FC2ブログ
2020年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2020.07.08 (Wed)

小賢しい?輩だな

デイサービスの女性利用者の家に侵入し、金庫と財布から現金6万6000円を盗んだ疑い
生活相談員の男を逮捕

デイサービスの送迎を担当している利用者の家に侵入し、現金を盗んだとして岡山市の生活相談員の男が7日、逮捕された。

住居侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは岡山市南区福吉町の生活相談員、遠山祐太容疑者(32)。

警察によると遠山容疑者は7日午前8時半ごろ、岡山市の住宅に侵入し、88歳の女性の部屋にある金庫と財布から現金6万6000円を盗んだ疑い。

女性はデイサービスを利用していて、遠山容疑者は送迎を担当していた。

財布や金庫からは度々お金が無くなっていて、不審に思った女性の息子が部屋に防犯カメラを設置し、警察に相談していた。そして捜査員が7日、張り込みなどを行い、女性の自宅から出てきた遠山容疑者を現行犯逮捕した。

遠山容疑者は容疑を認めていて、警察が余罪についても調べている。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/08

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.08 (Wed)

なんのこっちゃ神出病院

判決
精神科病院で「入院患者を監禁」した元看護師 懲役1年6カ月の判決

神戸市の精神科病院で、入院患者を監禁した罪に問われた元看護師に対し、神戸地方裁判所は懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

神戸市西区の神出病院に勤めていた元看護師の武田剛士被告(33)は去年9月、同僚の看護師ら2人とともに、抵抗できない入院患者の上に逆さまにした医療用ベッドを被せて、監禁した罪に問われていた。

これまでの裁判で武田被告は起訴内容を認めていた。

8日の判決で神戸地裁は「看護師の職にありながら、障害のために被害を申告できない患者に対し、犯行に及んだことは卑劣で恥ずべきことと言うほかない」と厳しく非難。

その上で、犯行を主導していないことなどを考慮して、懲役1年6カ月、執行猶予3年の判決を言い渡した。


元看護師の男「卑劣で恥ずべき行為」執行猶予付き有罪判決

神戸市の病院で患者を虐待した罪に問われていた元看護師の男に神戸地裁は、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

神戸市の神出病院をめぐっては、複数の入院患者を虐待したなどとして、元看護師ら6人が起訴されていた。
このうち、逆さにしたベッドで患者を閉じ込めた罪に問われていた元看護師・武田剛士被告(33)は「仲の良いメンバーがやり始めて加わった。反応が面白かった」などと話し、検察は懲役1年6ヵ月を求刑していた。

8日の判決で神戸地裁は「卑劣で恥ずべき行為で、厳しく批判されるべき」とする一方で、「首謀ではなく、反省している」とし、懲役1年6ヵ月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。


神戸市の病院で入院患者を虐待したとして勤務していた看護師らが逮捕・起訴された事件で、このうち監禁の罪に問われた33歳の元看護師の男に対し、神戸地方裁判所は執行猶予のついた有罪判決を言い渡した。

神戸市西区の精神科病院「神出病院」に勤務していた元看護師、武田剛士被告(33)は、去年9月、同僚2人と一緒に落下防止柵が付いたベッドを逆さにして患者にかぶせ、閉じ込めたとして監禁の罪に問われた。

この病院をめぐっては、入院患者に無理やりわいせつな行為をさせるなどの虐待をしたとして、ほかにも勤務していた看護師ら5人が逮捕・起訴されている。

これまでの裁判で、検察は懲役1年6か月を求刑していたが、弁護側は「反省している」などとして、執行猶予のついた判決を求めていた。

8日の判決で、神戸地方裁判所の小倉哲浩裁判官は、「人間の尊厳を尊重しなければならない看護師でありながら、周囲の誘いに応じて職務中に犯行を行っていて、厳しい非難を免れない。しかし、犯行の首謀者ではなく、反省している」などと述べて、懲役1年6か月、執行猶予3年を言い渡しました。




神戸市がたびたび指摘していた

神戸市の病院で入院患者を虐待したとして看護師ら6人が逮捕・起訴された事件で、この病院は患者の身体拘束の記録を適切につけていないなど、ずさんな運営を市からたびたび指摘されていたことがわかった。

この事件は、神戸市西区の精神科病院「神出病院」で勤務していた看護師ら6人が、入院患者にわいせつな行為をしたなどとして、ことし3月、準強制わいせつや監禁などの疑いで逮捕され、その後、起訴されたもの。

神戸市は、年1回、精神科の病床がある市内の14の病院に立ち入り調査を行っていて、NHKは「神出病院」の結果について情報公開請求をした。

それによると、事件が発覚する前の平成27年度から昨年度までの5年間に、患者の身体拘束や部屋を隔離した記録を適切につけていなかったり、入退院の届けの提出期限を守っていなかったりするなど、毎年、ずさんな運営があったとして指導や指摘を受けていたことがわかった。
病院側は、指摘を受けるたびに「改善した」と報告していましたが、神戸市は、これまでの立ち入り調査で虐待事件を防げなかったことを重く見て、今年度から14のすべての病院について、調査での患者や職員への聞き取りの時間を倍にするほか、病院職員に市の内部通報窓口を周知するなど、再発防止に取り組むとした。

神戸市保健課精神保健担当の村田秀夫課長は「去年の調査で残念ながら虐待を発見することができなかった。毎年のように指摘事項が出るのは問題で、指導を強めたい」と話している。



入院患者に虐待 元看護師2人に求刑 懲役1年6か月 2020年6月23日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-5078.html
神出病院の元看護助手ら4人、新たな虐待容疑で再逮捕 2020年3月24日
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4985.html
看護師の男ら6人逮捕 抵抗できない患者を監禁・放水 3月4日
別の事件でスマホにあった『暴行動画』で発覚
患者同士の性的行為を強要か 病院での虐待動画、数十本
幹部ら気づけず 病院院長が謝罪
患者に床なめさせ、動画撮影 スマホに動画30本
https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4961.html

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/08

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.07 (Tue)

金剛コロニーで17歳の入所者が逃走

大阪府立金剛コロニー

 平成29年4月~名称変更

大阪府立こんごう福祉センター


大阪府立こんごう福祉センター しいのき寮
大阪府富田林市大字甘南備216番地
施設入所支援10名 生活介護10名 福祉型障害児入所施設50名
指定管理者
   社会福祉法人大阪府障害者福祉事業団

障害者施設から入所者の少年逃走 刃物で職員脅す

6日午後10時10分ごろ、大阪府富田林市甘南備の知的障害者支援施設「大阪府立こんごう福祉センターしいのき寮」で、施設に入所していた少年(17)が男性職員(56)をカッターナイフのような刃物で脅した上、ビニールテープで縛ってマスターキーを奪い逃走した。

大阪府警富田林署が逮捕監禁容疑などで少年の行方を追っている。
同署によると、少年は軽度の知的障害がある支援学校の生徒。身長約165センチの細身で黒の短髪。上着は不明だが、下はジーンズ姿だった。

少年は施設1階の職員室にいた職員を襲い、室内にあったマスターキーを奪ったとみられる。ほかの入所者が縛られている職員を見つけ、7日午前3時半に別の職員が同署に通報したという。職員にけがなどはなかった。
現場は南海高野線河内長野駅から東約2キロの山間部。


6日夜、大阪府富田林市の障害者支援施設で、入所している少年が職員を刃物で脅して逃走した。今も行方がわかっていない。

6日午後10時過ぎ、富田林市にある障害者支援施設、「大阪府立こんごう福祉センターしいのき寮」で、入所している17歳の少年が「話を聞いてほしい」と、施設内の男性職員の部屋を訪ねた。しばらく会話をしたあと少年は突然、カッターナイフで職員を脅し、粘着テープでイスに縛りつけて施設のマスターキーを奪って逃走した。

職員にけがはなかった。この施設は、マスターキーがなければ、外に出られない構造になっていた。少年は身長165センチくらいで細身、短髪でジーンズをはいていて、現在、行方がわからなくなっている。警察は逮捕・監禁などの疑いを視野に少年を捜している。


6日午後10時10分ごろ、大阪府富田林市甘南備の障害者支援施設、大阪府立こんごう福祉センターの寮1階の職員室で、入所する知的障害の少年(17)がカッターナイフで男性職員(56)を脅し、ビニールテープで体を縛って、施設外に出るための鍵を奪い逃走した。職員にけがはなかった。富田林署が逮捕監禁と強盗容疑で少年の行方を追っている。

署によると、縛られている職員を別の入所者が発見し、別の職員に連絡。施設内を捜しても少年がいないことから、7日午前3時半ごろ「入所者がいなくなった」と施設側が署に通報した。少年はセンター近くにある特別支援学校に通っている。



施設逃走の17歳少年逮捕、職員を監禁容疑で

大阪府富田林市の障害者支援施設で知的障害のある入所者の少年(17)がカッターナイフで職員を脅し鍵を奪って逃走した事件で、府警は7日、府内で少年を発見し、逮捕監禁容疑で逮捕した。

捜査関係者によると、7日午後、友人宅にいた少年を捜査員が発見した。

少年は6日午後10時10分ごろ、大阪府立こんごう福祉センターの寮1階の職員室で、男性職員(56)を脅してビニールテープで体を縛り、施設外に出るための鍵を奪ったとして、逮捕監禁と強盗容疑で府警が行方を追っていた。


f
社会福祉法人大阪府障害者福祉事業団 まとめ

2009年4月17日
支援員、木刀で知的障害者を殴る 大阪府立の施設 金剛コロニー

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/10

Blog Top  | 障害者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.04 (Sat)

軽い処分やな*また放課後等デイサービスが

株式会社アスピレーションは
過去にも
身体的虐待による人格尊重義務違反で行政処分を受けていたのに

もうダメぽ

堺市も指導管理能力を疑うわな



さくらくらぶ 中百舌鳥
堺市北区百舌鳥西之町2-549 ステム中百舌鳥1F
開所 2014年5月1日



株式会社アスピレーション
代表取締役 藤本雅美
大阪府堺市百舌鳥西之町3-500 高橋ビル2A

怒鳴ったり暴言吐いたり 心理的虐待で元施設長を書類送検

大阪府堺市の障害児施設で4月、小学生の女子児童に対し、怒鳴りつけるなどの心理的虐待を与えたとして元施設長が書類送検された。

堺市にある障害児施設「さくらくらぶ中百舌鳥」の元施設長の男性(38)は4月、この施設に通う小学校低学年の女子児童に対し、指示に従わなかったことに腹を立て、怒鳴って手を振り上げたり「自分の子どもなら殴っている」と暴言を吐いたりした疑いが持たれている。

女子児童の母親が「娘が暴力を振るわれている」と警察に相談して事件が発覚し、堺市は先月、半年間の新規利用者の受け入れ停止処分を下した。運営会社は、「反省し、対応を模索していく」としている。




心理的虐待 か
っていうより 傷害なんだけどな 暴行に近いだろ 
近頃の暴言は心理的精神的虐待のレベルを超えてるからな



大阪府堺市の障害児支援施設で児童に虐待したとして、警察が元施設長の男性を書類送検した。



暴行の疑いで書類送検されたのは、堺市の障害児支援施設「さくらくらぶ中百舌鳥」の元施設長の男性(38)です。今年春ごろ、施設を利用していた小学校低学年の女子児童に対し、怒鳴って手を振り上げ殴ろうとしたり、「自分の子どもなら殴っている」と暴言を吐いたりした疑いが持たれています。

児童の母親が警察に相談して発覚。その後、堺市が心理的虐待と認定し、新規利用者の受け入れを停止する処分をしていた。

元施設長は、取材に対し・・・



「(暴言などの)行為自体はだめだと思いますよ。この仕事ね、怒らなあかんこともありますしね。仕事してみたらいいと思いますよ。ストレス、だいぶありますからね」(元施設長の男性)

g

運営法人が同じの別の施設でも、これまでに3回、身体的虐待などがあったとして、堺市が処分や指導を繰り返していた。




指定障害児通所支援事業者の 指定の一部の効力の停止について

児童福祉法(以下「法」という。)の規定により、下記のとおり指定障害児通所支援事業者の指定の一 部の効力の停止の処分を行いました。


1. 処分対象事業者
(1)法人名 株式会社 アスピレーション
(2)代表者 代表取締役 藤本 雅美
(3)法人所在地
堺市北区百舌鳥西之町三丁 500 番高橋ビル 2A

2. 対象事業所名称及び所在地
(1)事業所名称 さくらくらぶ中百舌鳥
(2)所在地 堺市北区百舌鳥西之町二丁 549 番ステム中百舌鳥 1 階
(3)事業の種類 児童発達支援、放課後等デイサービス
(4)事業開始年月日 平成 26 年 5 月 1 日

3.処分内容 6 か月間の指定の一部の効力の停止 (令和 2 年 6 月 26 日から令和 2 年 12 月 25 日までの 6 か月間の新規受入停止)

4. 処分の理由及び根拠法令 【心理的虐待による人格尊重義務違反】法第第21条の5の24第1項第2号 事業所内で、支援中に利用児が指示に従わなかったり、言い返したりすることに対し、立腹し感 情的になった管理者兼児童発達支援管理責任者が、大声で怒鳴り咄嗟に手を振り上げた。また、そ れ以前に当該利用児に対し、自分の子どもなら殴っているといった内容の暴言があった。

5. 処分日 令和 2 年 6 月 25 日


同施設を運営する「アスピレーション」(堺市北区)は府内に計4カ所の障害者施設を運営。市によると、職員が利用者の児童にけがをさせたなどとして、2015~18年に行政処分や指導を計3回受けている。

過去の処分 https://social00welfare00dt.blog.fc2.com/blog-entry-4277.html


全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/04

Blog Top  | 放課後等デイサービス*まとめ | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.03 (Fri)

社会福祉法人シャルールが破産

社会福祉法人シャルール
栃木県足利市大久保町617番地1

事業所一覧
特別養護老人ホームおおくぼ
ショートステイおおくぼ
居宅介護支援事業所おおくぼ
屋根賃貸事業

特別養護老人ホーム運営の社会福祉法人シャルールが破産開始決定、台風19号の傷癒えず

(社福)シャルール 足利市大久保町617-1、設立2011(平成23)年9月、理事長:峰岸文雄氏、従業員31名)は6月10日、宇都宮地裁足利支部より破産開始決定を受けた。破産管財人には林康太郎弁護士(林法律事務所)が選任された。
負債総額は約2億9000万円。

2012年4月より地域密着型の介護老人福祉施設、短期生活入所介護、居宅介護支援事業を手掛けていた。地域に寄り添ったケアを掲げ、入居者が安心して落ち着ける環境づくりに注力するともに、外部との繋がりを大切にする介護を行っていた。順調に事業を拡大し、2019年3月期は1億8131万円の売上高を計上したが、2019年10月の台風19号で被災し、事業継続に大きな支障が生じていた。

その後の動向に注目が集まっていたが、再建の見通しが立たないことから事業継続を断念し、今回の措置となった。


足利市大久保町の特別養護老人ホーム「おおくぼ」も床上浸水の被害に遭い、入所者26人が同市内の6施設に入居している。水に漬かった壁はゆがんだため、修復工事を予定している。各部屋にある介護用ベッドなども浸水したが、広範囲で台風の被害が出ている影響で、新しい物品がいつ届くかは不透明な状況という。職員は「早めの復旧を目指しているが、何カ月かかるか見通しが立たない」と声を落とした。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/03

Blog Top  | その他関連ニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.03 (Fri)

見通しの良い交差点なのに

大型ダンプカーとデイサービスの送迎用ワゴン車が出会い頭に衝突




信号機のない十字路交差点で ダンプカーの側に一時停止の標識

デイサービス送迎車と大型ダンプが衝突 1人重体5人重軽傷

2日午後、岩手県北上市の県道で、大型ダンプカーとデイサービスの送迎車が衝突する事故があり、送迎車の1人が意識不明の重体、5人が重軽傷となった。

2日午後3時ごろ、北上市相去町の県道十字路交差点で、大型ダンプカーとデイサービスの送迎用ワゴン車が出会い頭に衝突した。

この事故でワゴン車に乗っていた6人のうち、サービスの利用者で奥州市江刺栄町の無職・及川東さん(91)が、全身の骨を折り意識不明の重体。また施設の職員と利用者、あわせて5人が重軽傷を負った。

現場は信号機のない十字路交差点で、ダンプカーの側に一時停止の標識があった。警察はダンプカーを運転していた小野寺一之容疑者(59)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、事故の詳しい原因を調べている。




デイサービス車事故 1人重体 トラックと衝突、5人重軽傷

2日午後3時ごろ、北上市相去町七里の県道交差点で、大型トラックと奥州市水沢の介護施設職員(39)が運転するワゴン車が衝突した。

ワゴン車はデイサービスの送迎中で、乗っていた6人のうち、利用者で奥州市江刺の男性(91)がドクターヘリで矢巾町の県高度救命救急センターに運ばれ、全身骨折で意識不明の重体。利用者と職員計5人が重軽傷を負った。

北上署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、大型トラックを運転していた一関市大東町の運転手(59)を現行犯逮捕した。現場は信号機のない十字路交差点。大型トラック側に一時停止の標識があった。










だから
何度も言ってるだろ
見通しが良いんだから 相手の車は止まるだろう 
じゃないだろ
見通しが良いんだから
ダンプが右から来てるな 止まるだろ
違うやろ
速度を落として交差点に進入せえよ な

事故現場
https://goo.gl/maps/ioitox78gXgcapNB8

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/03

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

2020.07.02 (Thu)

ツクイ尼崎塚口で送迎死亡事故

なんのこっちゃ

>そろそろ家に着く と女性に声を掛け
ルームミラーで ・・・
ではなく
振り向いて ・・・

なんで

>車線をはみ出して 反対車線の街路樹に衝突するの?

なんで
こんな事故が起きるの?


デイサービス送迎車が街路樹に衝突、同乗の女性死亡

1日午後5時20分ごろ、兵庫県尼崎市崇徳院3の市道で、デイサービス施設「ツクイ尼崎塚口」(尼崎市上坂部1)の送迎用軽乗用車が道路脇の街路樹に衝突。施設の利用者で、車いすで同乗していた女性(98)=同市=が搬送先の病院で容体が急変し、約2時間半後に死亡した。

県警尼崎南署は、運転していた施設職員の男性(30)に事情を聴いており、男性は「(車内で女性に)振り返り『もうすぐおうちに着きますよ』と声を掛け、前を見たら街路樹があった」と話しているという。

同署によると、女性は帰宅中で、事故直後は会話をしていたという。死因は事故の衝撃による外因性の心筋梗塞か肺静脈の損傷とみられ、同署は、女性の車いすの固定方法なども調べる。現場の道路は片側1車線のゆるやかなカーブ。


ツクイ尼崎塚口
兵庫県尼崎市上坂部1-3-41

7月1日夕方、尼崎市でデイサービスの利用者を送迎する車が街路樹に衝突する事故があり、後部座席に乗っていた98歳の女性が死亡した。

7月1日午後5時20分ごろ尼崎市崇徳院の路上で西向きに走っていたデイサービスの送迎車が車線をはみ出し反対車線の街路樹に衝突した。 この事故で、後部座席で車いすに乗っていた女性(98)が病院に搬送されたがその後死亡が確認された。

警察は車を運転していた介護職員の男(30)を過失運転致死の疑いで逮捕した。
警察の調べに対し男は容疑を認めていて、「そろそろ家に着く」と女性に声を掛け、気付いたらぶつかっていたなどと話しているという。



全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2020/07/04

Blog Top  | 園バス 介護送迎 送迎事故 | コメント(3) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →
 | BLOGTOP |