FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.08.30 (Fri)

また放課後等デイサービスが* ミラクルキッズ1年間営業停止

給付金不正受給 1年間営業停止

東京都は29日、給付金約166万円を不正受給したなどとして、児童福祉法に基づき、指定障害児通所支援事業所「ミラクルキッズ」(中央区)の運営会社「ビジネスエッセンス」(同)に対し、11月1日から1年間、ミラクルキッズの営業を停止させる処分をした。


ビジネスエッセンス株式会社
代表取締役 萩原きおん
東京都中央区築地三丁目2番10-902

ミラクルキッズ
東京都中央区日本橋浜町二丁目42番9号 浜町中央ビル2階

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.30 (Fri)

フェニックスフォレスト*この輩はクビになったらしいけど::また他の施設でも ・・・ あり得る

虐待行為のあった有料老人ホームに行政指導と是正勧告

宮崎市の有料老人ホームで男性職員が入所者の女性に虐待行為をしていた問題で、宮崎市は、この施設に行政指導を行った。
行政指導を受けたのは、宮崎市の有料老人ホーム、フェニックスフォレスト。

この問題は先月8日、当時施設に勤めていた20代の男性職員が80代の女性入所者に対して車イスから降ろして横たわらせ、威圧するような言葉を発するなどの虐待をしていた。

宮崎市が立ち入り調査をした結果、この職員は他の複数の入居者に対しても心理的虐待を行っていて、施設はこの行為を把握しながら入居者の保護や市への速やかな報告をしていなかった。
宮崎市は30日付で施設に再発防止計画の提出などを求める「改善指導」を行った。

また施設によると、同じくきょう宮崎労働基準監督署から別の職員の時間外労働に関する是正勧告も受けていて「施設の在り方を見直し、再発防止に努めたい」とコメントしている。


虐待と認定 宮崎市が施設を処分

宮崎市の有料老人ホーム「フェニックスフォレスト」で7月、高齢の女性入所者が施設の20代男性職員に虐待行為を受けたとされる問題で、市は30日、職員による虐待行為を認定し、施設に対し改善指導の行政処分を行った。職員は7月24日付で懲戒解雇になっている。

市によると、元職員は7月8日午後7時ごろ、施設内で80代後半の女性入所者を車いすから降ろして床に横たわらせてまたがり、「今のこの状態をつくったのはあなただよ」「あなたが危ないことをしたからこうしたんだよ」などと言い、身体的及び心理的虐待をした。ほかにも10人以上の入所者に不適切な言動があったという。

市の聞き取りに対し、元職員は「車いすから立ち上がる行為を注意したが従ってもらえずイライラして行為に及んだ」「申し訳ない」という趣旨の話をしたという。

女性は3日後の11日に死亡しているが、医師の診断などから虐待行為との因果関係はないと結論づけた。

元職員は5~7月の平均で月13、14回の夜勤業務に従事していたが、「勤務時間と虐待は関係ない」と話したという。


こういう人間はこんな人格だったんだから
介護職員が歩けない90代女性に馬乗り ネットに動画  2019年7月27日

宮崎市の有料老人ホーム「フェニックスフォレスト」(定員40人)で、20歳代の男性介護職員が90歳代の女性入所者に馬乗りになっている動画がインターネット上に投稿されていたことがわかった。施設は、24日付で職員を懲戒解雇。同市は26日、老人福祉法に基づき施設を立ち入り調査した。

施設によると、動画は今月8日に同僚が撮影したとみられるが、投稿者は分かっていない。職員が施設の床に横たわった女性に馬乗りになり、「危ないことやったら、すぐこの体勢に戻るから」などと大声を出している様子などが映っていた。画像にはモザイクがかけられていた。女性は認知症で歩けなかったという。

女性は動画撮影日の3日後に死亡したが、施設側は「死因は老衰だった」として、馬乗りとの因果関係を否定。松浦幸次施設長は「馬乗り行為は虐待に当たり、絶対にやってはならない。被害者や家族に申し訳ない」と述べた。

宮崎市の有料老人ホーム「フェニックスフォレスト」で、20代の男性職員が90代の女性入所者に馬乗りになるなどの虐待をしていたことが27日、分かった。同市幹部が明らかにした。施設は24日付で職員を懲戒解雇。市は26日、老人福祉法に基づき施設を立ち入り調査した。今後、文書指導や改善命令を検討する。

市幹部によると、職員が女性に馬乗りになって暴言を吐くなどした動画がツイッターに投稿されていると外部から施設に連絡があり、事案が明らかになった。施設の調べに対し、職員は事実関係を認めた。

その後、施設は市に報告、市は虐待行為に当たると判断した。

虐待があったのは8日夜で、施設によると、11日朝に女性の意識がないのに気付き、病院に搬送したが死亡した。死因は老衰だった。女性は認知症の症状があったという。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/30

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.30 (Fri)

障害者施設を放火 ⇒ 施設職員の女逮捕



6月24日の午後8時ごろから翌日の午前1時半ごろまでの間に勤務先の日向市東郷町の障害者支援施設、「スマイルホーム360」に侵入して火をつけ施設1階の1室を焼損させた



障害者福祉施設に放火容疑 施設職員を逮捕 宮崎県日向市

今年6月宮崎県日向市東郷町の障害者福祉施設に放火したとして、施設職員の女が逮捕された。
逮捕されたのは 宮崎県日向市江良町の団体職員の甲斐亜矢子容疑者41歳。

甲斐容疑者は6月24日午後8時ごろから翌日午前1時半ごろまでの間、宮崎県日向市東郷町にある障害者福祉施設に侵入して放火し施設の1階部分およそ45平方メートルを焼いた非現住建造物等放火などの疑いがもたれている。

警察によると甲斐容疑者はこの施設の職員だということで、「火をつけたことは間違いありません」と容疑を認めている。


甲斐亜矢子41歳は正規の職員として働いていた



NPO法人日向市手をつなぐ育成会

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/30

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.30 (Fri)

吹田市内の病院 ⇒ ハラスメントは人権侵害だよ*1200万円の損害賠償は少なすぎる

嫌がらせでは済ませられない

2013年から女性として吹田市の病院で看護助手として勤務

性別変更を同意なく職場に明かされ提訴

性同一性障害で性別を変えた女性が、性別変更したことを勤務先の病院で同意なく上司が同僚らに明かし精神的苦痛を受けたなどとして、病院を運営する法人に約1200万円の損害賠償を求めて提訴した。

訴状などによると、大阪市の48歳の女性は20代の頃に性別適合手術を受け、2013年から女性として吹田市の病院で看護助手の勤務を始めたが、性別変更について公表を拒否したにもかかわらず、2週間後に看護部長から同僚らに明かされたという。

その後、女性は同僚らから「女性更衣室を使うことが気持ち悪い」などと中傷され続け、今年2月に飛び降り自殺を図り肋骨などを折る重傷を負ったという。

女性は病院を運営する法人に精神的な苦痛を受けたとして約1200万円の損害賠償を求め提訴しました。医療法人側は「訴状の内容を確認した上で誠実かつ適切に対応したい」とコメントとしている。




同僚から同じ更衣室での着替えを「気持ち悪い」と言われたり
上司から体を見せるよう求められた





性別変更を同意なく明かされ苦痛 大阪の女性が勤務先提訴

性同一性障害のため性別を変更したことを職場で同意なく公表され心身に苦痛を受けたとして、看護助手の女性(48)が30日、勤務先の病院を運営する医療法人(大阪府)に慰謝料など約1200万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

訴状などによると原告は男性として生まれたが、性別適合手術を受け、戸籍の性別や氏名も変更して10年以上女性として生活していた。現在の職場で勤務を始めて間もない平成25年秋、上司から元男性と職場で明かすよう求められたが、原告は「必要ないのでは」と説明。しかし上司に「医療関係者だから大丈夫」などとして公表された

その後、同僚から同じ更衣室での着替えを「気持ち悪い」と言われたり、上司から体を見せるよう求められたりしたと主張。苦痛が重なり、原告は今年2月に飛び降り自殺を図って重傷を負ったという。

本人の了承なく、他人が性自認や性的指向を暴露する行為は「アウティング」と呼ばれ、社会問題化している

原告側代理人の仲岡しゅん弁護士は「差別的なハラスメントを防ぐ適切な対応を怠った」と話した。
医療法人側は「訴状の内容を確認した上で、誠実かつ適切に対応したい」とのコメントを出した。


医療法人菊秀会 皐月病院



大阪府吹田市寿町2丁目7−24

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/16

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.27 (Tue)

不正請求526件*ヘルパーステーションひなた+ケアプランセンターひなた

介護給付不正受給 鹿屋の事業所、指定取り消し

介護給付費を不正受給したなどとして、県は26日、介護保険法に基づき、鹿屋市寿2丁目の訪問介護事業所「ヘルパーステーションひなた」の指定居宅サービス事業者の指定を同日付で取り消したと発表した。

県高齢者生き生き推進課によると、同事業所は今年1~4月、実際には介護サービスを提供していないのに、不正に請求・受給したほか、給付請求の実績を改ざんし、施設の職員に対しても隠蔽するなどした。不正請求は計526件あり、不正受給額は約180万円だったという。

鹿屋市も同日、同事業所に併設し、ケアマネジャーがいる「ケアプランセンターひなた」についても介護給付費の不正受給があったとして、同日付で居宅介護支援事業者の指定を取り消したと発表した。

市によると、2017年10月~今年5月、提供していないサービスについて、事業所が作成したケアプランでは提供したように見せかけていた。不正の件数や受給額は今後の調査を待って確定させる。
今年6月、二つの事業所を運営する「ひなた」の役員から、県と市に連絡があって問題が発覚。県と市が同月、監査に入っていた。


株式会社ひなた
鹿児島県鹿屋市寿2丁目8番4号昭栄ビル1階

代表者 管理者
有田 さやか

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/27

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.27 (Tue)

社会福祉法人中野社会福祉協会のわかみや保育園で園長が着服

認可保育園 わかみや保育園
都窪郡早島町若宮4-1

刑事告訴はしない ってか



保育園の元園長が約1600万円着服

岡山県早島町にある2つの認可保育園で、50代の男性元園長が園の運営費など1600万円あまりを着服していたことがわかった。

保育園の運営費を着服していたのは、岡山県早島町のわかみや保育園かんだ保育園で今年6月まで通算15年にわたり園長をつとめていた50代の男性。

園を管理する倉敷市の社会福祉法人中野社会福祉協会によると、元園長は2つの保育園の宿泊行事のための積立金など運営費1630万円を着服していた。

今年4月にわかみや保育園で会計業務を別の担当者に引き継いだところ、不明金が発覚。
5月に元園長に確認したところ着服を認めた。
元園長は「自分の子供の養育費や交際費に使った」と話している。
全額弁済していることから中野社会福祉協会では刑事告訴はしないという。
中野社会福祉協会の加嶋貴行理事は「今後、協会本部で通帳を一元管理するなど再発防止を講じる」という。


社会福祉法人中野社会福祉協会
理事長 中野敬士
岡山県倉敷市藤戸町天城2388-12

ホームページは即閉鎖ですか

5vb_8uxc6uujh.jpg

あのな
当ブログで何度も何回も言っているけれど
>盗まれた金は全額弁済しているから刑事告訴はしない
もうエエかげんにせえよ
あのな
そもそも着服された金は運営費はどこから 誰からの金なんや
我々の日本国民の税金なんですよ
罰しなさい!

2005~19年度の15年間にわたり1630万円着服

岡山県早島町で社会福祉法人・中野社会福祉協会(倉敷市)が運営する二つの認可保育園の園長を歴任した50代男性が2005~19年度の15年間にわたり、保護者から集金した運営費計約1630万円を着服していたことが26日、分かった。協会は男性を解雇。私的流用を認め全額を弁済したことから、刑事告訴はしない方針。

協会によると、男性が着服したのは、かんだ保育園(同町早島)、わかみや保育園(同町若宮)でそれぞれ積み立てていた園児の宿泊行事費など。男性はかんだ保育園長を04年4月から務め、16年11月のわかみや保育園開園とともに転任、両園で通帳管理と会計業務を1人で担っていた。

男性は宿泊行事費などは国、県、町の補助金が入る別口座から捻出。両園では当時、会計監査の対象が別口座のみで、協会は「領収書の不備もなく、不正に気付かなかった」という。

男性から業務を引き継いだかんだ保育園の会計担当者が今年4月、18年度決算をまとめる中で過去の通帳を確認し発覚。協会は男性が「子どもの養育費や交際費に充てた」と認めたため、6月30日付で諭旨解雇とした。

町は協会から報告を受け、再発防止の徹底などを口頭で指導。協会は今月下旬に両園で保護者説明会を開き、通帳を一元管理するなどの対策を講じており「誠に申し訳ない。職員一丸となって信頼回復に努める」としている。


諭旨解雇だと
退職金もらえるんやな
もうどないなっとるんや



現況報告書(平成31年4月1日現在)

法人の設立認可 昭和44年12月24日
8vb_9u6uujh6.jpg


法人所轄庁からの報告徴収・検査への対応状況
所轄庁から求められた改善事項


実施した改善内容



R1年_理事名簿
http://kurukuru.or.jp/%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%85%AC%E9%96%8B/#
8vb_9u6uujh9.jpg


社会福祉法人における監事の資格要件は
社会福祉事業について識見を有する者
財務管理について識見を有する者


厚生労働省
社会福祉法人の経営組織
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/shakai-fukushi-houjin-seido/02.html
社会福祉法人の経営組織は業務執行の決定機関である理事会、法人運営に係る重要事項の議決機関である評議員会、理事の職務執行の監査を行う監事(一定規模以上の法人が必置となる会計監査人)で運営されている。

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/shakai-fukushi-houjin-seido/02.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/09/22

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.27 (Tue)

エエ試みだな*全国に広まって欲しい

オーガニックな給食を 土岐の介護施設が多治見の保育園に協力

多治見市十九田町のけいなん保育園は10月から、無農薬で有機肥料を使って育てた食材を使い、アレルギーの原因物質をできるだけ除去した給食を始める。土岐市下石町の介護老人福祉施設「ドリーム陶都」で収穫されたオーガニックの食材を使った給食を作り、施設の利用者も招いて園児と食卓を囲んだ。

同園を運営するのは社会福祉法人村の木清福会(可児市)で、同市でも保育園3園を運営する。共働きやひとり親の家庭から「旬の食材で食事を作れない」「ゆっくり食べさせる時間がない」といった声を受け、無農薬や無添加、地産地消などにこだわった給食を四園一斉に導入することを決めた。「共に食べる」の意味で「キョウショク(共食)」と名付けた。

調理員は専門家による計80時間の研修を受け、苦味を和らげるピーマンの切り方や、子どもの歯でも食べやすい調理法なども学んだ。
ただ、地元産で無農薬、有機肥料栽培の食材は流通量が限られる。ドリーム陶都が介護予防や生きがいづくりのため、有機農場を営んでいることから食材を購入することにした。今回は第一弾として、利用者たちが畑を耕し、大きさを測って仕分けをしたジャガイモ25キロを納入してもらった。

園児100人と施設の利用者二人が、ジャガイモ入りのハヤシライスなどを味わった。利用者の80代の女性は「保育園の給食を食べるなんて初めて。収穫は難儀だったが、一緒に食べられて良かった」とほほ笑んだ。利用者が手作りした折り紙の飾りも贈り、「また来るでね」と園児たちとハイタッチして再会を約束した。

村の木清福会の井口三由希事務長は「体の土台をつくる給食にするため、今後も食材を提供してもらいたい。利用者の方は園児の喜ぶ顔を見てほしい」と話し、ドリーム陶都の小川大輔副施設長も「食を通じた世代間交流にもなる。今後もおいしい食材を届けられれば」と力を込めた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/27

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.27 (Tue)

さぁーて今後の社会福祉法人双葉会はどうなるのか

北九州市議会の西田一議員は法人が運営する特別養護老人ホームに設置した携帯電話基地局の設置料など
毎月およそ10万円を自身の口座に振り込ませていた
双葉会に対し西田議員は飲食費などにあてたと説明したため返還を求めていたが
話し合いなどに応じなかったため提訴に踏み切ったという

もうな
どーでもエエねん 社会福祉法人双葉会なんて
北九州市の市議会議員の西田一がどうたらこうたら
ワタシが投票するわけでもないし
そもそも
この社会福祉法人双葉会は金の使い方ってどうなん?
運営費はすべて我々の税金なんじゃ わかっとるか?
役員報酬はとんでもないわ
なにしろ理事6人の報酬総額 30,698,766円 (常勤2人)
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4416.html



平成31年度の現況報告書では
52225-sakn_x68.jpg
役員報酬が減ってたわ 笑
6,360,000円


社福法人が賠償求め市議を提訴

北九州市議会の議員が理事を務めていた社会福祉法人の金、1700万円余りを私的に流用したとして、この法人が議員に損害賠償などを求める訴えを福岡地方裁判所小倉支部に起こしたことがわかった。

訴えを起こしたのは、北九州市議会の西田一議員が、おととしまで理事を務めていた、北九州市小倉南区の社会福祉法人「双葉会」。
訴えによると、西田議員は、この法人が運営する福祉施設の屋上にある携帯電話用の基地局の設置料1か月10万円を、通信会社から議員個人の口座に振り込ませていた。
振り込まれた金は、ことし1月まで13年と4か月で1700万円余りに上り、法人は返還を求めていたが、西田議員が応じてこなかったという。

このため法人では、議員の私的流用だとして、27日までに設置料の全額にあたる1700万円余りの損害賠償を西田議員に求める訴えを福岡地方裁判所小倉支部に起こした。

社会福祉法人の聞き取りに対して、西田議員は「交際費に使った」と話していた。
訴えを起こされたことについて、西田議員は、NHKの取材に対し「訴状をまだ見ていないが、真摯に対応していきたい」と話しています。



ちなみに平成29年度の現況報告書では
報酬等の総額 14,160,000円

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/27

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.27 (Tue)

体罰は愛のムチじゃないよ

保育士が園児に体罰 腕にあざ 山口県下関市が調査 2019年7月29日
複数の保育士が園児に暴力か
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4553.html



体罰で行政指導の保育園が改善報告書

園児への体罰があったとして下関市から行政指導を受けた認可保育園が、子どもの人格を尊重することなどを盛り込んだ改善報告書を、市に提出した。

改善報告書を提出したのは、下関市西観音町の「新生保育園」。
「新生保育園」では、複数の保育士がしつけと称して園児の手をたたいたり、大声で叱ったりしたとして、先月、下関市から行政指導を受けた。

報告書では、子どもの人格を尊重して保育に取り組み、保護者からの相談態勢を強化する。
職員への研修も実施するという。

またこれまでの園の調査で、34人の職員のうち保育士12人が、程度に差があるにせよ体罰とみられる行為をしていたことが分かった。

新生保育園の古田和子園長は「子どもをけがから守るためと両方だったかもしれないが、(たたくのは)間違いだったと思う。子ども自体をしっかり見て、言って聞かせる。言って分かってもらえるまで、それを繰り返すということのほうが大事だったと思う」と話した。市は報告書の内容を精査したうえで、年内に行う定期監査などで改善の状況を確認したいとする。


園長 古田和子


職員34人中12人が体罰 下関の保育所が改善報告書

複数の保育士による園児への体罰が問題となった山口県下関市の私立認可保育所「新生保育園」は26日、職員34人のうち12人が園児の手や尻をたたく不適切な保育をしていたことを明らかにした。園を運営する社会福祉法人新生園は同日、不適切な保育があった場合は園長が速やかに指導することなどを盛り込んだ改善報告書を市に提出した。

保護者から相談を受けた市が7月末に文書指導し、報告書の提出を求めていた。

報告書には、保護者から相談があった際は不適切な保育があった前提で園長が事実確認をし、職員を指導するなど再発防止策を記している。提出後、古田和子園長は取材に対し「子供に繰り返し言って聞かせることが大切だった。国の定める保育指針に従っていきたい」と話した。


保護者から児童を預かって 養護と教育を目的にする
養護は
子どもの生命の保持及び情緒の安定を図るために保育士等が行う援助や関わりである
教育は
子どもが健やかに成長しその活動がより豊かに展開されるための発達の援助である

愛の鞭
無知でも困る
無智でもアカン
無恥になったら人間失格や

52215-sakn_x68.jpg

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/27

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.26 (Mon)

岩手県立二戸病院の看護師 ⇒ 住居侵入+暴行+脅迫

看護師 住居侵入と暴行と脅迫の罪で起訴

今年4月、住居侵入の疑いで逮捕された岩手県立二戸病院の看護師の女を、盛岡地検は23日、住居侵入と暴行・脅迫の罪で起訴した。
住居侵入と暴行・脅迫の罪で起訴されたのは、県立二戸病院の看護師で二戸市堀野の泉山誠子被告(36)。

起訴状によると、泉山被告は今年4月25日の午前9時半ごろ、二戸市内の60代の女性の家に侵入し、女性の当時36歳の息子にガソリンをふりかけ、マッチ棒を取り出して脅したとされている。

泉山被告は住居侵入の疑いで逮捕され、その後、放火未遂の疑いでも送検されていたが、盛岡地方検察庁は23日、「火を点けるためにガソリンをまいたとする証拠の収集に至らなかった」として、罪名を暴行と脅迫に切り替えて起訴した。


岩手県立二戸病院看護師 懲役2年求刑/岩手・二戸市  2019年10月19日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4667.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/10/20

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.22 (Thu)

なんと坊主だった!

事件から半年
なんと コヤツ
お坊さんだったのだ!

事件は1月20日
aho_sakainobakadayona-8.jpg

aho_sakainobakadayona-7.jpg

悪質な危険運転 約2分間に急ブレーキ9回
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4340.html


ヤクザ坊主なのか?

あおり運転疑いで僧侶を書類送検

大阪府警北堺署は22日までに、乗用車で急ブレーキを繰り返すあおり運転をしたとして、暴行容疑で同府松原市の男性僧侶(61)を書類送検した。21日付。「パッシングされ、注意してやろうと思ってブレーキを踏んだ」と容疑を認めている。

書類送検容疑は1月20日午後1時半ごろ、堺市北区の府道で乗用車を運転中、後方を走行していた大阪市の男性(36)の軽乗用車に約450メートルにわたって急ブレーキを繰り返し、信号待ちで停止した男性の胸ぐらをつかんだ疑い。

北堺署によると、僧侶の車が飲食店の駐車場から急に飛び出したため、男性がパッシングをしたという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/22

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.22 (Thu)

放課後等デイサービスで16歳の女子高校生に胸を触る

NPO法人いろえんぴつ
北海道札幌市北区屯田2条1丁目4−11
代表 渡邊琴美
設立 2010年7月



勤務先のデイサービスで16歳少女にわいせつ行為 団体職員の56歳男逮捕

16歳の少女にいかがわしい行為をしたとして札幌市北区で障害者の支援施設に勤務する56歳の男が21日、逮捕された。

道の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、札幌市北区の団体職員・藤田授三容疑者(56)。
藤田容疑者は7月、勤務先のデイサービスに通う16歳の女子高校生に対し、胸を触るなどのいかがわしい行為をした疑いがもたれている。

警察の調べに対し、藤田容疑者は胸を触ったことは認める一方、「いかがわしい行為はしていない」と、一部容疑を否認している。
藤田容疑者が勤務する施設では、障害がある子どもの自立支援などを行っていた。
警察は余罪を含めて詳しく調べている。


団体職員 ⇒ 聞こえは良いけど ただの支援員

放課後等デイサービス プレイスクールいろえんぴつ

221_9a90ak.jpg

利用者の女子高校生は
以前から同様の行為をされていたと話しているという

「胸は触ったが、わいせつ目的ではない」

札幌の児童福祉施設に勤める56歳の男が、利用者の女子高校生にいかがわしい行為をした疑いで逮捕された。

道の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された藤田授三容疑者56歳は、先月13日ころ、勤めているNPO法人が運営する札幌の児童福祉施設で、利用者の16歳の女子高校生の胸を触るなどのいかがわしい行為をした疑いがもたれている。
警察の調べに対し藤田容疑者は「胸は触ったが、わいせつ目的ではなく納得できない」と容疑を一部否認しているという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.21 (Wed)

市川三郷町で送迎死亡事故



見通しの良い直線道路で

155_88na2111.jpeg

男女3人が死傷 介護送迎車が塀に衝突 98歳女性が死亡

8月20日、山梨県市川三郷町の県道で介護施設の利用者を乗せた軽乗用車が住宅の塀に衝突し施設利用者の98歳の女性が死亡した。

午前9時過ぎ市川三郷町黒沢の県道で軽乗用車が進行方向右側の住宅の塀に衝突した。
この事故で後部座席に乗っていた市川三郷町楠甫の依田ふでさん98歳が病院に運ばれたが死亡。

警察によると軽乗用車は介護施設の利用者を送迎する途中で、運転していた26歳の施設職員の男性と依田さんと一緒に後部座席に乗っていた96の女性も病院に運ばれましたが意識はある状態という。

現場は見通しのいい直線で警察で事故の状況を調べている。



もうエエかげんにしてくれ
人を乗せてな 他人だろ 職場の利用者はお客さんや
安全運転に自覚がもてないんだから
これからの時代は
福祉施設の送迎は二種免許保持者にせえよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/21

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.20 (Tue)

障害者入所施設が刑務所のようにならないよう願う

遺族は
「働いて収入を得るのが難しくても、健常者と障害者で賠償額に差があるのは命の価値の平等に反する」
健常者と同等の額となる7200万円の賠償を求めていた

愛知県安城市で2013年、重度の知的障害があった鶴田早亨さん(当時28歳)が障害者支援施設を抜け出して死亡した事故を巡り、遺族が施設を運営する社会福祉法人に約7200万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審は19日、名古屋高裁(始関正光裁判長)で和解が成立した。


2013年3月 愛知県安城市の障害者施設に入所していた重度の知的障害がある鶴田早亨さん(当時28)が 施錠されているはずの扉から外へ出て、スーパーでドーナツを口に詰め込み窒息死した

121_zoohyssd1.jpg

施設は



遺族は



名古屋地裁は



遺族は



安城の知的障害者事故巡り和解 遺族と施設側、名古屋高裁

2013年に、重度知的障害のある鶴田早亨さん=当時(28)=が愛知県安城市の障害者支援施設から抜け出して死亡したのは施設側の過失が原因として、兄の会社員明日香さん(39)が施設を運営する同市の社会福祉法人聖清会に、生きていれば将来得られたはずの「逸失利益」など約7200万円の賠償を求めた訴訟の控訴審は19日、名古屋高裁で和解が成立した。

原告側の弁護団によると、和解は遺族への謝罪と解決金の支払い、再発防止策などを盛り込んだ内容。解決金額や再発防止策の具体的な内容などは明らかにしていない。

一審判決によると、早亨さんは施設に入所中の13年3月22日午前10時ごろ、施設を抜け出して約1キロ離れたスーパーに行き、陳列されていたドーナツをのどに詰まらせて死亡した。

施設側は、遺族への損害賠償として同世代の健常者の4分の1程度にあたる1800万円を提示。遺族は、健常者と差を設けずに賠償額を算定するよう「命の平等」を求めて14年に提訴した。名古屋地裁は今年2月、施設側の過失を認めない判決を出し、逸失利益の算定まで判断されなかった。

今回の和解では、施設側が当初提示した額を上回る解決金が支払われるとみられる。原告代理人の森田茂弁護士は記者会見で「慰謝料だけでなく、一定程度の逸失利益が認められた金額」と述べた。

原告の明日香さんは和解内容に「まだまだ足りない」としつつも、「(命の平等の議論を)一歩進めたことに意味があると思う」と一定の評価を示した。早亨さんについては「和解してきたよ。でも終わりじゃなくて、残った課題をこれからもやっていくよと報告します」と語った。


重度知的障害のある鶴田早亨さんは当時28歳だった
成人で逸失利益が認められた例はなかった ・・・?



障害者入所施設が
刑務所のようにならないように願う


2015年、東京・八王子市の障害者施設に入所していた松澤和真さん(当時15)は、施設から行方不明となったあとに事故死し、両親は施設側に、和真さんが将来得るはずだった逸失利益など、損害賠償およそ1億1400万円を求めていた。

障害児死亡事故 逸失利益含む賠償命じる 2019年3月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4408.html

重度の知的障害者の死亡事故を巡っては
青森地裁は2009年、当時16歳の男性の就労可能性を認め、最低賃金をベースに逸失利益を認める判決を出した。
2012年には名古屋地裁で、当時15歳の男性について障害年金から算出した逸失利益を認める和解が成立。
大阪地裁では2017年に当時6歳の男児に関して、全労働者の平均賃金に基づいた逸失利益を認める和解が成立している。





2013年愛知県安城市で重度の知的障害のあった鶴田早亨さん(当時28歳)が障害者支援施設を抜け出して死亡した事故を巡り、遺族が施設を運営する社会福祉法人に・・・・・

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/20

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.14 (Wed)

今後の日高町の対応は?こんな高齢者施設は潰せよ

再逮捕


北海道警門別署は14日、認知症グループホームの90代の女性入所者を屋外に置き去りにしたとして保護責任者遺棄の疑いで、日高町清畠、グループホーム施設長、宗京みどり容疑者(55)=傷害罪で起訴=を再逮捕した



入居者を置き去り 介護施設長再逮捕 北海道日高町

北海道日高町の介護施設で施設長の女が、入居者の90代の女性を屋外に一時置き去りにしたとして再逮捕された。

この施設では2016年、虐待の通報を受け町が業務改善を求める勧告をしていた。

保護責任者遺棄の疑いで再逮捕されたのは、日高町のグループホーム「あすなろ」の施設長・宗京みどり容疑者55歳。
宗京容疑者はことし4月、入居していた90代の女性を施設の玄関近くに置き去りにした疑いが持たれている。

警察によると当時現場では雨が降っていて、気温は5度ほどだったということです。宗京容疑者は先月3日、入居していた80代の男性の顔を殴りけがを負わせた疑いですでに逮捕・起訴されている。

このグループホームでは2016年に元職員4人から「施設で虐待があった」と町に通報があり、調査の結果、町が業務改善を求める勧告をしていた。警察の調べに対し宗京容疑者は「ストレスがあったからやった」などと容疑を認めている。


7月 ⇒ 80代男性の頬を手のひらでたたいてけがを負わせたとして逮捕起訴されていた

4月 ⇒ 車いすで生活していた90代の女性を雨の中、屋外に置き去りにしたとして再逮捕した



門別署は14日、日高管内日高町清畠の認知症グループホーム「あすなろ」の入所者1人を屋外に放置したとして、保護責任者遺棄の疑いで同住所、施設長宗京(むねきょう)みどり容疑者(55)=傷害罪で起訴済み=を再逮捕した。

逮捕容疑は4月5日午前8時50分ごろ、車いすで自らは動けない90代女性を「運動」と称して施設前の玄関に約40分間放置した疑い。門別署によると、女性にけがはなかったという。

宗京容疑者は7月、入所者の80代男性の頬を手のひらでたたいてけがを負わせたとして逮捕されていた。


日高町にある認知症の高齢者向けのグループホームで入所者にけがをさせたとして逮捕・起訴された55歳の施設長が、別の入所者に対しても雨の中、屋外に置き去りにする虐待をしていたとして保護責任者遺棄の疑いで再逮捕された。

再逮捕されたのは、日高町にある認知症の高齢者向けグループホーム「あすなろ」の施設長、宗京みどり容疑者(55)。
宗京容疑者は、先月、施設に入所していた80代の男性のほおを手でたたいてけがをさせたとして傷害の疑いで逮捕され、その後、起訴されていた。

警察によると、これまでの調べで、ことし4月にも車いすで生活していた別の90代の女性を雨の中、屋外に置き去りにしていたことがわかったということで、警察は14日、宗京容疑者を保護責任者遺棄の疑いで再逮捕した。

女性は「運動のため」という理由で気温が5度を下回る寒さのなか外に連れ出され、ほかの職員が気づくまでのおよそ40分間、雨にぬれていたという。

調べに対し「仕事や人間関係でストレスがあった」などと供述しているということで、警察は、ほかにも入所者に虐待を繰り返していたと見てさらに調べている。




高齢者施設で「虐待」の通報 2016年1月27日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2647.html

服の上からシャワー
施設長による職員へのパワハラ

2016年2月11日
日高町の高齢者グループホーム「あすなろ」で職員が入所者を虐待しているとの通報を受け、今年1月に立ち入り調査を行った町は10日、記者会見し、「町として虐待があったと判断した」と発表した。町は今月中をめどに同ホームに改善計画書を提出させた後、指導や命令などを検討する。
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-2679.html



服の上からシャワー 日高の高齢者施設で虐待
 2016年2月11日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/14

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.14 (Wed)

送迎車内に降ろし忘れ ⇒ 置き去り ⇒ デイサービスセンター阿育苑

またかよ
ag6h_9oi-vb5.jpg
なんで どうして こんな事故がおきるのよ

ヒューマンエラー 

ヒヤリ・ハット とか うっかりしてましたぁ

済まされない!

もう バカ?

車内に放置され女性は自分で車を降りた
翌日 21時間後、施設の敷地内を歩いているところを発見された

もうどういうこと?
なんで?こうなるの?

今治のデイサービス 車内に利用者置き去り

社会福祉法人大島福祉会(今治市吉海町仁江)が運営する「デイサービスセンター 阿育苑」の40代女性職員が3日午後、認知症の80代の女性利用者を自宅に送り届け忘れ、入庫した送迎車内に置き去りにしていたことが13日、施設などへの取材で分かった。

家族が行方を捜す中、女性は自力で車庫外に出て、約21時間後に保護された。送迎後の車内確認を怠ったのが原因。車内は高温になっていたとみられるが、施設は健康被害はなかったとしている。

施設によると、3日のサービス終了後に5人の利用者を自宅に送り届けたが、女性を送迎車内に残したまま、午後3時半ごろ施設内の車庫に戻った。車の鍵は開いており、女性は自力で車庫を脱出。4日午後0時半ごろ、施設の敷地内にいるところを保護された。

女性はかなり汗をかいており、すぐ茶を飲ませた。置き去りにされていた間の車内の温度は不明だが、かなりの暑さになっていたという。家族は女性が帰宅したと思い、家の周辺を捜し、伯方署にも連絡していた。

施設側は当初、女性が自宅から歩いてきたと考えていたが、送迎車内に女性の荷物が残されていたことから、ドライブレコーダーで女性宅への寄り忘れを確認、置き去りが発覚した。

施設側は女性の家族に謝罪し、他の利用者家族にも置き去りがあったことを伝えた。デイサービスの利用者は約50人おり、再発防止へ、名簿作成や送迎後の後部座席のチェックを実施している。今後、送迎用マニュアルも作成する。

村上貴夫施設長は「利用者の生命に関わる重大な事故が発生し、深くおわび申し上げる。再発防止に向けた行動で信頼回復に努める」と陳謝した。


社会福祉法人大島福祉会
デイサービスセンター阿育苑
愛媛県今治市吉海町仁江262番地1


こういう事故って なんで暑い季節に起きるのよ



施設長の村上貴夫
大島福祉会の理事でもある施設長の村上貴夫 平成29年から役員
法人の設立 2003年5月
理事長は毛利公尊


前日15時30分~翌日昼まで放置
3日午後3時ごろ、40代の女性介護職員が運転する車に利用者6人が乗り、事業所を出発。5人の自宅を回った後、最後の1人だった女性の自宅に寄り忘れ、午後3時半ごろ、女性を乗せたまま車を車庫に戻したとみられる。女性介護職員は車を離れる際、車内をチェックしなかった。

送迎マニュアルがなかった ってバカ?


阿育苑はこれまでなかった送迎時のマニュアルを新たに作るなど再発防止を図りたいと

考えられんわ
これまで過去に似たような事故があったやろ
幼稚園とか障害者施設でも過去に何度もや
エエかげんにせえよ

なんだったら私がオマエらの施設へ出向いて指導したろか
安全運転の講習したろか
もちろん無料ですよ



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/19

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.12 (Mon)

実は第一通報者の女がひき逃げ ⇒ 看護師の杉本孝子49歳

トンデモナイ看護師や



福岡・宗像市の死亡ひき逃げ、看護師の女を逮捕

今月1日、福岡県宗像市で男性がひき逃げされ死亡した事件で、警察は11日、看護師の女を逮捕した。女は容疑を否認している。

この事件は今月1日、福岡県宗像市の路上で自営業の松井大治さん(49)が道路に倒れているのが見つかり、その後、死亡した。警察は、現場の状況から死亡ひき逃げ事件として捜査していた。

その後の調べで、発生当日に「道に人が倒れてうなっている」と110番通報してきた女が松井さんをはねた疑いが強まったとして、11日、逮捕した。

逮捕されたのは、近くに住む看護師の杉本孝子容疑者(48)で、取り調べに対して「人をひいた感じはなく、靴をひいたと思った」と供述し、容疑を否認している。警察は、当時の状況についてさらに詳しく調べている。

看護師として不適切である



実は第一通報者の女がひき逃げ ⇒ 看護師の杉本孝子49歳逮捕

8月1日、福岡県宗像市で男性がひき逃げされ亡くなった事件で、警察は11日、第一通報者の看護師の女を逮捕した。
過失運転致死などの疑いで逮捕されたのは宗像市田久の看護師、杉本孝子容疑者(48)。

警察によると杉本容疑者は8月1日午前1時半ごろ、自宅近くの市道に横たわっていた、自営業の松井大治さん(当時49)を車でひき、死亡させるなどした疑いがもたれている。
松井さんは酒を飲んで、道路に横たわっていたとみられている。

杉本容疑者は事故の直後、「男性が道路で寝込んでうなっている」と110番通報していたが、駆けつけた警察に自分がひいたことは隠し、救急車も呼んでいなかった

調べに対し杉本容疑者は「私は人を引いた感じはなく、靴をひいたと思いました」と、容疑を否認している。


看護師の免許を剥奪

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/12

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.12 (Mon)

太田市の市営バスの運転手 ⇒ ひき逃げ ⇒ 人とは思わなかった

人とは思わなかった



市営バスが歩行者をひき逃げ

群馬県太田市の市営バスの運転手が散歩中の男性をバスではね、そのまま逃げたとして逮捕されました。

ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、太田市の市営無料バスの運転手・神尾好彦容疑者(65)です。神尾容疑者は7日午後8時前、太田市龍舞町で、犬の散歩をしていた会社員の男性(45)をバスで後ろからはね、そのまま逃走した疑いがもたれています。男性は肋骨などを骨折する重傷です。

当時、バスには乗客がいませんでしたが、現場に残されていたサイドミラーの部品などから神尾容疑者が浮上したということです。取り調べに対し、神尾容疑者は「事故を起こしたのは分かったが、人だとは思わなかった」と容疑を一部否認しているということです。




市営の無料巡回バス 運転中にひき逃げ

太田市営の無料巡回バスでひき逃げをしたとして、群馬県警太田署は8日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、バス運転手の男(65)を逮捕した。

逮捕容疑は、7日午後7時55分ごろ、同市龍舞町の市道で市営バスを運転し、歩いていた近くの会社員の男性(45)をはねて肋骨骨折などの重傷を負わせ、救護措置を取らずにそのまま逃走した疑い。
.同署によると、男は「事故を起こしたが、人とは思わなかった」と容疑を一部否認している。
.
男は市営無料バスの東路線を担当し、同日午後7時半に同市のバスターミナルを出発してイオンモール太田へ向かっていた。同署は事故当時、乗客はいなかったとみている。
.
市によると、今年4月に採用された。市交通対策課は「被害者におわび申し上げる。事故防止と事故時の適切な対応について再教育を徹底する」とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/12

Blog Top  | 送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.10 (Sat)

典型的な病院内で起こる悪の温床 ⇒ はびこる環境が悪いから



研究費横領し車購入、前理事長を懲戒解雇 公立玉名中央病院

熊本県玉名市の公立玉名中央病院は9日、中野哲雄前理事長(67)が病院の研究費約728万円を横領して車を購入していたとして、同日付で懲戒解雇したと発表した。刑事告訴と損害賠償請求訴訟を検討している。

また
診療報酬の過大受給で中野前理事長や前事務部長ら8人を停職や減給などの処分
病院内で抗てんかん薬などを盗んだ40代看護師を諭旨解雇した

病院によると、中野氏は診療科ごとに銀行口座を持つグループ研究費のうち整形外科の預金通帳を長年管理。事務部が一括管理するため提出を求めたが応じなかったため、銀行の出入金記録を調べたところ、2016年に輸入車販売店と自動車関連事業所に計728万9152円が振り込まれていた。

山下康行理事長が6日、中野氏に面談してただしたところ、車の購入に充てたことを認めた。事務部は「中野氏は『病院の公用車を購入した』と話しているが、病院で把握しておらず私的流用と判断した」としている。
.
記者会見した山下理事長は「信頼を損なう行為で深くおわびする。一から出直すつもりで綱紀粛正と信頼回復に努める」と陳謝した。

グループ研究費は、医師の学会参加や書籍購入などに診療科の裁量で使う資金。
中野哲雄前理事長は09年から病院長、11年から18年末まで病院の企業長や理事長を務め、今年4月から嘱託医だった。


玉名市と玉東町の法人設立組合
地方独立行政法人くまもと県北病院機構が運営する病院




職員が研究費約700万円を横領していた前理事長の中野哲雄=今は嘱託医


職員による薬の窃盗や診療報酬の不正など不祥事が続く玉名市の公立玉名中央病院で、新たに職員が研究費約700万円を横領していたことがわかった。

研究や治験で得た診療科の研究費を管理していた男性職員が、2016年に約700万円を横領し私的に使っていたという。病院はこの職員を懲戒処分とした。

また2019年春までの4年間、嘱託医を常勤医として扱い診療報酬を多く受け取ったとして行政指導を受けた問題や、抗てんかん薬と睡眠薬80錠を盗んだとして2019年6月に元看護士が逮捕された事件についても、関わった職員の処分を発表する方針。


不正や犯罪の巣窟だったのかぁ

私的流用に不正請求、薬の窃盗 玉名中央病院が9人を処分

公立玉名中央病院は、元理事長が研究費を私的に流用していたとして9日付けで懲戒解雇した。また、診療報酬の不正受給など一連の不祥事に関して、懲戒を含め9人を処分している。

「改めて綱紀粛正と服務規律の確保を徹底させ、信頼回復に向け全力で再発防止に努めてまいります」(公立玉名中央病院・山下康行理事長)

玉名中央病院によると、元理事長は製薬会社などからの研究費を自ら管理し、約700万円の輸入車を購入するなど、私的に流用していた。
病院は業務上横領の容疑で刑事告訴する方針。

会見した山下康行理事長は「病院として一から出直す」と話した。
9日の発表では、他にも診療報酬の不正請求に関わった4人を懲戒処分とし、すでに退職している4人を減給相当などとした。
また、病院から薬を盗んだとされる女性看護師については、諭旨解雇処分とした。



玉名中央病院 看護師が酒気帯び運転、倉庫に保管していた薬も紛失 2019年2月7日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4349.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/10

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.08.10 (Sat)

株式会社かがやき+ヘルパーステーションかがやき ⇒ 不正受給5500万円

株式会社かがやき
ヘルパーステーションかがやき

指定取り消し 5千万円超不正受給、徳島

徳島県は9日、約5500万円の介護給付費を不正受給したとして、訪問系障害者福祉サービス事業所の運営会社「かがやき」(同県石井町)のサービス事業者指定を取り消したと発表した。不正受給額の返還を求める方針。

県によると、かがやきは平成28年11月~30年4月、サービス責任者が不在だったにもかかわらず事業所の運営を続け、介護給付費を不正請求し受給した。31年4月以降、必要な従業員数を確保していないのに運営を続け、介護給付費を不正受給した。

平成30年8月に県長寿いきがい課が指導のために事業所を訪問した際に発覚した。


盗んだ金は返せよ! 我々の日本国民の税金やからな

訪問介護サービスなどを提供する石井町の事業所が、虚偽の記録を作成して介護報酬5500万円余りを不正に受け取っていたなどとして、県は8日付けで事業者の指定を取り消した。

指定を取り消されたのは、石井町の訪問介護事業所「ヘルパーステーションかがやき」。
徳島県によると、この事業所は介護サービスを提供していないにも関わらず、虚偽の記録を作成して介護報酬を受け取るなど、5500万円余りを不正に受け取っていたという。

去年8月に県が指導のため事業所を訪問した際に、サービスの提供責任者が不在となっている期間があることや、利用者に費用を請求していないことが分かり、書類を押収して確認を進めてきた。

県は事業所への聞き取りも行った結果、この事業所が不正を行っていたと認定し、8日付けでサービス事業者の指定を取り消した。
県によりますと、これまでの県の聞き取りに対して、事業所側は反論はしていない。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/08/10

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT