FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2019.12.06 (Fri)

タンデム自転車って乗り物が普及すれば

反対です
公道を走行するタンデム自転車

個人的な意見ですよ

なんで?
どうして?
理由は??

細かく言うと いろんな人が反発するのでヤメとく


栃木県で2人乗りの「タンデム自転車」公道走行解禁 視覚障害者から期待の声
って 産経新聞のニュース記事

サドルとペダルが2組ずつある2人乗りの自転車「タンデム自転車」の公道走行が今月、栃木県で解禁された。健常者が前に乗ることで、視覚障害者でも楽しめる自転車として公道走行を望む声が出ていた。取り扱う店舗が限られ普及が進んでいないなど課題もあるタンデム自転車だが、視覚障害者の行動範囲が広がると期待が集まっている。

タンデム自転車は、車体の前後にサドルとペダルが2組ずつあり、前に乗る人のみがハンドルを操作できる。このため、後ろであれば視覚障害者でも乗ることができるとして注目を集め、パラリンピックの自転車競技にも用いられている。ただ、通常の自転車よりスピードが出やすくハンドル操作も難しいとされ、県内では一部の公園などを除いて走行が禁止されていた。

一方、全国的には近年、公道走行解禁の動きが活発化。県内でも視覚障害者団体などから公道走行を望む声があったほか、先行して解禁した近隣県で交通事故が発生していないことから、県警が解禁にかじを切った。県公安委員会が県道交法施行細則を一部改正して今月から公道走行が実現。現在、本県を含め27府県で公道走行が可能という。

県警は解禁日の今月1日に、宇都宮市内でタンデム自転車の体験講習会を開催。参加者からは「楽しかった」「風を直に感じることができてよかった」などの声が上がったという。

今後の課題は取り扱う店舗が限られているタンデム自転車の普及だ。ただ、解禁を受けて販売や貸し出しの検討を始める動きもあり、今後の動向が注目される。

交通ルールの周知も必要になる。タンデム自転車は道交法上「軽車両」に該当するため、普通の自転車なら可能な歩道走行ができない。ほかにも進入禁止の箇所がある。また、発進や停止、右左折時には2人で意思疎通を図らなければならない。県警交通企画課は「公道に出る前に安全な場所で練習し、2人で声を掛け合って楽しんでほしい」と話している。


ただ
それならば
自転車専用道路で走行してみれば
Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.06 (Fri)

男だな神奈川県知事の黒岩祐治 ⇒ 蓋を開けてみなければわからない

神奈川県知事の黒岩祐治
やまゆり園の指定管理者見直し表明

建て替え中の緑区の千木良園舎と仮移転先の南区の芹が谷園舎が対象

神奈川県の黒岩祐治知事は5日の県議会本会議で、2016年に殺傷事件があった相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」と横浜市に新設する「芹が谷やまゆり園」の指定管理者を見直すと表明した。両園は21年度に開所する計画。

現在の指定管理者の社会福祉法人、かながわ共同会が運営する愛名やまゆり園(神奈川県厚木市、県が特別監査中)の元園長が女子児童に性的暴行を加えた疑いで逮捕されたことを受け、黒岩知事は「許しがたい」と強調。

逮捕後に入所者から
車いすに長時間拘束された 園外への散歩がほぼないなどといった不満が噴出したこともあり見直しを決めた


かながわ共同会との指定管理者契約は24年度までだが、県は期間短縮を求めて協議する意向だ。新しい指定管理者は公募で決める。県は今後、計画に間に合うように協議や公募手続きなどを急ぐ。


神奈川県は当初、入所者家族らの同法人による運営継続の要望などを受け、施設再建後も指定管理期間の2024年度までは公募しない方向で調整していた

津久井やまゆり園の運営者見直しへ

2016年に入所者19人が殺害された神奈川県立障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)の運営を巡り、黒岩祐治知事は5日、同園の指定管理者を見直す方針を明らかにした。現在運営している社会福祉法人「かながわ共同会」の指定管理期間を短縮し、21年度の施設再建までに運営主体を新たに公募する。同法人の相次ぐ不適切事案を受け、従来の方針を転換した。

建て替え中の千木良園舎(同市緑区)と仮移転先の芹が谷園舎(横浜市港南区)が対象。同日の県議会本会議で、知事は「社会福祉法人として、人権を尊重し、すべての人の尊厳を守るべき立場にあり、道義的責任は看過できない」と述べた。

県は当初、入所者家族らの同法人による運営継続の要望などを受け、施設再建後も指定管理期間の24年度までは公募しない方向で調整していた。

しかし、今年10月に同法人の理事が女児に対する強制性交容疑で逮捕されたことを機に、同園での入所者への身体拘束や外出の機会が少ないなどといった支援の質を問う声が相次いでいた。これを受け、知事は「利用者中心の支援を実現するためには仕切り直しが必要」と判断した。

県は、同法人と指定管理期間の短縮について近く協議を始める考え。千木良園舎と芹が谷園舎はそれぞれ21年度中の利用開始を予定しており、遅くとも来年7月ごろには指定管理者を公募したいとしている。同法人も再公募は可能という。

一方、同法人が指定管理者として運営している県立障害者施設「厚木精華園」「愛名やまゆり園」は現時点では見直し対象にしていない。


かながわ共同会が指定管理者として運営している県立障害者施設「厚木精華園」「愛名やまゆり園」は現時点では見直し対象外




津久井やまゆり園 再生後の指定管理者を新たに公募へ

入所者ら46人が殺傷された相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」について、黒岩知事は園の指定管理者を公募で選定すると表明した。
これは県議会本会議で知事が明らかにした。

事件が起きたのは今から3年前の7月、相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で元職員の植松聖被告が入所者らを次々と刺し、19人が殺害された。 施設は再来年度の再開を目指し現在建て替え工事が進められていて、2024年度までは社会福祉法人かながわ共同会が指定管理者となっている。 しかし今年10月、かながわ共同会が管理する愛名やまゆり園の元園長が小学生の女子児童に性的暴行を加えたとして逮捕された。

これを受け知事は、「利用者の尊厳を守るべき立場にある共同会の道義的責任は看過できない」とし、千木良と芹が谷の施設について指定管理者を公募で選定すると公表した。 県は現在かながわ共同会に対して特別監査を行っていて、施設の利用者や家族に対しては今後、知事自らが説明し理解を求めるとしている。



蓋を開けると
だーれも
誰も
神奈川県の障害者福祉関連の法人は
どこも
手を上げなかったりしてな

オマエら神奈川県の障害者福祉関連のみなさん
男気を見せてみろよ

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/06

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2019.12.06 (Fri)

また神戸市が ・・・

また
またかよ

一年半前のこと でっせ

こんなんだから
隠蔽体質は改善改革できないんだろ
オマエら閉鎖的な福祉法人がおまえら独自で改善できるんですか
にしても
指導監督せなアカン神戸市がこんなんだからな


とんでもない福祉法人
そして
もうどうでもええ神戸市
アホ?

神戸市北区の障害者施設 園長が入所者はねて重傷

2018年4月、神戸市北区の障害者施設の園長が車で入所者をはねて重傷を負わせていたことが分かった。
2018年4月、兵庫県神戸市北区にある「神戸光の村授産学園」の近くで、56歳の園長の男性が車で42歳の入所者の男性をはねた。

園によると、早朝マラソンが行われていた午前6時ごろ、ほかのランナーを避けようとハンドルを切った園長が男性を後ろからはねたのを設置している防犯カメラで確認したという。
男性は右足を骨折する重傷。

園長は当初、「男性が飛び出してきた」と説明していたが、その後、運転を誤ったことを認めている。

また、警察への届け出は事故の翌日になっていて、「過去に救急車の到着まで時間がかかったことがあり、自分の車で病院に行き、一晩付き添ったため」と述べている。

園は神戸市に事故と園長の減給処分を報告しているということだが、市は守秘義務があり、園の対応が適切だったかどうかなど答えられないと。


守秘義務って
秘密って
何の秘密なんですか?
なんで秘密を守ることなんですか?
神戸市さん

知的障害者を車ではねて通報せず 神戸の施設園長、市に虚偽報告も

神戸市北区の知的障害者入所施設の園長で、運営する社会福祉法人の男性理事長(56)が昨年4月、施設付近で乗用車を運転中に園生の男性をはねて重傷を負わせた後、警察や救急車を呼ばずに自ら病院へ搬送していたことが5日分かった。理事長は当初、男性の保護者や法人を指導監査する同市に「園生が飛び出してきた」と説明していたが、事実と違っていた。

施設関係者によると、事故は昨年4月5日午前6時すぎに発生。早朝マラソンをしていた園生の男性(42)に、理事長の車が後ろからぶつかり、男性は右足を複雑骨折する重傷を負った。理事長は男性を自分の車に乗せて同市西区の病院に搬送、翌日に警察に届けた。

その後、付近の防犯カメラ映像から、理事長がマラソン中の別の園生を避けようとハンドルを切り、男性をはねたことが判明。理事長は略式起訴され、罰金刑の略式命令を出された。

男性の家族は「かなり出血していたのに救急車を呼ばず、施設職員を通じて病院を探すなどしたため、事故から病院到着まで1時間半近くもかかった」と指摘。「事故原因も、状況を説明できない息子のせいにしようとした。市にも事実と違う報告をした」と憤る。

一方、理事長は「病院到着まで1時間半もかかっていない」とした上で、「以前、救急車が施設に到着するのに時間がかかったことがあったので自分で運んだが、救急車を呼ばなかったのは申し訳ない」とした。

当初「園生が飛び出した」と市などに報告していたことには「勘違いしたが、防犯カメラを見たら違った。園生が走るコースに車で入ったことを反省している」と釈明。市からは指導を受けたという。市は「指導内容は答えられない」としている。


特定非営利活動法人 兵庫セルプセンター
理事長 山﨑玲輔
神戸光の村授産学園
神戸市北区淡河町木津383

あのな
こういう事件事故は
告発せえよ
職員が
そして保護者が

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2019/12/06

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |