FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.10 (Fri)

不正受給 ⇒ わずか一年たらずで倒産

おままごと しとんのかい
ざけんじゃねえぞ
ワレワレの税金をかえせよ

あいかわらずな西宮市 頼りない西宮市の税金で飯を食う公務員さんたち
盗んだ猫糞した金を集金せえよ!

一般社団法人わだつみ
代表者 代表清算人 黑田博文
西宮市甲子園口2丁目1番 23 号

ワークスポット甲子園口
西宮市甲子園口2丁目1番 23 号
就労移行支援、継続B型
指定年月日 平成29年6月1日
指定取消 平成 30年8月10日

福祉施設、給付費33万円不正受給で指定取り消しへ

兵庫県西宮市は8日、運営する事業所が人員配置を偽り、給付費を不正に受給したとして、一般社団法人わだつみ(西宮市甲子園口2)の障害福祉サービス事業者指定を10日付で取り消すと発表した。不正に受け取った約33万円と加算額計約47万円の返還を求める。

市によると、障害者就労支援施設「ワークスポット甲子園口」(同)が昨年9月、サービス管理責任者がいないのに、減額して訓練等給付費などを請求せず、満額受け取っていた。外部の指摘で市が調査したところ、責任者がいるように虚偽の勤務記録を提出したほか、事実確認のための監査や出頭を拒否したという。

同施設には障害者11人が通所していたが、昨年10月末に閉鎖、法人も解散した。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/08/12

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.08.10 (Fri)

メチャクチャなトンデモない社会福祉法人時優会 ⇒ 終わった

そりゃそうだろ
これだけメチャクチャな運営しといて
信頼回復できんだろ



社会福祉法人時優会
理事長 植村時子



»北九州市の社会福祉法人、約1億6千万円を不正受給

福岡県北九州市の社会福祉法人が、勤務実態のない職員の報酬などおよそ1億6000万円を不正受給していたことがわかった。

不正受給が発覚したのは、グループホームなど10の障害者福祉施設を運営している北九州市の社会福祉法人時優会。

市によると、時優会は2015年4月から去年8月にかけて、利用者に弁当を提供しているにもかかわらず、事業所内で調理しているように装い、加算分を受給したり、勤務実態のない職員の報酬を不正請求したりしていた。

不正受給額はおよそ1億6000万円に上り、市は、時優会を指定取り消し処分とし、加算金を含め2億2300万円あまりを返還請求する方針。
市の調査に対し、理事長は「不正の認識はなく、確認不足でミスが多かった」などと話しているという。


2015年4月から2017年8月までの間 3119件の不正請求

北九州市は8日、同市小倉南区の社会福祉法人「時優会」が給付費約1億6000万円を不正に受給したとして、障害者総合支援法などに基づき、運営する障害者就労支援施設など、計9施設の事業所指定を10月1日付で取り消し処分にすると発表した。市は刑事告訴も視野に福岡県警小倉南署に相談しており、加算金を含め約2億2000万円の返還を求める方針。

市によると、2017年8月に市の実地指導で発覚。常勤が義務づけられているサービス管理責任者がいないのに配置しているなどと偽る手口で、15年4月~17年8月、3119件の不正受給を行っていたことが確認された。

同会は04年に設立。小倉南区内で、障害者のグループホームなど10事業所を運営しているが、10月からは別の社会福祉法人が事業を引き継ぐという。同会の植村時子理事長は「職員に任せており、管理が不十分だった。利用者に迷惑をかけ、申し訳ない」と話した。






北九州市は8日、障害者就労支援施設などを運営する北九州市小倉南区の社会福祉法人「時優(じゆう)会」が、約1億6千万円の給付費を不正受給したとして、10月1日付で会が運営する9施設の事業者指定を取り消すと明らかにした。勤務実態のない職員を配置しているかのように装うなどした。市は40%の加算額を含め約2億2千万円の返還を求める方針。

市によると、昨年8月の定期指導で発覚。2015年4月から17年8月までの間で、3119件の不正請求が確認された。

同法人は、複数の施設の管理責任者が常勤でないのに、報酬が高い常勤としての給付費を受給。給食事業者の弁当を提供しているのに、食事を施設内で調理して提供した際の加算分も受給していた。指定取り消しは障害者総合支援法と児童福祉法に基づく行政処分。

不正があった障害者の生活介護や就労支援、児童の放課後デイ事業などの8施設と休止中の1施設を処分対象とする。利用者の相談窓口である別の1施設は除外した。市は刑事告訴も視野に福岡県警に相談した。

事業は飯塚市の社会福祉法人が10月に引き継ぐ予定で、利用者約80人は引き続き施設を利用できる。

また、グループホームの入居者が夜間自由に居室を出入りできないように、外から施錠していたことも発覚した。市は障害者総合支援法が定める人格尊重義務違反に当たるとしている。

時優会の植村時子理事長は西日本新聞の取材に「不正の意図はなく管理不足だった。利用者には申し訳ない」と話した。


介護給付費を水増しして不正受給 北九州市の社会福祉法人の元理事長を逮捕 2019年10月9日
介護給付費1800万円詐取容疑
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4645.html






時優会を吸収合併
社会福祉法人天満会が事業を承継


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/23

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |