FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.02.16 (Sun)

久留米市日吉町の医師が酒気帯び追突事故

久留米市で医師の男を現行犯逮捕 「自宅でウイスキーのロックを2杯飲んだ」

15日夜から16日にかけて県内で飲酒運転が相次ぎ、久留米市では追突事故を起こした医師の男が酒気帯びの現行犯で逮捕された。

警察によると16日午後0時10分すぎ久留米市東櫛原町の国道で信号でとまっていた車に普通乗用車が追突する事故があった。
警察が車を運転していた男を調べたところ基準値の約3倍のアルコールが検出されたため、酒気帯びの現行犯で逮捕した。

逮捕されたのは久留米市日吉町の医師・浅倉敏明容疑者(59)で、「自宅で昨夜12時ごろまでウイスキーのロックを2杯飲んだ」と容疑を認めている。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/16

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.16 (Sun)

48歳の保育士が酒気帯び当て逃げ

田川市で昨夜、カラオケ店の駐車場で当て逃げ事故を起こした保育士の杉山真由美容疑者(48)が酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/16

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.16 (Sun)

当たり前の判決

賠償
他に与えた損害をつぐなうこと

損害賠償
違法な行為により損害を受けた者(将来受けるはずだった利益を失った場合を含む)に対して
その原因を作った者が損害の埋め合わせをすること



廊下で園児同士が衝突、右目周辺を骨折 原告の損害賠償請求を棄却

佐賀県佐賀市の認定こども園で2015年、園児とぶつかる事故で目を負傷したとして、元園児(8)が園を運営する学校法人に約1050万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、佐賀地裁は31日、請求を棄却した。

原告側は「被告は園児の安全を確保する義務を怠った」と主張、被告側は「(原告とぶつかった園児は)本件以外に他の園児と衝突してけがをさせたことはなく、個別に注視するなどの注意義務があったとは言えない」と反論していた。

達野ゆき裁判長は判決理由で「子ども園では園内研修や報告書作成など事故防止の方策が取られ、園児同士の衝突事故防止に関する日頃の指導監督などは適切だった。事故の発生について具体的に予見可能であったわけではなかった」などと結論づけた。

判決によると、原告が4歳だった15年11月、園の靴箱前の廊下で、走ってきた園児と衝突、右目周辺の骨を折るなどした。


なんで?
どうしてこんなことで裁判沙汰になるの?
なんで園を訴えるの?
なんでもかんでも損害の賠償を請求しとこ
ってか?

アタリマエの判決
保育園児のけが、園に114万円賠償命令 地裁「安全配慮怠る」 2019年4月25日
徳島市津田本町4の私立保育園「光花保育園」で男児がけがをしたのに保育園が適切な対応をしなかったなどとして、男児と両親が慰謝料など約293万円の支払いを求めた訴訟の判決が24日、徳島地裁であった。川畑公美裁判長は請求を一部認め、保育園を運営する社会福祉法人金光福祉会に約114万円の支払いを命じた。

判決によると
2016年5月、園庭で遊んでいた男児がつまずいて階段で顔を打ち、鼻の骨を折ったにもかかわらず、園は医療機関に連れて行かず、母親に連絡しなかった。

2017年3月には、男児が園庭の遊具から落ちて切り株で顎を打ったのに、園庭にいた保育士は男児の遊ぶ様子を確認していなかった。

判決理由で「保育士は遊具付近で遊ぶ男児の動向に気付かず、危険な行為に及んでいる男児を制止するなどしなかった」などとして園の安全配慮義務違反を認めた。一方で「後遺障害が残ったとまでは認められない」などとした。
判決を受け、保育園は「真摯に結果を受け止めて対応策を考えていく」としている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/16

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.16 (Sun)

苛立ちから我が子を⇒ じゃあ普段の職場ではどうだったの?

生後約1カ月の長男に対する傷害の罪に問われた佐賀県鳥栖市の介護士、寺崎竜拓被告(28)に佐賀地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。


床に叩きつけの乳児傷害事件で父親に猶予刑 佐賀地裁 ⇒ 日常的虐待ではない

生後約1カ月の長男を床にたたきつけて頭蓋骨骨折などのけがを負わせたとして、傷害罪に問われた介護士の父親の被告(28)=佐賀県鳥栖市立石町=に、佐賀地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

今泉裕登裁判長は判決理由で
被害者は命の危険を伴う傷害を負い、後遺障害が残る可能性もあり、結果は重大」と指摘。その上で「積極的に育児に関わっていた被告が仕事の疲れや長男が泣きやまないことへのいら立ちから、突発的、衝動的に行ったもので日常的な虐待事案とは異なる。現在は長男は順調に回復し、妻も処罰を望んでいない」と述べた。

判決によると、被告は昨年10月6日、自宅で長男をあやしていた際に泣きやまなかったことに腹を立て、とっさに長男の両脇をつかんで抱え上げ、床にたたきつける暴行を加え、頭蓋骨骨折などのけがを負わせた。

弁護人によると、病院に入院していた長男は昨年12月中旬に退院し、現在は佐賀市内の乳児院にいる。



生後1カ月の長男を床にたたきつけた疑い 父親を逮捕 019年10月9日
生後約1カ月の長男を床にたたきつけ、頭の骨が折れる大けがをさせたとして、佐賀県警は9日、同県鳥栖市立石町、介護福祉士寺崎竜拓容疑者(28)を傷害の疑いで逮捕し、発表した。寺崎容疑者は「私がしたことに間違いありません」と話しているという。

発表によると、寺崎容疑者は6日午前3時5分ごろ、鳥栖市内の自宅アパートで長男をリビングの床にたたきつけ、頭蓋骨骨折と急性硬膜下血腫の重傷を負わせた疑いがある。県警は動機などを調べている。

長男は同日午前8時ごろ、寺崎容疑者に車で福岡県内の病院に運ばれ、集中治療室に入ったという。
寺崎容疑者は20代の妻と長女(2)、長男の4人暮らし。佐賀県中央児童相談所によると、7日に病院から「虐待の疑いがある」と連絡があり、寺崎容疑者から話を聞き、8日に県警に伝えた。これまで同所への相談はなかったという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/16

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(1) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.16 (Sun)

ネットで検索すれば ⇒ アンタの名前はたくさんヒットするけど・・・


削除しました


女児の裸画像提供疑い、西東京市非常勤職員を逮捕

知人に女児の裸の画像を提供したとして、埼玉県警少年捜査課などは12日、児童ポルノ禁止法違反(提供)の疑いで、・・・・・・・・・・・・・・・・・


雇い入れた西東京市の罪は重い

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/27

Blog Top  | 児童虐待・関連事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |