FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2018.08.27 (Mon)

理念に基づいていない社会福祉法人金沢市民生協会



社会福祉法人金沢市民生協会
理事長 片岡正子



ときわ病院
院長+業務執行理事+常務理事 炭谷信行



拘束が原因で入院中死亡

石川県野々市市の「ときわ病院」精神科に入院していた大畠一也さん=当時(40)=が不適切な身体拘束が原因で死亡したとして、両親が27日、運営する社会福祉法人「金沢市民生協会」を相手取り、約8600万円の損害賠償を求める訴訟を金沢地裁に起こした。

両親は記者会見し、「命を守ってあげられなかったことが悔しくてならない。不適切な身体拘束をする病院は無くなってほしい」と訴えた。 

訴状などによると、一也さんは25歳ごろに統合失調症と診断された。
2016年12月6日、過去に入院歴があったときわ病院に入院したが、同20日に死亡した。両親は死因を「心不全」と説明されたが不審な点があり、別の病院で再検査したところ、死因は肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)と判明した

関係者によると、一也さんは同14日から亡くなる直前の20日午前10時まで、上肢、下肢をベッドに拘束されていた。病院は拘束中の一也さんについて、「興奮なし」「妄想言動なし」としていたが、両親側は身体拘束基準が守られておらず、肺血栓塞栓症の予防策が講じられていなかったと主張している。

 

石川県野々市市の精神科病院に入院していた県内の大工の男性(当時40)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは不適切な身体拘束が原因として、男性の両親が病院を経営する社会福祉法人を相手取り、約8630万円の損害賠償を求めて27日に金沢地裁に提訴した。

死亡したのは大畠一也さん。訴状などによると、大畠さんは25歳のころに統合失調症と診断され、2016年12月6日に入院した。同月14日から手足などの身体拘束が始まり、同月20日に自力でトイレに行った後、死亡したという。

両親は当初、病院側から死因は心不全と説明を受けたが、司法解剖の結果、エコノミークラス症候群と判明したという。身体拘束の開始時に切迫した事情が存在していなかったなど、精神保健福祉法などが定める要件を満たしておらず、エコノミークラス症候群を発症させない注意義務も怠った、などと主張している。


精神科入院の男性死亡 「不適切な身体拘束」両親提訴へ 2018年8月18日

石川県内の精神科病院に入院していた長男(当時40)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは不適切な身体拘束が原因として、両親が病院を経営する法人に約8600万円の損害賠償を求める裁判を近く金沢地裁に起こす。精神科での身体拘束をめぐっては最近、こうした訴訟が相次いでいる。

訴状によると、統合失調症との診断を受けていた長男は2016年12月6日に入院。同月20日、両親は病院から「亡くなった」と連絡を受けた。両親は死因は心不全と聞いたが、警察に連絡して司法解剖したところ、肺血栓塞栓症だった。

裁判所に証拠保全の申し立てをして入手した診療録や看護記録などによると、長男は同月14日から手足と体を拘束されていた。食事のときには一時的に腕の拘束を解かれていた。20日は午前10時に身体拘束を解除され、自らトイレに行った後、ベッドの横で倒れているのを発見された。

両親はこの間、2日に1回程度、着替えなどを持って面会に行ったが、一度も会わせてもらえなかった。

精神保健福祉法などによると、自殺や自傷などの危険が切迫し、ほかに方法がないことなどが身体拘束の要件とされる。しかし、14日の看護記録に「前日、スタッフへの暴力行為あり」との記述があるだけで、以降は「興奮なし」「不穏行動なし」などの記載が続いていた。このため両親は、拘束の要件を欠いていたと主張。また、身体拘束中は肺血栓塞栓症の発症リスクが高まるのに予防策をとらなかった、とも訴える。

両親は「身体拘束も知らされず、面会もさせてもらえずに突然、死亡したと連絡があった。納得できない」と語る。病院を経営する法人は「亡くなったのは事実だが、訴状を見ていないので、コメントはできない」としている。


2015年の厚生労働省の調査では、精神科の病院で身体拘束を受けている患者は1万人を超え、10年前と比べて約2倍になっている




身体拘束で死亡 両親の請求棄却 金沢地裁 2020年1月31日

石川県野々市市の精神科病院で2016年12月、入院中の大畠一也さん(当時40歳)がエコノミークラス症候群で死亡したのは、病院の不当な身体拘束が原因だったとして、両親が病院を経営する社会福祉法人金沢市民生協会(野々市市)に約8630万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、金沢地裁は31日、請求を棄却した。

押野純裁判長は判決理由で「医療行為に対する強い拒絶などがあり、拘束の必要性を認めた医師の判断が不合理とは言えない」と指摘した。


身体拘束後に死亡 遺族の損害賠償請求棄却 2020年1月31日

野々市市にある病院に入院していた男性が死亡したのは、違法な身体拘束が原因だったとして、遺族が損害賠償を求めていた民事裁判で、金沢地裁は31日、この遺族の請求を退けた。

訴えによると、2016年、野々市市の精神科病院「ときわ病院」に入院していた大畠一也さん(当時40)は、6日間に渡り手足や胴体を拘束され、その後、エコノミー症候群で死亡した。大畠さんの遺族は、違法な身体拘束などが死亡の原因だったとして、病院を経営する社会福祉法人におよそ8600万円の損害賠償を求めていた。

しかし、金沢地裁は31日、「医師が身体拘束を継続する判断をしたことが違法とは認められない」としたほか、エコノミー症候群の予防措置を怠ったと指摘される点についても、「因果関係を認めることはできない」などとして、原告側の請求を退ける判決を言い渡した。

この判決を受けて原告側は、判決を不服として、控訴するとしている。一方、病院側は、「全面的に主張が認められた。今後とも医療事故の防止に努めていきたい」とコメントしている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/04

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2018.08.27 (Mon)

めだか保育園のプール死亡事故*保育士と園長を書類送検

プール4歳死亡、保育園長ら書類送検へ 監視に過失疑い

さいたま市の認可保育所のプールで1年前、女児が溺れて死亡したのは、園側の監視に過失があったためだとして、埼玉県警は27日にも、当時勤務していた女性保育士(31)と女性園長(68)を、業務上過失致死の疑いで書類送検する。捜査関係者への取材でわかった。

事故は昨年8月24日午後3時半すぎ、同市緑区の私立認可保育所「めだか保育園」のプール(縦6メートル、横4・7メートル、深さ70~95センチ)で発生。赤沼美空(みく)ちゃん(当時4)がうつぶせで浮いているのが見つかり、翌日、死亡が確認された。
市の有識者会議が今年5月にまとめた報告書などによると、プールには当時、3~5歳の園児20人がおり、保育士はプールの滑り台の片付け作業をしている間、目を離していたという。

捜査関係者によると、県警は保育士が園児らの監視に専念する義務があったのに怠り、約3分間目を離したことが事故につながったと判断。一方、園長は、プール遊びの際に監視する保育士を1人しか配置していなかった点が、国のガイドラインに反しており、安全管理上の義務を怠ったとみている。

国のガイドラインは2011年に神奈川県大和市の幼稚園プールであった男児の死亡事故などをきっかけに、16年に内閣府などが策定し、自治体を通じて全国の保育所などに通知。プール遊びの際は複数の担当者を置き、監視に専念する人と指導役で役割分担することなどを求めている。


社会福祉法人こぐま会
理事長 黛秋代 平成29年6月~

めだか保育園
当時の園長は理事で黛秋代




園長と保育士を書類送検

さいたま市緑区の私立「めだか保育園」のプールで昨年8月、当時4歳の女児がおぼれて死亡した事故で、園側の監視に過失があったとして、埼玉県警は27日、黛秋代園長(68)と当時勤務していた元保育士(31)の2人を業務上過失致死容疑でさいたま地検に書類送検した。

事故は昨年8月24日午後3時半ごろ発生。赤沼美空ちゃんが、うつぶせで浮いているのが見つかり、翌日亡くなった。

園長の容疑は、国のガイドラインに反して監視役の保育士を1人しか置かずに安全管理義務を怠ったとし、元保育士もプールの監視中に目を離して監視を怠ったとしている。いずれも容疑を認めているという。

事故当時、プールには3~5歳の園児20人がいた。元保育士は同僚とプールの滑り台を片付けるため、約3分間目を離したという。県警の調べに、園長は「1人でも監視を怠らなければいいと解釈してしまった」と供述しているという。



美空ちゃんは午後3時25分にプールに入り、4分後には泳いでいる姿が防犯カメラの映像に映っていた。保育士2人は同36分から備え付けの滑り台を撤去する作業を開始。同38分、保育士がプールの方を振り返ると、美空ちゃんがうつぶせで浮いていた。

保育園のプールで4歳女児溺れ意識不明 さいたま市 2017年8月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3643.html

事故のリスクが高い
赤沼美空ちゃん(4)が、25日未明、病院で死亡が確認された 2017年8月25日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3647.html

人手不足なんだろ改善できないんだろ ⇒ プールなんて廃止せよ
プール事故対策 25%が改善実施せず 消費者事故調 2017年4月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4010.html
過去のプール死亡事故

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2018/08/29

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |