FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.02.25 (Thu)

放火?介護施設を半焼 郡山の「ふぁる鳴神」1週間前には1室全焼

24日午前4時5分ごろ、福島県郡山市鳴神1丁目24、デイサービス介護施設 ふぁる鳴神から火を出し、木造平屋の建物の東側部分約184平方メートルを半焼し、約25分後に消し止めた。

同施設では1週間前の17日にも施設内の1室を全焼する火災が起きており、郡山署は同一犯による放火の可能性が高いとみて調べている。けが人はなかった。同署などによると、建物東側の事務所や倉庫として使われていた部屋から出火したとみられる。半焼した部分から反対側の建物西側に面した窓ガラス一枚が割られていた。前回の火災と、さらにその1週間前にも窓ガラスが割られており、事件との関連を調べている。

関係者によると、施設の営業は午後5時45分までで、出火当時施設内は無人だった。運営するファルデザインの島田宏明社長(54)が23日午後8時ごろにすべての窓と玄関の扉に鍵を掛けて帰ったという。

施設は平成15年に開所した。1日の利用定員は20人。50人近くの高齢者が利用している。施設営業は前回の火災で一時休止しており、22日に再開したばかりだった。24日、職員がすべての利用者に連絡し、訪問介護サービスやほかの施設などをあっせんしたという。

島田社長は「2件の火災が不審火であれば、激しい憤りを感じる。少しでも早く解決してほしい」と話している。現場はJR郡山駅の西約4.5キロの地点で四号国道郡山バイパスから数百メートルほど離れており、近くには店舗や住宅が並んでいる。現場近くにある学童クラブの学童保育指導員女性(56)は「学童クラブは子どもたちが利用する施設なので心配。前回の火災を聞いて、自分たちの施設でも防犯対策を見直そうと話していたところだった」と表情をこわばらせていた。

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/10/12

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |