FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2020.02.17 (Mon)

使用者責任という概念

相模原市の知的障害者施設津久井やまゆり園の元職員、植松聖被告(30)は平成28年7月、入所者19人を殺害した罪などに問われている。裁判で被告は殺害などについて認め、責任能力の有無が争点となっていた。

相模原市の知的障害者施設で入所者19人を殺害した罪などに問われている被告に対し、検察は「障害者を1人の人間として尊重する社会の価値観と相いれない犯行で、酌量の余地はない」として死刑を求刑した。

17日、横浜地方裁判所で開かれた裁判で、検察は「『被告が大麻を使用した影響はなかったか、あったとしても小さかった』などとする鑑定医の意見は公正さや能力に疑いがなく信用性は高い」として、被告には事件当時、責任能力があったと主張した。

そして「19人の尊い命が奪われた類を見ない犯罪で、施設で平穏に生活していた被害者が突然、命を断ち切られた無念さは察するに余りある。ほとんど抵抗できない被害者を一方的に殺害した卑劣で冷酷無比な犯行だ」と述べた。

そのうえで「『意思疎通ができない障害者は殺したほうがいい』という犯行の動機は障害者を1人の人間として尊重する社会の価値観と相いれず、反人道的で酌量の余地は全くない。裁判でも自分の考えの正当性を主張し続けていて、更生の可能性は皆無だ」として、死刑を求刑した。


あまりこういうこと言いたくないけれど (当ブログを叩かないでね
そもそも
植松聖30歳を採用して雇い入れたのは社会福祉法人かながわ共同会
たとえ
かながわ共同会に過失がなかったとしても使用者責任を免れるのか?
メディアも保護者も一応に植松聖30歳を訴えているけれど ・・・・・
責任能力の有無がどうたら
大麻使用の影響がどうたら
精神障害の影響で心神喪失だったとか ・・・・・

オマエが雇ったんだろが


2001年6月8日
大阪教育大学附属池田小学校で発生した小学生無差別殺傷事件
宅間 守 当時37歳だった
死刑が確定
宅間 守は早く死刑を執行してくれと発言
望み通り1年後に死刑が執行された

それにくらべて植松聖30歳は ・・・

なんか アレだな
控訴 控訴で
もしかして
死ぬまで拘置所で
ってか

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/17

Blog Top  | 社会福祉法人かながわ共同会まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.17 (Mon)

沖縄の若者って善人が多いよな

エエ男やな

マラソンのゴール直前 ⇒ 人が倒れている
負傷したランナーを背負ってゴール 記録よりも『ありがとう』がうれしかった

沖縄市の専門学校生、天願勇斗さん(20)は、ゴール前で倒れ込んだ男性ランナーを背負って共に完走を果たした。天願さんは4月から海上保安庁に入庁する予定で、学生生活最後となるマラソンの思い出とともに、「人助け」の経験も積んだ。

天願さんは友人らと共に42キロ余りを走り、ゴール地点の競技場に入ったところで異変に気が付いた。前方に、負傷したとみられる年配の男性ランナーが倒れ込み、動けなくなっていた。

放っておけなかった天願さんは男性を背負い、そのままゴール。記録は6時間24分39秒だった。ゴール後、男性は救護場所に運ばれたため、お互いの名前などを伝え合うことはなかったという。

天願さんは「記録うんぬんより、『ありがとう』と声を掛けてもらえたのが、何よりうれしかった」と充実感をにじませた。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/17

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.02.17 (Mon)

感染死亡した女性を看護担当してい女性看護師が感染

リスクが大きい職場でガンバっておられる皆さん
日本国民のひとりとして頭が下がります


死亡女性担当の看護師が感染 新型肺炎、厚労職員も

厚生労働省などは17日、新たに神奈川県の40代女性看護師と、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に派遣された厚生労働省職員1人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

看護師は相模原市の相模原中央病院に勤務し、感染が確認され国内で初めて死亡した80代女性の看護を担当していた。病院は安全が確認されるまでの間、外来を休診とすると公表した。入院患者への面会も中止する。

神奈川県によると、看護師は14日に発熱し医療機関を受診。その後、死亡女性の濃厚接触者としてウイルス検査を受け、16日に感染が判明した。


医療従事者が看護師が
安全に働けない環境の中で患者さんの生命や安全を守ることはできるのだろうか




お国のために命をかけて働いてくれているのに

職員・家族「差別的扱い」 2020年2月19日

新型コロナウイルスに感染して死亡した80代女性が一時入院し、担当だった女性看護師の感染が確認された相模原中央病院(相模原市)は、「職員や家族がいわれのない差別的扱いを受けている」とする文書を公表した。

文書は、託児所の受け入れ拒否や、学校から子どもの自宅待機を指示されたことで「特に看護師の確保が厳しい状況です」としている。病院によると、ある看護師は子どもを保育施設に預けようとしたところ、「しばらく遠慮してもらえないか」と拒まれた。

これまでは手術や検査を他の医療機関から派遣された医師に手伝ってもらっていたが、看護師の感染判明後は「リスクがあり派遣できない」と断られたケースがあった。患者の転院も一部で受け入れを拒否される事態になっており、休診している外来診療の早期再開は難しいという。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/02/19

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |