FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.05.24 (Sat)

小学生の列に車突っ込む 6人軽傷、保護者重傷/運転手は介護福祉士

昔からよく言うコトバ
車の運転で人の性格が分かる

23日午前9時50分ごろ、上尾市上野の県道を歩いていた市立平方小3年生の児童60人の列に軽乗用車が突っ込んだ。男児3人と女児3人が軽傷、付き添っていた保護者の女性(39)が胸の骨を折る重傷を負った。いずれも命に別状はないという。上尾署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで軽乗用車を運転していた鴻巣市松原4丁目、介護福祉士土岐多美子容疑者(61)を現行犯逮捕し、詳しい事故原因を調べている。

同署によると、現場は片道1車線の見通しの良い直線道路でガードレールはなかった。2クラスの児童60人は、社会科の校外学習「地域探検」の一環で、近くのスーパーから農園に向かう途中だった。
児童たちは、担任教諭や臨時職員、保護者4人の計7人の引率で道路左側から右側へ横断歩道を渡り、道路脇を1列で歩いていたところに、前から走行して来た軽乗用車が列の中央付近に突っ込んだ。

土岐容疑者は目立った持病や薬の服用はなく、「ぶつかるまで気が付かなかった。目がちかちかした」と供述しているという。
上尾市消防本部によると、現場にいた男性教諭が「小学生の列に車が突っ込んだ」と119番した。
車にはねられた保護者の女性が児童の列に倒れ込んだとみられ、児童6人は病院に搬送されたがいずれも擦り傷程度のけがという。

土岐容疑者の勤務先によると、介護ヘルパーの同容疑者は業務で利用者の自宅に向かう途中だった。
現場はJR高崎線上尾駅の南西約3・5キロの畑の中に住宅が点在する地域。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:-0001/11/30

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |