FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.02.10 (Mon)

ちょい悪どころじゃねぇ*悪爺が障害者を食い物にしてバカ?

介護給付2800万円、不正受給 大津の事業所が裏帳簿 2018年3月9日
大津市は9日、介護給付費など2844万円を不正に受給したとして、障害福祉サービス事業所「ケアステーション日和」(同市別保1丁目)の事業所指定を同日付で取り消した、と発表した。市は「極めて悪質」として滋賀県警に詐欺罪で刑事告訴する方針。



介護給付費など詐取疑い NPO元理事の男ら逮捕

滋賀県警捜査2課と大津署は10日、詐欺の疑いで、大津市のNPO法人「障害者の就労を支援する会」の元理事の男(75)=同市=と、法人が運営する障害福祉事業所「ケアステーション日和」の代表の男(67)=京都市山科区=の両容疑者を逮捕した。

逮捕容疑は、共謀し、2016年10月~17年10月、同事業所の居宅介護や移動支援を利用した実態がない人にサービスを提供したと大津市に虚偽請求し、介護給付費など計約10万円をだまし取った疑い。県警は両容疑者の認否を明らかにしていない。

市は、介護給付費などを不正に受給したとして事業所の指定を取り消し、法人に6千万円超の返還請求をしている、という。


介護給付費を不正受給疑いで逮捕

障害者向けの訪問介護サービスなどを行う大津市の福祉事業所の元理事ら2人が、実際には行っていないサービスを行ったと市に虚偽の申告をし、あわせて10万円余りの介護給付費などをだまし取っていたとして、詐欺の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは
大津市のNPO法人障害者の就労を支援する会の元理事、井上四男容疑者(75)と、
現理事の梅澤茂生容疑者(67)。

警察によると、2人は4年前の10月から翌年9月までの間、9回にわたり、運営する事業所「ケアステーション日和」で実際には行っていない訪問介護サービスや、外出時の移動支援サービスを行ったと大津市に虚偽の申告をし、市から介護給付費などあわせて10万円余りをだまし取った詐欺の疑いがもたれている。

2年前に市の調査で不正受給が見つかり、市は福祉事業所としての指定を取り消すとともに、警察に刑事告訴していた。
警察は2人の認否を明らかにしていません。

市の調査では、およそ2800万円の不正受給があったことがわかっていて、警察はほかにも給付費をだまし取っていないか詳しく調べている。逮捕を受け、大津市障害福祉課は「今後も警察の捜査に協力し、市としても再発防止に努めたい」としている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/10

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.10 (Mon)

特別支援教育とは ・・・ こういうことだな

京都府立宇治支援学校
校長 川髙 寿賀子

エエなぁ 理念に沿って自信を持って教育活動されてる
すばらしい




京都の支援学校 生徒が店員 オープンカフェ開店へ 寄付金でワゴン特注

京都府宇治市広野町の宇治支援学校の生徒が接客するオープンカフェ「カフェテラスJOY」が同校敷地内に近く開店する。これに合わせて31日、カフェで使うワゴンがお披露目され、資金を寄付した地元住民に感謝状が贈られた。

同校では9年前から、生徒が店員を務める喫茶店「カフェJOY」を校舎内で営業している。障害者と地域住民の交流を目的にし、誰もが利用できる。客からオープンカフェを開いてほしいと要望があり、高等部くらし職業コース3年生が企画した。

府内外の10人がふるさと納税制度を用いた「府母校応援ふるさと事業」を通じて寄付。同校がワゴン2台や冷蔵庫などを約230万円で購入した。

この日は、2台のワゴンが公開された。黄緑と黄色を基調にした特注のワゴンは、天板が折りたたみ式で、長さ約3メートル。対面で飲食を提供できる。もう一つは、配膳時に使う。

この日は、寄付者への感謝状贈呈もあった。橋本幸三府教育長が広野町の僧侶林猛雄さん(75)に感謝状を手渡した。
3年の男子生徒は「(天板を)広げた時、ワゴンが大きくてびっくりした。客を笑顔で温かく迎えられるようにしたい」と話した。開店時期は未定だが、早期に決めるという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/10

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |