FC2ブログ
2020年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2020.03.13 (Fri)

クリニック院長が看護師をひき逃げ

ひき逃げした医師は78歳 意識不明の重体 ⇒ 39歳の男性看護師



78歳医師をひき逃げ容疑で逮捕 39歳看護師が重体

ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、命を救うはずの病院の医院長だった。そして、意識不明の重体で搬送された39歳の男性は、事故現場近くの病院で働く看護師。

午前7時すぎ、静岡市駿河区小鹿の交差点で、横断歩道を渡っていたとみられる39歳の男性が車にはねられた。頭を強く打ち、意識不明の重体。警察によると、男性は近くにある静岡済生会総合病院に勤務する看護師で仕事に向かうところだった。

事故から1時間半後、ひき逃げの疑いで逮捕されたのは駿河区にある病院の78歳の医院長。医院長は通勤途中で、「何かにぶつかったが、人だとは思わなかった」と話しているという。
捜査関係者によると、付近の防犯カメラに医院長の車が事故を起こし、そのまま逃げた様子が映っていた。


男性看護師は意識不明の重体



医師がひき逃げ 看護師が重体

3月12日朝、静岡市の市道交差点で、静岡市駿河区池田=看護師の篠宮亨39歳が車にひき逃げされる事件があり、警察は78歳の医師の男を逮捕した。

過失運転傷害の疑いなどで逮捕されたのは、静岡市駿河区の医師で望月欣也78歳。
警察によると、容疑者の医師は12日朝7時すぎ、静岡市駿河区小鹿の交差点で、横断歩道を渡っていたとみられる39歳の看護師の男性を車ではね、そのまま逃げた。

看護師の男性は頭を強く打ち、重体だという。現場は静岡済生会総合病院の目の前で車の通りが多い場所。容疑者の医師は容疑を認めていて、警察が当時の詳しい状況を調べている。



最近のひき逃げ事件では

死亡ひき逃げでも猶予付きの有罪判決 2020年3月12日

去年10月、札幌市で男子大学生がひき逃げされ死亡した事件で、札幌地方裁判所は車を運転していた51歳の被告に執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。

札幌市東区の新聞販売所従業員、岡田敏宏被告(51)は去年10月、豊平区内で車を運転中に当時20歳の男子大学生をはねて死亡させたのにそのまま走り去ったとして、ひき逃げなどの罪に問われていた。

12日の判決で札幌地方裁判所の駒田秀和裁判官は
「運転中に感じた衝撃や音からも重大な事故を起こした可能性を十分認識していたのに、恐ろしさから走り去ったという動機は身勝手だ。若く前途ある被害者の命を奪った結果は重い」と指摘した。
そのうえで「被告は反省し謝罪もしている」と述べて、懲役3年執行猶予5年を言い渡した。


未来のある これからの日本を支えていく若者を大学生を 車でハネて逃げた
20歳の男子大学生は亡くなった
札幌市東区の新聞販売所従業員、岡田敏宏51歳は
反省し謝罪もしているから執行猶予かよ
ちょっとオカシイよな

大学生死亡ひき逃げ 「反省と謝罪をしている」男に執行猶予ついた有罪判決 札幌地裁

札幌市豊平区で、去年10月大学生を車ではねて死亡させ、その場を走り去ったとしてひき逃げなどの罪に問われていた男に執行猶予つきの有罪判決が言い渡された。

札幌市東区の岡田敏宏被告51歳は、去年10月札幌市豊平区の羊ヶ丘通で北海学園大学3年の榎本拓斗さん当時20歳を車ではねて死亡させ、その場を走り去ったひき逃げなどの罪に問われていた。
12日の裁判で札幌地裁は「恐ろしさや家族に迷惑をかけたくない気持ちから現場を走り去った動機は身勝手」と指摘。一方で岡田被告が「反省と謝罪をしている」として懲役3年6か月の求刑に対し懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/13

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.13 (Fri)

園長とは ⇒ 仇も情けも我が身より出る

宮城県の社会福祉法人涌谷みぎわ会が運営する涌谷保育園で
男性園長からモラルハラスメントを受けたとして 保育士ら職員が職場環境の改善などを求めて園長と団体交渉をしていた
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4967.html

3月12日
涌谷保育園の保護者会が臨時総会を開いた

社会福祉法人涌谷みぎわ会(宮城県涌谷町)が運営する涌谷保育園の男性園長から、職員がモラルハラスメントを受けたとされる問題を巡り、同園の保護者会が12日、臨時総会を開き、園長の退任要求を議決した。今後、園長と面会し退任を求めるとともに、町に事態の収拾を要請する方針。

総会は非公開で行われた。関係者によると、約30人が出席。保護者会の役員側が園長の退任を求める提案をし、賛成多数で承認された。

複数の出席者によると、園長が職にとどまると大半の保育士が退職する恐れがあり、保育機能を継続させるため退任は避けられないと役員側が説明。職員との間に労働争議が起こり、保育園を混乱させた責任も追及するという。
総会終了後、保護者の一人は「園長の退任まで話し合う騒ぎになり驚いている。早く、静かな保育園に戻ってほしい」と話した。

同園では、職員でつくる労働組合が7日、園長のハラスメント行為で保育士らが精神的な損害を被っているとして、職場環境の改善を求め団体交渉を始めた。
組合によると、園長は就任した2015年4月以降、保育士を大声で怒鳴ったり、特定の職員を無視したりする行為を繰り返したとされる。園長はハラスメント行為を否定している


これからが大事

職場環境を良くも悪くも変われるのは

アナタたち保育士さんたち次第です

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/13

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.03.13 (Fri)

おめでとう!近江八幡市立看護専門学校の最後の卒業生たち

近江八幡市立看護専門学校 最後の生徒36人が希望を胸に入学 2017年4月8日

近江八幡市立看護専門学校で7日、最後の入学式が開かれた。来年度から生徒募集はせず、今年入学した36人が卒業した時点で廃校となる。

新入生の澤村愛さん(28)は「廃校になることには不安を感じる。しかし、全員が立派な看護師になることで、歴史ある学校の最後の卒業生として誇れるようになりたい

>


近江八幡市立看護専門学校 ろうそく手に最後の戴帽式 2017年9月28日

今年度の新入生を最後に学生の募集を停止した滋賀県近江八幡市立看護専門学校(同市江頭町)で28日、最後の戴帽式が開かれた。戴帽式は看護学生が病院での本格的実習に入るのを前に志を新たにするセレモニーで、4月に入学した36人が列席。ナースキャップを頭に頂いた学生たちは緊張しながらも希望に満ちあふれ



最後の卒業式と閉校式開催 近江八幡市立看護専門学校

近江八幡市立看護専門学校(江頭町)の最後の卒業式と閉校式が3日、同校講堂であった。27人の生徒が巣立ち、31年の歴史に幕を下ろした。

中村高秋校長は生徒一人一人に卒業証書を手渡し、「与えられた職場で一隅を照らす存在となり、豊かな人生を送ってください」と告辞を述べた。

設置者の小西理市長は「今後、幾多の試練があるかと思います。ここで学んだことを礎に乗り切って」と祝辞。卒業生を代表して久山善弘さん(33)=東近江市=が謝辞で「この学校の卒業生という誇りを胸に、多くの方に信頼してもらえるよう、さらなる自己研鑽を重ねます」と時折、声を詰まらせながら誓った。

1974年に設立された二年制の市立高等看護学院が前身。三年制の市立看護専門学校は1989年4月に開校し、最後の卒業生を含め974人の看護師を養成して地域医療を支えてきた。医療の専門化、高度化が進み、四年制の看護系大学への進学志向の高まりもあり、閉校となった。

卒業式に続く閉校式では、中村校長から学校運営を支援してきた国際ソロプチミスト近江八幡に感謝状が贈られ、小西市長に校旗が返納された。最後の卒業生は全員、県内の医療機関で就業予定。うち12人が近江八幡市内で働く。




最後の学び舎に別れ 27人卒業、閉校式も 新型肺炎対応で簡素化

近江八幡市の市立看護専門学校(同市江頭町)で3日、最後の卒業式と閉校式が開かれた。前身の養成所を含め、県内の医療機関などで活躍する看護師を半世紀近く送り出してきたが、施設の老朽化などから閉校する。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、式も簡素化される中、男女計27人が最後の学び舎(や)に別れを告げた。

同校の前身となる市立高等看護学院(2年課程)は、1974年に開校。89年には3年課程の専門学校に改編され、以降31年間で974人の卒業生を送り出した。一方、施設の老朽化や、看護師志望者が看護大を志向するようになり、市の諮問機関が2016年に「廃校はやむを得ない」と市に提言。18年度から募集をやめ、19年度は今回卒業する3年生だけが在校していた。


vv5d-00p-kmm872.jpg

最後の卒業生、滋賀の市立看護専門学校が31年の歴史に幕

3月末に閉校する近江八幡市立看護専門学校(滋賀県近江八幡市江頭町)でこのほど、最後の卒業式と閉校式があった。31年の歴史に幕を下ろす母校の恩師たちに、27人の卒業生が感謝の思いを伝えた。

同校は1989年に開校し、974人が巣立った。卒業生の多くは、県内の医療機関に就職している。受験者数の減少などに伴い、2016年度に閉校が決まった。

式では、中村高秋校長が「本校最後の卒業生としての誇りと自信を持って、職場で活躍することを願っています」とエールを送り、最後の卒業生を送り出した。卒業生代表の久山善弘さん(33)は「閉校は非常に残念だが、母校に誇りを持ち、自己研さんを重ねていきたい」と謝辞を述べた。閉校に際して中村校長が小西理市長に学校旗を返還した。
式後、卒業生は名残惜しそうに、友人らと記念撮影をしていた。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/03/13

Blog Top  | 医療関連 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |