FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.07.25 (Fri)

不正受給//訪問介護事業所はる介護サポート ⇒ 指定取り消し

悪因悪果

介護報酬を不正受給したとして、徳島県は24日、訪問介護事業所「はる介護サポート」(石井町浦庄、岩佐実代表)について、介護保険法に基づき事業者としての指定を同日付で取り消したと発表した。

徳島県長寿保険課によると、はる介護サポートは2012年9月から今年1月まで、訪問介護員が勤務していない時間にもサービスを提供したとする虚偽の書類を作るなどし、計約93万円の介護報酬を不正に受け取ったという。昨年12月に郵便で情報提供があり、今年2月から監査したところ、はる介護サポートは不正を認め、3月末で営業を停止した。

請求書類は代表の妻が作成。1人の訪問介護員が同じ日の同じ時間帯に別々の利用者にサービスを提供したとする内容を記したり、具体的なサービスを記載しなかったりしたケースもあったという。中本頼明・県長寿福祉局長は「不正受給分の返還を求めるとともに詐欺罪での刑事告発も検討したい」と話している。
<虚偽のサービス記録>不正請求で訪問介護事業所を指定取消――徳島県

徳島県は、7月24日、介護報酬の不正請求で名西郡石井町の訪問介護事業所を指定取消処分にすると発表した。
処分の発効は、7月24日。

■事業者の名称:岩佐建設有限会社(代表取締役 岩佐実)
■事業者の所在地:徳島県名西郡石井町浦庄字国実43番地の1
■事業所の名称:はる介護サポート
■事業所の所在地:名西郡石井町浦庄字国実43番地の1
■サービス種別:訪問介護、介護予防訪問介護

■処分の理由
・運営基準違反、介護報酬の不正請求
訪問介護員が勤務していない時間帯に当該訪問介護員がサービスを提供したとする虚偽のサービス実施記録に基づき、介護報酬を不正に請求し、受領した。

同日同時間帯に複数の利用者に対して、一人の訪問介護員がサービスを提供したとする虚偽のサービス実施記録に基づき介護報酬を不正に請求し、受領した。

提供した具体的なサービス内容などの記録がない場合においても介護報酬を不正に請求し、受領した

・運営基準違反、法令違反
「指定居宅サービス等の事業の人員、設備及び運営に関する基準」第24条第3項等の規定により、サービス提供責任者に義務付けられている訪問介護計画等作成時における説明及び同意がない事例があった。 

全ての記事を表示する リンク元・移動先ランキング 最終更新日:2014/07/31

Blog Top  | 高齢者福祉関連のニュース | コメント(0) | Top↑ | bottom↓ | NEXT →

*Comment

コメントを投稿する

COMMENT
パスワード  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

+++++++++++++++++++++++++++++++

*************************
 | BLOGTOP |