FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2020.03.02 (Mon)

奈良県中央こども家庭相談センターの職員が

奈良県の児童相談所で職員の男が浴室の天井裏に侵入した疑いで逮捕された。
警察はのぞき目的とみて捜査している。

逮捕されたのは奈良県中央こども家庭相談センターの職員・上中亮佑容疑者(32)で、宿直勤務中の1日午前0時20分ごろ、女性用の浴室の天井裏に侵入した疑いがもたれている。

女性職員が天井裏から足音が聞こえたと申告し、警察が調べたところ天井裏に上中容疑者の足跡が残っていたという。
調べに対し、上中容疑者は「何もかも全く身に覚えのないことです」と容疑を否認している。
警察はのぞき目的とみて調べを進めている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/02

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.02 (Mon)

また送迎事故*運転手は70歳

だから
何度も何回も言ってるだろ
65歳の定年にせえよと



介護施設の送迎バスが衝突 バイクの男性意識不明の重体 高齢者ら3人もケガ

愛知県西尾市で1日朝、介護施設の送迎車とオートバイが衝突する事故があり、1人が意識不明の重体、3人が軽傷。

1日午前9時前、愛知県西尾市丁田町の信号のない交差点で、右折しようとした市内の介護施設の送迎車と対向車線を走ってきたオートバイが衝突した。
この事故でオートバイを運転していた市内の自営業松川晃さん(61)が、病院に搬送されたが、意識不明の重体。

送迎車には、運転手のほか施設の利用者6人が乗っていて、このうち80代の女性3人が打撲などの軽傷の模様。

警察は送迎車を運転していた市内の介護職員・早河勝政容疑者(70)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を詳しく調べている。




送迎車と大型バイク衝突1人重体

1日午前、愛知県西尾市の県道で、介護施設の送迎車と大型バイクが衝突する事故があり、大型バイクを運転していた男性が意識不明の重体になっている。
警察は、送迎車を運転していた介護施設の70歳の男性職員を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の原因を調べている。

1日午前8時45分ごろ、西尾市丁田町柳堂の県道で、介護施設の利用者を送迎するワゴン車が右折しようとしたところ、対向車線から走ってきた大型バイクと衝突した。
この事故で、大型バイクを運転していた市内在住で自営業の61歳の男性が意識不明の重体になっていて、送迎車に乗っていた83歳から86歳の女性3人が病院に搬送されたがいずれも軽傷とみられる。

警察は送迎車を運転していた介護施設の職員、早河勝政容疑者(70)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕した。
調べに対し、早河容疑者は容疑を認めているという。

警察によると、現場は信号のない交差点で、早河容疑者は当時、搬送された3人を含む6人を、デイサービスのため施設まで送っている途中だった。
警察は、早河容疑者が右折する際、大型バイクを見落としていた可能性があるとみて、詳しい事故の原因を調べている。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/02

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.02 (Mon)

ありがとう

リスクが大きい職場で医療現場で日夜奮闘していらっしゃる看護師のみなさん

日本国民のひとりとして頭が下がります

ありがとう

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.02 (Mon)

またか*だから何度も何回も訴えているだろ ⇒ 防犯監視カメラを設置せえよ




老人ホームで寝たきりの入居者女性3人が相次ぎ骨折 警察が捜査開始

大阪市東住吉区の特別養護老人ホームで、入居する女性3人が相次いで骨折し、警察が捜査を始めた。
去年11月から12月にかけて、東住吉区の特別養護老人ホームに入居する女性3人(50代・80代・90代)の骨折が、相次いで発覚した。

3人とも、認知症を患い寝たきりの状態で、施設の責任者は「入居者が転倒し骨折することはあるが、寝たきりの人の骨折は過去にない」と話している。

施設と市が警察に通報したあとの1月にも、入居している別の90代女性の腰にあざが見つかった。けがをした4人は、いずれも2階の相部屋で暮らしていて、警察は事件の疑いもあるとみて、捜査を始めている。




社会福祉法人ふれあい共生会
理事長 戸田 寛



特別養護老人ホーム 花嵐
大阪府大阪市東住吉区矢田6丁目8−7
事件現場

入居者3人相次ぎ骨折

大阪市東住吉区の特別養護老人ホーム(特養)で、2019年11月から約1カ月の間に入居者3人が相次ぎ肋骨を骨折していたことが1日、特養への取材で分かった。今年1月に別の入居者が腰を打撲していたことも判明。市や特養から通報を受けた府警は、事件性の有無を捜査している。

特養は5階建てで2~4階に約120人が入居し、職員は約60人。4人はいずれも寝たきり状態の認知症の女性で、2階の別々の部屋で生活していたという。

特養によると、19年11月9日~12月1日、入浴の際などに50~90代の3人の胸にあざが見つかり、いずれも病院で肋骨骨折と診断された。今年1月には別の90代が腰の打撲と診断された。

特養側は1件目の骨折を市に伝えていなかった。市は2件目に関して病院から連絡を受け、19年11月29日に立ち入り調査。
その後、12月1日に80代女性に肋骨の骨折が判明し、市と特養は事件の可能性もあるとみて翌2日に府警に通報した。
特養の担当者は「過去に寝たきりの入居者が肋骨を相次いで骨折した事例はない」と説明。3人目の骨折が判明して以降、複数人で介助したり夜勤を2人から3人にしたりするなどの対応を取ったとしている。

特別養護老人ホームの施設長は取材に対し「ご家族、ご本人にご心配をおかけして大変申し訳ありません。捜査に全面的に協力するとともに、職員一丸となって改善に取り組みます」と話しています。


開設 1995年4月3日
入居定員 134名
居室総数 68室

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/02

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |