FC2ブログ
2019年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2019.11.14 (Thu)

准看護師だから?だから ・・・何?



異変に気付いた同僚の問いかけに耳を傾けず挿管ミスの元准看護師
罰金50万円の有罪判決

3年前、山形市内の介護施設の入居者の女性が死亡した事件で、この施設に准看護師として勤めていた女が、女性の気管に誤って栄養チューブを挿入して窒息死させたとして、業務上過失致死の罪に問われた裁判で、山形地方裁判所は女に罰金50万円の有罪判決を言い渡した。

山形市の無職、古林妙子被告(74)は、平成28年2月、准看護師として勤めていた山形市内の介護施設で、当時87歳の入居者の女性に対し、胃に栄養を送るチューブを誤って気管に挿入し続けて窒息死させたとして、業務上過失致死の罪に問われていた。

裁判で、古林被告は「女性がせき込むことはなく、スムーズにチューブは入っていった」などと、無罪を主張していた。
13日の判決で、山形地方裁判所の兒島光夫裁判長は「チューブを挿入する時、女性がふだんよりも大きな声を出してせき込んでいたなどという施設のほかの職員の証言は十分に信用できる」と指摘した。

そのうえで「ほかの職員が女に大丈夫か問いかけたにもかかわらず、チューブの挿入を続けて見過ごした過失は重大」などとして、求刑どおり罰金50万円の有罪判決を言い渡した。
判決のあと、古林被告の弁護人は「控訴については、古林被告とも相談し、慎重に検討したい」と話している。


ん? 示談は?

挿管ミス罰金50万円求刑 元准看護師、入所者死亡で 2019年10月3日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4631.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/14

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.14 (Thu)

日本医療労働組合連合会の2019年度夜勤実態調査結果

サーカディアンリズム
概日リズム
体内時計

人間という動物は サーカディアンリズムによって 昼間活動して夜間眠るようになっている

人間は
どんなに訓練を積んでも
その道の達人であっても
疲労・睡眠不足・概日リズムが要求する眠りには
絶対に打ち勝てないことを
忘れてはならない


夜勤を2人制に夜勤回数を月8日以内に
ニッパチ闘争
2.8 闘争
激務を極めていた看護労働者の夜間勤務に対する基準要求で 「2.8」とは「複数人(2人以上)での勤務、1人月8回以内」を意味している。昭和38年の新潟県病院労組の夜勤制限を求めた看護婦達によるストライキ「新潟の2.8闘争」から始まった。結果、法的拘束力はないが夜勤労働の改善目標となる「夜勤については2人1組で 月8日以内」との人事院判定が出されることとなった。
1992年
診療報酬の基準看護承認要件に「勤務形態はなるべく三交代制であることが望ましいが、保険医療機関の実情に応じて二交代制の勤務形態があってもさしつかえない」とされた。


日本医療労働組合連合会は
看護師の夜勤の実態を把握するために実施した調査の結果を公表した
 2019年11月11日


2019年度夜勤実態調査結果
http://irouren.or.jp/news/fde432d9881abcb2a76c0b12bc0a35f54c6c8604.pdf

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/14

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.14 (Thu)

無罪の元介護職員 ⇒ 労災認定された

社会福祉法人済昭園
理事長 小佐々良徹
佐賀県嬉野市塩田町大字五町田甲3443番地


職場で犯人扱いされうつに 無罪の女性に異例の労災認定 労働基準監督署

老人ホームに入居する男性の胃ろうのカテーテルを抜いたとして傷害罪に問われ、無罪判決を受けた佐賀県鹿島市の女性(34)が労災と認定されたことがわかった。労働基準監督署は、女性が施設側から犯人扱いされて自宅待機を命じられ、直後に適応障害を発病したと判断した。専門家によると、無罪事件を巡る労災認定は珍しい。

女性の代理人の吉田俊介弁護士(福岡県弁護士会)によると、認定は4月23日付。女性は、佐賀県嬉野市の老人ホームに介護職員として勤務していた。2014年12月、入所する90代男性の胃ろうのカテーテルが抜けることがあり、県警は15年5月、男性の胃を傷つけたなどとして傷害容疑で女性を逮捕。女性は傷害罪で起訴されたが無罪を主張した。佐賀地裁は17年12月に「被告がカテーテルを故意に抜いたというには合理的な疑いが残る」として無罪判決を言い渡し、その後確定した。

女性側は「ホームを運営する社会福祉法人が女性の関与を疑って自宅待機を命じたうえで警察に通報した」とし、「適応障害を発病したのは自宅待機命令がきっかけ」と主張。18年10月に武雄労働基準監督署に労災を申請した。労基署は待機命令直後の15年3月初旬に適応障害を発病したと認定。「無実を訴えていたが一方的に犯人扱いされ、自宅待機を命令された」として心理的負荷を3段階の「強」と判断した。

自宅待機命令後の逮捕や1年近い勾留で症状が悪化し、うつ状態に。一時は睡眠障害で足が動かず車いすでの生活を強いられ、現在も働けないという。

労災問題に詳しい松丸正弁護士(大阪弁護士会)は「職場の不十分な調査で横領などが疑われ、退職に追い込まれることは少なくない。今回は冤罪(えんざい)だとはっきりしたケースで労災認定は当然だが、非常に珍しい事例だ」と話す。


「犯人視で適応障害」無罪の女性、労災認定 武雄労基署

佐賀県嬉野市の老人ホームに入所していた男性の胃ろうカテーテルを抜いたとして傷害罪に問われ、無罪が確定した同県鹿島市の女性(34)が、武雄労働基準監督署に労災認定されていたことが分かった。女性が施設側に犯人扱いされ、自宅待機を命じられた直後に適応障害を発症したと判断した。無罪事件を巡る労災認定は珍しいという。

代理人の吉田俊介弁護士によると女性が介護職員として勤務した老人ホームで2014年12月、男性入所者の胃ろうカテーテルが外れる事態が起きた。施設側は15年2月から女性を自宅待機として警察に通報。県警は同年5月、女性を傷害容疑で逮捕した。女性は傷害罪で起訴されたが、佐賀地裁は17年12月、「故意に抜いたというには合理的な疑いが残る」として無罪判決を言い渡した。佐賀地検は控訴せず、無罪が確定した。

判決を受け、女性側は18年10月、「ホームを運営する社会福祉法人が、女性がカテーテルを抜いたと決めつけ、犯人扱いした。女性は精神的負担を負った」と訴え、労災認定を申請。労基署は「女性が一方的に犯人扱いされた」と判断し、心理的負荷の度合いを、3段階で最高の「強」と認めた。認定は4月23日付。

吉田弁護士は「無罪になった事件で労災が認められるケースは珍しく、画期的だ。労災制度を使えば冤罪を助長した企業の責任を追及することができると、社会に認知された点で大きな意味がある」と語った。

女性は逮捕後に症状が悪化し、うつ状態となった。一時は睡眠障害で歩行できずに車いすで生活し、現在も働くことができない。18年7月、女性は「精神的苦痛を受けた」として社会福祉法人を相手に損害賠償など約1470万円を求め、佐賀地裁に提訴している。 


嬉野市の養護老人ホーム済昭園での胃ろう用カテーテル引き抜き事件

無罪の介護職員、施設側を提訴 慰謝料など約1230万円を求める 2018年7月13日

佐賀地裁判決 嬉野の介護施設職員無罪 胃ろう管「引き抜きは疑問」 2017年12月12日
勤務先の嬉野市塩田町の養護老人ホーム「済昭園」で2014年12月、入所していた当時95歳の男性の胃ろう用カテーテル(管)をわざと引き抜いて粘膜を傷つけたとして、傷害罪に問われた介護職員藤武奈緒美被告(32)=鹿島市=の判決で、佐賀地裁は11日、「故意に引き抜いたとするには合理的な疑いが残る」として無罪(求刑懲役1年)を言い渡した。

https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4109.html




慰謝料 1230万円 低すぎるわ 安すぎるわ
私だったら1億円請求する


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/15

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.11.14 (Thu)

身体的 精神的に大きなトラウマを負った日の里西保育園の子供たち

そもそもの戦犯は福岡県
また 宗像市でもあり福岡県警察である
これら税金で飯を食う公僕は
市民の生命財産を守る使命がある


事件事故が起きてから どうたらこうたら
わたしは
福岡県知事を責めない
福岡県警察本部長を責めたりしない
宗像市長を責めません

問題は 今回の事件で報告告発の声明を聞いた末端の職員なのだ
小さい事件だからと ナメとったから
これだけの大きい事件に発展したのだ

福岡県と宗像市が私立保育園を特別指導監査へ

福岡県の小川洋知事は12日の定例記者会見で、同県宗像市の私立「日の里西保育園」で、男児がたたかれた傷害事件をめぐり、児童福祉法などに基づく「特別指導監査」を同市と合同で近く実施すると明らかにした。小川氏は「指導なのか体罰なのかの線引きがあるので、まずは事実確認をし、指導をしていきたい」と述べた。

>指導なのか体罰なのかの線引きがあるので
もうな この手の表現を変えなさい
傷害です

日の里西保育園を巡っては2016年にも「園児への厳しく激しい指導」について県に匿名の情報が入り、特別指導監査を実施したが、園児への傷害などは確認できなかった。

社会福祉法人に対する指導監督 厚生労働省

福岡県の小川洋知事
監査では指導なのか、体罰なのか、線引きもあるので 事実の確認、要因・背景を調査して法律に基づいた指導を行っていきたい

そもそも 就学前の子供に体罰 って
子供に罰を与える ってな

日の里西保育園の子供たちは トラウマになるんですよ
日の里西保育園の子供たちは 心的外傷後ストレス障害を発症しているかもしれない


https://www.facebook.com/elio.tanaka/posts/10157990364964066




https://www.facebook.com/elio.tanaka/posts/10157990364964066

日本国の将来を担う子供たちを守るために

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/11/14

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |