FC2ブログ
2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.04.07 (Sat)

犬が西向きゃ尾は東

おどろおどろしい


不受理は「違法」
申請不受理で杵藤組合を提訴

杵島郡大町町の認知症高齢者のグループホーム「ホームタナカ」の運営会社「シャロン」(福岡市)が介護保険を運営する杵藤地区広域市町村圏組合に対し、介護事業者の指定更新申請を不受理とした扱いは違法として、取り消しを求める訴訟を佐賀地裁に起こしたことが6日、分かった。提訴は3月16日付。

施設は2013年に組合から介護事業者の指定取り消し処分を受けた。処分の差し止めを巡って運営会社と組合が別の訴訟で争い、佐賀地裁が昨年10月、会社側の請求を棄却した。その後、会社側が福岡高裁に控訴している。

訴状によると、運営会社が今年3月上旬に指定更新の申請をしたが、組合が「申請時点で、指定事業者ではない」と不受理とした。会社側は「行政手続法7条は、行政庁は遅滞なく申請の審査を開始しなければならないと規定している」と審査せずに不受理とした扱いは違法と訴えている。

組合は地裁判決に基づき、判決時点で指定取り消しが有効になったと判断したとしている。提訴については「適正に対応していく」としている。


どろどろ


入所者虐待 指定取り消しへ
福岡市の有限会社シャロン グループホームホームタナカ
 2013年9月10日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

「虐待あり得ない」処分差し止め求め提訴 グループホームホームタナカ 2013年9月13日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-101.html

行政と施設、虐待めぐり平行線 入所者死亡 グループホーム ホームタナカ 2013年10月17日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

大町の介護施設損賠訴訟:町側が争う姿勢 地裁初弁論 2014年5月17日
大町の介護施設損賠訴訟:県側、争う姿勢 請求棄却求める 2014年6月23日
国家賠償求め提訴 2015年4月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2110.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/04/07

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.04.07 (Sat)

子を思う親 ⇒ 父は子の為めに??

暴れるから42歳長男を檻に
檻での生活は20年以上
兵庫県三田市広沢の山崎喜胤73歳

障害のある長男(42)を自宅敷地のプレハブ内の檻(おり)に閉じ込めたとして、兵庫県警は7日、兵庫県三田市広沢の無職山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)を監禁の疑いで逮捕し、発表した。「暴れるから監禁した」と話し、容疑を認めているという。檻での生活は20年以上に及んでいたとみて調べている。

捜査1課によると、逮捕容疑は1月18日午前10時から19日午後10時ごろまで、プレハブ内の木製の檻(高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約90センチ)に長男を監禁したというもの。捜査関係者によると、長男には精神疾患があったという。

三田市などによると、山崎容疑者が妻の介護について福祉関係者に相談した際、「長男を閉じ込めている」と打ち明けたという。連絡を受けた市職員が1月18日に自宅を訪ね、檻の中にいる長男を見つけた。上半身に服を着ただけの姿で、檻には南京錠がかかり、ペット用シートが敷かれていた。プレハブにはエアコンや扇風機が据え付けられていたという。

健康状態に問題はなかったが、市は虐待と判断して1月22日に福祉施設に入所させて保護した。2月21日に三田署に連絡した。

捜査1課によると、山崎容疑者は市の調査に対し、1991年ごろに大阪府内から三田市に転居し、その後、長男を檻で生活させるようになったと説明。おおむね2日に1回程度、自宅で食事を与え、風呂にも入れていたと市に話したという。県警はプレハブや檻を設置した経緯などについて、山崎容疑者から詳しく事情を聴く。


精神疾患 ⇒ 心の病気=うつ病 ⇒ 脳の機能障害

精神分裂病 ⇒ 統合失調症


ココか? https://goo.gl/W8s5bZ
https://goo.gl/Ae5swD

障害者手帳を持っていた
大阪では
相談できる良い福祉施設がなかったのか?
長男のために
静かで ノンビリとして 落ち着ける この地に移住したのだろうか

自宅敷地内にプレハブ小屋
幅1.8メートル 奥行き90センチ 高さ1メートルの木製の檻
に入れて16歳頃から生活させていた

ところが
三田市も
それなりのエエ福祉施設がなかった
ってか


外に出て誰かを傷つけてはいけないとも思い、檻の中に入れた
仕方なかった


監禁「仕方なかった」 神戸新聞の取材応じた父親の一問一答

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/04/08

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |