FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.12 (Tue)

有料老人ホームで入居者に肘打ち*解雇 ⇒ 傷害容疑で逮捕


午前2時と午前5時の2回 女性が徘徊し 仮眠を邪魔されカッとなって殴った

つい最近開設されたばかりの https://www.kentac.org/shirouzono.html
100-akv_dbbyuy19kk.jpg

老人ホーム元職員を逮捕 入所者を肘打ちした疑い

老人ホームで入所者の女性の顔を肘打ちしてけがをさせたとして、鹿児島県警日置署は12日、傷害容疑で、施設の元介護士で無職有馬洋一容疑者(38)=同県いちき串木野市西島平町=を逮捕した。

右肘で殴ったことは間違いない」と話し、容疑を認めているという。

逮捕容疑は10月25日午前5時20分ごろ、同県日置市伊集院町の有料老人ホームで、入所中の女性(77)に対し、左あご付近を右肘で打つなどの暴行を加え、約10日間の傷害を負わせた疑い。

同署によると、女性は高度の認知症で、同容疑者は当時1人で勤務していた。有馬容疑者の後に勤務に入った職員が、女性の顔にあざがあるのを発見。防犯カメラに同容疑者が肘打ちする様子が映っていたほか、施設の聞き取りに殴ったことを認めたため、施設長が同署に届け出た。

施設は10月31日付で有馬容疑者を解雇した。
「話し合いが白熱すると、声が大きくなるところはあった」(施設長)

本来 防犯カメラ監視カメラは犯罪を抑止するもの 未然に防げるはず ・・・



近頃は犯罪の証拠物になってる




日置市の有料老人ホームで入所者に暴行の介護士逮捕

鹿児島県日置市の老人ホームで先月、入居者の女性を肘で殴るなどの暴行を加えけがをさせたとして、元職員の男が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのは、いちき串木野市西島平町の元施設職員で、無職の有馬洋一容疑者(38)。

日置警察署によると、有馬容疑者は先月25日の午前5時半ごろ、日置市伊集院町内の住宅型有料老人ホームで、徘徊していた認知症の77歳の女性の入居者に対し、右ひじであごを殴るなどの暴行を加え、およそ10日間のけがをさせた疑い。

当時施設は当直体制で、有馬容疑者は1人で勤務していて、有馬容疑者の後に出勤した職員が女性のあざに気がつき、発覚したという。
施設内の防犯カメラに暴行の様子が記録されていて、警察の調べに対し、有馬容疑者は、「殴ったことは間違いない」と容疑を認めている。また、別の防犯カメラには、床についた女性の血痕のようなものを拭き取る有馬容疑者の姿も記録されていた。

施設は、先月末で有馬容疑者を懲戒解雇。警察が、日常的な暴行がなかったかなど詳しく調べている。

施設によると
有馬容疑者はトラブルなどが理由で
介護関係の職を10回以上転職していて施設には今年から勤めていたという






日置市の住宅型有料老人ホームで、入居している77歳の女性に対し顔を肘打ちするなどの暴行を加えた元職員の男が逮捕された。

先月25日の明け方に撮影された防犯カメラの映像。部屋に人影が。
入居者と見られる。そこに職員と見られる人が入っていた。無理やり手を引き部屋から連れ出そうとするが、なかなかその場を動こうとしない。すると職員が入居者の顔のあたりを殴る姿が映っていた。また別の防犯カメラには、入居者を無理やり引っ張り歩く姿や、床に落ちた血痕のようなものをふき取る姿が映っていた。

逮捕されたのはいちき串木野市の元施設職員の有馬洋一容疑者(38)。
警察によると、有馬容疑者は先月25日午前5時20分ごろ、勤務していた日置市伊集院町の住宅型有料老人ホームで入居している77歳の女性に対し顔を肘打ちするなどの暴行を加え、約10日のケガをさせた疑いが持たれている。有馬容疑者は先月31日付けで施設を解雇されている。この女性は認知症を患っていて、施設に勤める他の職員が女性のケガに気付き事件が発覚した。

施設長は有馬容疑者について「報告連絡相談を怠ったり、自分一人の独断で行動したり、他の人の気持ちを考えるとか先を見越して行動するとかそういうところの弱さは感じていた」と話した。

警察の調べに対して有馬容疑者は「殴ったことは間違いない」と容疑を認めていて、動機に関しては「2回も仮眠時間を奪われカッとなった」と話しているという。警察で事件の経緯を詳しく調べている。

また、日置市はすでに施設の聞き取り調査を実施しており入居者に対する身体的虐待があったと認定したという。施設を監督する県も同様の立ち入り検査を行っていて、今後、改善計画を求めるとしている。


日置市は

虐待ではなく傷害事件です

監督する鹿児島県
100-akv_dbbyuy80n.jpg

鹿児島県日置市伊集院町下谷口2569
https://www.kentac.org/shirouzono.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/15

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.12 (Tue)

ありがとう*盛岡市のやよいリビングさん

ありがとう こどもたちも喜んでいますよ




盛岡市の寝具メーカーが児童養護施設に布団を寄贈

岩手県盛岡市に本社がある寝具メーカーが11日、古くなった綿を再利用した布団を県内の児童養護施設に贈った。
やよいリビングは寝具を児童養護施設などに届ける活動を続けている。

11日は岩手県庁で贈呈式が行われ、戸田直樹代表から岩手県の野原勝保健福祉部長に目録が手渡された。贈られる寝具は、廃棄される良質な古い綿を再利用し子どもの体の大きさに合わせて仕立て直した。敷布団や掛布団など計50枚が県内4つの児童養護施設に贈られる。


    



児童養護施設に寝具を寄贈 10月7日

岩手県盛岡市の寝具メーカーが7日、古い綿を再利用して作った布団を児童養護施設に寄贈した。
これは盛岡市に本社がある寝具メーカー、「やよいリビング」が2015年から行っているもの。

贈呈式では、県内6つの児童養護施設に向けて敷布団と掛け布団の合わせて36セット分の目録が贈られた。やよいリビング戸田直樹代表「お客様から古綿をお預かりする際に子どもたちに対する思いを感じていたので、自分たちのやりがいも感じながら努めてまいりたい」。

今回贈られた布団は、布団をリフォームする際に不要となった古い綿を集めて再利用したもので、「やよいリビング」では客からの理解や支援もあることから、今後もこの活動を続けていくという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/12

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.12 (Tue)

また放課後等デイサービスが*吹田市のNPO法人障害児童見守りの場わかば

職員がサービス提供時間中に
利用児の胸倉をつかみながら厳しい口調で叱るといった行為等が繰り返しあった


指定障害児通所支援事業者の一部効力(新規利用者受入)の停止処分について

大阪府は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第21条5の24第1項の規定により、以下の指定障害児通所支援事業者に対する処分を行いましたので、お知らせします。

1 対象事業者
(1) 法人名 NPO法人 障害児童見守りの場わかば
(2) 代表者 理事長 氷高 てる子
(3) 所在地 大阪府吹田市津雲台四丁目3番3-2号

2 対象事業所名及び所在地
(1) 事業所名  児童デイサービスわかば2
(2) 所在地  大阪府吹田市津雲台四丁目1番9号
(3) サービス種別  児童発達支援・放課後等デイサービス

3 処分年月日
令和元年11月8日(金曜日)

4 処分の内容
指定の一部効力(新規利用者受入)の停止
令和元年11月9日(土曜日)から3か月間

5 処分の理由
(1)人格尊重義務違反(法第21条の5の24第1項第2号)
指定障害児通所支援事業者等は、障害児の人格を尊重するとともに、この法律又はこの法律に基づく命令を遵守し、障害児及びその保護者のため忠実にその職務を遂行しなければならないが、従業者がサービス提供時間中に、利用児の胸倉をつかみながら厳しい口調で叱るといった行為等が繰り返しあったため。

大阪府 福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課  指定・指導グループ




NPO法人障害児童見守りの場わかば
理事長 氷高てる子
大阪府吹田市津雲台四丁目3番3-2号
設立 2009年1月8日



児童デイサービスわかば2
大阪府吹田市津雲台四丁目1番9号



3か月間 利用者の受入停止
しょーもない処分やな
もっと厳しくせなアカンよ
改善報告書を出させて 反省を文字にして表しなさい
また同じことしよるわ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/12

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |