食店でビールをジョッキで2杯飲み、運転代行業者を使って自宅から100メートルのところまで戻ったが、残りの距離は自分で車を運転。帰宅したところで、警察の職務質問を受け、基準を超えるアルコールが検出された。

看護師は「深夜で代行とのやりとりが近所迷惑になると思い、自宅まで運転してしまった。申し訳ないことをした」と話しているという。堀米直人院長は「重大な事態を招き、市民に申し訳ない」と陳謝した。



>重大な事態を招き
そのとおりです
飲酒運転は重大な犯罪です

⇒ 介護士が前夜に飲み過ぎて酒が残ったまま介護する (重大な犯罪です
⇒ 介護士が利用者を叩く蹴る殴る (重大な犯罪です
⇒ 施設 福祉法人が不正受給をする (重大な犯罪です
でもね そんなレベルじゃないんですよ

飲酒運転は重大な事故を招くんです
ヘタすると飲酒運転が原因でたくさんの人を死傷させるんです

車は凶器なんです


午後9時半~ ビールをジョッキで2杯飲む

運転代行業者を使って帰宅する

なぜか 自宅から100メートルのところで運転代行を降車 自分で車を運転して帰る

何故か 自宅前で警察の職務質問を受ける ???

勝手に考察する
1. 飲食店の従業員がチクった?
2. 運転代行業者がチクる?
3. たまたまオマワリさんが其処にいた ・・・


飯田市立病院医師、酒気帯び運転の疑いで逮捕 2016年9月6日

長野県警飯田署は5日深夜、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県飯田市立病院の医師、宮崎暁容疑者(31)=同市鼎名古熊=を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は5日午後10時55分ごろ、飯田市八幡町の国道153号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

同署によると、宮崎容疑者は同病院近くの信号機のある交差点で、40代女性が運転する普通乗用車に出会い頭で衝突する事故を起こした。通報で駆け付けた署員による呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。女性は軽傷を負った。宮崎容疑者にはけがはなかったという。

飯田市立病院によれば宮崎容疑者は昨年10月、同病院に外科医として着任し、9月末に別の病院に異動する予定だった。5日夜に病院内で開かれた送別会で飲酒後、約1キロ離れた自宅に帰るためにハンドルを握ったとみられるという。飯田市が処分について検討している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/08

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.08 (Mon)

株式会社銘和+ケアサービス和み=行政処分

株式会社銘和

業種
繊維・衣服製造業

業務内容
紳士服、婦人バッグ、小物類、製造、販売、不動産賃貸、介護付老人ホーム経営


指定介護保険事業者及び指定障がい福祉サービス事業者の指定の取消し並びに介護給付費の返還請求について

大阪市では、介護保険法及び障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(以下「障害者総合支援法」という。)の規定に基づき、次の事業所に対し監査を実施したところ、介護給付費を不正に請求し受領していたことが判明しました。

大阪市としては、平成29年4月30日付けで、当該事業者の介護保険事業所及び障がい福祉サービス事業所の指定の取消しを行い、不正に請求し受領していた介護給付費324,300円(概算)の返還を求めます。


1 対象事業所
(1)事業所名称
ケアサービス和み

(2)所在地
大阪市城東区東中浜三丁目16番15号 銘和ビル2階 

(3)サービス種別及び指定年月日
《介護保険法》
訪問介護:平成21年11月1日 指定
介護予防訪問介護:平成21年11月1日 指定                                      
介護予防型訪問サービス:平成29年4月1日 指定

《障害者総合支援法》
居宅介護:平成21年11月1日 指定
重度訪問介護:平成21年11月1日 指定

(4)法人名
株式会社銘和(代表取締役 金本俊通)


2 処分内容及び処分理由
(1)処分内容
指定の取消し 平成29年4月30日

(2)処分理由
《介護保険法による事業について》

【訪問介護】
〇不正請求
• 利用者5人に対して、平成27年5月から平成28年4月までの間、一部のサービス提供を行っていないにもかかわらず、サービス 提供記録を虚偽作成し、介護報酬を不正に請求し、受領した。

〇介護保険法その他法令違反
.•訪問介護事業と一体的に運営する障がい福祉サービス事業において、介護給付費の請求に関する不正又は著しく不当な行為等が行われた。
.
【介護予防訪問介護】
〇介護保険法その他法令違反
.•介護予防訪問介護事業と一体的に運営する訪問介護事業及び障がい福祉サービス事業において、介護給付費の請求に関する不正又は著しく不当な行為等が行われた。
.
【介護予防型訪問サービス】
〇介護保険法その他法令違反
• 介護予防型訪問サービスと一体的に運営する訪問介護事業及び障がい福祉サービス事業において、介護給付費に関する不正又は著しく不当な行為等が行われた。

≪障害者総合支援法による事業について≫

【居宅介護】
〇不正請求 
.•利用者4人に対し、平成26年1月から平成28年2月までの間、一部のサービス提供を行っていないにもかかわらず、サービスを行ったかのようにサービス提供記録を虚偽作成し、介護給付費を不正に請求し、受領した。
.
〇不正又は著しく不当な行為
.•実際にはサービス提供を行っていないにもかかわらず、サービス提供を行ったかのようにサービス提供記録を虚偽作成した。 
.
〇その他法令違反
.•居宅介護事業と一体的に運営する介護保険事業において、介護給付費の請求に関する不正が行われた。
.
【重度訪問介護】
〇障害者総合支援法その他法令違反
.•重度訪問介護事業と一体的に運営する居宅介護事業及び介護保険事業において、介護給付費の請求に関する不正及び障がい福祉サービスに関する不正又は著しく不当な行為等が行われた。
.
3 経済上の措置
不正に請求し受領していた介護給付費を返還させるほか、介護保険法第22条第3項及び障害者総合支援法第8条第2項の規定により当該返還金額に100分の40を乗じて得た加算額を支払わせます。

〇返還金合計(概算)
324,300円(不正請求額 231,643円、加算額 92,657円)

【内訳】
《介護保険法の規定による返還金》
訪問介護:225,624円(不正請求額 161,160円、加算額 64,464円)
返還を求める期間:平成27年5月から平成28年4月まで
※介護予防訪問介護、介護予防型訪問サービスの返還金はありません。

《障害者総合支援法の規定による返還金》
居宅介護:98,676円(不正請求額 70,483円、加算額 28,193円)
返還を求める期間:平成26年1月から平成28年2月まで
※重度訪問介護の返還金はありません。
寝屋川市・東大阪市において不正に請求し受領していた介護給付費を返還させるため、寝屋川市・東大阪市に通知します。

〇他市返還金(概算)

<寝屋川市>
≪介護保険法の規定による返還金≫ 請求額(介護給付費) 3,000円(概算)

<東大阪市>
≪介護保険法の規定による返還金≫ 請求額(介護給付費) 9,000円(概算)

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.08 (Mon)

ハーモニー訪問看護ステーション行政処分

指定介護保険事業者の指定の一部の効力の停止について

大阪市では、介護保険法(平成9年法律第123号)(以下「法」という。)の規定に基づき、次の事業所に対し監査を実施したところ、不適切な運営が行われていることが判明しました。

平成27年9月から平成28年6月までの間、当該法人から依頼を受けた他の法人の従業者がサービス提供を行ったものであり、大阪市としては、平成29年4月30日付けで当該事業所の指定の一部の効力の停止を行います。なお、豊中市・西宮市において不適切な運営を行い受領していた介護給付費を返還させるため、豊中市・西宮市に通知します。


対象事業所
(1) 事業所名称  
ハーモニー訪問看護ステーション

(2) 所在地    
大阪府大阪市北区東天満一丁目11番13号 AXIS南森町ビル901号 

(3) サービス種別及び指定年月日
訪問看護・介護予防訪問看護:平成26年4月1日

(4) 運営法人     
株式会社総合医療サービスハーモニー(代表取締役 沼津 博樹)

処分内容及び処分理由

(1)処分内容
指定の一部の効力の停止3か月(平成29年5月1日から平成29年7月31日までの間)
・3か月間の新規利用者の受入れ停止
・3か月間の介護報酬請求を20%減額

(2)処分理由
【訪問看護】
〇介護給付費の不適切な請求
・利用者8名について、平成27年9月から平成28年6月までの間、従業者の確保が難しかったので、株式会社総合医療サービスハーモニーが他の法人にサービス提供を依頼し、他の法人の従業員がサービス提供を行った。
・株式会社総合医療サービスハーモニーは自らサービスを行ったとして介護給付費を請求し、受領した。

【介護予防訪問看護】
〇介護保険法その他法令違反
・介護予防訪問看護事業と一体的に運営されている訪問看護事業において、介護給付費の請求に関する不適切な請求が行われた。

経済上の措置
平成27年9月から平成28年6月までの期間において、不適切な運営により請求し受領していた介護給付費を返還させるため、豊中市・西宮市に通知する。

<豊中市>
請求額(介護給付費)   1,056,000 円(概算)

<西宮市>
請求額(介護給付費)    277,000 円(概算)

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |