FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2020.01.28 (Tue)

善通寺市の保育所で遊具に首挟まれ3歳児死亡事故*運営法人に約3100万円賠償命令

うんていに首挟まれ3歳児死亡 地裁、保育所に賠償命令

香川県善通寺市の保育所で2017年、3歳だった女児がうんていに首を挟まれ死亡した事故をめぐり、両親が運営法人と園長、保育士に計約5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、高松地裁であった。森実将人裁判長は「遊具の危険性を放置し、組織として過失がある」と述べ、運営法人に約3100万円の支払いを命じた。

判決によると、認可保育所「カナン子育てプラザ21」で17年4月、女児が木製のうんていを上っていたところ、水平のはしご部分(高さ約1メートル)と筋交いの間に首を挟まれた。保育士が約10分後に気づいたが、女児は低酸素脳症で9カ月後に死亡した。

うんていは別の保育所の特注品で、同型のものを製造会社から購入していた。はしごと筋交いの間の角度は約44度。遊具メーカーなどの業界団体が定めた安全基準は、頭が挟まって抜けなくなるとして、55度未満の隙間を認めていない。園側は購入した遊具について、この基準や危険性を認識していなかった。

訴訟で保育所側は「園として適切な賠償額を払う」とする一方、園長と保育士に責任はないと主張。判決も、2人が「事故を予想するのは困難だった」として過失を認めなかった。法人に対しては「角度の問題を放置していた」と述べた。

事故をめぐっては、香川県警が18年2月、園長を業務上過失致死の疑いで書類送検し、高松地検が19年1月に嫌疑不十分で不起訴にした。


社会福祉法人カナン福祉センター
香川県善通寺市の保育園 カナン子育てプラザ21

判決によると、女児はうんていの木製枠に首を挟まれた状態で見つかり、18年1月、低酸素脳症で死亡した。森実裁判長は「挟まれる危険性を認識できたのに、放置した」と同法人の過失を認定した一方、園長については「就任後わずか12日目に発生し、予見は著しく困難」などとして、当時の担任の保育士らも含めて責任を認めなかった。

事故を巡っては、同県警が18年2月に園長を業務上過失致死容疑で書類送検。高松地検は「事故の予見は困難で、監督責任を問うのは難しい」として不起訴(嫌疑不十分)とした。

同法人の片山 尭理事長は「かけがえのない命が失われ、遺族には申し訳ない気持ちでいっぱい。子供たちが安全に遊べるよう再発防止策に努めたい」と話した。






カナン子育てプラザ21の遊具死亡事故*たいしたもんだ検証委員会の報告書
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4435.html

3歳児、首挟む 一時心肺停止 香川の保育園 2017年4月14日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3415.html

保育施設の雲梯事故 両親が2億5千万円の損害賠償を求めて提訴 2018年1月9日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3829.html

意識不明の女児死亡 2018年1月24日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3856.html

園庭遊具に首挟まれ女児死亡、園長を書類送検 2018年2月28日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3914.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/29

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.28 (Tue)

病院再編問題*富山県朝日町の病院

病院再編問題 厚生労働省があさひ総合病院視察/富山

意見交換会のあと、厚労省の担当者は再編・統合の対象である朝日町のあさひ総合病院を視察しました。
高齢者医療の先進モデルを目指して改修したリハビリ施設などを見て回り、「この経験を病院再編を検討する一助にしたい」と述べた。

あさひ総合病院を視察に訪れたのは厚労省の鈴木地域医療計画課長ら2人。
当初は、橋本副大臣が視察予定でしたが、新型肺炎の対応で急きょ中止となった。

この視察は、再編・統合問題で病院の行く末を心配する医師や看護師、町民の不安を払拭するため、朝日町などが去年10月から国に働きかけて実現したもの。

28日は笹原靖直町長や東山考一院長らが案内役を務め、高齢者医療の先進モデルを目指して改修した通所リハビリステーションや院内デイサービスの利用状況を説明。
町民に開かれた地域医療の拠点として、あさひ総合病院が必要不可欠であることを強調した。



2019年11月22日
厚生労働省が9月、再編統合の検討が必要な公立・公的病院名の公表に初めて踏み切った。
再編や統合を議論すべきだとする全国424の病院について実名を公表した

名指しされた病院や自治体には「地域の実情を反映していない」などの反発が根強い一方、人口減が進む中で多くの関係者が「全国的に病床数を減らさないといけない」との問題意識は共有する。ニーズの変化に対応しつつ、どう地域医療を守るのか。

国が病院の再編の議論を進めようとする背景には、深刻化する医師や看護師の不足や、赤字の公立病院に支出している公費がおよそ8000億円にまで膨らんでいることなどがある。

公表された病院の一覧
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4770.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/28

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.28 (Tue)

伊勢市の特別養護老人ホームで*24歳の介護職員女を逮捕

入所者の84歳の女性を床に投げ飛ばす ・・・


社会福祉法人慈恵会
特別養護老人ホーム正邦苑靜乾
三重県伊勢市村松町3355-1

特別養護老人ホームで84歳の女性入所者を暴行し大けがさせたか 介護職員の女を逮捕

三重県伊勢市の特別養護老人ホームで、84歳の女性に暴行を加え大けがをさせたとして、24歳の介護職員の女が逮捕された。

警察によると、逮捕された伊勢市村松町の介護職員・堤有香子容疑者(24)は、26日午前4時半ごろ伊勢市村松町にある特別養護老人ホーム「正邦苑静乾」で、入所者の84歳の女性を床に投げ飛ばし、右足の大腿骨の一部を折る大けがをさせた疑いがもたれている。

施設内の防犯カメラに犯行の様子が映っていて、施設の職員から警察に通報があった。

調べに対し、堤容疑者は容疑を認め、「認知症で徘徊するのでイライラしてやった。私の仕事を邪魔ばかりしてこらしめてやろうと思った」と話しているという。

施設によると、堤容疑者の勤務態度は真面目でこれまで問題を起こしたことはなく、事件当日は被害者の女性を含む18人の利用者を1人で担当していたという。




伊勢署によると、女性が「痛い」と叫ぶ声に別の職員が気付き、消防に通報した。施設側が転倒した経緯を調べようと防犯カメラを確認したところ、堤容疑者が女性を投げ飛ばす様子が映っていたという。
施設側が27日夕に伊勢署へ相談した。
堤容疑者は約6年前から施設で働き、当時は夜勤中だった。女性は1泊2日のショートステイで入所し、この施設の利用は2回目だった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/28

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.28 (Tue)

東近江市でデイサービスの送迎死亡事故

東近江市ってなんで交通事故が多いのか

デイサービス送迎車が民家ブロック塀に衝突、101歳女性が死亡

27日午後4時50分ごろ、滋賀県東近江市林田町の県道で、同市内のデイサービス施設の送迎乗用車=介護士の女性(54)運転=が民家のブロック塀に衝突し、後部座席に乗っていた近くの女性(101)が死亡した。
介護士の女性と同乗の施設利用者2人が、腰や首に打撲などの軽傷を負った。

滋賀県警東近江署によると、介護士の女性は、女性ら3人を施設から自宅へ送る途中だったという。


27日午後4時50分ごろ、東近江市林田町の県道で、同市内のデイサービス施設の女性職員が運転する送迎用のワゴン車(定員七人)が、道路脇の民家のブロック塀に衝突。同乗していた高齢女性三人のうち、101歳の無職柿田か祢(ね)さん=同市林田町=が死亡、二人が軽傷を負った。

東近江署によると、車は施設の利用者を自宅へ送る途中だった。柿田さんは、助手席の後ろに固定した車いすに座っていた。大きな外傷はなかったが、救急隊員が駆けつけた時には意識がない状態だったという。運転していた女性職員に、けがはなかった。
現場は中央線のない直線道路。署が事故原因などを調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/28

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.01.28 (Tue)

やっと訴訟を起こした*伊丹市の社会福祉法人

創業者一族に不正な利益供与
社会福祉法人元役員11人に1億8400万円の損害賠償求め提訴 

兵庫県の阪神間で特別養護老人ホームなどを運営する伊丹市の社会福祉法人「明照会」は27日、創業者一族らに対して不正な利益供与があったとして、前理事長ら元役員11人に総額約1億8400万円の損害賠償を求め、神戸地裁に提訴した。

同法人は前理事長の父が設立。訴状などによると、同会は2011年以降、前理事長の父や親族らの企業が所有する土地や建物5カ所に、不動産鑑定評価額を最大3・3倍上回る賃料を支払い、約9400万円の不正な利益を与えたと指摘。また、親族企業と架空の施設管理や宿直の業務委託契約を結ぶなどして、約5500万円を不正に支出したとした。

同会を巡っては、17年12月に県の特別監査で不適切な経理が判明した。前理事長らは退任し、役員体制を一新。同会が設けた第三者委員会が昨年3月、総額約1億8800万円の利益供与があったとする調査結果を発表していた。

前理事長の父の代理人弁護士は「訴状が届いていないのでコメントできない」としている。



兵庫県伊丹市の福祉法人、損失8900万円 創業一族に高額賃借料 2018年9月24日
伊丹市の社会福祉法人で不正経理 県が改善勧告
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4187.html
社会福祉法人サンシャインは尼崎市から行政処分を受けていた
サンプラザ居宅介護支援事業所
兵庫県尼崎市大庄西町4-3-9
指定取消し
平成30年4月30日

不正請求+虚偽報告 ⇒ 指定取消し 2018年3月29日
http://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-3964.html
社会福祉法人明照会の不正経理問題 不正流用は1億8千万円 第三者委員会が認定 2019年4月1日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4424.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/01/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |