FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.01 (Fri)

また放課後等デイサービスが ・・・ 指定取り消し

指定障害児通所支援事業者の指定取り消し処分について

大阪府は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第21条の5の24第1項の規定により、以下の指定障害児通所支援事業者の指定を取り消しましたので、お知らせします。

1 指定取消し対象事業者
法人名 株式会社ライフズ
代表者 代表取締役 辻川 浩
法人所在地  大阪府泉南郡熊取町五門西二丁目2番8号

2 事業所名及び所在地
事業所名称  みらい
所在地  大阪府泉南郡熊取町五門西三丁目19番1号2階
サービス種別  児童発達支援・放課後等デイサービス

3 指定取消し年月日
令和元年10月31日(木曜日)

4 指定取消しの理由
不正の手段による指定(法第21条の5の24第1項第8号)
法人は、保育士または児童指導員として営業時間を通じて勤務すべき者を、事業開始前より配置できないとわかりつつ、人員基準を満たす旨の虚偽の障害児通所支援指定申請書を大阪府に提出して、不正な手段により法第21条の5の3第1項の指定を受けた。



ハローワークの過去求人

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/11

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

とある八幡市と城陽市の社会福祉協議会*行政処分

訪問介護利用者の印鑑無断作製し不正受給、2600万円の返還求める

京都府八幡市と城陽市の各社会福祉協議会で居宅介護支援(ケアマネジメント)事業と訪問介護の利用者の印鑑を無断作製していた問題を調査した両市と京都府が30日、結果を発表した。
八幡市は、介護報酬の不正受給が判明したとして同市社協に約2610万円の返還を求め、11月1日から6カ月間、新規利用者受け入れ停止の行政処分とした。

八幡市社協では、利用者に無断でケアマネジャーが印鑑を用意し、本人や家族の許可無く使っていたことが5月に発覚。市の調査で、ケアマネが2017年10月~19年9月、支援の利用者に対し、サービス計画書の作成などを怠っていたことが分かり、その分の事業を不正受給と判断した。

また、印鑑の無断作製は利用者139人分の145本で、うち118人分の123本が無断で使用されていた。14年度以降、利用者9人のサービス担当者会議などを行っていないことも分かった。市の調査にケアマネの1人は「(利用者宅が)遠くにあったため」などと話したという。府の調査で別の6人分の訪問介護計画書とサービス提供記録に不正押印が分かり、府は法令順守を求めた。

城陽市社協での印鑑無断使用は、利用者5人分のサービス計画書(計88カ月分)に上り、少なくとも約100万円が介護報酬の不正受給に当たることが同市高齢介護課の調べで判明。市は過去5年間の計画書などの自主点検を求めた。


城陽市社会福祉協議会も無断で印鑑作製・使用 利用者5人分  2019年5月27日
八幡市社会福祉協議会のケアマネが利用者の印鑑を無断作成 不正使用も
ケアマネが印鑑無断作成「忘れた際に備えて」10年で114人分
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4483.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/01

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

使用者と労働者の立場は


10月31日の
そもそも派遣の介護士って どうなん?
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4708.html
で書いたこと

人材派遣会社のホットスタッフが
社会福祉法人ライトへ2人を派遣していたけど
派遣料を支払ってくれない と

そもそも派遣の介護士って どうなん?

この言葉が気に掛かる人がいます

管理人の私は
派遣の介護士をどうたら批判しているわけじゃありませんし
感情および偏見から出た言葉でもありません

わたしたち 看護師や介護士たちは
その病院 その福祉施設で直接雇用されるに越したことはないんです
けど
いろんな働き方があるだろうし いろんな考え方をしている人がいるだろう
生まれたばかりの子がいるから
都合いい勤務ができるから
入職してもまたすぐ人間関係で辞めそう
夜勤できないので夜勤したくないから
そんなことで派遣で働く人がいますよね
それでもエエんです
あなたの人生だから
その人の働き方なんだから


病院のおエライさん 福祉法人の理事長さんたち
派遣で働いくれている看護師や介護士たちの中には
やる気のある人が一杯います
活躍できそうな人がたくさんいます
そんな派遣の看護師や介護士たちの中にはココで継続したい と
これからもこの病院や施設で働きたい と
この病院や施設で雇ってもらいたい と思っていますよ
そんな看護師や介護士たちの心境を察してください

やる気のある人が病院で施設で活躍してくれます
その病院や施設を変えていってくれますよ
Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

メディアが報道する前に自治体が公表するアタリマエです

新聞やテレビはニュースを発信するけれど
その当日か前日までに自治体がホームページで公表する アタリマエでっせ
自治体 ⇒ 己の地域で起きた不祥事を村民・市民・府県民・国民に知らせる
当然のことですよ
我々国民には知る権利があるんです
マスメディアが報道する内容より詳しく詳細に自治体がホームページで公表する
常識でっせ 
己の職員が不祥事をしでかした 福祉法人が事業者が不祥事をかましたとき
その内容を詳しく詳細に自治体がホームページで公表する
あたりまえですよ
仕事をせえへん 怠慢なのか 村民や市民や府県民に知らせんでもエエんちゃう
己の地域で起きた不祥事を己の自治体のホームページで公表しない
バカ?
そんな自治体が運営しているサイトが多いわな

⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨
そうしたなかで

例えば宮城県仙台市は10月31日にホームページで公表している



河北新報社が11月1日に配信したニュースだ

障害者就労支援の3法人、補助金1696万円を不正受給 仙台市が2社指定取り消し

仙台市は31日、市内で障害者の就労移行支援施設などを運営する3法人が、総額1696万円の補助金を不正に受給したとして、2法人の障害福祉サービス事業者の指定を取り消し、1法人を3カ月間の新規受け入れ停止とする行政処分を決めた。
.
指定取り消しはスプリント(名取市)とツグミ(仙台市)で不正受給はスプリントが約940万円、ツグミが約680万円。
2法人とも刑事告訴を検討する。新規受け入れ停止はフロンティアリンク(東京)で、約76万円を不正受給した。
.
市によると、スプリントは2018年4月、勤務実態のない職員を申請書に記載し、就労移行支援サービスなどの指定を受け、19年10月まで就労支援員らの不足を届け出ず、訓練等給付費を不正に受け取った。
.
太白区でグループホームを運営するツグミは、
18年3月に職員数が配置基準を下回り、19年10月からはゼロとなり、サービスを提供できなくなったにもかかわらず、補助金を受給した。
.
フロンティアは
就労支援員の職員の東京勤務が続き、仙台での勤務実態がなく職員数が基準未満の状態だったが、18年9月~19年3月の補助金を不正に得た。
.
いずれも関係者からの情報提供や定期調査で不正が発覚。スプリントとツグミの施設利用者13人は既に別の施設に移ったという。



仙台市は前日にホームページで公表している 見やすく しかも詳細に

障害福祉サービス事業者に対する行政処分ついて
障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)第50条第1項の規定に基づき、事業者の行政処分(指定の取消しまたは指定の一部効力停止)を行い、本日、当該処分を通知しました。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/01

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.01 (Fri)

そやけど私は大阪府知事の吉村洋文を支持応援しています

今年5月に情報提供があり発覚した一般社団法人スクエアの不正受給事件
2018年8月~2019年4月まで 利用者7人がジョブステーション四條畷でサービスを受けたよう装い不正請求を繰り返していた
代表理事の元橋理浩今年7月1日付で退いている ⇒ 加藤 和彦
元橋理浩は寝屋川市の市議会議員でもあった ⇒ 今年7月1日付で代表を退いている
また
大阪維新の会の所属だったが9月に離脱

大阪維新の会代表代行で 大阪府知事の吉村洋文
とんでもない話
刑事事件も視野に入れて厳しくやっていく


寝屋川市議が不正受給 元大阪維新の会

大阪府は31日、同府四條畷市で障害福祉サービス事業を手掛ける「一般社団法人スクエア」が昨年夏から今年春にかけ、給付費計約150万円を不正に受け取っていたとして、就労移行支援の事業者指定を取り消したと発表した。当時の代表は同府寝屋川市議の元橋理浩氏で、今年7月1日付で退いている。

元橋氏は松井一郎大阪市長が代表、吉村洋文府知事が代表代行を務める大阪維新の会に所属していたが、「一身上の都合」を理由に9月21日付で離脱。寝屋川市議会の大阪維新会派も同24日付で離れた。松井、吉村両氏は大阪維新を離れた当時、不正受給を把握していなかったとした。吉村氏は「とんでもない話で、刑事手続きも視野に対処する」と強調。大阪維新としても調査する必要があるとの認識を示した。

府によると、スクエアは昨年7月に数回、運営する事業所でサービスを提供した同府大東市の利用者に関し、同8月~今年4月にも提供したと虚偽の申請をした。府は通報に基づいて5月に立ち入り調査を実施。元橋市議は不正受給を認めているという。




元橋理浩が大阪維新の会所属だったとか
エエやろ まわりが騒ぐほどのことですかね
以前から 当ブログ管理人の私は
大阪維新の会を支持しています
応援しております

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/01

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |