FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2020.03.29 (Sun)

これこそ就労支援だな

知恵を絞る
創意工夫をして
 地域の人たちと交流が生まれる

そこそこ名の知れた社会福祉法人が御立派な理念を掲げている
共生とか 地域に生きる とか
理念だけは立派
言葉で言うのは簡単です 文字にするのも簡単

障害のある人たちに就労支援をする
その人の障害の特性にあった作業工程を工夫しないとな
よくある就労支援ではパソコンをつかった名刺作りとか さをり織りとか
コロッケ作って販売 チョコレート パンとか
大抵は支援員がほとんど司っている

こんなんで何が就労支援やねん
あのな
就労支援より 先ずは市民と地域住民との交流が大事なんです


近頃よく見かける障害者就労支援の刷新
今まで見たことも聞いたこともない取り組みが多いよな
すばらしい
知恵を出せばエエんです



伊勢の福祉作業所が牛乳パック再生ペンケース販売へ 「擬革紙」技法を応用
就労継続支援B型事業所「あらいぐま」(伊勢市本町、TEL 0596-29-3388)が現在、伊勢の「山村乳業」(同大世古)の牛乳パックを再利用した特産品の開発に取り組んでいる。

「あらいぐま」は、就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などを行っている障害者総合支援法に基づく就労継続支援のための施設。現在8人の障がい者が作業する。

1919(大正8)年創業の「山村乳業」は、三重県産ホルスタインの生乳を100%使い、牛乳の持つ栄養分と味(コク・香り)を失わないように、ゆっくり時間をかけて殺菌するパスチャライス殺菌製法(15分間、85度で加熱)で毎日牛乳を製造。瓶タイプと紙パックタイプを主に宅配する。

ペンケースは、クリーム色の背景に赤字で「伊勢」、黒字で「山村牛乳」と書かれた紙パックを生かしたデザインで、同事業所の利用者が、紙パックを手でもんだり道具を使って柔らかくなめしたり、カットし、同事業所の職員がミシンで縫い合わせて完成させる。



同作業所所長の西井一浩さんは「山村乳業の紙パックは超レアだし、『伊勢』という名前が入っているので、上手にデザインすれば、伊勢の特産品になる可能性があるし、紙パックの再利用にもなる。これから、B型作業所でも収益性のある事業を行うことが求められてくるので、伊勢みやげとしてみんなで商品開発した。購入していただければ、みんながハッピーになる」と話す。



西井さんは「利用者はそれぞれにさまざまな障がいがあるので、その適正に合わせて作業工程を考えなければならない。




当初は手だけで紙パックをなめしていたが手が痛くなり非効率だった。そこで江戸時代に伊勢みやげとして人気を集めた『擬革紙(ぎかくし)』が和紙をなめして本革の様に仕上げることを思い出し、擬革紙の伝統技法が応用できるのではと、明和町で擬革紙を守り続ける堀木茂さんにアドバイスをいただいた。おかげで紙パックを柔らかくする方法が改善できた」説明する。



「現在、みんなで作って日産20個前後。今後、ペンケースのほかに小物入れやカバンなど、伊勢らしい遊び心のある商品の開発にも挑戦したい。販売に協力していただける事業者や一緒に作業をしてくれる人も募集しているので、興味があればお声掛けいただければ」とも。



株式会社ワァークスジャパン
代表取締役 西井一浩
就労継続支援B型事業所あらいぐま
三重県伊勢市神久4丁目11−466−1




価格は800円
山村乳業直売店「山村みるくがっこう」(三重県伊勢市本町13−6、TEL 0596-28-4563)で購入できる。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/29

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.29 (Sun)

えらいこっちゃ北総育成園

レインボーブリッジを封鎖せよ!
って映画があったけど


オーバーシュート
感 染 爆 発
ク ラ ス タ ー
計58人の感染 ⇒ さらに増えるか


障害者福祉施設で新たに57人が陽性、集団感染か

40代の女性職員が新型コロナウイルスに感染していることが確認された千葉県香取郡東庄町の障害福祉施設「北総育成園」について、県がPCR検査を実施したところ、職員が31人、利用者26人の合わせて57人が新たに陽性であることがわかった。症状のない入所者についても、あす検査を行うという。


調理員の40歳代女性職員の感染発症から ⇒ さらに増えるか

千葉県内66例目の患者概要
年齢:40代
性別:女性
居住地:香取市
症状、経過:
3月23日:発熱(38.9℃)が出現。職場には出勤せず、県外医療機関Aを受診。
3月24日:香取郡内の職場に出勤するも早退。以降、出勤していない。県内医療機関Bを受診。
3月27日:症状が継続し県内医療機関Cを受診。検体採取(鼻咽頭ぬぐい液)。検査の結果、陽性と判明。
3月28日:県内医療機関Dに入院。
行動歴:発症前2週間以内に海外渡航歴はない。
職業:障害福祉施設職員
濃厚接触者への対応:他自治体を含む保健所による健康観察を実施予定。


そやけど
テレビを見てると
タレントやアナウンサーや芸能人やアホのお笑い芸人たちが 偉そうに発言しているけれど
アンタらな マスクぐらいせえよ
感染症の専門家もマスクせえへんし どないなっとんねん
この業界では 志村けんだけらしいけど ホンマかいな
ホントは芸能人は他にも感染者がおるんじゃね?
テレビ局のスタジオなんて エアコンをガンガン利かして乾燥しまくってるのに
しかも換気は悪くて それこそ空気感染してもおかしくないわな

千葉県は28日夜、東庄町にある障害者福祉施設で職員と入所者合わせて57人が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されたと発表しました。この施設では、すでに感染確認が発表されていた調理員の40代の女性を含め、合わせて58人の感染が確認されたことになる。



千葉県の森田知事は28日夜、記者会見を開き、東庄町の障害者福祉施設、「北総育成園」の職員31人、入所者26人の合わせて57人の新型コロナウイルスへの感染が新たに確認されたと発表した。

この施設については、香取市に住み、調理員として勤める40代の女性の感染が確認され、ほかの職員の中にも今月10日ごろから発熱の症状があったことからウイルス検査が進められていた。

県によると、これまでに感染が確認された58人のうち、職員6人と入所者26人には発熱があるが重症ではないという。一方、このほか検査で陽性だった職員26人には症状がない。
職員2人と入所者42人、短期の入所や通所の利用者9人についても引き続き検査が行われ、結果が判明するのは29日の見込み。

感染が確認された32人の職員全員は、県内の医療機関に入院させるが、入所者の場合は障害があり、受け入れできる医療機関がまだ見つかっていないことから、施設内にとどまってもらい、医師が訪問するなどして治療や健康観察に当たる。

また、入所者のうち、食事などの介助が必要な人については、感染していない職員が防護服を着るなどの対策を取って対応する予定。
施設は船橋市が社会福祉法人さざんか会に委託して運営され、非常勤や実習生を含めて職員は67人で、20代から80代までの70人が入所し短期や通所の利用者が合わせて9人となっている。



千葉県は施設内での集団感染について、「障害の重い人も多く、通常の施設に比べ、職員と入所者の接触が多かったことも影響したのではないか」と話している。千葉県は、国や船橋市と協力しながら、対応に当たりたいとする。


換気の悪い密閉空間で
しかも室内環境が悪い放送局で関係者の感染者がいない って ・・・
ただ単に公表しないだけですか?

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/29

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.28 (Sat)

株式会社アーバンアーキテック+ご長寿くらぶ柏たなか訪問介護事業所指定取消し

柏市は26日、介護サービス会社「アーバンアーキテック」(本社・茨城県ひたちなか市)に対し、同社が運営する柏市内の「ご長寿くらぶ柏たなか訪問介護事業所」の介護保険法に基づく指定を5月1日付で取り消す行政処分を決めた。


指定居宅サービス事業者等に対する行政処分について(令和2年3月26日発表)

事業者の名称等
株式会社アーバンアーキテック
代表者 代表取締役 川又則夫
所在地 茨城県ひたちなか市勝田泉町4番17

事業所の名称等
ご長寿くらぶ柏たなか訪問介護事業所
所在地 千葉県柏市小青田一丁目6-4
サービスの種類 訪問介護及び介護予防・日常生活支援総合事業第1号事業(訪問介護相当サービス)

処分内容
指定の取消し

処分年月日
令和2年3月26日

処分効力発生年月日
令和2年5月1日

処分理由
1 介護給付費の不正請求
介護給付費の請求の根拠となるサービス提供記録がなく、サービス提供の実態が確認できないにもかかわらず、介護給付費を不正に請求し受領した。
請求内容とサービス提供記録が合致せず、誰が、いつ、どのようなサービス提供を行ったか不明であるにもかかわらず、介護給付費を不正に請求し受領した。
2時間未満の間隔でサービスを提供したにもかかわらず、所要時間の合算を行わずに、介護給付費を不正に請求し受領した。
無資格者が行った訪問介護について、勤務実態のない訪問介護員の氏名を記載した虚偽のサービス提供記録を作成し、介護給付費を不正に請求し受領した。

2 人員基準違反
平成29年3月から平成30年9月までの間、常勤専従の管理者を配置していなかった。

3 運営基準違反
一部のサービス提供記録が作成されていなかった。また、請求内容に対して提供時間や内容が一致しないもの、同一利用者に対し別の訪問介護員名で同日同時間帯のサービス提供記録があるもの、訪問介護員が同一であるが同日同時間帯で提供内容の異なる複数のサービス提供記録があるもの等サービスの実態が確認できないサービス提供記録を作成した。
事業者が市へ提出した「業務日誌」について、当該資料が令和元年8月から10月頃までの期間において年月を遡って作成したものであるにもかかわらず、サービス提供当時(平成28年2月から平成31年1月まで)に作成したサービス提供を示す証明書類であり、当該業務日誌の内容がサービス提供の事実であると虚偽の弁明を行ったことから、基準省令に従った適正な指定居宅サービス事業の運営をすることができないと認められた。

4 虚偽報告
監査において、勤務実態のない訪問介護員が当該指定訪問介護事業所で勤務していたかのように装った勤務表やタイムカードを作成し、市へ提出した。また、当該訪問介護員がサービスを提供したとする虚偽のサービス提供記録を作成し、市へ提出した。

5 虚偽答弁
監査における質問に対して、事業所を統括する立場の者を含む複数の従業者が虚偽の答弁を行った。

法令違反
指定第1号訪問事業所と一体的に運営されている指定訪問介護事業所において、1.から5.までに掲げるとおり、法第77条第1項第3号、第4号、第6号、第7号及び第8号に該当する違反行為が行われていた。

不正請求額
約1,206万円(概算額)
今後の市の対応
利用者が訪問介護サービスを継続することができるよう、引継ぎに万全を期するよう当該事業者等に指導・助言を行ってまいります。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.28 (Sat)

福岡市の介護事業所が立て続けに指定取消し



福岡市の介護事業所が不正受給 指定取消し

2600万円を超える介護保険料を不正に受け取ったとして福岡市の事業所が指定取消処分となった。

不正受給が発覚したのは福岡市南区の「デイサービス凛」。
福岡市によると2015年、介護サービス事業所としての指定を受けるため、職員数を水増しするなどうその書類を市に提出し、3年4カ月にわたり約2640万円を不正に受け取った。内部告発で発覚したという。

福岡市ではこのほか、3つの介護サービス事業所で介護保険料の不正受給が確認され、いずれも来月末までに指定が取り消されている。


株式会社プレシアス
代表者 村上哲也
福岡市南区老司2丁目27-17



処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
デイサービス凛(南区老司二丁目27番17号)
※ 事業種別 ・・・ 地域密着型通所介護,第1号通所事業

不正事案の概要
平成28年度に地域密着型サービスへ移行する前の通所介護において,事業所開設時の指定申請の際,指定を受けるために必要な職員数を充足しているかのような虚偽の書類を提出し,指定を受け,運営を行った。

返還請求額
29,147,498円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。



福岡市ではこのほか、3つの介護サービス事業所で介護保険料の不正受給が確認され、いずれも来月末までに指定が取り消されている。


株式会社やまつ (令和2年3月27日付け)
事業者の概要
代表者名(事業所を管理する者):松本 剛
法人所在地:福岡市早良区南庄五丁目4番32-304号

処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
訪問介護事業所うららか(早良区次郎丸六丁目11番22-107号)
※ 事業種別 ・・・ 訪問介護,第1号訪問事業
※ 障がい福祉サービス等の「居宅介護サービスうららか」が併設(別途処分あり)

不正事案の概要
サービスを提供していないにもかかわらず,虚偽の記録を作成して介護給付費を請求,受領し,また提供したサービスの時間を水増しして介護給付費を請求,受領した。

返還請求額
248,557,円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。
株式会社ホワイトストーンズ (令和2年3月27日付け)
事業者の概要
代表者名:白石浩二
役員(事業所を管理する者):白石めぐみ
法人所在地:福岡市西区福重三丁目9番12-201号

処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
ケアプランはなよし(西区福重三丁目9番12-201号)
※ 事業種別 ・・・ 居宅介護支援

不正事案の概要
ケアマネジメントに必要な記録を作成していないなど適切な運営がなされていなかったにもかかわらず,請求にあたって減算せずに満額の介護給付費等を請求,受領し,また,特定事業所加算の要件を満たしていないまま,加算金を請求,受領した。 
※不正請求のほか,従業者(介護支援専門員)がそれぞれの自宅を本拠に業務を行っていた。

返還請求額
9,298,568円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。
株式会社メディカルチーム・ジャパン (令和2年3月27日付け)
事業者の概要
代表者名(事業所を管理する者):石川哲也
法人所在地:現住所地に運営実態なし

処分の内容及び対象事業所
指定の取消し
メディカルチーム・ジャパン ヘルパーステーション(現住所地に運営実態なし)
※ 事業種別 ・・・ 訪問介護,第1号訪問事業

不正事案の概要
必要な職員数を満たさない状態で運営を行い,また,介護職員処遇改善加算の実績報告に際し,虚偽の内容を記載する等し,請求が正当であったかのような報告を行った。

返還請求額
7,149,662円
※ 徴収金に100分の40を乗じて得た加算額を含む。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.28 (Sat)

また放課後等デイサービスが*アタリマエな指定取消し

株式会社Sirius
放課後等デイサービスだいち
京都市伏見区向島鷹場町104-1


職員が児童たたく動画 虐待 不正請求も 放課後デイの指定取り消し

京都市は27日、伏見区向島の放課後等デイサービス「だいち」で職員が利用児童の頭をたたく虐待行為があったと発表した。給付費の不正受給も判明し、市は同日、運営会社「Sirius(シリウス)」に対し、児童福祉法に基づき、事業所指定を4月30日に取り消すと通知した。

市によると、昨年9月以降に職員が児童の頭を背後からたたく様子を撮影した動画が、関係者から提供された。市の聞き取りに対し事業所は虐待の事実を認めた。京都市は職員が他の児童にも虐待行為をしていた可能性があるとみている。

児童10人に対し3人以上の配置が必要な保育士や児童指導員が足りていない人員基準違反業務日誌などの虚偽報告も見つかった。昨年1~12月の給付費や職員加配に対する加算費の不正請求は約700万円に上り、市は加算金を含めた約981万円の返還を求める。

市は事業所に対し、登録する児童26人の他施設での受け入れを調整するよう指導している。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.28 (Sat)

佐世保市の市議会議員が運営する障害者就労支援事業所が行政処分

株式会社西海福祉の森
長崎県松浦市志佐町浦免889番地7

松浦ひかりステーション
障害者就労継続支援B型事業所
長崎県松浦市志佐町浦免889−7

平戸ひかりステーション
障害者就労継続支援B型事業所
平戸市明の川内町142番地1

平戸、松浦市の障害者施設 性的虐待、不正受給で処分

長崎県は27日、佐世保市江迎町の「西海福祉の森」(宮田民子代表取締役)が運営する平戸市と松浦市の就労継続支援B型事業所で、利用者への性的虐待行為や不適切な人員配置、給付費の不正受給など障害者総合支援法に違反したとして行政処分を通知したと発表した。


佐世保市の市議会議員 宮田京子57歳
株式会社西海福祉の森 代表取締役 ⇒ 母親の宮田民子
佐世保市の社会福祉法人蓮華園 監事

長崎県監査指導課によると、運営主体の西海福祉の森は、佐世保市議の宮田京子氏(57)が代表だったが、24日付で母の民子氏に交代している。

同社が運営する平戸ひかりステーションの処分は、給付費3割減額(6カ月)と新規利用者受け入れ停止(12カ月)。
松浦ひかりステーションはすべての給付費の停止(6カ月)。不正受給分の返還額は加算分を含め計607万7千円。

長崎県監査指導課によると、2016年6月10日、当時の平戸ひかりステーションの管理者が、知的障害のある女性利用者と男性利用者を市内の飲食店に誘い、女性の体を触ったほか、女性の住居に泊まり性的な虐待行為をした。
このほか平戸ひかりステーションでは、2014年10月31日~12月12日までの間、職員がサービス管理責任者として常勤していないのに、不正な変更届け出書を県に提出した。

また松浦ひかりステーションでは、2015年11月14日から2016年6月16日までの間、常勤のサービス管理責任者を配置していなかったにもかかわらず、給付費を減算せずに請求。松浦市など4市から434万1千円を不正受給した。いずれも県民などからの情報提供を受け、長崎県が監査を実施。県は宮田市議が事業所の人員配置に関して、事実と異なる虚偽の答弁をしたと認定した。

宮田市議は取材に対し「施設のことは管理者にすべて任せていた。虚偽答弁をした認識はない」と釈明。性的虐待の事案については「(当時の管理者の)職員は否定していたが、解雇処分にして適切に対応した。再発防止に努め、現状に不正はない」と語った。


佐世保市議が元代表の施設で不正

佐世保市の市議会議員が代表を務めていた会社が運営する松浦市の障害者就労支援事業所が、うその報告をして給付金を受け取っていたとして、長崎県は事業所に対して27日付けで、給付金受給に必要な事業所としての指定を再来月から半年間停止し、およそ600万円の返還を求めた。

それによると、松浦市の障害者就労支援事業所「松浦ひかりステーション」は、平成27年11月中旬からよくとし6月中旬にかけて、給付金を多く受け取るため、常勤の管理者がいないにもかかわらず「いる」とうその報告をして、松浦市などからおよそ430万円を不正に受け取っていた。

県は27日付けで給付金を受給するために必要な事業者としての指定を再来月から半年間停止するとともに、法律に基づいて、不正受給分に4割加えたおよそ600万円の返還を求める。

長崎県によると、当時、佐世保市の宮田京子市議会議員が事業所の運営会社「西海福祉の森」の代表を務めていたため、県は、先月本人を呼んで聴聞会を開いたが、出席しなかった。

宮田議員は「管理者に任せていて、正当に管理していると思っていた」などと申立書を提出していましたが、今月24日に代表を辞任した。

このほか、「西海福祉の森」が運営する平戸市の「平戸ひかりステーション」でも職員の勤務についてうその報告をしたなどとして、県はこの事業所を、来月から今年9月まで給付金を3割減額するなどの行政処分を出している。

宮田議員はNHKの取材に対し、「不正は意図したものではないが、行政の処分を粛々と受け止めている。不正が発覚してから再発防止に取り組み、現在は不正は一切ないはずだ。施設の適正な運営に努めている」と話している。




佐世保市議会議員選挙 8年越しでやっと初当選
投票日2019年4月21日


投票日2015年4月26日


投票日2011年4月24日

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.28 (Sat)

悪い見本 ⇒ 虐待 ⇒ 組織的体質

国立病院でっせ

米沢市にある国立病院機構米沢病院の看護職員6人が、おととし、障害のある入院患者2人に対し足をつねったり、おむつ交換を放置したりするなどの虐待をしていたとして、国立病院機構から厳重注意の処分を受けていたことがわかった。

処分を受けたのは国立病院機構米沢病院の40代から60代の男女の看護職員6人

山形県や病院によると、職員らはおととし、体の障害と知的障害がある60代の男性患者に対し、「ばか」といった侮辱する発言をしたほか、足をつねったり、おむつの交換を放置したりするといった虐待を行っていたという。

また、体に障害のある20代の男性患者に対しても、職員のうち5人が、同様の発言や足をつねる行為をしていた。

病院によりますと、おととし、虐待に関する通報が寄せられ、職員らに聞き取り調査をしたところ、「虐待という認識はなかったが、振り返ると不適切な対応だった」という趣旨の説明をし、虐待行為を全員認めたという。

病院を所管する国立病院機構は去年、この職員らに対し、厳重注意の処分を出していて、病院は、被害にあった患者やその家族に対し、すでに謝罪をした。


国立米沢病院で障害者2人を虐待

関係者の話を総合すると、虐待は身体、知的の重複障害がある60代男性と、身体障害者の20代男性に対して行われた。60代男性には職員6人、20代男性には職員5人が関与し、足をつねり、「ばか」「アホ」といった言葉を浴びせたほか、おむつ交換を放置したり、食事を最後まで取らせなかったりしたこともあったとみられる。関与した職員は40~60代だった。

同病院の小山輝義事務部長は関与した全ての職員が虐待行為を認めているとし、「一部行為については、虐待との認識を持っていなかったと考えられる」と語った。虐待の内容や行われた日時は明らかにしなかった。

病院の説明では、患者の本籍地の自治体が情報を得て現地調査し、虐待と認定した。病院も調査を進め、事実を把握して関係機関に報告。患者家族に説明し謝罪しており、関係した職員に対して厳重注意などの処分を行った。院内で再発防止策を検討し、職員対象のセルフチェックシートを作成して人権を尊重した適切な介助の徹底を促しているという。

同病院は1951(昭和26)年4月に国立米沢療養所として創立。重症心身障害者や神経難病などの患者を受け入れている。病院ホームページによると、患者への約束に「権利を尊重した医療」「満足してもらえるような愛情を持った医療」を掲げている。




看護職員6人が患者2人に虐待

米沢市の国立病院機構米沢病院で2018年度、40~60代の看護職員6人が、障害のある入院患者2人に対して暴言や暴行の虐待を加えていたことが27日、病院への取材で分かった。

虐待を受けたのは身体と知的の障害のある60代男性と、身体障害者の20代男性。看護職員は60代男性に「ばか」といった発言をしたほか、足をつねったり、おむつ交換を放置したりした。20代男性にも同様の暴言や足をつねるなどの行為をした。

病院に通報があり、発覚した。職員6人は事実を認め、病院は厳重注意などの処分を行った。各職場に「虐待防止マネジャー」を配置し、職員が相談しやすい環境を整えるなどの再発防止策を講じたという。

病院の小山輝義事務部長は「あってはならないことで、患者やその家族に対して大変申し訳なく思っている」と話した。




つねったり罵声浴びせる おむつ交換せず放置も

山形県米沢市の国立病院機構米沢病院で、看護職員が障害のある患者に虐待行為をしていたことが分かった。病院は職員に対し、厳重注意などの処分を行った。

(国立病院機構米沢病院・小山輝義事務部長)
「ご本人・ご家族に対して申し訳ない気持ちでいっぱい」
「長い患者さん、職員もおり家族的な雰囲気になっていた。そういった背景もあったのではないか」



厳重注意などの処分を受けたのは、国立病院機構米沢病院の40代から60代の男女の看護職員6人。県や病院によると、6人は2018年度、重度の障害のある60代と20代の男性の入院患者に対し、介助する際に足をつねったり「ばか」「あほ」といった言葉を浴びせるなどの虐待行為を行ったほか、おむつ交換を放置したり食事を遅らせたりしたという。

患者の本籍地の自治体が情報を得て調査し、虐待と認定した。病院でも調査を行い事実を把握して関係機関に報告するとともに、患者と家族に謝罪したという。

米沢病院では再発防止策として、職員対象のセルフチェックシートを作成したほか、外部の講師による職員研修を行い、人権を尊重した介助の徹底を図るとしている。


改善しようにも
腐ったりんごが一つでも残っていると、、、、、

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.28 (Sat)

看護師がTwitterで

鹿児島市立病院の看護師が「患者うるさい」と投稿 停職処分 ⇒ 依願退職

鹿児島市立病院は27日、同院の女性看護師(23)がTwitterで「患者がうるさい」などと不適切な投稿を繰り返したとして、停職6カ月の懲戒処分にした。依願退職を申し出ており、病院も受け入れたという。

病院によると、看護師は2019年1月~20年1月、自身のツイッターに「暴れてうるさい」「泣いてうるさい」など入院患者や職場への不満などの書き込みを勤務中などに繰り返した。病院側の聞き取りに投稿を認め、「不満に共感してほしかった」と話しているという。アカウントは既に削除されている。

新穂昌和事務局次長は「服務規律の徹底を図り信頼回復に取り組みたい」とコメントした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.27 (Fri)

組織的に虐待って ・・・

情報ありがとう





老人ホームで組織的な虐待

名取市で、老人ホームなどを運営する「高齢住宅整備会」が、入所者を縛って動けなくしたり、持病の薬を与えなかったりする虐待行為を組織的に行っていたとして、県は26日、行政処分として事業所としての指定を取り消した。

宮城県によると、名取市の高齢住宅整備会は、おととし8月から去年11月にかけて、訪問介護サービス事業として本来行わなければならないサービスをやらなかったうえ、書類上は行ったように装い、市町村に対し給付費およそ200万円を不正に請求したという。

また、この法人が運営する市内の有料老人ホームでは、おととし11月から去年4月までの間、代表取締役の指示のもとで組織的に、利用者に対する虐待が行われたという。

具体的には、利用者4人に対して、少なくとも10人の職員が部屋の中に閉じ込めたり
手足をベッドに縛りつけたりしたほか
パーキンソン病の患者に薬を与えず動けなくするといった行為も確認された。

いずれも関係者からの通報を受けて県が調査を進め、26日、有料老人ホームについては業務改善命令を出したほか、訪問介護サービスについては事業所としての指定を取り消す行政処分とした。

この法人は県の調査に対して
虐待については事実と認めている一方、不正請求については「不正だという認識はなかった」などと話しているという。


株式会社高齢住宅整備会
宮城県名取市増田1-10-3

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/27

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.27 (Fri)

なんかよーわからん社会福祉法人やな



介護老人福祉施設=特別養護老人ホーム



鹿屋市の介護老人福祉施設「みどりの園」に行政処分

鹿児島県は鹿屋市の介護老人福祉施設に対し、法律で決められている数の職員を配置しなかったなどとして、新たな利用者の受け入れを停止するなどの行政処分をした。

行政処分を受けたのは、鹿屋市の介護老人福祉施設「みどりの園」。県によると「みどりの園」は、2017年3月から去年2月までの間に、「デイサービス」や「ショートステイ」で介護保険法で決められた数の介護職員や、常勤の生活相談員を配置していなかったという。

また、グループ内の別の施設では定められている常勤の看護職員が配置されていなかった。
他にも、施設管理者が同じ敷地内にある他の事業所の管理を兼務し、サービスに支障が生じていて、一元的な管理が行われていなかったとして、県は26日から半年間新たな利用者の受け入れを停止するなどの行政処分を行った。

みどりの園は「二度とこのような事態を招くことのないよう内部管理体制の充実と更なる法令遵守体制の強化を図りたい」とコメントしている。


社会福祉法人紘徳会
設立 昭和62年12月

設立から33年
今まで も こんな 法律で決められている数の職員を配置をしてこなかったんですか?

1億円を不正請求  新規利用者の受け入れ停止

鹿児島県鹿屋市の介護施設が、診療報酬およそ1億円を不正に請求していたとして県は26日、施設に対して利用者受け入れ停止の行政処分をした。

処分を受けたのは、鹿屋市輝北町の社会福祉法人紘徳会が運営する介護老人福祉施設「みどりの園」など3つの事業所。

県によるとこれら3つの事業所では、2017年3月から2019年2月にかけ、看護職員などについて介護保険法に定められた人員配置基準を満たしていなかった。

またその場合、介護報酬を3割減額する必要がありますが、3つの事業所とも期間中にも介護報酬を満額請求し、合わせておよそ1億円を不正に受給していたことなどから、県は26日付けで各事業所に、半年間、新規利用者の受け入れ停止の行政処分を行った。

施設は弁護士を通じ「関係者の皆様には多大なご迷惑やご心配をお掛けしたことを深くおわびします」とコメントしている。


>ご心配をお掛けした
誰が心配しているんですか?
悪いことをした人に 心配って・・・
しません

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.27 (Fri)

看護師がひき逃げ

看護師がひき逃げ 逮捕

大阪・富田林市で25日、男性をひき逃げした疑いで、看護師の伊藤國子容疑者(74)が逮捕された。

警察によると、伊藤容疑者は25日、富田林市甲田の市道で、歩いていた73歳の男性を軽自動車ではね、右ひざ骨折などの重傷を負わせたにもかかわらず、逃走した疑いが持たれている。

目撃者が車のナンバーの一部を覚えていたことから、逮捕につながったという。
伊藤容疑者は、「事故を起こしたのは認めるが、人は、はねていない」と容疑を否認している。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/27

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.26 (Thu)

桑原桑原

介護施設送迎中に転倒 男性死亡

先月、千葉県香取市で介護事業所の職員が、80代の車いすの男性を送迎車に乗せようとしたところ男性が転倒して死亡する事故があり、香取市は職員が操作手順を誤ったことが事故につながったとみて、施設に安全対策を徹底するよう指導した。

香取市などによると、先月28日の午前9時すぎ、市からデイサービスの委託を受けた市内の介護事業所「香取市なのはな苑デイサービスセンター」の60代の女性職員が、デイサービスに向かう車いすの88歳の男性を送迎の車に乗せようとしたところ、車いすが後ろに倒れ男性も地面に転落した。
男性は頭を強く打って首の骨を折り、その後死亡した。

香取市は職員が車いすを車内に乗せる際、装置に固定しなかったことが事故につながったとみて、事業所に対し操作手順の見直しを含め安全対策を徹底するよう指導した。

香取市は今後、事業所に対して処分などを行うか検討することにしていて、宇井成一市長は「今後このような事故が発生しないよう事業者への指導を徹底していきたい」とコメントしている。
また、男性の遺族は「手順を守っていれば起きない事故だった。高齢者を安心して預けられるよう、再発防止に努めて欲しい」と話していた。


この施設も危ない もしかすると同じ事故が起きるとも

ここでも メチャクチャなリフト操作をしている記事を
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4828.html

株式会社楽天堂
千葉県旭市川口1006-1
香取市なのはな苑デイサービスセンター
千葉県香取市大崎214

香取市は26日、管理運営を委託している市内のデイサービスセンターで、利用者送迎時に死亡事故が発生したと発表した。センターの60代の女性職員が車椅子の80代の男性利用者を自宅から福祉車両に乗せる際、作業の手順を誤ったことが原因。男性は車椅子から滑り落ち頭などを打った。搬送先の市内の病院で検査を受け一度は帰宅したが、その後容体が悪化し、死亡した。

市高齢者福祉課や関係者によると、職員は2月28日午前9時15分ごろ、男性の車椅子の前部と後部をフックで車に固定しようとした。本来は車椅子の前部から先にフックを掛ける手順だが、この日は後部から固定。その結果、車椅子の前部が浮き、男性は転落した。

男性は千葉県立佐原病院に救急搬送され、検査の結果、異状なしとされ昼ごろ帰宅。午後になって容体が悪化し、再度同病院に搬送されたが、死亡した。死因は頸髄損傷だという。

市は誤った手順で作業をした原因の究明や実地訓練の徹底を事業者に指示。宇井成一市長は「大変痛ましい事故で心からお悔やみ申し上げる。今後このような事故が発生しないよう、事業者への指導を徹底していく」とコメントした。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/28

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.26 (Thu)

新たな不正事案が



元の献立とは違う安いメニューを提供

介護報酬を不正受給



誰の指示でこんな不正が・・・

北海道・厚沢部町の特別養護老人施設で、入居者の食事を安いメニューに変更するなどして、介護報酬を不正に受給した疑いがあるとして、道が3月26日、この施設の監査に入った。

監査を受けているのは厚沢部町の社会福祉法人厚沢部福祉会で、26日午前11時ごろ、道の担当者が特別養護老人ホームあっさぶ荘に入り、献立表や実際に提供された食事の記録などを調べている。

関係者によると、施設では医師の指示を受けて栄養士が作った献立を基に介護報酬を受給していたが、実際には、献立とは違う安い食事などが提供されていた。

不正は少なくとも去年4月から行われていたとみられ、不正に受給した介護報酬は600万円以上とみられている。
道などで詳しい運営状況を調べている。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/26

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.26 (Thu)

ついに医療従事者の家族まで



集団感染が確認された病院に勤める看護師の父親が死亡

兵庫県姫路市で新型コロナウイルスに感染した80代の男性が、死亡したことがわかった。
男性は集団感染が確認されている仁恵病院に勤める看護師の父親で、今月9日に陽性が確認されていた。


兵庫県姫路市で新型コロナウイルスに感染した80代の男性が、死亡したことが分かった。
男性は、集団感染が起きた病院の看護師の父親だった。

姫路市によると、市内に住む80代の男性は、3月9日に新型コロナウイルスへの感染が確認され入院していたが、26日、死亡した。
男性は感染が判明した当時、普段から咳がでることはあったものの無症状だったという。
男性と同居していた娘は、患者や職員など14人の感染者が出ている仁恵病院の看護師で、娘も感染が確認されていた。

兵庫県内で新型コロナウイルスに感染し死亡した人はこれで7人となった。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/26

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.25 (Wed)

従業員計25人に給料未払い in 尼崎市

「給料もらえない」従業員の相談で発覚 介護施設経営夫婦を書類送検

兵庫県尼崎労働基準監督署は25日、最低賃金法違反などの疑いで、尼崎市で介護施設を運営していた株式会社アクティーEBケアサービスと、同社代表取締役の女(54)、事実上の経営者とみられる男(55)を書類送検した。男女は夫婦という。

送検容疑は、介護士や看護師ら従業員計25人に対し、2018年2、3、8月分給料の一部計約900万円を支払わず、兵庫県の最低賃金(当時は時給844円)を下回った疑い。

同署によると、同社は高齢者と障害のある児童向けの通所施設計2カ所を運営。18年7月に従業員1人から「給料がもらえない」と相談があり、発覚した。

同社は18年8月に事業を停止。2人は「金がなかった」と話しているという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/25

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.24 (Tue)

どうしてこんな輩が看護師になれたのだろうか

看護師をアシストする看護助手
経験や資格も問われない

看護師の国家試験合格率は89%-96%

こんな人達って
多重人格 って言うんだろうか

学んだ学校のレベルが低かったけど 看護師の国家試験は簡単だから合格したのか?
それとも
人間形成で元々こんな人格だったのか
あのな
やってエエこと やってはいけないこと
幼稚園児でも判るわ 善悪が


看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水 3月4日
別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚
患者同士の性的行為を強要か 病院での虐待動画、数十本
幹部ら気づけず 病院院長が謝罪
患者に床なめさせ、動画撮影 スマホに動画30本
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4961.html


他にも患者らに無理やり性的な行為をさせたなどとして、元看護助手の和田元規容疑者(27)と男性看護師3人を準強制わいせつや暴行容疑で再逮捕。

神出病院の元看護助手ら4人、新たな虐待容疑で再逮捕

神戸市西区の神出病院の看護師らが入院患者を虐待したとされる事件で、兵庫県警捜査1課と神戸西署は24日、準強制わいせつや暴行の疑いで、元看護助手の男(27)=同市西区=ら4人を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

4人の再逮捕容疑は2018年10月~19年9月、同病院の男性入院患者の頭にガムテープを巻いて暴行したり、患者同士でわいせつな行為をさせたりした疑い。

県警は今月4日、入院患者への監禁や準強制わいせつの疑いで、元看護助手と同病院の看護師ら5人を逮捕。元看護助手は調べに「患者のリアクションが面白かった」などと話しているという。

逮捕された看護師らは病院の調べに元看護助手が虐待を主導したという趣旨の説明をしているといい、県警は元看護助手の人間関係や動機を調べている。

元看護助手は昨年12月、神戸市西区で20代女性の胸などを触ったとして、強制わいせつ容疑で逮捕された。元看護助手のスマートフォンには、当時勤務していた神出病院で患者に対する虐待の様子を撮影した動画が約30点収められていた。


和田容疑者の元上司だった元看護師のAさんは
私が入社して10数年前からそういう体質はあった
(容疑者とは)別の人がいじめ的なことを患者にしていると聞いたことはあったと

神戸市西区の精神科病院「神出病院」で元看護助手らが入院患者を虐待したとされる事件で、兵庫県警は24日、他にも患者らに無理やり性的な行為をさせたなどとして、元看護助手の和田元規容疑者(27)と男性看護師3人を準強制わいせつや暴行容疑で再逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

県警は今月4日、入院中の男性患者同士でキスをさせたり、トイレで水をかけたりしたなどとして、和田容疑者と26~41歳の看護師5人を準強制わいせつ容疑や暴力行為等処罰法違反などの疑いで逮捕していた。

捜査関係者によると、和田容疑者を含む計4人は他にも2018年10月~19年9月、男性患者同士で無理やり性的な行為をさせたり、患者の頭にテープを何重にも巻き付けたりした疑いがある。

これらの被害者は当時50~70代の患者3人で、いずれも重度の精神疾患があった。和田容疑者のスマートフォンには患者を虐待する様子を映したとみられる動画約30本が保存されており、病室の床や別の患者の体に塗ったジャムのようなものをなめさせる様子も撮影されていたという。6人は無料通信アプリ「LINE」で、こうした動画を共有していたという。

弱い立場に置かれかねない精神科患者
神戸市西区の精神科病院「神出病院」で、看護助手や看護師が複数の入院患者に虐待を繰り返していたとされる事件。身体拘束も認められる精神科病院では、患者は弱い立場に置かれかねない。法律の不備を指摘する声もある。

「ちゃんと食べんか、こら」。兵庫県内にある神出病院とは別の精神科病院。昨年入院した男性(61)は、他の患者が食事補助の病院スタッフから怒られたり、高齢の患者が「ちゃん付け」で呼ばれたりしているのを見た。男性は「頼る人のいない患者や長期入院の患者は、閉鎖的な入院病棟で、スタッフらの言うことが絶対となる」と話す。

県内の別の精神科病院で最近まで勤務していた20代の男性看護師は、嫌がる高齢の女性患者を看護師が押さえつけて髪の毛を切ったり、スタッフが言うことを聞かない患者をたたいたりする場面を目撃したこともあったという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.24 (Tue)

こんな街に住みたくないな*日本国民として許されない

最前線で
新型コロナウイルス感染症の患者を救おうとしている
医療従事者に
誹謗中傷だと?
アホか?

名誉毀損です
こういうのを 侮辱って言うんです



兵庫県三木市、小野市の総合病院・北播磨総合医療センターが3月23日、「新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について」という声明を発表した。声明の中では、職員への「バイ菌扱い」、「引越し時に引越し業者からキャンセル」、「タクシー乗車拒否」といった誹謗中傷・風評被害があったという。


職員にタクシー乗車拒否など差別 抗議声明

医師や看護師が新型コロナウイルスに感染していることが確認された兵庫県小野市にある病院が、タクシーへの乗車を拒否されるなど職員が不当な差別を受けているとしてホームページ上で抗議する声明を出した。

兵庫県小野市にある総合病院「北播磨総合医療センター」では医師と看護師合わせて4人の感染が確認された今月10日以降、病院の職員がタクシーへの乗車を拒否されたり、引っ越し業者から急に契約をキャンセルされたりするようになったという。
さらに、職員の家族が近所の人から遠ざけられるような扱いをされたり、勤務先から一方的に出勤停止を言い渡されたりするなど、不当な差別を受けている。

北播磨総合医療センターは「多くの職員は感染者に接触しておらず、地域医療のために身を削って努力しているので理解してほしい」と話しています。


病院は抗議する声明文をホームページに掲載し、名誉を傷つけられたとして行政の窓口に相談することを検討している。


新型コロナウイルス感染症の影響による誹謗中傷・風評被害について
このたびは、当院において新型コロナウイルスの感染者が4人発生し、患者さんをはじめ、地域の皆さん、近隣の医療機関の方々には、大変なご心配とご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

現在、病院をあげて感染対策に取り組み、診察、治療を受けていただく患者さんに安心して医療の提供ができるよう取り組んでいるところですが、新型コロナウイルスの感染者が当院で発生したことを発表して以降、当院に来られている患者さん及びそのご家族、また当院の職員及びその家族に対する誹謗中傷や風評被害が多数見られ、当院としても心を痛めているところでございます。

感染が確認された4人の職員と接触した方々はごく少数(特定済:現在健康観察中)であり、当院の患者さん及び職員の多くは接触していません。

当院職員に対する誹謗中傷・風評被害の事例では、“バイ菌扱い”、“引越時に引越業者からキャンセル”、“タクシー乗車拒否”などがあります。

酷い場合は、“接触していないのに家族が勤務先から有無を言わさず出勤停止を言われる”、“親族が介護施設の利用を見合わせるよう言われる”の事例もあり、実害も発生しています。

これら誹謗中傷・風評被害に対しては、行政窓口に相談するとともに、内容によっては、名誉毀損、精神的苦痛、経済的損失に対する問題となる場合もあると考えております。

当院は新型コロナウイルスによる医療体制の混乱に対し、入院・外来診療、救急受入の早期再開に向け取り組んでいるところであり、関わる医療従事者は地域医療を守るため、身体と精神を削りながら懸命に努力しているところです。

地域の方々には、大変なご心配とご迷惑をおかけしているところですが、引き続きご理解とご協力をお願い申し上げます。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/24

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.23 (Mon)

ありがとう*またひとり偉人が

21日午前6時55分
悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した 93歳だった

宮城まり子
本名 本目真理子さん


一本の蝋燭から
何千もの蝋燭に火が



女優の宮城まり子さん死去 93歳

日本で初めての肢体不自由児の養護施設「ねむの木学園」を運営してきた女優、宮城まり子(本名・本目真理子=ほんめ・まりこ)さんが21日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で死去した。93歳。27日に同学園の子供たちと教職員のみで学園葬を営む。自宅は世田谷区上野毛3の22の5。

東京都出身。1955年に「ガード下の靴みがき」で歌手デビューした。その後、ミュージカル女優などとしても活躍し、テレビドラマ「てんてん娘」や映画「オンボロ人生」で地位を築いた。

脳性まひの子の役を演じたことなどから障害児教育への関心を高め、68年に私財を投じて「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現御前崎市)に開いた。74年、障害のある子供たちとの日々を描いた記録映画「ねむの木の詩」を製作・監督して反響を呼んだ。

1997年、施設を同県掛川市に移すとともに「ねむの木村」を開設。美術館などを併設して独自の障害児教育に取り組むとともに、全国各地で絵画展やコンサートを開いて障害者への理解を訴えてきた。

1994年7月に死去した作家の吉行淳之介さんとは、伴侶として約40年間を過ごし、99年には園内に吉行淳之介文学館も開設した。
2012年に瑞宝小綬章を受章。上皇ご夫妻とも交流があり、18年11月にはご夫妻が私的旅行として、ねむの木学園を訪ねられるなどした。

学園を巡っては、2011年2月、関連団体の元職員らが宮城さんから運営資金約1500万円をだまし取ったとして警視庁に詐欺容疑で逮捕される事件も起きた。

ねむの木学園元職員1500万円詐取容疑 数億円被害
障害を持つ子供たちの養護施設などを営むねむの木学園(静岡県掛川市)の園長で女優の宮城まり子さんの銀行口座から、現金約1500万円を不正に引き出したとして、警視庁は17日、東京都港区、自称プロデューサー広沢憲行(57)と同学園元職員近藤由美子(56)の両容疑者を詐欺の疑いで逮捕した。
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-990.html

ねむの木学園設立 宮城まり子さんが死去

肢体不自由児のための養護施設「ねむの木学園」を設立し、長年にわたり園長を務めた俳優の宮城まり子(本名本目真理子)さんが21日、死去した。93歳だった。

1927年、東京・蒲田生まれ。22歳で歌手デビューし、55年の「ガード下の靴みがき」が大ヒット。NHK紅白歌合戦に出場し、俳優としても舞台やテレビで活躍した。

ミュージカルの役作りで、脳性まひの子どもがいる施設を訪問したことをきっかけに、68年に私財を投じ肢体不自由児養護施設「ねむの木学園」を静岡県浜岡町(現・御前崎市)に開いた。絵画や音楽、工芸などを教育に採り入れ、国内外で子どもたちの作品展を開催。障害のある子どもたちが生まれ持つ豊かな感性を世に伝えた。

また養護学校など福祉施設も設立したほか、園児たちとの記録映画「ねむの木の詩」などを次々と発表し、大きな社会的反響を呼んだ。
97年に静岡県掛川市に施設を移して「ねむの木村」を開設。障害児の職業実習のための喫茶店や雑貨屋などをつくり、障害者の福祉に尽くした。


障害のある子にも教育を 支援の先駆け 宮城まり子さん


天皇、皇后両陛下(当時)がねむの木学園を訪れ、出迎える宮城まり子さん=2018年11月、静岡県掛川市

上皇ご夫妻と40年以上にわたる交流もあった。76年12月には当時のお住まいの東宮御所に招かれ、子どもらの絵を披露。その後も美智子さまに美術展に足を運んでもらうなど、交流が続いた。

日本の肢体不自由児養護施設の先駆けとなった「ねむの木学園」を創設した宮城まり子さんが亡くなった。93歳だった。歌手や俳優として活躍した後、障害がある子どもたちの福祉のために生涯をかけた。


1927年に東京で生まれ、小学3年から大阪に。母親とは早くに死別した。
20代で歌手としてデビュー。社会福祉への関心を高めたのは、55年に「ガード下の靴みがき」が大ヒットした直後だった。

57年、「婦人公論」の取材で知的障害がある子どもを知った。59年、米国の俳優シャーリー・マクレーンさんの紹介で渡米、身体障害者に対する米国社会の積極的な理解に触れた。

その後ミュージカルで脳性まひの女の子の役を演じることになり、役作りのために障害児の施設を訪れた。その際、当時は多くの重度障害児が「就学猶予」として義務教育の機会を与えられず、学校に通えないことを知った。

2018年の朝日新聞のインタビューに、当時の思いをこう振り返っていた。その思いを実現させたのが、1968年に完成したねむの木学園だった。
「障害がある子もない子も教育を受け、愛されて当然。誰もつくってくれないから、自分でつくろうと決心しました」


わたしも昔 施設を訪問したことがあった



私財を投じて立ち上げた学園は、肢体不自由児のための養護施設の先駆けとなった。養護施設として開園し、学ぶ場を確保するため、施設内に公立学校の「分校」も設けた。
すべての子どもたちに可能性がある」が信念だった。学園では、絵画や音楽、工芸などを積極的に教育に採り入れた。国内外で作品展「ねむの木のこどもたちとまり子美術展」の開催を重ねるなど、子どもの個性を伸ばす活動に取り組み続けた。

子どもたちの障害福祉に大きな功績を残した宮城さんの訃報に、関係者にも悲しみが広がった。
日本障害者協議会代表の藤井克徳さん(70)は「肢体不自由児に関する制度が未整備だった時代に、教育、生活の場をつくったのは先駆的だった。大規模な絵の展覧会なども通して、障害者問題を社会化したという点で、重要な役割を担った。1、2年前だったと思うがテレビで拝見し、お元気だと思っていただけに残念」と悼んだ。

宮城さんが会長を務める日本肢体不自由児療護施設連絡協議会の事務局長で、精陽学園(神奈川県平塚市)園長の市川進治さん(57)は、「芸能界での活動・肩書をなげうって、全ての精力を障害児の支援に捧げた人生だった。日本の福祉の草分けの一人で存在感は大きかった」と惜しんだ。「施設には、虐待を受けるなど家庭に恵まれない子どもも多い。そうした子の『お母さん』として、お年を召してからも、一人でも熱を出せば心配し、通院に付き添っておられた。そうした姿勢は晩年までまったく変わらなかった。まり子先生の志を継いでいけるよう協議会活動を続けたい」と話した。



知的障害児・者の療育に力を注いだ
糸賀一雄
この子らを世の光に

すべてのこどもたちにも可能性がある
障害をもった子供たちに教育の場を
宮城まり子

ありがとう

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/23

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.22 (Sun)

エエ話しだな

兵庫教育大学大学院学 校教育研究科の准教授
おがっち(@ogatti21)さん
発達障害のある子供たちを対象とした教育などについて研究している



https://twitter.com/ogatti21/status/1238783377458659328

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/22

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.22 (Sun)

たくさんのご訪問ありがとう

これからも福祉業界の改善改革を
当ブログで喚起します

2019/10/22 - 2020/03/19



Blog Top  | つぶやき | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |  NEXT