FC2ブログ
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.11 (Thu)

特定非営利活動法人プラーナ*指定取消し

特定非営利活動法人プラーナ
大分県大分市金池町3丁目3番9-1404号

障害者相談支援事業所が不正受給

大分市の障害者相談支援事業所が必要な書類を作成せずに、給付金およそ190万円を不正受給していたことがわかり、市は事業所を指定取り消し処分とた。

処分を受けたのは大分市金池町の「特定非営利活動法人プラーナ」。

市によると、プラーナが運営する障害者相談支援事業所は2013年11月から去年9月にかけてサービスを実施した際、法律で定められた必要な書類を作成せず、給付金を請求していた。

おととし、市がこの事業所を定期指導した際に書類の不備を見つけ、聞き取り調査をした結果、不正が発覚した。プラーナが不正に受給した件数は133件、194万5000円余りに上り、市は加算金を含め全額返還するよう求めている。市の調査に対してプラーナの代表は「内部でのチェック機能が働いていなかった」と話している。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/11

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2017.05.11 (Thu)

何者かに首を絞められ ・・・*老人施設で殺人事件

社会福祉法人長和福祉会
兵庫県姫路市広畑区小松町2丁目66-28

介護老人保健施設 こころ上牧
奈良県北葛城郡上牧町上牧2768−2



97歳女性、首絞められ殺害 奈良の介護老人保健施設

10日午前3時20分ごろ、奈良県上牧町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」で、入所者の森本ミツヱさん(97)がベッドのそばで倒れているのを巡回中の男性介護士(54)が見つけた。死亡が確認され、司法解剖の結果、首を絞められた窒息死と判明。県警は殺人事件とみて11日に西和署に捜査本部を設置した。捜査関係者によると、ひものようなもので絞められたとみられる。

県警によると、森本さんは5階建て施設の4階の個室で、ベッドのそばの床に横向きで倒れていた。個室のドアは施錠されておらず、室内を荒らされた形跡や盗まれたものはなかった。

森本さんは車いすで生活し、要介護3の認定。抵抗できない状態で殺害されたとみられる。

施設には当時、森本さんを含め75人が入所し、5人の介護士や看護師がいた。死亡推定時刻は10日午前0~3時ごろ。男性介護士が同1時ごろに見回った際は、ベッドで眠っていたという。

入所者の部屋は2~5階。各階に職員1人が泊まり勤務をしており、定期的に巡回する。表玄関は施錠され、勝手口や内部の階段を使うためのドア、エレベーターは暗証番号を知っている職員しか使えない仕組み。職員の一人は「入所者間のトラブルは把握していない。施設内に防犯カメラがなく当時の様子を調べるのは難しい」と話した。

現場は、近鉄田原本線の池部駅から約1・7キロ南西にあり、住宅や畑などが点在する地域。




殺人容疑で捜査

10日午前3時20分ごろ、奈良県上牧町上牧の介護老人保健施設「こころ上牧」で、入所している森本ミツヱさん(97)が自室のベッド脇の床に転落しているのを巡回していた職員が見つけ、119番通報した。森本さんは死亡しており、司法解剖の結果、首を絞められたことによる窒息死と判明。県警は殺人事件として捜査を始めた。建物は夜間は施錠され、外部からの侵入は難しいという。

県警などによると、施設は兵庫県姫路市の社会福祉法人長和福祉会が運営し、75人が入所。5階建ての建物で2階以上に入所者用の居室がある。

森本さんは2010年1月に入所。ベッドには転落防止用の柵が付いているが、発見時、森本さんは身体の左側を下にした状態で床に横たわっていた。争ったような跡はなかった。普段は車椅子で生活していた。

職員は夜間、2時間ごとに施設内を見回り、10日午前1時ごろには異常はなかった。ほとんどの利用者が鍵を掛けていなかったという。建物は午後6時以降は施錠され、施設に連絡しないと入れない仕組み。外部から侵入された形跡はなかった。


15_mmak2-alc9.jpg

外部から侵入形跡なし、97歳女性の部屋は無施錠

奈良県上牧町の介護老人保健施設「こころ上牧」で入所者の森本ミツヱさん(97)が殺害された事件で、森本さんの死亡推定時刻は10日午前0~3時ごろで、その時間帯に外部から施設に人が入った形跡は確認されていないことが、捜査関係者などへの取材で分かった。

関係者などによると、施設の出入り口は午後6時~午前8時半までオートロックで施錠。中から解錠しなければ開かない仕組みで、当時勤務していた5人の職員は、いずれも解錠操作はしていないという。

また、内部階段を使うためのドアも夜間は施錠され、エレベーターは、職員しか知らない暗証番号を入力しなければ使用できない。入所者も夜間は単独で別のフロアに移動できないといい、県警は施設関係者や入所者を中心に詳しく事情を聴いている。

県警などによると、事件当時は入所者の居室がある2~5階のサービスステーションで各階担当の介護士1人ずつが待機し、随時居室を巡回。女性看護師(29)は必要に応じて各階を移動していた。

関係者によると、森本さんは同町出身で平成22年1月に入所し、4階居室で生活。車いすを使っていたが自力操作はできず、職員が押していたという。室内の簡易トイレには自分で移動、月2回程度は親族が面会に訪れていた。

各居室は施錠できるが、巡回した男性介護士(54)は、森本さんの部屋の鍵はかかっていなかったと話しているという。 


奈良県上牧町で介護施設に入所している97歳の女性が殺害された事件で、女性は10日未明のおよそ2時間の間に殺害されたとみられることが警察への取材で分かった。

10日午前3時20分ごろ、奈良県上牧町の介護老人保健施設「こころ上牧」で、入所者の森本ミツヱさん(97)がベッド脇の床で倒れているのを巡回中の職員が見つけ、その後、死亡が確認された。

司法解剖の結果、森本さんの死因は10日午前0時から3時ごろまでの間に何者かに首を絞められた窒息死だったと判明。職員が午前1時ごろ、巡回した際にはベッドで寝ているのが確認されていたことから、その後、発見されるまでのおよそ2時間の間に殺害されたとみられることが警察への取材で分かった。

「夜18時からは玄関は施錠。エレベーターも動かないようにしている」(こころ上牧 山崎有也 副施設長)
Q.外部からの侵入は?
「基本的には不可能だと思うんですけど」(こころ上牧 山崎有也 副施設長)

警察は捜査本部を設置し、施設の職員や入所者から話を聴くなどして調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2017/05/23

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |